コンピュート・シェイプ

シェイプは、インスタンスに割り当てるOCPU数、メモリー容量およびその他のリソースを決定するテンプレートです。コンピュート・シェイプは、AMDプロセッサ、IntelプロセッサおよびArmベースのプロセッサで使用できます。

このトピックでは、ベア・メタル・インスタンス、仮想マシン(VM)および専用仮想マシン・ホストで使用できるシェイプの基本情報を提供します。サービス制限の詳細は、コンピュート制限を参照してください。NVMeデバイスでのデータの保護の詳細は、NVMeデバイスでのデータの保護を参照してください。

ノート

  • 新しいリージョンが使用可能になると、ホスト容量も使用可能になるまでに数週間かかる場合があります。

    使用可能なシェイプのリストを取得するには、ListShapes操作を実行します。

  • インスタンスでステートフル・セキュリティ・ルールを使用している場合、各インスタンスには、インスタンスのシェイプに基づいて、追跡可能な同時接続の最大数があります。

コンピュート・シェイプの価格設定

コスト見積り機能を使用して、Oracle Cloud Infrastructureで予想される月次プロジェクト・コストを見積ることができます。請求の詳細は、請求およびコストの管理および『Oracle PaaS and IaaS Universal Credits Service Descriptions』のOracle Compute Cloud Servicesに関する項を参照してください。

フレキシブル・シェイプ

フレキシブル・シェイプは、VMの起動時またはサイズ変更時にOCPU数およびメモリー容量をカスタマイズできるシェイプです。フレキシブル・シェイプを使用してVMインスタンスを作成する場合、インスタンスで実行するワークロードに必要なOCPU数およびメモリー容量を選択します。ネットワーク帯域幅およびVNICの数は、OCPUの数に比例してスケーリングされます。この柔軟性により、ワークロードに一致するVMを構築できるため、パフォーマンスを最適化し、コストを最小限に抑えることができます。

フレキシブル・シェイプは次のとおりです。

  • VM.Standard3.Flex (Intel)
  • VM.Standard.E4.Flex (AMD)
  • VM.Standard.E5.Flex (AMD)
  • VM.Standard.A1.Flex (AmpereのArmプロセッサ)
  • VM.DenseIO.E4.Flex (AMD)
  • VM.Optimized3.Flex (Intel)

フレキシブル・メモリーは、フレキシブル・シェイプでも使用できます。許容されるメモリー容量は、選択したOCPUの数に基づきます。

標準および最適化フレキシブル・シェイプの場合、OCPUに対するメモリーの割合はシェイプによって異なります。

シェイプ 最大OCPU 最小メモリー 最大メモリー
VM.Standard3.Flex 32

拡張メモリーVMインスタンスを参照してください。

1GBまたはOCPUの数に一致する値(いずれか大きい方) 1 OCPU当たり64GB、合計最大512GB

拡張メモリーVMインスタンスを参照してください。

VM.Standard.E4.Flex 64

拡張メモリーVMインスタンスを参照してください。

1GBまたはOCPUの数に一致する値(いずれか大きい方) 1 OCPU当たり64GB、合計最大1024GB

拡張メモリーVMインスタンスを参照してください。

VM.Standard.E5.Flex

94

1GBまたはOCPUの数に一致する値(いずれか大きい方) OCPU当たり64 GB、合計で最大1049 GB
VM.Standard.A1.Flex 80 1GBまたはOCPUの数に一致する値(いずれか大きい方) 1 OCPU当たり64GB、合計最大512GB
VM.Optimized3.Flex 18 1GBまたはOCPUの数に一致する値(いずれか大きい方) 1 OCPU当たり64GB、合計最大256GB

Dense I/Oフレキシブル・シェイプの場合、次の構成を使用できます:

  • 8OCPU、128GBのメモリー
  • 16OCPU、256GBのメモリー
  • 32OCPU、512GBのメモリー

これらのリソースは、1秒当たりの粒度で最小1分で課金されます。ワークロードに一致するシェイプを選択し、ワークロードの変更時にシェイプを変更して、コストを最適化します。たとえば、コアとメモリーの比率を低くすることで、コンピュート処理能力を最大化するようにVMを構成できます。または、インメモリー・データベースやビッグ・データ処理エンジンなどのアプリケーションの場合、コアとメモリーの比率が高いインスタンスを構成します。ワークロードの変化に応じてOCPUおよびメモリーを変更し、パフォーマンスを向上させるためにスケール・アップするか、コストを削減するためにスケール・ダウンします。

サポートされているイメージ

ほとんどのプラットフォーム・イメージは、フレキシブル・シェイプと互換性があります。フレキシブル・シェイプのリリース後に公開されたプラットフォーム・イメージを使用します(リリース日については、コンピュートのリリース・ノートを参照してください)。

イメージによっては、カスタム・イメージもサポートされます。カスタム・イメージにフレキシブル・シェイプの互換性を追加し、フレキシブル・シェイプでイメージをテストして、実際にシェイプで動作することを確認する必要があります。

サポートされているリージョン

サポートされているリージョンのリストは、コンピュート・インスタンスのサービス制限を参照してください。追加リージョンでホスト容量が使用可能になると、リストが更新されます。

ノート

A1シェイプでは、容量が制限される場合があります。

拡張メモリーVMインスタンス

拡張メモリー仮想マシン(VM)インスタンスは、標準シェイプで使用可能なより多くのメモリーおよびコアを提供するVMインスタンスです。

拡張メモリーVMインスタンスには、次のシェイプを使用できます:
  • VM.Standard3.Flex

  • VM.Standard.E3.Flex

  • VM.Standard.E4.Flex

ベア・メタル・シェイプ

ベア・メタル・インスタンスには、次のシェイプを使用できます:

ネットワーク帯域幅はVCN内のトラフィックの予想帯域幅に基づいています。シェイプに対してアクティブな物理NICを判別するには、次の表のネットワーク帯域幅の仕様を参照してください。ネットワーク帯域幅が「2 x <帯域幅> Gbps」と表示されている場合は、NIC 0とNIC 1の両方がアクティブであることを意味します。

ベア・メタル・インスタンスの場合、同時マルチスレッドの無効化、コアの無効化、NUMA設定の最適化など、オプションでBIOSの詳細設定を構成します。

標準シェイプ

汎用ワークロード向けに設計され、広範なアプリケーションおよびユース・ケースに適しています。標準シェイプでは、バランスのよいコア、メモリーおよびネットワーク・リソースが提供されます。標準シェイプはIntel、AMDおよびArmベースのプロセッサで使用できます。

ベア・メタル標準シリーズは、次のとおりです:

  • BM.Standard3: X9ベースの標準コンピュート。プロセッサ: Intel Xeon Platinum 8358。ベース周波数2.6GHz、最大ターボ周波数3.4GHz。
  • BM.Standard.E4: E4ベースの標準コンピュート。プロセッサ: AMD EPYC 7J13。ベース周波数2.55GHz、最大ターボ周波数3.5GHz。
  • BM.Standard.E5: E5ベースの標準コンピュート。プロセッサ: AMD EPYC 9J14。ベース周波数2.4 GHz、最大ブースト周波数3.7 GHz。
  • BM.Standard.A1: Ampere A1 ComputeのArmベースの標準コンピュート。各OCPUは、1つのハードウェア実行スレッドに相当します。プロセッサ: Ampere Altra Q80-30。最大周波数3.0GHz。
シェイプ OCPU メモリー(GB) ローカル・ディスク 最大ネットワーク帯域幅 最大VNIC合計: Linux 最大VNIC合計: Windows
BM.Standard3.64 64 1024 ブロック・ストレージのみ 2 x 50Gbps 256 129 (最初の物理NICに1、2番目の物理NICに128)
BM.Standard.E4.128 128 2048 ブロック・ストレージのみ 2 x 50Gbps 256 129 (最初の物理NICに1、2番目の物理NICに128)
BM.Standard.E5.192 192 2304 ブロック・ストレージのみ 1 x 100 Gbps 256 129 (最初の物理NICに1、2番目の物理NICに128)

BM.Standard.A1.160

Armベースのコンピュートを参照してください。

160 1024 ブロック・ストレージのみ 2 x 50Gbps 256 このシェイプでは、Windowsイメージはサポートされていません。

Cステートおよび周波数スケーリング

最新のCPUは、CPUがアイドル状態または十分に利用されていないときに省電力状態(Cステートと呼ばれる)に遷移します。これらのCステートは、通常のCPU動作モード(CPUが100%アクティブ)であるC0から始まります。Cステートが高いほど、CPUの遷移先のスリープ・モードが深くなります。スリープ・モードは、CPU内部のアイドル状態のユニットからクロック信号と電源を切断することで機能し、エネルギーの使用を削減します。CPUが遷移するCステートが高い(深いスリープ状態)ほど、停止されたユニットを起動するのにかかる時間が長くなります。これは、要求の厳しいアプリケーションの速度が低下する可能性があるため、Cステート遷移の望ましくない副次的影響です。

幸いにも、標準VMシェイプ上のハイパーバイザは、CPUが十分に利用されていないときでも、より深いスリープ状態への遷移を防止することで、エンド・ユーザーに対するこの複雑さを管理します。さらに、継続的な高使用率が確認されると、Cステートを無効にします。Cステートが無効の場合、CPUはC0状態で動作し、すべてのコアはベース周波数でアクティブになります。各プロセッサの製造元では、コア当たりの最大周波数の名前は異なります。Intelでは、最大周波数は最大ターボ周波数と呼ばれ、AMDでは最大ブースト周波数と呼ばれます。この最大周波数は、プロセッサが通常の継続的な負荷でC0状態で動作している場合に、各CPUの組込みアルゴリズムによって実現されます。

現在、ハイパーバイザでは、インスタンスで実行されているクライアント・オペレーティング・システムで、カーネル・コマンドライン・オプションを使用してCステートを管理することはできません。ハイパーバイザがプロセッサによって通知された最大周波数でプロセッサを実行している場合でも、クライアントは常にベース周波数を表示します。

Dense I/Oシェイプ

大規模データベース、ビッグ・データ・ワークロード、および高パフォーマンスのローカル・ストレージを必要とするアプリケーション用に設計されています。DenseIOシェイプには、ローカルにアタッチされたNVMeベースのSSDが含まれます。

これは、ベア・メタルDense I/Oシリーズです:

  • BM.DenseIO.E4: E4ベースのDense I/Oコンピュート。プロセッサ: AMD EPYC 7J13。ベース周波数2.55GHz、最大ターボ周波数3.5GHz。
  • BM.DenseIO.E5: E5ベースのDense I/Oコンピュート。プロセッサ: AMD EPYC 9J14。ベース周波数2.4 GHz、最大ブースト周波数3.7 GHz。
シェイプ OCPU メモリー(GB) ローカル・ディスク 最大ネットワーク帯域幅 最大VNIC合計: Linux 最大VNIC合計: Windows
BM.DenseIO.E4.128 128 2048 54.4 TB NVMe SSDストレージ(8ドライブ) 2 x 50Gbps 256 129 (最初の物理NICに1、2番目の物理NICに128)
BM.DenseIO.E5.1281 128 1536 81.6TB NVMe SSDストレージ(12 x 6.8TBドライブ) 1 x 100Gbps 256 129 (最初の物理NICに1、2番目の物理NICに128)

ノート

1:詳細は、Oracle営業担当者にお問い合せください。

GPUシェイプ

ハードウェアで高速化されるワークロード用に設計されています。GPUシェイプには、IntelまたはAMDのCPUおよびNVIDIAグラフィック・プロセッサが含まれます。一部のベア・メタルGPUシェイプでは、クラスタ・ネットワーキングがサポートされています。

ベア・メタルGPUシリーズは、次のとおりです:

  • BM.GPU2: X7ベースのGPUコンピュート。

    • GPU: NVIDIA Tesla P100 16 GB
    • CPU: Intel Xeon Platinum 8167M。ベース周波数2.0GHz、最大ターボ周波数2.4GHz。
  • BM.GPU3: X7ベースのGPUコンピュート。

    • GPU: NVIDIA Tesla V100 16 GB
    • CPU: Intel Xeon Platinum 8167M。ベース周波数2.0GHz、最大ターボ周波数2.4GHz。
  • BM.GPU4: E3ベースのGPUコンピュート。

    • GPU: NVIDIA A100 40 GB
    • CPU: AMD EPYC 7542。ベース周波数2.9GHz、最大ターボ周波数3.4GHz。
  • BM.GPU.A10: X9ベースのGPUコンピュート

    • GPU: NVIDIA A10 24GB
    • CPU: Intel Xeon Platinum 8358。ベース周波数2.6GHz、最大ターボ周波数3.4GHz。
  • BM.GPU.A100: E4ベースのGPUコンピュート。

    • GPU: NVIDIA A100 80 GB
    • CPU: AMD EPYC 7J13。ベース周波数2.55GHz、最大ターボ周波数3.7GHz。
シェイプ OCPU GPUメモリー(GB) CPUメモリー(GB) ローカル・ディスク 最大ネットワーク帯域幅 最大VNIC合計: Linux 最大VNIC合計: Windows

BM.GPU2.2

(GPU: 2xP100)

28 32 192 ブロック・ストレージのみ 2 x 25Gbps 28 15 (最初の物理NICに1、2番目の物理NICに14)

BM.GPU3.8

(GPU: 8xV100)

52 128 768 ブロック・ストレージのみ 2 x 25Gbps 52 27 (最初の物理NICに1、2番目の物理NICに26)

BM.GPU4.8

(GPU: 8xA100)

64 320 2048 27.2 TB NVMe SSD (4ドライブ)

1 x 50 Gbps

8 x 200 Gbps RDMA

64 このシェイプでは、Windowsイメージはサポートされていません。

BM.GPU.A10.4

(GPU: 4xA10)

64 96 1024 7.68 TB NVMe SSD (2ドライブ) 2 x 50Gbps 256 このシェイプでは、Windowsイメージはサポートされていません。

BM.GPU.A100-v2.8

(GPU: 8xA100)

128 640 2048 27.2 TB NVMe SSD (4ドライブ)

2 x 50Gbps

16 x 100Gbps RDMA

256 このシェイプでは、Windowsイメージはサポートされていません。

HPCシェイプおよび最適化シェイプ

高周波数プロセッサ・コアを必要とする高性能コンピューティング・ワークロード用に設計されています。ベア・メタルHPCシェイプおよび最適化シェイプは、クラスタ・ネットワーキングをサポートしています。

これは、ベア・メタル最適化シリーズです:

  • BM.Optimized3: プロセッサ: Intel Xeon 6354。ベース周波数3.0GHz、最大ターボ周波数3.6GHz。
  • BM.HPC.E5:プロセッサ: AMD EPYC 9J14。ベース周波数2.4 GHz、最大ブースト周波数3.7 GHz。
シェイプ OCPU メモリー(GB) ローカル・ディスク 最大ネットワーク帯域幅 最大VNIC合計: Linux 最大VNIC合計: Windows
BM.Optimized3.36 36 512 3.84TB NVMe SSD (1ドライブ)

2 X 50Gbps

1 X 100 Gbps RDMA

256 129
BM.HPC.E5.1441 144 768 3.84TB NVMe SSD (1ドライブ) 1 x 100Gbps

1 x 100Gbps RDMA

256 129 (最初の物理NICに1、2番目の物理NICに128)

ノート

1:詳細は、Oracle営業担当者にお問い合せください。

仮想マシン(VM)のシェイプ

VMでは、次のシェイプを使用できます:

ネットワーク帯域幅はVCN内のトラフィックの予想帯域幅に基づいています。

標準シェイプ

汎用ワークロード向けに設計され、広範なアプリケーションおよびユース・ケースに適しています。標準シェイプでは、バランスのよいコア、メモリーおよびネットワーク・リソースが提供されます。標準シェイプはIntel、AMDおよびArmベースのプロセッサで使用できます。

VMの標準シリーズは次のとおりです:

  • VM.Standard3: X9ベースの標準コンピュート。プロセッサ: Intel Xeon Platinum 8358。ベース周波数2.6GHz、最大ターボ周波数3.4GHz。
  • VM.Standard.E2.1.Micro: E2ベース、E3ベースまたはE4ベースの標準コンピュート。Oracle Cloud Infrastructureによって次のいずれかのプロセッサが割り当てられます:

    • AMD EPYC 7551。ベース周波数2.0GHz、最大ターボ周波数3.0GHz。
    • AMD EPYC 7742。ベース周波数2.25GHz、最大ターボ周波数3.4GHz。
    • AMD EPYC 7J13。ベース周波数2.55GHz、最大ターボ周波数3.5GHz。
  • VM.Standard.E4: E4ベースの標準コンピュート。プロセッサ: AMD EPYC 7J13。ベース周波数2.55GHz、最大ターボ周波数3.5GHz。
  • VM.Standard.E5: E5ベースの標準コンピュート。プロセッサ: AMD EPYC 9J14。ベース周波数2.4 GHz、最大ブースト周波数3.7 GHz。
  • VM.Standard.A1: Ampere A1 ComputeのArmベースの標準コンピュート。各OCPUは、1つのハードウェア実行スレッドに相当します。プロセッサ: Ampere Altra Q80-30。最大周波数3.0GHz。
シェイプ OCPU メモリー(GB) ローカル・ディスク(TB) 最大ネットワーク帯域幅 最大VNIC合計: Linux 最大VNIC合計: Windows

VM.Standard3.Flex

フレキシブル・シェイプおよびバースト可能なインスタンスを参照してください。

最小1、最大32 OCPU

拡張メモリーVMインスタンスを参照してください。

最小1GB、最大512GB

拡張メモリーVMインスタンスを参照してください。

ブロック・ストレージのみ 1 OCPU当たり1Gbps、最大32Gbps

1 OCPUを持つVM: 2 VNIC。

2以上のOCPUを持つVM: 1 OCPU当たり1 VNIC。

最大24 VNIC。

1 OCPUを持つVM: 2 VNIC。

2以上のOCPUを持つVM: 1 OCPU当たり1 VNIC。

最大24 VNIC。

VM.Standard.E2.1.Micro

1

Always Freeリソースを参照してください。

1 ブロック・ストレージのみ 480Mbps 1 -

VM.Standard.E4.Flex

フレキシブル・シェイプおよびバースト可能なインスタンスを参照してください。

最小1 OCPU、最大64 OCPU

拡張メモリーVMインスタンスを参照してください。

最小1GB、最大1024GB

拡張メモリーVMインスタンスを参照してください。

ブロック・ストレージのみ 1 Gbps per OCPU、最大40 Gbps

1 OCPUを持つVM: 2 VNIC。

2以上のOCPUを持つVM: 1 OCPU当たり1 VNIC。

最大24 VNIC。

1 OCPUを持つVM: 2 VNIC。

2以上のOCPUを持つVM: 1 OCPU当たり1 VNIC。

最大24 VNIC。

VM.Standard.E5.Flex

フレキシブル・シェイプを参照してください。

最小1 OCPU、最大94 OCPU

最小1GB、最大1049GB

ブロック・ストレージのみ 1 OCPU当たり1Gbps、最大40Gbps

1 OCPUを持つVM: 2 VNIC。

2以上のOCPUを持つVM: 1 OCPU当たり1 VNIC。

最大24 VNIC。

1 OCPUを持つVM: 2 VNIC。

2以上のOCPUを持つVM: 1 OCPU当たり1 VNIC。

最大24 VNIC。

VM.Standard.A1.Flex

フレキシブル・シェイプおよびArmベースのコンピュートを参照してください。

最小1 OCPU、最大80 OCPU

Always Freeリソースを参照してください。

最小1GB、最大512GB ブロック・ストレージのみ 1 Gbps per OCPU、最大40 Gbps

1 OCPUを持つVM: 2 VNIC。

2以上のOCPUを持つVM: 1 OCPU当たり1 VNIC。

最大24 VNIC。

このシェイプでは、Windowsイメージはサポートされていません。

Dense I/Oシェイプ

大規模データベース、ビッグ・データ・ワークロード、および高パフォーマンスのローカル・ストレージを必要とするアプリケーション用に設計されています。DenseIOシェイプには、ローカルにアタッチされたNVMeベースのSSDが含まれます。

これは、VM Dense I/Oシリーズです:

  • VM.DenseIO.E4: E4ベースのDense I/Oコンピュート。プロセッサ: AMD EPYC 7J13。ベース周波数2.55GHz、最大ターボ周波数3.5GHz。
  • VM.DenseIO.E5: E5ベースのDense I/Oコンピュート。プロセッサ: AMD EPYC 9J14。ベース周波数2.4 GHz、最大ブースト周波数3.7 GHz。
シェイプ OCPU メモリー(GB) ローカル・ディスク(TB) 最大ネットワーク帯域幅 最大VNIC合計: Linux 最大VNIC合計: Windows

VM.DenseIO.E4.Flex

フレキシブル・シェイプを参照してください。

Windows Serverを実行しているインスタンスについては、この既知の問題を参照してください。

8 128 6.8 TB NVMe SSDストレージ(1ドライブ) 8Gbps 8 8
16 256 13.6 TB NVMe SSDストレージ(2ドライブ) 16Gbps 16 16
32 512 27.2 TB NVMe SSDストレージ(4ドライブ) 32Gbps 24 24
VM.DenseIO.E5フレックス1 8 96 6.8 TB NVMe SSDストレージ(1ドライブ) 8Gbps 8 8
16 192 13.6 TB NVMe SSDストレージ(2ドライブ) 16Gbps 16 16
24 288 20.4 TB NVMe SSDストレージ(3ドライブ) 24 Gbps 24 24
32 384 27.2 TB NVMe SSDストレージ(4ドライブ) 32Gbps 24 24
40 480 34 TB NVMe SSDストレージ(5ドライブ) 40 Gbps 24 24
48 576 40.8 TB NVMe SSDストレージ(6ドライブ) 48 Gbps 24 24

ノート

1:詳細は、Oracle営業担当者にお問い合せください。

GPUシェイプ

ハードウェアで高速化されるワークロード用に設計されています。GPUシェイプには、IntelまたはAMDのCPUおよびNVIDIAグラフィック・プロセッサが含まれます。

VM GPUのシリーズは次のとおりです:

  • VM.GPU2: X7ベースのGPUコンピュート。

    • GPU: NVIDIA Tesla P100 16 GB
    • CPU: Intel Xeon Platinum 8167M。ベース周波数2.0GHz、最大ターボ周波数2.4GHz。
  • VM.GPU3: X7ベースのGPUコンピュート。

    • GPU: NVIDIA Tesla V100 16 GB
    • CPU: Intel Xeon Platinum 8167M。ベース周波数2.0GHz、最大ターボ周波数2.4GHz。
  • VM.GPU.A10: X9ベースのGPUコンピュート。

    • GPU: NVIDIA A10 24GB
    • CPU: Intel Xeon Platinum 8358。ベース周波数2.6GHz、最大ターボ周波数3.4GHz。
シェイプ OCPU GPUメモリー(GB) CPUメモリー(GB) ローカル・ディスク(TB) 最大ネットワーク帯域幅 最大VNIC合計: Linux 最大VNIC合計: Windows

VM.GPU2.1

(GPU: 1xP100)

12 16 72 ブロック・ストレージのみ 8Gbps 12 12

VM.GPU3.1

(GPU: 1xV100)

6 16 90 ブロック・ストレージのみ 4Gbps 6 6

VM.GPU3.2

(GPU: 2xV100)

12 32 180 ブロック・ストレージのみ 8Gbps 12 12

VM.GPU3.4

(GPU: 4xV100)

24 64 360 ブロック・ストレージのみ 24.6Gbps 24 24

VM.GPU.A10.1

(GPU: 1xA10)

15 24 240 ブロック・ストレージのみ 24Gbps 15 15

VM.GPU.A10.2

(GPU: 2xA10)

30 48 480 ブロック・ストレージのみ 48Gbps 24 24

HPCシェイプおよび最適化シェイプ

高周波数プロセッサ・コアを必要とする高性能コンピューティング・ワークロード用に設計されています。

これは、VM最適化シリーズです:

  • VM.Optimized3: プロセッサ: Intel Xeon 6354。ベース周波数3.0GHz、最大ターボ周波数3.6GHz。
シェイプ OCPU メモリー(GB) ローカル・ディスク 最大ネットワーク帯域幅 最大VNIC合計: Linux 最大VNIC合計: Windows
VM.Optimized3.Flex 最小1 OCPU、最大18 OCPU 最小1GB、最大256GB ブロック・ストレージのみ 1 OCPU当たり4Gbps、最大40Gbps

2 VNIC/OCPU。

最大24 VNIC。

2 VNIC/OCPU。

最大24 VNIC。

専用仮想マシン・ホスト・シェイプ

シェイプ インスタンス・タイプ 請求対象OCPU 使用可能なOCPU1 合計メモリー(GB)3 使用可能メモリー(GB) ホストされるVMでサポートされているシェイプ
DVH.Standard2.522 X7ベースのVMホスト 52 48 768 736 VM.Standard2シリーズ
DVH.Standard3.64 X9ベースのVMホスト 64 60 1024 960 VM.Standard3シリーズ
DVH.Standard.E2.642 E2ベースのVMホスト 64 59 512 480 VM.Standard.E2シリーズ
DVH.Standard.E3.1282 E3ベースのVMホスト 128 124 2048 1912 VM.Standard.E3シリーズ
DVH.Standard.E4.128 E4ベースのVMホスト 128 124 2048 1912 VM.Standard.E4シリーズ
DVH.DenseIO2.522 X7ベースのDense I/O VMホスト 52 48 768 736 VM.DenseIO2シリーズ
DVH.Optimized3.36 X9ベースの最適化VMホスト 36 32 512 472 VM.Optimized3シリーズ

ノート

1:合計のOCPUおよびメモリーと使用可能なOCPUおよびメモリーの差は、ハイパーバイザの使用のためにOCPUおよびメモリーを予約する必要があるためです。

2:この専用仮想マシン・ホスト・シェイプは、前世代シェイプ・シリーズを使用するホストされたVMをサポートしているため、リクエストでのみ使用できます。

3: Standard2、Standard.E2およびDenseIO2シェイプの場合、請求はメモリーではなくOCPUに基づきます。柔軟なホストVMをサポートする他のすべてのシェイプの場合、請求はOCPUとメモリーに基づいて行われ、個別に請求されます。

前世代シェイプ

ヒント

前世代シェイプは引き続き完全にサポートされています。ただし、基礎となるハードウェアがライフサイクルの持続フェーズに達しているため、需要の高い特定のリージョンでは容量が制限される可能性があります。

Oracle Cloud Infrastructureは、新しい世代のコンピュート・シェイプを定期的にリリースします。最新のシェイプを使用すると、新しいハードウェアと、優れた価格性能比を利用できます。シェイプが数年前のもので、同じ目的に適した新しい世代のシェイプが使用可能な場合、古いシェイプは前世代シェイプに遷移します。

前世代シェイプを使用している場合は、現在の世代のシェイプにアップグレードすることをお薦めします。

前世代シェイプからのアップグレード

前世代シェイプから現在の世代のシェイプにアップグレードするには、次の操作を行います:

前世代ベア・メタル・シェイプ

前世代ベア・メタル・シェイプ・シリーズは、次のとおりです。

BM.Standard1

新しいシェイプの推奨: BM.Standard3.64、BM.Standard.E4.128またはBM.Standard.A1.160

オーダー可能終了日: 2020年12月31日

X5ベースの標準コンピュートプロセッサ: Intel Xeon E5-2699 v3。ベース周波数2.3GHz、最大ターボ周波数3.6GHz。

シェイプ OCPU メモリー(GB) ローカル・ディスク 最大ネットワーク帯域幅 最大VNIC合計: Linux 最大VNIC合計: Windows
BM.Standard1.36 36 256 ブロック・ストレージのみ 1 x 10 Gbps 100 1
BM.Standard.B1

新しいシェイプの推奨: BM.Standard3.64、BM.Standard.E4.128またはBM.Standard.A1.160

オーダー可能終了日: 2020年12月31日

X6ベースの標準コンピュートプロセッサ: Intel Xeon E5-2699 v4。ベース周波数2.2GHz、最大ターボ周波数3.6GHz。

シェイプ OCPU メモリー(GB) ローカル・ディスク 最大ネットワーク帯域幅 最大VNIC合計: Linux 最大VNIC合計: Windows
BM.Standard.B1.44 44 512 ブロック・ストレージのみ 1 x 25Gbps 44 なし
BM.Standard2

新しいシェイプの推奨: BM.Standard3.64、BM.Standard.E4.128またはBM.Standard.A1.160

オーダー可能終了日: 2022年2月28日

X7ベースの標準コンピュート。プロセッサ: Intel Xeon Platinum 8167M。ベース周波数2.0GHz、最大ターボ周波数2.4GHz。

シェイプ OCPU メモリー(GB) ローカル・ディスク 最大ネットワーク帯域幅 最大VNIC合計: Linux 最大VNIC合計: Windows
BM.Standard2.52 52 768 ブロック・ストレージのみ 2 x 25Gbps 200 合計101 (最初の物理NICに1、2番目の物理NICに100)
BM.Standard.E2

新しいシェイプの推奨: BM.Standard3.64、BM.Standard.E4.128またはBM.Standard.A1.160

オーダー可能終了日: 2021年2月8日

E2ベースの標準コンピュート。プロセッサ: AMD EPYC 7551。ベース周波数2.0GHz、最大ターボ周波数3.0GHz。

シェイプ OCPU メモリー(GB) ローカル・ディスク 最大ネットワーク帯域幅 最大VNIC合計: Linux 最大VNIC合計: Windows
BM.Standard.E2.64 64 512 ブロック・ストレージのみ 2 x 25Gbps 150 76 (最初の物理NICに1、2番目の物理NICに75)
BM.Standard.E3

新しいシェイプの推奨: BM.Standard.E4.128、BM.Standard3.64またはBM.Standard.A1.160

オーダー可能終了日: 2022年3月31日

E3ベースの標準コンピュート。プロセッサ: AMD EPYC 7742。ベース周波数2.25GHz、最大ターボ周波数3.4GHz。

シェイプ OCPU メモリー(GB) ローカル・ディスク 最大ネットワーク帯域幅 最大VNIC合計: Linux 最大VNIC合計: Windows
BM.Standard.E3.128 128 2048 ブロック・ストレージのみ 2 x 50Gbps 256 129 (最初の物理NICに1、2番目の物理NICに128)
BM.DenseIO1

新しいシェイプの推奨: BM.DenseIO.E4

オーダー可能終了日: 2020年12月31日

X5ベースのDense I/Oコンピュートプロセッサ: Intel Xeon E5-2699 v3。ベース周波数2.3GHz、最大ターボ周波数3.6GHz。

シェイプ OCPU メモリー(GB) ローカル・ディスク 最大ネットワーク帯域幅 最大VNIC合計: Linux 最大VNIC合計: Windows
BM.DenseIO1.36 36 512 28.8 TB NVMe SSD (9ドライブ) 1 x 10 Gbps 36 1
BM.DenseIO2

新しいシェイプの推奨: BM.DenseIO.E4

オーダー可能終了日: 2022年4月14日

X7ベースのDense I/Oコンピュートプロセッサ: Intel Xeon Platinum 8167M。ベース周波数2.0GHz、最大ターボ周波数2.4GHz。

シェイプ OCPU メモリー(GB) ローカル・ディスク 最大ネットワーク帯域幅 最大VNIC合計: Linux 最大VNIC合計: Windows
BM.DenseIO2.52 52 768

51.2 TB NVMe SSD (8ドライブ)

2 x 25Gbps 合計52 (物理NICごとに26) 合計27 (最初の物理NICに1、2番目の物理NICに26)
BM.HPC2

新しいシェイプの推奨: BM.Optimized3.36

オーダー可能終了日: 2022年2月28日

X7ベースの高周波数コンピュートプロセッサ: Intel Xeon Gold 6154。ベース周波数3.0GHz、最大ターボ周波数3.7GHz。

シェイプ OCPU メモリー(GB) ローカル・ディスク 最大ネットワーク帯域幅 最大VNIC合計: Linux 最大VNIC合計: Windows
BM.HPC2.36 36 384

6.4TB NVMe SSD (1ドライブ)

1 x 25Gbps

1 x 100Gbps RDMA

50 1

前世代VMシェイプ

前世代VMシェイプ・シリーズは、次のとおりです。

VM.Standard1

新しいシェイプの推奨: VM.Standard3.Flex、VM.Standard.E4.FlexまたはVM.Standard.A1.Flex

オーダー可能終了日: 2020年12月31日

X5ベースの標準コンピュートプロセッサ: Intel Xeon E5-2699 v3。ベース周波数2.3GHz、最大ターボ周波数3.6GHz。

シェイプ OCPU メモリー(GB) ローカル・ディスク(TB) 最大ネットワーク帯域幅 最大VNIC合計: Linux 最大VNIC合計: Windows
VM.Standard1.1 1 7 ブロック・ストレージのみ 600Mbps 2 1
VM.Standard1.2 2 14 ブロック・ストレージのみ 1.2Gbps 2 1
VM.Standard1.4 4 28 ブロック・ストレージのみ 1.2Gbps 4 1
VM.Standard1.8 8 56 ブロック・ストレージのみ 2.4Gbps 8 1
VM.Standard1.16 16 112 ブロック・ストレージのみ 4.8Gbps 16 1
VM.Standard.B1

新しいシェイプの推奨: VM.Standard3.Flex、VM.Standard.E4.FlexまたはVM.Standard.A1.Flex

オーダー可能終了日: 2020年12月31日

X6ベースの標準コンピュートプロセッサ: Intel Xeon E5-2699 v4。ベース周波数2.2GHz、最大ターボ周波数3.6GHz。

シェイプ OCPU メモリー(GB) ローカル・ディスク(TB) 最大ネットワーク帯域幅 最大VNIC合計: Linux 最大VNIC合計: Windows
VM.Standard.B1.1 1 12 ブロック・ストレージのみ 600Mbps 2 2
VM.Standard.B1.2 2 24 ブロック・ストレージのみ 1.2Gbps 2 2
VM.Standard.B1.4 4 48 ブロック・ストレージのみ 2.4Gbps 4 4
VM.Standard.B1.8 8 96 ブロック・ストレージのみ 4.8Gbps 8 8
VM.Standard.B1.16 16 192 ブロック・ストレージのみ 9.6Gbps 16 16
VM.Standard2

新しいシェイプの推奨: VM.Standard3.Flex、VM.Standard.E4.FlexまたはVM.Standard.A1.Flex

オーダー可能終了日: 2022年2月28日

X7ベースの標準コンピュート。プロセッサ: Intel Xeon Platinum 8167M。ベース周波数2.0GHz、最大ターボ周波数2.4GHz。

シェイプ OCPU メモリー(GB) ローカル・ディスク(TB) 最大ネットワーク帯域幅 最大VNIC合計: Linux 最大VNIC合計: Windows
VM.Standard2.1 1 15 ブロック・ストレージのみ 1Gbps 2 2
VM.Standard2.2 2 30 ブロック・ストレージのみ 2Gbps 2 2
VM.Standard2.4 4 60 ブロック・ストレージのみ 4.1Gbps 4 4
VM.Standard2.8 8 120 ブロック・ストレージのみ 8.2Gbps 8 8
VM.Standard2.16 16 240 ブロック・ストレージのみ 16.4Gbps 16 16
VM.Standard2.24 24 320 ブロック・ストレージのみ 24.6Gbps 24 24
VM.Standard.E2

新しいシェイプの推奨: VM.Standard3.Flex、VM.Standard.E4.FlexまたはVM.Standard.A1.Flex

オーダー可能終了日: 2021年2月8日

E2ベースの標準コンピュート。プロセッサ: AMD EPYC 7551。ベース周波数2.0GHz、最大ターボ周波数3.0GHz。

シェイプ OCPU メモリー(GB) ローカル・ディスク(TB) 最大ネットワーク帯域幅 最大VNIC合計: Linux 最大VNIC合計: Windows
VM.Standard.E2.1 1 8 ブロック・ストレージのみ 700Mbps 2 2
VM.Standard.E2.2 2 16 ブロック・ストレージのみ 1.4Gbps 2 2
VM.Standard.E2.4 4 32 ブロック・ストレージのみ 2.8Gbps 4 4
VM.Standard.E2.8 8 64 ブロック・ストレージのみ 5.6Gbps 4 4
VM.Standard.E3

新しいシェイプの推奨: VM.Standard.E4.Flex、VM.Standard3.FlexまたはVM.Standard.A1.Flex

オーダー可能終了日: 2022年3月31日

E3ベースの標準コンピュート(柔軟なOCPU数)。プロセッサ: AMD EPYC 7742。ベース周波数2.25GHz、最大ターボ周波数3.4GHz。

シェイプ OCPU メモリー(GB) ローカル・ディスク(TB) 最大ネットワーク帯域幅 最大VNIC合計: Linux 最大VNIC合計: Windows

VM.Standard.E3.Flex

フレキシブル・シェイプおよびバースト可能なインスタンスを参照してください。

最小1 OCPU、最大64 OCPU 最小1GB、最大1024GB ブロック・ストレージのみ 1 OCPUあたり1Gbps、最大40Gbps

1 OCPUを持つVM: 2 VNIC。

2以上のOCPUを持つVM: 1 OCPU当たり1 VNIC。

最大24 VNIC。

1 OCPUを持つVM: 2 VNIC。

2以上のOCPUを持つVM: 1 OCPU当たり1 VNIC。

最大24 VNIC。

VM.DenseIO1

新しいシェイプの推奨: VM.DenseIO.E4シリーズ

オーダー可能終了日: 2020年12月31日

X5ベースのDense I/Oコンピュートプロセッサ: Intel Xeon E5-2699 v3。ベース周波数2.3GHz、最大ターボ周波数3.6GHz。

シェイプ OCPU メモリー(GB) ローカル・ディスク(TB) 最大ネットワーク帯域幅 最大VNIC合計: Linux 最大VNIC合計: Windows
VM.DenseIO1.4 4 60 3.2 TB NVMe SSD 1.2Gbps 4 1
VM.DenseIO1.8 8 120 6.4 TB NVMe SSD 2.4Gbps 8 1
VM.DenseIO1.16 16 240 12.8 TB NVMe SSD 4.8Gbps 16 1
VM.DenseIO2

新しいシェイプの推奨: VM.DenseIO.E4シリーズ

オーダー可能終了日: 2022年4月28日

X7ベースのDense I/Oコンピュートプロセッサ: Intel Xeon Platinum 8167M。ベース周波数2.0GHz、最大ターボ周波数2.4GHz。

シェイプ OCPU メモリー(GB) ローカル・ディスク(TB) 最大ネットワーク帯域幅 最大VNIC合計: Linux 最大VNIC合計: Windows
VM.DenseIO2.8 8 120 6.4 TB NVMe SSD 8.2Gbps 8 8
VM.DenseIO2.16 16 240 12.8 TB NVMe SSD 16.4Gbps 16 16
VM.DenseIO2.24 24 320 25.6 TB NVMe SSD 24.6Gbps 24 24