ナビゲーション・リンクをスキップ
Java(tm) Platform
Standard Edition 8

パッケージ java.lang.reflect

クラスとオブジェクトに関するリフレクト情報を取得するための、クラスとインタフェースを提供します。

参照: 説明

パッケージjava.lang.reflectの説明

クラスとオブジェクトに関するリフレクト情報を取得するための、クラスとインタフェースを提供します。リフレクションを使用すると、ロードされたクラスのフィールド、メソッド、およびコンストラクタに関する情報へのプログラム化されたアクセスを実行し、リフレクトされたフィールド、メソッド、およびコンストラクタを使ってセキュリティの制約内で基本となる対応部分を操作できます。

必要なReflectPermissionが利用できる場合、AccessibleObjectは、アクセス・チェックの抑制を可能にします。

Arrayは、配列を動的に作成してアクセスするためのstaticメソッドを提供します。

java.lang.Classとともに、このパッケージのクラスは、デバッガ、インタプリタ、オブジェクト・インスペクタ、クラス・ブラウザなどのアプリケーション、オブジェクト直列化などのサービス、およびターゲット・オブジェクト(実行時のクラスに基づく)のpublicメンバーや指定されたクラスにより宣言されたメンバーにアクセスする必要があるJavaBeansなどを調整します。

導入されたバージョン:
JDK1.1
ナビゲーション・リンクをスキップ
Java(tm) Platform
Standard Edition 8

バグまたは機能を送信
詳細なAPIリファレンスおよび開発者ドキュメントについては、Java SEのドキュメントを参照してください。そのドキュメントには、概念的な概要、用語の定義、回避方法、有効なコード例などの、開発者を対象にしたより詳細な説明が含まれています。
Copyright © 1993, 2017, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. Use is subject to license terms. Documentation Redistribution Policyも参照してください。