Java Platform, Standard Editionツール・リファレンス
目次      

15 トラブルシューティング

JavaアプリケーションおよびJava仮想マシン(JVM)のトラブルシューティングを行うには、次のコマンドを使用します。これらのコマンドのほとんどは、サポートされていない試験的なものなので、将来のJDKリリースで使用できなくなる可能性があります。

このセクションには、次のコマンドが含まれます。

jcmd: 実行中のJVMに対して診断コマンド要求を送信します。

jinfo: 試験的。構成情報を生成します。

jhat: 試験的。Javaヒープを解析します。

jmap: 試験的。プロセス、コア・ファイル、またはリモート・デバッグ・サーバーの、共用オブジェクト・メモリー・マップまたはヒープ・メモリーの詳細を出力します。

jsadebugd: 試験的。Javaプロセスまたはコア・ファイルに接続し、デバッグ・サーバーとして機能します。

jstack: 試験的。Javaプロセス、コア・ファイル、またはリモート・デバッグ・サーバーに対するJavaスレッドのスタック・トレースを出力します。

目次      

Copyright © 1993, 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.