8 Oracle Database 12cリリース2 (12.2)での動作の変更、非推奨となった機能、およびサポートが終了した機能

Oracle Database 12cでは、新機能に加え、データベースのアップグレード動作の変更が導入されました。変更された動作には、非推奨になったかサポートが終了した初期化パラメータ、オプション、構文および機能とコンポーネントの非推奨およびサポート終了が含まれます。

これらのトピックでは、Oracle Database 12cで導入された新しい機能およびOracle Databaseの以前のリリースでの変更については説明しません。

非推奨およびサポート終了の意味は、次のとおりです。

  • 非推奨の機能とは、機能強化はされなくなりますが、12.2.0.1リリースの有効期間中は引き続きサポートされる機能です。

  • サポートが終了した機能とは、その機能に関連する不具合を修正することによるサポートがなくなった機能と、その機能を使用するために必要なコードをオラクル社が削除する可能性のある機能です。記載がある場合、非推奨となった機能は今後のメジャー・リリースではサポートされなくなる可能性があります。

参照:

トピック:

クライアントおよびフォアグラウンド・サーバーのプロセス・メモリーの変更

最適化およびパフォーマンスを向上させるために、Oracle Databaseクライアントとサーバーのプロセス・メモリーの要件は以前のリリースよりも大きい値になっています。

Oracle Databaseのすべてのリリースには、新機能が含まれています。拡張されたデータベースの機能に対して最適なパフォーマンスを提供するために、Oracle Databaseクライアントで拡張できます。また、Oracle Databaseサーバーはいずれかのリリースから次のリリースまで拡張できます。メモリー要件の増加は、プラットフォームによって異なる場合があります。

アップグレード計画の一部として、新しいOracle Databaseリリースに存在する可能性のあるメモリー要件の拡張を確認して決定します。たとえば、Oracle Database 11gリリース2 (11.2)と比較すると、一部のプラットフォーム上のOracle Database 12cはクライアントごとに5MBのメモリー増加、サーバーごとに10MBの増加を行うことができます。