CountA

CountAは、数値、行、列またはセルの集合内の値の個数を戻す算術関数です。個数の取得時には、CountAでは、抑制されていない行または列の#missingセルおよび#errorセル内の値のみの個数を戻します。

構文:

CountA(arguments)

ここで、 argumentsは次の1つまたは複数の値です。

引数 説明

数値

数値。たとえば、CountA(10,20,30,50)は、値4を戻します。

数値には、小数と負数も使用できます。数値引数を参照してください。

行、列またはセルの参照

グリッド内の行、列またはセルへのポインタ。

参照の指定にはいくつかの方法があります。参照構文は、 CountA(GridName.GridElement[segment(range)].property です。行、列またはセルの参照引数を参照してください。

関数

埋込み関数。

算術関数を参照してください。

例:

グリッドに値10、20、30、および#errorのある4つの行がある場合、5行目の次の式はこれらの4行にある値の個数を戻します。

CountA([1:4])

4つの行にある値の個数を戻します。

CountA(row[1], row[6], row[8] row[where data yields #error])