Difference

Differenceは、数値、行または列から別の数値、行または列を減算した差異の絶対値を戻す算術関数です。

構文:

Difference(arg1,arg2)

ここで、 arg2arg1 から減算され、次の1つまたは複数の値になります。

引数 説明

数値

数値。たとえば、Difference(3,5)は、絶対値2を戻します。

数値には、小数と負数も使用できます。数値引数を参照してください。

行、列または参照

グリッド内の行、列またはセルへのポインタ。

参照の指定にはいくつかの方法があります。参照構文は、 GridName.GridElement[segment(range)].Property です。行、列またはセルの参照引数を参照してください。

次の例は、グリッド1の行とグリッド2の行の差を戻します。

Difference(grid1.row[1], grid2.row[6])

関数

埋込み関数。

算術関数を参照してください。

注:

Differenceは、 arg1 から arg2 を差し引いた値の絶対値を戻します。引数のマイナス符号は、負数を示します。

例:

絶対値8を戻します。

Difference(3,-5)

2つの集約列の差を計算します。

Difference(column[E], column[G])

異なるグリッドにある2つの列、グリッド1およびグリッド2の差を計算します。

Difference(grid1.column[E], grid2.column[E])

注:

テキスト・ラベルには、"Difference"と"Variance"のいずれでも入力できます。