モジュール java.desktop
パッケージ java.awt.dnd

クラスDropTargetAdapter

  • すべての実装されたインタフェース:
    DropTargetListener, EventListener

    public abstract class DropTargetAdapter
    extends Object
    implements DropTargetListener
    ドロップ・ターゲット・イベントを受け取る抽象アダプタ・クラスです。 このクラス内のメソッドは空です。 このクラスは、リスナー・オブジェクトの作成を容易にするためだけに提供されています。

    DropTargetEventリスナーを作成し、目的のイベントのためのメソッドをオーバーライドするには、このクラスを拡張します。 (DropTargetListenerインタフェースを実装する場合は、そこに含まれるすべてのメソッドを定義する必要があります。 この抽象クラスでは、drop(DropTargetDropEvent)を除くすべてのメソッドに対してnull実装が定義されているため、必要なイベント用のメソッドを定義するだけで済みます。) 少なくともdrop(DropTargetDropEvent)の実装を提供する必要があります。 仕様上、ドロップを受け入れるか拒否するか、受け入れる場合はドロップが成功したかどうかを示す必用があるため、このメソッドの実装を空にすることはできません。

    拡張されたクラスを使用してリスナー・オブジェクトを作成し、それをDropTargetに登録します。 そのDropTargetのドロップ・サイトの操作可能な部分にドラッグが入ったり、移動したり、出たりした場合、ドロップ・アクションが変更された場合、およびドロップが発生した場合は、リスナー・オブジェクト内の関連するメソッドが呼び出され、DropTargetEventがそのメソッドに渡されます。

    DropTargetのドロップ・サイトの操作可能な部分とは、関連付けられたComponentの幾何学的図形の一部であり、オーバーラップしているトップ・レベルのウィンドウや、アクティブなDropTargetが関連付けられているZ軸順で高位の別のComponentによって隠されていない部分のことです。

    ドラッグ中に、現在のドラッグ操作に関連付けられたデータを、リスナーのメソッドに渡されたDropTargetDragEventインスタンス上のgetTransferable()を呼び出すことによって取得できます。

    DropTargetDragEventインスタンス上のgetTransferable()は、対応するリスナーのメソッド内でのみ呼び出すようにし、そのメソッドから戻る前に、必要なすべてのデータを返されたTransferableから取得するようにしてください。

    導入されたバージョン:
    1.4
    関連項目:
    DropTargetEvent, DropTargetListener
    • コンストラクタのサマリー

      コンストラクタ 
      コンストラクタ 説明
      DropTargetAdapter()  
    • コンストラクタの詳細

      • DropTargetAdapter

        public DropTargetAdapter()
    • メソッドの詳細

      • dragEnter

        public void dragEnter​(DropTargetDragEvent dtde)
        ドラッグ操作の進行中に、マウス・ポインタが、このリスナーに登録されたDropTargetのドロップ・サイトの操作可能な部分に入ったときに呼び出されます。
        定義:
        dragEnter、インタフェース: DropTargetListener
        パラメータ:
        dtde - DropTargetDragEvent
      • dragOver

        public void dragOver​(DropTargetDragEvent dtde)
        ドラッグ操作の進行中に、マウス・ポインタが引き続き、このリスナーに登録されたDropTargetのドロップ・サイトの操作可能な部分にあるときに呼び出されます。
        定義:
        dragOver、インタフェース: DropTargetListener
        パラメータ:
        dtde - DropTargetDragEvent
      • dropActionChanged

        public void dropActionChanged​(DropTargetDragEvent dtde)
        ユーザーが現在のドロップ・ジェスチャを変更した場合に呼び出されます。
        定義:
        dropActionChanged、インタフェース: DropTargetListener
        パラメータ:
        dtde - DropTargetDragEvent
      • dragExit

        public void dragExit​(DropTargetEvent dte)
        ドラッグ操作の進行中に、マウス・ポインタが、このリスナーに登録されたDropTargetのドロップ・サイトの操作可能な部分を出たときに呼び出されます。
        定義:
        dragExit、インタフェース: DropTargetListener
        パラメータ:
        dte - DropTargetEvent