モジュール java.desktop
パッケージ java.awt

クラスCardLayout

  • すべての実装されたインタフェース:
    LayoutManager, LayoutManager2, Serializable

    public class CardLayout
    extends Object
    implements LayoutManager2, Serializable
    CardLayoutオブジェクトは、コンテナのレイアウト・マネージャです。 コンテナ内の各コンポーネントをカードとして扱います。 一度に1枚のカードだけを表示し、コンテナはカードのスタックとして動作します。 CardLayoutオブジェクトに最初に追加されるコンポーネントは、コンテナが最初に表示されるときの可視コンポーネントになります。

    カードの順序は、コンポーネント・オブジェクトのコンテナ自身の内部順序で決まります。 CardLayoutは、アプリケーションがこれらのカードを順番にめくったり、指定したカードを表示したりできるようにするメソッドのセットを定義します。 addLayoutComponent(java.awt.Component, java.lang.Object)メソッドを使用すると、高速なランダム・アクセスのために、文字列の識別子を指定したカードに関連付けることができます。

    導入されたバージョン:
    1.0
    関連項目:
    Container, 直列化された形式
    • コンストラクタのサマリー

      コンストラクタ 
      コンストラクタ 説明
      CardLayout()
      新しいカード・レイアウトをサイズ・ゼロの間隔で作成します。
      CardLayout​(int hgap, int vgap)
      指定された水平方向および垂直方向の間隔を使って新しいカード・レイアウトを作成します。
    • コンストラクタの詳細

      • CardLayout

        public CardLayout()
        新しいカード・レイアウトをサイズ・ゼロの間隔で作成します。
      • CardLayout

        public CardLayout​(int hgap,
                          int vgap)
        指定された水平方向および垂直方向の間隔を使って新しいカード・レイアウトを作成します。 水平方向の間隔は左端および右端に配置されます。 垂直方向の間隔は上端および下端に配置されます。
        パラメータ:
        hgap - 水平方向の間隔。
        vgap - 垂直方向の間隔。
    • メソッドの詳細

      • getHgap

        public int getHgap()
        コンポーネント間の水平方向の間隔を取得します。
        戻り値:
        コンポーネント間の水平方向の間隔
        導入されたバージョン:
        1.1
        関連項目:
        setHgap(int), getVgap()
      • setHgap

        public void setHgap​(int hgap)
        コンポーネント間の水平方向の間隔を設定します。
        パラメータ:
        hgap - コンポーネント間の水平方向の間隔
        導入されたバージョン:
        1.1
        関連項目:
        getHgap(), setVgap(int)
      • getVgap

        public int getVgap()
        コンポーネント間の垂直方向の間隔を取得します。
        戻り値:
        コンポーネント間の垂直方向の間隔
        関連項目:
        setVgap(int), getHgap()
      • setVgap

        public void setVgap​(int vgap)
        コンポーネント間の垂直方向の間隔を設定します。
        パラメータ:
        vgap - コンポーネント間の垂直方向の間隔
        導入されたバージョン:
        1.1
        関連項目:
        getVgap(), setHgap(int)
      • addLayoutComponent

        public void addLayoutComponent​(Component comp,
                                       Object constraints)
        指定されたコンポーネントを、このカード・レイアウトの名前の内部表に追加します。 constraintsによって指定されるオブジェクトは文字列である必要があります。 カード・レイアウトはこの文字列を、特定のカードへのランダム・アクセスに使用するキーと値のペアとして格納します。 showメソッドを呼び出すことにより、アプリケーションは指定された名前でコンポーネントを表示できます。
        定義:
        addLayoutComponent、インタフェース: LayoutManager2
        パラメータ:
        comp - 追加されるコンポーネント。
        constraints - レイアウト内の特定のカードを識別するタグ
        例外:
        IllegalArgumentException - 制約が文字列でない場合
        関連項目:
        show(java.awt.Container, java.lang.String)
      • addLayoutComponent

        @Deprecated
        public void addLayoutComponent​(String name,
                                       Component comp)
        非推奨。
        addLayoutComponent(Component, Object)に置き換えられています。
        インタフェースからコピーされた説明: LayoutManager
        レイアウト・マネージャがコンポーネントごとの文字列を使用する場合は、レイアウトにコンポーネントcompを追加し、それをnameによって指定された文字列に関連付けます。
        定義:
        addLayoutComponent、インタフェース: LayoutManager
        パラメータ:
        name - コンポーネントに関連付けられる文字列
        comp - 追加されるコンポーネント
      • getLayoutAlignmentX

        public float getLayoutAlignmentX​(Container parent)
        x軸方向の配置を返します。 これは、ほかのコンポーネントを基準にこのコンポーネントをどのように配置するかを指定します。 この値は0から1の間の数値であるはずです(0は原点に沿った配置を表し、1は原点からもっとも遠いところに、0.5は中央に配置されます)。
        定義:
        getLayoutAlignmentX、インタフェース: LayoutManager2
        パラメータ:
        parent - ターゲット・コンテナ
        戻り値:
        x軸整列のプリファレンス
      • getLayoutAlignmentY

        public float getLayoutAlignmentY​(Container parent)
        y軸方向の配置を返します。 これは、ほかのコンポーネントを基準にこのコンポーネントをどのように配置するかを指定します。 この値は0から1の間の数値であるはずです(0は原点に沿った配置を表し、1は原点からもっとも遠いところに、0.5は中央に配置されます)。
        定義:
        getLayoutAlignmentY、インタフェース: LayoutManager2
        パラメータ:
        parent - ターゲット・コンテナ
        戻り値:
        y軸整列のプリファレンス
      • invalidateLayout

        public void invalidateLayout​(Container target)
        レイアウトを無効にします。このとき、レイアウト・マネージャが情報をキャッシュしていればそれを破棄します。
        定義:
        invalidateLayout、インタフェース: LayoutManager2
        パラメータ:
        target - ターゲット・コンテナ
      • layoutContainer

        public void layoutContainer​(Container parent)
        このカード・レイアウトを使用して、指定されたコンテナを配置します。

        parentコンテナの各コンポーネントは、コンテナから周囲のイン・セット、水平方向の間隔、および垂直方向の間隔のスペースを差し引いたサイズになるように形状変更されます。

        定義:
        layoutContainer、インタフェース: LayoutManager
        パラメータ:
        parent - レイアウトが行われる親コンテナ
        関連項目:
        Container.doLayout()
      • first

        public void first​(Container parent)
        コンテナの最初のカードに切り替えます。
        パラメータ:
        parent - レイアウトが行われる親コンテナ
        関連項目:
        last(java.awt.Container)
      • next

        public void next​(Container parent)
        指定されたコンテナの次のカードに切り替えます。 現在表示されているカードが最後のカードである場合、このメソッドはレイアウト内の最初のカードに切り替えます。
        パラメータ:
        parent - レイアウトが行われる親コンテナ
        関連項目:
        previous(java.awt.Container)
      • previous

        public void previous​(Container parent)
        指定されたコンテナの前のカードに切り替えます。 現在表示されているカードが最初のカードである場合、このメソッドはレイアウト内の最後のカードに切り替えます。
        パラメータ:
        parent - レイアウトが行われる親コンテナ
        関連項目:
        next(java.awt.Container)
      • last

        public void last​(Container parent)
        コンテナの最後のカードに切り替えます。
        パラメータ:
        parent - レイアウトが行われる親コンテナ
        関連項目:
        first(java.awt.Container)
      • show

        public void show​(Container parent,
                         String name)
        addLayoutComponentを使用して、指定されたnameでこのレイアウトに追加されたコンポーネントに切り替えます。 そのようなコンポーネントがない場合、処理は行われません。
        パラメータ:
        parent - レイアウトが行われる親コンテナ
        name - コンポーネントの名前
        関連項目:
        addLayoutComponent(java.awt.Component, java.lang.Object)
      • toString

        public String toString()
        このカード・レイアウトの状態を示す文字列表現を返します。
        オーバーライド:
        toString 、クラス:  Object
        戻り値:
        このカード・レイアウトの文字列表現