モジュール java.base
パッケージ java.util.zip

クラスInflaterOutputStream

    • フィールドのサマリー

      フィールド 
      修飾子と型 フィールド 説明
      protected byte[] buf
      圧縮解除データを書き込むための出力バッファです。
      protected Inflater inf
      このストリームに使用するデコンプレッサです。
    • コンストラクタのサマリー

      コンストラクタ 
      コンストラクタ 説明
      InflaterOutputStream​(OutputStream out)
      デフォルトのデコンプレッサおよびバッファ・サイズで新しい出力ストリームを作成します。
      InflaterOutputStream​(OutputStream out, Inflater infl)
      指定されたデコンプレッサおよびデフォルトのバッファ・サイズで新しい出力ストリームを作成します。
      InflaterOutputStream​(OutputStream out, Inflater infl, int bufLen)
      指定されたデコンプレッサおよびバッファ・サイズで新しい出力ストリームを作成します。
    • メソッドのサマリー

      すべてのメソッド インスタンス・メソッド 具象メソッド 
      修飾子と型 メソッド 説明
      void close()
      残りの圧縮解除データを出力ストリームに書き込み、出力ストリームを閉じます。
      void finish()
      出力ストリームへの圧縮解除データの書込みを終了します。このときストリームは閉じられません。
      void flush()
      この出力ストリームをフラッシュし、バッファ内の保留状態のすべての出力バイトが強制的に書き込まれるようにします。
      void write​(byte[] b, int off, int len)
      バイト配列を圧縮解除出力ストリームに書き込みます。
      void write​(int b)
      バイトを圧縮解除出力ストリームに書き込みます。
    • フィールドの詳細

      • inf

        protected final Inflater inf
        このストリームに使用するデコンプレッサです。
      • buf

        protected final byte[] buf
        圧縮解除データを書き込むための出力バッファです。
    • コンストラクタの詳細

      • InflaterOutputStream

        public InflaterOutputStream​(OutputStream out)
        デフォルトのデコンプレッサおよびバッファ・サイズで新しい出力ストリームを作成します。
        パラメータ:
        out - 圧縮解除データを書き込む出力ストリーム
        例外:
        NullPointerException - outがnullである場合
      • InflaterOutputStream

        public InflaterOutputStream​(OutputStream out,
                                    Inflater infl)
        指定されたデコンプレッサおよびデフォルトのバッファ・サイズで新しい出力ストリームを作成します。
        パラメータ:
        out - 圧縮解除データを書き込む出力ストリーム
        infl - このストリームに使用するデコンプレッサ(インフレータ)
        例外:
        NullPointerException - outまたはinflがnullである場合
      • InflaterOutputStream

        public InflaterOutputStream​(OutputStream out,
                                    Inflater infl,
                                    int bufLen)
        指定されたデコンプレッサおよびバッファ・サイズで新しい出力ストリームを作成します。
        パラメータ:
        out - 圧縮解除データを書き込む出力ストリーム
        infl - このストリームに使用するデコンプレッサ(インフレータ)
        bufLen - 圧縮解除バッファのサイズ
        例外:
        IllegalArgumentException - bufLen <= 0の場合
        NullPointerException - outまたはinflがnullである場合
    • メソッドの詳細

      • flush

        public void flush()
                   throws IOException
        この出力ストリームをフラッシュし、バッファ内の保留状態のすべての出力バイトが強制的に書き込まれるようにします。
        定義:
        flush、インタフェース: Flushable
        オーバーライド:
        flush、クラス: FilterOutputStream
        例外:
        IOException - 入出力エラーが発生したか、このストリームがすでに閉じられている場合
        関連項目:
        FilterOutputStream.out
      • finish

        public void finish()
                    throws IOException
        出力ストリームへの圧縮解除データの書込みを終了します。このときストリームは閉じられません。 複数のフィルタを続けて同じ出力ストリームに適用するときに、このメソッドを使用します。
        例外:
        IOException - 入出力エラーが発生したか、このストリームがすでに閉じられている場合
      • write

        public void write​(int b)
                   throws IOException
        バイトを圧縮解除出力ストリームに書き込みます。
        オーバーライド:
        write、クラス: FilterOutputStream
        パラメータ:
        b - 圧縮解除して出力ストリームに書き込むべき、1バイトの圧縮データ
        例外:
        IOException - 入出力エラーが発生したか、このストリームがすでに閉じられている場合
        ZipException - 圧縮(ZIP)形式エラーが発生した場合
      • write

        public void write​(byte[] b,
                          int off,
                          int len)
                   throws IOException
        バイト配列を圧縮解除出力ストリームに書き込みます。
        オーバーライド:
        write、クラス: FilterOutputStream
        パラメータ:
        b - 圧縮解除して出力ストリームに書き込むべき圧縮データが格納されたバッファ
        off - b内の圧縮データの開始オフセット
        len - bから圧縮解除するバイトの数
        例外:
        IndexOutOfBoundsException - off < 0の場合、またはlen < 0の場合、またはlen > b.length - offの場合
        IOException - 入出力エラーが発生したか、このストリームがすでに閉じられている場合
        NullPointerException - bがnullである場合
        ZipException - 圧縮(ZIP)形式エラーが発生した場合
        関連項目:
        FilterOutputStream.write(int)