Tax Reportingを使用されるお客様

Oracle Hyperion Tax ProvisionからTax Reportingに移行するお客様は、主に次のような違いがありますのでご注意ください。

  • 残高データや為替レートは、ファイルを使用してTax Reportingアプリケーションにロードします。(同じファイルを使用して、データや為替レートをロードすることはできません。)また、Oracle Financials Cloudの残高データも、Tax Reportingアプリケーションに直接統合できます。現時点では、Oracle ERP Cloudからの為替レートのロードはサポートされていません。

  • データは、サマリー勘定科目レベルでTax Reportingにロードされます。Tax Reportingでは、ライン・アイテムの詳細はサポートされていません。

  • 現時点では、Tax Reportingでは仕訳はサポートされていません。データ管理において、Tax Reportingアプリケーションでサポートされているのは、データのロード・タイプのみです。

  • Tax Reporting Webフォームまたは(Tax Reportingに動的にリンクされている) Oracle Smart View for Officeからデータ管理へのドリル・スルーがサポートされています。

  • データ管理からTax Reporting Webフォームへのドリル・スルーは、Tax Reportingに、データ管理から呼び出せるURLが含まれる場合のみ使用可能です。
  • ドリル・スルー機能は、為替レート・データに対してはサポートされません。
  • データ管理からTax Reportingにロードされるデータは、データ管理のディメンショナリティに基づいて要約され、このサマリー・データがTax Reportingにロードされます。計算または連結ロジックは、Tax Reporting内でのみ実行されます。
  • Tax ReportingでサポートされているのはYTDデータのみであるため、ロードされてもデータは変更されません。
  • データ・ロード・ルールを実行する際には、2つのエクスポート・モードで、ターゲットのTax Reportingアプリケーションにデータをロードできます。
    • マージ - デフォルトで、すべてのデータ・ロードがマージ・モードで処理されます。すでにアプリケーションにデータが存在する場合は、既存のデータがロード・ファイルの新しいデータで上書きされます。データがない場合は、新しいデータが作成されます。
    • 置換 - まず、データ・ロード・ファイルで参照されているアプリケーションの既存データがクリアされます。次に、データ・ロードがマージ・モードで実行されます。

      注:

      置換モードでは、特定のシナリオ/年/期間/エンティティ/マップ済データ・ソースの最初のレコードが出現する前に、そのシナリオ、年、期間、エンティティおよびマップ済データ・ソースのデータの組合せ全体が、手動入力か以前のロードかに関係なくクリアされます。Planningアプリケーションに1年分のデータがある場合に1か月分のみをロードするとき、このオプションを使用すると、1年分すべてがクリアされてからロードが実行されることに注意してください。

  • データ・ロード・プロセスの一環として、すべてのエンティティを連結する必要がある場合は、データ管理で、「確認エンティティ・グループ」オプション(確認エンティティ・グループの作成を参照。)を使用してください
  • このリリースでは、Tax Reportingのデータの所有権機能はサポートされていません。
  • Oracle Hyperion Financial Data Quality Management, Enterprise Editionは、オンプレミス・アプリケーションとTax Reportingベースのアプリケーションを統合するためのプライマリ・ゲートウェイとして使用できます。この機能を使用すると、クラウド・デプロイメントを既存のEPMポートフォリオに適用できます。
  • EPM自動化ユーティリティのrundataruleコマンドは、開始期間および終了期間に基づいてデータ管理のデータ・ロード・ルールを実行するもので、Tax Reportingアプリケーションに対して実行できます。

  • データ管理は、サービス・インスタンス間のデータの移動に使用できます。つまり、Tax Reportingアプリケーション間でデータを移動することや、Tax Reportingのデータを別のOracle Enterprise Performance Management Cloudサービスに移動すること(あるいはその逆)が可能です。

  • Tax Reportingでデータ・ロード・サイクルが完了したら、カスタム・アプリケーションで作成されたテキスト・ファイルにデータを書き出して、外部アプリケーションで使用することや、FDMEE (オンプレミス)のロケーションに書き出すことが可能です。カスタム・アプリケーションが定義されている場合は、EPM自動化を使用して、ファイルのエクスポートとダウンロードを実行できます。
  • Tax Reportingユーザーが使用できるその他の機能については、このガイドの目次を参照してください。