メタデータのエクスポート

.csv (カンマ区切り)または.txt (タブ区切りまたは他の区切り文字)形式でメタデータをフラット・ファイルにエクスポートできます。

エクスポートでは次のアーティファクトがサポートされています。

  • ディメンション

  • スマート・リスト

  • 為替レート

アプリケーションでは、アーティファクトごとにエクスポート・ファイル(ファイル・タイプに応じて.txtまたは.csv)が作成され、すべてのエクスポート・ファイルが1つのzipファイルに統合されます。ファイルをインポート・ファイルとして使用する場合(たとえば、別のアプリケーションにインポートする場合)は、zipファイルから.csvまたは.txtファイルを抽出する必要があります。

注:

ファイルのエクスポートまたはインポートでは、UTF-8の文字セットに含まれる文字のみがサポートされます。UTF-8の文字セットに含まれない文字は無効と考慮されます。ディメンション名の制限事項については、ディメンション、メンバーおよび別名の名前付けの制限を参照してください。

ビデオ

目標 視聴するビデオ
メタデータのエクスポート方法を学習します。 ビデオ・アイコン Oracle Planning and Budgeting Cloudでのメタデータのエクスポート

メタデータをフラット・ファイルにエクスポートするには:

  1. 「アプリケーション」「概要」の順にクリックします。
  2. 「ディメンション」「エクスポート」の順にクリックします。
  3. 「メタデータのエクスポート」ページで、「作成」をクリックします。
  4. エクスポート・ファイルのターゲット環境を選択します。
  5. エクスポートする1つまたは複数のアーティファクトを選択します。
  6. オプションを選択します:
    • カンマ区切り: 各アーティファクトのカンマ区切りの.csvファイルを作成します。

    • タブ区切り: 各アーティファクトのタブ区切りの.txtファイルを作成します。

    • その他: 各アーティファクトの.txtファイルを作成します。エクスポート・ファイルで使用する区切り文字を入力します。サポートされている区切り文字と例外のリストは、他のサポートされている区切り文字を参照してください。

  7. 「エクスポート」をクリックし、エクスポート・ファイルを保存する場所を指定します。