行および列の展開

レポートを設計するときに、行、列およびセルで、計算された行、列またはセルを参照できます。

行または列の構文:

            AXIS[Segment(Range)].Property
         

セルの構文:

            CELL[Row Segment(Range), Column Segment(Range)].Property
         

パラメータ:

パラメータ 説明
AXIS 行および列のテンプレートによって識別される、展開セルを含む行または列。

たとえば、[3]は行3を参照し、[C]は列Cを参照します。たとえば、列の式で、[3].sumは行3の合計として計算されます。

デフォルトは行です。

CELL 指定された行および列のテンプレートの座標によってそれぞれ指定された展開セルの交差。

たとえば、[2,C]は行2が列Cと交わる1つのセルを指します。

Segment レポート・デザイナで行IDまたは列IDを表す値。

参照されるセグメントは、設計時の行または列を参照し、ビューアで展開できます。表示時の行および列は展開された行および列です。行IDには数字、列IDには文字を使用します。

注:

展開された式の行を使用する場合、デフォルトのセグメントは行です。展開された式の列を使用する場合、デフォルトのセグメントは列です。たとえば、行[ 5 ]は展開された行5を参照します。セグメントの詳細は、セグメント引数の表記を参照してください。

Range 関数の計算で使用される展開セル。

範囲は、表示時の展開された行および列を参照します。抑制された後に計算が実行されます。計算の後にソートが実行されます。ソートおよび抑制の詳細は、条件付き抑制の使用グリッドの行、列またはページのソートを参照してください。

展開された行または列の範囲を参照するには、コロンを使用します。たとえば、(3:6)は行3、4、5および6を示します。範囲の詳細は、範囲引数の表記を参照してください。

Property 行、列またはセルの集約に適用される関数。プロパティの使用の詳細は、集約プロパティ引数を参照してください。