メタデータ・インポート・ファイルのロード

メタデータ・インポート・ファイルをロードするには:

  1. インポートする各アーティファクト(ディメンション、スマート・リストおよび為替レート表)のメタデータ・インポート・ファイルを作成します。メタデータ・インポート・ファイルの作成を参照してください。
  2. 「アプリケーション」「概要」の順にクリックします。
  3. 「ディメンション」「インポート」の順にクリックします。
  4. 「メタデータのインポート」ページで、「作成」をクリックします。
  5. メタデータ・インポート・ファイルの場所を選択します:
  6. 「ファイル・タイプ」で、「カンマ区切り」「タブ区切り」または「その他」を選択します。

    「その他」を選択した場合、インポート・ファイルで使用する区切り文字を入力します。サポートされている区切り文字と例外のリストは、他のサポートされている区切り文字を参照してください。

  7. インポートを実行する前に、「メンバーのクリア」を選択し、ロード・ファイルで明示的に指定されていないメンバーを削除します。

    注:

    • ディメンションをインポートした後、指定されていないメンバーはアプリケーション・アウトラインから削除されますが、これが、指定されたメンバーの祖先である場合または指定された共有メンバーの基本メンバーである場合は削除されません。

    • 「メンバーのクリア」が選択されていない場合、インポートでは既存のメンバーの追加または更新のみが実行されます。ファイルを正常にロードするには、「メンバーのクリア」を選択せずにメタデータ・ファイルをロードすることをお薦めします。次に、「メンバーのクリア」を選択して、インポートを再度実行します。

    • 「メンバーのクリア」は、特定のディメンション(メンバーが存在する必要があり、メンバーがアプリケーションに取手重要であるディメンション)では使用できません。現在、これらのディメンションは、通貨、期間、シナリオ、バージョンおよび年です。

    • なんらかの理由(フォームや検証ルールで使用されるなど)でディメンション・エディタで削除できないメンバーは、削除されません。

  8. オプション: 選択した場所が「受信ボックス」の場合、「ジョブとして保存」をクリックしてインポート操作を、ただちにまたは後で実行をスケジュールできるジョブとして保存します。「ローカル」が選択されている場合、このオプションを選択できません。ジョブの管理を参照してください。

    注:

    • インポート操作をジョブとして保存すると、ロード・シーケンスをバッチ処理する場合に便利です。たとえば、メタデータをインポートし、次にデータをインポートして、データのロードが完了したらルールを実行します。

    • 一度に最大5つのインポート・ジョブを実行できます。

    • メタデータ・インポート・ジョブ中に拒否されたデータを確認する場合は、「ジョブとして保存」ダイアログで「エラー・ファイル」を指定できます。このファイルにより、各ディメンションについてインポートされなかったメタデータ・レコードについての情報が提供されます。エラーのzipファイルが指定されると、ディメンションごとに個別のエラー・ファイルが作成されて、エラー・ファイルがまとめてがzipされて、zipファイルが、「受信ボックス/送信ボックス・エクスプローラ」を使用してファイルをダウンロードできる送信ボックスに格納されます。アプリケーションの受信ボックスと送信ボックスを使用したファイルのアップロードおよびダウンロードを参照してください。

  9. オプション: 選択した場所が「ローカル」の場合、「検証」をクリックして、インポート・ファイルの形式が正しいかどうかをテストします。
  10. 「インポート」をクリックして、インポート操作を実行します。

インポート・ファイルにリストされているキューブがアプリケーション内のキューブ名と一致しない場合、アプリケーションでは未認識キューブ列が無視されます。

インポートが失敗した場合、「失敗」ステータスが「最近のアクティビティ」列に表示されます。詳細なステータスを表示する場合にクリックします。ロードが成功した場合、「ステータス」画面のドロップダウンで「すべて」(「エラー」ではなく)を選択し、インポートの詳細を確認します。