統合プロセスの説明

概括的には、これはOracle ERP CloudからのOracle General LedgerデータをEPMアプリケーションと統合する方法です:
  1. Oracle General Ledgerソース・システムおよび接続情報を設定し、次にソース・システムを初期化します。

    初期化プロセスでOracle General LedgerデータがOracle Enterprise Performance Management CloudシステムにEssbaseキューブとして取り込まれます。各Essbaseのターゲット・アプリケーションは、ソースのOracle General Ledgerの勘定体系定義を表します。

    ソース接続の構成を参照してください。

  2. Oracle General Ledgerソース・システムのOracle General Ledgerデータを必要とするEPM Cloudのターゲット・アプリケーションを作成します。

  3. 1つ以上のソース・システムからのデータを必要とするターゲット・アプリケーションを作成します。

    Oracle General LedgerアプリケーションからEPM Cloudアプリケーションにデータをロードする場合は、EPM Cloudをターゲット・アプリケーション・タイプとして追加します(たとえばPlanningをターゲット・アプリケーション・タイプとして追加します)。

  4. データ管理で、インポート・フォーマットを作成し、Oracle General LedgerとEPMアプリケーション・ディメンションとの間の統合マッピングを設定します。

    この項のインポート・フォーマットの操作を参照してください。

  5. インポート・フォーマットをOracle General Ledgerセグメントに関連付けるために使用するロケーションを定義します。

    この項のロケーションの定義を参照してください。

  6. Oracle General Ledger残高がロードされるEPMアプリケーションのシナリオ・ディメンション・メンバーに対するカテゴリ・マッピングを作成します。

    この項のカテゴリ・マッピングの定義を参照してください。

  7. データ・ロード・マッピングを定義し、転送時にOracle General Ledgerの勘定体系値をディメンション・メンバーに変換します。

    この項のデータ・ロード・マッピングを参照してください。

  8. 必要なフィルタを使用してデータ・ルールを定義し、ルールを実行します。

    Essbaseキューブのすべてのディメンションを含むデフォルト・フィルタが用意されています。キューブには重複するメンバーが含まれていることがあるため、完全修飾されたメンバー名が必要です。EssbaseキューブによりOracle General Ledgerセグメントが減り、Oracle General Ledgerで勘定体系と元帳は1対多の関係になります。

    ルールの作成時、データ管理でフィルタが作成されます。必要に応じてフィルタを変更できますが、削除はできません。(フィルタが削除されると、データ管理でデフォルト値が再作成されます)。これらのフィルタの詳細は、データ・ロード・ルールのフィルタの追加を参照してください。

    プロセスでOracle ERP Cloudからデータが抽出され、データ管理にロードされます。

    データ・ロード・ルールの追加を参照してください。

  9. オプション: Oracle ERP Cloudにデータをライトバックします。

    PlanningまたはPlanningモジュール・ソース・システムからOracle ERP Cloudにデータをライトバックするには、データ・ルールを設定します。この場合、PlanningまたはPlanningモジュール・アプリケーションに対してフィルタが適用されます。

    オプションで、カスタム・ターゲット・アプリケーションを使用して、予算データをPlanningからフラット・ファイルにライトバックできます。この出力ファイルは、他のアプリケーションにデータをロードするために使用できます。