日本語PDF

9 ldap.oraファイル内のディレクトリ使用パラメータ

この章では、ldap.oraファイルの構成パラメータの完全なリストを提供します。

9.1 ディレクトリ・サーバー使用ファイルの概要

ldap.oraファイルには、Oracle Internet Directoryコンフィギュレーション・アシスタントまたはOracle Net Configuration Assistantによって作成されたディレクトリの使用方法に関する構成パラメータが保持されます。これらのパラメータやその設定内容は変更しないでください。

Oracle Internet Directoryコンフィギュレーション・アシスタントで作成されたldap.oraファイルはORACLE_HOME/ldap/adminディレクトリに配置されます。Oracle Net Configuration Assistantで作成されたldap.oraファイルはORACLE_HOME/network/adminディレクトリに配置されます。ldap.oraファイルは、環境変数LDAP_ADMINまたはTNS_ADMINで指定されたディレクトリに配置される場合もあります。

9.2 ディレクトリ使用パラメータ

この項では、次のldap.oraファイルの構成パラメータをリストして説明します。

9.2.1 DEFAULT_ADMIN_CONTEXT

DEFAULT_ADMIN_CONTEXT ldap.oraファイル構成パラメータは、接続識別子の作成、変更または検索のためのデフォルト・ディレクトリを指定します。

用途

接続識別子を作成、変更または参照できるOracleコンテキストが含まれたデフォルトのディレクトリ・エントリを指定します。

有効な識別名(DN)

例9-1 例

DEFAULT_ADMIN_CONTEXT="o=OracleSoftware,c=US"

9.2.2 DIRECTORY_SERVER_TYPE

DIRECTORY_SERVER_TYPEは、ldap.oraファイルのネットワーク・パラメータであり、使用されているディレクトリ・サーバーのタイプを指定します。

用途

使用されるディレクトリ・サーバーのタイプを指定します。

  • oid: Oracle Internet Directory

  • ad: Microsoft Active Directory

例9-2 例

DIRECTORY_SERVER_TYPE=oid

9.2.3 DIRECTORY_SERVERS

DIRECTORY_SERVERSは、ディレクトリ使用パラメータであり、プライマリおよび代替LDAPディレクトリ・サーバーのホスト名およびポート番号をリストします。

用途

プライマリおよび代替LDAPディレクトリ・サーバーのホスト名およびポート番号をリストします。

host:port[:sslport]

例9-3 例

DIRECTORY_SERVERS=(ldap-server:389, raffles:400:636)