13期間カレンダについて

12か月のかわりに13期間を使用するアプリケーションのカレンダの設定について学習します。

アプリケーションを作成する場合は、12か月(例: 1月から12月)または13期間に基づいてプランニング・カレンダを設定できます。13期間のプランニングでは、各期間の長さは正確に4週間になります(ただし、5、6年ごとに1つの期間が5週間になります。)

注:

13期間を使用して新規アプリケーションを作成できます。13期間を使用して新規アプリケーションを作成するには、ハイブリッド・ブロック・ストレージを有効にする必要があります。
  • レガシー・クラウド・サービスのお客様は、13期間アプリケーションを作成する前に、各自の環境でハイブリッド・ブロック・ストレージ(BSO)が有効になるようにリクエストする必要があります。My Oracle Supportでサポート・リクエストを送信してください。リクエストが履行されると、13期間アプリケーションの作成時にハイブリッド・ブロック・ストレージが自動的に有効になります。環境でハイブリッドが有効になった後は、新規アプリケーションを13期間で作成できます。

  • EPM Enterprise Cloud ServiceおよびEPM Standard Cloud ServiceのPlanningビジネス・プロセスは、デフォルトでハイブリッド・ブロック・ストレージ(BSO)キューブを使用してデプロイされます。これらのお客様の場合は、13期間アプリケーションを作成可能にするための追加ステップは必要ありません。

既存のアプリケーションに対して13期間カレンダを有効にすることはできません。

13期間でのプランニングにはいくつかの利点があります。次に例を示します:

  • 一連の休日が、毎年同じ期間の同じ週に発生します。これは、年をまたがると休日が異なる週に発生する可能性がある12か月アプリケーションとは対照的です。同様に、各期間末が同じ曜日に発生します。この一貫性により、多くの場合にプランニングが簡素化されます。
  • 年をまたがって重要なデータをより簡単に比較できます。たとえば、各損益計算書は、28日分の実績売上と28日分の実績支払を反映します。
  • すべての期間に同じ数の平日と週末があるため、トレンドを容易に把握できます。特に、小売ビジネスでは、年をまたがってこの一貫性を享受できます。

ヒント:

13期間でのプランを選択すると、期間TP1からTP13が作成されます。ただし、アプリケーションの作成時に接頭辞TPを名前変更できます。P1からP13のように、1から13の数字が接頭辞に追加されます。また、期間メンバーの名前をさらに見分けやすくする場合は、別名を作成できます。

13期間アプリケーションでは、13個の子メンバーが期間ディメンションの「年合計」に追加されます。デフォルトでは、最初の3四半期に3つの期間があり、最後の四半期に4つの期間があります(3-3-3-4)。ただし、どの四半期に4つの期間を追加するかは、「アプリケーションの作成: 詳細」ページで「配分」を設定する際に選択できます。各期間には開始日と終了日があります。4-4-5、4-5-4および5-4-4カレンダ(52週 x 7日 = 364日)の週次レイアウト、毎年余る1日、およびうるう年の発生に基づいて、53週目が年に追加されます。これは、5、6年ごとに発生します。

注:

アプリケーションの作成者は、53週目を追加する期間を「余剰週を追加する会計期間」で設定します。(この設定は後で変更できません)。うるう年の5週目は、アプリケーションの作成時に定義した期間に自動的に適用されます。

アプリケーション作成時のカレンダ設定の詳細は、アプリケーションの作成を参照してください。

ヒント:

13期間カレンダを選択する場合は、各期間の日付を表示できます。そのためには、ホーム・ページで、「アプリケーション」「概要」「アクション」13期間プレビュー・カレンダの順にクリックします。最上部で、プレビューする年のカレンダを選択できます。例:

13期間プレビュー・カレンダのスクリーンショットの例

財務で、13期間アプリケーションの週次レベルでプランニングする場合、アプリケーションには53週が追加されます。53週目が使用可能になるのは、うるう年のみで、これはアプリケーションの作成時に(「余剰週を追加する会計期間」で)指定する期間に追加されます。有効な交差は自動的に作成されます。たとえば、月を週に変換する場合は、うるう年にのみ週53が計算されます。

要員での13期間カレンダの使用の詳細は、13期間カレンダの計算を参照してください。

ビデオ

目的 視聴するビデオ

13期間カレンダの操作について学習します。

ビデオ画像(png) 概要: EPM Cloudでの13期間カレンダを使用したプランニング