Java Platform, Standard Editionツール・リファレンス
目次      

jmap

プロセス、コア・ファイル、またはリモート・デバッグ・サーバーの、共用オブジェクト・メモリー・マップまたはヒープ・メモリーの詳細を出力します。このコマンドは試験的なものであり、サポート対象外になっています。

形式

jmap [ options ] pid

jmap [ options ] executable core

jmap [ options ] [ pid ] server-id@ ] remote-hostname-or-IP

options

コマンド行オプション。「オプション」を参照してください。

pid

出力されるメモリー・マップのプロセスIDです。プロセスはJavaプロセスである必要があります。マシン上で実行されているJavaプロセスのリストを取得するには、jps(1)コマンドを使用します。

executable

コア・ダンプの作成元になるJava実行可能ファイルです。

core

出力されるメモリー・マップのコア・ファイルです。

remote-hostname-or-IP

リモート・デバッグ・サーバーのhostnameまたはIPアドレスです。jsadebugd(1)を参照してください。

server-id

複数のデバッグ・サーバーが同一のリモート・ホストで実行している場合に使用するオプション固有のIDです。

説明

jmapコマンドは、指定されたプロセス、コア・ファイル、またはリモート・デバッグ・サーバーの共有オブジェクト・メモリー・マップまたはヒープ・メモリーの詳細を出力します。指定したプロセスが64ビット版のJava仮想マシン(JVM)で実行されている場合は、-J-d64オプション(例: jmap -J-d64 -heap pid)を指定する必要があることがあります。

注: このユーティリティはサポート対象外であり、将来のJDKリリースでは利用できなくなる可能性があります。dbgeng.dllファイルが存在していないWindowsシステムでは、Debugging Tools For Windowsをインストールしないとこれらのツールが正常に動作しません。PATH環境変数に、ターゲット・プロセスで使用されるjvm.dllファイルの場所またはクラッシュ・ダンプ・ファイルが生成された場所(set PATH=%JDK_HOME%\jre\bin\client;%PATH%など)を含めるようにしてください。

オプション

<オプションなし>

オプションを使用しない場合、jmapコマンドは共有オブジェクト・マッピングを出力します。ターゲットJVMにロードされた共有オブジェクトごとに、開始アドレス、マッピングのサイズ、および共有オブジェクト・ファイルのフル・パスが出力されます。この動作は、Oracle Solarisのpmapユーティリティと類似しています。

-dump:[live,] format=b, file=filename

Javaヒープをhprofバイナリ形式でfilenameにダンプします。liveサブオプションはオプションですが、これを指定すれば、ヒープ内のアクティブなオブジェクトのみがダンプされます。ヒープ・ダンプを参照するには、jhat(1)コマンドを使用して、生成されたファイルを読み取ります。

-finalizerinfo

ファイナライズを待機しているオブジェクトに関する情報を出力します。

-heap

使用されるガーベージ・コレクション、ヒープ構成、および世代ごとのヒープ使用率のヒープ・サマリーを出力します。さらに、internされた文字列の数とサイズも出力されます。

-histo[:live]

ヒープのヒストグラムを印刷します。Javaクラスごとに、オブジェクトの数、バイト単位でのメモリー・サイズ、および完全修飾クラス名が出力されます。JVM内部クラス名は、アスタリスク(*)の接頭辞を付けて出力されます。liveサブオプションが指定された場合、アクティブなオブジェクトのみがカウントされます。

-clstats

Javaヒープのクラス・ローダー関連の統計情報を出力します。クラス・ローダーごとに、その名前、状態、アドレス、親クラス・ローダー、およびロードされたクラスの数とサイズが出力されます。

-F

強制的に実行します。このオプションは、PIDが応答しないときにjmap -dumpまたはjmap -histoオプションと一緒に使用します。このモードでは、liveサブオプションはサポートされません。

-h

ヘルプ・メッセージを出力します。

-help

ヘルプ・メッセージを出力します。

-Jflag

jmapコマンドが実行されているJava仮想マシンに、flagを渡します。

関連項目

目次      

Copyright © 1993, 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.