モジュール java.management

クラスCompositeDataSupport

    • コンストラクタのサマリー

      コンストラクタ 
      コンストラクタ 説明
      CompositeDataSupport​(CompositeType compositeType, String[] itemNames, Object[] itemValues)
      指定されたcompositeTypeCompositeDataSupportインスタンスを構築します。その項目の値は、itemValues[]によって、itemNames[]と同じ順番で指定されます。
      CompositeDataSupport​(CompositeType compositeType, Map<String,​?> items)
      指定されたcompositeTypeCompositeDataSupportインスタンスを構築します。compositeTypeの項目名と対応する値は、マップitems内のマッピングによって指定されます。
    • メソッドのサマリー

      すべてのメソッド インスタンス・メソッド 具象メソッド 
      修飾子と型 メソッド 説明
      boolean containsKey​(String key)
      このCompositeDataインスタンスにkeyという名前の項目が含まれる場合に限り、trueを返します。
      boolean containsValue​(Object value)
      このCompositeDataインスタンスにvalueという値の項目が含まれる場合に限り、trueを返します。
      boolean equals​(Object obj)
      指定されたobjパラメータとこのCompositeDataSupportインスタンスが等しいかどうかを比較します。
      Object get​(String key)
      keyという名前の項目の値を返します。
      Object[] getAll​(String[] keys)
      keysによって、keysと同じ順番で名前を指定された項目の値から成る配列を返します。
      CompositeType getCompositeType()
      この複合データ・インスタンスの複合型を返します。
      int hashCode()
      このCompositeDataSupportインスタンスのハッシュ・コード値を返します。
      String toString()
      このCompositeDataSupportインスタンスの文字列表現を返します。
      Collection<?> values()
      このCompositeDataインスタンスに含まれる項目値の変更不能なCollectionビューを返します。
    • コンストラクタの詳細

      • CompositeDataSupport

        public CompositeDataSupport​(CompositeType compositeType,
                                    String[] itemNames,
                                    Object[] itemValues)
                             throws OpenDataException

        指定されたcompositeTypeCompositeDataSupportインスタンスを構築します。その項目の値は、itemValues[]によって、itemNames[]と同じ順番で指定されます。 CompositeTypeはその項目の順番を指定しないので、itemValues[]に値を渡す順番の指定にはitemNames[]パラメータが使用されます。 このCompositeDataSupportインスタンスに含まれる項目は内部でTreeMapに格納されます。個々の項目は、値を高速で取得できるように、アルファベットの昇順でソートされます。

        コンストラクタは、各パラメータが以下のすべての制約を満たしていることを確認し、満たされていない制約がある場合は適切な例外をスローします。

        パラメータ:
        compositeType - この複合データ・インスタンスの複合型。null以外。
        itemNames - itemNamesは、compositeTypeに定義されたすべての項目名を任意の順番で並べる必要がある。この順番でitemValues[]内の値のマッチングが行われる。nullまたは空文字列以外。
        itemValues - 項目の値。itemNames内の名前と同じ順番で並べる。項目の値はnullであってもよいが、nullでない場合、対応する項目のcompositeTypeに定義された公開型に対して有効な値でなければならない。itemNamesと同じサイズで、nullまたは空文字列以外。
        例外:
        IllegalArgumentException - compositeTypeがnullの場合、itemNames[]またはitemValues[]がnullまたは空文字列の場合、itemNames[]内にnullまたは空の文字列の要素が含まれる場合、またはitemNames[]itemValues[]のサイズが異なる場合。
        OpenDataException - itemNames[]またはitemValues[]のサイズがcompositeTypeに定義された項目数と異なる場合、itemNames[]内のいずれかの要素がcompositeTypeに定義された項目名と一致していない場合、またはitemValues[]内のいずれかの要素がcompositeTypeに定義されているように対応する項目に対して有効な値でない場合。
      • CompositeDataSupport

        public CompositeDataSupport​(CompositeType compositeType,
                                    Map<String,​?> items)
                             throws OpenDataException

        指定されたcompositeTypeCompositeDataSupportインスタンスを構築します。compositeTypeの項目名と対応する値は、マップitems内のマッピングによって指定されます。 このコンストラクタは、文字配列のキーと値をオブジェクト配列に変換し、CompositeDataSupport(javax.management.openmbean.CompositeType, java.lang.String[], java.lang.Object[])を呼び出します。

        パラメータ:
        compositeType - この複合データ・インスタンスの複合型。null以外。
        items - すべての項目名とその値のマッピング。itemsには、compositeTypeに定義されたすべての項目名が含まれていなければならない。nullまたは空文字列以外。
        例外:
        IllegalArgumentException - compositeTypeがnullの場合、itemsがnullまたは空の場合、items内にnullまたは空の文字列のキーが含まれる場合。
        OpenDataException - itemsのサイズがcompositeTypeに定義された項目数と異なる場合、items内のいずれかのキーがcompositeTypeに定義された項目名と一致していない場合、またはitems内のいずれかの値がcompositeTypeに定義されている対応する項目に対して有効な値でない場合。
        ArrayStoreException - items内の1つ以上のキーがjava.lang.Stringクラスでない場合。
    • メソッドの詳細

      • getCompositeType

        public CompositeType getCompositeType()
        この複合データ・インスタンスの複合型を返します。
        定義:
        getCompositeType 、インタフェース: CompositeData
        戻り値:
        このCompositeDataの型。
      • get

        public Object get​(String key)
        keyという名前の項目の値を返します。
        定義:
        get 、インタフェース: CompositeData
        パラメータ:
        key - 項目の名前。
        戻り値:
        このキーに関連した値。
        例外:
        IllegalArgumentException - keyがnullまたは空のStringの場合
        InvalidKeyException - keyがこのCompositeDataインスタンスの既存の項目名でない場合
      • getAll

        public Object[] getAll​(String[] keys)
        keysによって、keysと同じ順番で名前を指定された項目の値から成る配列を返します。
        定義:
        getAll 、インタフェース: CompositeData
        パラメータ:
        keys - 項目の名前。
        戻り値:
        キーに対応する値。
        例外:
        IllegalArgumentException - keys内の要素がnullまたは空のStringの場合
        InvalidKeyException - keys内の要素がこのCompositeDataインスタンスの既存の項目名でない場合
      • containsKey

        public boolean containsKey​(String key)
        このCompositeDataインスタンスにkeyという名前の項目が含まれる場合に限り、trueを返します。 keyがnullまたは空のStringの場合、このメソッドはfalseを返します。
        定義:
        containsKey 、インタフェース: CompositeData
        パラメータ:
        key - 判定されるキー。
        戻り値:
        このCompositeDataにキーが含まれる場合はtrue。
      • containsValue

        public boolean containsValue​(Object value)
        このCompositeDataインスタンスにvalueという値の項目が含まれる場合に限り、trueを返します。
        定義:
        containsValue 、インタフェース: CompositeData
        パラメータ:
        value - 判定される値。
        戻り値:
        このCompositeDataに値が含まれる場合はtrue。
      • values

        public Collection<?> values()
        このCompositeDataインスタンスに含まれる項目値の変更不能なCollectionビューを返します。 返されたコレクションのイテレータは、対応する項目名の値をアルファベットの昇順で返します。
        定義:
        values 、インタフェース: CompositeData
        戻り値:
      • equals

        public boolean equals​(Object obj)
        指定されたobjパラメータとこのCompositeDataSupportインスタンスが等しいかどうかを比較します。

        次のすべての条件が満たされている場合に限り、trueを返します。

        • objがnullでない
        • objCompositeDataインタフェースも実装している
        • 複合型が等しい
        • 内容、すなわち名前と値のペアが等しい。 内容に含まれる値が配列である場合、オブジェクト参照型の配列に対してdeepEqualsメソッドを呼び出すか、またはプリミティブ型の配列に対してArrays.equals(e1,e2)の適切なオーバーロードを呼び出すのと同様に、値の比較が実行されます

        これらの条件が満たされている場合、このequalsメソッドは、CompositeDataインタフェースの異なった実装であるobjパラメータに対して正常に動作します。ただし、java.util.Collectionインタフェースのequalsメソッドの制約が課されます。

        定義:
        equals 、インタフェース: CompositeData
        オーバーライド:
        equals 、クラス:  Object
        パラメータ:
        obj - このCompositeDataSupportインスタンスと等しいかどうかを比較するオブジェクト
        戻り値:
        指定されたオブジェクトがこのCompositeDataSupportインスタンスと等しい場合はtrue
        関連項目:
        Object.hashCode()HashMap
      • hashCode

        public int hashCode()
        このCompositeDataSupportインスタンスのハッシュ・コード値を返します。

        CompositeDataSupportインスタンスのハッシュ・コードは、equalsの比較で使用されるすべての情報要素(複合型およびすべての項目値)のハッシュ・コードの合計です。

        これにより、Object.hashCode()メソッドの一般規約によって要求される、任意の2つのCompositeDataSupportインスタンスt1t2で、 t1.equals(t2) であれば t1.hashCode()==t2.hashCode() となることが保証されます。

        各項目値のハッシュ・コードは、返されたハッシュ・コードに追加されます。 項目値が配列である場合、オブジェクト参照型の配列に対してdeepHashCodeメソッドを呼び出すか、またはプリミティブ型の配列に対してArrays.hashCode(e)の適切なオーバーロードを呼び出すのと同様に、値の比較が実行されます。

        定義:
        hashCode 、インタフェース: CompositeData
        オーバーライド:
        hashCode 、クラス:  Object
        戻り値:
        このCompositeDataSupportインスタンスのハッシュ・コード値
        関連項目:
        Object.equals(java.lang.Object), System.identityHashCode(java.lang.Object)
      • toString

        public String toString()
        このCompositeDataSupportインスタンスの文字列表現を返します。

        この文字列表現は、このクラス(javax.management.openmbean.CompositeDataSupport)の名前、このインタフェースの複合型の文字列表現、および内容(itemName=itemValueのマッピングのリスト)の文字列表現で構成されます。

        定義:
        toString 、インタフェース: CompositeData
        オーバーライド:
        toString 、クラス:  Object
        戻り値:
        このCompositeDataSupportインスタンスの文字列表現