JavaScript is required to for searching.
ナビゲーションリンクをスキップ
印刷ビューの終了
Oracle Solaris の管理: IP サービス     Oracle Solaris 11 Information Library (日本語)
search filter icon
search icon

ドキュメントの情報

はじめに

パート I TCP/IP の管理

1.  ネットワーク配備の計画

2.  IPv6 アドレス使用時の考慮点

3.  IPv4 ネットワークの構成

4.  ネットワークでの IPv6 の有効化

IPv6 インタフェースの構成

IPv6 用にシステムを構成する方法

IPv6 アドレスの自動構成を無効にする方法

IPv6 ルーターの構成

IPv6 対応のルーターを構成する方法

ホストとサーバーの IPv6 インタフェース構成の変更

インタフェースに対する一時アドレスの使用

一時アドレスを構成する方法

IPv6 トークンの構成

ユーザー指定の IPv6 トークンを構成する方法

サーバー上での IPv6 が有効なインタフェースの管理

サーバーのインタフェースの IPv6 を有効にする方法

ネームサービスの IPv6 サポート用の構成

DNS に対する IPv6 アドレスを追加する方法

IPv6 ネームサービス情報を表示する方法

DNS IPv6 PTR レコードの正確な更新を確認する方法

NIS による IPv6 情報を表示する方法

5.  TCP/IP ネットワークの管理

6.  IP トンネルの構成

7.  ネットワークの問題の障害追跡

8.  IPv4 リファレンス

9.  IPv6 リファレンス

パート II DHCP

10.  DHCP について (概要)

11.  ISC DHCP サービスの管理

12.  DHCP クライアントの構成と管理

13.  DHCP コマンドと DHCP ファイル (リファレンス)

パート III IP セキュリティー

14.  IP セキュリティーアーキテクチャー (概要)

15.  IPsec の構成 (タスク)

16.  IP セキュリティーアーキテクチャー (リファレンス)

17.  インターネット鍵交換 (概要)

18.  IKE の構成 (手順)

19.  インターネット鍵交換 (リファレンス)

20.  Oracle Solaris の IP フィルタ (概要)

21.  IP フィルタ (手順)

パート IV ネットワークパフォーマンス

22.  統合ロードバランサの概要

23.  統合ロードバランサの構成 (タスク)

24.  仮想ルーター冗長プロトコル (概要)

25.  VRRP の構成 (タスク)

26.  輻輳制御の実装

パート V IP サービス品質 (IPQoS)

27.  IPQoS の紹介 (概要)

28.  IPQoS 対応ネットワークの計画 (手順)

29.  IPQoS 構成ファイルの作成 (手順)

30.  IPQoS の起動と保守(手順)

31.  フローアカウンティングの使用と統計情報の収集 (手順)

32.  IPQoS の詳細 (リファレンス)

用語集

索引

IPv6 インタフェースの構成

ネットワーク上で IPv6 を使用するための最初の手順として、システムの IP インタフェースで IPv6 を構成します。

Oracle Solaris インストール時に、1 つまたは複数のインタフェース上で IPv6 を有効にすることができます。インストール時に IPv6 サポートを有効にした場合、インストール完了後に次の IPv6 関連のファイルやテーブルが存在しています。

このセクションでは、Oracle Solaris のインストール完了後にインタフェース上で IPv6 を有効にする方法について説明します。

IPv6 用にシステムを構成する方法

IPv6 を構成する手順は、IPv6 ノードになるすべてのシステムインタフェースで IPv6 を有効にすることから始まります。『Solaris のシステム管理 (IP サービス)』の「IPv6 アドレスの自動構成」で説明されているように、インタフェースは最初、自動構成プロセスを介して IPv6 アドレスを取得します。それらのノードの構成は、IPv6 ネットワーク上の機能 (ホスト、サーバー、またはルーター) に基づいて調整できます。


注 - インタフェースと同じリンク上に IPv6 接頭辞を現在通知しているルーターが存在する場合、そのインタフェースは自動構成アドレスの一部としてそのサイトの接頭辞を取得します。詳細については、「IPv6 対応のルーターを構成する方法」を参照してください。


次の手順では、Oracle Solaris のインストール後に追加されたインタフェースで IPv6 を有効にする方法について説明します。

  1. 適切なコマンドを使用して IP インタフェースを構成します。

    「IP インタフェースを構成する方法」を参照してください。


    注 - IP アドレスを割り当てるときには、必ず次のように正しいオプションを使用して IPv6 アドレスを割り当てます。

    # ipadm create-addr -T addrconf addrobj

    アドレスをさらに追加する場合は、次の構文を使用します。

    # ipadm create-addr -T static ipv6-address addrobj

  2. IPv6 デーモン in.ndpd を起動します。
    # /usr/lib/inet/in.ndpd
  3. (省略可能) 静的 IPv6 デフォルトルートを作成します。
    # /usr/sbin/route -p add -inet6 default ipv6-address
  4. (省略可能) ノード上でインタフェース変数のパラメータを定義する/etc/inet/ndpd.conf ファイルを作成します。

    ホストのインタフェースに一時アドレスを作成する必要がある場合は、「インタフェースに対する一時アドレスの使用」を参照してください。/etc/inet/ndpd.conf の詳細については、ndpd.conf(4) のマニュアルページおよび ndpd.conf 構成ファイル」を参照してください。

  5. (省略可能) IP インタフェースのステータスをその IPv6 構成とともに表示するには、次のコマンドを入力します。
    # ipadm show-addr

例 4-1 インストール後に IPv6 インタフェースを有効にする方法

この例では、net0 インタフェースの IPv6 を有効にする方法を示します。作業を始める前に、システムに構成されているすべてのインタフェースのステータスを確認します。

# ipadm show-addr
ADDROBJ   TYPE     STATE   ADDR
lo0/v4    static   ok      127.0.0.1/8
net0/v4   static   ok      172.16.27.74/24

このシステムに現在構成されているインタフェースは、net0 だけです。このインタフェースの IPv6 を次のように有効にします。

# ipadm create-addr -T addrconf net0/v6
# ipadm create-addr -T static -a 2001:db8:3c4d:15:203/64 net0/v6add
# /usr/lib/inet/in.ndpd

# ipadm show-addr
ADDROBJ      TYPE       STATE   ADDR
lo0/v4       static     ok      127.0.0.1/8
net0/v4      static     ok      172.16.27.74/24
net0/v6      addrconf   ok      fe80::203:baff:fe13:14e1/10
lo0/v6       static     ok      ::1/128
net0/v6add   static     ok      2001:db8:3c4d:15:203/64

# route -p add -inet6 default fe80::203:baff:fe13:14e1

次の手順

IPv6 アドレスの自動構成を無効にする方法

ホストやサーバーのインタフェースに IPv6 アドレスを生成するときには、通常はアドレスの自動構成を使用するようにしてください。ただし、アドレスの自動構成を無効にしなければならない場合があります。特に、「IPv6 トークンの構成」 で説明するようにトークンを手動で構成する場合には、この操作が必要になります。

  1. このノードの /etc/inet/ndpd.conf ファイルを作成します。

    /etc/inet/ndpd.conf は、特定のノードのインタフェース変数を定義するファイルです。サーバーのすべてのインタフェースに対してアドレスの自動構成を無効にするためには、このファイルの内容が次のとおりである必要があります。

    if-variable-name StatelessAddrConf false

    /etc/inet/ndpd.conf の詳細については、ndpd.conf(4) のマニュアルページおよび ndpd.conf 構成ファイル」を参照してください。

  2. 変更に合わせて、IPv6 デーモンを更新します。
    # pkill -HUP in.ndpd