ユーザー・ログイン・レポートの表示

ユーザー・ログイン・レポートには、デフォルトにより、過去24時間に環境にサインインしたユーザーに関する情報が含まれています。ユーザーのログイン元となるコンピュータのIPアドレスと、ユーザーが環境にアクセスした日時(UTC)がリストされます。

サービス管理者は、このレポートをカスタム日付範囲または過去30日間、過去90日間および過去120日間で再生成できます。また、検索文字列としてユーザーの名、姓またはユーザーIDの部分文字列を使用して、特定のユーザーの情報のみを表示するようレポートをフィルタできます。

注:

Oracle Enterprise Performance Management Cloudでは、ユーザー・ログイン監査履歴が保持されるのは過去120日間のみです。

ユーザー・ログイン・レポートを再生成するには:

  1. アクセス制御を開きます。アクセス制御のオープンを参照してください。
  2. ユーザー・ログイン・レポートをクリックします。
    過去1日間に環境にサインインしたすべてのユーザーがリストされるレポートが表示されます。
  3. レポートを生成する期間(過去1日間、過去30日間、過去90日間、過去120日間)を選択します。カスタム日付範囲を指定するには、「日付範囲」を選択してから開始日と終了日を選択します。
  4. オプション: レポートに含めるユーザーを選択します。検索機能の使用手順は、検索の使用を参照してください。
  5. オプション: 「CSVにエクスポート」をクリックして、表示されたレポートをCSVファイルとしてエクスポートします。
  6. 「取消し」をクリックしてレポートを閉じます。