プライマリ・コンテンツに移動
Oracle® Databaseユーティリティ
12cリリース1 (12.1.0.2)
B71303-09
目次へ移動
目次
索引へ移動
索引

前
次

FULL

デフォルト: NO

用途

全体データベース・モード・エクスポートの実行を指定します。

構文および説明

FULL=[YES | NO]

FULL=YESと指定すると、すべてのデータおよびメタデータがエクスポートされます。全体エクスポートを実行するには、DATAPUMP_EXP_FULL_DATABASEロールが必要です。

このエクスポート・モードを使用したエクスポート対象を、フィルタ処理によって制限できます。詳細は、「エクスポート操作中のフィルタ処理」を参照してください。

トランスポータブル・オプション(TRANSPORTABLE=ALWAYS)を使用して全体モード・エクスポートを実行できます。これは、全体トランスポータブル・エクスポートと呼ばれ、データベースの完全なコピーを作成するために必要なすべてのオブジェクトおよびデータがエクスポートされます。「全体モード・エクスポート時のトランスポータブル・オプションの使用」を参照してください。

注意:

全体モード・エクスポートによって作成されたダンプ・ファイルを後でインポートする場合、インポート操作はSYSアカウントのパスワードをソース・データベースからコピーしようとすることに注意してください。これは、失敗する場合があります(パスワードが共有パスワード・ファイル内にある場合など)。失敗した場合は、インポートの完了後に、ターゲット・データベース上のSYSアカウントのパスワードを任意のパスワードに設定する必要があります。

制限事項

  • FULLパラメータをTRANSPORTABLE (全体トランスポータブル・エクスポート)と組み合せて使用するには、データ・ポンプのVERSIONパラメータを12.0以上に設定するか、COMPATIBLEデータベース初期化パラメータを12.0以上に設定する必要があります。

  • 全体エクスポートでは、Oracleが管理するデータおよびメタデータを含むシステム・スキーマがデフォルトでエクスポートされません。デフォルトでエクスポートされないシステム・スキーマの例としては、SYSORDSYSMDSYSなどがあります。

  • SYSスキーマが所有しているオブジェクトに対する権限はエクスポートされません。

  • 全体エクスポート操作では、1つのデータベース・エディションのみからオブジェクトがエクスポートされ、デフォルトでは現在のエディションがエクスポートされますが、エクスポートのSOURCE_EDITIONパラメータを使用して別のエディションを指定することもできます。

  • レルムにより保護されているデータをエクスポートする場合は、そのレルムに対する権限が必要です。

  • 自動ワークロード・リポジトリ(AWR)は、全データベースのエクスポートおよびインポート操作では移動されません。(データ・ポンプを使用してAWRスナップショットを移動する方法の詳細は、『Oracle Databaseパフォーマンス・チューニング・ガイド』を参照してください。)

  • XDBリポジトリは、全データベースのエクスポートおよびインポート操作では移動されません。ユーザーが作成したXMLスキーマは移動されます。

次に、FULLパラメータの使用例を示します。ダンプ・ファイルexpfull.dmpは、dpump_dir2ディレクトリに書き込まれます。

> expdp hr DIRECTORY=dpump_dir2 DUMPFILE=expfull.dmp FULL=YES NOLOGFILE=YES

関連項目:

  • 全体トランスポータブル・エクスポートの実行方法の詳細な例は、『Oracle Database管理者ガイド』を参照してください。

  • レルムの構成の詳細は、『Oracle Database Vault管理者ガイド』を参照してください。