データ・マップを使用するデータのプッシュ

Planningモジュールのデータ・マップを使用して、モジュール間、モデル間またはキューブ間でデータをプッシュします。

次のシナリオのデータ・マップを使用します:

表10-1 データ・マップ・シナリオ

データ・マップ・シナリオ リファレンス
データを財務要員プロジェクトおよび資本と統合します。 ビジネス・プロセスを統合するためのデータのプッシュ.
要員でレポート用のデータをマップします。 要員でのレポート用のデータのマッピング
次の間でデータをプッシュします:
  • 戦略モデリングPlanning
  • 戦略モデリング財務
  • 戦略モデリング・モデル。
  • 戦略モデリング連結。

データ・マップを使用してデータをプッシュするには:

  1. ホームページで「アプリケーション」「アプリケーション」アイコン「データ交換」「データ交換」アイコン「データ・マップ」の順にクリックします。

  2. データ・マップを選択し、「アクション」「データのプッシュ」をクリックします。

注:

データ・マップにラベルが変更されたソースがあり、ラベルがターゲットで一致しない場合、データ・マップは一致しない年について警告を表示します。ただし、プッシュはデータをプッシュしていません。データ・マップにラベルが変更されたターゲットがあり、ラベルがターゲットで一致しない場合、データ・マップは成功し、ソースの年は期間IDを使用して照合されます。

Groovyルールを使用して、複雑なマッピングを定義することもできます。Groovyルールは、Groovyスクリプト言語を使用して複雑なデータ・マップを作成するための強力なルールベースのメソッドを提供します。Groovyルールを使用して、複雑なマッピングを定義します。たとえば、編集したセルからのみなど、現在のフォームに基づいて対象領域に関するデータをPlanningからプルするGroovyルールを定義できます。また、スケーリング係数の適用など、データをプッシュする前にデータに対して計算を実行することもできます。Groovyビジネス・ルールについてを参照してください。

要員では、エンティティ、シナリオおよびバージョンの実行時プロンプトを使用して事前定義済データ・マップを実行するGroovyルールを提供します。要員のGroovyルールを参照してください。