Java Platform, Standard Editionツール・リファレンス
目次      

native2ascii

サポートされている任意の文字エンコーディングの文字を含むファイルを、ASCIIまたはUnicode(あるいはその両方)のエスケープ文字を含むファイルに変換すること、またはその逆を行うことで、ローカライズ可能なアプリケーションを作成します。

形式

native2ascii [ inputfile ] [ outputfile ]

inputfile

ASCIIに変換されるエンコード済のファイルです。

outputfile

変換されたASCIIファイルです。

説明

native2asciiコマンドは、ASCII文字セットに含まれないすべての文字にUnicodeエスケープ(\uxxxx)表記を使用することで、Java Runtime Environment (JRE)でサポートされているエンコード済のファイルをASCIIでエンコードされたファイルに変換します。この処理は、ISO-8859-1文字セットに含まれない文字を含むプロパティ・ファイルに必要です。このツールは、逆の変換を行うこともできます。

outputfile値を省略した場合、標準出力に出力されます。さらに、inputfile値を省略した場合、標準入力から入力されます。

オプション

-reverse

逆の処理を行います。つまり、Unicodeエスケープを使用してISO-8859-1でエンコードされたファイルを、JREでサポートされている任意の文字エンコーディングのファイルに変換します。

-encoding encoding_name

変換処理で使用される文字エンコーディングの名前を指定します。このオプションがない場合は、(java.nio.charset.Charset.defaultCharsetメソッドで決定された)デフォルトの文字エンコーディングが使用されます。encoding_name文字列は、JREでサポートされている文字エンコーディングの名前である必要があります。「サポートされているエンコーディング」を参照してください。
http://docs.oracle.com/javase/jp/8/technotes/guides/intl/encoding.doc.html

-Joption

Java仮想マシン(JVM)にoptionを渡します。ここでoptionは、Javaアプリケーション起動ツールのリファレンス・ページに記載されているいずれかのオプションです。たとえば、-J-Xms48mと指定すると、スタートアップ・メモリーは48Mバイトに設定されます。java(1)を参照してください。

目次      

Copyright © 1993, 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.