モジュール java.desktop
パッケージ javax.swing.plaf.basic

クラスBasicSplitPaneUI

    • フィールドの詳細

      • NON_CONTINUOUS_DIVIDER

        protected static final String NON_CONTINUOUS_DIVIDER
        非連続レイアウトに使われるディバイダが、このオブジェクトを持つ分割ペインに追加されます。
        関連項目:
        定数フィールド値
      • KEYBOARD_DIVIDER_MOVE_OFFSET

        protected static int KEYBOARD_DIVIDER_MOVE_OFFSET
        キーボードのカーソル・キーで動き回るときにディバイダがどのくらい(相対的に)遠くに移動するかを示します。
      • splitPane

        protected JSplitPane splitPane
        このインスタンスがLook & Feelを提供しているJSplitPaneインスタンスです。
      • divider

        protected BasicSplitPaneDivider divider
        このJSplitPaneのディバイダのインスタンスです。
      • propertyChangeListener

        protected PropertyChangeListener propertyChangeListener
        このJSplitPaneのPropertyChangeListenerのインスタンスです。
      • focusListener

        protected FocusListener focusListener
        このJSplitPaneのFocusListenerのインスタンスです。
      • dividerSize

        protected int dividerSize
        ドラッグ・セッションが有効なときのディバイダのサイズです。
      • nonContinuousLayoutDivider

        protected Component nonContinuousLayoutDivider
        非連続レイアウトが使われているときのディバイダのシャドウのインスタンスです。
      • draggingHW

        protected boolean draggingHW
        子(nonContinuousLayoutDividerを除く)のどれかが重い場合にstartDraggingでtrueに設定されます。
      • beginDragDividerLocation

        protected int beginDragDividerLocation
        ドラッグ・セッションが開始されたときのディバイダの位置です。
      • upKey

        @Deprecated
        protected KeyStroke upKey
        非推奨。
        Java 2プラットフォーム1.3以降使われていません。
        以前はドキュメントに記載されていなかったこのフィールドは、Java 2プラットフォーム1.3以降では使用されません。 キー・バインディングはLookAndFeelによって定義されるようになりました。詳細はキー・バインディングの仕様を参照してください。
      • downKey

        @Deprecated
        protected KeyStroke downKey
        非推奨。
        Java 2プラットフォーム1.3以降使われていません。
        以前はドキュメントに記載されていなかったこのフィールドは、Java 2プラットフォーム1.3以降では使用されません。 キー・バインディングはLookAndFeelによって定義されるようになりました。詳細はキー・バインディングの仕様を参照してください。
      • leftKey

        @Deprecated
        protected KeyStroke leftKey
        非推奨。
        Java 2プラットフォーム1.3以降使われていません。
        以前はドキュメントに記載されていなかったこのフィールドは、Java 2プラットフォーム1.3以降では使用されません。 キー・バインディングはLookAndFeelによって定義されるようになりました。詳細はキー・バインディングの仕様を参照してください。
      • rightKey

        @Deprecated
        protected KeyStroke rightKey
        非推奨。
        Java 2プラットフォーム1.3以降使われていません。
        以前はドキュメントに記載されていなかったこのフィールドは、Java 2プラットフォーム1.3以降では使用されません。 キー・バインディングはLookAndFeelによって定義されるようになりました。詳細はキー・バインディングの仕様を参照してください。
      • homeKey

        @Deprecated
        protected KeyStroke homeKey
        非推奨。
        Java 2プラットフォーム1.3以降使われていません。
        以前はドキュメントに記載されていなかったこのフィールドは、Java 2プラットフォーム1.3以降では使用されません。 キー・バインディングはLookAndFeelによって定義されるようになりました。詳細はキー・バインディングの仕様を参照してください。
      • endKey

        @Deprecated
        protected KeyStroke endKey
        非推奨。
        Java 2プラットフォーム1.3以降使われていません。
        以前はドキュメントに記載されていなかったこのフィールドは、Java 2プラットフォーム1.3以降では使用されません。 キー・バインディングはLookAndFeelによって定義されるようになりました。詳細はキー・バインディングの仕様を参照してください。
      • dividerResizeToggleKey

        @Deprecated
        protected KeyStroke dividerResizeToggleKey
        非推奨。
        Java 2プラットフォーム1.3以降使われていません。
        以前はドキュメントに記載されていなかったこのフィールドは、Java 2プラットフォーム1.3以降では使用されません。 キー・バインディングはLookAndFeelによって定義されるようになりました。詳細はキー・バインディングの仕様を参照してください。
      • keyboardUpLeftListener

        @Deprecated
        protected ActionListener keyboardUpLeftListener
        非推奨。
        Java 2プラットフォーム1.3以降使われていません。
        以前はドキュメントに記載されていなかったこのフィールドは、Java 2プラットフォーム1.3以降では使用されません。 キー・バインディングはLookAndFeelによって定義されるようになりました。詳細はキー・バインディングの仕様を参照してください。
      • keyboardDownRightListener

        @Deprecated
        protected ActionListener keyboardDownRightListener
        非推奨。
        Java 2プラットフォーム1.3以降使われていません。
        以前はドキュメントに記載されていなかったこのフィールドは、Java 2プラットフォーム1.3以降では使用されません。 キー・バインディングはLookAndFeelによって定義されるようになりました。詳細はキー・バインディングの仕様を参照してください。
      • keyboardHomeListener

        @Deprecated
        protected ActionListener keyboardHomeListener
        非推奨。
        Java 2プラットフォーム1.3以降使われていません。
        以前はドキュメントに記載されていなかったこのフィールドは、Java 2プラットフォーム1.3以降では使用されません。 キー・バインディングはLookAndFeelによって定義されるようになりました。詳細はキー・バインディングの仕様を参照してください。
      • keyboardEndListener

        @Deprecated
        protected ActionListener keyboardEndListener
        非推奨。
        Java 2プラットフォーム1.3以降使われていません。
        以前はドキュメントに記載されていなかったこのフィールドは、Java 2プラットフォーム1.3以降では使用されません。 キー・バインディングはLookAndFeelによって定義されるようになりました。詳細はキー・バインディングの仕様を参照してください。
      • keyboardResizeToggleListener

        @Deprecated
        protected ActionListener keyboardResizeToggleListener
        非推奨。
        Java 2プラットフォーム1.3以降使われていません。
        以前はドキュメントに記載されていなかったこのフィールドは、Java 2プラットフォーム1.3以降では使用されません。 キー・バインディングはLookAndFeelによって定義されるようになりました。詳細はキー・バインディングの仕様を参照してください。
    • コンストラクタの詳細

      • BasicSplitPaneUI

        public BasicSplitPaneUI()
    • メソッドの詳細

      • createUI

        public static ComponentUI createUI​(JComponent x)
        BasicSplitPaneUIの新しいインスタンスを作成します。
        パラメータ:
        x - コンポーネント
        戻り値:
        BasicSplitPaneUIの新しいインスタンス
      • installDefaults

        protected void installDefaults()
        UIのデフォルトをインストールします。
      • installListeners

        protected void installListeners()
        UIのイベント・リスナーをインストールします。
      • installKeyboardActions

        protected void installKeyboardActions()
        UIのキーボード・アクションをインストールします。
      • uninstallUI

        public void uninstallUI​(JComponent c)
        UIをアンインストールします。
        オーバーライド:
        uninstallUI、クラスComponentUI
        パラメータ:
        c - このUI委譲が削除されるコンポーネント。この引数は通常無視されるが、UIオブジェクトがステートレスで、複数のコンポーネントで共有されている場合は使用されることがある
        関連項目:
        ComponentUI.installUI(javax.swing.JComponent), JComponent.updateUI()
      • uninstallDefaults

        protected void uninstallDefaults()
        UIのデフォルトをアンインストールします。
      • uninstallListeners

        protected void uninstallListeners()
        UIのイベント・リスナーをアンインストールします。
      • uninstallKeyboardActions

        protected void uninstallKeyboardActions()
        UIのキーボード・アクションをアンインストールします。
      • createPropertyChangeListener

        protected PropertyChangeListener createPropertyChangeListener()
        JSplitPane UI用のPropertyChangeListenerを作成します。
        戻り値:
        PropertyChangeListenerのインスタンス
      • createFocusListener

        protected FocusListener createFocusListener()
        JSplitPane UI用のFocusListenerを作成します。
        戻り値:
        FocusListenerのインスタンス
      • createKeyboardUpLeftListener

        @Deprecated
        protected ActionListener createKeyboardUpLeftListener()
        非推奨。
        Java 2プラットフォーム1.3以降使われていません。
        Java 2プラットフォーム1.3では、このメソッドは使用されません。 以前このメソッドを使用していたサブクラスは、代わりにActionListenerをラップしてinstallKeyboardActionsをオーバーライドし、ActionSplitPane's ActionMapに配置することによってActionをラップするActionを作成する必要があります。 詳細は、キー・バインディング仕様を参照してください。

        特定のキーの押下を待ち受けるJSplitPane UIのActionListenerを作成します。

        戻り値:
        ActionListenerのインスタンス
      • createKeyboardDownRightListener

        @Deprecated
        protected ActionListener createKeyboardDownRightListener()
        非推奨。
        Java 2プラットフォーム1.3以降使われていません。
        Java 2プラットフォーム1.3では、このメソッドは使用されません。 以前このメソッドを使用していたサブクラスは、代わりにActionListenerをラップしてinstallKeyboardActionsをオーバーライドし、ActionSplitPane's ActionMapに配置することによってActionをラップするActionを作成する必要があります。 詳細は、キー・バインディング仕様を参照してください。

        特定のキーの押下を待ち受けるJSplitPane UIのActionListenerを作成します。

        戻り値:
        ActionListenerのインスタンス
      • createKeyboardHomeListener

        @Deprecated
        protected ActionListener createKeyboardHomeListener()
        非推奨。
        Java 2プラットフォーム1.3以降使われていません。
        Java 2プラットフォーム1.3では、このメソッドは使用されません。 以前このメソッドを使用していたサブクラスは、代わりにActionListenerをラップしてinstallKeyboardActionsをオーバーライドし、ActionSplitPane's ActionMapに配置することによってActionをラップするActionを作成する必要があります。 詳細は、キー・バインディング仕様を参照してください。

        特定のキーの押下を待ち受けるJSplitPane UIのActionListenerを作成します。

        戻り値:
        ActionListenerのインスタンス
      • createKeyboardEndListener

        @Deprecated
        protected ActionListener createKeyboardEndListener()
        非推奨。
        Java 2プラットフォーム1.3以降使われていません。
        Java 2プラットフォーム1.3では、このメソッドは使用されません。 以前このメソッドを使用していたサブクラスは、代わりにActionListenerをラップしてinstallKeyboardActionsをオーバーライドし、ActionSplitPane's ActionMapに配置することによってActionをラップするActionを作成する必要があります。 詳細は、キー・バインディング仕様を参照してください。

        特定のキーの押下を待ち受けるJSplitPane UIのActionListenerを作成します。

        戻り値:
        ActionListenerのインスタンス
      • createKeyboardResizeToggleListener

        @Deprecated
        protected ActionListener createKeyboardResizeToggleListener()
        非推奨。
        Java 2プラットフォーム1.3以降使われていません。
        Java 2プラットフォーム1.3では、このメソッドは使用されません。 以前このメソッドを使用していたサブクラスは、代わりにActionListenerをラップしてinstallKeyboardActionsをオーバーライドし、ActionSplitPane's ActionMapに配置することによってActionをラップするActionを作成する必要があります。 詳細は、キー・バインディング仕様を参照してください。

        特定のキーの押下を待ち受けるJSplitPane UIのActionListenerを作成します。

        戻り値:
        ActionListenerのインスタンス
      • getOrientation

        public int getOrientation()
        JSplitPaneの向きを返します。
        戻り値:
        オリエンテーション
      • setOrientation

        public void setOrientation​(int orientation)
        JSplitPaneの方向を設定します。
        パラメータ:
        orientation - オリエンテーション
      • isContinuousLayout

        public boolean isContinuousLayout()
        JSplitPaneが連続レイアウトを使用するように設定されているかどうかを決定します。
        戻り値:
        連続レイアウトが設定されている場合はtrue
      • setContinuousLayout

        public void setContinuousLayout​(boolean b)
        連続レイアウトのオンとオフを切り替えます。
        パラメータ:
        b - true連続レイアウトがオンになっている場合
      • getLastDragLocation

        public int getLastDragLocation()
        JSplitPaneの最後のドラッグ・ロケーションを返します。
        戻り値:
        最後のドラッグ・ロケーション
      • setLastDragLocation

        public void setLastDragLocation​(int l)
        JSplitPaneの最後のドラッグ・ロケーションを設定します。
        パラメータ:
        l - ドラッグのロケーション
      • getDivider

        public BasicSplitPaneDivider getDivider()
        最上部のComponentの間のディバイダを返します。
        戻り値:
        上部コンポーネント間のディバイダ
      • createDefaultNonContinuousLayoutDivider

        protected Component createDefaultNonContinuousLayoutDivider()
        デフォルトの非連続レイアウトのディバイダを返します。これは、背景をダーク・グレーで塗りつぶすCanvasのインスタンスです。
        戻り値:
        デフォルトの非連続レイアウト・デバイダ
      • setNonContinuousLayoutDivider

        protected void setNonContinuousLayoutDivider​(Component newDivider)
        JSplitPaneが連続してレイアウトしないように構成されている場合に使用する仕切りを構成します。 このディバイダは、ドラッグ・セッションの間だけ使用されます。 渡されるコンポーネントは重いものであることが推奨されます。
        パラメータ:
        newDivider - 新しいデバイダ
      • setNonContinuousLayoutDivider

        protected void setNonContinuousLayoutDivider​(Component newDivider,
                                                     boolean rememberSizes)
        使用するディバイダを設定します。
        パラメータ:
        newDivider - 新しいデバイダ
        rememberSizes - trueペインのサイズが記憶されている場合
      • getNonContinuousLayoutDivider

        public Component getNonContinuousLayoutDivider()
        JSplitPaneが連続してレイアウトされていないように構成されている場合に使用する分割線を返します。 このディバイダは、ドラッグ・セッションの間だけ使用されます。
        戻り値:
        仕切り
      • getSplitPane

        public JSplitPane getSplitPane()
        このインスタンスが現在含まれているJSplitPaneを返します。
        戻り値:
        JSplitPaneのインスタンス
      • createDefaultDivider

        public BasicSplitPaneDivider createDefaultDivider()
        デフォルトのディバイダを作成します。
        戻り値:
        デフォルトのディバイダ
      • resetToPreferredSizes

        public void resetToPreferredSizes​(JSplitPane jc)
        推奨サイズをリセットするためにメッセージとして送られます。
        定義:
        resetToPreferredSizes、クラスSplitPaneUI
        パラメータ:
        jc - JSplitPane
      • setDividerLocation

        public void setDividerLocation​(JSplitPane jc,
                                       int location)
        ディバイダの位置をlocationに設定します。
        定義:
        setDividerLocation、クラスSplitPaneUI
        パラメータ:
        jc - JSplitPane
        location - ディバイダのロケーションを指定する整数
      • getDividerLocation

        public int getDividerLocation​(JSplitPane jc)
        ドライバの位置を返します。分割ペインがドライバの位置であると考えているものと異なる場合があります。
        定義:
        getDividerLocation、クラスSplitPaneUI
        パラメータ:
        jc - JSplitPane
        戻り値:
        ディバイダの位置を指定するint値
      • getMinimumDividerLocation

        public int getMinimumDividerLocation​(JSplitPane jc)
        ディバイダの最小位置を取得します。
        定義:
        getMinimumDividerLocation、クラスSplitPaneUI
        パラメータ:
        jc - JSplitPane
        戻り値:
        ディバイダの最小ロケーションを指定する整数
      • getMaximumDividerLocation

        public int getMaximumDividerLocation​(JSplitPane jc)
        ディバイダの最大位置を取得します。
        定義:
        getMaximumDividerLocation、クラスSplitPaneUI
        パラメータ:
        jc - JSplitPane
        戻り値:
        ディバイダの最大ロケーションを指定する整数
      • finishedPaintingChildren

        public void finishedPaintingChildren​(JSplitPane sp,
                                             Graphics g)
        指定された分割ペインがその子のペイントを終了したときに呼び出されます。
        定義:
        finishedPaintingChildren、クラスSplitPaneUI
        パラメータ:
        sp - JSplitPane
        g - Graphicsコンテキスト
      • getPreferredSize

        public Dimension getPreferredSize​(JComponent jc)
        渡されたコンポーネントの推奨サイズを返します。これは、現在のレイアウト・マネージャに渡されます。
        オーバーライド:
        getPreferredSize、クラスComponentUI
        パラメータ:
        jc - 推奨サイズが照会されるコンポーネント。この引数は通常無視されるが、UIオブジェクトがステートレスで、複数のコンポーネントで共有されている場合は使用されることがある
        戻り値:
        Look&Feelに適した指定されたコンポーネントの優先サイズを含むDimensionオブジェクト
        関連項目:
        JComponent.getPreferredSize(), LayoutManager.preferredLayoutSize(java.awt.Container)
      • getMaximumSize

        public Dimension getMaximumSize​(JComponent jc)
        渡されたコンポーネントの最大サイズを返します。これは、現在のレイアウト・マネージャに渡されます。
        オーバーライド:
        getMaximumSize、クラスComponentUI
        パラメータ:
        jc - 最大サイズが照会されるコンポーネント。この引数は通常無視されるが、UIオブジェクトがステートレスで、複数のコンポーネントで共有されている場合は使用されることがある
        戻り値:
        Dimensionオブジェクトまたはnull
        関連項目:
        JComponent.getMaximumSize(), LayoutManager2.maximumLayoutSize(java.awt.Container)
      • getInsets

        public Insets getInsets​(JComponent jc)
        イン・セットを返します。 イン・セットは、現在のボーダーのボーダー・インセットから返されます。
        パラメータ:
        jc - コンポーネント
        戻り値:
        インセット
      • resetLayoutManager

        protected void resetLayoutManager()
        方向に基づいてレイアウト・マネージャをリセットし、適切なComponentを引き込むためにinvalidateLayoutでメッセージを送ります。
      • startDragging

        protected void startDragging()
        ドラッグ・セッションが始まる前にメッセージとして送信されるはずです。lastDragLocationおよびdividerSizeをリセットします。
      • dragDividerTo

        protected void dragDividerTo​(int location)
        ドラッグ・セッション中に渡され、locationに渡された分周器を移動します。 continuousLayouttrueの場合、ロケーションはリセットされ、splitPaneが検証されます。
        パラメータ:
        location - デバイダのロケーション
      • finishDraggingTo

        protected void finishDraggingTo​(int location)
        ドラッグ・セッションを終了するためにメッセージとして送られます。 連続表示でない場合、分周器locationがリセットされます。
        パラメータ:
        location - デバイダのロケーション
      • getDividerBorderSize

        @Deprecated
        protected int getDividerBorderSize()
        非推奨。
        Java 2プラットフォーム1.3以降は、ディバイダにボーダーを設定します。
        Java 2プラットフォーム1.3では、このメソッドは使用されません。 代わりに、ドライバにボーダーを設定するようにしてください。

        ディバイダ・ボーダーの一辺の幅を返します。

        戻り値:
        仕切線のボーダーの片側の幅