モジュール java.base
パッケージ java.util.concurrent

クラスConcurrentHashMap.KeySetView<K,​V>

    • メソッドのサマリー

      すべてのメソッド インスタンス・メソッド 具象メソッド 
      修飾子と型 メソッド 説明
      boolean add​(K e)
      バッキング・マップ内のデフォルトのマップされた値(定義されている場合)にキーをマップすることにより、指定されたキーをこのセット・ビューに追加します。
      boolean addAll​(Collection<? extends K> c)
      指定されたコレクションのすべての要素をこのセットに追加します。各要素に対してadd(K)を呼び出した場合と同様です。
      void clear()
      このビューのバッキング・マップからすべてのマッピングを削除することにより、このビューからすべての要素を削除します。
      boolean contains​(Object o)
      指定された要素がコレクションに含まれている場合にtrueを返します。
      boolean containsAll​(Collection<?> c)
      指定されたコレクションのすべての要素がこのコレクション内にある場合はtrueを返します。
      ConcurrentHashMap<K,​V> getMap()
      このビューのバッキング・マップを返します。
      V getMappedValue()
      追加に対するデフォルトのマップされた値を返します。追加がサポートされていない場合はnullを返します。
      boolean isEmpty()
      このコレクションに要素がない場合にtrueを返します。
      Iterator<K> iterator()
      コレクションの要素のイテレータを返します。
      boolean remove​(Object o)
      バッキング・マップからキー(およびそれに対応する値)を削除することで、このマップ・ビューからキーを削除します。
      boolean removeAll​(Collection<?> c)
      指定されたコレクションにも格納されているこのコレクションのすべての要素を削除します(オプションの操作)。
      boolean retainAll​(Collection<?> c)
      このコレクションにおいて、指定されたコレクションに格納されている要素だけを保持します(オプションの操作)。
      int size()
      このコレクション中の要素の数を返します。
      Object[] toArray()
      このコレクションの要素がすべて格納されている配列を返します。
      <T> T[] toArray​(T[] a)
      このコレクション内のすべての要素を保持する配列を返します。返される配列の実行時の型は、指定された配列の型です。
      String toString()
      このコレクションの文字列表現を返します。
      • インタフェース java.lang.Iterableで宣言されたメソッド

        forEach
    • メソッドの詳細

      • getMappedValue

        public V getMappedValue()
        追加に対するデフォルトのマップされた値を返します。追加がサポートされていない場合はnullを返します。
        戻り値:
        追加に対するデフォルトのマップされた値。サポートされていない場合はnull
      • contains

        public boolean contains​(Object o)
        指定された要素がコレクションに含まれている場合にtrueを返します。 より正式には、trueは、このコレクションに少なくとも1つの要素e(Objects.equals(o, e)など)が含まれている場合にのみ返されます。
        定義:
        contains、インタフェース: Collection<K>
        定義:
        contains、インタフェース: Set<K>
        パラメータ:
        o - このコレクション内にあるかどうかが判定される要素
        戻り値:
        指定された要素がこのコレクション内にある場合はtrue
        例外:
        NullPointerException - 指定されたキーがnullである場合
      • remove

        public boolean remove​(Object o)
        バッキング・マップからキー(およびそれに対応する値)を削除することで、このマップ・ビューからキーを削除します。 そのキーがマップにない場合は、何も行いません。
        定義:
        remove、インタフェース: Collection<K>
        定義:
        remove、インタフェース: Set<K>
        パラメータ:
        o - バッキング・マップから削除されるキー
        戻り値:
        指定された要素がバッキング・マップに含まれていた場合はtrue
        例外:
        NullPointerException - 指定されたキーがnullである場合
      • iterator

        public Iterator<K> iterator()
        コレクションの要素のイテレータを返します。

        返されるイテレータは弱一貫性を保持します。

        定義:
        iterator、インタフェース: Collection<K>
        定義:
        iterator、インタフェース: Iterable<K>
        定義:
        iterator、インタフェース: Set<K>
        戻り値:
        バッキング・マップのキーに対するイテレータ
      • add

        public boolean add​(K e)
        バッキング・マップ内のデフォルトのマップされた値(定義されている場合)にキーをマップすることにより、指定されたキーをこのセット・ビューに追加します。
        定義:
        add、インタフェース: Collection<K>
        定義:
        add、インタフェース: Set<K>
        パラメータ:
        e - 追加されるキー
        戻り値:
        呼出しの結果としてこのセットが変更された場合はtrue
        例外:
        NullPointerException - 指定されたキーがnullである場合
        UnsupportedOperationException - 追加に対するデフォルトのマップされた値が指定されていなかった場合
      • addAll

        public boolean addAll​(Collection<? extends K> c)
        指定されたコレクションのすべての要素をこのセットに追加します。各要素に対してadd(K)を呼び出した場合と同様です。
        定義:
        addAll、インタフェース: Collection<K>
        定義:
        addAll、インタフェース: Set<K>
        パラメータ:
        c - このセットに挿入される要素
        戻り値:
        呼出しの結果としてこのセットが変更された場合はtrue
        例外:
        NullPointerException - コレクションまたはそのいずれかの要素がnullである場合
        UnsupportedOperationException - 追加に対するデフォルトのマップされた値が指定されていなかった場合
        関連項目:
        Set.add(Object)
      • getMap

        public ConcurrentHashMap<K,​V> getMap()
        このビューのバッキング・マップを返します。
        戻り値:
        このビューのバッキング・マップ
      • clear

        public final void clear()
        このビューのバッキング・マップからすべてのマッピングを削除することにより、このビューからすべての要素を削除します。
        定義:
        インタフェースCollection<K>内のclear
      • size

        public final int size()
        次のインタフェースからコピーされた説明: Collection
        このコレクション中の要素の数を返します。 このコレクションにInteger.MAX_VALUEより多くの要素がある場合は、Integer.MAX_VALUEを返します。
        定義:
        インタフェースCollection<K>内のsize
        戻り値:
        このコレクションの要素数
      • isEmpty

        public final boolean isEmpty()
        次のインタフェースからコピーされた説明: Collection
        このコレクションに要素がない場合にtrueを返します。
        定義:
        インタフェースCollection<K>内のisEmpty
        戻り値:
        このコレクションに要素が含まれていない場合はtrue
      • toArray

        public final Object[] toArray()
        次のインタフェースからコピーされた説明: Collection
        このコレクションの要素がすべて格納されている配列を返します。 イテレータによって要素が返される順序をコレクションが保証する場合、このメソッドは同じ順序で要素を返さなければなりません。 返される配列「ランタイム・コンポーネント・タイプ」Objectです。

        返される配列への参照をコレクションが維持しないという点で、この配列は安全です。 つまり、このメソッドは、コレクションが配列に連動している場合でも新しい配列を割り当てます。 このため、呼出し側は、返された配列を自由に変更できます。

        定義:
        インタフェースCollection<K>内のtoArray
        戻り値:
        「ランタイム・コンポーネント・タイプ」Objectの配列。このコレクションのすべての要素を含む
      • toArray

        public final <T> T[] toArray​(T[] a)
        次のインタフェースからコピーされた説明: Collection
        このコレクション内のすべての要素を保持する配列を返します。返される配列の実行時の型は、指定された配列の型です。 コレクションが指定された配列に収まる場合は、その中に返されます。 そうでない場合は、指定された配列の実行時の型とコレクションのサイズを持つ新しい配列が割り当てられます。

        このコレクションが指定された配列に収まり、その配列にさらに余裕がある場合(つまり、配列がこのコレクションより多くの要素を持つ場合)、その配列内でコレクションの終端よりあとの要素はnullに設定されます。 このコレクションにnull要素がないことを呼出し側が知っている場合にだけ、この特性を利用してコレクションの長さを判断できます。

        イテレータによって要素が返される順序をコレクションが保証する場合、このメソッドは同じ順序で要素を返さなければなりません。

        定義:
        インタフェースCollection<K>内のtoArray
        型パラメータ:
        T - コレクションを格納する配列のコンポーネント型
        パラメータ:
        a - 配列が十分な大きさを持つ場合は、このコレクションの要素の格納先の配列。配列のサイズが十分でない場合は、同じ実行時の型で新しい配列が格納用として割り当てられる。
        戻り値:
        コレクションのすべての要素が格納されている配列
      • toString

        public final String toString()
        このコレクションの文字列表現を返します。 文字列表現は、コレクションの要素の文字列表現をそのイテレータが返した順に角括弧("[]")で囲んだもので構成されます。 隣接する要素は、文字", " (カンマと空白文字)によって区切られます。 要素は、String.valueOf(Object)により文字列に変換されます。
        オーバーライド:
        toString 、クラス:  Object
        戻り値:
        このコレクションの文字列表現
      • containsAll

        public final boolean containsAll​(Collection<?> c)
        次のインタフェースからコピーされた説明: Collection
        指定されたコレクションのすべての要素がこのコレクション内にある場合はtrueを返します。
        定義:
        インタフェースCollection<K>内のcontainsAll
        パラメータ:
        c - このコレクションにあるかどうかを調べるコレクション
        戻り値:
        指定されたコレクションのすべての要素がこのコレクション内にある場合はtrue
        関連項目:
        Collection.contains(Object)
      • removeAll

        public boolean removeAll​(Collection<?> c)
        次のインタフェースからコピーされた説明: Collection
        指定されたコレクションにも格納されているこのコレクションのすべての要素を削除します(オプションの操作)。 この呼出しの結果、このコレクションには指定されたコレクションと共通の要素はなくなります。
        定義:
        インタフェースCollection<K>内のremoveAll
        パラメータ:
        c - このコレクションから削除される要素を含むコレクション
        戻り値:
        呼出しの結果としてこのコレクションが変更された場合はtrue
        関連項目:
        Collection.remove(Object), Collection.contains(Object)
      • retainAll

        public final boolean retainAll​(Collection<?> c)
        次のインタフェースからコピーされた説明: Collection
        このコレクションにおいて、指定されたコレクションに格納されている要素だけを保持します(オプションの操作)。 つまり、指定されたコレクションに格納されていないすべての要素をこのコレクションから削除します。
        定義:
        インタフェースCollection<K>内のretainAll
        パラメータ:
        c - このコレクションで保持される要素を含むコレクション
        戻り値:
        呼出しの結果としてこのコレクションが変更された場合はtrue
        関連項目:
        Collection.remove(Object), Collection.contains(Object)