インスタンス・プールのインスタンスの停止および起動

ソフトウェアの更新またはエラー条件の解決のため、必要に応じて、インスタンス・プール内のインスタンスを停止して起動できます。

インスタンスのOSを使用したインスタンスの停止または再起動

APIとコンソールの使用に加え、インスタンスにログインしているときは、オペレーティング・システムに用意されているコマンドを使用して、インスタンスの停止と再起動を行うことができます。インスタンスのOSを使用してインスタンスを停止しても、そのインスタンスの請求は停止されません。この方法でインスタンス・プール内のインスタンスを停止する場合、必ずコンソールまたはAPIからインスタンス・プールも停止してください。

必要なIAMポリシー

Oracle Cloud Infrastructureを使用するには、管理者が記述するポリシー で、コンソールまたはSDK、CLIまたはその他のツールを使用したREST APIのどれを使用しているかにかかわらず、必要なアクセスのタイプを付与されている必要があります。アクションを実行しようとしたときに、権限がない、または認可されていないというメッセージが表示された場合は、付与されているアクセスのタイプと作業するコンパートメントを管理者に確認してください。

管理者向け: インスタンス・プールとインスタンス構成へのアクセス権を付与する一般的なポリシーは、コンピュートのインスタンス構成、インスタンス・プールおよびクラスタ・ネットワークをユーザーに管理させるを参照してください。

ポリシーを初めて使用する場合は、ポリシーの開始共通ポリシーを参照してください。インスタンス、クラウド・ネットワーク、または他のCore Services APIリソースのポリシーを作成するための参照資料については、コア・サービスの詳細を参照してください。

停止したインスタンスのリソース請求

VMおよびベア・メタルのどちらのインスタンスでも、請求はインスタンスの作成に使用したシェイプによって決まります:

  • 標準シェイプ: インスタンス・プールを停止すると請求が一時停止されます。ただし、停止したインスタンスは引き続きサービス制限数にカウントされます。
  • Dense I/Oシェイプ: NVMeストレージ・リソースが保持されるため、停止したインスタンス・プールに対して請求が続行されます。関連リソースは、引き続きサービス制限にカウントされます。請求を中止して、サービス制限から関連リソースを削除するには、インスタンス・プールを終了する必要があります。
  • GPUシェイプ: GPUリソースが保持されるため、停止したインスタンス・プールに対して請求が続行されます。関連リソースは、引き続きサービス制限にカウントされます。請求を中止して、サービス制限から関連リソースを削除するには、インスタンス・プールを終了する必要があります。
  • HPCシェイプ: NVMeストレージ・リソースが保持されるため、停止したインスタンス・プールに対して請求が続行されます。関連リソースは、引き続きサービス制限にカウントされます。請求を中止して、サービス制限から関連リソースを削除するには、インスタンス・プールを終了する必要があります。

インスタンスのOSを使用してインスタンスを停止しても、そのインスタンスの請求は停止されません。この方法でインスタンス・プール内のインスタンスを停止する場合、必ずコンソールまたはAPIからインスタンス・プールも停止してください。

コンピュートの価格設定の詳細は、コンピュートの価格設定を参照してください。Microsoft Windows Serverを実行しているインスタンスを停止したときにどのように請求されるかについては、Oracle Cloud Infrastructure上のWindows Serverについてどのように請求されますかを参照してください。

コンソールの使用

  1. ナビゲーション・メニューを開きます。「コア・インフラストラクチャ」で、「コンピュート」に移動して「インスタンス・プール」をクリックします。
  2. 停止または起動するインスタンスが含まれるインスタンス・プールをクリックします。
  3. 次のいずれかの操作をクリックします:

    • 起動: インスタンス・プール内のすべてのインスタンスを起動します。
    • 停止: インスタンス・プール内のすべてのインスタンスを停止します。
    • 再起動: 停止コマンドをオペレーティング・システムに送信してインスタンス・プールのすべてのインスタンスを正常に再起動してから、インスタンスの電源を再投入します。