Sun Java System Message Queue 3.7 UR1 技術の概要

はじめに

本書『Sun Java System Message Queue 3.7 UR1 技術の概要』では、Message Queue メッセージングサービスのテクノロジ、概念、アーキテクチャー、機能、および特長を紹介します。

本書はMessage Queue マニュアルセット内のほかのマニュアルの基盤となるので、ほかのマニュアルをお読みになる前にお読みください。

対象読者

このマニュアルは、Message Queue 製品を使用する予定の、または製品のテクノロジ、概念、アーキテクチャー、機能、および能力について理解することを望む、管理者やアプリケーション開発者その他を対象に作成されています。

このマニュアルを読むにあたり、Message Queue サービスによって実装される Java Message Service (JMS) 仕様に関する知識は必要としません。

お読みになる前に

このマニュアルを読むための前提条件はありません。Message Queue の開発者ガイドおよび管理ガイドを読む前に、このマニュアルを読んで Message Queue の基本的な概念を理解してください。

内容の紹介

このマニュアルは、最初から順番に読み進むように構成されており、各章の内容は、それよりも前の章で説明される情報に基づいています。次の表に、各章の内容について簡単に説明します。

表 P–1 マニュアルの内容と構成

章 

説明 

第 1 章「メッセージングシステム: 概論」

メッセージングミドルウェアテクノロジ、JMS 標準について述べ、Message Queue サービスの標準の実装について説明します。 

第 2 章「クライアントプログラミングモデル」

JMS プログラミングモデルについて述べ、Message Queue クライアントランタイムを使用して JMS クライアントを作成する方法について説明します。C++ クライアントと SOAP メッセージのトランスポートのランタイムサポートについて説明します。 

第 3 章「Message Queue サービス」

管理タスクおよびツールについて述べ、コネクション、ルーティング、持続性、セキュリティー、および監視を設定するために使用されるブローカサービスについて説明します。 

第 4 章「ブローカクラスタ」

Message Queue ブローカクラスタのアーキテクチャーと使用方法について説明します。 

第 5 章「Message Queue と J2EE」

J2EE プラットフォーム環境で実装される派生 JMS について説明します。 

付録 A 「Message Queue オプションの JMS 機能の実装」

Message Queue 製品で JMS オプション項目を処理する方法を説明します。 

付録 B 「Message Queue の機能」

Message Queue 機能を一覧表示し、これらの実装に必要な手順をまとめ、追加情報の参照先を示します。 

用語集

Message Queue の使用時に知っておくと便利な用語や概念について説明します。 

関連資料

Message Queueマニュアルセットを構成するマニュアルを、通常使用する順番で表 4 に一覧表示します。

表 P–2 Message Queue マニュアルセット

マニュアル 

対象読者 

説明 

『Sun Java System Message Queue 3.7 UR1 Installation Guide』

開発者および管理者 

Message Queue ソフトウェアの Solaris、Linux、Windows の各プラットフォームへのインストール方法を説明しています。 

『Sun Java System Message Queue 3.7 UR1 リリースノート(UNIX 版)』

開発者および管理者 

新機能、制限、既知のバグ、および技術的な注意点を収録しています。 

『Sun Java System Message Queue 3.7 UR1 技術の概要』

開発者および管理者 

Message Queue の概念、機能、およびコンポーネントについて説明しています。 

『Sun Java System Message Queue 3.7 UR1 Developer’s Guide for Java Clients』

開発者 

JMS 仕様または SOAP/JAXM API の Message Queue 実装を使用する Java クライアントプログラムの開発者向けにクイックスタートチュートリアルとプログラミング情報を提供しています。 

『Sun Java System Message Queue 3.7 UR1 管理ガイド』

管理者。開発者にも推奨 

Message Queue 管理ツールを使用した管理タスクの実行に必要な基本情報を提供しています。 

『Sun Java System Message Queue 3.7 UR1 Developer’s Guide for C Clients』

開発者 

JMS API (C-API) の Message Queue の C 実装を使用する C クライアントプログラムの開発者向けにプログラミングマニュアルとリファレンスマニュアルを提供しています。 

オンラインヘルプ

Message Queue 3.7 UR1 には、Message Queue メッセージサービス管理タスクを実行するためのコマンド行ユーティリティーが含まれています。

また、Message Queue 3.7 UR1 には、グラフィカルユーザーインタフェース (GUI) 管理ツールである管理コンソール (Administration Console) (imqadmin) も含まれています。管理コンソールには、操作状況に合わせて表示できるオンラインヘルプが用意されています。『Sun Java System Message Queue 3.7 UR1 管理ガイド』「Administration Console Online Help」を参照してください。

JavaDoc

JavaDoc 形式の JMS および Message Queue API マニュアルは、次の場所にあります。

プラットフォーム 

場所 

Solaris 

/usr/share/javadoc/imq/index.html

Linux 

/opt/sun/mq/javadoc/index.html

Windows 

IMQ_HOME/javadoc/index.html

このマニュアルは、HTML ブラウザで表示できます。このマニュアルには、標準の JMS API マニュアルおよび Message Queue- 管理対象オブジェクト用の Message Queue- 固有の API が含まれており、メッセージングアプリケーションの開発者にとって有用です。

クライアントアプリケーションの例

Message Queue は、開発者を支援するため、クライアントアプリケーション例をいくつか提供しています。

Java クライアントアプリケーションの例

Java クライアントアプリケーションの例は、次のディレクトリにあります。このディレクトリはプラットフォームによって異なります。このディレクトリと各サブディレクトリにある README ファイルを参照してください。

プラットフォーム 

場所 

Solaris 

/usr/demo/imq/

Linux 

/opt/sun/mq/examples

Windows 

IMQ_HOME/demo/

C クライアントプログラムの例

C クライアントアプリケーションの例は、次のディレクトリにあります。このディレクトリはプラットフォームによって異なります。このディレクトリにある README ファイルを参照してください。

プラットフォーム 

場所 

Solaris 

/opt/SUNWimq/demo/C/

Linux 

/opt/sun/mq/examples/C/

Windows 

IMQ_HOME/demo/C/

Java Message Service (JMS) 仕様書

JMS 仕様書は、次のサイトにあります。

この仕様書には、サンプルのクライアントコードも掲載されています。

ディレクトリ変数の表記規則

Message Queue では 3 種類のディレクトリ変数が使用されますが、その設定方法は、プラットフォームによって異なります。表 P–3 では、これらの変数について説明し、Solaris、Linux、および Windows の各プラットフォームでの使用方法についても説明します。


注 –

表 P–3 の情報は、Message Queue のスタンドアロンインストールにのみ該当します。Message Queue が Application Server インストールの一部としてインストール、実行されると、ディレクトリ変数の値もそれに応じて設定されます。IMQ_HOMEappServer_install_dir/imq (ここで appServer_install_dir は Application Server のインストールディレクトリを指す)、IMQ_VARHOMEappServer_domainName_dir /imq (ここで appServer_domainName_dir は Message Queue ブローカを指す) にそれぞれ設定されます。


表 P–3 ディレクトリ変数の表記規則

変数 

説明 

IMQ_HOME

Message Queue マニュアルでは、Message Queue 基本ディレクトリ (ルートインストールディレクトリ) を指します。 

  • Solaris および Linux では、ルート Message Queue インストールディレクトリは存在しません。そのため、Message Queue マニュアルでは、Solaris および Linux のファイルの場所を示すために IMQ_HOME は使用されません。

  • Windows の場合は、ルート Message Queue インストールディレクトリは、Message Queue バンドルを解凍したディレクトリに設定されます。

IMQ_VARHOME

Message Queue の一時的な、または動的に作成された設定ファイルやデータファイルが格納されている、/var ディレクトリです。任意のディレクトリを指す環境変数として設定されます。

  • Solaris の場合、IMQ_VARHOME のデフォルト値は /var/imq ディレクトリです。

  • Solaris の場合、Sun Java System Application Server の Evaluation Edition では、IMQ_VARHOME のデフォルト値は IMQ_HOME/var ディレクトリです。

  • Linux の場合、IMQ_VARHOME のデフォルト値は /var/opt/sun/mq ディレクトリです。

  • Windows の場合、IMQ_VARHOME のデフォルト値は IMQ_HOME/var ディレクトリです。

IMQ_JAVAHOME

Message Queue 実行可能ファイルに必要な Java ランタイム (JRE) (JRE) の場所を指します。

  • Solaris の場合、IMQ_JAVAHOME は最新の JDK を検索しますが、オプションで、必要な JRE が置かれた場所に設定することもできます。

  • Linux では、Message Queue はまず最新の JDK を検索しますが、オプションで、必要な JRE が置かれた場所に IMQ_JAVAHOMEを設定することもできます。

  • Windows では、サポートされるバージョンがシステム上にある場合、IMQ_JAVAHOME は既存の Java ランタイムにポイントするよう設定されます。サポートされるバージョンがなければ、サポートされるバージョンがインストールされます。

このマニュアルでは、IMQ_HOMEIMQ_VARHOME、および IMQ_JAVAHOME はプラットフォーム固有の環境変数表記または構文 (UNIX での $IMQ_HOME など) に関係なく示されています。パス名には、通常、UNIX のディレクトリ区切り文字の表記法 (/) が使用されています。

表記規則

次の表に、このマニュアルで使用されている表記規則をまとめています。

表 P–4 表記規則

書式 

意味 

例 

AaBbCc123

コマンド名、ファイル名、ディレクトリ、および画面上の出力を表します。 

.login ファイルを編集します。

ls -a を使用してすべてのファイルを一覧します。

machine_name% you have mail.

AaBbCc123

入力される項目。画面上のコンピュータ出力と対比されます。 

machine_name% su

Password:

aabbcc123

可変部分。実際の名前または値と置換します。 

ファイルを削除するコマンドは rm filename です。

AaBbCc123

強調するマニュアル名や説明の新出語句に対して使用されます。 

User's Guide』の第 6 章を参照してください。

キャッシュとは、ローカルで保存されるコピーです。

ファイルを保存しないでください。

注:強調された項目は、オンラインでは太字で表されることがあります。

コマンド例のシェルプロンプト

次の表に、デフォルトの UNIX® システムプロンプトおよび C シェル、Bourne シェル、Korn シェル、および Windows オペレーティングシステムのスーパーユーザープロンプトをまとめます。

表 P–5 シェルプロンプト

シェル 

プロンプト 

C シェル 

machine_name%

スーパーユーザーの C シェル 

machine_name#

Bourne シェルと Korn シェル 

$

スーパーユーザーの Bourne シェルと Korn シェル 

#

Windows 

C:\ 

記号の表記

次の表に、本書で使用される記号について説明します。

表 P–6 記号の表記

記号 

説明 

例 

意味 

[ ]

オプションの引数とコマンドオプションが含まれます。 

ls [-l]

-l オプションは必要ありません。

{ | }

必要なコマンドオプションに対する一連の選択肢が含まれます。 

-d {y|n}

-d オプションでは、 y 引数または n 引数を使用する必要があります。

${ }

変数参照を示します。 

${com.sun.javaRoot}

com.sun.javaRoot 変数の値を参照します。

複数のキーを同時に使用することを表します。 

Control-A 

A キーを押しながら Control キーを押します。 

複数のキーを連続して押すことを表します。 

Ctrl+A+N 

Control キーを押してから放し、次にその後に続くキーを押します。 

-> 

グラフィカルユーザーインタフェースのメニュー項目の選択を表します。 

「ファイル」->「新規」->「テンプレート」 

「ファイル」メニューから「新規」を選択します。「新規」サブメニューから「テンプレート」を選択します。 

マニュアル、サポート、トレーニング

Sun の Web サイトでは、次の追加リソースに関する情報を提供しています。

Sun 製品マニュアルの検索

docs.sun.com Web サイトで Sun 製品マニュアルを検索する以外にも、検索エンジンの検索フィールドに次の構文を入力することも可能です。


search-term site:docs.sun.com

たとえば、「ブローカ」を検索する場合は、次のように入力します。


ブローカ site:docs.sun.com

検索の中に、ほかの Sun Web サイトを含めるには (たとえば、java.sun.comwww.sun.com、および developers.sun.com など)、検索フィールドに「docs.sun.com」ではなく「sun.com」と入力します。

サードパーティーの Web サイトのリファレンス

このマニュアルでは、サードパーティーの URL が参考として示されているほか、追加の関連情報も提供されています。


注 –

サンマイクロシステムズ株式会社は、このマニュアルに記載されたサードパーティーの Web サイトの可用性については一切責任を負いません。また、このようなサイトまたはリソースで提供されているコンテンツ、広告、製品、そのほかのマテリアルを支持するわけではなく、それらに対する責任も一切負いません。サンマイクロシステムズ株式会社は、このようなサイトまたはリソースで提供されているコンテンツ、商品、またはサービスを使用もしくは信用したことで、実際に引き起こされた、または引き起こされたと考えられる損害や損失についても一切の責任は負いません。


コメントの送付先

Sun では、マニュアルの改善のために、皆様からのコメントおよび提案をお待ちしております。コメントを送信される場合は、http://docs.sun.com から「コメントの送信」をクリックします。オンラインフォームにマニュアルの完全なタイトルと Part No. をご記入ください。Part No. は、マニュアルのタイトルページまたは URL にある 7 桁または 9 桁の番号です。たとえば、本書の Part No. は 820-0531 です。