ダッシュボードの作成

Oracle定義ウィジェットまたは作成したカスタム・ウィジェットを追加して、「ダッシュボード」ページでカスタム・ダッシュボードを作成できます。また、使用可能なダッシュボードのいずれかを複製して、要件を満たすようにカスタマイズすることもできます。

  1. ナビゲーション・メニューを開き、「監視および管理」をクリックします。「ログ・アナリティクス」で、「ダッシュボード」をクリックします。
  2. 「ダッシュボード」ページで、「作成」をクリックします。
  3. ダッシュボードの名前と、オプションで説明を指定し、「作成」をクリックします。
  4. 「新規ダッシュボード」ページで、「情報」タブに移動します。ダッシュボードの名前を指定し、ダッシュボード・コンパートメントを選択して、オプションでダッシュボードの説明を指定します。
  5. 「ウィジェット」ペインで、Oracle定義ウィジェットまたはカスタム・ウィジェットを検索します。ウィジェットをクリックして、ダッシュボードに追加します。または、ウィジェットをダッシュボードにドラッグ・アンド・ドロップできます。
    ウィジェットを追加した後、ウィジェットの「コンテンツ設定」(コンテンツ設定)アイコンをクリックして、ウィジェットのサイズや配置の変更、タイトルの非表示または追加、ウィジェットのタイトルのOracle Cloud Logging Analyticsページまたはダッシュボードへのリンク、ウィジェットの削除などの様々なアクションを実行できます。

    また、他のサービスで生成されたメトリックのメトリック・ウィジェットを作成して追加するには、「メトリック・ウィジェットの作成」をクリックします。メトリック・ウィジェットの作成を参照してください。

  6. 「完了」をクリックして、新しいダッシュボードを保存します。
    「完了」をクリックすると、ダッシュボードは表示モードになります。後でダッシュボードの内容を変更する場合は、「編集」をクリックして編集モードに移行します。

ダッシュボードを作成したら、「ダッシュボード」ページでダッシュボードの名前をクリックして表示します。「ダッシュボード」ページの次のオプションを使用すると、他のタスクを実行できます:

  • ウィジェットの「開く」(ログ・エクスプローラで開く)アイコンをクリックして、ログ・エクスプローラでウィジェットを開き、変更を加えます。別のユーザーによって作成されたウィジェットを変更する場合は、ログ・エクスプローラで「名前を付けて保存」オプションをクリックし、ウィジェットのコピーを作成して、要件を満たすように変更を加えます。ウィジェットのコピーはダッシュボードに自動的に追加されず、ダッシュボードを編集して追加する必要があることに注意してください。
  • 「編集」をクリックして、ダッシュボードを変更します。カスタム・ウィジェットやメトリック・ウィジェットを追加または削除したり、タイトル、説明またはダッシュボード・コンパートメントを変更したりできます。

ダッシュボードの操作に必要な権限を割り当てる管理ダッシュボード・ポリシーの詳細は、管理ダッシュボードの詳細を参照してください。

管理ダッシュボードAPIのドキュメントは、管理ダッシュボードAPIを参照してください。

Oracle定義ダッシュボードの使用

Oracle Cloud Logging Analyticsには、組込みのウィジェットを含む事前定義済のダッシュボードがあります。

Oracle定義ダッシュボードは、重要なログの分析の概要を示すために提供されています。Oracle定義ダッシュボードの例には、エンタープライズ・ネットワーク(VCN)の概要OCI APIゲートウェイの概要OCI監査分析およびVCNフロー・ログがあります。


エンタープライズ・ネットワーク(VCN)の概要ダッシュボード

Oracle定義ダッシュボードにアクセスするには:

  1. ナビゲーション・メニューを開き、「監視および管理」をクリックします。「ログ・アナリティクス」で、「ダッシュボード」をクリックします。

  2. 「ダッシュボード」ページで、「作成者」列でダッシュボードのリストをソートし、Oracleによって作成されているものを識別します。開くダッシュボードの名前をクリックします。

ダッシュボードが開きます。ダッシュボードが作成されているログのキー・パラメータを記述するOracle定義ウィジェットを表示できます。右上隅にある時間セレクタの時間範囲を変更して、異なる時間範囲のデータを表示できます。スコープ・フィルタを使用して、Log Group Compartmentフィールドで指定することでログのスコープを定義するか、Entity CompartmentおよびEntityフィールドを使用することでエンティティのスコープを定義します。

ログ・エクスプローラでウィジェットを表示するには、ウィジェットの右上隅にある「ログ・エクスプローラで表示」ボタン「ログ・エクスプローラで表示」アイコンをクリックします。

Oracle定義ダッシュボードの複製を作成し、それに別のウィジェットを追加したり、それを編集してカスタム・ダッシュボードを作成したりできます。

Oracle定義ダッシュボードのカスタマイズ

Oracle定義ダッシュボードを使用して、独自のカスタム・ダッシュボードを作成することもできます:

  1. ナビゲーション・メニューを開き、「監視および管理」をクリックします。「ログ・アナリティクス」で、「ダッシュボード」をクリックします。

  2. 「ダッシュボード」ページで、「作成者」列でダッシュボードのリストをソートし、Oracleによって作成されているものを識別します。「アクション」メニュー・アイコン「アクション」メニューをクリックし、「複製」をクリックします。

    「ダッシュボードの複製」ダイアログ・ボックスが開きます。

  3. 「ダッシュボードの複製」ダイアログ・ボックスで、

    • 複製ダッシュボードの名前を指定します。

    • ダッシュボードを配置する必要があるコンパートメントを選択します。

    「OK」をクリックします。

    新しい複製ダッシュボードは、前に指定した名前によって、ダッシュボードのリスト・ページで検索できます。

  4. 複製ダッシュボードの名前をクリックします。ダッシュボードの詳細ページが開きます。

  5. 「編集」をクリックして、ウィジェットのルック・アンド・フィールを変更するか、ウィジェットを追加または削除します。

  6. 「完了」をクリックして変更を保存します。

メトリック・ウィジェットの作成

メトリック・ウィジェットを作成して、OCIモニタリング・サービスに格納されている保存済検索で生成されたメトリック・データおよびその他のメトリック・データを表示できます。

  1. ナビゲーション・メニューを開き、「監視および管理」をクリックします。「ログ・アナリティクス」で、「ダッシュボード」をクリックします。

  2. 新しいダッシュボードを作成してそれに新しいメトリック・ウィジェットを追加する場合は、「ダッシュボード」ページで「ダッシュボードの作成」をクリックします。

    または、既存のダッシュボードに新しいメトリック・ウィジェットを追加する場合は、「ダッシュボード」ページでその名前をクリックしてダッシュボードを開き、「編集」をクリックします。

  3. ページの右側にある「ウィジェット」タブで、「メトリック・ウィジェットの作成」をクリックします。

    メトリック・ウィジェット作成ページが開きます。

  4. 左上隅にあるスコープ・フィルタ・ボタンスコープ・フィルタ・アイコンをクリックし、メトリック・データが使用可能なメトリック・コンパートメントを選択します。

  5. メトリックを生成するためにデータのソースを識別する必要があります。「データ」で、「ソース・データ」の横にある「追加」ボタン「追加」アイコンをクリックします。

    「ソース・データの追加」ダイアログ・ボックスが開きます。

  6. 「ソース・データの追加」ダイアログ・ボックスで、次のプロパティを選択します:

    • データ・ソース: 「すべてのメトリック・ソース」を選択して、OCIモニタリング・サービスからデータを取得します。
    • ネームスペース: アクセス可能なネームスペースから適切なものを選択します。
    • メトリック: 前の2つの選択に基づいて、このメニューは、それらのフィルタの適用後に使用可能なすべてのメトリックの名前でリフレッシュされます。使用するメトリックを選択します。または、後でメトリックの選択を決定する場合は、「すべてのメトリック」を指定できます。

    「追加」をクリックします。

    ステップ5と6を繰り返して、別のメトリックをソース・データに追加します。

    これで、選択したすべてのメトリックが「ソース・データ」の下にリストされます。

  7. ビジュアル化するメトリックを「ソース・データ」セクションから「Y軸」セクションにドラッグ・アンド・ドロップします。または、「ソース・データ」セクションで、メトリック名の横にある「アクション」ボタン「アクション」アイコンをクリックし、「Y軸に追加」をクリックします。

    選択したデータがY軸に沿ってプロットされたチャートが表示されます。

    さらに、別のメトリックを「Y軸」セクションに追加して、複数のメトリックをまとめてビジュアル化できます。

  8. 次のビジュアライゼーション・オプションを指定または変更して、ビジュアライゼーションをカスタマイズできます:

    • 時間範囲: 右上隅にある時間セレクタから時間範囲を選択して、その範囲でビジュアライゼーションに使用できるデータを取得します。
    • チャート・タイプ: ビジュアル化するデータのタイプに基づいて、「面グラフ」、「折れ線グラフ」または「棒グラフ」から選択できます。
    • Y軸のタイトル: Y軸に投影されるデータのタイトルを指定します。
    • 凡例: 凡例の位置を「一番上」「一番下」「左」「右」または「なし」として指定できます。ビジュアライゼーションに複数のメトリックがある場合は、特定のメトリックの凡例にカーソルを置くと、結合グラフでそのデータを強調できます。
    • 関連するツールチップ: ダッシュボードのすべてのメトリック・ウィジェット間でツールチップを相互に関連付ける場合は、このボックスを選択します。
      関連ツールチップ・オプションの有効化の結果

    • 積上げ: ビジュアライゼーションに複数のメトリックがあり、2つのチャートを積み上げて見やすくする場合は、このボックスを選択します。
    • 単色を使用: このオプションは、面グラフを使用するときにデフォルトで選択されています。ビジュアライゼーションに面グラフを使用すると、データの存在を表す面は単色で覆われます。このボックスの選択を解除すると、面グラフの面をより明るい色でビジュアル化できます。これは、面グラフ・モードで複数の重複するメトリックをビジュアル化する場合にも役立ちます。
  9. Y軸に対して識別したソース・データを編集するには、メトリック名の横にある「アクション」ボタン「アクション」アイコンをクリックし、「編集」をクリックします。

    「ソース・データの編集」ダイアログ・ボックスが開きます。ソース・データの次のパラメータを変更できます:

    • 間隔: データ・ポイントを表示する周期を選択します。
    • 統計: レート、平均、合計、最小、最大、件数、50パーセンタイル、90パーセンタイル、95パーセンタイル、99パーセンタイルなどの統計ファンクションを適用します。
    • ディメンション値: メトリックのデータが複数のディメンションから収集される場合、このオプションを使用して、それらのディメンションの1つ以上を選択できます。

    「保存」をクリックします。

  10. チャートの上にあるフィールドにウィジェットの名前を指定します。

  11. 「適用」をクリックしてウィジェットを保存すると、ダッシュボードに自動的に追加されます。

    これで、新しいメトリック・ウィジェットを適切な場所にドラッグし、そのサイズを変更できます。

    「完了」をクリックしてダッシュボードを保存します。