手動およびオフライン・インストール

クイックスタートで説明されているインストール方法を使用するかわりに、pipを使用してCLIおよびその依存関係を手動でインストールできます。続行する前に、要件を満たしていることを確認してください。

CLIを手動でインストールする前に:

  • pythonパスが正しく設定されていることを確認します
  • python --versionまたはpython3 --versionを実行して、必要なバージョンがあることを確認します
  • Oracle LinuxまたはCentOSにインストールする場合は、次のものがインストールされている必要があります:
    • gcc
    • zlib-devel
    • python3-devel
    • OpenSSL 1.1.1の最新バージョン

CLIのインストール・ファイルをダウンロードし、オフライン・インストールを実行することもできます。

ステップ1: Pythonのインストール

Pythonのインストール手順は、CLIがサポートするオペレーティング・システムごとに異なります。

ノート

CLIでサポートされるPythonのバージョンは、CLIの要件に示されているもののみです。
Windows

PythonのWindowsダウンロード・ページから、サポートされているバージョンのPythonをインストールします。インストール時に、PATHまたは環境変数(あるいはその両方)にPythonを追加することを選択します(プロンプトによって異なります)。

Oracle Linux

一部のバージョンのOracle Linuxでは、含まれるPythonのバージョンに互換性がないため、CLIをインストールするために追加のコンポーネントが必要な場合があります。CLIをインストールする前に、新しいOracle Linuxイメージで次のコマンドを実行します。

ヒント

Oracle Autonomous Linux 7およびOracle Linux Cloud Developer 8には、CLIが事前にインストールされています。

Oracle Linux 8

sudo dnf -y update
sudo dnf -y groupinstall "Development Tools"
sudo dnf -y install gcc wget openssl-devel bzip2-devel libffi-devel
sudo dnf -y module enable python36  # for Oracle Linux 8
sudo dnf -y install python36  # for Oracle Linux 8

Pythonは、Oracle Linux 8およびCentOS 8でバージョン固有のアプリケーション・ストリーム・モジュールとして使用できます。

現在使用可能なPythonモジュールを表示するには、dnf module listを使用します。例:
$ sudo dnf module list | grep python
python36 3.6 [d] build, common [d] Python programming language, version 3.6
python38 3.8 [d] build, common [d] Python programming language, version 3.8
python39 3.9 [d] build, common [d] Python programming language, version 3.9
次に、Pythonモジュールを有効にしてインストールします。次の例では、Python 3.9を有効にしてインストールします。
sudo dnf -y module enable python39
sudo dnf -y install python39
python3.9

python39およびpython3.9python36およびpython3.6またはpython38およびpython3.8に置き換えて、これらのバージョンをインストールして使用します。

Oracle Linux 7

sudo yum -y update
sudo yum -y groupinstall "Development Tools"
sudo yum -y install gcc wget openssl-devel bzip2-devel libffi-devel
sudo yum install -y python3   # for Oracle Linux 7
ノート

Oracle Linux 7の場合、python3-develol7_optional_latestリポジトリにあり、デフォルトでは有効になっていない可能性があります。python3-develをインストールするには、シェル・プロンプトから次のコマンドを実行します。
sudo yum install -y --enablerepo ol7_optional_latest python3-devel

Oracle Linux 7で使用可能な新しいバージョンの Pythonをインストールおよび使用する方法の詳細については、Oracle Linux Software Collections Libraryのドキュメントを参照してください。

Oracle Linux 6

ノート

Oracle Linux 6は推奨されなくなりました。代わりに Oracle Linux 8を使用することを検討してください。
sudo yum -y update
sudo yum -y groupinstall "Development Tools"
sudo yum -y install gcc wget openssl-devel bzip2-devel libffi-devel
wget https://www.python.org/ftp/python/3.6.3/Python-3.6.3.tgz
tar xvf Python-3.6.3.tgz
cd Python-3.6*/
./configure --enable-optimizations
sudo make altinstall
CentOS

CLIをインストールする前に、新しいCentOSイメージで次のコマンドを実行します。

CentOS Linux 8

sudo yum -y update
sudo yum -y groupinstall "Development Tools"
sudo yum -y install gcc wget openssl-devel bzip2-devel libffi-devel
sudo dnf -y module enable python36  sudo dnf -y install python36  

Pythonは、CentOS 8でバージョン固有のアプリケーション・ストリーム・モジュールとして使用できます。

現在使用可能なPythonモジュールを表示するには、dnf module listを使用します。例:
sudo dnf module list | grep python
これによって、次のような出力が生成されます:
python36 3.6 [d] build, common [d] Python programming language, version 3.6
python38 3.8 [d] build, common [d] Python programming language, version 3.8
python39 3.9 [d] build, common [d] Python programming language, version 3.9
次に、Pythonモジュールを有効にしてインストールします。次の例では、Python 3.9を有効にしてインストールします。
sudo dnf -y module enable python39
sudo dnf -y install python39
python3.9

python39およびpython3.9python36およびpython3.6またはpython38およびpython3.8に置き換えて、これらのバージョンをインストールして使用します。

CentOS Linux 7

sudo yum -y update
sudo yum -y groupinstall "Development Tools"
sudo yum -y install gcc wget openssl-devel bzip2-devel libffi-devel
sudo yum install -y python3 # for CentOS Linux 7

CentOS 7で使用可能な新しいバージョンのPythonをインストールして使用する方法の詳細は、ソフトウェア・コレクションのドキュメントを参照してください。

Ubuntu

CLIをインストールする前に、新しいUbuntuイメージで次のコマンドを実行します。

Ubuntu 16、Ubuntu 18およびUbuntu 20

sudo apt update
sudo apt install build-essential zlib1g-dev libncurses5-dev libgdbm-dev libnss3-dev libssl-dev libreadline-dev libffi-dev libsqlite3-dev wget libbz2-dev
sudo apt update && sudo apt install python3 python3-pip python3-venv
Mac OS X

Mac OS XにはPythonが事前インストールされています。

Mac OS XにPythonの最新バージョンをインストールするには、公式のPythonドキュメントを参照してください。

ステップ2: 仮想環境の作成および構成

venv Pythonモジュールは、分離したPython環境を作成できる仮想環境ビルダーです。CLIを仮想環境にインストールすることをお薦めします。

仮想環境のインストールおよびアクティブ化

Pythonのインストール後、次のステップを使用してオペレーティング・システムの仮想環境を設定します。

Windows
  1. 仮想環境を作成するディレクトリに移動します。
  2. 次のコマンドを実行して、仮想環境を作成します:
    python -m venv oracle-cli
  3. 次のコマンドを実行して、仮想環境をアクティブ化します:
    oracle-cli/Scripts/activate
LinuxおよびMac
  1. 仮想環境を作成するディレクトリに移動します。
  2. インストールされているPythonのバージョンに応じて、次のいずれかのコマンドを実行して仮想環境を作成します:
    python3.8 -m venv oracle-cli
    python3.6 -m venv oracle-cli
  3. 次のコマンドを実行して、仮想環境をアクティブ化します:
    source oracle-cli/bin/activate

ステップ3: コマンドライン・インタフェースのインストール

GitHubからCLIをダウンロードするか、Python Package Index (PyPI)からパッケージをインストールできます。

GitHubダウンロードを使用してインストールするには:

PyPIを使用してインストールするには、次のコマンドを実行します:

pip install oci-cli

CLIセッションの開始方法の詳細は、「CLIの使用」を参照してください。

仮想環境を使用しないインストール

システム全体のPythonにCLIをインストールすることはお薦めしません。かわりにインストーラまたは仮想環境を使用したCLIのインストールを提案します。

最新のpipバージョンを使用してシステム全体のPythonにCLIをインストールしようとすると、一部のdistutilsインストール済パッケージと競合が発生する可能性があります。次に示すのは、この状況が発生したときのエラー・メッセージの例です:

sudo pip install oci-cli
...
...
Cannot uninstall 'requests'. It is a distutils installed project and thus we cannot accurately determine which files belong to it which would lead to only a partial uninstall.

次のコマンドを使用して、ユーザーのためにCLIをインストールする方法もありますが、この方法はサポートされていません:

pip install --user oci-cli

オフライン・インストール

Pythonバージョン3.6からPythonバージョン3.9がインストールされている場合は、OCI CLIのオフライン・インストールを実行できます。

オフライン・インストールを実行する手順:
  1. GitHubのOCI CLIのリリース・ページに移動し、インストールするCLIのバージョンを選択します。
  2. リリース・ページの「Assets」セクションまでスクロールし、zipファイルをクリックしてダウンロードします。
  3. オプションで、ダウンロードしたファイルを検証します。
  4. zipファイルをターゲット・システムにコピーします。
  5. zipファイルを解凍します。
  6. プラットフォームに適したインストーラを実行します:
    1. UnixおよびLinuxの場合は、bash install.sh --offline-installを実行します
    2. Windowsの場合は、install.ps1 -OfflineInstallを実行します
  7. インストールの指示に従います。

オフライン・インストールのトラブルシューティングについては、GitHubの「Common Issues」を参照するか、問題を作成してください。

リリース・チェックサムの検証

CLIパッケージをダウンロードしたら、SHA-256チェックサムを検証できます。オペレーティング・システムに応じ、次の手順に従って、Githubリリースに指定されているSHA-256値と、ご使用のオペレーティング・システムでこの手順を完了したときに取得される値を比較します。

Windows
  1. コマンド・シェルを開きます。
  2. ダウンロード・ファイルがあるディレクトリに移動します。
  3. 次のコマンドを実行してチェックサム値を生成します(ここでfilenameは、コンピュータにダウンロードされたファイルの名前です):
    certutil -hashfile filename SHA256
  4. 返されたチェックサム値が、Githubリリースに指定されたSHA-256値と一致することを確認します。値が一致しない場合は、ファイルを再度ダウンロードしてこの手順を繰り返します。
Mac OS
  1. ターミナル・ウィンドウを開きます。
  2. 次のコマンドを実行します(ここで、fileLocationはコンピュータ上のファイルのフル・パスです):
    shasum -a 256 fileLocation 
    このコマンドで、チェックサム値が返されます。
  3. 返されたチェックサム値が、Githubリリースに指定されたSHA-256値と一致することを確認します。値が一致しない場合は、ファイルを再度ダウンロードしてこの手順を繰り返します。
Linux
  1. ターミナル・セッションを開きます。
  2. 次のコマンドを実行します(ここで、fileLocationはコンピュータ上のファイルのフル・パスです):
    sha256sum fileLocation

    このコマンドで、チェックサム値が返されます。

  3. 返されたチェックサム値が、Githubリリースに指定されたSHA-256値と一致することを確認します。値が一致しない場合は、ファイルを再度ダウンロードしてこの手順を繰り返します。