グループの管理

Oracle Enterprise Performance Management Cloudでは、内部リポジトリを使用して、アプリケーション・レベルの役割割当てをサポートし、役割割当てプロセス中に使用するグループに関する情報を格納します。

EPM Cloudユーザーと他のグループを、アクセス制御を使用して管理されるグループのメンバーにすることができます。グループに役割を割り当てることで、ユーザーにアプリケーションの役割を付与できます。

ユーザー割当てを参照できるように、「アクセス制御」には事前定義済役割がグループとして示されます。「アクセス制御」からこれらに対して変更または役割割当てすることはできません。さらに、事前定義済役割に割り当てられているEPM Cloudユーザーをグループ・メンバーとして追加できるように、それらのユーザーが「アクセス制御」に表示されます。 Oracle Enterprise Performance Management Cloud管理者スタート・ガイド事前定義済役割の理解を参照してください。

注:

「アクセス制御」を使用して、ファイルからグループ情報をインポートしてグループを作成することはできません。同様に、「アクセス制御」を使用して、グループ情報をエクスポートできません。グループをインポートするには、「移行」またはcreateGroups EPM自動化コマンドを使用できます。