モジュール java.compiler
パッケージ javax.lang.model.util

クラスElementKindVisitor6<R,​P>

  • 型パラメータ:
    R - このビジターのメソッドの戻り型。 結果を返すことを必要としないビジターのVoidを使用する。
    P - このビジターのメソッドに追加するパラメータの型。 追加のパラメータを必要としないビジターのVoidを使用する。
    すべての実装されたインタフェース:
    ElementVisitor<R,​P>
    直系の既知のサブクラス:
    ElementKindVisitor7

    @SupportedSourceVersion(RELEASE_6)
    public class ElementKindVisitor6<R,​P>
    extends SimpleElementVisitor6<R,​P>
    RELEASE_6ソース・バージョンに適したデフォルトの動作を持つ、種類に基づくプログラム要素のビジターです。 複数の種類を持つ可能性があるelements Xyzの場合、このクラスのvisitXyzメソッドは、最初の引数の種類に対応するvisitXyzAsKindメソッドに委譲します。 visitXyzAsKindメソッドは、引数をdefaultActionの対応するパラメータに渡してdefaultActionを呼び出します。

    このクラスのメソッドは、一般規約に従ってオーバーライドできます。 @Overrideを持つ具象サブクラスの注釈型メソッドを使用すると、メソッドが意図されたとおりにオーバーライドされます。

    警告: Java™プログラミング言語の将来のバージョンに、現在は未知の新しい言語構造が追加される場合、それらを格納するために、このクラスによって実装されるElementVisitorインタフェースにメソッドが追加され、この場合に使用されるElementKind enumに定数が追加される可能性があります。 したがって、将来的に、名前が"visit"で始まるメソッドがこのクラスに追加される可能性があります。非互換性が生じることを避けるため、このクラスを拡張するクラスでは、名前が"visit"で始まるインスタンス・メソッドを宣言しないようにしてください。

    このような新しいビジット・メソッドが追加されると、このクラスのデフォルトの実装はvisitUnknownメソッドを呼び出します。 また、新しい抽象要素種類のビジター・クラスが、新しい言語レベルに対応するように導入されます。このビジターでは、目的のビジット・メソッドに対するデフォルトの動作が異なります。 新しいビジターが導入された場合、このビジターのすべてまたは一部が非推奨になる可能性があります。

    導入されたバージョン:
    1.6
    関連項目:
    ElementKindVisitor7, ElementKindVisitor8, ElementKindVisitor9
    • コンストラクタの詳細

      • ElementKindVisitor6

        @Deprecated(since="9")
        protected ElementKindVisitor6()
        非推奨。
        リリース6は廃止されました。新しいリリース・レベルのビジターに更新します。
        具象サブクラスのコンストラクタです。デフォルト値にnullを使用します。
      • ElementKindVisitor6

        @Deprecated(since="9")
        protected ElementKindVisitor6​(R defaultValue)
        非推奨。
        リリース6は廃止されました。新しいリリース・レベルのビジターに更新します。
        具象サブクラスのコンストラクタです。デフォルト値に引数を使用します。
        パラメータ:
        defaultValue - 割り当てる値SimpleElementVisitor6.DEFAULT_VALUE
    • メソッドの詳細

      • visitPackage

        public R visitPackage​(PackageElement e,
                              P p)
        パッケージ要素をビジットします。 要素の引数は種類PACKAGEを持ちます。
        定義:
        インタフェースElementVisitor<R,​P>内のvisitPackage
        オーバーライド:
        クラスSimpleElementVisitor6<R,​P>visitPackage
        実装要件:
        この実装ではdefaultActionを呼び出します。
        パラメータ:
        e - ビジットする要素
        p - ビジター指定のパラメータ
        戻り値:
        ビジター指定の結果
      • visitType

        public R visitType​(TypeElement e,
                           P p)
        型要素をビジットします。
        定義:
        インタフェースElementVisitor<R,​P>内のvisitType
        オーバーライド:
        クラスSimpleElementVisitor6<R,​P>visitType
        実装要件:
        この実装は、タイプ ANNOTATION_TYPECLASSENUM、または INTERFACEの特定のkindのvisitメソッドにディスパッチします。
        パラメータ:
        e - ビジットする要素
        p - ビジター指定のパラメータ
        戻り値:
        種類に固有のビジット・メソッドの結果
      • visitTypeAsAnnotationType

        public R visitTypeAsAnnotationType​(TypeElement e,
                                           P p)
        ANNOTATION_TYPE型要素をビジットします。
        実装要件:
        この実装ではdefaultActionを呼び出します。
        パラメータ:
        e - ビジットする要素
        p - ビジター指定のパラメータ
        戻り値:
        defaultActionの結果
      • visitTypeAsClass

        public R visitTypeAsClass​(TypeElement e,
                                  P p)
        CLASS型要素をビジットします。
        実装要件:
        この実装ではdefaultActionを呼び出します。
        パラメータ:
        e - ビジットする要素
        p - ビジター指定のパラメータ
        戻り値:
        defaultActionの結果
      • visitTypeAsEnum

        public R visitTypeAsEnum​(TypeElement e,
                                 P p)
        ENUM型要素をビジットします。
        実装要件:
        この実装ではdefaultActionを呼び出します。
        パラメータ:
        e - ビジットする要素
        p - ビジター指定のパラメータ
        戻り値:
        defaultActionの結果
      • visitTypeAsInterface

        public R visitTypeAsInterface​(TypeElement e,
                                      P p)
        INTERFACE型要素をビジットします。
        実装要件:
        この実装ではdefaultActionを呼び出します。
        パラメータ:
        e - ビジットする要素
        p - ビジター指定のパラメータ
        戻り値:
        defaultActionの結果
      • visitVariable

        public R visitVariable​(VariableElement e,
                               P p)
        変数要素をビジットします
        定義:
        インタフェースElementVisitor<R,​P>内のvisitVariable
        オーバーライド:
        クラスSimpleElementVisitor6<R,​P>visitVariable
        実装要件:
        この実装は、変数 ENUM_CONSTANTEXCEPTION_PARAMETERFIELDLOCAL_VARIABLEPARAMETER、またはRESOURCE_VARIABLEの特定のkindのvisitメソッドにディスパッチします。
        パラメータ:
        e - ビジットする要素
        p - ビジター指定のパラメータ
        戻り値:
        種類に固有のビジット・メソッドの結果
      • visitVariableAsEnumConstant

        public R visitVariableAsEnumConstant​(VariableElement e,
                                             P p)
        ENUM_CONSTANT可変要素をビジットします。
        実装要件:
        この実装ではdefaultActionを呼び出します。
        パラメータ:
        e - ビジットする要素
        p - ビジター指定のパラメータ
        戻り値:
        defaultActionの結果
      • visitVariableAsExceptionParameter

        public R visitVariableAsExceptionParameter​(VariableElement e,
                                                   P p)
        EXCEPTION_PARAMETER可変要素をビジットします。
        実装要件:
        この実装ではdefaultActionを呼び出します。
        パラメータ:
        e - ビジットする要素
        p - ビジター指定のパラメータ
        戻り値:
        defaultActionの結果
      • visitVariableAsField

        public R visitVariableAsField​(VariableElement e,
                                      P p)
        FIELD可変要素をビジットします。
        実装要件:
        この実装ではdefaultActionを呼び出します。
        パラメータ:
        e - ビジットする要素
        p - ビジター指定のパラメータ
        戻り値:
        defaultActionの結果
      • visitVariableAsLocalVariable

        public R visitVariableAsLocalVariable​(VariableElement e,
                                              P p)
        LOCAL_VARIABLE可変要素をビジットします。
        実装要件:
        この実装ではdefaultActionを呼び出します。
        パラメータ:
        e - ビジットする要素
        p - ビジター指定のパラメータ
        戻り値:
        defaultActionの結果
      • visitVariableAsParameter

        public R visitVariableAsParameter​(VariableElement e,
                                          P p)
        PARAMETER可変要素をビジットします。
        実装要件:
        この実装ではdefaultActionを呼び出します。
        パラメータ:
        e - ビジットする要素
        p - ビジター指定のパラメータ
        戻り値:
        defaultActionの結果
      • visitVariableAsResourceVariable

        public R visitVariableAsResourceVariable​(VariableElement e,
                                                 P p)
        RESOURCE_VARIABLE可変要素をビジットします。
        実装要件:
        この実装はvisitUnknownを呼び出します。
        パラメータ:
        e - ビジットする要素
        p - ビジター指定のパラメータ
        戻り値:
        visitUnknownの結果
        導入されたバージョン:
        1.7
      • visitExecutable

        public R visitExecutable​(ExecutableElement e,
                                 P p)
        実行可能要素をビジットします。
        定義:
        インタフェースElementVisitor<R,​P>内のvisitExecutable
        オーバーライド:
        クラスSimpleElementVisitor6<R,​P>visitExecutable
        実装要件:
        この実装は、実行可能なCONSTRUCTORINSTANCE_INITMETHOD、またはSTATIC_INITの特定のkindのvisitメソッドにディスパッチします。
        パラメータ:
        e - ビジットする要素
        p - ビジター指定のパラメータ
        戻り値:
        種類に固有のビジット・メソッドの結果
      • visitExecutableAsConstructor

        public R visitExecutableAsConstructor​(ExecutableElement e,
                                              P p)
        CONSTRUCTOR実行可能エレメントをビジットします。
        実装要件:
        この実装ではdefaultActionを呼び出します。
        パラメータ:
        e - ビジットする要素
        p - ビジター指定のパラメータ
        戻り値:
        defaultActionの結果
      • visitExecutableAsInstanceInit

        public R visitExecutableAsInstanceInit​(ExecutableElement e,
                                               P p)
        INSTANCE_INIT実行可能エレメントをビジットします。
        実装要件:
        この実装ではdefaultActionを呼び出します。
        パラメータ:
        e - ビジットする要素
        p - ビジター指定のパラメータ
        戻り値:
        defaultActionの結果
      • visitExecutableAsMethod

        public R visitExecutableAsMethod​(ExecutableElement e,
                                         P p)
        METHOD実行可能エレメントをビジットします。
        実装要件:
        この実装ではdefaultActionを呼び出します。
        パラメータ:
        e - ビジットする要素
        p - ビジター指定のパラメータ
        戻り値:
        defaultActionの結果
      • visitExecutableAsStaticInit

        public R visitExecutableAsStaticInit​(ExecutableElement e,
                                             P p)
        STATIC_INIT実行可能エレメントをビジットします。
        実装要件:
        この実装ではdefaultActionを呼び出します。
        パラメータ:
        e - ビジットする要素
        p - ビジター指定のパラメータ
        戻り値:
        defaultActionの結果
      • visitTypeParameter

        public R visitTypeParameter​(TypeParameterElement e,
                                    P p)
        型パラメータ要素をビジットします。 要素の引数は種類TYPE_PARAMETERを持ちます。
        定義:
        インタフェースElementVisitor<R,​P>内のvisitTypeParameter
        オーバーライド:
        クラスSimpleElementVisitor6<R,​P>visitTypeParameter
        実装要件:
        この実装ではdefaultActionを呼び出します。
        パラメータ:
        e - ビジットする要素
        p - ビジター指定のパラメータ
        戻り値:
        ビジター指定の結果