コンソールの使用

このトピックでは、Oracle Cloudコンソールの基本情報について説明します。コンソールにアクセスするには、サポートされているブラウザを使用する必要があります。

コンソールサインインすると、ホーム・ページが表示されます。

  • 左上にあるナビゲーション・メニューを使用して、クラウド・リソースを作成、管理および表示するサービス・ページに移動します。
  • 「ヘルプ」メニュー(「ヘルプ」メニューのアイコン)には、ドキュメントおよびOracleサポートへのリンクが表示されます。
  • ホーム・ページの本文にある「クイック・アクション」メニューを使用して、VMインスタンスの作成、ウィザードを使用したネットワークの設定、ロード・バランサの設定などの一般的なタスクに直接移動します。これらのリンクを使用して、環境を設定します。
  • 「探索の開始」セクションには、Oracle Cloud Infrastructureを使用してソリューションを構築する方法を示すチュートリアル、開発者ツールおよびブログへのリンクがあります。

ホーム・ページの機能

探索の開始

ホーム・ページの「探索の開始」セクションには、Oracle Cloud Infrastructureを使用してソリューションを構築する方法を示すリソースへのリンクが表示されます。

  • 「スタート・ガイド」タブには、仮想トレーニング・クラス、主要な概念、紹介デモに関する情報など、Oracle Cloud Infrastructureの基本について学習するために使用できる入門資料があります。
  • 「Webサイトとアプリケーションのデプロイ」タブには、Oracle Cloud Infrastructureで使用可能な基本機能と高度な機能の両方を活用してソリューションを構築するチュートリアルがあります。
  • 「開発者ツールの探索」タブでは、アプリケーションの開発を容易にし、インフラストラクチャの管理を簡素化するためにOracle Cloud Infrastructureが提供する開発者キット、ツールおよびプラグインを探索できます。
  • 「請求の管理」タブでは、サービス・コストの管理を容易にするためにOracle Cloud Infrastructureに用意されている請求および支払ツールについて学習できます。

コンパートメントの理解

ナビゲーション・メニューからサービスを選択すると、左側のメニューにコンパートメント・リストが表示されます。

コンパートメントは、リソースへのアクセスを簡単に制御できるように、リソースを編成するのに役立ちます。テナンシがプロビジョニングされると、オラクル社がルート・コンパートメントを作成します。管理者は、ルート・コンパートメントにさらにコンパートメントを作成し、表示とアクションの実行を許可するユーザーを制御するアクセス・ルールを追加できます。コンパートメントを管理するには、「コンパートメントの管理」を参照してください。

コンパートメントのリストは、アクセス権限のあるコンパートメントのみが表示されるようにフィルタされます。コンパートメントはネスト可能で、あるコンパートメントにアクセスできたとしても、その親にはアクセスできません。アクセスする権限のない親コンパートメントの名前はグレー表示されますが、アクセスできるコンパートメントまで階層を下に移動できます。

コンパートメント・リスト

コンパートメントを選択すると、コンソールには、現在のリージョンのコンパートメント内で表示権限があるリソースのみが表示されます。コンパートメントの選択により、リソースの表示がフィルタされます。別のコンパートメントのリソースを表示するには、そのコンパートメントに切り替える必要があります。別のリージョンのリソースを表示するには、そのリージョンに切り替えるか、コンパートメント・エクスプローラを使用する必要があります。

コンパートメントの詳細は、「テナンシの設定」および「コンパートメントの管理」を参照してください。

Oracle Cloud Infrastructureサービスへのナビゲート

左上にあるナビゲーション・メニューを開き、関連するサービスおよびリソースを操作します。たとえば、ナビゲーション・メニューを開き、「コンピュート」をクリックして、コンピュート・サービスおよびコンピュート・インスタンスを操作します。

ガイド付きワークフローに従ってコンピュートネットワーキングおよびブロック・ボリュームの各サービスに関する理解を深めるには、チュートリアル - 最初のLinuxインスタンスの起動を参照してください。

特定のサービスの詳細は、該当するトピックを参照してください:

  • アナリティクス・クラウドは、最新のAI駆動型セルフサービス・アナリティクス機能を使用して、データ準備、ビジュアライゼーション、エンタープライズ・レポート、拡張分析および自然言語処理に対応する機能を企業のアナリストやユーザーに提供します。このサービスを使用するには: ナビゲーション・メニューを開きます。「ソリューションおよびプラットフォーム」で、「アナリティクス」に移動して、「アナリティクス・クラウド」をクリックします。
  • アプリケーション用アナリティクスでは、業界をリードするAI駆動型のセルフサービス・アナリティクス機能を使用して、データ準備、ビジュアライゼーション、エンタープライズ・レポート、拡張分析および自然言語処理に対応できます。前提条件を満たした後、次のようにこのサービスに移動できます: ナビゲーション・メニューを開きます。「ソリューションおよびプラットフォーム」で、「アナリティクス」に移動して、「Fusion用アナリティクス・アプリケーション」をクリックします。
  • アプリケーションの移行により、Oracle Cloud Infrastructure ClassicからOracle Cloud Infrastructureへのアプリケーションの移行が簡略化されます。前提条件を満たした後、次のようにこのサービスに移動できます: ナビゲーション・メニューを開きます。「ソリューションおよびプラットフォーム」で、「アプリケーションの移行」をクリックします。
  • アーカイブ・ストレージには、アクセス頻度が低く、保有期間が長いデータを格納します。このサービスを使用するには: ナビゲーション・メニューを開きます。「コア・インフラストラクチャ」で、「オブジェクト・ストレージ」をクリックします。
  • 監査サービスでは、環境内のアクティビティをトラッキングできます。このサービスを使用するには: ナビゲーション・メニューを開きます。「ガバナンスと管理」の下で、「ガバナンス」に移動し、「監査」をクリックします。
  • ビッグ・データは、エンドツーエンドのセキュリティ、高いパフォーマンス、管理やアップグレードのしやすさを兼ね備えたエンタープライズグレードのHadoopをサービスとして提供します。このサービスを使用するには: ナビゲーション・メニューを開きます。「データおよびAI」で、「ビッグ・データ」をクリックします。
  • ブロック・ボリュームでは、ブロック・ストレージ・ボリュームを動的にプロビジョニングおよび管理できます。このサービスを使用するには: ナビゲーション・メニューを開きます。「コア・インフラストラクチャ」で、「ブロック・ストレージ」に移動して「ブロック・ボリューム」をクリックします。
  • ブロックチェーン・プラットフォーム・クラウドを使用すると、管理対象の許可されたブロックチェーン・ネットワークを作成して、セキュアなリアルタイムのデータ共有およびビジネス・パートナ間の信頼できるトランザクションを実現できます。このサービスを使用するには: ナビゲーション・メニューを開きます。「ソリューションおよびプラットフォーム」で、「ブロックチェーン・プラットフォーム」をクリックします。
  • クラウド・ガードは、顧客がOracle Cloudで強力なセキュリティ状態をモニター、識別、達成および維持するのに役立つクラウドネイティブ・サービスです。このサービスを使用して、構成に関連するセキュリティの弱点がOracle Cloud Infrastructureリソースにないか、またOracle Cloud Infrastructureオペレータおよびユーザーにリスクのあるアクティビティがないかを調べます。検出すると、クラウド・ガードは構成に基づいて提案、支援または修正処理を実行できます。このサービスを使用するには: ナビゲーション・メニューを開きます。「セキュリティ」で、「クラウド・ガード」をクリックします。
  • クラウド・シェルは、Oracle Cloudコンソールからアクセスでき、無料で利用可能なブラウザベースの端末で、事前認証済のOracle Cloud Infrastructure CLIやその他の便利な開発者ツールを備えたLinuxシェルへのアクセスを可能にします。シェルを使用して、Oracle Cloud Infrastructureリソースと対話し、ラボおよびチュートリアルに従い、Oracle Cloud Infrastructure CLIコマンドをすばやく実行できます。
  • コンピュート・サービスでは、インスタンスと呼ばれるコンピュート・ホストをプロビジョニングおよび管理することで、コンピュートとアプリケーションの要件を満たします。このサービスを使用するには: ナビゲーション・メニューを開きます。「コア・インフラストラクチャ」で、「コンピュート」に移動して「インスタンス」をクリックします。
  • Container Engine for Kubernetesでは、Kubernetesクラスタを定義および作成して、コンテナ化されたアプリケーションのデプロイメント、スケーリングおよび管理を行うことができます。このサービスを使用するには: ナビゲーション・メニューを開きます。「ソリューションおよびプラットフォーム」で、「開発者サービス」に移動して、「Kubernetesクラスタ」をクリックします。
  • コンテンツとエクスペリエンスは、オムニチャネルのコンテンツ管理を促進し、エクスペリエンスの配信を容易にするクラウドベースのコンテンツ・ハブです。これにより、強力なコラボレーションおよびワークフロー管理機能が提供され、コンテンツの作成と配信が容易になり、顧客と従業員のエンゲージメントが向上します。このサービスを使用するには、ナビゲーション・メニューを開きます。「ソリューションおよびプラットフォーム」グループで、「アプリケーション統合」に移動し、「コンテンツとエクスペリエンス」をクリックします。
  • データ・カタログはコラボレーション・メタデータ管理ソリューションで、Oracle Cloud内のデータにとどまらず、お客様のデータのインサイトが高まります。データ・カタログを使用すれば、データ・コンシューマはOracle Cloudのデータ・アセットを簡単に検索、把握、管理およびトラッキングできます。このサービスを使用するには: ナビゲーション・メニューを開きます。「データおよびAI」の下の「データ・カタログ」をクリックします。
  • データ・フローは、豊富なユーザー・インタフェースを備えた完全なマネージド・サービスで、開発者やデータ・サイエンティストは、クラスタ、運用チームまたは非常に専門的なSparkの知識を必要とせずに、任意のスケールでApache Sparkアプリケーションを作成、編集および実行できます。完全なマネージド・サービスであるため、インフラストラクチャのデプロイや管理は不要です。操作はすべてREST APIで行うため、アプリケーションやワークフローとの統合が容易になります。このサービスを使用するには、ナビゲーション・メニューを開きます。「データおよびAI」で、「データ・フロー」に移動して「アプリケーション」をクリックします。
  • データ統合は、完全なマネージド・サービスで、様々なデータ・アセットからのデータの取込み、そのデータのクレンジング、変換、リシェイプなどの一般的な抽出、ロードおよび変換(ETL)タスクをデータ・エンジニアおよびETL開発者が実行し、そのデータをターゲット・データ・アセットに効率的にロードするのに役立ちます。このサービスを使用するには、ナビゲーション・メニューを開きます。「データおよびAI」で、「データ統合」をクリックします。
  • データ・セーフは、データのセキュリティに重点を置いた完全に統合されたクラウド・サービスです。これは、Oracle Cloudデータベース内の機密データおよび規制対象データを保護するための完全で統合された機能セットを提供します。機能には、セキュリティ・アセスメント、ユーザー・アセスメント、データ検出、データ・マスキングおよびアクティビティ監査があります。このサービスを使用するには、ナビゲーション・メニューを開きます。「データベース関連サービス」で、「データ・セーフ」をクリックします。
  • データ・サイエンスはデータ・サイエンティスト向けのプラットフォームで、Pythonやオープン・ソースの機械学習ライブラリを使用して、Oracle Cloud Infrastructureで機械学習モデルの作成やトレーニング、管理を行うことができます。データ・サイエンティストのチームは、このコラボレーション環境で、チームの作業を編成し、データやコンピューティング・リソースにアクセス可能です。このサービスを使用するには、ナビゲーション・メニューを開きます。 「データおよびAI」で、「データ・サイエンス」に移動して「プロジェクト」をクリックします。
  • データ転送では、オフラインでOracle Cloud Infrastructureにデータを簡単かつ安全に移行できます。このサービスを使用するには: ナビゲーション・メニューを開きます。「コア・インフラストラクチャ」で、「オブジェクト・ストレージ」に移動して、「データ転送 - インポート」をクリックします。
  • データベース・サービスでは、Oracleデータベースのプロビジョニングと管理が可能です。このサービスを使用するには: ナビゲーション・メニューを開きます。「Oracleデータベース」で、「ベアメタル、VMおよびExadata」をクリックします。
  • デジタル・アシスタントは、デジタル・アシスタントを作成およびデプロイできるプラットフォームです。これは、ユーザーが普通の言葉で会話しながら多様なタスクを実行するためのAI主導インタフェースです。このサービスを使用するには: ナビゲーション・メニューを開きます。「データおよびAI」で、「デジタル・アシスタント」をクリックします。

  • DNSサービスでは、DNSゾーンを作成および管理できます。このサービスを使用するには: ナビゲーション・メニューを開きます。「コア・インフラストラクチャ」で、「ネットワーキング」に移動して「DNSゾーン管理」をクリックします。
  • 電子メール配信サービスでは、大量の電子メールを送信し、メッセージを受信者の受信ボックスに確実に送付できます。このサービスを使用するには: ナビゲーション・メニューを開きます。「ソリューションおよびプラットフォーム」で、「電子メール配信」に移動します。
  • イベント・サービスは、テナンシにおける自動化の構築をサポートします。このサービスを使用するには: ナビゲーション・メニューを開きます。「ソリューションおよびプラットフォーム」グループで、「アプリケーション統合」に移動して「イベント・サービス」をクリックします。
  • ファイル・ストレージ・サービスでは、共有ファイル・システム、マウント・ターゲットおよびスナップショットを管理できます。このサービスを使用するには: ナビゲーション・メニューを開きます。「コア・インフラストラクチャ」で、「ファイル・ストレージ」をクリックします。
  • ファンクション・サービスでは、アプリケーションとファンクションをビルドおよびデプロイできます。このサービスを使用するには: ナビゲーション・メニューを開きます。「ソリューションおよびプラットフォーム」で、「開発者サービス」に移動して「ファンクション」をクリックします。
  • ヘルス・チェック・サービスでは、エンドポイントのヘルスをモニターできます。このサービスを使用するには: ナビゲーション・メニューを開きます。「ソリューションおよびプラットフォーム」「モニタリング」に移動し、「ヘルス・チェック」をクリックします。
  • IAMサービスでは、管理者、ユーザーおよびグループを設定して、その権限を指定できます。このサービスを使用するには: ナビゲーション・メニューを開きます。「ガバナンスと管理」で、「アイデンティティ」をクリックします。
  • 統合は完全に管理された事前構成済の環境で、アプリケーションの統合、プロセスの自動化、ビジネス・プロセスに関するインサイトの取得、ビジュアル・アプリケーションの作成、およびB2B統合のサポートを行うことができます。 このサービスを使用する前に、「制限事項」を参照してください。
  • ロード・バランシングでは、VCN内にリージョン・ロード・バランサを作成できます。このサービスを使用するには: ナビゲーション・メニューを開きます。「コア・インフラストラクチャ」グループで、「ネットワーキング」に移動して「ロード・バランサ」をクリックします。
  • ログ・アナリティクスは統一された統合クラウド・ソリューションで、ユーザーはアプリケーションおよびシステム・インフラストラクチャからのすべてのログ・データをモニター、集計、索引付け、分析、検索、探索および相関付けできます。このサービスを使用するには: ナビゲーション・メニューを開きます。「モニタリングと診断」で、「ログ・アナリティクス」をクリックします。
  • 管理エージェントは、Oracle Cloud Infrastructureと他のターゲット間の低レイテンシの対話型通信およびデータ収集を提供するサービスです。このサービスを使用するには: ナビゲーション・メニューを開きます。「モニタリングと診断」で、「管理エージェント」をクリックします。
  • モニタリングでは、メトリックの問合せとアラームの管理を行うことで、クラウド・リソースのヘルス、容量およびパフォーマンスをモニターできます。このサービスを使用するには: ナビゲーション・メニューを開きます。「ソリューションおよびプラットフォーム」で、「モニタリング」に移動します。
  • MySQLデータベースは、MySQL DBシステムのプロビジョニングおよび管理に役立ちます。このサービスを使用するには: ナビゲーション・メニューを開きます。「MySQL」で、「DBシステム」をクリックします。
  • ネットワーキングでは、従来のネットワーク・コンポーネントの仮想バージョンを設定できます。このサービスを使用するには: ナビゲーション・メニューを開きます。「コア・インフラストラクチャ」で、「ネットワーキング」に移動して「仮想クラウド・ネットワーク」をクリックします。
  • NoSQLデータベース・クラウドは、分散型で可用性が高く、水平方向のスケーラビリティを実現するためにシャーディング可能な高パフォーマンスのデータ・ストアです。これは、レイテンシの予測が可能でその値を低くすることが求められるアプリケーション(不正検出、ゲーム、パーソナライズされたユーザー・エクスペリエンスなど)や、非常に高いスループット、または極めて高速な取込みが求められるアプリケーション(イベント処理、IoT、センサー・データなど)向けに最適化されています。このサービスを使用するには: ナビゲーション・メニューを開きます。「データベース」で、「NoSQLデータベース」をクリックします。
  • 通知では、トピックとサブスクリプションを使用してメッセージをパブリッシュします。このサービスを使用するには: ナビゲーション・メニューを開きます。「ソリューションおよびプラットフォーム」で、「アプリケーション統合」に移動して、「通知」をクリックします。
  • オブジェクト・ストレージでは、コンテナに格納されたオブジェクトとしてデータを管理できます。このサービスを使用するには: ナビゲーション・メニューを開きます。「コア・インフラストラクチャ」で、「オブジェクト・ストレージ」をクリックします。
  • OS管理は、コンピュート・インスタンス内のオペレーティング・プラットフォームを保護し、それぞれのベンダーからの最新のパッチや更新で最新の状態に保つのに役立ちます。 このサービスを使用するには: ナビゲーション・メニューを開きます。「コア・インフラストラクチャ」で、「コンピュート」に移動して「OS管理」をクリックします。
  • サービス・コネクタ・ハブは、Oracle Cloud Infrastructureサービス間でデータを移動する際の対話を記述、実行およびモニターするための単一画面を提供するクラウド・メッセージ・バス・プラットフォームです。このサービスを使用するには: ナビゲーション・メニューを開きます。「データおよびAI」で、「サービス・コネクタ・ハブ」をクリックします。
  • レジストリでは、Oracle管理レジストリ内のDockerイメージなどの開発アーティファクトを格納、共有および管理できます。このサービスを使用するには: ナビゲーション・メニューを開きます。「ソリューションおよびプラットフォーム」で、「開発者サービス」に移動して「コンテナ・レジストリ」をクリックします。
  • リソース・マネージャでは、Infrastructure-as-Codeモデルを使用してリソースをインストール、構成および管理できます。このサービスを使用するには: ナビゲーション・メニューを開きます。「ソリューションおよびプラットフォーム」で、「リソース・マネージャ」に移動し、「スタック」または「ジョブ」をクリックします。
  • セキュリティ・ゾーンを使用すると、リソースがOracleのセキュリティ原則に準拠していることを確信できます。いずれかのリソース操作がセキュリティ・ゾーン・ポリシーに違反している場合、操作は拒否されます。このサービスを使用するには: ナビゲーション・メニューを開きます。「ガバナンスと管理」で、「セキュリティ」に移動して「セキュリティ・ゾーン」をクリックします。
  • トラフィック管理ステアリング・ポリシー・サービスでは、エンドポイント・ヘルスやDNSリクエストの地理的起点を含む様々な条件に基づいてエンドポイントへのトラフィックをガイドできます。このサービスを使用するには: ナビゲーション・メニューを開きます。「コア・インフラストラクチャ」で、「ネットワーキング」に移動して「トラフィック管理ステアリング・ポリシー」をクリックします。
  • ボールト・サービスを使用すると、お客様のデータや、リソースへのアクセスに使用するシークレット資格証明を保護する暗号化キーを一元的に管理できます。このサービスを使用するには: ナビゲーション・メニューを開きます。「ガバナンスと管理」グループで「セキュリティ」に移動し、「ボールト」をクリックします。
  • WAFサービスでは、悪質な可能性があるトラフィックをモニターおよびフィルタして、エンドポイントのセキュリティを強化できます。このサービスを使用するには: ナビゲーション・メニューを開きます。「ガバナンスと管理」で、「セキュリティ」に移動し、「Webアプリケーション・ファイアウォール」をクリックします。

表示されるリソース・リストのフィルタリング

リソースを簡単に検索できるように、リソースによっては、表示されるリストをフィルタリングできます。

フィルタは以下のとおりです:

状態: 選択した状態のリソースのみを表示できます。状態の有効な値はリソースごとに異なる場合があります。次に例を示します:

  • 任意の状態 - リソースのすべてのライフサイクル状態が含まれます
  • 使用可能
  • プロビジョニング
  • 終了中
  • 終了済

可用性ドメイン: 単一の可用性ドメインに存在するリソースの場合、選択した可用性ドメインに存在するリソースのみにリストを制限できます。可用性ドメイン固有のリソースのリストは、リソース可用性を参照してください。

タグ: タグ付けがサポートされているリソースでは、タグによってリストをフィルタリングできます。

リージョンの切替え

現在のリージョンは、コンソールの上部に表示されます。テナンシが複数のリージョンにサブスクライブされている場合、「リージョン」メニューから異なるリージョンを選択してリージョンを切り替えることができます。

リージョン・セレクタが強調表示されたコンソールのイメージ。

複数リージョンにまたがる作業

サービス内で作業する場合、コンソールには、現在選択されているリージョン内のリソースが表示されます。そのため、テナンシにUS West (Phoenix)のCompartmentAのインスタンスと、US East (Ashburn)のCompartmentAのインスタンスが含まれる場合、同じコンパートメント内にインスタンスが存在していても、一度に表示されるのは1つのリージョンのインスタンスのみです。

例として次の図で示すと、「米国西部(フェニックス)」を選択してからCompartmentAを選択した場合、インスタンス1および2がリスト表示されます。コンソールにインスタンス3および4を表示するには、米国東部(アッシュバーン)に切り替える必要があります(その後、インスタンス1および2は表示されなくなります)。

様々なリージョンにインスタンスがあるコンパートメントの概念図

特定のコンパートメント内のリージョンにまたがるリソースを表示するには、コンパートメント・エクスプローラを使用できます。

IAMリソース(コンパートメント、ユーザー、グループ、ポリシー、タグおよびフェデレーション・プロバイダ)はグローバルであるため、コンソールで選択したリージョンとは無関係に参照できます。

言語の切替え

コンソールでは、ブラウザの言語設定が自動的に検出されます。ただし、コンソールを別の言語で表示する場合は、コンソールの言語セレクタを使用して変更できます。

言語セレクタが強調表示されたコンソールのイメージ。

言語セレクタでは、次の言語がサポートされています:

  • 中国語(簡体字)
  • 中国語(繁体字)
  • クロアチア語
  • チェコ語
  • デンマーク語
  • オランダ語
  • 英語
  • フィンランド語
  • フランス語(カナダ)
  • フランス語(ヨーロッパ)
  • ドイツ語
  • ギリシャ語
  • ハンガリー語
  • イタリア語
  • 日本語
  • 韓国語
  • ノルウェー語
  • ポーランド語
  • ポルトガル語(ブラジル)
  • ポルトガル語(ポルトガル)
  • ルーマニア語
  • ロシア語
  • セルビア語
  • スロバキア語
  • スロベニア語
  • スペイン語
  • スウェーデン語
  • タイ語
  • トルコ語

選択した言語はセッション間で保持されます。ただし、言語設定はブラウザに固有です。別のブラウザに変更した場合、コンソールには、言語セレクタで最後に選択した言語でテキストが表示されます。特定のブラウザで初めてコンソールを表示した場合、コンソールにはブラウザの言語設定に従ってコンテンツが表示されます。

コンソールへの情報の入力

警告

Oracle Cloud Infrastructureコンソール、APIまたはCLIを使用して、クラウド・リソースに説明、タグまたはわかりやすい名前を割り当てる場合、機密情報を入力することは避けてください。

オラクル社の担当者とのオンライン・チャット

Oracle Cloud無料トライアルにサインアップした場合、支援を受けるためにオンライン・チャットを使用できます。Oracle Cloud Servicesを購入した場合は、My Oracle Supportを使用して支援を受けることをお薦めします。

Oracleサポートまたは営業担当とのライブ・オンライン・チャットを開始するには、コンソール上部の「ライブ・チャット」アイコンをクリックします。

チャット・ボックスのプロンプトに従って、オラクル社の担当者とやり取りします。

サインアウト

コンソールからサインアウトするには、「プロファイル」メニュー(ユーザー・メニュー・アイコン)を開いて「サインアウト」をクリックします。