グループまたはユーザーへの役割の割当て

このプロセス中、サービス管理者は、事前定義済役割を割り当てられたグループおよびユーザーにアプリケーション・レベルの役割を割り当てます。

注:

  • サービス管理者は自分自身に役割を割り当てることができます。
  • 役割割当てを参照できるように、「アクセス制御」には定義済のOracle Enterprise Performance Management Cloudの役割がグループとして示されます。「アクセス制御」からこれらにアプリケーション・レベルの役割を割り当てることはできません。

アプリケーション・レベルの役割をグループまたはユーザーに割り当てるには:

  1. アクセス制御を開きます。アクセス制御のオープンを参照してください。
  2. 「アプリケーション役割の割当」をクリックします。
  3. ユーザーまたはグループを検索します。ドロップ・ダウン・リストから「ユーザー」または「グループ」を選択します。検索機能の使用手順は、検索の使用を参照してください。
  4. ユーザーまたはグループの「アクション」ボタン (「アクション」)をクリックし、「役割の割当」を選択します。
  5. 「使用可能な役割」から、ユーザーまたはグループに割り当てる役割を選択して、「移動」をクリックします。
    ユーザーおよびグループに割当て可能な役割の説明については、次の項を参照してください。
    選択した役割が、「割り当てられた役割」に表示されます。割り当てられた役割を削除するには、「割り当てられた役割」から削除する役割を選択して、「削除」をクリックします。
  6. 「OK」をクリックします。
  7. 「OK」をクリックします。