カスタム・イメージの管理

Oracle Cloud Infrastructureイメージを使用してインスタンスを起動します。インスタンスを起動するときに使用されるイメージを指定します。

ベア・メタル・インスタンスのブート・ディスクのカスタム・イメージを作成し、それを使用して他のインスタンスを起動することができます。イメージから起動するインスタンスには、カスタマイズ、構成、およびイメージの作成時にインストールされていたソフトウェアが含まれます。

Windowsイメージの詳細は、Windowsカスタム・イメージの作成を参照してください。

カスタム・イメージには、アタッチされたブロック・ボリュームのデータは含まれません。ボリュームのバックアップの詳細は、ボリュームのバックアップを参照してください。

システム・レジリエンス

業界全体で行われているハードウェア障害のベスト・プラクティスに従って、ハードウェア障害の発生時にソリューションのレジリエンスを確保してください。ベスト・プラクティスには次のものがあります:
  • 冗長コンピュート・ノードを様々な可用性ドメインに配置するシステムを設計して、フェイルオーバー機能をサポートします。
  • イメージを変更するたびに、システム・ドライブのカスタム・イメージを作成します。
  • 定期的にデータ・ドライブをバックアップするか、予備のドライブに同期します。
ハードウェア障害が発生したとき、これらのプラクティスに従っていた場合は、障害が発生したインスタンスを終了し、カスタム・イメージを起動して新しいインスタンスを作成してから、バックアップ・データを適用できます。

必要なIAMポリシー

Oracle Cloud Infrastructureを使用するには、管理者によってポリシーでセキュリティ・アクセス権が付与されている必要があります。このアクセス権は、コンソール、あるいはSDK、CLIまたはその他のツールを使用したREST APIのいずれを使用している場合でも必要です。権限がない、または認可されていないというメッセージが表示される場合は、管理者に連絡して、どのタイプのアクセス権があり、どのコンパートメントで作業するかを確認してください。

管理者向け: イメージ管理者にカスタム・イメージを管理させるのポリシーには、カスタム・イメージを作成、削除および管理する権限が含まれます。

ユーザーにコンピュート・インスタンスを起動させるのポリシーには、カスタム・イメージを使用してインスタンスを作成する権限が含まれます。ユーザーに特定のカスタム・イメージからコンピュート・インスタンスを起動させるのポリシーは、イメージごとにカスタム・イメージからインスタンスを作成する権限を制限します。

ヒント

ユーザーがインスタンスからカスタム・イメージを作成するとき、またはカスタム・イメージからインスタンスを起動するとき、インスタンスとイメージが同じコンパートメント に存在する必要はありません。ただし、ユーザーは両方のコンパートメントへのアクセス権を持っている必要があります。
ポリシーを初めて使用する場合は、ポリシーの開始共通ポリシーを参照してください。インスタンス、クラウド・ネットワーク、または他のCore Services APIリソースのポリシーを作成するための参照資料については、コア・サービスの詳細を参照してください。

制限事項および考慮事項

  • 特定のIPアドレスはOracle Cloud Infrastructure用に予約されており、アドレス採番方式では使用されません。詳細は、Oracleによる使用のために予約されているIPアドレスを参照してください。
  • インスタンスのカスタム・イメージを作成する前に、すべてのiSCSIアタッチメントを切断し、すべてのiscsidノード構成をインスタンスから削除する必要があります。ステップは、ボリュームからの切断を参照してください。

  • 実行中のインスタンスのイメージを作成すると、インスタンスが停止し、数分間使用できない状態になります。インスタンスは、プロセスが完了したときに再起動します。
  • インスタンスがイメージ作成プロセスに関係している間は、そのインスタンスの追加のカスタム・イメージを作成できません。カスタム・イメージの作成を開始すると、システムにより20分のタイムアウトが実装されます。その間、同じインスタンスの別のイメージを作成することはできません。ただし、別のインスタンスのイメージは同時に作成できます。
  • カスタム・イメージは、そのイメージが作成されたコンパートメント に認可されているすべてのユーザーが使用できます。
  • カスタム・イメージは、デフォルトで設定されている互換性のあるシェイプをベース・イメージから継承します。

  • カスタム・イメージをインポートする際の最大サイズは400GBです。
  • エクスポートされたカスタム・イメージの最大サイズは400GBです。
  • Oracle Databaseインスタンスのイメージは作成できません。
  • カスタム・イメージを使用するときにインスタンス上のOSカーネルを更新する場合は、更新もネットワーク・ドライブにアップロードする必要があります。詳細は、OSカーネルの更新を参照してください。
  • 「クラウド価格リスト」に示すように、格納されているイメージに対して課金されます。

Oracle Cloud Infrastructureハードウェアでサポートされているオペレーティング・システムの任意のバージョンをデプロイする方法の詳細は、独自のイメージの導入(BYOI)を参照してください。

カスタム・イメージでのX5とX7の互換性

Oracle X5、X6およびX7の各サーバーはホスト・ハードウェアが異なります。そのため、X7ベア・メタルまたは仮想マシン(VM)インスタンスでX5またはX6イメージを使用するときは、変更を加えないと機能しない場合があります。X7ホストには、X7のプラットフォーム・イメージを使用することをお薦めします。どのイメージでX7がサポートされるかについては、イメージのリリース・ノートを参照してください。これらのイメージは、確実にX7ハードウェアに対して作成およびテストされています。

X7ハードウェア上で既存のX5イメージを使用する場合は、次の点に注意してください:

  • Windowsバージョンには相互互換性がありません。
  • Oracle Autonomous Linux 7およびOracle Linux 8には相互互換性があります。
  • Oracle Linux 6、Oracle Linux 7、Ubuntu 18.04、Ubuntu 20.04、CentOS 7およびCentOS 8には相互互換性があります。ただし、最新のデバイス・ドライバをインストールするには、カーネルを最新バージョンに更新する必要があります。これを行うには、端末セッションから次のコマンドを実行します:
    • Oracle Linux
      yum update
    • CentOS 7、CentOS 8
      yum update
    • Ubuntu 18.04、Ubuntu 20.04
      apt-get update
      apt-get dist-upgrade

X6以外のハードウェア上でX6イメージを使用する場合は、次の点に注意してください:

  • Oracle Linux 6、すべてのCentOSバージョンおよびすべてのWindowsバージョンには相互互換性がありません。
  • Oracle Autonomous Linux 7およびOracle Linux 8には相互互換性があります。
  • Oracle Linux 7、Ubuntu 20.04およびUbuntu 18.04には相互互換性があります。X6用のプラットフォーム・イメージを使用します。

X5、X6およびX7のホストで異なるプライマリ・デバイス・ドライバを次に示します:

  • ネットワーク・デバイス・ドライバ
  • NVMeドライブ・デバイス・ドライバ
  • GPUデバイス・ドライバ

イメージのカスタマイズ方法によっては、追加の更新が必要な場合があります。

コンソールの使用

カスタム・イメージを作成するには
  1. ナビゲーション・メニューを開き、「コンピュート」をクリックします。「コンピュート」で、「インスタンス」をクリックします。
  2. カスタム・イメージのベースとして使用するインスタンスをクリックします。
  3. 「他のアクション」をクリックし、「カスタム・イメージの作成」をクリックします。
  4. 「コンパートメントに作成」リストで、カスタム・イメージを作成するコンパートメントを選択します。
  5. イメージの名前を入力します。この名前は、必要に応じて後で変更できます。カスタム・イメージにプラットフォーム・イメージの名前を使用することはできません。機密情報の入力は避けてください。
  6. タグ付けオプションの表示: リソースの作成権限がある場合、そのリソースにフリーフォーム・タグを適用する権限もあります。定義済のタグを適用するには、タグ・ネームスペースを使用する権限が必要です。タグ付けの詳細は、リソース・タグを参照してください。タグを適用するかどうかわからない場合は、このオプションをスキップするか(後からでもタグを適用できます)、管理者に問い合せてください。
  7. 「カスタム・イメージの作成」をクリックします。
    インスタンスの作成中に発生する操作の進行状況およびトラブルシューティング・エラーを追跡するには、関連する作業リクエストを使用します。
ノート

カスタム・イメージ数の制限に達したことを示すメッセージが表示された場合は、少なくとも1つのイメージを削除してから別のイメージを作成する必要があります。または、サービス制限の引上げを要求することもできます。

カスタム・イメージからインスタンスを起動するには
  1. ナビゲーション・メニューを開き、「コンピュート」をクリックします。「コンピュート」で、「カスタム・イメージ」をクリックします。
  2. 関心のあるカスタム・イメージをクリックします。
  3. 「インスタンスの作成」をクリックします。
  4. インスタンスの作成の説明に従って、追加の起動オプションを指定します。
カスタム・イメージの名前または互換性のあるシェイプを編集するには
  1. ナビゲーション・メニューを開き、「コンピュート」をクリックします。「コンピュート」で、「カスタム・イメージ」をクリックします。
  2. 関心のあるカスタム・イメージをクリックします。

  3. 「詳細の編集」をクリックします。

  4. 名前の編集や、カスタム・イメージの互換性のあるシェイプを追加または削除を行います。機密情報の入力は避けてください。

  5. ユーザーがフレキシブル・シェイプ上でこのイメージを使用する際に選択できるOCPUの数とメモリー量を構成するには、シェイプの行の下矢印をクリックします。次に、OCPUの最小数および最大数とメモリーのフィールドに値を入力します。
  6. 「変更の保存」をクリックします。

    ノート

    イメージにシェイプの互換性を追加した後、シェイプでイメージをテストして、イメージが実際にシェイプで動作することを確認してください。ドライバまたはハードウェアの違いにより、一部のイメージ(特にWindows)は他のシェイプと相互互換性がない場合があります。
カスタム イメージの互換性のある図形を表示するには
  1. ナビゲーション・メニューを開き、「コンピュート」をクリックします。「コンピュート」で、「カスタム・イメージ」をクリックします。
  2. 関心のあるカスタム・イメージをクリックします。
  3. 「互換性のあるシェイプ」タブをクリックして、カスタム・イメージと互換性のあるシェイプのリストを表示します。

カスタム・イメージのタグを管理するには
  1. ナビゲーション・メニューを開き、「コンピュート」をクリックします。「コンピュート」で、「カスタム・イメージ」をクリックします。
  2. 関心のあるカスタム・イメージをクリックします。
  3. 既存のタグを表示または編集するには、「タグ」タブをクリックします。または、「他のアクション」をクリックし、「タグの追加」をクリックして新しいタグを追加します。

詳細は、リソース・タグを参照してください。

カスタム・イメージを削除するには
  1. ナビゲーション・メニューを開き、「コンピュート」をクリックします。「コンピュート」で、「カスタム・イメージ」をクリックします。
  2. 関心のあるカスタム・イメージをクリックします。
  3. 「他のアクション」をクリックし、「削除」をクリックします。プロンプトが表示されたら確認します。

APIの使用

APIの使用およびリクエストの署名の詳細は、REST APIおよびセキュリティ資格証明を参照してください。SDKの詳細は、ソフトウェア開発キットとコマンドライン・インタフェースを参照してください。

カスタム・イメージを管理するには、次の操作を使用します: