インスタンス・プールのインスタンスの停止および起動

ソフトウェアの更新またはエラー条件の解決のため、必要に応じて、インスタンス・プール内のすべてのインスタンスを停止して起動できます。

スケジュールに基づいてインスタンス・プール内のインスタンスを自動的に停止および起動するには、プールの自動スケーリングを有効化できます。

ヒント

インスタンス・プール内のすべてのインスタンスを停止するには、個々のインスタンスではなくプール自体を停止します。プールを停止せずにプール内のすべてのインスタンスを停止すると、プールはインスタンスの再起動を試みます。

インスタンスのOSを使用したインスタンスの停止または再起動

インスタンスにログインしているときに、オペレーティング・システムで使用可能なコマンドを使用して、インスタンスを停止および再起動できます。インスタンスのOSを使用してインスタンスを停止しても、そのインスタンスの請求は停止されません。この方法でインスタンス・プール内のインスタンスを停止する場合は、必ずコンソールまたはAPIからインスタンス・プールも停止してください。

必要なIAMポリシー

Oracle Cloud Infrastructureを使用するには、管理者によってポリシーでセキュリティ・アクセス権が付与されている必要があります。このアクセス権は、コンソール、あるいはSDK、CLIまたはその他のツールを使用したREST APIのいずれを使用している場合でも必要です。権限がない、または認可されていないというメッセージが表示される場合は、管理者に連絡して、どのタイプのアクセス権があり、どのコンパートメントで作業するかを確認してください。

管理者向け: インスタンス・プールとインスタンス構成へのアクセス権を付与する一般的なポリシーは、コンピュートのインスタンス構成、インスタンス・プールおよびクラスタ・ネットワークをユーザーに管理させるを参照してください。

ポリシーを初めて使用する場合は、ポリシーの開始共通ポリシーを参照してください。インスタンス、クラウド・ネットワーク、または他のCore Services APIリソースのポリシーを作成するための参照資料については、コア・サービスの詳細を参照してください。

停止したインスタンスのリソース請求

VMおよびベア・メタルのどちらのインスタンスでも、請求はインスタンスの作成に使用したシェイプによって決まります:

  • 標準シェイプ: インスタンス・プールを停止すると請求が一時停止されます。ただし、停止したインスタンスは引き続きサービス制限数にカウントされます。
  • Dense I/Oシェイプ: NVMeストレージ・リソースが保持されるため、停止したインスタンス・プールに対して請求が続行されます。関連リソースは、引き続きサービス制限にカウントされます。請求を停止し、サービス制限から関連リソースを削除するには、インスタンス・プールを削除する必要があります。
  • GPUシェイプ: VM.GPU.A10シリーズのシェイプを使用するVMインスタンスの場合、インスタンス・プールを停止すると請求が一時停止します。ただし、停止したインスタンスは引き続きサービス制限数にカウントされます。その他すべてのGPUシェイプでは、GPUリソースが保持されるため、停止したインスタンス・プールに対する請求は続行されます。関連リソースは、引き続きサービス制限にカウントされます。請求を停止し、サービス制限から関連リソースを削除するには、インスタンス・プールを削除する必要があります。
  • HPCシェイプ: NVMeストレージ・リソースが保持されるため、停止したインスタンス・プールに対して請求が続行されます。関連リソースは、引き続きサービス制限にカウントされます。請求を停止し、サービス制限から関連リソースを削除するには、インスタンス・プールを削除する必要があります。
  • 最適化シェイプ: VMインスタンスの場合、インスタンス・プールを停止すると請求が一時停止されます。ただし、停止したインスタンスは引き続きサービス制限数にカウントされます。ベア・メタル・インスタンスの場合、NVMeストレージ・リソースは保持されるため、停止したインスタンス・プールの請求は続行されます。関連リソースは、引き続きサービス制限にカウントされます。請求を停止し、サービス制限から関連リソースを削除するには、インスタンス・プールを削除する必要があります。

インスタンスのOSを使用してインスタンスを停止しても、そのインスタンスの請求は停止されません。この方法でインスタンス・プール内のインスタンスを停止する場合は、必ずコンソールまたはAPIからインスタンス・プールも停止してください。

コンピュートの価格設定の詳細は、コンピュートの価格設定を参照してください。Microsoft Windows Serverを実行しているインスタンスを停止したときにどのように請求されるかについては、Oracle Cloud Infrastructure上のWindows Serverについてどのように請求されますかを参照してください。

  • プール内のすべてのインスタンスを起動するには
    1. ナビゲーション・メニューを開き、「コンピュート」をクリックします。「コンピュート」で、「インスタンス・プール」をクリックします。
    2. 起動するインスタンスであるインスタンス・プールの名前をクリックします。
    3. 「開始」をクリックして、プロンプトが表示されたら確認します。
    プール内のすべてのインスタンスを停止するには
    1. ナビゲーション・メニューを開き、「コンピュート」をクリックします。「コンピュート」で、「インスタンス・プール」をクリックします。
    2. 停止するインスタンスであるインスタンス・プールの名前をクリックします。
    3. 「停止」をクリックします。
    4. デフォルトでは、コンソールは、オペレーティング・システムに停止コマンドを送信して、インスタンスを正常に停止します。OSが停止するまで15分間待機すると、インスタンスの電源が切断されます。

      ノート

      インスタンスで実行されているアプリケーションのシャットダウンに15分を超える時間がかかる場合、それらのアプリケーションが誤って停止し、データが破損する可能性があります。これを回避するには、コンソールを使用してインスタンスを停止する前に、OSで使用可能なコマンドを使用してインスタンスを停止します。

      OSの応答を待たずにインスタンスをただちに停止する場合は、「プール内のすべてのインスタンスの電源をただちにオフにしてインスタンス・プールを強制停止します」チェック・ボックスを選択します。

    5. 「インスタンス・プールの停止」をクリックします。
    プール内のすべてのインスタンスを再起動するには
    1. ナビゲーション・メニューを開き、「コンピュート」をクリックします。「コンピュート」で、「インスタンス・プール」をクリックします。
    2. リブートするインスタンスであるインスタンス・プールの名前をクリックします。
    3. 「再起動」をクリックします。
    4. デフォルトでは、コンソールは、オペレーティング・システムに停止コマンドを送信して、インスタンスを正常に再起動します。OSが停止するまで15分間待った後、インスタンスの電源が切断され、再び投入されます。

      ノート

      インスタンスで実行されているアプリケーションの停止に15分を超える時間がかかる場合、それらのアプリケーションが不適切に停止し、データが破損する可能性があります。これを回避するには、コンソールを使用してインスタンスを再起動する前に、OSで使用可能なコマンドを使用してインスタンスを停止します。

      インスタンスをすぐに再起動する場合、OSの応答を待機せずに、「プール内のすべてのインスタンスの電源をただちに切断してから、再投入することで、インスタンス・プールを強制再起動します」チェック・ボックスを選択します。

    5. 「インスタンス・プールの再起動」をクリックします。
  • CLIを使用してインスタンス・プール内のインスタンスのライフサイクル状態を管理するには、コマンド・プロンプトを開き、次のいずれかのコマンドを実行します。

    指定したインスタンス・プール内のインスタンスを起動(電源オン)するには、instance-pool startコマンドを使用します:

    oci compute-management instance-pool start --instance-pool-id <INSTANCE_POOL_OCID>

    指定したインスタンス・プール内のインスタンスを停止(即時電源オフ)するには、instance-pool stopコマンドを使用します:

    oci compute-management instance-pool stop --instance-pool-id <INSTANCE_POOL_OCID>

    指定したインスタンス・プール内のインスタンスをソフト停止(ACPI停止)するには、instance-pool softstopコマンドを使用します:

    oci compute-management instance-pool softstop --instance-pool-id <INSTANCE_POOL_OCID>

    指定したインスタンス・プール内のインスタンスをリセット(即時電源オフおよび電源オン)するには、instance-pool resetコマンドを使用します:

    oci compute-management instance-pool reset --instance-pool-id <INSTANCE_POOL_OCID>

    指定したインスタンス・プール内のインスタンスをソフト・リセット(ACPI停止および電源オン)するには、instance-pool softresetコマンドを使用します:

    oci compute-management instance-pool softreset --instance-pool-id <INSTANCE_POOL_OCID>

    コンピュート・サービスのCLIコマンドのフラグおよび変数オプションの完全なリストは、コンピュートのコマンドライン・リファレンスを参照してください。

  • APIの使用およびリクエストの署名の詳細は、REST APIのドキュメントおよびセキュリティ資格証明を参照してください。SDKの詳細は、SDKおよびCLIを参照してください。

    APIを使用してインスタンス・プール内のインスタンスのライフサイクル状態を管理するには、次の操作を使用します: