Oracle NetSuiteデータ・ソースのインポート・フォーマットの追加

NSPB Sync SuiteAppの保存された検索はターゲット・アプリケーションとして格納され、インポート・フォーマットにより、アプリケーションと、Oracle Enterprise Performance Management Cloudのターゲット・ディメンションのディメンションとの間の統合マッピングを設定できます。

データ・ソース・アプリケーションによって生成されたファイルは、単一列数値や複数列データなど、サポートされるフォーマットのどれでも可能です。

Oracle NetSuiteデータ・ソースを選択すると、データ管理によってソースとターゲットの列に自動的に移入されます。

インポート・フォーマットは、次の3つのセクションで構成される「インポート・フォーマット」画面で操作します:

  • インポート・フォーマットのサマリー - ソースおよびターゲット・アプリケーションに関連する一般的な情報を表示します。

  • インポート・フォーマットの詳細 - インポート・フォーマット情報を追加して保持できます。

  • インポート・フォーマット・マッピング - インポート・フォーマット・マッピング情報を追加して保持できます。

インポート・ファイルにあるNSPB Sync SuiteAppの保存された検索データ・ソース列またはフィールドを、EPM Cloudアプリケーションのディメンションにマップします。

インポート・フォーマットをOracle NetSuiteソースに追加するには:

  1. 「設定」タブの「統合設定」で、「インポート・フォーマット」を選択します。

  2. 「インポート・フォーマット」サマリー・タスク・バーで、「追加を選択します。

    「インポート・フォーマット」画面の上部グリッドに、行が追加されます。

  3. 「名前」に、インポート・フォーマットのユーザー定義の識別子を入力します。

    このインポート・フォーマットにマッピングが作成された後で、このフィールドの値を変更することはできません。

  4. 「説明」に、インポート・フォーマットの説明を入力します。

  5. 「ソース」で、NSPB Sync SuiteAppの保存された検索をドロップダウンから選択します。
  6. 「ターゲット」で、EPM Cloudターゲット・アプリケーションを選択します。
  7. 「ファイル・タイプ」で、インポートするファイルのフォーマットを選択します。

    使用可能なファイル・フォーマット:

  8. 「ドリル・スルーURL」で、ドリル・スルーに使用する検索タイプ条件を入力します。

    たとえば、次のように指定できます。

    Searchtype=Transaction&searchid=customsearch_nspbcs_trial_balance&Transaction_ACCOUNT=$ATTR1$&Transaction_POSTINGPERIOD=$ATTR2$&Transaction_DEPARTMENT=$ATTR5$&Transaction_CLASS=$ATTR4$&Transaction_INTERNALID=$ATTR3$&Transaction_POSTING=T&

    詳細は、Oracle NetSuiteへのドリル・スルー・パラメータの定義を参照してください。

    ここでドリル・スルーURLの詳細コンポーネントを指定するとき、ソース・システムにドリル・スルーのサーバー・コンポーネントも設定する必要があります。Oracle NetSuiteへのソース接続の構成も参照してください。

  9. 「マッピング」セクションで、ソース列をディメンションにマップします。

    イメージは「インポート・フォーマット」画面の「マッピング」セクションを示します。

  10. オプション: 「式」で任意のインポート式を追加します。

    データ管理には、ほとんどすべてのファイルをデータ管理データベースに読み込んで解析できる、一連の強力なインポート式が用意されています。フィールドの「式」列に高度な式を入力します。インポート式は、インポート・ファイルから読み込まれた値を演算します。

    詳細は、インポート式の追加を参照してください。

    データ・ドライバのインポート・フォーマット追加の詳細は、データ・ドライバに対するインポート式の追加を参照してください。

  11. 「保存」をクリックします。