provisionReport

役割の割当レポート(.CSVファイル)を生成し、デフォルトのダウンロード場所に格納します。

このレポートには、ユーザーに割り当てられた、事前定義済の役割(例: サービス名パワー・ユーザー)とアプリケーションの役割(例: Planningアプリケーションの役割である、一括割当て)がリストされます。 downloadFile コマンドを使用して、レポートをダウンロードします。

レポートの2つのバージョン(簡略化またはクラシック)を生成できます。「アクセス制御」画面から入手できる役割の割当レポートと同じ簡略化レポートには、事前定義済役割に組み込まれるアプリケーション役割、またはユーザーに割り当てられているアプリケーション役割のコンポーネント役割はリストされません。クラシック・バージョンのレポートには、ユーザーが割り当てられる事前定義済役割に組み込まれるコンポーネント役割がリストされます。ユーザーに(直接またはグループを通じて).割り当てられたアプリケーション役割もリストします

注:

このコマンドは次回のリリースで非推奨になります。このコマンドのかわりに、同等のレポートを生成するroleAssignmentReportコマンドを使用してください。

適用対象

PlanningPlanningモジュールフリーフォームFinancial Consolidation and CloseTax ReportingAccount ReconciliationProfitability and Cost ManagementEnterprise Profitability and Cost ManagementOracle Enterprise Data Management CloudNarrative ReportingOracle Sales Planning CloudおよびOracle Strategic Workforce Planning Cloud

必要な役割

サービス管理者

使用方法

epmautomate provisionReport REPORT_NAME [format=classic|simplified] [userType=serviceUsers|IDAdmins]。ここで:
  • REPORT_NAME はレポートの名前です。

  • formatはオプションで、レポートの書式設定方法を識別します。使用可能な値:

    • デフォルト・オプションであるsimplifiedは、「アクセス制御」画面から生成された役割の割当レポートと同じレポートを作成します。

    • classicは、ユーザーが割り当てられる事前定義済役割に組み込まれるコンポーネント役割をリストするレポートを作成します。ユーザーに(直接またはグループを通じて)割り当てられたアプリケーション役割もリストします

  • userTypeはオプションで、レポートに含めるユーザーを識別します。このパラメータの値を指定しない場合は、デフォルト値のserviceUsersが使用されます。使用可能な値:

    • serviceUsersは、すべての機能ユーザーに関する情報を含むレポートを作成します(アプリケーションへのアクセス権を付与する事前定義済役割に割り当てられていない場合は、アイデンティティ・ドメイン管理者を含めないでください)

    • IDAdminsは、アイデンティティ・ドメイン管理者役割に割り当てられたユーザーのみをリストするレポートを作成します。レポートは、クラシック形式と簡略化形式で同じです

  • クラシック・レポートの作成: epmautomate provisionReport myProvReport.CSV format=classic

  • 簡略化レポートの作成:

    • epmautomate provisionReport myProvReport.CSV format=simplified

    • epmautomate provisionReport myProvReport.CSV userType=serviceUsers

  • アイデンティティ・ドメイン管理者のみをリストするレポートの作成:

    • epmautomate provisionReport myProvReport.CSV userType=IDAdmins

    • epmautomate provisionReport myProvReport.CSV userType=IDAdmins format=classic