ナビゲーション・リンクをスキップ
Java(tm) Platform
Standard Edition 8
A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z _ 

A

a - クラスjava.awt.AWTEventMulticasterの変数
 
A - クラスjava.awt.PageAttributes.MediaTypeのstatic変数
Engineering A、8 1/2 x 11 in. のMediaTypeインスタンスです。
A - クラスjavax.print.attribute.standard.MediaSize.Engineeringのstatic変数
技術規格のAサイズ、つまり横8.5 inch、縦11 inchを指定します。
A - クラスjavax.print.attribute.standard.MediaSizeNameのstatic変数
Aサイズ。
A - クラスjavax.swing.text.html.HTML.Tagのstatic変数
 
A0 - クラスjava.awt.PageAttributes.MediaTypeのstatic変数
ISO_A0の別名です。
A0 - クラスjavax.print.attribute.standard.MediaSize.ISOのstatic変数
ISOのA0サイズ、つまり横841 mm、縦1,189 mmを指定します。
A1 - クラスjava.awt.PageAttributes.MediaTypeのstatic変数
ISO_A1の別名です。
A1 - クラスjavax.print.attribute.standard.MediaSize.ISOのstatic変数
ISOのA1サイズ、つまり横594 mm、縦841 mmを指定します。
A10 - クラスjava.awt.PageAttributes.MediaTypeのstatic変数
ISO_A10の別名です。
A10 - クラスjavax.print.attribute.standard.MediaSize.ISOのstatic変数
ISOのA10サイズ、つまり横26 mm、縦37 mmを指定します。
A2 - クラスjava.awt.PageAttributes.MediaTypeのstatic変数
ISO_A2の別名です。
A2 - クラスjavax.print.attribute.standard.MediaSize.ISOのstatic変数
ISOのA2サイズ、つまり横420 mm、縦594 mmを指定します。
A3 - クラスjava.awt.PageAttributes.MediaTypeのstatic変数
ISO_A3の別名です。
A3 - クラスjavax.print.attribute.standard.MediaSize.ISOのstatic変数
ISOのA3サイズ、つまり横297 mm、縦420 mmを指定します。
A4 - クラスjava.awt.PageAttributes.MediaTypeのstatic変数
ISO_A4の別名です。
A4 - クラスjavax.print.attribute.standard.MediaSize.ISOのstatic変数
ISOのA4サイズ、つまり横210 mm、縦297 mmを指定します。
A5 - クラスjava.awt.PageAttributes.MediaTypeのstatic変数
ISO_A5の別名です。
A5 - クラスjavax.print.attribute.standard.MediaSize.ISOのstatic変数
ISOのA52サイズ、つまり横148 mm、縦210 mmを指定します。
A6 - クラスjava.awt.PageAttributes.MediaTypeのstatic変数
ISO_A6の別名です。
A6 - クラスjavax.print.attribute.standard.MediaSize.ISOのstatic変数
ISOのA6サイズ、つまり横105 mm、縦148 mmを指定します。
A7 - クラスjava.awt.PageAttributes.MediaTypeのstatic変数
ISO_A7の別名です。
A7 - クラスjavax.print.attribute.standard.MediaSize.ISOのstatic変数
ISOのA7サイズ、つまり横74 mm、縦105 mmを指定します。
A8 - クラスjava.awt.PageAttributes.MediaTypeのstatic変数
ISO_A8の別名です。
A8 - クラスjavax.print.attribute.standard.MediaSize.ISOのstatic変数
ISOのA8サイズ、つまり横52 mm、縦74 mmを指定します。
A9 - クラスjava.awt.PageAttributes.MediaTypeのstatic変数
ISO_A9の別名です。
A9 - クラスjavax.print.attribute.standard.MediaSize.ISOのstatic変数
ISOのA9サイズ、つまり横37 mm、縦52 mmを指定します。
ABORT - インタフェースjava.awt.image.ImageObserverのstatic変数
imageUpdateメソッドのinfoflags引数の1要素であるこのフラグは、非同期的に記録されていたイメージの生成がその完了前に中断したことを示します。
abort() - クラスjava.net.CacheRequestのメソッド
応答のキャッシュ処理の試みを中断します。
abort(Executor) - インタフェースjava.sql.Connectionのメソッド
オープン接続を終了します。
abort() - クラスjavax.imageio.ImageReaderのメソッド
現在の読込みオペレーションの中断を要求します。
abort() - クラスjavax.imageio.ImageWriterのメソッド
現在の書込みオペレーションの中断を要求します。
abort() - インタフェースjavax.security.auth.spi.LoginModuleのメソッド
認証プロセスを中止するメソッドです(フェーズ2)。
abort() - インタフェースorg.w3c.dom.ls.LSParserのメソッド
現在LSParserでロードされている文書のローディングを中断します。
ABORTED - クラスjava.awt.MediaTrackerのstatic変数
メディアのダウンロードが打ち切られたことを示すフラグです。
ABORTED - クラスjavax.print.attribute.standard.JobStateのstatic変数
通常、ジョブの状態がPROCESSINGまたはPROCESSING_STOPPEDのときに、システム側でジョブが取り消され、プリンタがジョブの取消しを完了し、すべてのジョブ状態属性がジョブの最終値に設定されています。
ABORTED_BY_SYSTEM - クラスjavax.print.attribute.standard.JobStateReasonのstatic変数
ジョブがシステム側で中止されました。
abortGrabbing() - クラスjava.awt.image.PixelGrabberのメソッド
PixelGrabberにイメージの取込み中止を要求します。
AbortPolicy() - クラスjava.util.concurrent.ThreadPoolExecutor.AbortPolicyのコンストラクタ
AbortPolicyを作成します。
abortRequested() - クラスjavax.imageio.ImageReaderのメソッド
読取り側がインスタンス化されたか、またはclearAbortRequestが呼び出されたため、現在の読込みオペレーションを中断するリクエストが行われた場合、trueを返します。
abortRequested() - クラスjavax.imageio.ImageWriterのメソッド
書込み側がインスタンス化された、またはclearAbortRequestが呼び出されたために、現在の書込み操作の中止リクエストが出された場合、trueを返します。
ABOUT_UIROLE - クラスjavax.print.ServiceUIFactoryのstatic変数
有用な"About"ロールを実行するUIであることを示します。
ABOVE_BASELINE - クラスjava.awt.GridBagConstraintsのstatic変数
anchorフィールドが取り得る値。
ABOVE_BASELINE_LEADING - クラスjava.awt.GridBagConstraintsのstatic変数
anchorフィールドが取り得る値。
ABOVE_BASELINE_TRAILING - クラスjava.awt.GridBagConstraintsのstatic変数
anchorフィールドが取り得る値。
ABOVE_BOTTOM - クラスjavax.swing.border.TitledBorderのstatic変数
タイトルをボーダーのボトム・ラインより上に配置します。
ABOVE_TOP - クラスjavax.swing.border.TitledBorderのstatic変数
タイトルをボーダーのトップ・ラインより上に配置します。
abs(int) - クラスjava.lang.Mathのstaticメソッド
int値の絶対値を返します。
abs(long) - クラスjava.lang.Mathのstaticメソッド
long値の絶対値を返します。
abs(float) - クラスjava.lang.Mathのstaticメソッド
float値の絶対値を返します。
abs(double) - クラスjava.lang.Mathのstaticメソッド
double値の絶対値を返します。
abs(int) - クラスjava.lang.StrictMathのstaticメソッド
int値の絶対値を返します。
abs(long) - クラスjava.lang.StrictMathのstaticメソッド
long値の絶対値を返します。
abs(float) - クラスjava.lang.StrictMathのstaticメソッド
float値の絶対値を返します。
abs(double) - クラスjava.lang.StrictMathのstaticメソッド
double値の絶対値を返します。
abs() - クラスjava.math.BigDecimalのメソッド
値がこのBigDecimalの絶対値でスケールがthis.scale()であるBigDecimalを返します。
abs(MathContext) - クラスjava.math.BigDecimalのメソッド
コンテキスト設定に従った丸めを使用して、値がこのBigDecimalの絶対値であるBigDecimalを返します。
abs() - クラスjava.math.BigIntegerのメソッド
値がこのBigIntegerの絶対値であるBigIntegerを返します。
abs() - クラスjava.time.Durationのメソッド
このデュレーションのコピーを正の長さで返します。
absolute(int) - インタフェースjava.sql.ResultSetのメソッド
カーソルをこのResultSetオブジェクト内の指定された行番号に移動します。
absolutePath() - クラスjava.util.prefs.AbstractPreferencesのメソッド
Preferences.absolutePath()の仕様に従って、absolutePathメソッドを実装します。
absolutePath() - クラスjava.util.prefs.Preferencesのメソッド
この設定ノードの絶対パス名を返します。
ABSTRACT - クラスjava.lang.reflect.Modifierのstatic変数
abstract修飾子を表すint値です。
AbstractAction - javax.swingのクラス
このクラスは、JFCのActionインタフェースのデフォルト実装を提供します。
AbstractAction() - クラスjavax.swing.AbstractActionのコンストラクタ
Actionを作成します。
AbstractAction(String) - クラスjavax.swing.AbstractActionのコンストラクタ
指定された名前を使用してActionを作成します。
AbstractAction(String, Icon) - クラスjavax.swing.AbstractActionのコンストラクタ
指定された名前および小さいアイコンを使用してActionを作成します。
AbstractAnnotationValueVisitor6<R,P> - javax.lang.model.utilのクラス
RELEASE_6ソース・バージョンに適したデフォルトの動作を持つ、注釈値のスケルトン・ビジターです。
AbstractAnnotationValueVisitor6() - クラスjavax.lang.model.util.AbstractAnnotationValueVisitor6のコンストラクタ
呼び出す具象サブクラスのコンストラクタです。
AbstractAnnotationValueVisitor7<R,P> - javax.lang.model.utilのクラス
RELEASE_7ソース・バージョンに適したデフォルトの動作を持つ、注釈値のスケルトン・ビジターです。
AbstractAnnotationValueVisitor7() - クラスjavax.lang.model.util.AbstractAnnotationValueVisitor7のコンストラクタ
呼び出す具象サブクラスのコンストラクタです。
AbstractAnnotationValueVisitor8<R,P> - javax.lang.model.utilのクラス
RELEASE_8ソース・バージョンに適したデフォルトの動作を持つ、注釈値のスケルトン・ビジターです。
AbstractAnnotationValueVisitor8() - クラスjavax.lang.model.util.AbstractAnnotationValueVisitor8のコンストラクタ
呼び出す具象サブクラスのコンストラクタです。
AbstractBorder - javax.swing.borderのクラス
サイズ指定のない空のボーダーを実装するクラスです。
AbstractBorder() - クラスjavax.swing.border.AbstractBorderのコンストラクタ
 
AbstractButton - javax.swingのクラス
ボタンおよびメニュー項目の共通動作を定義します。
AbstractButton() - クラスjavax.swing.AbstractButtonのコンストラクタ
 
AbstractButton.AccessibleAbstractButton - javax.swingのクラス
このクラスはAbstractButtonクラスのアクセシビリティ・サポートを実装しています。
AbstractButton.ButtonChangeListener - javax.swingのクラス
ChangeListenerを拡張して、直列化できるようにします。
AbstractCellEditor - javax.swingのクラス
CellEditorsの基底クラスであり、getCellEditorValue()を除くCellEditorインタフェースのメソッドのデフォルトの実装を提供します。
AbstractCellEditor() - クラスjavax.swing.AbstractCellEditorのコンストラクタ
 
AbstractChronology - java.time.chronoのクラス
日付の編成と識別に使用される暦体系の抽象実装。
AbstractChronology() - クラスjava.time.chrono.AbstractChronologyのコンストラクタ
インスタンスを作成します。
AbstractCollection<E> - java.utilのクラス
このクラスは、Collectionインタフェースのスケルトン実装を提供し、このインタフェースを実装するのに必要な作業量を最小限に抑えます。
AbstractCollection() - クラスjava.util.AbstractCollectionのコンストラクタ
唯一のコンストラクタです。
AbstractColorChooserPanel - javax.swing.colorchooserのクラス
カラー・チューザの抽象スーパー・クラスです。
AbstractColorChooserPanel() - クラスjavax.swing.colorchooser.AbstractColorChooserPanelのコンストラクタ
 
AbstractDocument - javax.swing.textのクラス
ドキュメント・インタフェースの実装であり、各種のドキュメントを実装するときのベースになります。
AbstractDocument(AbstractDocument.Content) - クラスjavax.swing.text.AbstractDocumentのコンストラクタ
指定されたコンテンツ・ストレージ・メカニズムをラップした、新しいAbstractDocumentを構築します。
AbstractDocument(AbstractDocument.Content, AbstractDocument.AttributeContext) - クラスjavax.swing.text.AbstractDocumentのコンストラクタ
指定されたコンテンツ・ストレージ・メカニズムをラップした、新しいAbstractDocumentを構築します。
AbstractDocument.AbstractElement - javax.swing.textのクラス
要素の抽象部分を実装します。
AbstractDocument.AttributeContext - javax.swing.textのインタフェース
このインタフェースは、プラグイン可能な属性圧縮手法をMutableAttributeSetの実装で使用可能にするために使用できます。
AbstractDocument.BranchElement - javax.swing.textのクラス
ほかの要素を含む複合要素を実装します。
AbstractDocument.Content - javax.swing.textのインタフェース
編集可能な文字のシーケンスを示すインタフェースです。
AbstractDocument.DefaultDocumentEvent - javax.swing.textのクラス
ドキュメントが変更された場合に、ドキュメントの変更を格納します。
AbstractDocument.ElementEdit - javax.swing.textのクラス
ドキュメントのイベントに追加できるElementChangeの実装です。
AbstractDocument.LeafElement - javax.swing.textのクラス
ある種のコンテンツを直接表す要素を実装します。
AbstractDoubleSpliterator(long, int) - クラスjava.util.Spliterators.AbstractDoubleSpliteratorのコンストラクタ
指定された推定サイズおよび特性を報告するスプリッテレータを作成します。
AbstractElement(Element, AttributeSet) - クラスjavax.swing.text.AbstractDocument.AbstractElementのコンストラクタ
新しいAbstractElementを作成します。
AbstractElementVisitor6<R,P> - javax.lang.model.utilのクラス
RELEASE_6ソース・バージョンに適したデフォルトの動作を持つ、プログラム要素のスケルトン・ビジターです。
AbstractElementVisitor6() - クラスjavax.lang.model.util.AbstractElementVisitor6のコンストラクタ
呼び出す具象サブクラスのコンストラクタです。
AbstractElementVisitor7<R,P> - javax.lang.model.utilのクラス
RELEASE_7ソース・バージョンに適したデフォルトの動作を持つ、プログラム要素のスケルトン・ビジターです。
AbstractElementVisitor7() - クラスjavax.lang.model.util.AbstractElementVisitor7のコンストラクタ
呼び出す具象サブクラスのコンストラクタです。
AbstractElementVisitor8<R,P> - javax.lang.model.utilのクラス
RELEASE_8ソース・バージョンに適したデフォルトの動作を持つ、プログラム要素のスケルトン・ビジターです。
AbstractElementVisitor8() - クラスjavax.lang.model.util.AbstractElementVisitor8のコンストラクタ
呼び出す具象サブクラスのコンストラクタです。
AbstractExecutorService - java.util.concurrentのクラス
ExecutorService実行メソッドのデフォルト実装を提供します。
AbstractExecutorService() - クラスjava.util.concurrent.AbstractExecutorServiceのコンストラクタ
 
AbstractFormatter() - クラスjavax.swing.JFormattedTextField.AbstractFormatterのコンストラクタ
 
AbstractFormatterFactory() - クラスjavax.swing.JFormattedTextField.AbstractFormatterFactoryのコンストラクタ
 
AbstractInterruptibleChannel - java.nio.channels.spiのクラス
割込み可能チャネルのベース実装クラスです。
AbstractInterruptibleChannel() - クラスjava.nio.channels.spi.AbstractInterruptibleChannelのコンストラクタ
このクラスの新しいインスタンスを初期化します。
AbstractIntSpliterator(long, int) - クラスjava.util.Spliterators.AbstractIntSpliteratorのコンストラクタ
指定された推定サイズおよび特性を報告するスプリッテレータを作成します。
AbstractLayoutCache - javax.swing.treeのクラス
警告: このクラスの直列化されたオブジェクトは、今後のSwingリリースと互換ではなくなる予定です。
AbstractLayoutCache() - クラスjavax.swing.tree.AbstractLayoutCacheのコンストラクタ
 
AbstractLayoutCache.NodeDimensions - javax.swing.treeのクラス
あるノードのサイズとX原点を判定するためにAbstractLayoutCacheで使用されます。
AbstractList<E> - java.utilのクラス
このクラスは、Listインタフェースのスケルトン実装を提供し、配列のような「ランダム・アクセス」データ・ストアに連動するこのインタフェースを実装するのに必要な作業量を最小限に抑えます。
AbstractList() - クラスjava.util.AbstractListのコンストラクタ
唯一のコンストラクタです。
AbstractListModel<E> - javax.swingのクラス
Listにその内容を提供するデータ・モデルの抽象定義です。
AbstractListModel() - クラスjavax.swing.AbstractListModelのコンストラクタ
 
AbstractLongSpliterator(long, int) - クラスjava.util.Spliterators.AbstractLongSpliteratorのコンストラクタ
指定された推定サイズおよび特性を報告するスプリッテレータを作成します。
AbstractMap<K,V> - java.utilのクラス
このクラスは、Mapインタフェースのスケルトン実装を提供し、このインタフェースを実装するのに必要な作業量を最小限に抑えます。
AbstractMap() - クラスjava.util.AbstractMapのコンストラクタ
唯一のコンストラクタです。
AbstractMap.SimpleEntry<K,V> - java.utilのクラス
キーと値を保持するエントリ。
AbstractMap.SimpleImmutableEntry<K,V> - java.utilのクラス
不変のキーと値を保持するエントリ。
AbstractMarshallerImpl - javax.xml.bind.helpersのクラス
部分的なデフォルトMarshaller実装です。
AbstractMarshallerImpl() - クラスjavax.xml.bind.helpers.AbstractMarshallerImplのコンストラクタ
 
AbstractMethodError - java.lang内のエラー
アプリケーションが抽象メソッドを呼び出そうとした場合にスローされます。
AbstractMethodError() - エラーjava.lang.AbstractMethodErrorのコンストラクタ
詳細メッセージなしでAbstractMethodErrorを構築します。
AbstractMethodError(String) - エラーjava.lang.AbstractMethodErrorのコンストラクタ
指定された詳細メッセージを持つAbstractMethodErrorを構築します。
AbstractOwnableSynchronizer - java.util.concurrent.locksのクラス
スレッドが排他的に所有できるシンクロナイザです。
AbstractOwnableSynchronizer() - クラスjava.util.concurrent.locks.AbstractOwnableSynchronizerのコンストラクタ
サブクラスにより使用される空のコンストラクタです。
AbstractPreferences - java.util.prefsのクラス
このクラスは、Preferencesクラスのスケルトン実装を提供します。このクラスを使用すれば、簡単に実装することができます。
AbstractPreferences(AbstractPreferences, String) - クラスjava.util.prefs.AbstractPreferencesのコンストラクタ
指定された親とその親を起点として相対名を使用して、設定ノードを作成します。
AbstractProcessor - javax.annotation.processingのクラス
大部分の具象注釈プロセッサの簡易スーパー・クラスとして設計された、抽象注釈プロセッサ。
AbstractProcessor() - クラスjavax.annotation.processing.AbstractProcessorのコンストラクタ
サブクラスが呼び出すためのコンストラクタ。
AbstractQueue<E> - java.utilのクラス
このクラスは、Queueのいくつかのオペレーションのスケルトン実装を提供します。
AbstractQueue() - クラスjava.util.AbstractQueueのコンストラクタ
サブクラスにより使用されるコンストラクタです。
AbstractQueuedLongSynchronizer - java.util.concurrent.locksのクラス
同期状態がlongとして保持されるAbstractQueuedSynchronizerのバージョンです。
AbstractQueuedLongSynchronizer() - クラスjava.util.concurrent.locks.AbstractQueuedLongSynchronizerのコンストラクタ
ゼロの初期同期状態を使用して、新規AbstractQueuedLongSynchronizerインスタンスを作成します。
AbstractQueuedLongSynchronizer.ConditionObject - java.util.concurrent.locksのクラス
Lock実装の基盤として機能するAbstractQueuedLongSynchronizerのCondition実装です。
AbstractQueuedSynchronizer - java.util.concurrent.locksのクラス
ブロック・ロック、および先入れ先出し(FIFO)待機キューに依存する関連シンクロナイザ(セマフォ、イベントなど)を実装するフレームワークを提供します。
AbstractQueuedSynchronizer() - クラスjava.util.concurrent.locks.AbstractQueuedSynchronizerのコンストラクタ
ゼロの初期同期状態を使用して、新規AbstractQueuedSynchronizerインスタンスを作成します。
AbstractQueuedSynchronizer.ConditionObject - java.util.concurrent.locksのクラス
Lock実装の基盤として機能するAbstractQueuedSynchronizerのCondition実装です。
AbstractRegionPainter - javax.swing.plaf.nimbusのクラス
Nimbus内の領域またはコンポーネントを描画するためのPainterインスタンスを定義する便利な基底クラス。
AbstractRegionPainter() - クラスjavax.swing.plaf.nimbus.AbstractRegionPainterのコンストラクタ
新しいAbstractRegionPainterを作成します
AbstractRegionPainter.PaintContext - javax.swing.plaf.nimbusのクラス
ペイント時に便利な、状態をカプセル化するクラス。
AbstractRegionPainter.PaintContext.CacheMode - javax.swing.plaf.nimbusの列挙型
 
AbstractScriptEngine - javax.scriptのクラス
evalメソッドの複数のバリアントに対する標準の実装を提供します。
AbstractScriptEngine() - クラスjavax.script.AbstractScriptEngineのコンストラクタ
SimpleScriptContextをデフォルトのScriptContextとして使用して、AbstractScriptEngineの新しいインスタンスを作成します。
AbstractScriptEngine(Bindings) - クラスjavax.script.AbstractScriptEngineのコンストラクタ
指定されたBindingsを、保護されたcontextフィールド内のENGINE_SCOPE Bindingsとして使用して、新しいインスタンスを作成します。
AbstractSelectableChannel - java.nio.channels.spiのクラス
選択可能チャネルのベース実装クラスです。
AbstractSelectableChannel(SelectorProvider) - クラスjava.nio.channels.spi.AbstractSelectableChannelのコンストラクタ
このクラスの新しいインスタンスを初期化します。
AbstractSelectionKey - java.nio.channels.spiのクラス
選択キーのベース実装クラスです。
AbstractSelectionKey() - クラスjava.nio.channels.spi.AbstractSelectionKeyのコンストラクタ
このクラスの新しいインスタンスを初期化します。
AbstractSelector - java.nio.channels.spiのクラス
セレクタのベース実装クラスです。
AbstractSelector(SelectorProvider) - クラスjava.nio.channels.spi.AbstractSelectorのコンストラクタ
このクラスの新しいインスタンスを初期化します。
AbstractSequentialList<E> - java.utilのクラス
このクラスは、Listインタフェースのスケルトン実装を提供し、リンク・リストのような「順次アクセス」データ・ストアに連動するこのインタフェースを実装するのに必要な作業量を最小限に抑えます。
AbstractSequentialList() - クラスjava.util.AbstractSequentialListのコンストラクタ
唯一のコンストラクタです。
AbstractSet<E> - java.utilのクラス
このクラスは、Setインタフェースのスケルトン実装を提供し、このインタフェースを実装するのに必要な作業量を最小限に抑えます。
AbstractSet() - クラスjava.util.AbstractSetのコンストラクタ
唯一のコンストラクタです。
AbstractSpinnerModel - javax.swingのクラス
このクラスでは、ほとんどの具象SpinnerModel実装に適するSpinnerModelインタフェースのChangeListener部分を提供します。
AbstractSpinnerModel() - クラスjavax.swing.AbstractSpinnerModelのコンストラクタ
 
AbstractSpliterator(long, int) - クラスjava.util.Spliterators.AbstractSpliteratorのコンストラクタ
指定された推定サイズおよびadditionalCharacteristicsを報告するスプリッテレータを作成します。
AbstractTableModel - javax.swing.tableのクラス
この抽象クラスは、TableModelインタフェースのほとんどのメソッドのデフォルトの実装を提供します。
AbstractTableModel() - クラスjavax.swing.table.AbstractTableModelのコンストラクタ
 
AbstractTypeVisitor6<R,P> - javax.lang.model.utilのクラス
RELEASE_6ソース・バージョンに適したデフォルトの動作を持つ、型のスケルトン・ビジターです。
AbstractTypeVisitor6() - クラスjavax.lang.model.util.AbstractTypeVisitor6のコンストラクタ
呼び出す具象サブクラスのコンストラクタです。
AbstractTypeVisitor7<R,P> - javax.lang.model.utilのクラス
RELEASE_7ソース・バージョンに適したデフォルトの動作を持つ、型のスケルトン・ビジターです。
AbstractTypeVisitor7() - クラスjavax.lang.model.util.AbstractTypeVisitor7のコンストラクタ
呼び出す具象サブクラスのコンストラクタです。
AbstractTypeVisitor8<R,P> - javax.lang.model.utilのクラス
RELEASE_8ソース・バージョンに適したデフォルトの動作を持つ、型のスケルトン・ビジターです。
AbstractTypeVisitor8() - クラスjavax.lang.model.util.AbstractTypeVisitor8のコンストラクタ
呼び出す具象サブクラスのコンストラクタです。
AbstractUndoableEdit - javax.swing.undoのクラス
UndoableEditの抽象実装で、このインタフェースのすべてのboolean型メソッドに対して簡単な応答を実装します。
AbstractUndoableEdit() - クラスjavax.swing.undo.AbstractUndoableEditのコンストラクタ
hasBeenDonealiveがデフォルトでtrueになるAbstractUndoableEditを作成します。
AbstractUnmarshallerImpl - javax.xml.bind.helpersのクラス
部分的なデフォルトUnmarshaller実装です。
AbstractUnmarshallerImpl() - クラスjavax.xml.bind.helpers.AbstractUnmarshallerImplのコンストラクタ
 
AbstractView - org.w3c.dom.views内のインタフェース
すべてのビューが派生する基本インタフェース。
AbstractWriter - javax.swing.textのクラス
AbstractWriterは、属性を含む要素ツリーを実際に書き出す抽象クラスです。
AbstractWriter(Writer, Document) - クラスjavax.swing.text.AbstractWriterのコンストラクタ
新しいAbstractWriterを作成します。
AbstractWriter(Writer, Document, int, int) - クラスjavax.swing.text.AbstractWriterのコンストラクタ
新しいAbstractWriterを作成します。
AbstractWriter(Writer, Element) - クラスjavax.swing.text.AbstractWriterのコンストラクタ
新しいAbstractWriterを作成します。
AbstractWriter(Writer, Element, int, int) - クラスjavax.swing.text.AbstractWriterのコンストラクタ
新しいAbstractWriterを作成します。
accelerationPriority - クラスjava.awt.Imageの変数
このイメージの高速化の優先順位。
ACCELERATOR_KEY - インタフェースjavax.swing.Actionのstatic変数
アクションのアクセラレータとして使用するKeyStrokeの格納に使用されるキーです。
acceleratorDelimiter - クラスjavax.swing.plaf.basic.BasicMenuItemUIの変数
アクセラレータ区切り文字列、'Ctrl+C''+'など。
acceleratorFont - クラスjavax.swing.plaf.basic.BasicMenuItemUIの変数
 
acceleratorForeground - クラスjavax.swing.plaf.basic.BasicMenuItemUIの変数
 
acceleratorSelectionForeground - クラスjavax.swing.plaf.basic.BasicMenuItemUIの変数
 
accept(Component) - クラスjava.awt.ContainerOrderFocusTraversalPolicyのメソッド
Componentが新しいフォーカス所有者として適切かどうかを判定します。
accept(Component) - クラスjava.awt.DefaultFocusTraversalPolicyのメソッド
Componentが新しいフォーカス所有者として適切かどうかを判定します。
accept(File) - インタフェースjava.io.FileFilterのメソッド
指定された抽象パス名がパス名リストに含まれる必要があるかどうかを判定します。
accept(File, String) - インタフェースjava.io.FilenameFilterのメソッド
指定されたファイルをファイル・リストに含めるかどうかをテストします。
accept() - クラスjava.net.ServerSocketのメソッド
このソケットに対する接続要求を待機し、それを受け取ります。
accept(SocketImpl) - クラスjava.net.SocketImplのメソッド
接続を受け入れます。
accept(A, CompletionHandler<AsynchronousSocketChannel,? super A>) - クラスjava.nio.channels.AsynchronousServerSocketChannelのメソッド
接続を受け入れます。
accept() - クラスjava.nio.channels.AsynchronousServerSocketChannelのメソッド
接続を受け入れます。
accept() - クラスjava.nio.channels.ServerSocketChannelのメソッド
このチャネルのソケットに対する接続を受け付けます。
accept(T) - インタフェースjava.nio.file.DirectoryStream.Filterのメソッド
指定されたディレクトリ・エントリを受け入れるべきかフィルタするべきかを決定します。
accept(double) - クラスjava.util.DoubleSummaryStatisticsのメソッド
別の値をサマリー情報に記録します。
accept(T, U) - インタフェースjava.util.function.BiConsumerのメソッド
指定された引数でこのオペレーションを実行します。
accept(T) - インタフェースjava.util.function.Consumerのメソッド
指定された引数でこのオペレーションを実行します。
accept(double) - インタフェースjava.util.function.DoubleConsumerのメソッド
指定された引数でこのオペレーションを実行します。
accept(int) - インタフェースjava.util.function.IntConsumerのメソッド
指定された引数でこのオペレーションを実行します。
accept(long) - インタフェースjava.util.function.LongConsumerのメソッド
指定された引数でこのオペレーションを実行します。
accept(T, double) - インタフェースjava.util.function.ObjDoubleConsumerのメソッド
指定された引数でこのオペレーションを実行します。
accept(T, int) - インタフェースjava.util.function.ObjIntConsumerのメソッド
指定された引数でこのオペレーションを実行します。
accept(T, long) - インタフェースjava.util.function.ObjLongConsumerのメソッド
指定された引数でこのオペレーションを実行します。
accept(int) - クラスjava.util.IntSummaryStatisticsのメソッド
新しい値をサマリー情報に記録します。
accept(int) - クラスjava.util.LongSummaryStatisticsのメソッド
新しいint値をサマリー情報に記録します。
accept(long) - クラスjava.util.LongSummaryStatisticsのメソッド
新しいlong値をサマリー情報に記録します。
accept(double) - インタフェースjava.util.stream.DoubleStream.Builderのメソッド
構築中のストリームに要素を追加します。
accept(int) - インタフェースjava.util.stream.IntStream.Builderのメソッド
構築中のストリームに要素を追加します。
accept(long) - インタフェースjava.util.stream.LongStream.Builderのメソッド
構築中のストリームに要素を追加します。
accept(T) - インタフェースjava.util.stream.Stream.Builderのメソッド
構築中のストリームに要素を追加します。
accept(AnnotationValueVisitor<R, P>, P) - インタフェースjavax.lang.model.element.AnnotationValueのメソッド
この値にビジターを適用します。
accept(ElementVisitor<R, P>, P) - インタフェースjavax.lang.model.element.Elementのメソッド
この要素にビジターを適用します。
accept(TypeVisitor<R, P>, P) - インタフェースjavax.lang.model.type.TypeMirrorのメソッド
この型にビジターを適用します。
accept(File) - クラスjavax.swing.filechooser.FileFilterのメソッド
このフィルタが指定されたファイルを受け付けるかどうかを返します。
accept(File) - クラスjavax.swing.filechooser.FileNameExtensionFilterのメソッド
指定されたファイルをテストし、ファイルが受け入れられる場合はtrue、そうでない場合はfalseを返します。
accept(File) - クラスjavax.swing.JFileChooserのメソッド
ファイルを表示する必要がある場合にtrueを返します。
accept(Component) - クラスjavax.swing.LayoutFocusTraversalPolicyのメソッド
指定されたComponentが新しいフォーカス所有者として適切かどうかを判定します。
accept(File) - クラスjavax.swing.plaf.basic.BasicFileChooserUI.AcceptAllFileFilterのメソッド
 
accept(Component) - クラスjavax.swing.SortingFocusTraversalPolicyのメソッド
Componentが新しいフォーカス所有者として適切かどうかを判定します。
accept(XMLEvent) - インタフェースjavax.xml.stream.EventFilterのメソッド
このイベントがこのストリームの一部であるかどうかをテストします。
accept(XMLStreamReader) - インタフェースjavax.xml.stream.StreamFilterのメソッド
現在の状態がこのストリームの一部であるかどうかをテストします。
ACCEPT_ALL - インタフェースjava.net.CookiePolicyのstatic変数
すべてのCookieを受け入れる定義済みポリシー。
ACCEPT_ALL_FILE_FILTER_USED_CHANGED_PROPERTY - クラスjavax.swing.JFileChooserのstatic変数
AcceptAllFileFilterが使用中かどうかを識別します。
ACCEPT_NONE - インタフェースjava.net.CookiePolicyのstatic変数
Cookieをまったく受け入れない定義済みポリシー。
ACCEPT_ONLY - インタフェースorg.ietf.jgss.GSSCredentialのstatic変数
資格使用フラグ。コンテキストの受け入れ側だけが使用できるように要求します。
ACCEPT_ORIGINAL_SERVER - インタフェースjava.net.CookiePolicyのstatic変数
元のサーバーからのCookieだけを受け入れる定義済みポリシー。
AcceptAllFileFilter() - クラスjavax.swing.plaf.basic.BasicFileChooserUI.AcceptAllFileFilterのコンストラクタ
 
acceptChanges() - インタフェースjavax.sql.rowset.CachedRowSetのメソッド
このCachedRowSetオブジェクトに対する行の更新、挿入、削除などの変更を配下のデータ・ソースへ伝達します。
acceptChanges(Connection) - インタフェースjavax.sql.rowset.CachedRowSetのメソッド
指定されたConnectionオブジェクトを使ってデータ・ソースへの接続を確立して、CachedRowSetオブジェクトの配下のデータ・ソースへ行の更新、挿入、削除などの変更をすべて伝達します。
acceptDrag(int) - クラスjava.awt.dnd.DropTargetContextのメソッド
ドラッグを受け入れます。
acceptDrag(int) - クラスjava.awt.dnd.DropTargetDragEventのメソッド
ドラッグを受け入れます。
acceptDrop(int) - クラスjava.awt.dnd.DropTargetContextのメソッド
指定された操作を使ってドロップが受け入れられることを知らせるために呼び出されます。
acceptDrop(int) - クラスjava.awt.dnd.DropTargetDropEventのメソッド
指定されたアクションを使って、ドロップを受け入れます。
acceptEither(CompletionStage<? extends T>, Consumer<? super T>) - クラスjava.util.concurrent.CompletableFutureのメソッド
 
acceptEither(CompletionStage<? extends T>, Consumer<? super T>) - インタフェースjava.util.concurrent.CompletionStageのメソッド
このステージまたは他の指定されたステージが正常に完了したときに、対応する結果を指定されたアクションの引数として実行される新しいCompletionStageを返します。
acceptEitherAsync(CompletionStage<? extends T>, Consumer<? super T>) - クラスjava.util.concurrent.CompletableFutureのメソッド
 
acceptEitherAsync(CompletionStage<? extends T>, Consumer<? super T>, Executor) - クラスjava.util.concurrent.CompletableFutureのメソッド
 
acceptEitherAsync(CompletionStage<? extends T>, Consumer<? super T>) - インタフェースjava.util.concurrent.CompletionStageのメソッド
このステージまたは他の指定されたステージが正常に完了したときに、このステージのデフォルト非同期実行機能を使用して、対応する結果を指定されたアクションの引数として実行される新しいCompletionStageを返します。
acceptEitherAsync(CompletionStage<? extends T>, Consumer<? super T>, Executor) - インタフェースjava.util.concurrent.CompletionStageのメソッド
このステージまたは他の指定されたステージが正常に完了したときに、指定されたエグゼキュータを使用して、対応する結果を指定された関数の引数として実行される新しいCompletionStageを返します。
ACCEPTING_JOBS - クラスjavax.print.attribute.standard.PrinterIsAcceptingJobsのstatic変数
プリンタは現在ジョブを受け入れています。
acceptNode(Node) - インタフェースorg.w3c.dom.ls.LSParserFilterのメソッド
各ノードの解析が完了すると、パーサーはこのメソッドを呼び出します。
AcceptPendingException - java.nio.channelsの例外
以前の受け付け操作が完了していないのにチャネル上で受け付け操作を開始しようとした場合にスローされる非チェック例外です。
AcceptPendingException() - 例外java.nio.channels.AcceptPendingExceptionのコンストラクタ
このクラスのインスタンスを構築します。
acceptSecContext(byte[], int, int) - インタフェースorg.ietf.jgss.GSSContextのメソッド
ピアからトークンが着信したときに、コンテキストの受け入れ側によって呼び出されます。
acceptSecContext(InputStream, OutputStream) - インタフェースorg.ietf.jgss.GSSContextのメソッド
コンテキストの受け入れ側によって呼び出されるメソッドです。
acceptsURL(String) - インタフェースjava.sql.Driverのメソッド
指定されたURLに接続できるとドライバが判断するかどうかを取得します。
access - クラスorg.omg.CORBA.ValueMemberの変数
このValueMemberオブジェクトで説明されるvalueメンバーのアクセス型(public、private)です。
ACCESS_EXTERNAL_DTD - クラスjavax.xml.XMLConstantsのstatic変数
プロパティ: accessExternalDTD
ACCESS_EXTERNAL_SCHEMA - クラスjavax.xml.XMLConstantsのstatic変数
プロパティ: accessExternalSchema
ACCESS_EXTERNAL_STYLESHEET - クラスjavax.xml.XMLConstantsのstatic変数
プロパティ: accessExternalStylesheet
AccessControlContext - java.securityのクラス
AccessControlContextは、それがカプセル化するコンテキストに基づいて、システム・リソースへのアクセスを許可するかどうかを決定するために使用されます。
AccessControlContext(ProtectionDomain[]) - クラスjava.security.AccessControlContextのコンストラクタ
指定されたProtectionDomainの配列でAccessControlContextを作成します。
AccessControlContext(AccessControlContext, DomainCombiner) - クラスjava.security.AccessControlContextのコンストラクタ
指定されたAccessControlContextおよびDomainCombinerを使って、新しいAccessControlContextを作成します。
AccessControlException - java.securityの例外
この例外は、ファイル・システムやネットワークなどの重要なシステム・リソースへのアクセス要求が拒否されたことを示すために、AccessControllerによってスローされます。
AccessControlException(String) - 例外java.security.AccessControlExceptionのコンストラクタ
指定された詳細メッセージを持つAccessControlExceptionを構築します。
AccessControlException(String, Permission) - 例外java.security.AccessControlExceptionのコンストラクタ
指定された詳細メッセージと、例外を発生させた要求アクセス権を示すAccessControlExceptionを構築します。
AccessController - java.securityのクラス
AccessControllerクラスは、アクセス制御の操作と決定に使用されます。
AccessDeniedException - java.nio.fileの例外
通常はファイル・アクセス権またはその他のアクセス・チェックのために、ファイル・システム操作が拒否されたときにスローされるチェック例外です。
AccessDeniedException(String) - 例外java.nio.file.AccessDeniedExceptionのコンストラクタ
このクラスのインスタンスを構築します。
AccessDeniedException(String, String, String) - 例外java.nio.file.AccessDeniedExceptionのコンストラクタ
このクラスのインスタンスを構築します。
AccessException - java.rmiの例外
AccessExceptionは、java.rmi.Namingクラスの特定のメソッド(具体的にはbindrebindunbind)およびjava.rmi.activation.ActivationSystemインタフェースのメソッドによってスローされ、メソッド呼出しによって要求された処理を実行するアクセス権が呼出し側にないことを示します。
AccessException(String) - 例外java.rmi.AccessExceptionのコンストラクタ
指定された詳細メッセージを持つAccessExceptionを構築します。
AccessException(String, Exception) - 例外java.rmi.AccessExceptionのコンストラクタ
指定された詳細メッセージおよび入れ子の例外を持つAccessExceptionを構築します。
Accessible - javax.accessibilityのインタフェース
インタフェースAccessibleは、アクセシビリティ・パッケージのメイン・インタフェースです。
ACCESSIBLE_ACTION_PROPERTY - クラスjavax.accessibility.AccessibleContextのstatic変数
サポートされているアクションのセットが変更されたことを示すのに使用する定数です。
ACCESSIBLE_ACTIVE_DESCENDANT_PROPERTY - クラスjavax.accessibility.AccessibleContextのstatic変数
コンポーネントのアクティブな子孫がいつ変更されたかを判定するために使用する定数です。
ACCESSIBLE_CARET_PROPERTY - クラスjavax.accessibility.AccessibleContextのstatic変数
accessibleTextのキャレットがいつ変更されたかを判定するのに使用する定数です。
ACCESSIBLE_CHILD_PROPERTY - クラスjavax.accessibility.AccessibleContextのstatic変数
Accessible子がいつオブジェクトで追加または削除されたかを判定するのに使用する定数です。
ACCESSIBLE_COMPONENT_BOUNDS_CHANGED - クラスjavax.accessibility.AccessibleContextのstatic変数
コンポーネントの境界で変更が発生したことを示すPropertyChangeEventです。
ACCESSIBLE_DESCRIPTION_PROPERTY - クラスjavax.accessibility.AccessibleContextのstatic変数
accessibleDescriptionプロパティがいつ変更されたかを判定するのに使用する定数です。
ACCESSIBLE_HYPERTEXT_OFFSET - クラスjavax.accessibility.AccessibleContextのstatic変数
ハイパーテキスト要素がフォーカスを受け取ったことを示すのに使用する定数です。
ACCESSIBLE_INVALIDATE_CHILDREN - クラスjavax.accessibility.AccessibleContextのstatic変数
ツリーまたはテキストなどのコンポーネントの子に対して大幅な変更が発生したことを示すPropertyChangeEventです。
ACCESSIBLE_NAME_PROPERTY - クラスjavax.accessibility.AccessibleContextのstatic変数
accessibleNameプロパティがいつ変更されたかを判定するのに使用する定数です。
ACCESSIBLE_SELECTION_PROPERTY - クラスjavax.accessibility.AccessibleContextのstatic変数
accessibleSelectionがいつ変更されたかを判定するのに使用する定数です。
ACCESSIBLE_STATE_PROPERTY - クラスjavax.accessibility.AccessibleContextのstatic変数
accessibleStateSetプロパティがいつ変更されたかを判定するのに使用する定数です。
ACCESSIBLE_TABLE_CAPTION_CHANGED - クラスjavax.accessibility.AccessibleContextのstatic変数
テーブル・キャプションが変更されたことを示すのに使用する定数です。PropertyChangeEventのoldValueは以前のテーブル・キャプションを表すAccessible、newValueは新規のテーブル・キャプションを表すAccessibleです。
ACCESSIBLE_TABLE_COLUMN_DESCRIPTION_CHANGED - クラスjavax.accessibility.AccessibleContextのstatic変数
列の説明が変更されたことを示すのに使用する定数です。PropertyChangeEventのoldValueはnull、newValueは列のインデックスを表す整数値です。
ACCESSIBLE_TABLE_COLUMN_HEADER_CHANGED - クラスjavax.accessibility.AccessibleContextのstatic変数
列ヘッダーが変更されたことを示すのに使用する定数です。PropertyChangeEventのoldValueはnull、newValueはヘッダーの変更を表すAccessibleTableModelChangeです。
ACCESSIBLE_TABLE_MODEL_CHANGED - クラスjavax.accessibility.AccessibleContextのstatic変数
テーブルのデータが変更されたことを示すのに使用する定数です。
ACCESSIBLE_TABLE_ROW_DESCRIPTION_CHANGED - クラスjavax.accessibility.AccessibleContextのstatic変数
行の記述が変更されたことを示すのに使用する定数です。PropertyChangeEventのoldValueはnull、newValueは行のインデックスを表す整数値です。
ACCESSIBLE_TABLE_ROW_HEADER_CHANGED - クラスjavax.accessibility.AccessibleContextのstatic変数
行ヘッダーが変更されたことを示すのに使用する定数です。PropertyChangeEventのoldValueはnull、newValueはヘッダーの変更を表すAccessibleTableModelChangeです。
ACCESSIBLE_TABLE_SUMMARY_CHANGED - クラスjavax.accessibility.AccessibleContextのstatic変数
テーブル・サマリーが変更されたことを示すのに使用する定数です。PropertyChangeEventのoldValueは以前のテーブル・サマリーを表すAccessible、newValueは新規のテーブル・サマリーを表すAccessibleです。
ACCESSIBLE_TEXT_ATTRIBUTES_CHANGED - クラスjavax.accessibility.AccessibleContextのstatic変数
テキストの属性が変更されたことを示すPropertyChangeEventです。
ACCESSIBLE_TEXT_PROPERTY - クラスjavax.accessibility.AccessibleContextのstatic変数
テキストが変更されたことを示すPropertyChangeEventです。
ACCESSIBLE_VALUE_PROPERTY - クラスjavax.accessibility.AccessibleContextのstatic変数
accessibleValueプロパティがいつ変更されたかを判定するのに使用する定数です。
ACCESSIBLE_VISIBLE_DATA_PROPERTY - クラスjavax.accessibility.AccessibleContextのstatic変数
オブジェクトの視覚表現がいつ変更されたかを判定するのに使用する定数です。
AccessibleAbstractButton() - クラスjavax.swing.AbstractButton.AccessibleAbstractButtonのコンストラクタ
 
AccessibleAction - javax.accessibilityのインタフェース
AccessibleActionインタフェースは、1つ以上のアクションを実行できるすべてのオブジェクトによってサポートされる必要があります。
AccessibleApplet() - クラスjava.applet.Applet.AccessibleAppletのコンストラクタ
 
AccessibleAttributeSequence - javax.accessibilityのクラス
このクラスは、連続した属性セットを共有するテキスト範囲を、その属性セットとともに収集します。
AccessibleAttributeSequence(int, int, AttributeSet) - クラスjavax.accessibility.AccessibleAttributeSequenceのコンストラクタ
指定されたパラメータを使用してAccessibleAttributeSequenceを構築します。
AccessibleAWTButton() - クラスjava.awt.Button.AccessibleAWTButtonのコンストラクタ
 
AccessibleAWTCanvas() - クラスjava.awt.Canvas.AccessibleAWTCanvasのコンストラクタ
 
AccessibleAWTCheckbox() - クラスjava.awt.Checkbox.AccessibleAWTCheckboxのコンストラクタ
 
AccessibleAWTCheckboxMenuItem() - クラスjava.awt.CheckboxMenuItem.AccessibleAWTCheckboxMenuItemのコンストラクタ
 
AccessibleAWTChoice() - クラスjava.awt.Choice.AccessibleAWTChoiceのコンストラクタ
 
AccessibleAWTComponent() - クラスjava.awt.Component.AccessibleAWTComponentのコンストラクタ
このクラスは抽象クラスですが、すべてのサブクラスでこのコンストラクタを呼び出すようにしてください。
accessibleAWTComponentHandler - クラスjava.awt.Component.AccessibleAWTComponentの変数
 
AccessibleAWTComponentHandler() - クラスjava.awt.Component.AccessibleAWTComponent.AccessibleAWTComponentHandlerのコンストラクタ
 
AccessibleAWTContainer() - クラスjava.awt.Container.AccessibleAWTContainerのコンストラクタ
 
AccessibleAWTDialog() - クラスjava.awt.Dialog.AccessibleAWTDialogのコンストラクタ
 
accessibleAWTFocusHandler - クラスjava.awt.Component.AccessibleAWTComponentの変数
 
AccessibleAWTFocusHandler() - クラスjava.awt.Component.AccessibleAWTComponent.AccessibleAWTFocusHandlerのコンストラクタ
 
AccessibleAWTFrame() - クラスjava.awt.Frame.AccessibleAWTFrameのコンストラクタ
 
AccessibleAWTLabel() - クラスjava.awt.Label.AccessibleAWTLabelのコンストラクタ
 
AccessibleAWTList() - クラスjava.awt.List.AccessibleAWTListのコンストラクタ
 
AccessibleAWTListChild(List, int) - クラスjava.awt.List.AccessibleAWTList.AccessibleAWTListChildのコンストラクタ
 
AccessibleAWTMenu() - クラスjava.awt.Menu.AccessibleAWTMenuのコンストラクタ
 
AccessibleAWTMenuBar() - クラスjava.awt.MenuBar.AccessibleAWTMenuBarのコンストラクタ
 
AccessibleAWTMenuComponent() - クラスjava.awt.MenuComponent.AccessibleAWTMenuComponentのコンストラクタ
このクラスは抽象クラスですが、すべてのサブクラスでこのコンストラクタを呼び出すようにしてください。
AccessibleAWTMenuItem() - クラスjava.awt.MenuItem.AccessibleAWTMenuItemのコンストラクタ
 
AccessibleAWTPanel() - クラスjava.awt.Panel.AccessibleAWTPanelのコンストラクタ
 
AccessibleAWTPopupMenu() - クラスjava.awt.PopupMenu.AccessibleAWTPopupMenuのコンストラクタ
 
AccessibleAWTScrollBar() - クラスjava.awt.Scrollbar.AccessibleAWTScrollBarのコンストラクタ
 
AccessibleAWTScrollPane() - クラスjava.awt.ScrollPane.AccessibleAWTScrollPaneのコンストラクタ
 
AccessibleAWTTextArea() - クラスjava.awt.TextArea.AccessibleAWTTextAreaのコンストラクタ
 
AccessibleAWTTextComponent() - クラスjava.awt.TextComponent.AccessibleAWTTextComponentのコンストラクタ
AccessibleAWTTextComponent を構築します。
AccessibleAWTTextField() - クラスjava.awt.TextField.AccessibleAWTTextFieldのコンストラクタ
 
AccessibleAWTWindow() - クラスjava.awt.Window.AccessibleAWTWindowのコンストラクタ
 
AccessibleBox() - クラスjavax.swing.Box.AccessibleBoxのコンストラクタ
 
AccessibleBoxFiller() - クラスjavax.swing.Box.Filler.AccessibleBoxFillerのコンストラクタ
 
AccessibleBundle - javax.accessibilityのクラス
強く型付けされた列挙を維持するために使用する基底クラスです。
AccessibleBundle() - クラスjavax.accessibility.AccessibleBundleのコンストラクタ
AccessibleBundleを構築します。
AccessibleCellRendererPane() - クラスjavax.swing.CellRendererPane.AccessibleCellRendererPaneのコンストラクタ
 
AccessibleComponent - javax.accessibilityのインタフェース
AccessibleComponentインタフェースは、画面に描画されるすべてのオブジェクトによってサポートされる必要があります。
accessibleContainerHandler - クラスjava.awt.Container.AccessibleAWTContainerの変数
 
AccessibleContainerHandler() - クラスjava.awt.Container.AccessibleAWTContainer.AccessibleContainerHandlerのコンストラクタ
 
AccessibleContainerHandler() - クラスjavax.swing.JComponent.AccessibleJComponent.AccessibleContainerHandlerのコンストラクタ
 
accessibleContext - クラスjava.awt.Componentの変数
このComponentに関連付けられたAccessibleContextです。
AccessibleContext - javax.accessibilityのクラス
AccessibleContextは、すべてのAccessibleオブジェクトが返す共通の最小情報を表します。
AccessibleContext() - クラスjavax.accessibility.AccessibleContextのコンストラクタ
 
accessibleContext - クラスjavax.swing.CellRendererPaneの変数
 
accessibleContext - クラスjavax.swing.JAppletの変数
 
accessibleContext - クラスjavax.swing.JColorChooserの変数
 
accessibleContext - クラスjavax.swing.JDialogの変数
 
accessibleContext - クラスjavax.swing.JFileChooserの変数
 
accessibleContext - クラスjavax.swing.JFrameの変数
Accessibleコンテキスト・プロパティです。
accessibleContext - クラスjavax.swing.JWindowの変数
Accessibleコンテキスト・プロパティです。
accessibleContext - クラスjavax.swing.ProgressMonitorの変数
ProgressMonitorAccessibleContext
accessibleDescription - クラスjavax.accessibility.AccessibleContextの変数
オブジェクトの説明を格納するローカライズされたStringです。
AccessibleEditableText - javax.accessibilityのインタフェース
AccessibleEditableTextインタフェースは、編集可能なテキスト情報を画面に表示するすべてのクラスによって実装される必要があります。
AccessibleExtendedComponent - javax.accessibilityのインタフェース
AccessibleExtendedComponentインタフェースは、画面に描画されるすべてのオブジェクトによってサポートされる必要があります。
AccessibleExtendedTable - javax.accessibilityのインタフェース
AccessibleExtendedTableクラスは、2次元テーブル形式でデータを提示するユーザー・インタフェース・コンポーネントについての拡張情報を提供します。
AccessibleExtendedText - javax.accessibilityのインタフェース
AccessibleExtendedTextインタフェースには、AccessibleTextインタフェースでは提供されていない追加のメソッドが含まれています。アプリケーションは、オブジェクトのAccessibleContext (Accessibleを参照)を取得してから、AccessibleContextのAccessibleContext.getAccessibleText()メソッドを呼び出すと、オブジェクトがAccessibleExtendedTextインタフェースをサポートするかどうかを判定できます。
accessibleFocusHandler - クラスjavax.swing.JComponent.AccessibleJComponentの変数
非推奨。
AccessibleFocusHandler() - クラスjavax.swing.JComponent.AccessibleJComponent.AccessibleFocusHandlerのコンストラクタ
 
AccessibleHyperlink - javax.accessibilityのクラス
リンクまたはリンク・セットのカプセル化(例:
AccessibleHyperlink() - クラスjavax.accessibility.AccessibleHyperlinkのコンストラクタ
 
AccessibleHypertext - javax.accessibilityのインタフェース
AccessibleHypertextクラスは、画面にハイパーテキスト情報を表示するすべてのクラスの基底クラスです。
AccessibleIcon - javax.accessibilityのインタフェース
AccessibleIconインタフェースは、関連付けられたアイコン(ボタンなど)を持つすべてのオブジェクトによってサポートされる必要があります。
AccessibleImageIcon() - クラスjavax.swing.ImageIcon.AccessibleImageIconのコンストラクタ
 
AccessibleJApplet() - クラスjavax.swing.JApplet.AccessibleJAppletのコンストラクタ
 
AccessibleJButton() - クラスjavax.swing.JButton.AccessibleJButtonのコンストラクタ
 
AccessibleJCheckBox() - クラスjavax.swing.JCheckBox.AccessibleJCheckBoxのコンストラクタ
 
AccessibleJCheckBoxMenuItem() - クラスjavax.swing.JCheckBoxMenuItem.AccessibleJCheckBoxMenuItemのコンストラクタ
 
AccessibleJColorChooser() - クラスjavax.swing.JColorChooser.AccessibleJColorChooserのコンストラクタ
 
AccessibleJComboBox() - クラスjavax.swing.JComboBox.AccessibleJComboBoxのコンストラクタ
AccessibleJComboBoxインスタンスを返します。
AccessibleJComponent() - クラスjavax.swing.JComponent.AccessibleJComponentのコンストラクタ
このクラスは抽象クラスですが、すべてのサブクラスでこのコンストラクタを呼び出すようにしてください。
AccessibleJDesktopIcon() - クラスjavax.swing.JInternalFrame.JDesktopIcon.AccessibleJDesktopIconのコンストラクタ
 
AccessibleJDesktopPane() - クラスjavax.swing.JDesktopPane.AccessibleJDesktopPaneのコンストラクタ
 
AccessibleJDialog() - クラスjavax.swing.JDialog.AccessibleJDialogのコンストラクタ
 
AccessibleJEditorPane() - クラスjavax.swing.JEditorPane.AccessibleJEditorPaneのコンストラクタ
 
AccessibleJEditorPaneHTML() - クラスjavax.swing.JEditorPane.AccessibleJEditorPaneHTMLのコンストラクタ
 
AccessibleJFileChooser() - クラスjavax.swing.JFileChooser.AccessibleJFileChooserのコンストラクタ
 
AccessibleJFrame() - クラスjavax.swing.JFrame.AccessibleJFrameのコンストラクタ
 
AccessibleJInternalFrame() - クラスjavax.swing.JInternalFrame.AccessibleJInternalFrameのコンストラクタ
 
AccessibleJLabel() - クラスjavax.swing.JLabel.AccessibleJLabelのコンストラクタ
 
AccessibleJLayeredPane() - クラスjavax.swing.JLayeredPane.AccessibleJLayeredPaneのコンストラクタ
 
AccessibleJList() - クラスjavax.swing.JList.AccessibleJListのコンストラクタ
 
AccessibleJListChild(JList<E>, int) - クラスjavax.swing.JList.AccessibleJList.AccessibleJListChildのコンストラクタ
 
AccessibleJMenu() - クラスjavax.swing.JMenu.AccessibleJMenuのコンストラクタ
 
AccessibleJMenuBar() - クラスjavax.swing.JMenuBar.AccessibleJMenuBarのコンストラクタ
 
AccessibleJOptionPane() - クラスjavax.swing.JOptionPane.AccessibleJOptionPaneのコンストラクタ
 
AccessibleJPanel() - クラスjavax.swing.JPanel.AccessibleJPanelのコンストラクタ
 
AccessibleJPasswordField() - クラスjavax.swing.JPasswordField.AccessibleJPasswordFieldのコンストラクタ
 
AccessibleJPopupMenu() - クラスjavax.swing.JPopupMenu.AccessibleJPopupMenuのコンストラクタ
AccessibleJPopupMenuコンストラクタです。
AccessibleJProgressBar() - クラスjavax.swing.JProgressBar.AccessibleJProgressBarのコンストラクタ
 
AccessibleJRadioButton() - クラスjavax.swing.JRadioButton.AccessibleJRadioButtonのコンストラクタ
 
AccessibleJRadioButtonMenuItem() - クラスjavax.swing.JRadioButtonMenuItem.AccessibleJRadioButtonMenuItemのコンストラクタ
 
AccessibleJRootPane() - クラスjavax.swing.JRootPane.AccessibleJRootPaneのコンストラクタ
 
AccessibleJScrollBar() - クラスjavax.swing.JScrollBar.AccessibleJScrollBarのコンストラクタ
 
AccessibleJScrollPane() - クラスjavax.swing.JScrollPane.AccessibleJScrollPaneのコンストラクタ
AccessibleJScrollPaneコンストラクタです。
AccessibleJSeparator() - クラスjavax.swing.JSeparator.AccessibleJSeparatorのコンストラクタ
 
AccessibleJSlider() - クラスjavax.swing.JSlider.AccessibleJSliderのコンストラクタ
 
AccessibleJSpinner() - クラスjavax.swing.JSpinner.AccessibleJSpinnerのコンストラクタ
AccessibleJSpinnerコンストラクタです。
AccessibleJSplitPane() - クラスjavax.swing.JSplitPane.AccessibleJSplitPaneのコンストラクタ
 
AccessibleJTabbedPane() - クラスjavax.swing.JTabbedPane.AccessibleJTabbedPaneのコンストラクタ
AccessibleJTabbedPaneを構築します。
AccessibleJTable() - クラスjavax.swing.JTable.AccessibleJTableのコンストラクタ
AccessibleJTable コンストラクタです。
AccessibleJTableCell(JTable, int, int, int) - クラスjavax.swing.JTable.AccessibleJTable.AccessibleJTableCellのコンストラクタ
AccessibleJTableHeaderEntryを構築します。
AccessibleJTableHeader() - クラスjavax.swing.table.JTableHeader.AccessibleJTableHeaderのコンストラクタ
 
AccessibleJTableHeaderEntry(int, JTableHeader, JTable) - クラスjavax.swing.table.JTableHeader.AccessibleJTableHeader.AccessibleJTableHeaderEntryのコンストラクタ
AccessiblJTableHeaaderEntryを構築します。
AccessibleJTableModelChange(int, int, int, int, int) - クラスjavax.swing.JTable.AccessibleJTable.AccessibleJTableModelChangeのコンストラクタ
 
AccessibleJTextArea() - クラスjavax.swing.JTextArea.AccessibleJTextAreaのコンストラクタ
 
AccessibleJTextComponent() - クラスjavax.swing.text.JTextComponent.AccessibleJTextComponentのコンストラクタ
AccessibleJTextComponentを構築します。
AccessibleJTextField() - クラスjavax.swing.JTextField.AccessibleJTextFieldのコンストラクタ
 
AccessibleJToggleButton() - クラスjavax.swing.JToggleButton.AccessibleJToggleButtonのコンストラクタ
 
AccessibleJToolBar() - クラスjavax.swing.JToolBar.AccessibleJToolBarのコンストラクタ
 
AccessibleJToolTip() - クラスjavax.swing.JToolTip.AccessibleJToolTipのコンストラクタ
 
AccessibleJTree() - クラスjavax.swing.JTree.AccessibleJTreeのコンストラクタ
 
AccessibleJTreeNode(JTree, TreePath, Accessible) - クラスjavax.swing.JTree.AccessibleJTree.AccessibleJTreeNodeのコンストラクタ
AccessibleJTreeNode を構築します。
AccessibleJViewport() - クラスjavax.swing.JViewport.AccessibleJViewportのコンストラクタ
 
AccessibleJWindow() - クラスjavax.swing.JWindow.AccessibleJWindowのコンストラクタ
 
AccessibleKeyBinding - javax.accessibilityのインタフェース
AccessibleKeyBindingインタフェースは、オブジェクトの選択に使用できるキーボード・ニーモニックまたはキーボード・ショートカットなどのキーボード・バインディングを持つすべてのオブジェクトによってサポートされる必要があります。
accessibleName - クラスjavax.accessibility.AccessibleContextの変数
オブジェクトの名前を格納するローカライズされたStringです。
AccessibleObject - java.lang.reflectのクラス
AccessibleObjectクラスは、Fieldオブジェクト、Methodオブジェクト、およびConstructorオブジェクトの基底クラスです。
AccessibleObject() - クラスjava.lang.reflect.AccessibleObjectのコンストラクタ
コンストラクタで、Java仮想マシンだけが使用します。
accessibleParent - クラスjavax.accessibility.AccessibleContextの変数
このオブジェクトのAccessible親です。
AccessibleProgressMonitor() - クラスjavax.swing.ProgressMonitor.AccessibleProgressMonitorのコンストラクタ
AccessibleProgressMonitorコンストラクタです。
AccessibleRelation - javax.accessibilityのクラス
AccessibleRelationクラスは、AccessibleRelationを実装しているオブジェクトと、その他の1つ以上のオブジェクトとの間のリレーションを記述します。
AccessibleRelation(String) - クラスjavax.accessibility.AccessibleRelationのコンストラクタ
指定されたロケールに依存しないキーを使って新しいAccessibleRelationを作成します。
AccessibleRelation(String, Object) - クラスjavax.accessibility.AccessibleRelationのコンストラクタ
指定されたロケールに依存しないキーを使って新しいAccessibleRelationを作成します。
AccessibleRelation(String, Object[]) - クラスjavax.accessibility.AccessibleRelationのコンストラクタ
指定されたロケールに依存しないキーを使って新しいAccessibleRelationを作成します。
AccessibleRelationSet - javax.accessibilityのクラス
AccessibleRelationSetクラスはコンポーネントのリレーション・セットを判定します。
AccessibleRelationSet() - クラスjavax.accessibility.AccessibleRelationSetのコンストラクタ
空の新しいリレーション・セットを作成します。
AccessibleRelationSet(AccessibleRelation[]) - クラスjavax.accessibility.AccessibleRelationSetのコンストラクタ
渡されたリレーションの配列に格納されている初期状態セットを使って、新規のリレーションを作成します。
AccessibleResourceBundle - javax.accessibilityのクラス
非推奨。
Javaプラットフォームのバージョン1.3以降では、このクラスは推奨されません。
AccessibleResourceBundle() - クラスjavax.accessibility.AccessibleResourceBundleのコンストラクタ
非推奨。
 
AccessibleRole - javax.accessibilityのクラス
AccessibleRoleクラスは、コンポーネントの役割を判定します。
AccessibleRole(String) - クラスjavax.accessibility.AccessibleRoleのコンストラクタ
指定されたロケールに依存しないキーを使って新しいAccessibleRoleを作成します。
AccessibleSelection - javax.accessibilityのインタフェース
AccessibleSelectionインタフェースは、現在選択されている子を判定したり、選択されているセットを変更するための標準メカニズムをユーザー補助テクノロジに提供します。
AccessibleState - javax.accessibilityのクラス
AccessibleStateクラスは、コンポーネントの特定の状態を記述します。
AccessibleState(String) - クラスjavax.accessibility.AccessibleStateのコンストラクタ
指定されたロケールに依存しないキーを使って新しいAccessibleStateを作成します。
AccessibleStateSet - javax.accessibilityのクラス
AccessibleStateSetクラスは、コンポーネントの状態セットを判定します。
AccessibleStateSet() - クラスjavax.accessibility.AccessibleStateSetのコンストラクタ
空の新しい状態セットを作成します。
AccessibleStateSet(AccessibleState[]) - クラスjavax.accessibility.AccessibleStateSetのコンストラクタ
渡された状態の配列に格納されている初期状態セットを使って、新しい状態を作成します。
AccessibleStreamable - javax.accessibilityのインタフェース
AccessibleStreamableインタフェースは、コンポーネントの背後にあるrawストリームを画面に表示するすべてのコンポーネントのAccessibleContextによってサポートされる必要があります。
AccessibleTable - javax.accessibilityのインタフェース
AccessibleTableクラスは、2次元テーブル形式でデータを提示するユーザー・インタフェース・コンポーネントを記述します。
AccessibleTableModelChange - javax.accessibilityのインタフェース
AccessibleTableModelChangeインタフェースはテーブル・モデルへの変更を記述します。
AccessibleText - javax.accessibilityのインタフェース
AccessibleTextインタフェースは、テキスト情報を画面に表示するすべてのクラスによって実装される必要があります。
AccessibleTextSequence - javax.accessibilityのクラス
このクラスは、テキスト範囲の主な詳細情報を収集します。
AccessibleTextSequence(int, int, String) - クラスjavax.accessibility.AccessibleTextSequenceのコンストラクタ
指定されたパラメータを使用してAccessibleTextSequenceを構築します。
AccessibleValue - javax.accessibilityのインタフェース
AccessibleValueインタフェースは、数値をサポートするすべてのオブジェクト(スクロール・バーなど)によってサポートされる必要があります。
AccessMode - java.nio.file内の列挙
ファイルのアクセシビリティのテストに使用されるアクセス・モードを定義します。
ACCESSORY_CHANGED_PROPERTY - クラスjavax.swing.JFileChooserのstatic変数
別のアクセサリ・コンポーネントが、たとえばファイルをプレビューするために使用されていることを示します。
AccountException - javax.security.auth.loginの例外
汎用的なアカウント例外です。
AccountException() - 例外javax.security.auth.login.AccountExceptionのコンストラクタ
詳細メッセージを指定しないでAccountExceptionを構築します。
AccountException(String) - 例外javax.security.auth.login.AccountExceptionのコンストラクタ
指定された詳細メッセージを持つAccountExceptionを構築します。
AccountExpiredException - javax.security.auth.loginの例外
ユーザー・アカウントが期限切れであることを通知します。
AccountExpiredException() - 例外javax.security.auth.login.AccountExpiredExceptionのコンストラクタ
詳細メッセージを指定しないでAccountExpiredExceptionを構築します。
AccountExpiredException(String) - 例外javax.security.auth.login.AccountExpiredExceptionのコンストラクタ
指定された詳細メッセージを持つAccountExpiredExceptionを構築します。
AccountLockedException - javax.security.auth.loginの例外
アカウントがロックされたことを通知します。
AccountLockedException() - 例外javax.security.auth.login.AccountLockedExceptionのコンストラクタ
詳細メッセージを指定しないでAccountLockedExceptionを構築します。
AccountLockedException(String) - 例外javax.security.auth.login.AccountLockedExceptionのコンストラクタ
指定された詳細メッセージを持つAccountLockedExceptionを構築します。
AccountNotFoundException - javax.security.auth.loginの例外
アカウントが見つからないことを通知します。
AccountNotFoundException() - 例外javax.security.auth.login.AccountNotFoundExceptionのコンストラクタ
詳細メッセージを指定しないでAccountNotFoundExceptionを構築します。
AccountNotFoundException(String) - 例外javax.security.auth.login.AccountNotFoundExceptionのコンストラクタ
指定された詳細メッセージを持つAccountNotFoundExceptionを構築します。
accumulate(double) - クラスjava.util.concurrent.atomic.DoubleAccumulatorのメソッド
指定された値で更新します。
accumulate(long) - クラスjava.util.concurrent.atomic.LongAccumulatorのメソッド
指定された値で更新します。
accumulateAndGet(int, IntBinaryOperator) - クラスjava.util.concurrent.atomic.AtomicIntegerのメソッド
現在の値を、指定された関数を現在値と指定値に適用した結果で原子的に更新し、更新された値を返します。
accumulateAndGet(int, int, IntBinaryOperator) - クラスjava.util.concurrent.atomic.AtomicIntegerArrayのメソッド
インデックスiの要素を、指定された関数を現在値と指定値に適用した結果で原子的に更新し、更新された値を返します。
accumulateAndGet(T, int, IntBinaryOperator) - クラスjava.util.concurrent.atomic.AtomicIntegerFieldUpdaterのメソッド
このアップデータが管理する指定されたオブジェクトのフィールド値を、指定された関数を現在値と指定値に適用した結果で原子的に更新し、更新された値を返します。
accumulateAndGet(long, LongBinaryOperator) - クラスjava.util.concurrent.atomic.AtomicLongのメソッド
現在の値を、指定された関数を現在値と指定値に適用した結果で原子的に更新し、更新された値を返します。
accumulateAndGet(int, long, LongBinaryOperator) - クラスjava.util.concurrent.atomic.AtomicLongArrayのメソッド
インデックスiの要素を、指定された関数を現在値と指定値に適用した結果で原子的に更新し、更新された値を返します。
accumulateAndGet(T, long, LongBinaryOperator) - クラスjava.util.concurrent.atomic.AtomicLongFieldUpdaterのメソッド
このアップデータが管理する指定されたオブジェクトのフィールド値を、指定された関数を現在値と指定値に適用した結果で原子的に更新し、更新された値を返します。
accumulateAndGet(V, BinaryOperator<V>) - クラスjava.util.concurrent.atomic.AtomicReferenceのメソッド
現在の値を、指定された関数を現在値と指定値に適用した結果で原子的に更新し、更新された値を返します。
accumulateAndGet(int, E, BinaryOperator<E>) - クラスjava.util.concurrent.atomic.AtomicReferenceArrayのメソッド
インデックスiの要素を、指定された関数を現在値と指定値に適用した結果で原子的に更新し、更新された値を返します。
accumulateAndGet(T, V, BinaryOperator<V>) - クラスjava.util.concurrent.atomic.AtomicReferenceFieldUpdaterのメソッド
このアップデータが管理する指定されたオブジェクトのフィールド値を、指定された関数を現在値と指定値に適用した結果で原子的に更新し、更新された値を返します。
accumulator() - インタフェースjava.util.stream.Collectorのメソッド
可変結果コンテナに値を折り畳む関数。
Acl - java.security.aclのインタフェース
アクセス制御リスト(ACL: Access Control List)を表すインタフェースです。
AclEntry - java.nio.file.attributeのクラス
アクセス制御リスト(ACL)内のエントリです。
AclEntry - java.security.aclのインタフェース
アクセス制御リスト(Access Control List, ACL)の1つのエントリを表すのに使用されるインタフェースです。
AclEntry.Builder - java.nio.file.attributeのクラス
AclEntryオブジェクトのビルダーです。
AclEntryFlag - java.nio.file.attribute内の列挙
ACL エントリのフラグ・コンポーネントによって使用されるフラグを定義します。
AclEntryPermission - java.nio.file.attribute内の列挙
ACL entryの権限コンポーネントで使用される権限を定義します。
AclEntryType - java.nio.file.attribute内の列挙
アクセス制御エントリ型の型保証された列挙です。
AclFileAttributeView - java.nio.file.attributeのインタフェース
ファイルのアクセス制御リスト(ACL)またはファイル所有者属性の読み取りまたは更新をサポートするファイル属性ビューです。
AclNotFoundException - java.security.aclの例外
これは、存在しないACL (アクセス制御リスト)を参照した場合に必ずスローされる例外です。
AclNotFoundException() - 例外java.security.acl.AclNotFoundExceptionのコンストラクタ
AclNotFoundExceptionを構築します。
acos(double) - クラスjava.lang.Mathのstaticメソッド
指定された値の逆余弦(アーク・コサイン)を返します。返される角度の範囲は、0.0からpiです。
acos(double) - クラスjava.lang.StrictMathのstaticメソッド
指定された値の逆余弦(アーク・コサイン)を返します。返される角度の範囲は、0.0からpiです。
acquire(long) - クラスjava.util.concurrent.locks.AbstractQueuedLongSynchronizerのメソッド
割込みを無視して、排他モードで取得します。
acquire(int) - クラスjava.util.concurrent.locks.AbstractQueuedSynchronizerのメソッド
割込みを無視して、排他モードで取得します。
acquire() - クラスjava.util.concurrent.Semaphoreのメソッド
このセマフォからパーミットを取得します。パーミットが利用可能になるか、またはスレッドが割り込みされるまでブロックします。
acquire(int) - クラスjava.util.concurrent.Semaphoreのメソッド
このセマフォから指定された数のパーミットを取得します。すべてのパーミットが利用可能になるか、またはスレッドが割り込みされるまでブロックします。
acquiredBy() - クラスjava.nio.channels.FileLockのメソッド
このロックが獲得されたファイルを持つチャネルを返します。
acquireInterruptibly(long) - クラスjava.util.concurrent.locks.AbstractQueuedLongSynchronizerのメソッド
排他モードで取得します。割込みが発生した場合は、中止します。
acquireInterruptibly(int) - クラスjava.util.concurrent.locks.AbstractQueuedSynchronizerのメソッド
排他モードで取得します。割込みが発生した場合は、中止します。
acquireShared(long) - クラスjava.util.concurrent.locks.AbstractQueuedLongSynchronizerのメソッド
割込みを無視して、共有モードで取得します。
acquireShared(int) - クラスjava.util.concurrent.locks.AbstractQueuedSynchronizerのメソッド
割込みを無視して、共有モードで取得します。
acquireSharedInterruptibly(long) - クラスjava.util.concurrent.locks.AbstractQueuedLongSynchronizerのメソッド
共有モードで取得します。
acquireSharedInterruptibly(int) - クラスjava.util.concurrent.locks.AbstractQueuedSynchronizerのメソッド
共有モードで取得します。
acquireUninterruptibly() - クラスjava.util.concurrent.Semaphoreのメソッド
このセマフォからパーミットを取得します。パーミットが利用可能になるまでブロックします。
acquireUninterruptibly(int) - クラスjava.util.concurrent.Semaphoreのメソッド
このセマフォから指定された数のパーミットを取得します。すべてのパーミットが利用可能になるまでブロックします。
action(Event, Object) - クラスjava.awt.Componentのメソッド
非推奨。
JDK Version 1.1以降は、アクション・イベントをトリガーするコンポーネントのActionListenerとしてこのコンポーネントを登録する必要があります。
ACTION - クラスjavax.management.MBeanOperationInfoのstatic変数
書込みに近いオペレーションであることを示します。MBeanに影響を与えますが、MBeanの情報は返しません。
Action - javax.swingのインタフェース
Actionインタフェースは、同じ機能が複数のコントロールによってアクセスされる場合に、ActionListenerインタフェースに対する便利な拡張機能を提供します。
ACTION - クラスjavax.swing.text.html.HTML.Attributeのstatic変数
 
Action - javax.xml.ws内の注釈型
Action注釈を使用すると、WS-AddressingのActionメッセージ・アドレス指定プロパティを、マッピングされたWSDL操作のinputoutput、およびfaultメッセージに明示的に関連付けることができます。
ACTION_APPEND_AS_CHILDREN - インタフェースorg.w3c.dom.ls.LSParserのstatic変数
解析操作の結果をコンテキスト・ノードの子として追加します。
ACTION_COMMAND_KEY - インタフェースjavax.swing.Actionのstatic変数
JComponentに関連するKeymapに常駐している結果としてActionが通知されるとき作成される、ActionEventのコマンドStringの判定に使用されるキーです。
ACTION_COPY - クラスjava.awt.dnd.DnDConstantsのstatic変数
「コピー」アクションを表すint
ACTION_COPY_OR_MOVE - クラスjava.awt.dnd.DnDConstantsのstatic変数
「コピー」または「移動」アクションを表すint
ACTION_EVENT - クラスjava.awt.Eventのstatic変数
このイベントは、ユーザーがアクションの実行を望んでいることを示します。
ACTION_EVENT_MASK - クラスjava.awt.AWTEventのstatic変数
アクション・イベント選択用イベント・マスクです。
ACTION_FIRST - クラスjava.awt.event.ActionEventのstatic変数
アクション・イベントに使用されるIDの範囲内の最初の番号です。
ACTION_INFO - クラスjavax.management.MBeanOperationInfoのstatic変数
読み取りおよび書込みに近いオペレーションであることを示します。MBeanに影響を与えるとともに、MBeanの情報を返します。
ACTION_INSERT_AFTER - インタフェースorg.w3c.dom.ls.LSParserのstatic変数
解析操作の結果をコンテキスト・ノードの直後の兄弟ウィジェットとして挿入します。
ACTION_INSERT_BEFORE - インタフェースorg.w3c.dom.ls.LSParserのstatic変数
解析操作の結果をコンテキスト・ノードの直前の兄弟ウィジェットとして挿入します。
ACTION_LAST - クラスjava.awt.event.ActionEventのstatic変数
アクション・イベントに使用されるIDの範囲内の最後の番号です。
ACTION_LINK - クラスjava.awt.dnd.DnDConstantsのstatic変数
「リンク」アクションを表すint
ACTION_MOVE - クラスjava.awt.dnd.DnDConstantsのstatic変数
「移動」アクションを表すint
ACTION_NONE - クラスjava.awt.dnd.DnDConstantsのstatic変数
アクションがないことを表すint
ACTION_PERFORMED - クラスjava.awt.event.ActionEventのstatic変数
このイベントIDは、意味のあるアクションが発生したことを示します。
ACTION_REFERENCE - クラスjava.awt.dnd.DnDConstantsのstatic変数
「参照」アクションを表すint (ACTION_LINKと同義)。
ACTION_REPLACE - インタフェースorg.w3c.dom.ls.LSParserのstatic変数
コンテキスト・ノードを解析操作の結果に置き換えます。
ACTION_REPLACE_CHILDREN - インタフェースorg.w3c.dom.ls.LSParserのstatic変数
コンテキスト・ノードのすべての子を解析操作の結果に置き換えます。
actionCommand - クラスjavax.swing.DefaultButtonModelの変数
ボタンによってトリガーされるアクション・コマンド文字列です。
actionCommand - クラスjavax.swing.JComboBoxの変数
このprotectedフィールドは実装固有のものです。
ActionEvent - java.awt.eventのクラス
コンポーネントが定義するアクションが発生したことを示す、セマンティック・イベントです。
ActionEvent(Object, int, String) - クラスjava.awt.event.ActionEventのコンストラクタ
ActionEventオブジェクトを構築します。
ActionEvent(Object, int, String, int) - クラスjava.awt.event.ActionEventのコンストラクタ
修飾キーでActionEventオブジェクトを構築します。
ActionEvent(Object, int, String, long, int) - クラスjava.awt.event.ActionEventのコンストラクタ
指定された修飾キーとタイムスタンプでActionEventオブジェクトを構築します。
ActionListener - java.awt.eventのインタフェース
アクション・イベントを受け取るためのリスナー・インタフェースです。
actionListener - クラスjavax.swing.AbstractButtonの変数
ボタン・モデルのActionListener
ActionMap - javax.swingのクラス
ActionMapは、キーまたはActionと呼ばれるObjectからActionへのマップを提供します。
ActionMap() - クラスjavax.swing.ActionMapのコンストラクタ
親およびマップがないActionMapを生成します。
ActionMapUIResource - javax.swing.plafのクラス
javax.swing.ActionMapのサブクラスであり、UIResourceインタフェースを実装しています。
ActionMapUIResource() - クラスjavax.swing.plaf.ActionMapUIResourceのコンストラクタ
 
actionName - クラスjavax.swing.text.JTextComponent.KeyBindingの変数
キーのアクション名です。
actionPerformed(ActionEvent) - クラスjava.awt.AWTEventMulticasterのメソッド
listener-aとlistener-bでactionPerformedメソッドを呼び出すことによって、actionPerformedイベントを処理します。
actionPerformed(ActionEvent) - クラスjava.awt.dnd.DropTarget.DropTargetAutoScrollerのメソッド
自動スクロールが発生します
actionPerformed(ActionEvent) - インタフェースjava.awt.event.ActionListenerのメソッド
アクションが発生すると呼び出されます。
actionPerformed(ActionEvent) - クラスjava.awt.List.AccessibleAWTListのメソッド
 
actionPerformed(ActionEvent) - クラスjavax.swing.DefaultCellEditor.EditorDelegateのメソッド
アクションが実行されると編集が終了します。
actionPerformed(ActionEvent) - クラスjavax.swing.JComboBoxのメソッド
このメソッドは実装の副作用としてpublicです。
actionPerformed(ActionEvent) - クラスjavax.swing.plaf.basic.BasicDesktopPaneUI.CloseActionのメソッド
 
actionPerformed(ActionEvent) - クラスjavax.swing.plaf.basic.BasicDesktopPaneUI.MaximizeActionのメソッド
 
actionPerformed(ActionEvent) - クラスjavax.swing.plaf.basic.BasicDesktopPaneUI.MinimizeActionのメソッド
 
actionPerformed(ActionEvent) - クラスjavax.swing.plaf.basic.BasicDesktopPaneUI.NavigateActionのメソッド
 
actionPerformed(ActionEvent) - クラスjavax.swing.plaf.basic.BasicDesktopPaneUI.OpenActionのメソッド
 
actionPerformed(ActionEvent) - クラスjavax.swing.plaf.basic.BasicFileChooserUI.ApproveSelectionActionのメソッド
 
actionPerformed(ActionEvent) - クラスjavax.swing.plaf.basic.BasicFileChooserUI.CancelSelectionActionのメソッド
 
actionPerformed(ActionEvent) - クラスjavax.swing.plaf.basic.BasicFileChooserUI.ChangeToParentDirectoryActionのメソッド
 
actionPerformed(ActionEvent) - クラスjavax.swing.plaf.basic.BasicFileChooserUI.GoHomeActionのメソッド
 
actionPerformed(ActionEvent) - クラスjavax.swing.plaf.basic.BasicFileChooserUI.NewFolderActionのメソッド
 
actionPerformed(ActionEvent) - クラスjavax.swing.plaf.basic.BasicFileChooserUI.UpdateActionのメソッド
 
actionPerformed(ActionEvent) - クラスjavax.swing.plaf.basic.BasicInternalFrameTitlePane.CloseActionのメソッド
 
actionPerformed(ActionEvent) - クラスjavax.swing.plaf.basic.BasicInternalFrameTitlePane.IconifyActionのメソッド
 
actionPerformed(ActionEvent) - クラスjavax.swing.plaf.basic.BasicInternalFrameTitlePane.MaximizeActionのメソッド
 
actionPerformed(ActionEvent) - クラスjavax.swing.plaf.basic.BasicInternalFrameTitlePane.MoveActionのメソッド
 
actionPerformed(ActionEvent) - クラスjavax.swing.plaf.basic.BasicInternalFrameTitlePane.RestoreActionのメソッド
 
actionPerformed(ActionEvent) - クラスjavax.swing.plaf.basic.BasicInternalFrameTitlePane.SizeActionのメソッド
 
actionPerformed(ActionEvent) - クラスjavax.swing.plaf.basic.BasicOptionPaneUI.ButtonActionListenerのメソッド
 
actionPerformed(ActionEvent) - クラスjavax.swing.plaf.basic.BasicScrollBarUI.ScrollListenerのメソッド
 
actionPerformed(ActionEvent) - クラスjavax.swing.plaf.basic.BasicSliderUI.ActionScrollerのメソッド
 
actionPerformed(ActionEvent) - クラスjavax.swing.plaf.basic.BasicSliderUI.ScrollListenerのメソッド
 
actionPerformed(ActionEvent) - クラスjavax.swing.plaf.basic.BasicSplitPaneUI.KeyboardDownRightHandlerのメソッド
 
actionPerformed(ActionEvent) - クラスjavax.swing.plaf.basic.BasicSplitPaneUI.KeyboardEndHandlerのメソッド
 
actionPerformed(ActionEvent) - クラスjavax.swing.plaf.basic.BasicSplitPaneUI.KeyboardHomeHandlerのメソッド
 
actionPerformed(ActionEvent) - クラスjavax.swing.plaf.basic.BasicSplitPaneUI.KeyboardResizeToggleHandlerのメソッド
 
actionPerformed(ActionEvent) - クラスjavax.swing.plaf.basic.BasicSplitPaneUI.KeyboardUpLeftHandlerのメソッド
 
actionPerformed(ActionEvent) - クラスjavax.swing.plaf.basic.BasicTreeUI.ComponentHandlerのメソッド
Timerの結果としてpublicです。
actionPerformed(ActionEvent) - クラスjavax.swing.plaf.basic.BasicTreeUI.TreeCancelEditingActionのメソッド
 
actionPerformed(ActionEvent) - クラスjavax.swing.plaf.basic.BasicTreeUI.TreeHomeActionのメソッド
 
actionPerformed(ActionEvent) - クラスjavax.swing.plaf.basic.BasicTreeUI.TreeIncrementActionのメソッド
 
actionPerformed(ActionEvent) - クラスjavax.swing.plaf.basic.BasicTreeUI.TreePageActionのメソッド
 
actionPerformed(ActionEvent) - クラスjavax.swing.plaf.basic.BasicTreeUI.TreeToggleActionのメソッド
 
actionPerformed(ActionEvent) - クラスjavax.swing.plaf.basic.BasicTreeUI.TreeTraverseActionのメソッド
 
actionPerformed(ActionEvent) - クラスjavax.swing.plaf.metal.MetalFileChooserUI.DirectoryComboBoxActionのメソッド
 
actionPerformed(ActionEvent) - クラスjavax.swing.text.DefaultEditorKit.BeepActionのメソッド
このアクションがトリガーされたときに実行される操作です。
actionPerformed(ActionEvent) - クラスjavax.swing.text.DefaultEditorKit.CopyActionのメソッド
このアクションがトリガーされたときに実行される操作です。
actionPerformed(ActionEvent) - クラスjavax.swing.text.DefaultEditorKit.CutActionのメソッド
このアクションがトリガーされたときに実行される操作です。
actionPerformed(ActionEvent) - クラスjavax.swing.text.DefaultEditorKit.DefaultKeyTypedActionのメソッド
このアクションがトリガーされたときに実行される操作です。
actionPerformed(ActionEvent) - クラスjavax.swing.text.DefaultEditorKit.InsertBreakActionのメソッド
このアクションがトリガーされたときに実行される操作です。
actionPerformed(ActionEvent) - クラスjavax.swing.text.DefaultEditorKit.InsertContentActionのメソッド
このアクションがトリガーされたときに実行される操作です。
actionPerformed(ActionEvent) - クラスjavax.swing.text.DefaultEditorKit.InsertTabActionのメソッド
このアクションがトリガーされたときに実行される操作です。
actionPerformed(ActionEvent) - クラスjavax.swing.text.DefaultEditorKit.PasteActionのメソッド
このアクションがトリガーされたときに実行される操作です。
actionPerformed(ActionEvent) - クラスjavax.swing.text.html.FormViewのメソッド
ActionEventを処理します。
actionPerformed(ActionEvent) - クラスjavax.swing.text.html.HTMLEditorKit.InsertHTMLTextActionのメソッド
HTMLをドキュメントに挿入します。
actionPerformed(ActionEvent) - クラスjavax.swing.text.StyledEditorKit.AlignmentActionのメソッド
配置方法を設定します。
actionPerformed(ActionEvent) - クラスjavax.swing.text.StyledEditorKit.BoldActionのメソッド
ボールド属性を切り替えます。
actionPerformed(ActionEvent) - クラスjavax.swing.text.StyledEditorKit.FontFamilyActionのメソッド
フォント・ファミリを設定します。
actionPerformed(ActionEvent) - クラスjavax.swing.text.StyledEditorKit.FontSizeActionのメソッド
フォント・サイズを設定します。
actionPerformed(ActionEvent) - クラスjavax.swing.text.StyledEditorKit.ForegroundActionのメソッド
フォアグラウンド・カラーを設定します。
actionPerformed(ActionEvent) - クラスjavax.swing.text.StyledEditorKit.ItalicActionのメソッド
イタリック属性を切り替えます。
actionPerformed(ActionEvent) - クラスjavax.swing.text.StyledEditorKit.UnderlineActionのメソッド
下線属性を切り替えます。
actionPerformed(ActionEvent) - クラスjavax.swing.ToolTipManager.insideTimerActionのメソッド
 
actionPerformed(ActionEvent) - クラスjavax.swing.ToolTipManager.outsideTimerActionのメソッド
 
actionPerformed(ActionEvent) - クラスjavax.swing.ToolTipManager.stillInsideTimerActionのメソッド
 
actionPerformed(ActionEvent) - クラスjavax.swing.tree.DefaultTreeCellEditorのメソッド
タイマーがトリガーされるとメッセージが送られ、編集中セッションが開始されます。
actionPropertyChanged(Action, String) - クラスjavax.swing.AbstractButtonのメソッド
関連アクションのプロパティの変更に応じてボタンの状態を更新します。
actionPropertyChanged(Action, String) - クラスjavax.swing.JComboBoxのメソッド
関連アクションのプロパティの変更に応じてコンボボックスの状態を更新します。
actionPropertyChanged(Action, String) - クラスjavax.swing.JMenuItemのメソッド
関連アクションのプロパティの変更に応じてボタンの状態を更新します。
actionPropertyChanged(Action, String) - クラスjavax.swing.JTextFieldのメソッド
関連アクションのプロパティの変更に応じてテキスト・フィールドの状態を更新します。
ActionScroller(JSlider, int, boolean) - クラスjavax.swing.plaf.basic.BasicSliderUI.ActionScrollerのコンストラクタ
 
Activatable - java.rmi.activationのクラス
Activatableクラスは、永続的なアクセスを必要とし、システムから起動できるリモート・オブジェクトをサポートします。
Activatable(String, MarshalledObject<?>, boolean, int) - クラスjava.rmi.activation.Activatableのコンストラクタ
このオブジェクトの起動記述子を(位置、データ、再起動モードを指定して)登録し、ポートを指定してオブジェクトをエクスポートすることにより、起動可能なリモート・オブジェクトを構築します。
Activatable(String, MarshalledObject<?>, boolean, int, RMIClientSocketFactory, RMIServerSocketFactory) - クラスjava.rmi.activation.Activatableのコンストラクタ
このオブジェクトの起動記述子を(位置、データ、再起動モードを指定して)登録し、ポートおよびクライアントとサーバー・ソケット・ファクトリを指定してオブジェクトをエクスポートすることにより、起動可能なリモート・オブジェクトを構築します。
Activatable(ActivationID, int) - クラスjava.rmi.activation.Activatableのコンストラクタ
指定されたポート上でオブジェクトを起動またはエクスポートするために使うコンストラクタです。
Activatable(ActivationID, int, RMIClientSocketFactory, RMIServerSocketFactory) - クラスjava.rmi.activation.Activatableのコンストラクタ
指定されたポート上でオブジェクトを起動またはエクスポートするために使うコンストラクタです。
activate() - インタフェースjava.awt.im.spi.InputMethodのメソッド
即時入力処理のためのインプット・メソッドを起動します。
activate(Applet) - インタフェースjava.beans.AppletInitializerのメソッド
Appletをアクティブにしたり、アクティブにマークしたりします。
activate(boolean) - クラスjava.rmi.activation.ActivationIDのメソッド
指定されたIDのオブジェクトを起動します。
activate(ActivationID, boolean) - インタフェースjava.rmi.activation.Activatorのメソッド
起動識別子idに関連したオブジェクトを起動します。
activate(IIOParam) - インタフェースjavax.imageio.IIOParamControllerのメソッド
コントローラを呼び出します。
activate(IIOMetadata) - インタフェースjavax.imageio.metadata.IIOMetadataControllerのメソッド
コントローラを呼び出します。
activate() - インタフェースorg.omg.PortableServer.POAManagerOperationsのメソッド
このオペレーションは、POAマネージャの状態をアクティブに変更して、関連付けられたPOAが要求の処理を開始するようにします。
activate_object(Servant) - インタフェースorg.omg.PortableServer.POAOperationsのメソッド
このオペレーションは、オブジェクトIDを生成し、そのオブジェクトIDと指定されたサーバントをActive Object Mapに入れます。
activate_object_with_id(byte[], Servant) - インタフェースorg.omg.PortableServer.POAOperationsのメソッド
このオペレーションは、指定されたオブジェクトIDと指定されたサーバントとの関連付けをActive Object Mapに入れます。
activateController() - クラスjavax.imageio.IIOParamのメソッド
このIIOParamオブジェクトに対してインストールされているIIOParamControllerをアクティブにし、結果の値を返します。
activateController() - クラスjavax.imageio.metadata.IIOMetadataのメソッド
このIIOMetadataオブジェクトに対してインストールされているIIOMetadataControllerをアクティブにし、結果の値を返します。
ACTIVATED - クラスjavax.swing.event.HyperlinkEvent.EventTypeのstatic変数
アクティブになっていることを示すタイプです。
ActivateFailedException - java.rmi.activationの例外
起動可能なオブジェクトへのリモート呼出しで起動が失敗した場合に、RMIランタイムがこの例外をスローします。
ActivateFailedException(String) - 例外java.rmi.activation.ActivateFailedExceptionのコンストラクタ
指定された詳細メッセージを持つActivateFailedExceptionを構築します。
ActivateFailedException(String, Exception) - 例外java.rmi.activation.ActivateFailedExceptionのコンストラクタ
指定された詳細メッセージおよび入れ子の例外を持つActivateFailedExceptionを構築します。
activateFrame(JInternalFrame) - クラスjavax.swing.DefaultDesktopManagerのメソッド
fをアクティブにして、フロントに移動します。
activateFrame(JInternalFrame) - インタフェースjavax.swing.DesktopManagerのメソッド
通常、フレームがフォーカスを持つことを示します。
activateFrame(JInternalFrame) - クラスjavax.swing.plaf.basic.BasicInternalFrameUIのメソッド
フレームが選択状態になるときに呼び出されます。
activateLink(int, JEditorPane) - クラスjavax.swing.text.html.HTMLEditorKit.LinkControllerのメソッド
指定された位置がリンクを表す場合は、対応するJEditorPaneのlinkActivatedを呼び出します。
ActivationDataFlavor - javax.activationのクラス
ActivationDataFlavorクラスは、java.awt.datatransfer.DataFlavorの特別なサブクラスです。
ActivationDataFlavor(Class, String, String) - クラスjavax.activation.ActivationDataFlavorのコンストラクタ
任意のJavaオブジェクトを表現するDataFlavorを構築します。
ActivationDataFlavor(Class, String) - クラスjavax.activation.ActivationDataFlavorのコンストラクタ
MIMEタイプを表現するDataFlavorを構築します。
ActivationDataFlavor(String, String) - クラスjavax.activation.ActivationDataFlavorのコンストラクタ
MIMEタイプを表現するDataFlavorを構築します。
ActivationDesc - java.rmi.activationのクラス
起動記述子には、オブジェクトを起動するために必要な情報が格納されています。オブジェクトのグループ識別子、オブジェクトの完全修飾クラス名、オブジェクトのコードの位置(クラスの位置)、コード・ベースURLパス、オブジェクトの再起動「モード」、およびオブジェクト固有の初期化データが格納されている「整列化された」オブジェクトです。
ActivationDesc(String, String, MarshalledObject<?>)- クラスjava.rmi.activation.ActivationDescのコンストラクタ
クラス名がclassNameであるオブジェクトが使うオブジェクト記述子を構築します。このオブジェクトはlocationの位置のコードからロード可能であり、初期化情報はdataです。
ActivationDesc(String, String, MarshalledObject<?>, boolean) - クラスjava.rmi.activation.ActivationDescのコンストラクタ
クラス名がclassNameであるオブジェクトが使うオブジェクト記述子を構築します。このオブジェクトはlocationの位置のコードからロード可能であり、初期化情報はdataです。
ActivationDesc(ActivationGroupID, String, String, MarshalledObject<?>)- クラスjava.rmi.activation.ActivationDescのコンストラクタ
クラス名がclassNameであるオブジェクトが使うオブジェクト記述子を構築します。このオブジェクトはlocationの位置のコードからロード可能であり、初期化情報はdataです。
ActivationDesc(ActivationGroupID, String, String, MarshalledObject<?>, boolean) - クラスjava.rmi.activation.ActivationDescのコンストラクタ
クラス名がclassNameであるオブジェクトが使うオブジェクト記述子を構築します。このオブジェクトはlocationの位置のコードからロード可能であり、初期化情報はdataです。
ActivationException - java.rmi.activationの例外
起動インタフェースが使う一般的な例外です。
ActivationException() - 例外java.rmi.activation.ActivationExceptionのコンストラクタ
ActivationExceptionを構築します。
ActivationException(String) - 例外java.rmi.activation.ActivationExceptionのコンストラクタ
指定された詳細メッセージを持つActivationExceptionを構築します。
ActivationException(String, Throwable) - 例外java.rmi.activation.ActivationExceptionのコンストラクタ
指定された詳細メッセージと原因を持つActivationExceptionを構築します。
ActivationGroup - java.rmi.activationのクラス
ActivationGroupは、グループ内の「起動可能な」オブジェクトの新しいインスタンスを生成し、グループのActivationMonitorに対して、オブジェクトの起動や停止、あるいはグループ全体の停止を通知します。
ActivationGroup(ActivationGroupID) - クラスjava.rmi.activation.ActivationGroupのコンストラクタ
指定された起動グループ識別子を持つ起動グループを構築します。
ActivationGroup_Stub - java.rmi.activationのクラス
ActivationGroup_Stubは、java.rmi.server.UnicastRemoteObjectとしてエクスポートされたjava.rmi.activation.ActivationGroupのサブクラスのスタブ・クラスです。
ActivationGroup_Stub(RemoteRef) - クラスjava.rmi.activation.ActivationGroup_Stubのコンストラクタ
ActivationGroupクラスのスタブを構築します。
ActivationGroupDesc - java.rmi.activationのクラス
起動グループ記述子には、オブジェクトを起動する場所である起動グループを作成したり作り直したりするために必要な、
ActivationGroupDesc(Properties, ActivationGroupDesc.CommandEnvironment) - クラスjava.rmi.activation.ActivationGroupDescのコンストラクタ
グループの実装およびコードの位置にシステムのデフォルトを使用する、グループ記述子を構築します。
ActivationGroupDesc(String, String, MarshalledObject<?>, Properties, ActivationGroupDesc.CommandEnvironment) - クラスjava.rmi.activation.ActivationGroupDescのコンストラクタ
グループで使う、代替グループの実装および実行環境を指定します。
ActivationGroupDesc.CommandEnvironment - java.rmi.activationのクラス
ActivationGroupの実装の起動オプションです。
ActivationGroupID - java.rmi.activationのクラス
登録された起動グループの識別子は、次のような役割を持ちます。起動システムの中でグループを一意に識別したり、グループが必要に応じてその起動システムに接続できるようにグループの起動システムへの参照を保持したりします。
ActivationGroupID(ActivationSystem) - クラスjava.rmi.activation.ActivationGroupIDのコンストラクタ
一意なグループIDを構築します。
ActivationID - java.rmi.activationのクラス
起動では、時間が経過しても起動可能なリモート・オブジェクトに対して特別な識別子が使用されます。
ActivationID(Activator) - クラスjava.rmi.activation.ActivationIDのコンストラクタ
ActivationIDのコンストラクタは、1つの引数activatorをとります。この引数は、この識別子に関連したオブジェクトの起動にかかわるアクティベータへのリモート参照を指定します。
ActivationInstantiator - java.rmi.activationのインタフェース
ActivationInstantiatorは、起動可能なオブジェクトのインスタンスを生成します。
ActivationMonitor - java.rmi.activationのインタフェース
ActivationMonitorActivationGroupごとにあり、ActivationSystem.activeGroupの呼出しでグループが起動中と報告されたときに取得されます。この処理は、内部で実行されます。
ActivationSystem - java.rmi.activationのインタフェース
ActivationSystemは、グループ、およびその中にある「起動可能な」オブジェクトのうちで起動しておくものを登録する方法を提供します。
Activator - java.rmi.activationのインタフェース
Activatorは、リモート・オブジェクトの起動を簡単にします。
ACTIVATOR_ID - クラスjava.rmi.server.ObjIDのstatic変数
アクティベータの既知のObjIDに使用するオブジェクト番号です。
ACTIVE - クラスjavax.accessibility.AccessibleStateのstatic変数
ウィンドウが現在アクティブであることを示します。
active - クラスjavax.sound.midi.VoiceStatusの変数
そのボイスが現在MIDIノートを処理しているかどうかを示します。
ACTIVE - org.omg.PortableInterceptorのインタフェース
org/omg/PortableInterceptor/ACTIVE.java。
ACTIVE - クラスorg.omg.PortableServer.POAManagerPackage.Stateのstatic変数
 
ACTIVE_CAPTION - クラスjava.awt.SystemColorのstatic変数
SystemColor.activeCaptionシステム・カラーの配列インデックス。
ACTIVE_CAPTION_BORDER - クラスjava.awt.SystemColorのstatic変数
SystemColor.activeCaptionBorderシステム・カラーの配列インデックス。
ACTIVE_CAPTION_TEXT - クラスjava.awt.SystemColorのstatic変数
SystemColor.activeCaptionTextシステム・カラーの配列インデックス。
ACTIVE_SENSING - クラスjavax.sound.midi.ShortMessageのstatic変数
アクティブ・センシング・メッセージのステータス・バイト(0xFEまたは254)です。
activeCaption - クラスjava.awt.SystemColorのstatic変数
現在アクティブなウィンドウのウィンドウ・タイトルのバックグラウンドでレンダリングされるカラーです。
activeCaptionBorder - クラスjava.awt.SystemColorのstatic変数
現在アクティブなウィンドウのボーダーでレンダリングされるカラーです。
activeCaptionText - クラスjava.awt.SystemColorのstatic変数
現在アクティブなウィンドウのウィンドウ・タイトルのテキストでレンダリングされるカラーです。
activeCount() - クラスjava.lang.Threadのstaticメソッド
現在のスレッドのスレッド・グループとそのサブグループに含まれるアクティブ・スレッドの推定数を返します。
activeCount() - クラスjava.lang.ThreadGroupのメソッド
このスレッド・グループとそのサブグループに含まれるアクティブ・スレッドのおおよその数を返します。
ActiveEvent - java.awtのインタフェース
自分自身をディスパッチできるイベントのためのインタフェースです。
activeGroup(ActivationGroupID, ActivationInstantiator, long) - インタフェースjava.rmi.activation.ActivationSystemのメソッド
グループが起動中であることを起動システムに通知するコールバックです。
activeGroupCount() - クラスjava.lang.ThreadGroupのメソッド
このスレッド・グループとそのサブグループに含まれるアクティブ・グループのおおよその数を返します。
activeObject(ActivationID, Remote) - クラスjava.rmi.activation.ActivationGroupのメソッド
グループのactiveObjectメソッドは、オブジェクトがエクスポートされるときに呼び出されます。エクスポートは、Activatableオブジェクトの構築、あるいはActivatable.exportObjectの明示的な呼出しによって実行されます。
activeObject(ActivationID, MarshalledObject<? extends Remote>) - クラスjava.rmi.activation.ActivationGroupのメソッド
このprotectedメソッドは、サブクラスがグループのモニターにactiveObjectコールバックを行うために必要です。
activeObject(ActivationID, MarshalledObject<? extends Remote>) - インタフェースjava.rmi.activation.ActivationMonitorのメソッド
オブジェクトが起動したことを通知します。
ACTIVITY_COMPLETED - org.omg.CORBAの例外
ACTIVITY_COMPLETEDシステム例外はActivityコンテキストにアクセスするメソッドで発生する場合があります。
ACTIVITY_COMPLETED() - 例外org.omg.CORBA.ACTIVITY_COMPLETEDのコンストラクタ
0に設定されたマイナー・コードとCOMPLETED_NOに設定されたCompletionStatusを持つACTIVITY_COMPLETED例外を構築します。
ACTIVITY_COMPLETED(String) - 例外org.omg.CORBA.ACTIVITY_COMPLETEDのコンストラクタ
指定されたメッセージを持つACTIVITY_COMPLETED例外を構築します。
ACTIVITY_COMPLETED(int, CompletionStatus) - 例外org.omg.CORBA.ACTIVITY_COMPLETEDのコンストラクタ
指定されたマイナー・コードと完了状態でACTIVITY_COMPLETED例外を構築します。
ACTIVITY_COMPLETED(String, int, CompletionStatus) - 例外org.omg.CORBA.ACTIVITY_COMPLETEDのコンストラクタ
指定されたメッセージ、マイナー・コード、および完了状態でACTIVITY_COMPLETED例外を構築します。
ACTIVITY_REQUIRED - org.omg.CORBAの例外
ACTIVITY_REQUIREDシステム例外はActivityコンテキストを必要とするメソッドで発生する場合があります。
ACTIVITY_REQUIRED() - 例外org.omg.CORBA.ACTIVITY_REQUIREDのコンストラクタ
0に設定されたマイナー・コードとCOMPLETED_NOに設定されたCompletionStatusを持つACTIVITY_REQUIRED例外を構築します。
ACTIVITY_REQUIRED(String) - 例外org.omg.CORBA.ACTIVITY_REQUIREDのコンストラクタ
指定されたメッセージを持つACTIVITY_REQUIRED例外を構築します。
ACTIVITY_REQUIRED(int, CompletionStatus) - 例外org.omg.CORBA.ACTIVITY_REQUIREDのコンストラクタ
指定されたマイナー・コードと完了状態でACTIVITY_REQUIRED例外を構築します。
ACTIVITY_REQUIRED(String, int, CompletionStatus) - 例外org.omg.CORBA.ACTIVITY_REQUIREDのコンストラクタ
指定されたメッセージ、マイナー・コード、および完了状態でACTIVITY_REQUIRED例外を構築します。
ActivityCompletedException - javax.activityの例外
この例外は、Activityコンテキストにアクセスする任意のメソッドで、処理の継続が不可能であることを示す場合にスローされる可能性があります。
ActivityCompletedException() - 例外javax.activity.ActivityCompletedExceptionのコンストラクタ
詳細メッセージとしてnullを持つ新規インスタンスを構築します。
ActivityCompletedException(String) - 例外javax.activity.ActivityCompletedExceptionのコンストラクタ
指定された詳細メッセージを持つ新規インスタンスを構築します。
ActivityCompletedException(Throwable) - 例外javax.activity.ActivityCompletedExceptionのコンストラクタ
指定された原因で新しいスロー可能オブジェクトを構築します。
ActivityCompletedException(String, Throwable) - 例外javax.activity.ActivityCompletedExceptionのコンストラクタ
指定された詳細メッセージおよび原因を使用して新規スロー可能オブジェクトを構築します。
ActivityRequiredException - javax.activityの例外
この例外は、Activityコンテキストが必須のメソッドでActivityコンテキストを受け取れなかった場合にコンテナによってスローされます。
ActivityRequiredException() - 例外javax.activity.ActivityRequiredExceptionのコンストラクタ
詳細メッセージとしてnullを持つ新規インスタンスを構築します。
ActivityRequiredException(String) - 例外javax.activity.ActivityRequiredExceptionのコンストラクタ
指定された詳細メッセージを持つ新規インスタンスを構築します。
ActivityRequiredException(Throwable) - 例外javax.activity.ActivityRequiredExceptionのコンストラクタ
指定された原因で新しいスロー可能オブジェクトを構築します。
ActivityRequiredException(String, Throwable) - 例外javax.activity.ActivityRequiredExceptionのコンストラクタ
指定された詳細メッセージおよび原因を使用して新規スロー可能オブジェクトを構築します。
AD - クラスjava.util.GregorianCalendarのstatic変数
キリスト紀元(西暦)を示すERAフィールドの値であり、CEとも呼ばれます。
adapt(Runnable) - クラスjava.util.concurrent.ForkJoinTaskのstaticメソッド
指定されたRunnablerunメソッドをアクションとして実行する新しいForkJoinTaskを返し、ForkJoinTask.join()実行時にnullの結果を返します。
adapt(Runnable, T) - クラスjava.util.concurrent.ForkJoinTaskのstaticメソッド
指定されたRunnablerunメソッドをアクションとして実行する新しいForkJoinTaskを返し、ForkJoinTask.join()実行時に指定された結果を返します。
adapt(Callable<? extends T>) - クラスjava.util.concurrent.ForkJoinTaskのstaticメソッド
指定されたCallablecallメソッドをアクションとして実行する新しいForkJoinTaskを返し、その結果をForkJoinTask.join()実行時に返し、発生したチェック例外をRuntimeExceptionに変換します。
adapter_id() - インタフェースorg.omg.PortableInterceptor.ServerRequestInfoOperationsのメソッド
オブジェクト・アダプタの不透明な識別子を返します。
adapter_manager_state_changed(int, short) - インタフェースorg.omg.PortableInterceptor.IORInterceptor_3_0Operationsのメソッド
アダプタ・マネージャの状態が変更されたときに呼び出されます。
adapter_name() - インタフェースorg.omg.PortableInterceptor.ObjectReferenceTemplateのメソッド
 
adapter_name() - インタフェースorg.omg.PortableInterceptor.ServerRequestInfoOperationsのメソッド
この要求を処理中のオブジェクト・アダプタ・インスタンスを識別する一連の文字列を返します。
adapter_state_changed(ObjectReferenceTemplate[], short) - インタフェースorg.omg.PortableInterceptor.IORInterceptor_3_0Operationsのメソッド
オブジェクト・アダプタの状態が変更されたときに呼び出されます。状態の変更は、アダプタ・マネージャによって引き起こされたものではありません。
adapter_template() - インタフェースorg.omg.PortableInterceptor.IORInfoOperationsのメソッド
直前にIORインスペクタを作成して実行中であるオブジェクト・アダプタの、オブジェクト参照テンプレートを返します。
AdapterActivator - org.omg.PortableServerのインタフェース
アダプタ・アクティベータは、子POA (POAの子供のどれか)の名前を指定する要求を受信したときの副作用として、またはactivateパラメータ値をTRUEに設定してfind_POAを呼び出したときに、POAが必要に応じて子POAを作成できるようにします。
AdapterActivatorOperations - org.omg.PortableServerのインタフェース
アダプタ・アクティベータは、子POA (POAの子供のどれか)の名前を指定する要求を受信したときの副作用として、またはactivateパラメータ値をTRUEに設定してfind_POAを呼び出したときに、POAが必要に応じて子POAを作成できるようにします。
AdapterAlreadyExists - org.omg.PortableServer.POAPackageの例外
org/omg/PortableServer/POAPackage/AdapterAlreadyExists.java。
AdapterAlreadyExists() - 例外org.omg.PortableServer.POAPackage.AdapterAlreadyExistsのコンストラクタ
 
AdapterAlreadyExists(String) - 例外org.omg.PortableServer.POAPackage.AdapterAlreadyExistsのコンストラクタ
 
AdapterAlreadyExistsHelper - org.omg.PortableServer.POAPackageのクラス
org/omg/PortableServer/POAPackage/AdapterAlreadyExistsHelper.java。
AdapterAlreadyExistsHelper() - クラスorg.omg.PortableServer.POAPackage.AdapterAlreadyExistsHelperのコンストラクタ
 
AdapterInactive - org.omg.PortableServer.POAManagerPackageの例外
org/omg/PortableServer/POAManagerPackage/AdapterInactive.java。
AdapterInactive() - 例外org.omg.PortableServer.POAManagerPackage.AdapterInactiveのコンストラクタ
 
AdapterInactive(String) - 例外org.omg.PortableServer.POAManagerPackage.AdapterInactiveのコンストラクタ
 
AdapterInactiveHelper - org.omg.PortableServer.POAManagerPackageのクラス
org/omg/PortableServer/POAManagerPackage/AdapterInactiveHelper.java。
AdapterInactiveHelper() - クラスorg.omg.PortableServer.POAManagerPackage.AdapterInactiveHelperのコンストラクタ
 
AdapterManagerIdHelper - org.omg.PortableInterceptorのクラス
アダプタ・マネージャ識別子です。
AdapterManagerIdHelper() - クラスorg.omg.PortableInterceptor.AdapterManagerIdHelperのコンストラクタ
 
AdapterNameHelper - org.omg.PortableInterceptorのクラス
オブジェクト・アダプタの名前です。
AdapterNameHelper() - クラスorg.omg.PortableInterceptor.AdapterNameHelperのコンストラクタ
 
AdapterNonExistent - org.omg.PortableServer.POAPackageの例外
org/omg/PortableServer/POAPackage/AdapterNonExistent.java。
AdapterNonExistent() - 例外org.omg.PortableServer.POAPackage.AdapterNonExistentのコンストラクタ
 
AdapterNonExistent(String) - 例外org.omg.PortableServer.POAPackage.AdapterNonExistentのコンストラクタ
 
AdapterNonExistentHelper - org.omg.PortableServer.POAPackageのクラス
org/omg/PortableServer/POAPackage/AdapterNonExistentHelper.java。
AdapterNonExistentHelper() - クラスorg.omg.PortableServer.POAPackage.AdapterNonExistentHelperのコンストラクタ
 
AdapterStateHelper - org.omg.PortableInterceptorのクラス
オブジェクト・アダプタの状態のタイプです。
AdapterStateHelper() - クラスorg.omg.PortableInterceptor.AdapterStateHelperのコンストラクタ
 
add(ComponentListener, ComponentListener) - クラスjava.awt.AWTEventMulticasterのstaticメソッド
component-listener-aとcomponent-listener-bを加え、結果として得られるマルチキャスト・リスナーを返します。
add(ContainerListener, ContainerListener) - クラスjava.awt.AWTEventMulticasterのstaticメソッド
container-listener-aとcontainer-listener-bを加え、結果として得られるマルチキャスト・リスナーを返します。
add(FocusListener, FocusListener) - クラスjava.awt.AWTEventMulticasterのstaticメソッド
focus-listener-aとfocus-listener-bを加え、結果として得られるマルチキャスト・リスナーを返します。
add(KeyListener, KeyListener) - クラスjava.awt.AWTEventMulticasterのstaticメソッド
key-listener-aとkey-listener-bを加え、結果として得られるマルチキャスト・リスナーを返します。
add(MouseListener, MouseListener) - クラスjava.awt.AWTEventMulticasterのstaticメソッド
mouse-listener-aとmouse-listener-bを加え、結果として得られるマルチキャスト・リスナーを返します。
add(MouseMotionListener, MouseMotionListener) - クラスjava.awt.AWTEventMulticasterのstaticメソッド
mouse-motion-listener-aとmouse-motion-listener-bを加え、結果として得られるマルチキャスト・リスナーを返します。
add(WindowListener, WindowListener) - クラスjava.awt.AWTEventMulticasterのstaticメソッド
window-listener-aとwindow-listener-bを加え、結果として得られるマルチキャスト・リスナーを返します。
add(WindowStateListener, WindowStateListener) - クラスjava.awt.AWTEventMulticasterのstaticメソッド
window-state-listener-aとwindow-state-listener-bを加え、結果として得られるマルチキャスト・リスナーを返します。
add(WindowFocusListener, WindowFocusListener) - クラスjava.awt.AWTEventMulticasterのstaticメソッド
window-focus-listener-aとwindow-focus-listener-bを加え、結果として得られるマルチキャスト・リスナーを返します。
add(ActionListener, ActionListener) - クラスjava.awt.AWTEventMulticasterのstaticメソッド
action-listener-aとaction-listener-bを加え、結果として得られるマルチキャスト・リスナーを返します。
add(ItemListener, ItemListener) - クラスjava.awt.AWTEventMulticasterのstaticメソッド
item-listener-aとitem-listener-bを加え、結果として得られるマルチキャスト・リスナーを返します。
add(AdjustmentListener, AdjustmentListener) - クラスjava.awt.AWTEventMulticasterのstaticメソッド
adjustment-listener-aとadjustment-listener-bを加え、結果として得られるマルチキャスト・リスナーを返します。
add(TextListener, TextListener) - クラスjava.awt.AWTEventMulticasterのstaticメソッド
 
add(InputMethodListener, InputMethodListener) - クラスjava.awt.AWTEventMulticasterのstaticメソッド
input-method-listener-aとinput-method-listener-bを加え、結果として得られるマルチキャスト・リスナーを返します。
add(HierarchyListener, HierarchyListener) - クラスjava.awt.AWTEventMulticasterのstaticメソッド
hierarchy-listener-aとhierarchy-listener-bを加え、結果として得られるマルチキャスト・リスナーを返します。
add(HierarchyBoundsListener, HierarchyBoundsListener) - クラスjava.awt.AWTEventMulticasterのstaticメソッド
hierarchy-bounds-listener-aとhierarchy-bounds-listener-bを加え、結果として得られるマルチキャスト・リスナーを返します。
add(MouseWheelListener, MouseWheelListener) - クラスjava.awt.AWTEventMulticasterのstaticメソッド
mouse-wheel-listener-aとmouse-wheel-listener-bを加え、結果として得られるマルチキャスト・リスナーを返します。
add(String) - クラスjava.awt.Choiceのメソッド
このChoiceメニューに項目を追加します。
add(PopupMenu) - クラスjava.awt.Componentのメソッド
指定されたポップアップ・メニューをコンポーネントに追加します。
add(Component) - クラスjava.awt.Containerのメソッド
指定されたコンポーネントをこのコンテナの最後に追加します。
add(String, Component) - クラスjava.awt.Containerのメソッド
指定されたコンポーネントをこのコンテナに追加します。
add(Component, int) - クラスjava.awt.Containerのメソッド
指定されたコンポーネントを、このコンテナの指定された位置に追加します。
add(Component, Object) - クラスjava.awt.Containerのメソッド
指定されたコンポーネントをこのコンテナの末尾に追加します。
add(Component, Object, int) - クラスjava.awt.Containerのメソッド
指定されたコンポーネントを、指定されたインデックスと指定された制約で、コンテナへ追加します。
add(Area) - クラスjava.awt.geom.Areaのメソッド
指定されたAreaの形状をこのAreaの形状に追加します。
add(double, double) - クラスjava.awt.geom.Rectangle2Dのメソッド
倍精度のnewx引数およびnewy引数で指定された点をこのRectangle2Dに追加します。
add(Point2D) - クラスjava.awt.geom.Rectangle2Dのメソッド
Point2DオブジェクトptをこのRectangle2Dに追加します。
add(Rectangle2D) - クラスjava.awt.geom.Rectangle2Dのメソッド
Rectangle2DオブジェクトをこのRectangle2Dに追加します。
add(Object) - クラスjava.awt.image.renderable.ParameterBlockのメソッド
オブジェクトをパラメータのリストに追加します。
add(byte) - クラスjava.awt.image.renderable.ParameterBlockのメソッド
Byteをパラメータのリストに追加します。
add(char) - クラスjava.awt.image.renderable.ParameterBlockのメソッド
Characterをパラメータのリストに追加します。
add(short) - クラスjava.awt.image.renderable.ParameterBlockのメソッド
Shortをパラメータのリストに追加します。
add(int) - クラスjava.awt.image.renderable.ParameterBlockのメソッド
Integerをパラメータのリストに追加します。
add(long) - クラスjava.awt.image.renderable.ParameterBlockのメソッド
Longをパラメータのリストに追加します。
add(float) - クラスjava.awt.image.renderable.ParameterBlockのメソッド
Floatをパラメータのリストに追加します。
add(double) - クラスjava.awt.image.renderable.ParameterBlockのメソッド
Doubleをパラメータのリストに追加します。
add(String) - クラスjava.awt.Listのメソッド
指定された項目をスクロール・リストの末尾に追加します。
add(String, int) - クラスjava.awt.Listのメソッド
指定された項目を、インデックスで指定された位置でスクロール・リストに追加します。
add(MenuItem) - クラスjava.awt.Menuのメソッド
指定されたメニュー項目をこのメニューに追加します。
add(String) - クラスjava.awt.Menuのメソッド
指定されたラベルを持つ項目をこのメニューに追加します。
add(Menu) - クラスjava.awt.MenuBarのメソッド
指定されたメニューをメニュー・バーに追加します。
add(int, int) - クラスjava.awt.Rectangleのメソッド
整数の引数newx,newyによって指定された点をこのRectangleの境界に追加します。
add(Point) - クラスjava.awt.Rectangleのメソッド
指定されたPointをこのRectangleの境界に追加します。
add(Rectangle) - クラスjava.awt.Rectangleのメソッド
RectangleをこのRectangleに追加します。
add(RenderingHints) - クラスjava.awt.RenderingHintsのメソッド
指定されたRenderingHintsオブジェクトのすべてのキーとそれに対応する値をこのRenderingHintsオブジェクトに追加します。
add(TrayIcon) - クラスjava.awt.SystemTrayのメソッド
SystemTrayTrayIconを追加します。
add(Object) - クラスjava.beans.beancontext.BeanContextSupportのメソッド
このBeanContext内に子を追加、すなわち入れ子にします。
add(BigDecimal) - クラスjava.math.BigDecimalのメソッド
値が(this+augend)でスケールがmax(this.scale(), augend.scale())であるBigDecimalを返します。
add(BigDecimal, MathContext) - クラスjava.math.BigDecimalのメソッド
コンテキスト設定に従った丸めを使用して、値が(this+augend)であるBigDecimalを返します。
add(BigInteger) - クラスjava.math.BigIntegerのメソッド
値が(this+val)であるBigIntegerを返します。
add(URI, HttpCookie) - インタフェースjava.net.CookieStoreのメソッド
1つのHTTP Cookieをストアに追加します。
add(Permission) - クラスjava.security.PermissionCollectionのメソッド
アクセス権オブジェクトの現在のコレクションにアクセス権オブジェクトを追加します。
add(Permission) - クラスjava.security.Permissionsのメソッド
指定されたpermissionオブジェクトを、それが属するクラスのPermissionCollectionに追加します。
add(E) - クラスjava.util.AbstractCollectionのメソッド
指定された要素がこのコレクションに格納されていることを保証します(オプションの操作)。
add(E) - クラスjava.util.AbstractListのメソッド
指定された要素をこのリストの最後に追加します(オプションの操作)。
add(int, E) - クラスjava.util.AbstractListのメソッド
このリスト内の指定された位置に、指定された要素を挿入します(オプションの操作)。
add(E) - クラスjava.util.AbstractQueueのメソッド
容量制限に違反することなく、指定された要素をこのキューにすぐに挿入できる場合はそうします。成功した場合はtrueを返し、その時点で使用可能な空き領域が存在しない場合はIllegalStateExceptionをスローします。
add(int, E) - クラスjava.util.AbstractSequentialListのメソッド
このリスト内の指定された位置に、指定された要素を挿入します(オプションの操作)。
add(E) - クラスjava.util.ArrayDequeのメソッド
指定された要素をこの両端キューの末尾に挿入します。
add(E) - クラスjava.util.ArrayListのメソッド
リストの最後に、指定された要素を追加します。
add(int, E) - クラスjava.util.ArrayListのメソッド
リスト内の指定された位置に指定された要素を挿入します。
add(int, int) - クラスjava.util.Calendarのメソッド
カレンダの規則に基づいて、指定された時間量を指定されたカレンダ・フィールドに加算または減算します。
add(E) - インタフェースjava.util.Collectionのメソッド
指定された要素がこのコレクションに格納されていることを保証します(オプションの操作)。
add(E) - クラスjava.util.concurrent.ArrayBlockingQueueのメソッド
キューの容量を超えずにすぐ実行できる場合は、指定された要素をこのキューの末尾に挿入します。成功した場合はtrueを返し、キューがいっぱいの場合はIllegalStateExceptionをスローします。
add(double) - クラスjava.util.concurrent.atomic.DoubleAdderのメソッド
指定された値を加算します。
add(long) - クラスjava.util.concurrent.atomic.LongAdderのメソッド
指定された値を加算します。
add(E) - インタフェースjava.util.concurrent.BlockingDequeのメソッド
指定された要素を、この両端キューで表されるキュー(つまり、この両端キューの末尾)に、容量制限に違反することなしにすぐに挿入できる場合には、そうします。成功した場合はtrueを返し、使用可能な空き領域がその時点で存在しない場合はIllegalStateExceptionをスローします。
add(E) - インタフェースjava.util.concurrent.BlockingQueueのメソッド
容量制限に違反することなく、指定された要素をこのキューにすぐに挿入できる場合はそうします。成功した場合はtrueを返し、その時点で使用可能な空き領域が存在しない場合はIllegalStateExceptionをスローします。
add(K) - クラスjava.util.concurrent.ConcurrentHashMap.KeySetViewのメソッド
バッキング・マップ内のデフォルトのマップされた値(定義されている場合)にキーをマップすることにより、指定されたキーをこのセット・ビューに追加します。
add(E) - クラスjava.util.concurrent.ConcurrentLinkedDequeのメソッド
指定された要素をこの両端キューの末尾に挿入します。
add(E) - クラスjava.util.concurrent.ConcurrentLinkedQueueのメソッド
キューの末尾に、指定された要素を挿入します。
add(E) - クラスjava.util.concurrent.ConcurrentSkipListSetのメソッド
指定された要素がセットの要素として存在しない場合に、その要素をセットに追加します。
add(E) - クラスjava.util.concurrent.CopyOnWriteArrayListのメソッド
リストの最後に、指定された要素を追加します。
add(int, E) - クラスjava.util.concurrent.CopyOnWriteArrayListのメソッド
リスト内の指定された位置に指定された要素を挿入します。
add(E) - クラスjava.util.concurrent.CopyOnWriteArraySetのメソッド
指定された要素がセットの要素として存在しない場合に、その要素をセットに追加します。
add(E) - クラスjava.util.concurrent.DelayQueueのメソッド
指定された要素をこの遅延キューに挿入します。
add(E) - クラスjava.util.concurrent.LinkedBlockingDequeのメソッド
容量制限に違反しないかぎり、指定された要素をこの両端キューの末尾に挿入します。
add(E) - クラスjava.util.concurrent.LinkedTransferQueueのメソッド
キューの末尾に、指定された要素を挿入します。
add(E) - クラスjava.util.concurrent.PriorityBlockingQueueのメソッド
指定された要素をこの優先度キューに挿入します。
add(E) - インタフェースjava.util.Dequeのメソッド
指定された要素を、この両端キューで表されるキュー(つまり、この両端キューの末尾)に、容量制限に違反することなしにすぐに挿入できる場合には、そうします。成功した場合はtrueを返し、使用可能な空き領域がその時点で存在しない場合はIllegalStateExceptionをスローします。
add(int, int) - クラスjava.util.GregorianCalendarのメソッド
カレンダの規則に基づいて、指定された(符号付きの)時間量を、指定されたカレンダ・フィールドに加えます。
add(E) - クラスjava.util.HashSetのメソッド
指定された要素がセットの要素として存在しない場合に、その要素をセットに追加します。
add(E) - クラスjava.util.LinkedListのメソッド
リストの最後に、指定された要素を追加します。
add(int, E) - クラスjava.util.LinkedListのメソッド
リスト内の指定された位置に指定された要素を挿入します。
add(E) - インタフェースjava.util.Listのメソッド
指定された要素をこのリストの最後に追加します(オプションの操作)。
add(int, E) - インタフェースjava.util.Listのメソッド
このリスト内の指定された位置に、指定された要素を挿入します(オプションの操作)。
add(E) - インタフェースjava.util.ListIteratorのメソッド
指定された要素をリストに挿入します(オプションの操作)。
add(E) - クラスjava.util.PriorityQueueのメソッド
指定された要素をこの優先度キューに挿入します。
add(E) - インタフェースjava.util.Queueのメソッド
容量制限に違反することなく、指定された要素をこのキューにすぐに挿入できる場合はそうします。成功した場合はtrueを返し、その時点で使用可能な空き領域が存在しない場合はIllegalStateExceptionをスローします。
add(E) - インタフェースjava.util.Setのメソッド
指定された要素がセット内になかった場合、セットに追加します(オプションの操作)。
add(double) - インタフェースjava.util.stream.DoubleStream.Builderのメソッド
構築中のストリームに要素を追加します。
add(int) - インタフェースjava.util.stream.IntStream.Builderのメソッド
構築中のストリームに要素を追加します。
add(long) - インタフェースjava.util.stream.LongStream.Builderのメソッド
構築中のストリームに要素を追加します。
add(T) - インタフェースjava.util.stream.Stream.Builderのメソッド
構築中のストリームに要素を追加します。
add(CharSequence) - クラスjava.util.StringJoinerのメソッド
指定されたCharSequence値のコピーをStringJoiner値の次の要素として追加します。
add(E) - クラスjava.util.TreeSetのメソッド
指定された要素がセットの要素として存在しない場合に、その要素をセットに追加します。
add(E) - クラスjava.util.Vectorのメソッド
Vectorの末尾に指定の要素を追加します。
add(int, E) - クラスjava.util.Vectorのメソッド
Vector内の指定された位置に指定された要素を挿入します。
add(AccessibleRelation) - クラスjavax.accessibility.AccessibleRelationSetのメソッド
新しいリレーションを現在のリレーション・セットに追加します。
add(AccessibleState) - クラスjavax.accessibility.AccessibleStateSetのメソッド
新しい状態がない場合、新しい状態を現在の状態セットに追加します。
add(Attribute) - クラスjavax.management.AttributeListのメソッド
リストの最後の要素として、指定されたAttributeを追加します。
add(int, Attribute) - クラスjavax.management.AttributeListのメソッド
要素として指定された属性を指定された位置に挿入します。
add(Object) - クラスjavax.management.AttributeListのメソッド
リストの最後に、指定された要素を追加します。
add(int, Object) - クラスjavax.management.AttributeListのメソッド
リスト内の指定された位置に指定された要素を挿入します。
add(Role) - クラスjavax.management.relation.RoleListのメソッド
リストの最後の要素として、指定されたRoleを追加します。
add(int, Role) - クラスjavax.management.relation.RoleListのメソッド
要素として指定されたロールを指定の位置に挿入します。
add(Object) - クラスjavax.management.relation.RoleListのメソッド
 
add(int, Object) - クラスjavax.management.relation.RoleListのメソッド
 
add(RoleUnresolved) - クラスjavax.management.relation.RoleUnresolvedListのメソッド
リストの最後の要素として、指定されたRoleUnresolvedを追加します。
add(int, RoleUnresolved) - クラスjavax.management.relation.RoleUnresolvedListのメソッド
要素として指定された未解決のロールを指定の位置に挿入します。
add(Object) - クラスjavax.management.relation.RoleUnresolvedListのメソッド
 
add(int, Object) - クラスjavax.management.relation.RoleUnresolvedListのメソッド
 
add(String) - クラスjavax.naming.CompositeNameのメソッド
単一のコンポーネントをこの合成名の最後に追加します。
add(int, String) - クラスjavax.naming.CompositeNameのメソッド
単一のコンポーネントを、この合成名の指定した位置に追加します。
add(String) - クラスjavax.naming.CompoundNameのメソッド
単一のコンポーネントをこの複合名の最後に追加します。
add(int, String) - クラスjavax.naming.CompoundNameのメソッド
単一のコンポーネントを、この複合名の指定した位置に追加します。
add(Object) - インタフェースjavax.naming.directory.Attributeのメソッド
属性に新しい値を追加します。
add(int, Object) - インタフェースjavax.naming.directory.Attributeのメソッド
属性値を属性値の順序付けられたリストに追加します。
add(Object) - クラスjavax.naming.directory.BasicAttributeのメソッド
この属性に新しい値を追加します。
add(int, Object) - クラスjavax.naming.directory.BasicAttributeのメソッド
 
add(String) - クラスjavax.naming.ldap.LdapNameのメソッド
単一のコンポーネントをこのLDAP名の最後に追加します。
add(Rdn) - クラスjavax.naming.ldap.LdapNameのメソッド
単一のRDNをこのLDAP名の最後に追加します。
add(int, String) - クラスjavax.naming.ldap.LdapNameのメソッド
単一のコンポーネントを、このLDAP名の指定の位置に追加します。
add(int, Rdn) - クラスjavax.naming.ldap.LdapNameのメソッド
単一のRDNを、このLDAP名の指定の位置に追加します。
add(String) - インタフェースjavax.naming.Nameのメソッド
単一のコンポーネントをこの名前の最後に追加します。
add(int, String) - インタフェースjavax.naming.Nameのメソッド
単一のコンポーネントを、この名前の指定した位置に追加します。
add(RefAddr) - クラスjavax.naming.Referenceのメソッド
アドレス・リストの末尾にアドレスを追加します。
add(int, RefAddr) - クラスjavax.naming.Referenceのメソッド
アドレス・リストのインデックス位置にアドレスを追加します。
add(Attribute) - インタフェースjavax.print.attribute.AttributeSetのメソッド
属性をまだ保持していない場合、最初に指定された属性値と同じ属性カテゴリにある値を削除してから、属性セットに指定された属性を追加します。
add(Attribute) - インタフェースjavax.print.attribute.DocAttributeSetのメソッド
属性をまだ保持していない場合、最初に指定された属性値と同じ属性カテゴリにある値を削除してから、この属性セットに指定された属性を追加します(オプションの操作)。
add(Attribute) - クラスjavax.print.attribute.HashAttributeSetのメソッド
属性をまだ保持していない場合、最初に指定された属性値と同じ属性カテゴリにある属性値を削除してから、この属性セットに指定された属性を追加します。
add(Attribute) - インタフェースjavax.print.attribute.PrintJobAttributeSetのメソッド
属性をまだ保持していない場合、最初に指定された属性値と同じ属性カテゴリにある値を削除してから、この属性セットに指定された属性を追加します(オプションの操作)。
add(Attribute) - インタフェースjavax.print.attribute.PrintRequestAttributeSetのメソッド
属性をまだ保持していない場合、最初に指定された属性値と同じ属性カテゴリにある値を削除してから、この属性セットに指定された属性を追加します(オプションの操作)。
add(Attribute) - インタフェースjavax.print.attribute.PrintServiceAttributeSetのメソッド
属性をまだ保持していない場合、最初に指定された属性値と同じ属性カテゴリにある値を削除してから、この属性セットに指定された属性を追加します(オプションの操作)。
add(JobStateReason) - クラスjavax.print.attribute.standard.JobStateReasonsのメソッド
指定された要素がこのジョブ状態理由属性に未登録の場合にこれを追加します。
add(MidiEvent) - クラスjavax.sound.midi.Trackのメソッド
トラックに新しいイベントを追加します。
add(AbstractButton) - クラスjavax.swing.ButtonGroupのメソッド
グループにボタンを追加します。
add(int, E) - クラスjavax.swing.DefaultListModelのメソッド
リスト内の指定された位置に指定された要素を挿入します。
add(Class<T>, T) - クラスjavax.swing.event.EventListenerListのメソッド
指定された型のリスナーとしてリスナーを追加します。
add(JMenuItem) - クラスjavax.swing.JMenuのメソッド
このメニューの最後にメニュー項目を追加します。
add(Component) - クラスjavax.swing.JMenuのメソッド
このメニューの最後にコンポーネントを追加します。
add(Component, int) - クラスjavax.swing.JMenuのメソッド
指定されたコンポーネントを、このコンテナの指定された位置に追加します。
add(String) - クラスjavax.swing.JMenuのメソッド
指定されたテキストを持つ新しいメニュー項目を作成して、このメニューの末尾に追加します。
add(Action) - クラスjavax.swing.JMenuのメソッド
指定されたActionオブジェクトに属する新しいメニュー項目を作成し、それをこのメニューの末尾に追加します。
add(JMenu) - クラスjavax.swing.JMenuBarのメソッド
メニュー・バーの最後に、指定されたメニューを追加します。
add(JMenuItem) - クラスjavax.swing.JPopupMenuのメソッド
指定されたメニュー項目をメニューの末尾に追加します。
add(String) - クラスjavax.swing.JPopupMenuのメソッド
指定されたテキストを持つ新しいメニュー項目を作成して、このメニューの末尾に追加します。
add(Action) - クラスjavax.swing.JPopupMenuのメソッド
メニューの末尾に、指定されたActionオブジェクトをディスパッチするメニュー項目を追加します。
add(Component) - クラスjavax.swing.JTabbedPaneのメソッド
component.getNameの呼出しの結果であるコンポーネントの名前がデフォルトで設定されたタブ・タイトルを持つcomponentを追加します。
add(String, Component) - クラスjavax.swing.JTabbedPaneのメソッド
指定されたタブ・タイトルを持つcomponentを追加します。
add(Component, int) - クラスjavax.swing.JTabbedPaneのメソッド
コンポーネントの名前がデフォルトで設定されたタブ・タイトルを持つcomponentを、指定されたタブ・インデックス位置に追加します。
add(Component, Object) - クラスjavax.swing.JTabbedPaneのメソッド
タブ・ペインにcomponentを追加します。
add(Component, Object, int) - クラスjavax.swing.JTabbedPaneのメソッド
指定したタブのインデックスにcomponentを追加します。
add(Action) - クラスjavax.swing.JToolBarのメソッド
アクションをディスパッチする新しいJButtonを追加します。
add(MutableTreeNode) - クラスjavax.swing.tree.DefaultMutableTreeNodeのメソッド
newChildをその親から削除し、このノードの子配列の末尾に追加して、このノードの子にします。
add(Duration) - クラスjavax.xml.datatype.Durationのメソッド
値がthis+rhsである新しいデュレーションを計算します。
add(Duration) - クラスjavax.xml.datatype.XMLGregorianCalendarのメソッド
このインスタンスにdurationを追加します。
add(XMLEvent) - インタフェースjavax.xml.stream.util.XMLEventConsumerのメソッド
このメソッドは、コンシューマにイベントを追加します。
add(XMLEvent) - インタフェースjavax.xml.stream.XMLEventWriterのメソッド
出力ストリームにイベントを追加します。START_ELEMENTを追加すると、新しい名前空間のスコープが開きます。これは、対応するEND_ELEMENTが書き込まれると閉じます。
add(XMLEventReader) - インタフェースjavax.xml.stream.XMLEventWriterのメソッド
ストリーム全体を出力ストリームに追加し、hasNext()がfalseを返すまでinputStream引数でnext()を呼び出します。これは、イベント・リーダー内のすべてのイベントに対する後続のループを実行し、各イベントでaddを呼び出すための便利な方法として使用するようにします。
add(GSSName, int, int, Oid, int) - インタフェースorg.ietf.jgss.GSSCredentialのメソッド
メカニズム固有の資格要素を既存の資格に追加します。
add(String) - クラスorg.omg.CORBA.ContextListのメソッド
StringオブジェクトをこのContextListオブジェクトに追加します。
add(TypeCode) - クラスorg.omg.CORBA.ExceptionListのメソッド
このExceptionListオブジェクトに例外を記述するTypeCodeオブジェクトを追加します。
add(int) - クラスorg.omg.CORBA.NVListのメソッド
指定されたフラグで初期化されたNamedValueオブジェクトを新規作成し、それをこのNVListオブジェクトの末尾に追加します。
ADD_ATTRIBUTE - インタフェースjavax.naming.directory.DirContextのstatic変数
この定数は、指定された値で属性を追加することを指定します。
add_client_request_interceptor(ClientRequestInterceptor) - インタフェースorg.omg.PortableInterceptor.ORBInitInfoOperationsのメソッド
クライアント側の要求インタセプタをクライアント側の要求インタセプタのリストに追加します。
ADD_FILE - 列挙java.nio.file.attribute.AclEntryPermissionのstatic変数
ディレクトリに新しいファイルを追加する権限(AclEntryPermission.WRITE_DATAと等価)
add_in_arg() - クラスorg.omg.CORBA.Requestのメソッド
入力引数を作成し、その入力引数をこのRequestオブジェクトに追加します。
add_inout_arg() - クラスorg.omg.CORBA.Requestのメソッド
入出力引数をこのRequestオブジェクトに追加します。
add_ior_component(TaggedComponent) - インタフェースorg.omg.PortableInterceptor.IORInfoOperationsのメソッド
移植性のあるORBサービス実装では、establish_componentsのORB実装からadd_ior_componentを呼び出して、IORの作成時に格納されるコンポーネント・セットにタグ付きコンポーネントを追加します。
add_ior_component_to_profile(TaggedComponent, int) - インタフェースorg.omg.PortableInterceptor.IORInfoOperationsのメソッド
移植性のあるORBサービス実装では、establish_componentsのORB実装からadd_ior_component_to_profileを呼び出して、IORの作成時に格納されるコンポーネント・セットにタグ付きコンポーネントを追加します。
add_ior_interceptor(IORInterceptor) - インタフェースorg.omg.PortableInterceptor.ORBInitInfoOperationsのメソッド
IORインタセプタをIORインタセプタのリストに追加します。
add_item(String, int) - クラスorg.omg.CORBA.NVListのメソッド
指定された名前とフラグで初期化された新しいNamedValueオブジェクトを作成し、それをこのNVListオブジェクトの末尾に追加します。
add_named_in_arg(String) - クラスorg.omg.CORBA.Requestのメソッド
指定された名前の入力引数を作成し、その入力引数をこのRequestオブジェクトに追加します。
add_named_inout_arg(String) - クラスorg.omg.CORBA.Requestのメソッド
指定された名前の入出力引数をこのRequestオブジェクトに追加します。
add_named_out_arg(String) - クラスorg.omg.CORBA.Requestのメソッド
指定された名前の出力引数をこのRequestオブジェクトに追加します。
add_out_arg() - クラスorg.omg.CORBA.Requestのメソッド
出力引数をこのRequestオブジェクトに追加します。
ADD_OVERRIDE - クラスorg.omg.CORBA.SetOverrideTypeのstatic変数
列挙型値ADD_OVERRIDEのSetOverrideType定数です。
add_reply_service_context(ServiceContext, boolean) - インタフェースorg.omg.PortableInterceptor.ServerRequestInfoOperationsのメソッド
インタセプタがサービス・コンテキストを要求に追加できるようにします。
add_request_service_context(ServiceContext, boolean) - インタフェースorg.omg.PortableInterceptor.ClientRequestInfoOperationsのメソッド
インタセプタがサービス・コンテキストを要求に追加できるようにします。
add_server_request_interceptor(ServerRequestInterceptor) - インタフェースorg.omg.PortableInterceptor.ORBInitInfoOperationsのメソッド
サーバー側の要求インタセプタをサーバー側の要求インタセプタのリストに追加します。
ADD_SUBDIRECTORY - 列挙java.nio.file.attribute.AclEntryPermissionのstatic変数
ディレクトリにサブディレクトリを作成する権限(AclEntryPermission.APPEND_DATAと等価)
add_value(String, Any, int) - クラスorg.omg.CORBA.NVListのメソッド
指定された名前、値、およびフラグで初期化された新しいNamedValueオブジェクトを作成し、それをこのNVListオブジェクトの末尾に追加します。
addAccessibleSelection(int) - クラスjava.awt.List.AccessibleAWTListのメソッド
オブジェクト内の指定された選択項目をオブジェクトの選択に追加します。
addAccessibleSelection(int) - クラスjava.awt.MenuComponent.AccessibleAWTMenuComponentのメソッド
オブジェクトの指定されたAccessible子をオブジェクトの選択に追加します。
addAccessibleSelection(int) - インタフェースjavax.accessibility.AccessibleSelectionのメソッド
オブジェクトの指定されたAccessible子をオブジェクトの選択に追加します。
addAccessibleSelection(int) - クラスjavax.swing.JComboBox.AccessibleJComboBoxのメソッド
オブジェクトの指定されたAccessible子をオブジェクトの選択に追加します。
addAccessibleSelection(int) - クラスjavax.swing.JList.AccessibleJListのメソッド
オブジェクト内の指定された選択項目をオブジェクトの選択に追加します。
addAccessibleSelection(int) - クラスjavax.swing.JMenu.AccessibleJMenuのメソッド
メニューのi番目のメニューを選択します。
addAccessibleSelection(int) - クラスjavax.swing.JMenuBar.AccessibleJMenuBarのメソッド
表示させるメニュー・バーのn番目のメニューを選択します。
addAccessibleSelection(int) - クラスjavax.swing.JTabbedPane.AccessibleJTabbedPaneのメソッド
 
addAccessibleSelection(int) - クラスjavax.swing.JTable.AccessibleJTableのメソッド
オブジェクトの指定されたAccessible子をオブジェクトの選択に追加します。
addAccessibleSelection(int) - クラスjavax.swing.JTree.AccessibleJTree.AccessibleJTreeNodeのメソッド
オブジェクト内の指定された選択項目をオブジェクトの選択に追加します。
addAccessibleSelection(int) - クラスjavax.swing.JTree.AccessibleJTreeのメソッド
オブジェクト内の指定された選択項目をオブジェクトの選択に追加します。
addActionForKeyStroke(KeyStroke, Action) - インタフェースjavax.swing.text.Keymapのメソッド
キーマップに割り当てを追加します。
addActionListener(ActionListener) - クラスjava.awt.Buttonのメソッド
このボタンからアクション・イベントを受け取るために、指定されたアクション・リスナーを追加します。
addActionListener(ActionListener) - クラスjava.awt.Listのメソッド
このリストからアクション・イベントを受け取るために、指定されたアクション・リスナーを追加します。
addActionListener(ActionListener) - クラスjava.awt.MenuItemのメソッド
このメニュー項目からアクション・イベントを受け取るために、指定されたアクション・リスナーを追加します。
addActionListener(ActionListener) - クラスjava.awt.TextFieldのメソッド
このテキスト・フィールドからアクション・イベントを受け取るために、指定されたアクション・リスナーを追加します。
addActionListener(ActionListener) - クラスjava.awt.TrayIconのメソッド
このTrayIconからActionEventを受け取るために、指定されたアクション・リスナーを追加します。
addActionListener(ActionListener) - クラスjavax.swing.AbstractButtonのメソッド
ボタンにActionListenerを追加します。
addActionListener(ActionListener) - インタフェースjavax.swing.ButtonModelのメソッド
モデルにActionListenerを追加します。
addActionListener(ActionListener) - インタフェースjavax.swing.ComboBoxEditorのメソッド
ActionListenerを追加します。
addActionListener(ActionListener) - クラスjavax.swing.DefaultButtonModelのメソッド
モデルにActionListenerを追加します。
addActionListener(ActionListener) - クラスjavax.swing.JComboBoxのメソッド
ActionListenerを追加します。
addActionListener(ActionListener) - クラスjavax.swing.JFileChooserのメソッド
ファイル・チューザにActionListenerを追加します。
addActionListener(ActionListener) - クラスjavax.swing.JTextFieldのメソッド
アクション・イベントをこのテキスト・フィールドから受け取るために、指定されたアクション・リスナーを追加します。
addActionListener(ActionListener) - クラスjavax.swing.plaf.basic.BasicComboBoxEditorのメソッド
 
addActionListener(ActionListener) - クラスjavax.swing.Timerのメソッド
Timerにアクション・リスナーを追加します。
addAdjustmentListener(AdjustmentListener) - インタフェースjava.awt.Adjustableのメソッド
調整可能なオブジェクトの値が変わったときに調整イベントを受け取るためのリスナーを追加します。
addAdjustmentListener(AdjustmentListener) - クラスjava.awt.Scrollbarのメソッド
このスクロール・バーからAdjustmentEventのインスタンスを受け取るために、指定された調整リスナーを追加します。
addAdjustmentListener(AdjustmentListener) - クラスjava.awt.ScrollPaneAdjustableのメソッド
このScrollPaneAdjustableから調整イベントを受け取るために、指定された調整リスナーを追加します。
addAdjustmentListener(AdjustmentListener) - クラスjavax.swing.JScrollBarのメソッド
AdjustmentListenerを追加します。
addAll(Collection) - クラスjava.beans.beancontext.BeanContextSupportのメソッド
ChildrenのセットにCollectionを追加します(サポートされていない)。実装では、階層のロックおよび「子」のprotectedフィールドについて同期をとる必要があります。
addAll(Collection<? extends E>) - クラスjava.util.AbstractCollectionのメソッド
指定されたコレクションのすべての要素をこのコレクションに追加します(オプションの操作)。
addAll(int, Collection<? extends E>) - クラスjava.util.AbstractListのメソッド
指定されたコレクション内のすべての要素を、リストの指定された位置に挿入します(オプションの操作)。
addAll(Collection<? extends E>) - クラスjava.util.AbstractQueueのメソッド
指定されたコレクション内のすべての要素をこのキューに追加します。
addAll(int, Collection<? extends E>) - クラスjava.util.AbstractSequentialListのメソッド
指定されたコレクション内のすべての要素を、リストの指定された位置に挿入します(オプションの操作)。
addAll(Collection<? extends E>) - クラスjava.util.ArrayListのメソッド
指定されたコレクション内のすべての要素を、指定されたコレクションのイテレータによって返される順序でリストの最後に追加します。
addAll(int, Collection<? extends E>) - クラスjava.util.ArrayListのメソッド
指定されたコレクション内のすべての要素を、リストの指定された位置に挿入します。
addAll(Collection<? extends E>) - インタフェースjava.util.Collectionのメソッド
指定されたコレクションのすべての要素をこのコレクションに追加します(オプションの操作)。
addAll(Collection<? super T>, T...)- クラスjava.util.Collections内のstaticメソッド
指定されたすべての要素を指定されたコレクションに追加します。
addAll(Collection<? extends K>) - クラスjava.util.concurrent.ConcurrentHashMap.KeySetViewのメソッド
指定されたコレクションのすべての要素を、各要素に対してConcurrentHashMap.KeySetView.add(K)を呼び出す場合と同様に、このセットに追加します。
addAll(Collection<? extends E>) - クラスjava.util.concurrent.ConcurrentLinkedDequeのメソッド
指定されたコレクション内のすべての要素を、指定されたコレクションのイテレータによって返される順序でこの両端キューの最後に追加します。
addAll(Collection<? extends E>) - クラスjava.util.concurrent.ConcurrentLinkedQueueのメソッド
指定されたコレクション内のすべての要素を、指定されたコレクションのイテレータによって返される順序でこのキューの最後に追加します。
addAll(Collection<? extends E>) - クラスjava.util.concurrent.CopyOnWriteArrayListのメソッド
指定されたコレクション内のすべての要素を、指定されたコレクションのイテレータによって返される順序でリストの最後に追加します。
addAll(int, Collection<? extends E>) - クラスjava.util.concurrent.CopyOnWriteArrayListのメソッド
指定されたコレクション内のすべての要素を、リストの指定された位置に挿入します。
addAll(Collection<? extends E>) - クラスjava.util.concurrent.CopyOnWriteArraySetのメソッド
指定されたコレクションのすべての要素について、その要素がこのセット内にない場合、セットに追加します。
addAll(Collection<? extends E>) - クラスjava.util.LinkedListのメソッド
指定されたコレクション内のすべての要素を、指定されたコレクションのイテレータによって返される順序でリストの最後に追加します。
addAll(int, Collection<? extends E>) - クラスjava.util.LinkedListのメソッド
指定されたコレクション内のすべての要素を、リストの指定された位置に挿入します。
addAll(Collection<? extends E>) - インタフェースjava.util.Listのメソッド
指定されたコレクション内のすべての要素を、指定されたコレクションのイテレータによって返される順序でリストの最後に追加します(オプションの操作)。
addAll(int, Collection<? extends E>) - インタフェースjava.util.Listのメソッド
指定されたコレクション内のすべての要素を、リストの指定された位置に挿入します(オプションの操作)。
addAll(Collection<? extends E>) - インタフェースjava.util.Setのメソッド
指定されたコレクションのすべての要素について、その要素がこのセット内にない場合、セットに追加します(オプションの操作)。
addAll(Collection<? extends E>) - クラスjava.util.TreeSetのメソッド
指定されたコレクション内のすべての要素をセットに追加します。
addAll(Collection<? extends E>) - クラスjava.util.Vectorのメソッド
指定されたCollection内のすべての要素をこのVectorの末尾に、そのCollectionのIteratorによって返される順序で追加します。
addAll(int, Collection<? extends E>) - クラスjava.util.Vectorのメソッド
指定されたCollection内のすべての要素を、Vectorの指定された位置に挿入します。
addAll(AccessibleRelation[]) - クラスjavax.accessibility.AccessibleRelationSetのメソッド
すべてのリレーションを既存のリレーション・セットに追加します。
addAll(AccessibleState[]) - クラスjavax.accessibility.AccessibleStateSetのメソッド
すべての状態を既存の状態セットに追加します。
addAll(AttributeList) - クラスjavax.management.AttributeListのメソッド
指定されたAttributeList内のすべての要素を、指定されたAttributeListのイテレータによって返される順番で、リストの末尾に付加します。
addAll(int, AttributeList) - クラスjavax.management.AttributeListのメソッド
指定されたAttributeList内のすべての要素を、指定されたAttributeListのイテレータによって返される順番で、指定の位置に挿入します。
addAll(Collection<?>)- クラスjavax.management.AttributeListのメソッド
指定されたコレクション内のすべての要素を、指定されたコレクションのイテレータによって返される順序でリストの最後に追加します。
addAll(int, Collection<?>)- クラスjavax.management.AttributeListのメソッド
指定されたコレクション内のすべての要素を、リストの指定された位置に挿入します。
addAll(RoleList) - クラスjavax.management.relation.RoleListのメソッド
指定されたRoleList内のすべての要素を、指定されたRoleListのイテレータによって返される順番で、リストの末尾に付加します。
addAll(int, RoleList) - クラスjavax.management.relation.RoleListのメソッド
指定されたRoleList内のすべての要素を、指定されたRoleListのイテレータによって返される順番で、指定の位置に挿入します。
addAll(Collection<?>)- クラスjavax.management.relation.RoleListのメソッド
 
addAll(int, Collection<?>)- クラスjavax.management.relation.RoleListのメソッド
 
addAll(RoleUnresolvedList) - クラスjavax.management.relation.RoleUnresolvedListのメソッド
指定されたRoleUnresolvedList内のすべての要素を、指定されたRoleUnresolvedListのイテレータによって返される順番で、リストの末尾に付加します。
addAll(int, RoleUnresolvedList) - クラスjavax.management.relation.RoleUnresolvedListのメソッド
指定されたRoleUnresolvedList内のすべての要素を、指定されたRoleUnresolvedListのイテレータによって返される順番で、指定の位置に挿入します。
addAll(Collection<?>)- クラスjavax.management.relation.RoleUnresolvedListのメソッド
 
addAll(int, Collection<?>)- クラスjavax.management.relation.RoleUnresolvedListのメソッド
 
addAll(Name) - クラスjavax.naming.CompositeNameのメソッド
合成名のコンポーネントを、この合成名の末尾に順に追加します。
addAll(int, Name) - クラスjavax.naming.CompositeNameのメソッド
合成名のコンポーネントを、この合成名の指定した位置に順に追加します。
addAll(Name) - クラスjavax.naming.CompoundNameのメソッド
複合名のコンポーネントを、この複合名の末尾に順に追加します。
addAll(int, Name) - クラスjavax.naming.CompoundNameのメソッド
複合名のコンポーネントを、この複合名の指定した位置に順に追加します。
addAll(Name) - クラスjavax.naming.ldap.LdapNameのメソッド
名前のコンポーネントを、この名前の末尾に順に追加します。
addAll(List<Rdn>) - クラスjavax.naming.ldap.LdapNameのメソッド
名前のRDNを、この名前の末尾に順に追加します。
addAll(int, Name) - クラスjavax.naming.ldap.LdapNameのメソッド
名前のコンポーネントを、この名前の指定した位置に順に追加します。
addAll(int, List<Rdn>) - クラスjavax.naming.ldap.LdapNameのメソッド
名前のRDNを、この名前の指定の位置に順に追加します。
addAll(Name) - インタフェースjavax.naming.Nameのメソッド
名前のコンポーネントを、この名前の末尾に順に追加します。
addAll(int, Name) - インタフェースjavax.naming.Nameのメソッド
名前のコンポーネントを、この名前の指定した位置に順に追加します。
addAll(AttributeSet) - インタフェースjavax.print.attribute.AttributeSetのメソッド
指定されたセットのすべての要素をこの属性に追加します。
addAll(AttributeSet) - インタフェースjavax.print.attribute.DocAttributeSetのメソッド
指定されたセットのすべての要素をこの属性に追加します。
addAll(AttributeSet) - クラスjavax.print.attribute.HashAttributeSetのメソッド
指定されたセットのすべての要素をこの属性に追加します。
addAll(AttributeSet) - インタフェースjavax.print.attribute.PrintJobAttributeSetのメソッド
指定されたセットのすべての要素をこの属性に追加します。
addAll(AttributeSet) - インタフェースjavax.print.attribute.PrintRequestAttributeSetのメソッド
指定されたセットのすべての要素をこの属性に追加します。
addAll(AttributeSet) - インタフェースjavax.print.attribute.PrintServiceAttributeSetのメソッド
指定されたセットのすべての要素をこの属性に追加します。
addAllAbsent(Collection<? extends E>) - クラスjava.util.concurrent.CopyOnWriteArrayListのメソッド
このリストに含まれていない、指定されたコレクション内のすべての要素を、指定されたコレクションのイテレータによって返される順序でこのリストの最後に追加します。
addAncestorListener(AncestorListener) - クラスjavax.swing.JComponentのメソッド
listenerを登録し、コンポーネントまたはその祖先が移動するか、あるいは可視または不可視になるときにそのリスナーがAncestorEventsを受け取れるようにします。
addAndGet(int) - クラスjava.util.concurrent.atomic.AtomicIntegerのメソッド
指定された値を現在の値に原子的に追加します。
addAndGet(int, int) - クラスjava.util.concurrent.atomic.AtomicIntegerArrayのメソッド
指定された値をインデックスiの要素に原子的に追加します。
addAndGet(T, int) - クラスjava.util.concurrent.atomic.AtomicIntegerFieldUpdaterのメソッド
このアップデータが管理する指定されたオブジェクトのフィールドの現在値に、指定された値を原子的に追加します。
addAndGet(long) - クラスjava.util.concurrent.atomic.AtomicLongのメソッド
指定された値を現在の値に原子的に追加します。
addAndGet(int, long) - クラスjava.util.concurrent.atomic.AtomicLongArrayのメソッド
指定された値をインデックスiの要素に原子的に追加します。
addAndGet(T, long) - クラスjava.util.concurrent.atomic.AtomicLongFieldUpdaterのメソッド
このアップデータが管理する指定されたオブジェクトのフィールドの現在値に、指定された値を原子的に追加します。
addAttachmentPart(AttachmentPart) - クラスjavax.xml.soap.SOAPMessageのメソッド
指定されたAttachmentPartオブジェクトをこのSOAPMessageオブジェクトに追加します。
addAttribute(AttributedCharacterIterator.Attribute, Object) - クラスjava.text.AttributedStringのメソッド
属性を文字列全体に追加します。
addAttribute(AttributedCharacterIterator.Attribute, Object, int, int) - クラスjava.text.AttributedStringのメソッド
属性を文字列の部分範囲に追加します。
addAttribute(String, String, int, boolean, String) - クラスjavax.imageio.metadata.IIOMetadataFormatImplのメソッド
新しい属性を、任意の値に設定できる事前に定義された要素に追加します。
addAttribute(String, String, int, boolean, String, List<String>) - クラスjavax.imageio.metadata.IIOMetadataFormatImplのメソッド
新しい属性を、列挙値のセットで定義される事前に定義された要素に追加します。
addAttribute(String, String, int, boolean, String, String, String, boolean, boolean) - クラスjavax.imageio.metadata.IIOMetadataFormatImplのメソッド
新しい属性を、値の範囲で定義される事前に定義された要素に追加します。
addAttribute(String, String, int, boolean, int, int) - クラスjavax.imageio.metadata.IIOMetadataFormatImplのメソッド
新しい属性を、値のリストで定義される事前に定義された要素に追加します。
addAttribute(Object, Object) - クラスjavax.swing.text.AbstractDocument.AbstractElementのメソッド
要素に属性を追加します。
addAttribute(AttributeSet, Object, Object) - インタフェースjavax.swing.text.AbstractDocument.AttributeContextのメソッド
指定されたセットに属性を追加し、その新しいセットを返します。
addAttribute(AttributeSet, Object, Object) - クラスjavax.swing.text.html.StyleSheetのメソッド
指定されたセットに属性を追加し、その新しいセットを返します。
addAttribute(Object, Object) - インタフェースjavax.swing.text.MutableAttributeSetのメソッド
指定された名前と値を持つ属性を保持することを除いて、これと同じ新しい属性セットを作成します。
addAttribute(Object, Object) - クラスjavax.swing.text.SimpleAttributeSetのメソッド
リストに属性を追加します。
addAttribute(AttributeSet, Object, Object) - クラスjavax.swing.text.StyleContextのメソッド
指定されたセットに属性を追加し、その新しいセットを返します。
addAttribute(Object, Object) - クラスjavax.swing.text.StyleContext.NamedStyleのメソッド
属性を追加します。
addAttribute(Name, String) - インタフェースjavax.xml.soap.SOAPElementのメソッド
指定の名前と値を保持する属性を、このSOAPElementオブジェクトに追加します。
addAttribute(QName, String) - インタフェースjavax.xml.soap.SOAPElementのメソッド
指定の名前と値を保持する属性を、このSOAPElementオブジェクトに追加します。
addAttribute(String, String, String, String, String) - クラスorg.xml.sax.ext.Attributes2Implのメソッド
リストの最後に属性を追加し、specifiedフラグをtrueに設定します。
addAttribute(String, String, String) - クラスorg.xml.sax.helpers.AttributeListImplのメソッド
非推奨。
属性リストに属性を追加します。
addAttribute(String, String, String, String, String) - クラスorg.xml.sax.helpers.AttributesImplのメソッド
リストの末尾に属性を追加します。
addAttributeChangeNotificationListener(NotificationListener, String, Object) - インタフェースjavax.management.modelmbean.ModelMBeanNotificationBroadcasterのメソッド
NotificationListenerインタフェースを実装するオブジェクトをリスナーとして登録します。
addAttributeChangeNotificationListener(NotificationListener, String, Object) - クラスjavax.management.modelmbean.RequiredModelMBeanのメソッド
 
addAttributes(Map<? extends AttributedCharacterIterator.Attribute,?>, int, int) - クラスjava.text.AttributedStringのメソッド
一連の属性を文字列の部分範囲に追加します。
addAttributes(AttributeSet) - クラスjavax.swing.text.AbstractDocument.AbstractElementのメソッド
属性セットを要素に追加します。
addAttributes(AttributeSet, AttributeSet) - インタフェースjavax.swing.text.AbstractDocument.AttributeContextのメソッド
属性セットを要素に追加します。
addAttributes(AttributeSet, AttributeSet) - クラスjavax.swing.text.html.StyleSheetのメソッド
属性セットを要素に追加します。
addAttributes(AttributeSet) - インタフェースjavax.swing.text.MutableAttributeSetのメソッド
指定された属性と値を持つことを除いて、これと同じ新しい属性セットを作成します。
addAttributes(AttributeSet) - クラスjavax.swing.text.SimpleAttributeSetのメソッド
属性セットをリストに追加します。
addAttributes(AttributeSet, AttributeSet) - クラスjavax.swing.text.StyleContextのメソッド
属性セットを要素に追加します。
addAttributes(AttributeSet) - クラスjavax.swing.text.StyleContext.NamedStyleのメソッド
属性セットを要素に追加します。
addAuxiliaryLookAndFeel(LookAndFeel) - クラスjavax.swing.UIManagerのstaticメソッド
LookAndFeelを補助的なLook & Feelのリストに追加します。
addAWTEventListener(AWTEventListener, long) - クラスjava.awt.Toolkitのメソッド
指定されたeventMaskに準拠する、システム全体にディスパッチされたすべてのAWTEventを受け取るために、AWTEventListenerを追加します。
addBatch() - インタフェースjava.sql.PreparedStatementのメソッド
このPreparedStatementオブジェクトのコマンドのバッチに、パラメータのセットを追加します。
addBatch(String) - インタフェースjava.sql.Statementのメソッド
このStatementオブジェクトの現在のコマンドのリストに、指定されたSQLコマンドを追加します。
addBeanContextMembershipListener(BeanContextMembershipListener) - インタフェースjava.beans.beancontext.BeanContextのメソッド
子のComponentが追加または削除されたときは必ずこのBeanContextからBeanContextMembershipEventsを受け取るために、指定されたBeanContextMembershipListenerを追加します。
addBeanContextMembershipListener(BeanContextMembershipListener) - クラスjava.beans.beancontext.BeanContextSupportのメソッド
BeanContextMembershipListenerを追加します。
addBeanContextServicesListener(BeanContextServicesListener) - インタフェースjava.beans.beancontext.BeanContextServicesのメソッド
このBeanContextにBeanContextServicesListenerを追加します
addBeanContextServicesListener(BeanContextServicesListener) - クラスjava.beans.beancontext.BeanContextServicesSupportのメソッド
BeanContextServicesListenerを追加します。
addBody() - インタフェースjavax.xml.soap.SOAPEnvelopeのメソッド
SOAPBodyオブジェクトを作成し、それをこのSOAPEnvelopeオブジェクトのSOAPBodyオブジェクトとして設定します。
addBodyElement(Name) - インタフェースjavax.xml.soap.SOAPBodyのメソッド
指定の名前でSOAPBodyElementオブジェクトを新しく作成し、このSOAPBodyオブジェクトに追加します。
addBodyElement(QName) - インタフェースjavax.xml.soap.SOAPBodyのメソッド
指定のQNameでSOAPBodyElementオブジェクトを新しく作成し、このSOAPBodyオブジェクトに追加します。
addBooleanAttribute(String, String, boolean, boolean) - クラスjavax.imageio.metadata.IIOMetadataFormatImplのメソッド
新しい属性を、DATATYPE_BOOLEANのデータ型で、列挙値TRUEおよびFALSEで定義される事前に定義された要素に追加します。
addButtonComponents(Container, Object[], int) - クラスjavax.swing.plaf.basic.BasicOptionPaneUIのメソッド
buttons内の各オブジェクトを表す適切なオブジェクトを作成し、それをcontainerに追加します。
addCaretListener(CaretListener) - クラスjavax.swing.text.JTextComponentのメソッド
変更を通知するためのキャレット・リスナーをキャレットに追加します。
addCellEditorListener(CellEditorListener) - クラスjavax.swing.AbstractCellEditorのメソッド
リスナー・リストにCellEditorListenerを追加します。
addCellEditorListener(CellEditorListener) - インタフェースjavax.swing.CellEditorのメソッド
エディタが編集の停止、または取消しを行うときに通知を受けるリスナーをリストに追加します。
addCellEditorListener(CellEditorListener) - クラスjavax.swing.tree.DefaultTreeCellEditorのメソッド
CellEditorListenerを追加します。
addCertificate(Certificate) - クラスjava.security.Identityのメソッド
非推奨。
このアイデンティティに証明書を追加します。
addCertPathChecker(PKIXCertPathChecker) - クラスjava.security.cert.PKIXParametersのメソッド
PKIXCertPathCheckerを証明書パス・チェッカのリストに追加します。
addCertStore(CertStore) - クラスjava.security.cert.PKIXParametersのメソッド
CertStoreを、証明書とCRLを見つけるために使用されるCertStoreのリストの最後に追加します。
addChangeListener(ChangeListener) - クラスjavax.swing.AbstractButtonのメソッド
ボタンにChangeListenerを追加します。
addChangeListener(ChangeListener) - クラスjavax.swing.AbstractSpinnerModelのメソッド
モデルのリスナー・リストにChangeListenerを追加します。
addChangeListener(ChangeListener) - インタフェースjavax.swing.BoundedRangeModelのメソッド
モデルのリスナー・リストにChangeListenerを追加します。
addChangeListener(ChangeListener) - インタフェースjavax.swing.ButtonModelのメソッド
モデルにChangeListenerを追加します。
addChangeListener(ChangeListener) - インタフェースjavax.swing.colorchooser.ColorSelectionModelのメソッド
モデル内の変更に対するリスナーとしてlistenerを追加します。
addChangeListener(ChangeListener) - クラスjavax.swing.colorchooser.DefaultColorSelectionModelのメソッド
モデルにChangeListenerを追加します。
addChangeListener(ChangeListener) - クラスjavax.swing.DefaultBoundedRangeModelのメソッド
ChangeListenerを追加します。
addChangeListener(ChangeListener) - クラスjavax.swing.DefaultButtonModelのメソッド
モデルにChangeListenerを追加します。
addChangeListener(ChangeListener) - クラスjavax.swing.DefaultSingleSelectionModelのメソッド
ボタンにChangeListenerを追加します。
addChangeListener(ChangeListener) - クラスjavax.swing.JProgressBarのメソッド
指定されたChangeListenerを進捗バーに追加します。
addChangeListener(ChangeListener) - クラスjavax.swing.JSliderのメソッド
スライダにChangeListenerを追加します。
addChangeListener(ChangeListener) - クラスjavax.swing.JSpinnerのメソッド
リスナーを、モデルへの変更が行われるたびに通知されるリストに追加します。
addChangeListener(ChangeListener) - クラスjavax.swing.JTabbedPaneのメソッド
このタブ・ペインにChangeListenerを追加します。
addChangeListener(ChangeListener) - クラスjavax.swing.JViewportのメソッド
ビューのサイズ、位置、またはビュー・ポートの長さが変更されるたびに通知されるリストにChangeListenerを追加します。
addChangeListener(ChangeListener) - クラスjavax.swing.MenuSelectionManagerのメソッド
ボタンにChangeListenerを追加します。
addChangeListener(ChangeListener) - インタフェースjavax.swing.SingleSelectionModelのメソッド
モデル内の変更に対するリスナーとしてlistenerを追加します。
addChangeListener(ChangeListener) - インタフェースjavax.swing.SpinnerModelのメソッド
モデルのリスナー・リストにChangeListenerを追加します。
addChangeListener(ChangeListener) - インタフェースjavax.swing.text.Caretのメソッド
キャレットの移動を常に追跡するために、リスナーを追加します。
addChangeListener(ChangeListener) - クラスjavax.swing.text.DefaultCaretのメソッド
キャレットの移動を常に追跡するために、リスナーを追加します。
addChangeListener(ChangeListener) - インタフェースjavax.swing.text.Styleのメソッド
属性が変更されている場合に変更を追跡するリスナーを追加します。
addChangeListener(ChangeListener) - クラスjavax.swing.text.StyleContextのメソッド
書式が追加または削除されるときに変更を追跡するリスナーを追加します。
addChangeListener(ChangeListener) - クラスjavax.swing.text.StyleContext.NamedStyleのメソッド
変更リスナーを追加します。
addChildElement(String, String) - クラスjavax.imageio.metadata.IIOMetadataFormatImplのメソッド
既存の要素を、指定された親ノードの型の有効な子のリストに追加します。
addChildElement(Name) - インタフェースjavax.xml.soap.SOAPElementのメソッド
指定のNameオブジェクトで初期化したSOAPElementオブジェクトを新しく作成し、その新規要素をこのSOAPElementオブジェクトに追加します。
addChildElement(QName) - インタフェースjavax.xml.soap.SOAPElementのメソッド
指定のQNameオブジェクトで初期化したSOAPElementオブジェクトを新しく作成し、その新規要素をこのSOAPElementオブジェクトに追加します。
addChildElement(String) - インタフェースjavax.xml.soap.SOAPElementのメソッド
指定のローカル名で初期化したSOAPElementオブジェクトを新しく作成し、その新規要素をこのSOAPElementオブジェクトに追加します。
addChildElement(String, String) - インタフェースjavax.xml.soap.SOAPElementのメソッド
指定のローカル名と接頭辞で初期化したSOAPElementオブジェクトを新しく作成し、その新規要素をこのSOAPElementオブジェクトに追加します。
addChildElement(String, String, String) - インタフェースjavax.xml.soap.SOAPElementのメソッド
指定のローカル名、接頭辞、およびURIで初期化したSOAPElementオブジェクトを新しく作成し、その新規要素をこのSOAPElementオブジェクトに追加します。
addChildElement(SOAPElement) - インタフェースjavax.xml.soap.SOAPElementのメソッド
このSOAPElementインスタンスの子としてSOAPElementを追加します。
addChoosableFileFilter(FileFilter) - クラスjavax.swing.JFileChooserのメソッド
ユーザーが選択可能なファイル・フィルタのリストにフィルタを追加します。
addChooserPanel(AbstractColorChooserPanel) - クラスjavax.swing.JColorChooserのメソッド
カラー・チューザにカラー・チューザ・パネルを追加します。
addColumn(TableColumn) - クラスjavax.swing.JTableのメソッド
このJTableの列モデルが保持する列の配列の末尾にaColumnを追加します。
addColumn(TableColumn) - クラスjavax.swing.table.DefaultTableColumnModelのメソッド
tableColumns配列の最後にaColumnを追加します。
addColumn(Object) - クラスjavax.swing.table.DefaultTableModelのメソッド
モデルに列を追加します。
addColumn(Object, Vector) - クラスjavax.swing.table.DefaultTableModelのメソッド
モデルに列を追加します。
addColumn(Object, Object[]) - クラスjavax.swing.table.DefaultTableModelのメソッド
モデルに列を追加します。
addColumn(TableColumn) - インタフェースjavax.swing.table.TableColumnModelのメソッド
tableColumns配列の最後にaColumnを追加します。
addColumnModelListener(TableColumnModelListener) - クラスjavax.swing.table.DefaultTableColumnModelのメソッド
テーブル列モデル・イベント用のリスナーを追加します。
addColumnModelListener(TableColumnModelListener) - インタフェースjavax.swing.table.TableColumnModelのメソッド
テーブル列モデル・イベント用のリスナーを追加します。
addColumnSelectionInterval(int, int) - クラスjavax.swing.JTableのメソッド
index0からindex1までの列(上下限値を含む)を現在の選択領域に追加します。
addComponent(Component) - クラスjavax.swing.GroupLayout.Groupのメソッド
ComponentをこのGroupに追加します。
addComponent(Component, int, int, int) - クラスjavax.swing.GroupLayout.Groupのメソッド
ComponentをこのGroupに指定されたサイズで追加します。
addComponent(Component) - クラスjavax.swing.GroupLayout.ParallelGroupのメソッド
ComponentをこのGroupに追加します。
addComponent(Component, int, int, int) - クラスjavax.swing.GroupLayout.ParallelGroupのメソッド
ComponentをこのGroupに指定されたサイズで追加します。
addComponent(Component, GroupLayout.Alignment) - クラスjavax.swing.GroupLayout.ParallelGroupのメソッド
ComponentをこのParallelGroupに指定された配置で追加します。
addComponent(Component, GroupLayout.Alignment, int, int, int) - クラスjavax.swing.GroupLayout.ParallelGroupのメソッド
このComponentParallelGroupに指定の配置とサイズで追加します。
addComponent(Component) - クラスjavax.swing.GroupLayout.SequentialGroupのメソッド
ComponentをこのGroupに追加します。
addComponent(boolean, Component) - クラスjavax.swing.GroupLayout.SequentialGroupのメソッド
ComponentをこのGroupに追加します。
addComponent(Component, int, int, int) - クラスjavax.swing.GroupLayout.SequentialGroupのメソッド
ComponentをこのGroupに指定されたサイズで追加します。
addComponent(boolean, Component, int, int, int) - クラスjavax.swing.GroupLayout.SequentialGroupのメソッド
ComponentをこのGroupに指定されたサイズで追加します。
addComponentListener(ComponentListener) - クラスjava.awt.Componentのメソッド
このコンポーネントからコンポーネント・イベントを受け取るために、指定されたコンポーネント・リスナーを追加します。
addConnectionEventListener(ConnectionEventListener) - インタフェースjavax.sql.PooledConnectionのメソッド
指定したイベント・リスナーを登録して、このPooledConnectionオブジェクトでイベントが発生したときに通知されるようにします。
addConnectionNotificationListener(NotificationListener, NotificationFilter, Object) - インタフェースjavax.management.remote.JMXConnectorのメソッド
接続状態の変化を通知されるリスナーを追加します。
addConnectionNotificationListener(NotificationListener, NotificationFilter, Object) - クラスjavax.management.remote.rmi.RMIConnectorのメソッド
 
addConsumer(ImageConsumer) - クラスjava.awt.image.FilteredImageSourceのメソッド
フィルタを通したイメージ・データを要求するコンシューマのリストに指定されたImageConsumerを追加します。
addConsumer(ImageConsumer) - インタフェースjava.awt.image.ImageProducerのメソッド
ImageProducerImageConsumerを登録し、あとでImageを再構成するときに、そのイメージ・データにアクセスします。
addConsumer(ImageConsumer) - クラスjava.awt.image.MemoryImageSourceのメソッド
このイメージのデータの配信対象となっているコンシューマのリストにImageConsumerを追加します。
addConsumer(ImageConsumer) - クラスjava.awt.image.renderable.RenderableImageProducerのメソッド
このイメージのデータの配信対象となっているコンシューマのリストにImageConsumerを追加します。
addContainerGap() - クラスjavax.swing.GroupLayout.SequentialGroupのメソッド
コンテナの端と、このコンテナのボーダーに接するコンポーネント間の推奨ギャップを表す要素を追加します。
addContainerGap(int, int) - クラスjavax.swing.GroupLayout.SequentialGroupのメソッド
コンテナの一方の端と、指定されたサイズの次または前のComponent間の推奨ギャップを表す要素を追加します。
addContainerListener(ContainerListener) - クラスjava.awt.Containerのメソッド
このコンテナからのコンテナ・イベントを受け取れるように、指定されたコンテナ・リスナーを追加します。
addContent(char[], int, int) - クラスjavax.swing.text.html.HTMLDocument.HTMLReaderのメソッド
現在の文字属性を持つテキストを追加します。
addContent(char[], int, int, boolean) - クラスjavax.swing.text.html.HTMLDocument.HTMLReaderのメソッド
現在の文字属性を持つテキストを追加します。
addControlButtons() - クラスjavax.swing.plaf.metal.MetalFileChooserUIのメソッド
 
addControllerEventListener(ControllerEventListener, int[]) - インタフェースjavax.sound.midi.Sequencerのメソッド
要求された種類の制御変更イベントをシーケンサが処理するときに通知を受け取るためのコントローラ・イベント・リスナーを登録します。
addCSSAttribute(MutableAttributeSet, CSS.Attribute, String) - クラスjavax.swing.text.html.StyleSheetのメソッド
指定されたセットにCSS属性を追加します。
addCSSAttributeFromHTML(MutableAttributeSet, CSS.Attribute, String) - クラスjavax.swing.text.html.StyleSheetのメソッド
指定されたセットにCSS属性を追加します。
addCustomEntriesToTable(UIDefaults) - クラスjavax.swing.plaf.metal.MetalThemeのメソッド
このテーマ固有の値を、デフォルト・テーブルに追加します。
addCustomEntriesToTable(UIDefaults) - クラスjavax.swing.plaf.metal.OceanThemeのメソッド
このテーマのカスタム・エントリをデフォルトのテーブルに追加します。
addDetail() - インタフェースjavax.xml.soap.SOAPFaultのメソッド
オプションのDetailオブジェクトを作成し、それをこのSOAPFaultオブジェクトのDetailオブジェクトとして設定します。
addDetailEntry(Name) - インタフェースjavax.xml.soap.Detailのメソッド
指定の名前でDetailEntryオブジェクトを新しく作成し、このDetailオブジェクトに追加します。
addDetailEntry(QName) - インタフェースjavax.xml.soap.Detailのメソッド
指定のQNameでDetailEntryオブジェクトを新しく作成し、このDetailオブジェクトに追加します。
addDirtyRegion(JComponent, int, int, int, int) - クラスjavax.swing.RepaintManagerのメソッド
再表示されるコンポーネントのリストにコンポーネントを追加します。
addDirtyRegion(Window, int, int, int, int) - クラスjavax.swing.RepaintManagerのメソッド
再描画する必要があるComponentのリストにwindowを追加します。
addDirtyRegion(Applet, int, int, int, int) - クラスjavax.swing.RepaintManagerのメソッド
再描画する必要があるComponentのリストにappletを追加します。
addDocument(Document) - インタフェースjavax.xml.soap.SOAPBodyのメソッド
DOM Documentのルート・ノードを、このSOAPBodyオブジェクトに追加します。
addDocumentListener(DocumentListener) - クラスjavax.swing.text.AbstractDocumentのメソッド
ドキュメント・リスナーを追加し、変更があったときに通知されるようにします。
addDocumentListener(DocumentListener) - クラスjavax.swing.text.DefaultStyledDocumentのメソッド
ドキュメント・リスナーを追加し、変更があったときに通知されるようにします。
addDocumentListener(DocumentListener) - インタフェースjavax.swing.text.Documentのメソッド
ドキュメントに変更が加えられたときに通知の受信を開始するように、指定されたオブザーバを登録します。
addDragGestureListener(DragGestureListener) - クラスjava.awt.dnd.DragGestureRecognizerのメソッド
新しいDragGestureListenerを登録します。
addDragSourceListener(DragSourceListener) - クラスjava.awt.dnd.DragSourceのメソッド
このDragSourceで開始されたドラッグ操作中にドラッグ・ソース・イベントを受信するために、指定されたDragSourceListenerをこのDragSourceに追加します。
addDragSourceListener(DragSourceListener) - クラスjava.awt.dnd.DragSourceContextのメソッド
まだ追加されていない場合は、このDragSourceContextDragSourceListenerを追加します。
addDragSourceMotionListener(DragSourceMotionListener) - クラスjava.awt.dnd.DragSourceのメソッド
このDragSourceで開始されたドラッグ操作中にドラッグ・モーション・イベントを受信するために、指定されたDragSourceMotionListenerをこのDragSourceに追加します。
addDropTargetListener(DropTargetListener) - クラスjava.awt.dnd.DropTargetのメソッド
新しいDropTargetListener (UNICAST SOURCE)を追加します。
addEdit(UndoableEdit) - クラスjavax.swing.text.AbstractDocument.DefaultDocumentEventのメソッド
ドキュメント編集を追加します。
addEdit(UndoableEdit) - クラスjavax.swing.undo.AbstractUndoableEditのメソッド
このデフォルト実装はfalseを返します。
addEdit(UndoableEdit) - クラスjavax.swing.undo.CompoundEditのメソッド
この編集結果がinProgressである場合、anEditを受け付けてtrueを返します。
addEdit(UndoableEdit) - インタフェースjavax.swing.undo.UndoableEditのメソッド
このUndoableEditUndoableEditを追加します。
addEdit(UndoableEdit) - クラスjavax.swing.undo.UndoManagerのメソッド
可能であれば、このUndoManagerUndoableEditを追加します。
addEditor() - クラスjavax.swing.plaf.basic.BasicComboBoxUIのメソッド
このpublicメソッドは実装固有のもので、privateであるべきです。
addElement(E) - クラスjava.util.Vectorのメソッド
指定された要素をVectorの最後に追加し、サイズを1増やします。
addElement(String, String, int) - クラスjavax.imageio.metadata.IIOMetadataFormatImplのメソッド
CHILD_POLICY_REPEAT以外の子ポリシーを持つこのメタデータ・ドキュメント形式に新しい要素型を追加します。
addElement(String, String, int, int) - クラスjavax.imageio.metadata.IIOMetadataFormatImplのメソッド
CHILD_POLICY_REPEATの子ポリシーを持つこのメタデータ・ドキュメント形式に新しい要素型を追加します。
addElement(E) - クラスjavax.swing.DefaultComboBoxModelのメソッド
 
addElement(E) - クラスjavax.swing.DefaultListModelのメソッド
指定されたコンポーネントをリストの末尾に追加します。
addElement(E) - インタフェースjavax.swing.MutableComboBoxModelのメソッド
モデルの末尾に項目を追加します。
addEntry(Principal, AclEntry) - インタフェースjava.security.acl.Aclのメソッド
ACLエントリをこのACLに追加します。
addEventListener(String, EventListener, boolean) - インタフェースorg.w3c.dom.events.EventTargetのメソッド
このメソッドでは、イベント・ターゲットにイベント・リスナーを登録できます。
addExact(int, int) - クラスjava.lang.Mathのstaticメソッド
引数の合計を返します。結果がintをオーバーフローする場合は例外をスローします。
addExact(long, long) - クラスjava.lang.Mathのstaticメソッド
引数の合計を返します。その結果がlongをオーバーフローする場合は例外をスローします。
addExact(int, int) - クラスjava.lang.StrictMathのstaticメソッド
引数の合計を返します。結果がintをオーバーフローする場合は例外をスローします。
addExact(long, long) - クラスjava.lang.StrictMathのstaticメソッド
引数の合計を返します。その結果がlongをオーバーフローする場合は例外をスローします。
addFault() - インタフェースjavax.xml.soap.SOAPBodyのメソッド
新しいSOAPFaultオブジェクトを作成し、そのオブジェクトをこのSOAPBodyオブジェクトに追加します。
addFault(Name, String, Locale) - インタフェースjavax.xml.soap.SOAPBodyのメソッド
新しいSOAPFaultオブジェクトを作成し、そのオブジェクトをこのSOAPBodyオブジェクトに追加します。
addFault(QName, String, Locale) - インタフェースjavax.xml.soap.SOAPBodyのメソッド
新しいSOAPFaultオブジェクトを作成し、そのオブジェクトをこのSOAPBodyオブジェクトに追加します。
addFault(Name, String) - インタフェースjavax.xml.soap.SOAPBodyのメソッド
新しいSOAPFaultオブジェクトを作成し、そのオブジェクトをこのSOAPBodyオブジェクトに追加します。
addFault(QName, String) - インタフェースjavax.xml.soap.SOAPBodyのメソッド
新しいSOAPFaultオブジェクトを作成し、そのオブジェクトをこのSOAPBodyオブジェクトに追加します。
addFaultReasonText(String, Locale) - インタフェースjavax.xml.soap.SOAPFaultのメソッド
指定したテキスト・メッセージおよびlocaleから派生したxml:langを含むReason Text項目を追加または置換します。
addFirst(E) - クラスjava.util.ArrayDequeのメソッド
指定された要素をこの両端キューの先頭に挿入します。
addFirst(E) - インタフェースjava.util.concurrent.BlockingDequeのメソッド
容量制限に違反することなく指定された要素をこの両端キューの先頭にすぐに挿入できる場合には、そうします。使用可能な空き領域がその時点で存在しない場合はIllegalStateExceptionをスローします。
addFirst(E) - クラスjava.util.concurrent.ConcurrentLinkedDequeのメソッド
指定された要素をこの両端キューの先頭に挿入します。
addFirst(E) - クラスjava.util.concurrent.LinkedBlockingDequeのメソッド
 
addFirst(E) - インタフェースjava.util.Dequeのメソッド
容量制限に違反することなく指定された要素をこの両端キューの先頭にすぐに挿入できる場合には、そうします。使用可能な空き領域がその時点で存在しない場合はIllegalStateExceptionをスローします。
addFirst(E) - クラスjava.util.LinkedListのメソッド
このリストの先頭に、指定された要素を挿入します。
addFlavorForUnencodedNative(String, DataFlavor) - クラスjava.awt.datatransfer.SystemFlavorMapのメソッド
1つのStringネイティブから1つのDataFlavorへのマッピングを追加します。
addFlavorListener(FlavorListener) - クラスjava.awt.datatransfer.Clipboardのメソッド
このクリップボードからFlavorEventを受信するために、指定されたFlavorListenerを登録します。
addFocusListener(FocusListener) - クラスjava.awt.Component.AccessibleAWTComponentのメソッド
このコンポーネントからのフォーカス・イベントを受け取る、指定されたフォーカス・リスナーを追加します。
addFocusListener(FocusListener) - クラスjava.awt.Componentのメソッド
このコンポーネントが入力フォーカスを取得したときにこのコンポーネントからフォーカス・イベントを受け取るために、指定されたフォーカス・リスナーを追加します。
addFocusListener(FocusListener) - クラスjava.awt.List.AccessibleAWTList.AccessibleAWTListChildのメソッド
このコンポーネントからのフォーカス・イベントを受け取る、指定されたフォーカス・リスナーを追加します。
addFocusListener(FocusListener) - クラスjava.awt.MenuComponent.AccessibleAWTMenuComponentのメソッド
このコンポーネントからのフォーカス・イベントを受け取る、指定されたフォーカス・リスナーを追加します。
addFocusListener(FocusListener) - インタフェースjavax.accessibility.AccessibleComponentのメソッド
このコンポーネントからのフォーカス・イベントを受け取る、指定されたフォーカス・リスナーを追加します。
addFocusListener(FocusListener) - クラスjavax.swing.JList.AccessibleJList.AccessibleJListChildのメソッド
 
addFocusListener(FocusListener) - クラスjavax.swing.JTable.AccessibleJTable.AccessibleJTableCellのメソッド
 
addFocusListener(FocusListener) - クラスjavax.swing.JTree.AccessibleJTree.AccessibleJTreeNodeのメソッド
 
addFocusListener(FocusListener) - クラスjavax.swing.table.JTableHeader.AccessibleJTableHeader.AccessibleJTableHeaderEntryのメソッド
 
addGap(int) - クラスjavax.swing.GroupLayout.Groupのメソッド
このGroupに固定のギャップを追加します。
addGap(int, int, int) - クラスjavax.swing.GroupLayout.Groupのメソッド
指定のサイズで、このGroupにギャップを追加します。
addGap(int) - クラスjavax.swing.GroupLayout.ParallelGroupのメソッド
このGroupに固定のギャップを追加します。
addGap(int, int, int) - クラスjavax.swing.GroupLayout.ParallelGroupのメソッド
指定のサイズで、このGroupにギャップを追加します。
addGap(int) - クラスjavax.swing.GroupLayout.SequentialGroupのメソッド
このGroupに固定のギャップを追加します。
addGap(int, int, int) - クラスjavax.swing.GroupLayout.SequentialGroupのメソッド
指定のサイズで、このGroupにギャップを追加します。
addGroup(GroupLayout.Group) - クラスjavax.swing.GroupLayout.Groupのメソッド
GroupをこのGroupに追加します。
addGroup(GroupLayout.Group) - クラスjavax.swing.GroupLayout.ParallelGroupのメソッド
GroupをこのGroupに追加します。
addGroup(GroupLayout.Alignment, GroupLayout.Group) - クラスjavax.swing.GroupLayout.ParallelGroupのメソッド
GroupをこのParallelGroupに指定された配置で追加します。
addGroup(GroupLayout.Group) - クラスjavax.swing.GroupLayout.SequentialGroupのメソッド
GroupをこのGroupに追加します。
addGroup(boolean, GroupLayout.Group) - クラスjavax.swing.GroupLayout.SequentialGroupのメソッド
GroupをこのGroupに追加します。
addHandler(Handler) - クラスjava.util.logging.Loggerのメソッド
ログHandlerを追加してログ・メッセージを受け取ります。
addHandshakeCompletedListener(HandshakeCompletedListener) - クラスjavax.net.ssl.SSLSocketのメソッド
この接続のSSLハンドシェークの完了通知を受け取るためのイベント・リスナーを登録します。
addHeader(String, String) - クラスjavax.xml.soap.MimeHeadersのメソッド
指定の名前と値のMimeHeaderオブジェクトを、このMimeHeadersオブジェクトのヘッダー・リストに追加します。
addHeader() - インタフェースjavax.xml.soap.SOAPEnvelopeのメソッド
SOAPHeaderオブジェクトを作成し、それをこのSOAPEnvelopeオブジェクトのSOAPHeaderオブジェクトとして設定します。
addHeaderElement(Name) - インタフェースjavax.xml.soap.SOAPHeaderのメソッド
指定の名前で初期化したSOAPHeaderElementオブジェクトを新しく作成し、このSOAPHeaderオブジェクトに追加します。
addHeaderElement(QName) - インタフェースjavax.xml.soap.SOAPHeaderのメソッド
指定のqnameで初期化されたSOAPHeaderElementオブジェクトを新しく作成し、このSOAPHeaderオブジェクトに追加します。
addHierarchyBoundsListener(HierarchyBoundsListener) - クラスjava.awt.Componentのメソッド
このコンテナが所属する階層が変更されたときに、このコンポーネントから階層境界イベントを受け取るために、指定された階層境界リスナーを追加します。
addHierarchyListener(HierarchyListener) - クラスjava.awt.Componentのメソッド
このコンテナが所属する階層が変更されたときにこのコンポーネントから階層変更イベントを受け取るために、指定された階層リスナーを追加します。
addHighlight(int, int, Highlighter.HighlightPainter) - クラスjavax.swing.text.DefaultHighlighterのメソッド
ビューにハイライトを追加します。
addHighlight(int, int, Highlighter.HighlightPainter) - インタフェースjavax.swing.text.Highlighterのメソッド
ビューにハイライトを追加します。
addHyperlinkListener(HyperlinkListener) - クラスjavax.swing.JEditorPaneのメソッド
変更の通知のためにハイパーリンク・リスナーを追加します。たとえば、リンクを選択したとき、リンクに入ったときなどがあります。
addIcon(Container) - クラスjavax.swing.plaf.basic.BasicOptionPaneUIのメソッド
getIconから返されたアイコンを表すJLabelを作成して、topに追加します。
addIdentity(Identity) - クラスjava.security.IdentityScopeのメソッド
非推奨。
このアイデンティティのスコープに1つのアイデンティティを追加します。
addIfAbsent(E) - クラスjava.util.concurrent.CopyOnWriteArrayListのメソッド
要素を追加します(存在しない場合)。
addIIOReadProgressListener(IIOReadProgressListener) - クラスjavax.imageio.ImageReaderのメソッド
登録された進捗リスナーのリストにIIOReadProgressListenerを追加します。
addIIOReadUpdateListener(IIOReadUpdateListener) - クラスjavax.imageio.ImageReaderのメソッド
IIOReadUpdateListenerを、登録された更新リスナーのリストに追加します。
addIIOReadWarningListener(IIOReadWarningListener) - クラスjavax.imageio.ImageReaderのメソッド
登録された警告リスナーのリストにIIOReadWarningListenerを追加します。
addIIOWriteProgressListener(IIOWriteProgressListener) - クラスjavax.imageio.ImageWriterのメソッド
登録された進捗リスナーのリストにIIOWriteProgressListenerを追加します。
addIIOWriteWarningListener(IIOWriteWarningListener) - クラスjavax.imageio.ImageWriterのメソッド
登録された警告リスナーのリストにIIOWriteWarningListenerを追加します。
addImage(Image, int) - クラスjava.awt.MediaTrackerのメソッド
このメディア・トラッカによって監視されているリストにイメージを追加します。
addImage(Image, int, int, int) - クラスjava.awt.MediaTrackerのメソッド
このメディア・トラッカによって監視されているリストに、スケーリングされたイメージを追加します。
addImpl(Component, Object, int) - クラスjava.awt.Containerのメソッド
指定されたコンポーネントを、指定されたインデックスで、コンテナへ追加します。
addImpl(Component, Object, int) - クラスjava.awt.ScrollPaneのメソッド
指定されたコンポーネントを、このスクロール・ペイン・コンテナに追加します。
addImpl(Component, Object, int) - クラスjavax.swing.AbstractButtonのメソッド
指定されたコンポーネントをこのコンテナのインデックスで指定された位置に追加します。このメソッドの詳細については、Container.addImpl(Component, Object, int)を参照してください。
addImpl(Component, Object, int) - クラスjavax.swing.CellRendererPaneのメソッド
指定したコンポーネントがすでにこれの子である場合、処理は不要です。重なる順番はセル・レンダラ・コンポーネントでは問題にはなりません。CellRendererPaneはいずれの場合もペイントしません。
addImpl(Component, Object, int) - クラスjavax.swing.JAppletのメソッド
指定された子Componentを追加します。
addImpl(Component, Object, int) - クラスjavax.swing.JDesktopPaneのメソッド
指定されたコンポーネントを、指定されたインデックスで、コンテナへ追加します。
addImpl(Component, Object, int) - クラスjavax.swing.JDialogのメソッド
指定された子Componentを追加します。
addImpl(Component, Object, int) - クラスjavax.swing.JFrameのメソッド
指定された子Componentを追加します。
addImpl(Component, Object, int) - クラスjavax.swing.JInternalFrameのメソッド
指定された子Componentを追加します。
addImpl(Component, Object, int) - クラスjavax.swing.JLayerのメソッド
このメソッドはJLayerではサポートされていません。このメソッドは常にUnsupportedOperationExceptionをスローします。
addImpl(Component, Object, int) - クラスjavax.swing.JLayeredPaneのメソッド
 
addImpl(Component, Object, int) - クラスjavax.swing.JRootPaneのメソッド
ガラス・コンポーネントの位置を子0として適用するためにオーバーライドされます。
addImpl(Component, Object, int) - クラスjavax.swing.JSplitPaneのメソッド
この分割ペインに指定したコンポーネントを追加します。
addImpl(Component, Object, int) - クラスjavax.swing.JToolBarのメソッド
JButtonが追加されると、初期状態では使用不可に設定されます。
addImpl(Component, Object, int) - クラスjavax.swing.JViewportのメソッド
JViewportの1つの軽量な子を設定します。nullも指定できます。
addImpl(Component, Object, int) - クラスjavax.swing.JWindowのメソッド
指定された子Componentを追加します。
addInputMethodListener(InputMethodListener) - クラスjava.awt.Componentのメソッド
このコンポーネントからインプット・メソッド・イベントを受け取るために、指定されたインプット・メソッド・リスナーを追加します。
addInputMethodListener(InputMethodListener) - クラスjavax.swing.text.JTextComponentのメソッド
 
addInternal(EventListener, EventListener) - クラスjava.awt.AWTEventMulticasterのstaticメソッド
listener-aとlistener-bを加え、結果として得られるマルチキャスト・リスナーを返します。
addInternalFrameListener(InternalFrameListener) - クラスjavax.swing.JInternalFrameのメソッド
以降この内部フレームから内部フレーム・イベントを受け取るために、指定されたリスナーを追加します。
addInvalidComponent(JComponent) - クラスjavax.swing.RepaintManagerのメソッド
レイアウトの必要に応じてコンポーネントをマークし、コンポーネントの最初のisValidateRoot()の上位オブジェクトを検証するイベント・ディスパッチ・スレッドのために実行可能なコンポーネントを待ち行列に入れます。
addIssuer(X500Principal) - クラスjava.security.cert.X509CRLSelectorのメソッド
名前をissuerNamesの基準値に追加します。
addIssuerName(String) - クラスjava.security.cert.X509CRLSelectorのメソッド
非推奨: 代わりにX509CRLSelector.addIssuer(X500Principal)またはX509CRLSelector.addIssuerName(byte[])を使用してください。
addIssuerName(byte[]) - クラスjava.security.cert.X509CRLSelectorのメソッド
名前をissuerNamesの基準値に追加します。
addItem(String) - クラスjava.awt.Choiceのメソッド
Java 2プラットフォームv1.1では使用しません。
addItem(String) - クラスjava.awt.Listのメソッド
非推奨。
add(String)に置き換えられています。
addItem(String, int) - クラスjava.awt.Listのメソッド
非推奨。
add(String, int)に置き換えられています。
addItem(E) - クラスjavax.swing.JComboBoxのメソッド
項目を項目リストに追加します。
addItemListener(ItemListener) - クラスjava.awt.Checkboxのメソッド
このチェックボックスから項目イベントを受け取るために、指定された項目リスナーを追加します。
addItemListener(ItemListener) - クラスjava.awt.CheckboxMenuItemのメソッド
このチェックボックス・メニュー項目から項目イベントを受け取るために、指定された項目リスナーを追加します。
addItemListener(ItemListener) - クラスjava.awt.Choiceのメソッド
このChoiceメニューから項目イベントを受け取るために、指定された項目リスナーを追加します。
addItemListener(ItemListener) - インタフェースjava.awt.ItemSelectableのメソッド
項目の状態がユーザーによって変更されたときに、リスナーを追加して項目イベントを受け取ります。
addItemListener(ItemListener) - クラスjava.awt.Listのメソッド
このリストから項目イベントを受け取るために、指定された項目リスナーを追加します。
addItemListener(ItemListener) - クラスjavax.swing.AbstractButtonのメソッド
checkboxItemListenerを追加します。
addItemListener(ItemListener) - インタフェースjavax.swing.ButtonModelのメソッド
モデルにItemListenerを追加します。
addItemListener(ItemListener) - クラスjavax.swing.DefaultButtonModelのメソッド
モデルにItemListenerを追加します。
addItemListener(ItemListener) - クラスjavax.swing.JComboBoxのメソッド
ItemListenerを追加します。
ADDITION - インタフェースorg.w3c.dom.events.MutationEventのstatic変数
Attrは追加されたばかりです。
AdditionalComments - クラスjavax.swing.text.html.HTMLDocumentのstatic変数
ドキュメント・プロパティのキーの値です。
addKeyEventDispatcher(KeyEventDispatcher) - クラスjava.awt.KeyboardFocusManagerのメソッド
KeyEventDispatcherをこのKeyboardFocusManagerのディスパッチャ・チェーンに追加します。
addKeyEventPostProcessor(KeyEventPostProcessor) - クラスjava.awt.KeyboardFocusManagerのメソッド
このKeyboardFocusManagerのポストプロセッサ・チェーンにKeyEventPostProcessorを追加します。
addKeyListener(KeyListener) - クラスjava.awt.Componentのメソッド
このコンポーネントからキー・イベントを受け取るために、指定されたキー・リスナーを追加します。
addKeymap(String, Keymap) - クラスjavax.swing.text.JTextComponentのstaticメソッド
新しいキーマップをキーマップ階層に追加します。
addLast(E) - クラスjava.util.ArrayDequeのメソッド
指定された要素をこの両端キューの末尾に挿入します。
addLast(E) - インタフェースjava.util.concurrent.BlockingDequeのメソッド
容量制限に違反することなく指定された要素をこの両端キューの末尾にすぐに挿入できる場合には、そうします。使用可能な空き領域がその時点で存在しない場合はIllegalStateExceptionをスローします。
addLast(E) - クラスjava.util.concurrent.ConcurrentLinkedDequeのメソッド
指定された要素をこの両端キューの末尾に挿入します。
addLast(E) - クラスjava.util.concurrent.LinkedBlockingDequeのメソッド
 
addLast(E) - インタフェースjava.util.Dequeのメソッド
容量制限に違反することなく指定された要素をこの両端キューの末尾にすぐに挿入できる場合には、そうします。使用可能な空き領域がその時点で存在しない場合はIllegalStateExceptionをスローします。
addLast(E) - クラスjava.util.LinkedListのメソッド
リストの最後に、指定された要素を追加します。
addLayoutComponent(Component, Object) - クラスjava.awt.BorderLayoutのメソッド
指定された制約オブジェクトを使って、指定されたコンポーネントをレイアウトに追加します。
addLayoutComponent(String, Component) - クラスjava.awt.BorderLayoutのメソッド
非推奨。
addLayoutComponent(Component, Object)に置き換えられています。
addLayoutComponent(Component, Object) - クラスjava.awt.CardLayoutのメソッド
指定されたコンポーネントを、このカード・レイアウトの名前の内部テーブルに追加します。
addLayoutComponent(String, Component) - クラスjava.awt.CardLayoutのメソッド
非推奨。
addLayoutComponent(Component, Object)に置き換えられています。
addLayoutComponent(String, Component) - クラスjava.awt.FlowLayoutのメソッド
指定されたコンポーネントをレイアウトに追加します。
addLayoutComponent(String, Component) - クラスjava.awt.GridBagLayoutのメソッド
このレイアウト・マネージャはコンポーネントごとの文字列を使用しないため、何もしません。
addLayoutComponent(Component, Object) - クラスjava.awt.GridBagLayoutのメソッド
指定されたconstraintsオブジェクトを使用して、指定されたコンポーネントをレイアウトに追加します。
addLayoutComponent(String, Component) - クラスjava.awt.GridLayoutのメソッド
指定された名前で、指定されたコンポーネントをレイアウトに追加します。
addLayoutComponent(String, Component) - インタフェースjava.awt.LayoutManagerのメソッド
レイアウト・マネージャがコンポーネントごとの文字列を使用する場合は、レイアウトにコンポーネントcompを追加し、それをnameによって指定された文字列に関連付けます。
addLayoutComponent(Component, Object) - インタフェースjava.awt.LayoutManager2のメソッド
指定された制約オブジェクトを使って、指定されたコンポーネントをレイアウトに追加します。
addLayoutComponent(String, Component) - クラスjavax.swing.BoxLayoutのメソッド
このクラスでは使用しません。
addLayoutComponent(Component, Object) - クラスjavax.swing.BoxLayoutのメソッド
このクラスでは使用しません。
addLayoutComponent(String, Component) - クラスjavax.swing.GroupLayoutのメソッド
Componentが親コンテナに追加されたことを示す通知。
addLayoutComponent(Component, Object) - クラスjavax.swing.GroupLayoutのメソッド
Componentが親コンテナに追加されたことを示す通知。
addLayoutComponent(String, Component) - クラスjavax.swing.JRootPane.RootLayoutのメソッド
 
addLayoutComponent(Component, Object) - クラスjavax.swing.JRootPane.RootLayoutのメソッド
 
addLayoutComponent(String, Component) - クラスjavax.swing.JSpinner.DefaultEditorのメソッド
このLayoutManagerメソッドは何も行いません。
addLayoutComponent(String, Component) - クラスjavax.swing.OverlayLayoutのメソッド
指定されたコンポーネントをレイアウトに追加します。
addLayoutComponent(Component, Object) - クラスjavax.swing.OverlayLayoutのメソッド
指定された制約オブジェクトを使って、指定されたコンポーネントをレイアウトに追加します。
addLayoutComponent(String, Component) - クラスjavax.swing.plaf.basic.BasicComboBoxUI.ComboBoxLayoutManagerのメソッド
 
addLayoutComponent(String, Component) - クラスjavax.swing.plaf.basic.BasicInternalFrameTitlePane.TitlePaneLayoutのメソッド
 
addLayoutComponent(String, Component) - クラスjavax.swing.plaf.basic.BasicInternalFrameUI.InternalFrameLayoutのメソッド
 
addLayoutComponent(String, Component) - クラスjavax.swing.plaf.basic.BasicOptionPaneUI.ButtonAreaLayoutのメソッド
 
addLayoutComponent(String, Component) - クラスjavax.swing.plaf.basic.BasicScrollBarUIのメソッド
 
addLayoutComponent(String, Component) - クラスjavax.swing.plaf.basic.BasicSplitPaneDivider.DividerLayoutのメソッド
 
addLayoutComponent(String, Component) - クラスjavax.swing.plaf.basic.BasicSplitPaneUI.BasicHorizontalLayoutManagerのメソッド
コンポーネントをplaceに追加します。
addLayoutComponent(Component, Object) - クラスjavax.swing.plaf.basic.BasicSplitPaneUI.BasicHorizontalLayoutManagerのメソッド
指定された制約オブジェクトを使って、指定されたコンポーネントをレイアウトに追加します。
addLayoutComponent(String, Component) - クラスjavax.swing.plaf.basic.BasicTabbedPaneUI.TabbedPaneLayoutのメソッド
 
addLayoutComponent(String, Component) - クラスjavax.swing.ScrollPaneLayoutのメソッド
指定されたコンポーネントをレイアウトに追加します。
addLayoutComponent(String, Component) - クラスjavax.swing.SpringLayoutのメソッド
このレイアウト・マネージャはコンポーネントごとの文字列を使用しないため、何もしません。
addLayoutComponent(Component, Object) - クラスjavax.swing.SpringLayoutのメソッド
constraintsSpringLayout.Constraintsのインスタンスである場合は、指定されたコンポーネントに制約を関連付けます。
addLayoutComponent(String, Component) - クラスjavax.swing.ViewportLayoutのメソッド
指定されたコンポーネントをレイアウトに追加します。
addLineListener(LineListener) - インタフェースjavax.sound.sampled.Lineのメソッド
リスナーをこのラインに追加します。
addListDataListener(ListDataListener) - クラスjavax.swing.AbstractListModelのメソッド
データ・モデル変更時の通知対象リストにリスナーを追加します。
addListDataListener(ListDataListener) - インタフェースjavax.swing.ListModelのメソッド
データ・モデル変更時の通知対象リストにリスナーを追加します。
addListSelectionListener(ListSelectionListener) - クラスjavax.swing.DefaultListSelectionModelのメソッド
選択範囲の変更が通知されるリスナーをリストに追加します。
addListSelectionListener(ListSelectionListener) - クラスjavax.swing.JListのメソッド
選択が変更されるたびに通知されるリストにリスナーを追加します。選択状態の変更を待機する方法としてお薦めです。
addListSelectionListener(ListSelectionListener) - インタフェースjavax.swing.ListSelectionModelのメソッド
選択範囲の変更が通知されるリスナーをリストに追加します。
addLogger(Logger) - クラスjava.util.logging.LogManagerのメソッド
名前付きロガーを追加します。
addMailcap(String) - クラスjavax.activation.MailcapCommandMapのメソッド
エントリをレジストリに追加します。
addMember(Principal) - インタフェースjava.security.acl.Groupのメソッド
メンバーをグループに追加します。
addMenuDragMouseListener(MenuDragMouseListener) - クラスjavax.swing.JMenuItemのメソッド
メニュー項目にMenuDragMouseListenerを追加します。
addMenuKeyListener(MenuKeyListener) - クラスjavax.swing.JMenuItemのメソッド
メニュー項目にMenuKeyListenerを追加します。
addMenuKeyListener(MenuKeyListener) - クラスjavax.swing.JPopupMenuのメソッド
ポップアップ・メニューにMenuKeyListenerを追加します。
addMenuListener(MenuListener) - クラスjavax.swing.JMenuのメソッド
メニュー・イベントのリスナーを追加します。
addMessageComponents(Container, GridBagConstraints, Object, int, boolean) - クラスjavax.swing.plaf.basic.BasicOptionPaneUIのメソッド
msgを表す適切なオブジェクトを作成し、それをcontainerに配置します。
addMetaEventListener(MetaEventListener) - インタフェースjavax.sound.midi.Sequencerのメソッド
メタイベントがシーケンスで発生してシーケンサによって処理されるときに通知を受け取るためメタイベント・リスナーを登録します。
addMimeHeader(String, String) - クラスjavax.xml.soap.AttachmentPartのメソッド
指定の名前と値を持つMIMEヘッダーをこのAttachmentPartオブジェクトに追加します。
addMimeHeader(String, String) - クラスjavax.xml.soap.SOAPPartのメソッド
指定された名前および値を含むMimeHeaderオブジェクトを作成し、それをこのSOAPPartオブジェクトに追加します。
addMimeTypes(String) - クラスjavax.activation.MimetypesFileTypeMapのメソッド
MIMEタイプ値をレジストリの前に追加します。
addMouseListener(MouseListener) - クラスjava.awt.Componentのメソッド
このコンポーネントからマウス・イベントを受け取るために、指定されたマウス・リスナーを追加します。
addMouseListener(MouseListener) - クラスjava.awt.TrayIconのメソッド
このTrayIconからマウス・イベントを受信するために、指定されたマウス・リスナーを追加します。
addMouseMotionListener(MouseMotionListener) - クラスjava.awt.Componentのメソッド
このコンポーネントからマウス・モーション・イベントを受け取るために、指定されたマウス・モーション・リスナーを追加します。
addMouseMotionListener(MouseMotionListener) - クラスjava.awt.TrayIconのメソッド
このTrayIconからマウス・モーション・イベントを受け取るために、指定されたマウス・リスナーを追加します。
addMouseWheelListener(MouseWheelListener) - クラスjava.awt.Componentのメソッド
このコンポーネントからマウス・ホイール・イベントを受け取るために、指定されたマウス・ホイール・リスナーを追加します。
addMtomAttachment(DataHandler, String, String) - クラスjavax.xml.bind.attachment.AttachmentMarshallerのメソッド
MIMEコンテンツdataを、添付として最適化されたバイナリ・ストレージにすることを考慮します。
addMtomAttachment(byte[], int, int, String, String, String) - クラスjavax.xml.bind.attachment.AttachmentMarshallerのメソッド
バイナリdataを、添付として最適化されたバイナリ・ストレージにすることを考慮します。
addNamespaceDeclaration(String, String) - インタフェースjavax.xml.soap.SOAPElementのメソッド
指定の接頭辞とURIを保持する名前空間宣言を、このSOAPElementオブジェクトに追加します。
addNamingListener(Name, int, NamingListener) - インタフェースjavax.naming.event.EventContextのメソッド
リスナーを追加して、ターゲットおよびスコープで特定オブジェクトの変更時にトリガーされた、名前付きイベントを受け取れるようにします。
addNamingListener(String, int, NamingListener) - インタフェースjavax.naming.event.EventContextのメソッド
リスナーを追加して、文字列のターゲット名およびスコープで特定したオブジェクトの変更時に、トリガーされた名前付きイベントを受け取れるようにします。
addNamingListener(Name, String, SearchControls, NamingListener) - インタフェースjavax.naming.event.EventDirContextのメソッド
リスナーを追加して、ターゲットで指定されたオブジェクトにある、検索フィルタfilterで識別されるオブジェクトが変更されたときにトリガーされたネーミング・イベントを受信できるようにします。
addNamingListener(String, String, SearchControls, NamingListener) - インタフェースjavax.naming.event.EventDirContextのメソッド
リスナーを追加して、文字列ターゲット名で指定されたオブジェクトにある、検索フィルタfilterで識別されるオブジェクトが変更されたときにトリガーされたネーミング・イベントを受信できるようにします。
addNamingListener(Name, String, Object[], SearchControls, NamingListener) - インタフェースjavax.naming.event.EventDirContextのメソッド
リスナーを追加し、ターゲットに指定されたオブジェクトで、検索フィルタfilterおよびフィルタ引数で特定したオブジェクトが修正された場合、トリガーされたネーミング・イベントを受け取れるようにします。
addNamingListener(String, String, Object[], SearchControls, NamingListener) - インタフェースjavax.naming.event.EventDirContextのメソッド
リスナーを追加し、文字列ターゲット名によるオブジェクトの指定された際に、検索フィルタfilterおよびフィルタ引数で特定したオブジェクトが修正された場合、トリガーされたネーミング・イベントを受け取れるようにします。
addNodeChangeListener(NodeChangeListener) - クラスjava.util.prefs.AbstractPreferencesのメソッド
 
addNodeChangeListener(NodeChangeListener) - クラスjava.util.prefs.Preferencesのメソッド
指定されたリスナーがこのノードのノード変更イベントを受信するように登録します。
addNotification(String, String, Object, Date, long, long, boolean) - クラスjavax.management.timer.Timerのメソッド
指定されたtypemessage、およびuserDataで新しいタイマー通知を作成し、これを指定の日付、間隔、およびオカレンス数とともに通知リストに挿入します。
addNotification(String, String, Object, Date, long, long) - クラスjavax.management.timer.Timerのメソッド
指定されたtypemessage、およびuserDataで新しいタイマー通知を作成し、これを指定の日付、間隔、およびオカレンス数とともに通知リストに挿入します。
addNotification(String, String, Object, Date, long) - クラスjavax.management.timer.Timerのメソッド
指定されたtypemessage、およびuserDataで新しいタイマー通知を作成し、これを指定の日付、間隔null、およびオカレンス数とともに通知リストに挿入します。
addNotification(String, String, Object, Date) - クラスjavax.management.timer.Timerのメソッド
指定されたtypemessage、およびuserDataで新しいタイマー通知を作成し、これを指定の日付、間隔null、およびオカレンス数とともに通知リストに挿入します。
addNotification(String, String, Object, Date, long, long, boolean) - インタフェースjavax.management.timer.TimerMBeanのメソッド
指定されたtypemessage、およびuserDataで新しいタイマー通知を作成し、これを指定の日付、間隔、およびオカレンス数とともに通知リストに挿入します。
addNotification(String, String, Object, Date, long, long) - インタフェースjavax.management.timer.TimerMBeanのメソッド
指定されたtypemessage、およびuserDataで新しいタイマー通知を作成し、これを指定の日付、間隔、およびオカレンス数とともに通知リストに挿入します。
addNotification(String, String, Object, Date, long) - インタフェースjavax.management.timer.TimerMBeanのメソッド
指定されたtypemessage、およびuserDataで新しいタイマー通知を作成し、これを指定の日付、間隔null、およびオカレンス数とともに通知リストに挿入します。
addNotification(String, String, Object, Date) - インタフェースjavax.management.timer.TimerMBeanのメソッド
指定されたtypemessage、およびuserDataで新しいタイマー通知を作成し、これを指定の日付、間隔null、およびオカレンス数とともに通知リストに挿入します。
addNotificationListener(ObjectName, NotificationListener, NotificationFilter, Object) - インタフェースjavax.management.MBeanServerのメソッド
登録済みMBeanにリスナーを追加します。
addNotificationListener(ObjectName, ObjectName, NotificationFilter, Object) - インタフェースjavax.management.MBeanServerのメソッド
登録済みMBeanにリスナーを追加します。
addNotificationListener(ObjectName, NotificationListener, NotificationFilter, Object) - インタフェースjavax.management.MBeanServerConnectionのメソッド
登録済みMBeanにリスナーを追加します。
addNotificationListener(ObjectName, ObjectName, NotificationFilter, Object) - インタフェースjavax.management.MBeanServerConnectionのメソッド
登録済みMBeanにリスナーを追加します。
addNotificationListener(NotificationListener, NotificationFilter, Object) - クラスjavax.management.MBeanServerDelegateのメソッド
 
addNotificationListener(NotificationListener, NotificationFilter, Object) - クラスjavax.management.modelmbean.RequiredModelMBeanのメソッド
NotificationListenerインタフェースを実装するオブジェクトをリスナーとして登録します。
addNotificationListener(NotificationListener, NotificationFilter, Object) - インタフェースjavax.management.NotificationBroadcasterのメソッド
このMBeanにリスナーを追加します。
addNotificationListener(NotificationListener, NotificationFilter, Object) - クラスjavax.management.NotificationBroadcasterSupportのメソッド
リスナーを追加します。
addNotificationListener(ObjectName, ObjectName, MarshalledObject, MarshalledObject, Subject) - インタフェースjavax.management.remote.rmi.RMIConnectionのメソッド
addNotificationListener(ObjectName, ObjectName, MarshalledObject, MarshalledObject, Subject) - クラスjavax.management.remote.rmi.RMIConnectionImplのメソッド
 
addNotificationListener(ObjectName, ObjectName, MarshalledObject, MarshalledObject, Subject) - クラスjavax.management.remote.rmi.RMIConnectionImpl_Stubのメソッド
 
addNotificationListener(NotificationListener, NotificationFilter, Object) - クラスjavax.management.StandardEmitterMBeanのメソッド
 
addNotificationListeners(ObjectName[], MarshalledObject[], Subject[]) - インタフェースjavax.management.remote.rmi.RMIConnectionのメソッド
addNotificationListeners(ObjectName[], MarshalledObject[], Subject[]) - クラスjavax.management.remote.rmi.RMIConnectionImplのメソッド
 
addNotificationListeners(ObjectName[], MarshalledObject[], Subject[]) - クラスjavax.management.remote.rmi.RMIConnectionImpl_Stubのメソッド
 
addNotify() - クラスjava.awt.Buttonのメソッド
ボタンのピアを構築します。
addNotify() - クラスjava.awt.Canvasのメソッド
キャンバスのピアを生成します。
addNotify() - クラスjava.awt.Checkboxのメソッド
チェックボックスのピアを生成します。
addNotify() - クラスjava.awt.CheckboxMenuItemのメソッド
チェックボックス項目のピアを生成します。
addNotify() - クラスjava.awt.Choiceのメソッド
Choiceのピアを作成します。
addNotify() - クラスjava.awt.Componentのメソッド
ネイティブ画面リソースに接続することによって、このComponentを表示可能にします。
addNotify() - クラスjava.awt.Containerのメソッド
ネイティブ・スクリーン・リソースに接続することにより、このContainerを表示可能にします。
addNotify() - クラスjava.awt.Dialogのメソッド
ネイティブ・スクリーン・リソースに接続することにより、このDialogを表示可能にします。
addNotify(ComponentPeer) - クラスjava.awt.dnd.DropTargetのメソッド
DropTargetがComponentに関連付けられていることをそのDropTargetに通知します。通常、このメソッドはこのDropTargetに関連したComponentのjava.awt.Component.addNotify()から呼び出され、ComponentPeerがそのComponentに関連付けられていることをDropTargetに通知します。
addNotify(DropTargetContextPeer) - クラスjava.awt.dnd.DropTargetContextのメソッド
DropTargetContextPeerに関連付けられたときに呼び出されます。
addNotify() - クラスjava.awt.FileDialogのメソッド
ファイル・ダイアログのピアを作成します。
addNotify() - クラスjava.awt.Frameのメソッド
ネイティブ・スクリーン・リソースに接続することにより、このFrameを表示可能にします。
addNotify() - クラスjava.awt.Labelのメソッド
このラベルのピアを作成します。
addNotify() - クラスjava.awt.Listのメソッド
リストのピアを作成します。
addNotify() - クラスjava.awt.Menuのメソッド
メニューのピアを作成します。
addNotify() - クラスjava.awt.MenuBarのメソッド
メニュー・バーのピアを作成します。
addNotify() - クラスjava.awt.MenuItemのメソッド
メニュー項目のピアを作成します。
addNotify() - クラスjava.awt.Panelのメソッド
パネルのピアを作成します。
addNotify() - クラスjava.awt.PopupMenuのメソッド
ポップアップ・メニューのピアを作成します。
addNotify() - クラスjava.awt.Scrollbarのメソッド
Scrollbarのピアを作成します。
addNotify() - クラスjava.awt.ScrollPaneのメソッド
スクロール・ペインのピアを作成します。
addNotify() - クラスjava.awt.TextAreaのメソッド
TextAreaのピアを作成します。
addNotify() - クラスjava.awt.TextComponentのメソッド
ネイティブ・スクリーン・リソースに接続して、このComponentを表示可能にします。
addNotify() - クラスjava.awt.TextFieldのメソッド
TextFieldのピアを作成します。
addNotify() - クラスjava.awt.Windowのメソッド
ネイティブ・スクリーン・リソースへの接続を作成して、このWindowを表示可能にします。
addNotify() - クラスjavax.swing.JComponentのメソッド
このコンポーネントに現在親コンポーネントがあることを、このコンポーネントに通知します。
addNotify() - クラスjavax.swing.JLayerのメソッド
このコンポーネントに現在親コンポーネントがあることを、このコンポーネントに通知します。
addNotify() - クラスjavax.swing.JMenuBarのメソッド
このメニュー・バーを現在のキーボード・マネージャに登録するために、JComponent.addNotifyをオーバーライドします。
addNotify() - クラスjavax.swing.JRootPaneのメソッド
このコンポーネントに現在親コンポーネントがあることを、このコンポーネントに通知します。
addNotify() - クラスjavax.swing.JTableのメソッド
configureEnclosingScrollPaneメソッドを呼び出します。
addNotify() - クラスjavax.swing.plaf.metal.MetalInternalFrameTitlePaneのメソッド
 
addNotUnderstoodHeaderElement(QName) - インタフェースjavax.xml.soap.SOAPHeaderのメソッド
指定の名前で初期化されたNotUnderstood SOAPHeaderElementオブジェクトを新しく作成し、このSOAPHeaderオブジェクトに追加します。
addObjectValue(String, Class<T>, boolean, T) - クラスjavax.imageio.metadata.IIOMetadataFormatImplのメソッド
指定されたクラス型のObject参照を、名前付き要素を実装するノードに格納できるようにします。
addObjectValue(String, Class<T>, boolean, T, List<? extends T>) - クラスjavax.imageio.metadata.IIOMetadataFormatImplのメソッド
指定されたクラス型のObject参照を、名前付き要素を実装するノードに格納できるようにします。
addObjectValue(String, Class<T>, T, Comparable<? super T>, Comparable<? super T>, boolean, boolean) - クラスjavax.imageio.metadata.IIOMetadataFormatImplのメソッド
指定されたクラス型のObject参照を、名前付き要素を実装するノードに格納できるようにします。
addObjectValue(String, Class<?>, int, int) - クラスjavax.imageio.metadata.IIOMetadataFormatImplのメソッド
指定されたクラス型のObject参照を、名前付き要素を実装するノードに格納できるようにします。
addObservedObject(ObjectName) - クラスjavax.management.monitor.Monitorのメソッド
監視対象のMBeanのセットに指定されたオブジェクトが含まれない場合、そのオブジェクトを追加します。
addObservedObject(ObjectName) - インタフェースjavax.management.monitor.MonitorMBeanのメソッド
監視対象のMBeanのセットに指定されたオブジェクトを追加します。
addObserver(Observer) - クラスjava.util.Observableのメソッド
このオブジェクトのObserverのセットにObserverを追加します(セット内にすでにあるいくつかのObserverと同じでない場合)。
addOwner(Principal, Principal) - インタフェースjava.security.acl.Ownerのメソッド
所有者を追加します。
addPathToName(int, String) - クラスjava.security.cert.X509CertSelectorのメソッド
pathToNames基準値に名前を追加します。
addPathToName(int, byte[]) - クラスjava.security.cert.X509CertSelectorのメソッド
pathToNames基準値に名前を追加します。
addPermission(Permission) - インタフェースjava.security.acl.AclEntryのメソッド
指定されたアクセス権をこのACLに追加します。
addPoint(int, int) - クラスjava.awt.Polygonのメソッド
このPolygonに指定された座標を追加します。
addPopupMenuListener(PopupMenuListener) - クラスjavax.swing.JComboBoxのメソッド
コンボボックスのポップアップから通知メッセージを受け取るPopupMenuリスナーを追加します。
addPopupMenuListener(PopupMenuListener) - クラスjavax.swing.JPopupMenuのメソッド
PopupMenuリスナーを追加します。
addPort(QName, String, String) - クラスjavax.xml.ws.Serviceのメソッド
サービスの新しいポートを作成します。
addPort(QName, String, String) - クラスjavax.xml.ws.spi.ServiceDelegateのメソッド
サービスの新しいポートを作成します。
addPreferenceChangeListener(PreferenceChangeListener) - クラスjava.util.prefs.AbstractPreferencesのメソッド
 
addPreferenceChangeListener(PreferenceChangeListener) - クラスjava.util.prefs.Preferencesのメソッド
指定されたリスナーがこの設定ノードに対する設定変更イベントを受信するように登録します。
addPreferredGap(JComponent, JComponent, LayoutStyle.ComponentPlacement) - クラスjavax.swing.GroupLayout.SequentialGroupのメソッド
2つのコンポーネント間の推奨ギャップを表す要素を追加します。
addPreferredGap(JComponent, JComponent, LayoutStyle.ComponentPlacement, int, int) - クラスjavax.swing.GroupLayout.SequentialGroupのメソッド
2つのコンポーネント間の推奨ギャップを表す要素を追加します。
addPreferredGap(LayoutStyle.ComponentPlacement) - クラスjavax.swing.GroupLayout.SequentialGroupのメソッド
もっとも近いコンポーネント間の推奨ギャップを表す要素を追加します。
addPreferredGap(LayoutStyle.ComponentPlacement, int, int) - クラスjavax.swing.GroupLayout.SequentialGroupのメソッド
もっとも近いコンポーネント間の推奨ギャップを表す要素を追加します。
addPrintJobAttributeListener(PrintJobAttributeListener, PrintJobAttributeSet) - インタフェースjavax.print.DocPrintJobのメソッド
指定された属性の変更用のリスナーを登録します。
addPrintJobListener(PrintJobListener) - インタフェースjavax.print.DocPrintJobのメソッド
この印刷ジョブ時に発生するイベントのリスナーを登録します。
addPrintServiceAttributeListener(PrintServiceAttributeListener) - インタフェースjavax.print.PrintServiceのメソッド
このPrintServiceにイベントのリスナーを登録します。
addPropertyChangeListener(PropertyChangeListener) - クラスjava.awt.Component.AccessibleAWTComponentのメソッド
リスナー・リストにPropertyChangeListenerを追加します。
addPropertyChangeListener(PropertyChangeListener) - クラスjava.awt.Componentのメソッド
PropertyChangeListenerをリスナー・リストに追加します。
addPropertyChangeListener(String, PropertyChangeListener) - クラスjava.awt.Componentのメソッド
特定のプロパティのリスナー・リストにPropertyChangeListenerを追加します。
addPropertyChangeListener(PropertyChangeListener) - クラスjava.awt.Container.AccessibleAWTContainerのメソッド
PropertyChangeListenerをリスナー・リストに追加します。
addPropertyChangeListener(PropertyChangeListener) - クラスjava.awt.Containerのメソッド
PropertyChangeListenerをリスナー・リストに追加します。
addPropertyChangeListener(String, PropertyChangeListener) - クラスjava.awt.Containerのメソッド
特定のプロパティのリスナー・リストにPropertyChangeListenerを追加します。
addPropertyChangeListener(PropertyChangeListener) - クラスjava.awt.KeyboardFocusManagerのメソッド
PropertyChangeListenerをリスナー・リストに追加します。
addPropertyChangeListener(String, PropertyChangeListener) - クラスjava.awt.KeyboardFocusManagerのメソッド
特定のプロパティのリスナー・リストにPropertyChangeListenerを追加します。
addPropertyChangeListener(String, PropertyChangeListener) - クラスjava.awt.SystemTrayのメソッド
特定のプロパティのリスナーのリストにPropertyChangeListenerを追加します。
addPropertyChangeListener(String, PropertyChangeListener) - クラスjava.awt.Toolkitのメソッド
指定されたデスクトップ・プロパティ用として、指定されたプロパティ変更リスナーを追加します。
addPropertyChangeListener(PropertyChangeListener) - クラスjava.awt.Windowのメソッド
PropertyChangeListenerをリスナー・リストに追加します。
addPropertyChangeListener(String, PropertyChangeListener) - クラスjava.awt.Windowのメソッド
特定のプロパティのリスナー・リストにPropertyChangeListenerを追加します。
addPropertyChangeListener(String, PropertyChangeListener) - インタフェースjava.beans.beancontext.BeanContextChildのメソッド
指定されたプロパティが変更になるたびにPropertyChangeEventを受け取るために、PropertyChangeListenerをこのBeanContextChildに追加します。
addPropertyChangeListener(String, PropertyChangeListener) - クラスjava.beans.beancontext.BeanContextChildSupportのメソッド
特定のプロパティのPropertyChangeListenerを追加します。
addPropertyChangeListener(PropertyChangeListener) - インタフェースjava.beans.Customizerのメソッド
PropertyChangeイベントのリスナーを登録します。
addPropertyChangeListener(PropertyChangeListener) - クラスjava.beans.PropertyChangeSupportのメソッド
PropertyChangeListenerをリスナー・リストに追加します。
addPropertyChangeListener(String, PropertyChangeListener) - クラスjava.beans.PropertyChangeSupportのメソッド
特定のプロパティのPropertyChangeListenerを追加します。
addPropertyChangeListener(PropertyChangeListener) - インタフェースjava.beans.PropertyEditorのメソッド
値変更のリスナーを追加します。
addPropertyChangeListener(PropertyChangeListener) - クラスjava.beans.PropertyEditorSupportのメソッド
値変更のリスナーを追加します。
addPropertyChangeListener(PropertyChangeListener) - インタフェースjava.util.jar.Pack200.Packerのメソッド
非推奨。
PropertyChangeListenerへの依存は、Javaプラットフォームの将来のモジュール化に対する大きな障害になります。このメソッドは今後のリリースで削除される予定です。packerの進捗をモニターする必要があるアプリケーションは、代わりにPROGRESSプロパティの値をポーリングすることができます。
addPropertyChangeListener(PropertyChangeListener) - インタフェースjava.util.jar.Pack200.Unpackerのメソッド
非推奨。
PropertyChangeListenerへの依存は、Javaプラットフォームの将来のモジュール化に対する大きな障害になります。このメソッドは今後のリリースで削除される予定です。unpackerの進捗をモニターする必要があるアプリケーションは、代わりにPROGRESSプロパティの値をポーリングすることができます。
addPropertyChangeListener(PropertyChangeListener) - クラスjava.util.logging.LogManagerのメソッド
非推奨。
PropertyChangeListenerへの依存は、Javaプラットフォームの将来のモジュール化に対する大きな障害になります。このメソッドは今後のリリースで削除される予定です。グローバルなLogManagerは、readConfigurationメソッドをオーバーライドすることでロギング構成の変更を検出できます。
addPropertyChangeListener(PropertyChangeListener) - クラスjavax.accessibility.AccessibleContextのメソッド
PropertyChangeListenerをリスナー・リストに追加します。
addPropertyChangeListener(PropertyChangeListener) - クラスjavax.swing.AbstractActionのメソッド
リスナー・リストにPropertyChangeListenerを追加します。
addPropertyChangeListener(PropertyChangeListener) - インタフェースjavax.swing.Actionのメソッド
PropertyChangeリスナーを追加します。
addPropertyChangeListener(PropertyChangeListener) - クラスjavax.swing.JComponent.AccessibleJComponentのメソッド
PropertyChangeListenerをリスナー・リストに追加します。
addPropertyChangeListener(PropertyChangeListener) - クラスjavax.swing.JList.AccessibleJList.AccessibleJListChildのメソッド
 
addPropertyChangeListener(PropertyChangeListener) - クラスjavax.swing.JTable.AccessibleJTable.AccessibleJTableCellのメソッド
リスナー・リストにPropertyChangeListenerを追加します。
addPropertyChangeListener(PropertyChangeListener) - クラスjavax.swing.JTree.AccessibleJTree.AccessibleJTreeNodeのメソッド
PropertyChangeListenerをリスナー・リストに追加します。
addPropertyChangeListener(PropertyChangeListener) - クラスjavax.swing.JTree.EmptySelectionModelのメソッド
これをオーバーライドしても何も行われません。EmptySelectionModelは選択を許可しません。
addPropertyChangeListener(PropertyChangeListener) - クラスjavax.swing.plaf.basic.BasicDirectoryModelのメソッド
PropertyChangeListenerをリスナー・リストに追加します。
addPropertyChangeListener(PropertyChangeListener) - クラスjavax.swing.plaf.LayerUIのメソッド
PropertyChangeListenerをリスナー・リストに追加します。
addPropertyChangeListener(String, PropertyChangeListener) - クラスjavax.swing.plaf.LayerUIのメソッド
特定のプロパティのリスナー・リストにPropertyChangeListenerを追加します。
addPropertyChangeListener(PropertyChangeListener) - クラスjavax.swing.SwingWorkerのメソッド
リスナー・リストにPropertyChangeListenerを追加します。
addPropertyChangeListener(PropertyChangeListener) - クラスjavax.swing.table.JTableHeader.AccessibleJTableHeader.AccessibleJTableHeaderEntryのメソッド
 
addPropertyChangeListener(PropertyChangeListener) - クラスjavax.swing.table.TableColumnのメソッド
リスナー・リストにPropertyChangeListenerを追加します。
addPropertyChangeListener(PropertyChangeListener) - クラスjavax.swing.tree.DefaultTreeSelectionModelのメソッド
PropertyChangeListenerをリスナー・リストに追加します。
addPropertyChangeListener(PropertyChangeListener) - インタフェースjavax.swing.tree.TreeSelectionModelのメソッド
PropertyChangeListenerをリスナー・リストに追加します。
addPropertyChangeListener(PropertyChangeListener) - クラスjavax.swing.UIDefaultsのメソッド
リスナー・リストにPropertyChangeListenerを追加します。
addPropertyChangeListener(PropertyChangeListener) - クラスjavax.swing.UIManagerのstaticメソッド
リスナー・リストにPropertyChangeListenerを追加します。
addProvider(Provider) - クラスjava.security.Securityのstaticメソッド
プロバイダを可能な次の位置に追加します。
addProviderAtEnd(Provider, Oid) - クラスorg.ietf.jgss.GSSManagerのメソッド
このメソッドを使用して、指定されたメカニズムをサポートするプロバイダが見つからないときに使用するプロバイダを、GSSManagerに設定します。
addProviderAtFront(Provider, Oid) - クラスorg.ietf.jgss.GSSManagerのメソッド
このメソッドを使用して、サポートが必要なメカニズムに対して特定のプロバイダを優先して使用することをGSSManagerに設定します。
addRelation(ObjectName) - クラスjavax.management.relation.RelationServiceのメソッド
ユーザーによって作成されてMBean Serverに登録されるMBeanを、関係として関係サービスに追加します。
addRelation(ObjectName) - インタフェースjavax.management.relation.RelationServiceMBeanのメソッド
ユーザーによって作成されてMBean Serverに登録されるMBeanを、関係として関係サービスに追加します。
addRelationType(RelationType) - クラスjavax.management.relation.RelationServiceのメソッド
指定されたオブジェクトを関係タイプとして追加します。
addRelationType(RelationType) - インタフェースjavax.management.relation.RelationServiceMBeanのメソッド
指定されたオブジェクトを関係タイプとして追加します。
addRenderingHints(Map<?,?>)- クラスjava.awt.Graphics2Dのメソッド
描画アルゴリズムに関する任意の数の推奨設定の値を設定します。
addRequestProperty(String, String) - クラスjava.net.URLConnectionのメソッド
キーと値のペアで指定された一般要求プロパティを追加します。
addResourceBundle(String) - クラスjavax.swing.UIDefaultsのメソッド
ローカライズされた値を検索するためのリソース・バンドルのリストに、リソース・バンドルを追加します。
addResponseHeader(String, String) - クラスjavax.xml.ws.spi.http.HttpExchangeのメソッド
指定された名前と値を持つ応答ヘッダーを追加します。
address() - クラスjava.net.Proxyのメソッド
プロキシのソケット・アドレスを返します。直接接続の場合はnullを返します。
address - クラスjava.net.SocketImplの変数
このソケットのリモート側のIPアドレスです。
ADDRESS - クラスjavax.swing.text.html.HTML.Tagのstatic変数
 
address(String) - クラスjavax.xml.ws.wsaddressing.W3CEndpointReferenceBuilderのメソッド
addressW3CEndpointReferenceインスタンスのwsa:Addressに設定します。
AddressHelper - org.omg.CosNaming.NamingContextExtPackageのクラス
アドレスは、Stringで表現されたホストおよびポート情報です。
AddressHelper() - クラスorg.omg.CosNaming.NamingContextExtPackage.AddressHelperのコンストラクタ
 
Addressing - javax.xml.ws.soap内の注釈型
この注釈は、SOAP 1.1/HTTPまたはSOAP 1.2/HTTPバインディングでのWS-Addressingの使用を表します。
AddressingFeature - javax.xml.ws.soapのクラス
AddressingFeatureは、SOAP 1.1/HTTPまたはSOAP 1.2/HTTPバインディングでのWS-Addressingの使用を表します。
AddressingFeature() - クラスjavax.xml.ws.soap.AddressingFeatureのコンストラクタ
アドレス指定要件を使用して、AddressingFeatureを作成し、構成します。
AddressingFeature(boolean) - クラスjavax.xml.ws.soap.AddressingFeatureのコンストラクタ
アドレス指定要件を使用して、AddressingFeatureを作成し、構成します。
AddressingFeature(boolean, boolean) - クラスjavax.xml.ws.soap.AddressingFeatureのコンストラクタ
アドレス指定要件を使用して、AddressingFeatureを作成し、構成します。
AddressingFeature(boolean, boolean, AddressingFeature.Responses) - クラスjavax.xml.ws.soap.AddressingFeatureのコンストラクタ
アドレス指定要件を使用して、AddressingFeatureを作成し、構成します。
AddressingFeature.Responses - javax.xml.ws.soap内の列挙
アドレス指定が有効な場合、このプロパティは端点で匿名応答のみ、非匿名応答のみ、またはすべての使用を必要とするかどうかを判別します。
addRoleInfo(RoleInfo) - クラスjavax.management.relation.RelationTypeSupportのメソッド
ロール情報を追加します。
addRow(Vector) - クラスjavax.swing.table.DefaultTableModelのメソッド
モデルの最後に行を追加します。
addRow(Object[]) - クラスjavax.swing.table.DefaultTableModelのメソッド
モデルの最後に行を追加します。
addRowSelectionInterval(int, int) - クラスjavax.swing.JTableのメソッド
index0からindex1までの行(上下限値を含む)を現在の選択領域に追加します。
addRowSet(Joinable) - インタフェースjavax.sql.rowset.JoinRowSetのメソッド
指定されたRowSetオブジェクトをこのJoinRowSetオブジェクトに追加します。
addRowSet(RowSet, int) - インタフェースjavax.sql.rowset.JoinRowSetのメソッド
指定されたRowSetオブジェクトをこのJoinRowSetオブジェクトに追加し、指定された列をRowSetオブジェクトの一致列として設定します。
addRowSet(RowSet, String) - インタフェースjavax.sql.rowset.JoinRowSetのメソッド
rowsetをこのJoinRowSetオブジェクトに追加し、指定された列を一致列に設定します。
addRowSet(RowSet[], int[]) - インタフェースjavax.sql.rowset.JoinRowSetのメソッド
指定されたRowSetオブジェクトの配列に含まれる1つ以上のRowSetオブジェクトをこのJoinRowSetオブジェクトに追加し、各RowSetオブジェクトの一致列を指定された列インデックスの配列内の一致列に設定します。
addRowSet(RowSet[], String[]) - インタフェースjavax.sql.rowset.JoinRowSetのメソッド
指定されたRowSetオブジェクトの配列に含まれる1つ以上のRowSetオブジェクトをこのJoinRowSetオブジェクトに追加し、各RowSetオブジェクトの一致列を指定された列名の配列内の一致列に設定します。
addRowSetListener(RowSetListener) - インタフェースjavax.sql.RowSetのメソッド
指定したイベント・リスナーを登録して、このRowSetオブジェクトで発生するイベントが通知されるようにします。
addRowSetListener(RowSetListener) - クラスjavax.sql.rowset.BaseRowSetのメソッド
リスナーは、このRowSetオブジェクトでイベントが発生するたびに通知を受けます。
addRowSorterListener(RowSorterListener) - クラスjavax.swing.RowSorterのメソッド
このRowSorterに関する通知を受け取るRowSorterListenerを追加します。
addrs - クラスjavax.naming.Referenceの変数
このReferenceに含まれるアドレスを含みます。
addrType - クラスjavax.naming.RefAddrの変数
このアドレスの型を含みます。
addRule(String) - クラスjavax.swing.text.html.StyleSheetのメソッド
規則セットをシートに登録します。
addSelectionInterval(int, int) - クラスjavax.swing.DefaultListSelectionModelのメソッド
選択範囲を、現在の選択範囲とindex0以上index1以下のインデックスの示す範囲との和集合に変更します。
addSelectionInterval(int, int) - クラスjavax.swing.JListのメソッド
指定された区間を現在の選択に加えます。
addSelectionInterval(int, int) - クラスjavax.swing.JTreeのメソッド
指定された行(この行を含む)を選択に追加します。
addSelectionInterval(int, int) - インタフェースjavax.swing.ListSelectionModelのメソッド
選択範囲を、現在の選択範囲とindex0以上index1以下のインデックスの示す範囲との和集合に変更します。
addSelectionPath(TreePath) - クラスjavax.swing.JTreeのメソッド
指定されたTreePathによって識別されるノードを現在の選択に追加します。
addSelectionPath(TreePath) - クラスjavax.swing.tree.DefaultTreeSelectionModelのメソッド
現在の選択範囲にパスを追加します。
addSelectionPath(TreePath) - インタフェースjavax.swing.tree.TreeSelectionModelのメソッド
現在の選択範囲にパスを追加します。
addSelectionPaths(TreePath[]) - クラスjavax.swing.JTreeのメソッド
パスの配列の各パスを現在の選択に追加します。
addSelectionPaths(TreePath[]) - クラスjavax.swing.JTree.EmptySelectionModelのメソッド
これをオーバーライドしても何も行われません。EmptySelectionModelは選択を許可しません。
addSelectionPaths(TreePath[]) - クラスjavax.swing.tree.DefaultTreeSelectionModelのメソッド
現在の選択範囲にパスを追加します。
addSelectionPaths(TreePath[]) - インタフェースjavax.swing.tree.TreeSelectionModelのメソッド
現在の選択範囲にパスを追加します。
addSelectionRow(int) - クラスjavax.swing.JTreeのメソッド
指定された行にあるパスを現在の選択に追加します。
addSelectionRows(int[]) - クラスjavax.swing.JTreeのメソッド
指定された各行にあるパスを現在の選択に追加します。
addSeparator() - クラスjava.awt.Menuのメソッド
セパレータ・ライン、つまりハイフンをメニューの現在の位置に追加します。
addSeparator() - クラスjavax.swing.JMenuのメソッド
メニューの最後に新しいセパレータを追加します。
addSeparator() - クラスjavax.swing.JPopupMenuのメソッド
メニューの末尾に新しいセパレータを追加します。
addSeparator() - クラスjavax.swing.JToolBarのメソッド
デフォルト・サイズのセパレータをツールバーの終端に追加します。
addSeparator(Dimension) - クラスjavax.swing.JToolBarのメソッド
指定されたサイズのセパレータをツールバーの終端に追加します。
addService(Class, BeanContextServiceProvider) - インタフェースjava.beans.beancontext.BeanContextServicesのメソッド
このBeanContextにサービスを追加します。
addService(Class, BeanContextServiceProvider) - クラスjava.beans.beancontext.BeanContextServicesSupportのメソッド
サービスを追加します。
addService(Class, BeanContextServiceProvider, boolean) - クラスjava.beans.beancontext.BeanContextServicesSupportのメソッド
サービスを追加します。
addShutdownHook(Thread) - クラスjava.lang.Runtimeのメソッド
新しい仮想マシンのシャットダウン・フックを登録します。
addSingletonComponent(Component, Component) - クラスjavax.swing.ScrollPaneLayoutのメソッド
既存のコンポーネントを削除します。
addSource(Object) - クラスjava.awt.image.renderable.ParameterBlockのメソッド
イメージをソースのリストの最後に追加します。
addSource(DOMImplementationSource) - クラスorg.w3c.dom.bootstrap.DOMImplementationRegistryのメソッド
実装を登録します。
addSpecialElement(HTML.Tag, MutableAttributeSet) - クラスjavax.swing.text.html.HTMLDocument.HTMLReaderのメソッド
基本的に属性セット全体で指定されているコンテンツを追加します。
addStatementEventListener(StatementEventListener) - インタフェースjavax.sql.PooledConnectionのメソッド
このPooledConnectionオブジェクトにStatementEventListenerを登録します。
addStyle(String, Style) - クラスjavax.swing.JTextPaneのメソッド
論理書式階層に新しい書式を追加します。
addStyle(String, Style) - クラスjavax.swing.text.DefaultStyledDocumentのメソッド
論理書式階層に新しい書式を追加します。
addStyle(String, Style) - クラスjavax.swing.text.StyleContextのメソッド
書式階層に新しい書式を追加します。
addStyle(String, Style) - インタフェースjavax.swing.text.StyledDocumentのメソッド
論理書式階層に新しい書式を追加します。
addStyleSheet(StyleSheet) - クラスjavax.swing.text.html.StyleSheetのメソッド
StyleSheet ssの規則を、レシーバの規則に追加します。
addSubComponents() - クラスjavax.swing.plaf.basic.BasicInternalFrameTitlePaneのメソッド
 
addSubComponents() - クラスjavax.swing.plaf.metal.MetalInternalFrameTitlePaneのメソッド
親のメソッドをオーバーライドし、メニュー・バーの作成を防ぎます。
addSubjectAlternativeName(int, String) - クラスjava.security.cert.X509CertSelectorのメソッド
subjectAlternativeNames基準値に名前を追加します。
addSubjectAlternativeName(int, byte[]) - クラスjava.security.cert.X509CertSelectorのメソッド
subjectAlternativeNames基準値に名前を追加します。
addSuppressed(Throwable) - クラスjava.lang.Throwableのメソッド
この例外を提供する目的で抑制された例外に、指定された例外を追加します。
addSwaRefAttachment(DataHandler) - クラスjavax.xml.bind.attachment.AttachmentMarshallerのメソッド
添付としてMIME dataを追加し、添付のコンテンツID、cidを返します。
addSystemMenuItems(JMenu) - クラスjavax.swing.plaf.basic.BasicInternalFrameTitlePaneのメソッド
 
addSystemMenuItems(JMenu) - クラスjavax.swing.plaf.metal.MetalInternalFrameTitlePaneのメソッド
親のメソッドをオーバーライドし、処理は行いません。
addTab(String, Icon, Component, String) - クラスjavax.swing.JTabbedPaneのメソッド
titleまたはicon、あるいはその両方(どちらかはnullでもかまわない)で表されるcomponentおよびtipを追加します。
addTab(String, Icon, Component) - クラスjavax.swing.JTabbedPaneのメソッド
titleまたはicon、あるいはその両方(どちらかはnullでもかまわない)で表されるcomponentを追加します。
addTab(String, Component) - クラスjavax.swing.JTabbedPaneのメソッド
titleで表される(アイコンなし) componentを追加します。
addTableModelListener(TableModelListener) - クラスjavax.swing.table.AbstractTableModelのメソッド
データ・モデル変更時の通知対象リストにリスナーを追加します。
addTableModelListener(TableModelListener) - インタフェースjavax.swing.table.TableModelのメソッド
データ・モデルが変更されるたびに通知されるリストにリスナーを追加します。
addTag - クラスjavax.swing.text.html.HTMLEditorKit.InsertHTMLTextActionの変数
タグの追加の始点となる、HTML内のタグです。
addTask(Runnable) - クラスjavax.swing.text.LayoutQueueのメソッド
結果が可視ではないと思われるため、すぐには必要のないタスクを追加します。
addTextListener(TextListener) - クラスjava.awt.TextComponentのメソッド
このテキスト・コンポーネントからテキスト・イベントを受け取るために、指定されたテキスト・イベント・リスナーを追加します。
addTextNode(String) - インタフェースjavax.xml.soap.SOAPElementのメソッド
指定のStringで初期化されたTextオブジェクトを新しく作成し、このSOAPElementオブジェクトに追加します。
addTileObserver(TileObserver) - クラスjava.awt.image.BufferedImageのメソッド
タイル・オブザーバを追加します。
addTileObserver(TileObserver) - インタフェースjava.awt.image.WritableRenderedImageのメソッド
オブザーバを追加します。
addTo(Temporal) - インタフェースjava.time.chrono.ChronoPeriodのメソッド
指定された時間的オブジェクトにこの期間を加算します。
addTo(Temporal) - クラスjava.time.Durationのメソッド
指定された時間的オブジェクトにこのデュレーションを加算します。
addTo(Temporal) - クラスjava.time.Periodのメソッド
指定された時間的オブジェクトにこの期間を加算します。
addTo(R, long) - 列挙java.time.temporal.ChronoUnitのメソッド
 
addTo(Temporal) - インタフェースjava.time.temporal.TemporalAmountのメソッド
指定された時間的オブジェクトに加算します。
addTo(R, long) - インタフェースjava.time.temporal.TemporalUnitのメソッド
指定された期間を加算した、指定された時間的オブジェクトのコピーを返します。
addTo(Calendar) - クラスjavax.xml.datatype.Durationのメソッド
この期間をCalendarオブジェクトに追加します。
addTo(Date) - クラスjavax.xml.datatype.Durationのメソッド
この期間をDateオブジェクトに追加します。
addToEnvironment(String, Object) - インタフェースjavax.naming.Contextのメソッド
このコンテキストの環境に、新しい環境プロパティを追加します。
addToEnvironment(String, Object) - クラスjavax.naming.InitialContextのメソッド
 
addToPendingCount(int) - クラスjava.util.concurrent.CountedCompleterのメソッド
指定された値を保留カウントに原子的に追加します。
addTransformer(ClassFileTransformer, boolean) - インタフェースjava.lang.instrument.Instrumentationのメソッド
提供されたトランスフォーマを登録します。
addTransformer(ClassFileTransformer) - インタフェースjava.lang.instrument.Instrumentationのメソッド
提供されたトランスフォーマを登録します。
addTreeExpansionListener(TreeExpansionListener) - クラスjavax.swing.JTreeのメソッド
TreeExpansionイベントのリスナーを追加します。
addTreeModelListener(TreeModelListener) - クラスjavax.swing.tree.DefaultTreeModelのメソッド
ツリーが変更されたあとに送信されたTreeModelEventのリスナーを追加します。
addTreeModelListener(TreeModelListener) - インタフェースjavax.swing.tree.TreeModelのメソッド
ツリーが変更されたあとに送信されたTreeModelEventのリスナーを追加します。
addTreeSelectionListener(TreeSelectionListener) - クラスjavax.swing.JTreeのメソッド
TreeSelectionイベントのリスナーを追加します。
addTreeSelectionListener(TreeSelectionListener) - クラスjavax.swing.JTree.EmptySelectionModelのメソッド
これをオーバーライドしても何も行われません。EmptySelectionModelは選択を許可しません。
addTreeSelectionListener(TreeSelectionListener) - クラスjavax.swing.tree.DefaultTreeSelectionModelのメソッド
選択されたTreePathの設定が変更されるたびに通知を受けるリスナーのリストにxを追加します。
addTreeSelectionListener(TreeSelectionListener) - インタフェースjavax.swing.tree.TreeSelectionModelのメソッド
選択されたTreePathの設定が変更されるたびに通知を受けるリスナーのリストにxを追加します。
addTreeWillExpandListener(TreeWillExpandListener) - クラスjavax.swing.JTreeのメソッド
TreeWillExpandイベントのリスナーを追加します。
addUndoableEditListener(UndoableEditListener) - クラスjavax.swing.text.AbstractDocumentのメソッド
任意の変更を通知するアンドゥ・リスナーを追加します。
addUndoableEditListener(UndoableEditListener) - インタフェースjavax.swing.text.Documentのメソッド
ドキュメントに取消し可能な編集が加えられたときに通知の受信を開始するように、指定されたオブザーバを登録します。
addUndoableEditListener(UndoableEditListener) - クラスjavax.swing.undo.UndoableEditSupportのメソッド
UndoableEditListenerを登録します。
addUnencodedNativeForFlavor(DataFlavor, String) - クラスjava.awt.datatransfer.SystemFlavorMapのメソッド
指定されたDataFlavor (および指定されたDataFlavorに等しいすべてのDataFlavor)から指定されたStringネイティブへのマッピングを追加します。
addUnicodeLocaleAttribute(String) - クラスjava.util.Locale.Builderのメソッド
Unicodeロケール属性が存在しない場合にそれを追加します。それ以外の場合は何の影響もありません。
addUpgradeHeaderElement(Iterator) - インタフェースjavax.xml.soap.SOAPHeaderのメソッド
指定されたサポートされるSOAP URIのリストで初期化されたUpgrade SOAPHeaderElementオブジェクトを新しく作成し、それをこのSOAPHeaderオブジェクトに追加します。
addUpgradeHeaderElement(String[]) - インタフェースjavax.xml.soap.SOAPHeaderのメソッド
指定されたサポートされるSOAP URIの配列で初期化されたUpgrade SOAPHeaderElementオブジェクトを新しく作成し、それをこのSOAPHeaderオブジェクトに追加します。
addUpgradeHeaderElement(String) - インタフェースjavax.xml.soap.SOAPHeaderのメソッド
指定されたサポートされるSOAP URIで初期化されたUpgrade SOAPHeaderElementオブジェクトを新しく作成し、それをこのSOAPHeaderオブジェクトに追加します。
addURL(URL) - クラスjava.net.URLClassLoaderのメソッド
指定されたURLを、クラスおよびリソースを検索するためのURLリストに追加します。
addURL(URL) - クラスjavax.management.loading.MLetのメソッド
指定されたURLを、クラスおよびリソースを検索するためのURLリストに追加します。
addURL(String) - クラスjavax.management.loading.MLetのメソッド
指定されたURLを、クラスおよびリソースを検索するためのURLリストに追加します。
addURL(URL) - インタフェースjavax.management.loading.MLetMBeanのメソッド
指定されたURLを、クラスおよびリソースを検索するためのURLリストに追加します。
addURL(String) - インタフェースjavax.management.loading.MLetMBeanのメソッド
指定されたURLを、クラスおよびリソースを検索するためのURLリストに追加します。
addVetoableChangeListener(VetoableChangeListener) - クラスjava.awt.KeyboardFocusManagerのメソッド
VetoableChangeListenerをリスナー・リストに追加します。
addVetoableChangeListener(String, VetoableChangeListener) - クラスjava.awt.KeyboardFocusManagerのメソッド
特定のプロパティのリスナー・リストにVetoableChangeListenerを追加します。
addVetoableChangeListener(String, VetoableChangeListener) - インタフェースjava.beans.beancontext.BeanContextChildのメソッド
指定されたプロパティが変更になるたびにイベントを受け取るために、VetoableChangeListenerをこのBeanContextChildに追加します。
addVetoableChangeListener(String, VetoableChangeListener) - クラスjava.beans.beancontext.BeanContextChildSupportのメソッド
特定のプロパティのVetoableChangeListenerを追加します。
addVetoableChangeListener(VetoableChangeListener) - クラスjava.beans.VetoableChangeSupportのメソッド
VetoableChangeListenerをリスナー・リストに追加します。
addVetoableChangeListener(String, VetoableChangeListener) - クラスjava.beans.VetoableChangeSupportのメソッド
特定のプロパティのVetoableChangeListenerを追加します。
addVetoableChangeListener(VetoableChangeListener) - クラスjavax.swing.JComponentのメソッド
リスナー・リストにVetoableChangeListenerを追加します。
addWindowFocusListener(WindowFocusListener) - クラスjava.awt.Windowのメソッド
このウィンドウからウィンドウ・フォーカス・リスナーを受け取るために、指定されたウィンドウ・リスナーを追加します。
addWindowListener(WindowListener) - クラスjava.awt.Windowのメソッド
このウィンドウからウィンドウ・イベントを受け取るために、指定されたウィンドウ・リスナーを追加します。
addWindowStateListener(WindowStateListener) - クラスjava.awt.Windowのメソッド
このウィンドウからウィンドウ・イベントを受け取るために、指定されたウィンドウ状態リスナーを追加します。
Adjustable - java.awtのインタフェース
ある制限範囲内に含まれる調整可能な数値を持つオブジェクト用のインタフェースです。
adjustAllocation(Shape) - クラスjavax.swing.text.FieldViewのメソッド
ビューに指定された割り当てを調整して、テキスト・フィールドに適した割当てにします。
adjustForGravity(GridBagConstraints, Rectangle) - クラスjava.awt.GridBagLayoutのメソッド
x、y、幅、高さフィールドを、制約幾何学的図形およびパッドに応じて正しい値に調整します。
AdjustForGravity(GridBagConstraints, Rectangle) - クラスjava.awt.GridBagLayoutのメソッド
このメソッドは廃止されており、下位互換性のためにのみ提供されています。新しいコードは、かわりにadjustForGravityを呼び出すようにしてください。
adjustInto(Temporal) - インタフェースjava.time.chrono.ChronoLocalDateのメソッド
指定された時間的オブジェクトを、このオブジェクトと同じ日付を持つように調整します。
adjustInto(Temporal) - インタフェースjava.time.chrono.ChronoLocalDateTimeのメソッド
指定された時間的オブジェクトを、このオブジェクトと同じ日付と時間を持つように調整します。
adjustInto(Temporal) - インタフェースjava.time.chrono.Eraのメソッド
指定された時間的オブジェクトを、このオブジェクトと同じ紀元を持つように調整します。
adjustInto(Temporal) - 列挙java.time.DayOfWeekのメソッド
指定された時間的オブジェクトを、この「曜日」を持つように調整します。
adjustInto(Temporal) - クラスjava.time.Instantのメソッド
指定された時間的オブジェクトを、このインスタントを持つように調整します。
adjustInto(Temporal) - クラスjava.time.LocalDateのメソッド
指定された時間的オブジェクトを、このオブジェクトと同じ日付を持つように調整します。
adjustInto(Temporal) - クラスjava.time.LocalDateTimeのメソッド
指定された時間的オブジェクトを、このオブジェクトと同じ日付と時間を持つように調整します。
adjustInto(Temporal) - クラスjava.time.LocalTimeのメソッド
指定された時間的オブジェクトを、このオブジェクトと同じ時間を持つように調整します。
adjustInto(Temporal) - 列挙java.time.Monthのメソッド
指定された時間的オブジェクトを、この月を持つように調整します。
adjustInto(Temporal) - クラスjava.time.MonthDayのメソッド
指定された時間的オブジェクトを、この月-日を持つように調整します。
adjustInto(Temporal) - クラスjava.time.OffsetDateTimeのメソッド
指定された時間的オブジェクトを、このオブジェクトと同じオフセット、日付および時間を持つように調整します。
adjustInto(Temporal) - クラスjava.time.OffsetTimeのメソッド
指定された時間的オブジェクトを、このオブジェクトと同じオフセットと時間を持つように調整します。
adjustInto(R, long) - 列挙java.time.temporal.ChronoFieldのメソッド
 
adjustInto(Temporal) - インタフェースjava.time.temporal.TemporalAdjusterのメソッド
指定された時間的オブジェクトを調整します。
adjustInto(R, long) - インタフェースjava.time.temporal.TemporalFieldのメソッド
このフィールドの値を設定した、指定された時間的オブジェクトのコピーを返します。
adjustInto(Temporal) - クラスjava.time.Yearのメソッド
指定された時間的オブジェクトを、この年を持つように調整します。
adjustInto(Temporal) - クラスjava.time.YearMonthのメソッド
指定された時間的オブジェクトを、年-月を持つように調整します。
adjustInto(Temporal) - クラスjava.time.ZoneOffsetのメソッド
指定された時間的オブジェクトを、このオブジェクトと同じオフセットを持つように調整します。
ADJUSTMENT_EVENT_MASK - クラスjava.awt.AWTEventのstatic変数
調整イベント選択用イベント・マスクです。
ADJUSTMENT_FIRST - クラスjava.awt.event.AdjustmentEventのstatic変数
調整イベントID範囲の最初の整数IDをマークします。
ADJUSTMENT_LAST - クラスjava.awt.event.AdjustmentEventのstatic変数
調整イベントID範囲の最後の整数IDをマークします。
ADJUSTMENT_VALUE_CHANGED - クラスjava.awt.event.AdjustmentEventのstatic変数
調整値が変更されたことを示すイベントです。
AdjustmentEvent - java.awt.eventのクラス
ScrollbarScrollPaneなどのAdjustableオブジェクトが発行する調整イベントです。
AdjustmentEvent(Adjustable, int, int, int) - クラスjava.awt.event.AdjustmentEventのコンストラクタ
指定されたAdjustableソース、イベント・タイプ、調整タイプ、および値でAdjustmentEventオブジェクトを構築します。
AdjustmentEvent(Adjustable, int, int, int, boolean) - クラスjava.awt.event.AdjustmentEventのコンストラクタ
指定されたAdjustableソース、イベント・タイプ、調整タイプ、および値でAdjustmentEventオブジェクトを構築します。
AdjustmentListener - java.awt.eventのインタフェース
調整イベントを受け取るためのリスナー・インタフェースです。
adjustmentValueChanged(AdjustmentEvent) - クラスjava.awt.AWTEventMulticasterのメソッド
listener-aとlistener-bでadjustmentValueChangedメソッドを呼び出すことによって、adjustmentValueChangedイベントを処理します。
adjustmentValueChanged(AdjustmentEvent) - インタフェースjava.awt.event.AdjustmentListenerのメソッド
Adjustableの値が変更されると呼び出されます。
adjustRow(FlowView, int, int, int) - クラスjavax.swing.text.FlowView.FlowStrategyのメソッド
指定された行を可能であれば調整して、配置スパン内に収めるようにします。
adjustSizes(int, SizeRequirements[]) - クラスjavax.swing.SizeRequirementsのstaticメソッド
指定された量で、指定された配列のサイズを調整します。
adjustVisibility(Rectangle) - クラスjavax.swing.text.DefaultCaretのメソッド
必要に応じて、関連するビューをスクロールして、キャレットを表示します。
Adler32 - java.util.zipのクラス
データ・ストリームのAdler-32チェックサムを計算するために使用するクラスです。
Adler32() - クラスjava.util.zip.Adler32のコンストラクタ
新しいAdler32オブジェクトを生成します。
ADMIN_UIROLE - クラスjavax.print.ServiceUIFactoryのstatic変数
管理ロールを実行するUIであることを示します。
adoptNode(Node) - インタフェースorg.w3c.dom.Documentのメソッド
ほかの文書のノードを現在の文書にインポートします。
AEADBadTagException - javax.cryptoの例外
この例外は、AEADモード(GCM/CCMなど)で動作するCipherが指定された認証タグを検証できない場合にスローされます。
AEADBadTagException() - 例外javax.crypto.AEADBadTagExceptionのコンストラクタ
詳細メッセージを指定しないでAEADBadTagExceptionを構築します。
AEADBadTagException(String) - 例外javax.crypto.AEADBadTagExceptionのコンストラクタ
指定された詳細メッセージを持つAEADBadTagExceptionを構築します。
AEGEAN_NUMBERS - クラスjava.lang.Character.UnicodeBlockのstatic変数
「Aegean Numbers」Unicode文字ブロックの定数です。
AffineTransform - java.awt.geomのクラス
AffineTransformクラスは、線の直線性と平行性を保ったままで2次元座標間の線形マッピングを実行する2次元アフィン変換を表現します。
AffineTransform() - クラスjava.awt.geom.AffineTransformのコンストラクタ
恒等変換を表現する新しいAffineTransformを構築します。
AffineTransform(AffineTransform) - クラスjava.awt.geom.AffineTransformのコンストラクタ
指定されたAffineTransformオブジェクトのコピーである、新しいAffineTransformを構築します。
AffineTransform(float, float, float, float, float, float) - クラスjava.awt.geom.AffineTransformのコンストラクタ
3×3変換行列の6つの指定可能エントリを表現する6つの浮動小数点値から、新しいAffineTransformを構築します。
AffineTransform(float[]) - クラスjava.awt.geom.AffineTransformのコンストラクタ
3×3変換行列の4つの非平行移動エントリまたは6つの特定可能エントリを表現する浮動小数点値の配列から、新しいAffineTransformを構築します。
AffineTransform(double, double, double, double, double, double) - クラスjava.awt.geom.AffineTransformのコンストラクタ
3×3変換行列の6つの指定可能エントリを表現する6つの倍精度値から、新しいAffineTransformを構築します。
AffineTransform(double[]) - クラスjava.awt.geom.AffineTransformのコンストラクタ
3×3変換行列の4つの非平行移動エントリまたは6つの指定可能エントリのどちらかを表現する倍精度値の配列から、新しいAffineTransformを構築します。
AffineTransformOp - java.awt.imageのクラス
このクラスは、アフィン変換を使用して、転送元のイメージまたはRasterの2次元座標から転送先のイメージまたはRasterの2次元座標への線形マッピングを実行します。
AffineTransformOp(AffineTransform, RenderingHints) - クラスjava.awt.image.AffineTransformOpのコンストラクタ
アフィン変換を指定してAffineTransformOpを構築します。
AffineTransformOp(AffineTransform, int) - クラスjava.awt.image.AffineTransformOpのコンストラクタ
アフィン変換および補間型を指定してAffineTransformOpを構築します。
after(Timestamp) - クラスjava.sql.Timestampのメソッド
このTimestampオブジェクトが、指定されたTimestampオブジェクトより遅い時間かどうかを示します。
after(Object) - クラスjava.util.Calendarのメソッド
このCalendarが、指定されたObjectの表す時間よりあとの時間を表すかどうかを返します。
after(Date) - クラスjava.util.Dateのメソッド
この日付が、指定された日付より後にあるかどうかを判定します。
AFTER_LAST_LINE - クラスjava.awt.BorderLayoutのstatic変数
PAGE_ENDと同じ意味を持ちます。
AFTER_LINE_ENDS - クラスjava.awt.BorderLayoutのstatic変数
LINE_ENDと同じ意味を持ちます。
afterExecute(Runnable, Throwable) - クラスjava.util.concurrent.ThreadPoolExecutorのメソッド
指定されたRunnableの実行完了時に呼び出されるメソッドです。
afterLast() - インタフェースjava.sql.ResultSetのメソッド
カーソルをこのResultSetオブジェクトの終端、つまり最終行の直後に移動します。
afterMarshal(Object) - クラスjavax.xml.bind.Marshaller.Listenerのメソッド

sourceをXMLに整列化したあとに呼び出されるコールバック・メソッド。

afterOffset(int) - クラスjava.awt.font.TextHitInfoのstaticメソッド
指定されたオフセットに、オフセットの後ろの文字に関連付けられたTextHitInfoを作成します。
afterUnmarshal(Object, Object) - クラスjavax.xml.bind.Unmarshaller.Listenerのメソッド

XMLデータをtargetに非整列化したあとに呼び出されるコールバック・メソッド。

AIFC - クラスjavax.sound.sampled.AudioFileFormat.Typeのstatic変数
AIFF-Cファイルを指定します。
AIFF - クラスjavax.sound.sampled.AudioFileFormat.Typeのstatic変数
AIFFファイルを指定します。
ALAW - クラスjavax.sound.sampled.AudioFormat.Encodingのstatic変数
a-lawエンコード・データを指定します。
ALCHEMICAL_SYMBOLS - クラスjava.lang.Character.UnicodeBlockのstatic変数
「Alchemical Symbols」Unicode文字ブロックの定数です。
ALERT - クラスjavax.accessibility.AccessibleRoleのstatic変数
オブジェクトはユーザーに警告を発するのに使用されます。
AlgorithmConstraints - java.securityのインタフェース
このインタフェースは、暗号化アルゴリズム、鍵(鍵サイズ)、およびその他のアルゴリズム・パラメータの制約を指定します。
AlgorithmMethod - javax.xml.cryptoのインタフェース
XMLセキュリティ仕様で定義されたアルゴリズムの抽象表現です。
AlgorithmParameterGenerator - java.securityのクラス
AlgorithmParameterGeneratorクラスは、特定のアルゴリズムで使われるパラメータのセットを生成するために使用されます。
AlgorithmParameterGenerator(AlgorithmParameterGeneratorSpi, Provider, String) - クラスjava.security.AlgorithmParameterGeneratorのコンストラクタ
AlgorithmParameterGeneratorオブジェクトを作成します。
AlgorithmParameterGeneratorSpi - java.securityのクラス
このクラスは、AlgorithmParameterGeneratorクラスのサービス・プロバイダ・インタフェース (SPI)を定義します。これは、特定のアルゴリズムで使われるパラメータのセットを生成するために使用されます。
AlgorithmParameterGeneratorSpi() - クラスjava.security.AlgorithmParameterGeneratorSpiのコンストラクタ
 
AlgorithmParameters - java.securityのクラス
暗号化パラメータの不透明な表示として使用します。
AlgorithmParameters(AlgorithmParametersSpi, Provider, String) - クラスjava.security.AlgorithmParametersのコンストラクタ
AlgorithmParametersオブジェクトを作成します。
AlgorithmParameterSpec - java.security.specのインタフェース
暗号パラメータの透明な仕様です。
AlgorithmParametersSpi - java.securityのクラス
このクラスは、AlgorithmParametersクラスのサービス・プロバイダ・インタフェース (SPI)を定義します。これは、アルゴリズム・パラメータを管理するために使用されます。
AlgorithmParametersSpi() - クラスjava.security.AlgorithmParametersSpiのコンストラクタ
 
aliases() - クラスjava.nio.charset.Charsetのメソッド
この文字セットの別名が含まれるセットを返します。
aliases() - クラスjava.security.KeyStoreのメソッド
このキーストアのすべての別名を一覧表示します。
ALIGN - クラスjavax.swing.text.html.HTML.Attributeのstatic変数
 
ALIGN_BAR - クラスjavax.swing.text.TabStopのstatic変数
 
ALIGN_CENTER - クラスjavax.swing.text.StyleConstantsのstatic変数
段落の配置方法の値です。
ALIGN_CENTER - クラスjavax.swing.text.TabStopのstatic変数
タブ以降の文字を、次のタブまたは改行までのすべての文字がタブ位置を中心に揃えられるように配置します。
ALIGN_DECIMAL - クラスjavax.swing.text.TabStopのstatic変数
タブ以降の文字を、次の小数点、タブ、または改行がタブ位置にくるように揃えます。RIGHT_TABによく似ていますが、探す文字として小数点が追加されています。
ALIGN_JUSTIFIED - クラスjavax.swing.text.StyleConstantsのstatic変数
段落の配置方法の値です。
ALIGN_LEFT - クラスjavax.swing.text.StyleConstantsのstatic変数
段落の配置方法の値です。
ALIGN_LEFT - クラスjavax.swing.text.TabStopのstatic変数
タブに続く文字をタブ位置に配置します。
ALIGN_RIGHT - クラスjavax.swing.text.StyleConstantsのstatic変数
段落の配置方法の値です。
ALIGN_RIGHT - クラスjavax.swing.text.TabStopのstatic変数
タブ以降の文字を、次のタブまたは改行までのすべての文字がタブ位置で終わるように配置します。
alignment - クラスjavax.swing.SizeRequirementsの変数
0.0と1.0の間の値(上下限値を含む)で指定される配置です。
Alignment - クラスjavax.swing.text.StyleConstantsのstatic変数
段落の配置方法です。
AlignmentAction(String, int) - クラスjavax.swing.text.StyledEditorKit.AlignmentActionのコンストラクタ
新しいAlignmentActionを作成します。
ALINK - クラスjavax.swing.text.html.HTML.Attributeのstatic変数
 
ALL - クラスjava.awt.JobAttributes.DefaultSelectionTypeのstatic変数
ジョブのすべてのページを出力することを指定するために使用するDefaultSelectionTypeインスタンス。
ALL - クラスjava.util.logging.Levelのstatic変数
ALLはすべてのメッセージのログをとることを示します。
ALL_COLUMNS - クラスjavax.swing.event.TableModelEventのstatic変数
ある行または複数の行のすべての列を指定します。
ALL_RANGES - クラスjava.awt.font.NumericShaperのstatic変数
すべての範囲を識別します。完全なコンテキスト依存の形状決定に使用します。
ALL_STYLES - クラスjava.util.Calendarのstatic変数
「January」や「Jan」などのすべてのスタイルで名前を示す、getDisplayNamesのスタイル指示子です。
ALLBITS - インタフェースjava.awt.image.ImageObserverのstatic変数
imageUpdateメソッドのinfoflags引数の1要素であるこのフラグは、それまでに描画されたスタティック・イメージが現在は完成し、その最終形式でふたたび描画できることを示します。
allHtmlFlavor - クラスjava.awt.datatransfer.DataFlavorのstatic変数
1つのHTMLマークアップを表します。
allKeys() - クラスjavax.swing.ActionMapのメソッド
このActionMapおよびその親で定義されたキーの配列を返します。
allKeys() - クラスjavax.swing.InputMapのメソッド
このInputMapとその親で定義されたKeyStrokeの配列を返します。
allMatch(DoublePredicate) - インタフェースjava.util.stream.DoubleStreamのメソッド
このストリームのすべての要素が指定された述語に一致するかどうかを返します。
allMatch(IntPredicate) - インタフェースjava.util.stream.IntStreamのメソッド
このストリームのすべての要素が指定された述語に一致するかどうかを返します。
allMatch(LongPredicate) - インタフェースjava.util.stream.LongStreamのメソッド
このストリームのすべての要素が指定された述語に一致するかどうかを返します。
allMatch(Predicate<? super T>) - インタフェースjava.util.stream.Streamのメソッド
このストリームのすべての要素が指定された述語に一致するかどうかを返します。
allNotesOff() - インタフェースjavax.sound.midi.MidiChannelのメソッド
このチャネルで現在出力中のノートをすべてオフにします。
allocate(int) - クラスjava.nio.ByteBufferのstaticメソッド
新しいbyteバッファを割り当てます。
allocate(int) - クラスjava.nio.CharBufferのstaticメソッド
新しいcharバッファを割り当てます。
allocate(int) - クラスjava.nio.DoubleBufferのstaticメソッド
新しいdoubleバッファを割り当てます。
allocate(int) - クラスjava.nio.FloatBufferのstaticメソッド
新しいfloatバッファを割り当てます。
allocate(int) - クラスjava.nio.IntBufferのstaticメソッド
新しいintバッファを割り当てます。
allocate(int) - クラスjava.nio.LongBufferのstaticメソッド
新しいlongバッファを割り当てます。
allocate(int) - クラスjava.nio.ShortBufferのstaticメソッド
新しいshortバッファを割り当てます。
allocate(XMLStreamReader) - インタフェースjavax.xml.stream.util.XMLEventAllocatorのメソッド
このメソッドは、指定されたイベントにXMLStreamReaderの現在の状態を割り当てます。
allocate(XMLStreamReader, XMLEventConsumer) - インタフェースjavax.xml.stream.util.XMLEventAllocatorのメソッド
このメソッドは、指定されたイベントまたはイベント・セットにXMLStreamReaderの現在の状態を割り当て、渡されたコンシューマにそのイベントまたはイベント・セットを追加します。
allocate_slot_id() - インタフェースorg.omg.PortableInterceptor.ORBInitInfoOperationsのメソッド
PortableInterceptor.Currentにスロットを割り当てるために呼び出されます。
allocateArray(int) - クラスjavax.swing.text.GapContentのメソッド
項目を格納するための適切な型の配列を割り当てます。配列の型は、サブクラスで決定します。
allocateDirect(int) - クラスjava.nio.ByteBufferのstaticメソッド
新しいダイレクトbyteバッファを割り当てます。
ALLOCATOR - クラスjavax.xml.stream.XMLInputFactoryのstatic変数
アロケータの実装の設定/取得に使用するプロパティです。
allOf(CompletableFuture<?>...) - クラスjava.util.concurrent.CompletableFutureのstaticメソッド
指定されたすべてのCompletableFutureが完了したときに完了する新しいCompletableFutureを返します。
allOf(Class<E>) - クラスjava.util.EnumSetのstaticメソッド
指定された要素型のすべての要素を含むenumセットを作成します。
ALLOW_UNASSIGNED - クラスjava.net.IDNのstatic変数
未割当コード・ポイントの処理を許可するフラグ。
allowCoreThreadTimeOut(boolean) - クラスjava.util.concurrent.ThreadPoolExecutorのメソッド
このプールで、キープアライブ時間内に到着したタスクがなければコア・スレッドがタイム・アウトおよび終了することが許可され、新しいタスクが到着したときは必要に応じてコア・スレッドが置き換えられるかどうかを制御するポリシーを設定します。
ALLOWED_CLASSNAMES - クラスjavax.management.openmbean.OpenTypeのstatic変数
非推奨。
代わりにALLOWED_CLASSNAMES_LISTを使用します。
ALLOWED_CLASSNAMES_LIST - クラスjavax.management.openmbean.OpenTypeのstatic変数
公開データ値に許可される完全修飾Javaクラス名のリストです。
allowMultipleSelections() - クラスjavax.security.auth.callback.ChoiceCallbackのメソッド
choicesリストで複数選択が可能かどうかを意味するブール値を取得します。
allowsChildren - クラスjavax.swing.tree.DefaultMutableTreeNodeの変数
ノードが子を持つことができる場合はtrueです。
allowsCoreThreadTimeOut() - クラスjava.util.concurrent.ThreadPoolExecutorのメソッド
このプールで、keepAlive時間内に到着したタスクがなければコア・スレッドがタイム・アウトおよび終了することが許可され、新しいタスクが到着したときは必要に応じてコア・スレッドが置き換えられる場合は、trueを返します。
allowsMultipleSelections() - クラスjava.awt.Listのメソッド
非推奨。
JDK Version 1.1以降は、isMultipleMode()に置き換えられています。
allowThreadSuspension(boolean) - クラスjava.lang.ThreadGroupのメソッド
非推奨。
この呼出しの定義は、非推奨のThreadGroup.suspend()に依存します。また、この呼出しの動作は指定されません。
allowUserInteraction - クラスjava.net.URLConnectionの変数
trueの場合、このURLは、ユーザーとの対話(認証ダイアログのポップアップなど)を許可することが意味をなすコンテキストで検査されています。
AllPermission - java.securityのクラス
AllPermissionは、ほかのすべてのアクセス権を包含するアクセス権です。
AllPermission() - クラスjava.security.AllPermissionのコンストラクタ
新しいAllPermissionオブジェクトを作成します。
AllPermission(String, String) - クラスjava.security.AllPermissionのコンストラクタ
新しいAllPermissionオブジェクトを作成します。
allProceduresAreCallable() - インタフェースjava.sql.DatabaseMetaDataのメソッド
getProceduresメソッドによって返されるすべてのプロシージャが、現在のユーザーから呼び出せるかどうかを取得します。
allRowsChanged() - クラスjavax.swing.DefaultRowSorterのメソッド
配下のモデルのコンテンツが完全に変更された場合に呼び出されます。
allRowsChanged() - クラスjavax.swing.RowSorterのメソッド
配下のモデルのコンテンツが完全に変更された場合に呼び出されます。
allSoundOff() - インタフェースjavax.sound.midi.MidiChannelのメソッド
このチャネルで出力中のノートをすべて、すぐにオフにします。ホールド・ペダルおよび現在のInstrumentの内部減衰速度は無視します。
allTablesAreSelectable() - インタフェースjava.sql.DatabaseMetaDataのメソッド
getTablesメソッドによって返されるすべてのテーブルが、現在のユーザーによってSELECT文中で使用できるかどうかを取得します。
ALPHABETIC_PRESENTATION_FORMS - クラスjava.lang.Character.UnicodeBlockのstatic変数
「Alphabetic Presentation Forms」Unicode文字ブロックの定数です。
AlphaComposite - java.awtのクラス
AlphaCompositeクラスは、グラフィックスとイメージの合成や透明エフェクトを実現するために、ソース色とデスティネーション色を組み合せるための基本アルファ合成ルールを実装します。
AlreadyBound - org.omg.CosNaming.NamingContextPackageの例外
org/omg/CosNaming/NamingContextPackage/AlreadyBound.java。
AlreadyBound() - 例外org.omg.CosNaming.NamingContextPackage.AlreadyBoundのコンストラクタ
 
AlreadyBound(String) - 例外org.omg.CosNaming.NamingContextPackage.AlreadyBoundのコンストラクタ
 
AlreadyBoundException - java.nio.channelsの例外
すでにバインド済みのネットワーク指向チャネルのソケットをバインドしようとしたときにスローされる非チェック例外です。
AlreadyBoundException() - 例外java.nio.channels.AlreadyBoundExceptionのコンストラクタ
このクラスのインスタンスを構築します。
AlreadyBoundException - java.rmiの例外
AlreadyBoundExceptionは、レジストリ内のオブジェクトを、すでに関連付けられているバインディングを持つ名前にバインドしようとしたときにスローされます。
AlreadyBoundException() - 例外java.rmi.AlreadyBoundExceptionのコンストラクタ
詳細メッセージを指定しないでAlreadyBoundExceptionを構築します。
AlreadyBoundException(String) - 例外java.rmi.AlreadyBoundExceptionのコンストラクタ
指定された詳細メッセージを持つAlreadyBoundExceptionを構築します。
AlreadyBoundHelper - org.omg.CosNaming.NamingContextPackageのクラス
org/omg/CosNaming/NamingContextPackage/AlreadyBoundHelper.java。
AlreadyBoundHelper() - クラスorg.omg.CosNaming.NamingContextPackage.AlreadyBoundHelperのコンストラクタ
 
AlreadyBoundHolder - org.omg.CosNaming.NamingContextPackageのクラス
org/omg/CosNaming/NamingContextPackage/AlreadyBoundHolder.java。
AlreadyBoundHolder() - クラスorg.omg.CosNaming.NamingContextPackage.AlreadyBoundHolderのコンストラクタ
 
AlreadyBoundHolder(AlreadyBound) - クラスorg.omg.CosNaming.NamingContextPackage.AlreadyBoundHolderのコンストラクタ
 
AlreadyConnectedException - java.nio.channelsの例外
すでに接続済みのSocketChannelを接続しようとしたときにスローされる非チェック例外です。
AlreadyConnectedException() - 例外java.nio.channels.AlreadyConnectedExceptionのコンストラクタ
このクラスのインスタンスを構築します。
alreadyNotified - クラスjavax.management.monitor.Monitorの変数
非推奨。
Monitor.alreadyNotifieds[0]と同等です。
alreadyNotifieds - クラスjavax.management.monitor.Monitorの変数
すでに通知された選択済みモニター・エラーです。
ALT - クラスjavax.swing.text.html.HTML.Attributeのstatic変数
 
ALT_DOWN_MASK - クラスjava.awt.event.InputEventのstatic変数
Altキーの拡張修飾子定数です。
ALT_GRAPH_DOWN_MASK - クラスjava.awt.event.InputEventのstatic変数
AltGraphキーの拡張修飾子定数です。
ALT_GRAPH_MASK - クラスjava.awt.event.InputEventのstatic変数
AltGraphキーの修飾子定数です。
ALT_MASK - クラスjava.awt.event.ActionEventのstatic変数
Alt修飾子です。
ALT_MASK - クラスjava.awt.Eventのstatic変数
イベントが発生したときにAltキーが押されていたことを示します。
ALT_MASK - クラスjava.awt.event.InputEventのstatic変数
Altキーの修飾子定数です。
ALTERNATE - クラスjava.util.FormattableFlagsのstatic変数
出力で代替フォームを使用する必要があります。
alternateAddTag - クラスjavax.swing.text.html.HTMLEditorKit.InsertHTMLTextActionの変数
parentTagがなく、alternateParentTagがある場合に、タグの追加の始点となる、HTML内の代替タグです。
alternateParentTag - クラスjavax.swing.text.html.HTMLEditorKit.InsertHTMLTextActionの変数
parentTagが見つからない場合に、ドキュメント内で識別される代替タグです。
altMetafactory(MethodHandles.Lookup, String, MethodType, Object...) - クラスjava.lang.invoke.LambdaMetafactoryのstaticメソッド
引数に対する適切な型適応および部分評価の後、指定されたMethodHandleに委譲することにより、1つ以上のインタフェースを実装する単純な関数オブジェクトの作成を容易にします。
altName - 例外javax.naming.CannotProceedException内の変数
コンテキストaltNameCtxを基準にして解決されたオブジェクトの名前が含まれます。
altNameCtx - 例外javax.naming.CannotProceedException内の変数
altNameが基準にして指定されているコンテキストが含まれます。
ALWAYS_UPDATE - クラスjavax.swing.text.DefaultCaretのstatic変数
ドキュメントの更新がイベント・ディスパッチ・スレッドで行われるかどうかに関係なく、ドキュメントの変更に従ってキャレット位置が必ず更新されることを示します。
AM - クラスjava.util.Calendarのstatic変数
深夜零時から正午の前までの時間を示すCalendar.AM_PMフィールドの値です。
AM_PM - クラスjava.text.DateFormat.Fieldのstatic変数
1日の中の時間のインジケータを識別する定数です。
AM_PM - クラスjava.util.Calendarのstatic変数
getおよびsetのためのフィールド値で、HOURが正午より前であるかあとであるかを示します。
AM_PM_FIELD - クラスjava.text.DateFormatのstatic変数
AM_PMフィールドの位置合わせのための定数です。
ANCESTOR_ADDED - クラスjavax.swing.event.AncestorEventのstatic変数
祖先コンポーネントが可視オブジェクトの階層に追加され、現在は表示されていることを示します。
ANCESTOR_MOVED - クラスjava.awt.event.HierarchyEventのstatic変数
祖先Containerが移動されたことを示すイベントIDです。
ANCESTOR_MOVED - クラスjavax.swing.event.AncestorEventのstatic変数
祖先コンポーネントの画面上の位置が変更されたことを示します。
ANCESTOR_REMOVED - クラスjavax.swing.event.AncestorEventのstatic変数
祖先コンポーネントが可視オブジェクトの階層から削除され、表示されなくなったことを示します。
ANCESTOR_RESIZED - クラスjava.awt.event.HierarchyEventのstatic変数
祖先Containerがサイズ変更されたことを示すイベントIDです。
ancestorAdded(AncestorEvent) - インタフェースjavax.swing.event.AncestorListenerのメソッド
setVisible(true)が呼び出されるか、あるいはコンポーネント階層に追加されることによって、ソースまたはその祖先の1つが可視にされたときに呼び出されます。
AncestorEvent - javax.swing.eventのクラス
コンポーネント階層内の祖先から発生して、子コンポーネントに報告されるイベントです。
AncestorEvent(JComponent, int, Container, Container) - クラスjavax.swing.event.AncestorEventのコンストラクタ
祖先コンポーネントの表示ステータスの変更を識別する、AncestorEventオブジェクトを構築します。
AncestorListener - javax.swing.eventのインタフェース
AncestorListener。JComponentまたはその上位クラスの1つに変更が起こったときの通知をサポートするためのインタフェースです。
ancestorMoved(HierarchyEvent) - クラスjava.awt.AWTEventMulticasterのメソッド
listener-aとlistener-bでancestorMovedメソッドを呼び出すことによって、ancestorMovedイベントを処理します。
ancestorMoved(HierarchyEvent) - クラスjava.awt.event.HierarchyBoundsAdapterのメソッド
ソースの祖先が移動したときに呼び出されます。
ancestorMoved(HierarchyEvent) - インタフェースjava.awt.event.HierarchyBoundsListenerのメソッド
ソースの祖先が移動したときに呼び出されます。
ancestorMoved(AncestorEvent) - インタフェースjavax.swing.event.AncestorListenerのメソッド
ソースまたはその祖先の1つが移動したときに呼び出されます。
ancestorRemoved(AncestorEvent) - インタフェースjavax.swing.event.AncestorListenerのメソッド
setVisible(false)が呼び出されるか、あるいはコンポーネント階層から削除されることによって、ソースまたはその祖先の1つが不可視になったときに呼び出されます。
ancestorResized(HierarchyEvent) - クラスjava.awt.AWTEventMulticasterのメソッド
listener-aとlistener-bでancestorResizedメソッドを呼び出すことによって、ancestorResizedイベントを処理します。
ancestorResized(HierarchyEvent) - クラスjava.awt.event.HierarchyBoundsAdapterのメソッド
ソースの祖先がサイズ変更されたときに呼び出されます。
ancestorResized(HierarchyEvent) - インタフェースjava.awt.event.HierarchyBoundsListenerのメソッド
ソースの祖先がサイズ変更されたときに呼び出されます。
anchor - クラスjava.awt.GridBagConstraintsの変数
このフィールドはコンポーネントがその表示領域より小さい場合に使用されます。
ANCHOR_SELECTION_PATH_PROPERTY - クラスjavax.swing.JTreeのstatic変数
アンカー選択パスのバウンド・プロパティ名です。
ANCIENT_GREEK_MUSICAL_NOTATION - クラスjava.lang.Character.UnicodeBlockのstatic変数
「Ancient Greek Musical Notation」Unicode文字ブロックの定数です。
ANCIENT_GREEK_NUMBERS - クラスjava.lang.Character.UnicodeBlockのstatic変数
「Ancient Greek Numbers」Unicode文字ブロックの定数です。
ANCIENT_SYMBOLS - クラスjava.lang.Character.UnicodeBlockのstatic変数
「Ancient Symbols」Unicode文字ブロックの定数です。
and(BigInteger) - クラスjava.math.BigIntegerのメソッド
値が(this & val)であるBigIntegerを返します。
and(BitSet) - クラスjava.util.BitSetのメソッド
ターゲット・ビット・セットと引数ビット・セットの論理積を取ります。
and(BiPredicate<? super T, ? super U>) - インタフェースjava.util.function.BiPredicateのメソッド
この述語と別の述語の短絡論理積を表す合成述語を返します。
and(DoublePredicate) - インタフェースjava.util.function.DoublePredicateのメソッド
この述語と別の述語の短絡論理積を表す合成述語を返します。
and(IntPredicate) - インタフェースjava.util.function.IntPredicateのメソッド
この述語と別の述語の短絡論理積を表す合成述語を返します。
and(LongPredicate) - インタフェースjava.util.function.LongPredicateのメソッド
この述語と別の述語の短絡論理積を表す合成述語を返します。
and(Predicate<? super T>) - インタフェースjava.util.function.Predicateのメソッド
この述語と別の述語の短絡論理積を表す合成述語を返します。
and(QueryExp, QueryExp) - クラスjavax.management.Queryのstaticメソッド
2つのほかのクエリー式の論理積であるクエリー式を返します。
andFilter(Iterable<? extends RowFilter<? super M,? super I>>) - クラスjavax.swing.RowFilterのstaticメソッド
指定されたすべてのフィルタ条件に一致するエントリがある場合、そのエントリを示すRowFilterを返します。
andNot(BigInteger) - クラスjava.math.BigIntegerのメソッド
値が(this & ~val)であるBigIntegerを返します。
andNot(BitSet) - クラスjava.util.BitSetのメソッド
対応するビットが、指定されたBitSet内に設定されているこのBitSet内のすべてのビットをクリアします。
andThen(BiConsumer<? super T, ? super U>) - インタフェースjava.util.function.BiConsumerのメソッド
このオペレーション後にafterオペレーションを順次実行する合成BiConsumerを返します。
andThen(Function<? super R, ? extends V>) - インタフェースjava.util.function.BiFunctionのメソッド
まず入力にこの関数を適用してから結果に関数afterを適用する合成関数を返します。
andThen(Consumer<? super T>) - インタフェースjava.util.function.Consumerのメソッド
このオペレーション後にafterオペレーションを順次実行する合成Consumerを返します。
andThen(DoubleConsumer) - インタフェースjava.util.function.DoubleConsumerのメソッド
このオペレーション後にafterオペレーションを順次実行する合成DoubleConsumerを返します。
andThen(DoubleUnaryOperator) - インタフェースjava.util.function.DoubleUnaryOperatorのメソッド
まず入力にこの演算子を適用してから結果にafter演算子を適用する合成演算子を返します。
andThen(Function<? super R, ? extends V>) - インタフェースjava.util.function.Functionのメソッド
まず入力にこの関数を適用してから結果に関数afterを適用する合成関数を返します。
andThen(IntConsumer) - インタフェースjava.util.function.IntConsumerのメソッド
このオペレーション後にafterオペレーションを順次実行する合成IntConsumerを返します。
andThen(IntUnaryOperator) - インタフェースjava.util.function.IntUnaryOperatorのメソッド
まず入力にこの演算子を適用してから結果にafter演算子を適用する合成演算子を返します。
andThen(LongConsumer) - インタフェースjava.util.function.LongConsumerのメソッド
このオペレーション後にafterオペレーションを順次実行する合成LongConsumerを返します。
andThen(LongUnaryOperator) - インタフェースjava.util.function.LongUnaryOperatorのメソッド
まず入力にこの演算子を適用してから結果にafter演算子を適用する合成演算子を返します。
annotateClass(Class<?>)- クラスjava.io.ObjectOutputStreamのメソッド
サブクラスは、このメソッドを実装して、クラスのデータをストリームに保存できるようにすることができます。
AnnotatedArrayType - java.lang.reflectのインタフェース
AnnotatedArrayTypeは注釈付きの配列型の使用の可能性を表し、そのコンポーネント型はそれ自体が注釈付きの型の使用を表すことがあります。
AnnotatedConstruct - javax.lang.modelのインタフェース
注釈を付けることができるコンストラクトを表します。
AnnotatedElement - java.lang.reflectのインタフェース
このVMで現在実行されているプログラムの注釈付き要素を表します。
AnnotatedParameterizedType - java.lang.reflectのインタフェース
AnnotatedParameterizedTypeは注釈付きのパラメータ化された型の使用の可能性を表し、その型引数はそれ自体が注釈付きの型の使用を表すことがあります。
AnnotatedType - java.lang.reflectのインタフェース
AnnotatedTypeは、このVMで現在実行しているプログラムでの注釈付きの型の使用の可能性を表します。
AnnotatedTypeVariable - java.lang.reflectのインタフェース
AnnotatedTypeVariableは注釈付きの型変数の使用の可能性を表し、その宣言はそれら自体が注釈付きの型の使用を表す境界を持つことがあります。
AnnotatedWildcardType - java.lang.reflectのインタフェース
AnnotatedWildcardTypeは注釈付きのワイルドカード型引数の使用の可能性を表し、その上限または下限はそれら自体が注釈付きの型の使用を表すことがあります。
annotateProxyClass(Class<?>)- クラスjava.io.ObjectOutputStreamのメソッド
サブクラスはこのメソッドを実装して、ダイナミック・プロキシ・クラスに対する記述子とともにカスタム・データをストリームに格納します。
Annotation - java.lang.annotationのインタフェース
すべての注釈型によって拡張される共通のインタフェースです。
Annotation - java.textのクラス
Annotationオブジェクトは、属性が次の注釈特性を持つ場合にテキスト属性値のラッパーとして使います。
Annotation(Object) - クラスjava.text.Annotationのコンストラクタ
指定された値を持つ注釈レコードを構築します。この値はnullの場合もあります。
AnnotationFormatError - java.lang.annotation内のエラー
注釈パーサーがクラス・ファイルから注釈の読取りを試みて、注釈が不正であると判断した場合にスローされます。
AnnotationFormatError(String) - エラーjava.lang.annotation.AnnotationFormatErrorのコンストラクタ
指定された詳細メッセージを使用してAnnotationFormatErrorを新しく構築します。
AnnotationFormatError(String, Throwable) - エラーjava.lang.annotation.AnnotationFormatErrorのコンストラクタ
指定された詳細メッセージおよび原因を使用してAnnotationFormatErrorを新しく構築します。
AnnotationFormatError(Throwable) - エラーjava.lang.annotation.AnnotationFormatErrorのコンストラクタ
指定された原因と詳細メッセージ(cause == null ? null : cause.toString())を持つ新しいAnnotationFormatErrorを構築します(通常、causeのクラスと詳細メッセージを含みます)。
AnnotationMirror - javax.lang.model.elementのインタフェース
注釈を表します。
annotationType() - インタフェースjava.lang.annotation.Annotationのメソッド
この注釈の注釈型を返します。
annotationType() - 例外java.lang.annotation.IncompleteAnnotationExceptionのメソッド
見つからない要素を持つ注釈型に対応するClassオブジェクトを返します。
AnnotationTypeMismatchException - java.lang.annotationの例外
注釈のコンパイル(または直列化)後に型が変更されている注釈要素に、プログラムがアクセスを試みたことを示すためにスローされます。
AnnotationTypeMismatchException(Method, String) - 例外java.lang.annotation.AnnotationTypeMismatchExceptionのコンストラクタ
指定された注釈型要素と見つかったデータ型についてAnnotationTypeMismatchExceptionを構築します。
AnnotationValue - javax.lang.model.elementのインタフェース
注釈型の要素の値を表します。
AnnotationValueVisitor<R,P> - javax.lang.model.element内のインタフェース
注釈型要素の値のビジターです。ビジター・デザイン・パターンのバリアントを使用します。
ANY - インタフェースjavax.swing.text.html.parser.DTDConstantsのstatic変数
 
Any - org.omg.CORBAのクラス
IDLで記述できるあらゆるデータのコンテナ、またはIDLのプリミティブ型のコンテナとして機能します。
Any() - クラスorg.omg.CORBA.Anyのコンストラクタ
 
AnyHolder - org.omg.CORBAのクラス
Anyのホルダーです。
AnyHolder() - クラスorg.omg.CORBA.AnyHolderのコンストラクタ
valueフィールドがnullに初期化された新しいAnyHolderオブジェクトを構築します。
AnyHolder(Any) - クラスorg.omg.CORBA.AnyHolderのコンストラクタ
指定されたAnyオブジェクトのAnyHolderオブジェクトを新たに構築します。
anyMatch(DoublePredicate) - インタフェースjava.util.stream.DoubleStreamのメソッド
このストリームの任意の要素が指定された述語に一致するかどうかを返します。
anyMatch(IntPredicate) - インタフェースjava.util.stream.IntStreamのメソッド
このストリームの任意の要素が指定された述語に一致するかどうかを返します。
anyMatch(LongPredicate) - インタフェースjava.util.stream.LongStreamのメソッド
このストリームの任意の要素が指定された述語に一致するかどうかを返します。
anyMatch(Predicate<? super T>) - インタフェースjava.util.stream.Streamのメソッド
このストリームの任意の要素が指定された述語に一致するかどうかを返します。
anyOf(CompletableFuture<?>...) - クラスjava.util.concurrent.CompletableFutureのstaticメソッド
指定されたCompletableFutureのどれかが完了したときに同じ結果で完了する新しいCompletableFutureを返します。
AnySeqHelper - org.omg.CORBAのクラス
AnySeqのヘルパーです。
AnySeqHelper() - クラスorg.omg.CORBA.AnySeqHelperのコンストラクタ
 
AnySeqHelper - org.omg.DynamicAnyのクラス
org/omg/DynamicAny/AnySeqHelper.java。
AnySeqHelper() - クラスorg.omg.DynamicAny.AnySeqHelperのコンストラクタ
 
AnySeqHolder - org.omg.CORBAのクラス
AnySeqのホルダーです。
AnySeqHolder() - クラスorg.omg.CORBA.AnySeqHolderのコンストラクタ
 
AnySeqHolder(Any[]) - クラスorg.omg.CORBA.AnySeqHolderのコンストラクタ
 
anySubString(AttributeValueExp, StringValueExp) - クラスjavax.management.Queryのstaticメソッド
文字列引数のマッチング制約を表すクエリー式を返します。
AppConfigurationEntry - javax.security.auth.loginのクラス
このクラスは、ConfigurationクラスのgetAppConfigurationEntry(String appName)メソッドで指定されたアプリケーション用に構成された、LoginModuleエントリ1件を表します。
AppConfigurationEntry(String, AppConfigurationEntry.LoginModuleControlFlag, Map<String,?>) - クラスjavax.security.auth.login.AppConfigurationEntryのコンストラクタ
このクラスのデフォルトのコンストラクタです。
AppConfigurationEntry.LoginModuleControlFlag - javax.security.auth.loginのクラス
このクラスは、LoginModuleがREQUIRED、REQUISITE、SUFFICIENT、またはOPTIONALであるかどうかを表します。
append(Shape, boolean) - クラスjava.awt.geom.Path2Dのメソッド
指定されたShapeオブジェクトの幾何学的図形をパスに追加します。その新しい幾何学的図形をライン・セグメントで既存のパス・セグメントに接続することも可能です。
append(PathIterator, boolean) - クラスjava.awt.geom.Path2Dのメソッド
指定されたPathIteratorオブジェクトの幾何学的図形をパスに追加します。その新しい幾何学的図形をライン・セグメントで既存のパス・セグメントに接続することも可能です。
append(PathIterator, boolean) - クラスjava.awt.geom.Path2D.Doubleのメソッド
指定されたPathIteratorオブジェクトの幾何学的図形をパスに追加します。その新しい幾何学的図形をライン・セグメントで既存のパス・セグメントに接続することも可能です。
append(PathIterator, boolean) - クラスjava.awt.geom.Path2D.Floatのメソッド
指定されたPathIteratorオブジェクトの幾何学的図形をパスに追加します。その新しい幾何学的図形をライン・セグメントで既存のパス・セグメントに接続することも可能です。
append(Printable, PageFormat) - クラスjava.awt.print.Bookのメソッド
単一のページをこのBookの最後に追加します。
append(Printable, PageFormat, int) - クラスjava.awt.print.Bookのメソッド
numPagesページをこのBookの最後に追加します。
append(String) - クラスjava.awt.TextAreaのメソッド
テキスト領域の現在のテキストに、指定されたテキストを追加します。
append(CharSequence) - クラスjava.io.CharArrayWriterのメソッド
指定された文字シーケンスをこのライターに追加します。
append(CharSequence, int, int) - クラスjava.io.CharArrayWriterのメソッド
指定された文字シーケンスのサブシーケンスをこのライターに追加します。
append(char) - クラスjava.io.CharArrayWriterのメソッド
指定された文字をこのライターに追加します。
append(CharSequence) - クラスjava.io.PrintStreamのメソッド
この出力ストリームに指定された文字シーケンスを追加します。
append(CharSequence, int, int) - クラスjava.io.PrintStreamのメソッド
指定された文字シーケンスのサブシーケンスをこの出力ストリームに追加します。
append(char) - クラスjava.io.PrintStreamのメソッド
この出力ストリームに指定された文字を追加します。
append(CharSequence) - クラスjava.io.PrintWriterのメソッド
指定された文字シーケンスをこのライターに追加します。
append(CharSequence, int, int) - クラスjava.io.PrintWriterのメソッド
指定された文字シーケンスのサブシーケンスをこのライターに追加します。
append(char) - クラスjava.io.PrintWriterのメソッド
指定された文字をこのライターに追加します。
append(CharSequence) - クラスjava.io.StringWriterのメソッド
指定された文字シーケンスをこのライターに追加します。
append(CharSequence, int, int) - クラスjava.io.StringWriterのメソッド
指定された文字シーケンスのサブシーケンスをこのライターに追加します。
append(char) - クラスjava.io.StringWriterのメソッド
指定された文字をこのライターに追加します。
append(CharSequence) - クラスjava.io.Writerのメソッド
指定された文字シーケンスをこのライターに追加します。
append(CharSequence, int, int) - クラスjava.io.Writerのメソッド
指定された文字シーケンスのサブシーケンスをこのライターに追加します。
append(char) - クラスjava.io.Writerのメソッド
指定された文字をこのライターに追加します。
append(CharSequence) - インタフェースjava.lang.Appendableのメソッド
このAppendableに指定された文字シーケンスを追加します。
append(CharSequence, int, int) - インタフェースjava.lang.Appendableのメソッド
このAppendableに指定された文字シーケンスのサブシーケンスを追加します。
append(char) - インタフェースjava.lang.Appendableのメソッド
このAppendableに指定された文字を追加します。
append(Object) - クラスjava.lang.StringBufferのメソッド
 
append(String) - クラスjava.lang.StringBufferのメソッド
 
append(StringBuffer) - クラスjava.lang.StringBufferのメソッド
指定されたStringBufferをこのシーケンスに追加します。
append(CharSequence) - クラスjava.lang.StringBufferのメソッド
指定されたCharSequenceをこのシーケンスに追加します。
append(CharSequence, int, int) - クラスjava.lang.StringBufferのメソッド
 
append(char[]) - クラスjava.lang.StringBufferのメソッド
 
append(char[], int, int) - クラスjava.lang.StringBufferのメソッド
 
append(boolean) - クラスjava.lang.StringBufferのメソッド
 
append(char) - クラスjava.lang.StringBufferのメソッド
 
append(int) - クラスjava.lang.StringBufferのメソッド
 
append(long) - クラスjava.lang.StringBufferのメソッド
 
append(float) - クラスjava.lang.StringBufferのメソッド
 
append(double) - クラスjava.lang.StringBufferのメソッド
 
append(Object) - クラスjava.lang.StringBuilderのメソッド
 
append(String) - クラスjava.lang.StringBuilderのメソッド
 
append(StringBuffer) - クラスjava.lang.StringBuilderのメソッド
指定されたStringBufferをこのシーケンスに追加します。
append(CharSequence) - クラスjava.lang.StringBuilderのメソッド
 
append(CharSequence, int, int) - クラスjava.lang.StringBuilderのメソッド
 
append(char[]) - クラスjava.lang.StringBuilderのメソッド
 
append(char[], int, int) - クラスjava.lang.StringBuilderのメソッド
 
append(boolean) - クラスjava.lang.StringBuilderのメソッド
 
append(char) - クラスjava.lang.StringBuilderのメソッド
 
append(int) - クラスjava.lang.StringBuilderのメソッド
 
append(long) - クラスjava.lang.StringBuilderのメソッド
 
append(float) - クラスjava.lang.StringBuilderのメソッド
 
append(double) - クラスjava.lang.StringBuilderのメソッド
 
append(CharSequence) - クラスjava.nio.CharBufferのメソッド
指定されたcharシーケンスをこのバッファに追加します  (オプションの操作)
append(CharSequence, int, int) - クラスjava.nio.CharBufferのメソッド
指定されたcharシーケンスのサブシーケンスをこのバッファに追加します  (オプションの操作)
append(char) - クラスjava.nio.CharBufferのメソッド
指定されたcharをこのバッファに追加します  (オプションの操作)
append(DateTimeFormatter) - クラスjava.time.format.DateTimeFormatterBuilderのメソッド
フォーマッタのすべての要素をビルダーに追加します。
append(String) - クラスjavax.swing.JTextAreaのメソッド
指定されたテキストをドキュメントの末尾に追加します。
append(View) - クラスjavax.swing.text.Viewのメソッド
1つの子ビューを追加します。
Appendable - java.langのインタフェース
charシーケンスと値を追加できるオブジェクトです。
appendChild(Node) - クラスjavax.imageio.metadata.IIOMetadataNodeのメソッド
ノードnewChildをこのノードの子のリストの末尾に追加します。
appendChild(Node) - インタフェースorg.w3c.dom.Nodeのメソッド
ノードnewChildをこのノードの子のリストの末尾に追加します。
appendChronologyId() - クラスjava.time.format.DateTimeFormatterBuilderのメソッド
ISOやThaiBuddhistなどの暦IDをフォーマッタに追加します。
appendChronologyText(TextStyle) - クラスjava.time.format.DateTimeFormatterBuilderのメソッド
暦名をフォーマッタに追加します。
appendCodePoint(int) - クラスjava.lang.StringBufferのメソッド
 
appendCodePoint(int) - クラスjava.lang.StringBuilderのメソッド
 
appendData(String) - インタフェースorg.w3c.dom.CharacterDataのメソッド
ノードの文字データの末尾に文字列を追加します。
appendEvent(InputEvent) - クラスjava.awt.dnd.DragGestureRecognizerのメソッド
このRecognizerによってComponentで登録されたリスナーは、このAPIを介して、ドラッグ&ドロップ開始ジェスチャを構成する一連のイベントの一部として認識されるすべてのイベントを記録します。
appendFaultSubcode(QName) - インタフェースjavax.xml.soap.SOAPFaultのメソッド
このSOAPFaultによって格納されるサブコードのシーケンスの最後に、サブコードを追加します。
appendFraction(TemporalField, int, int, boolean) - クラスjava.time.format.DateTimeFormatterBuilderのメソッド
日付/時間フィールドの小数値をフォーマッタに追加します。
appendInstant() - クラスjava.time.format.DateTimeFormatterBuilderのメソッド
ISO-8601を使用して小数部を3桁区切りに書式設定したインスタントをフォーマッタに追加します。
appendInstant(int) - クラスjava.time.format.DateTimeFormatterBuilderのメソッド
ISO-8601を使用して小数部の桁数を制御したインスタントをフォーマッタに追加します。
appendLiteral(char) - クラスjava.time.format.DateTimeFormatterBuilderのメソッド
文字リテラルをフォーマッタに追加します。
appendLiteral(String) - クラスjava.time.format.DateTimeFormatterBuilderのメソッド
文字列リテラルをフォーマッタに追加します。
appendLocalized(FormatStyle, FormatStyle) - クラスjava.time.format.DateTimeFormatterBuilderのメソッド
ローカライズされた日付/時間パターンをフォーマッタに追加します。
appendLocalizedOffset(TextStyle) - クラスjava.time.format.DateTimeFormatterBuilderのメソッド
GMT+01:00などのローカライズされたゾーン・オフセットをフォーマッタに追加します。
appendOffset(String, String) - クラスjava.time.format.DateTimeFormatterBuilderのメソッド
+01:00などのゾーン・オフセットをフォーマッタに追加します。
appendOffsetId() - クラスjava.time.format.DateTimeFormatterBuilderのメソッド
+01:00などのゾーン・オフセットをフォーマッタに追加します。
appendOptional(DateTimeFormatter) - クラスjava.time.format.DateTimeFormatterBuilderのメソッド
オプション書式設定/解析するフォーマッタをビルダーに追加します。
appendParameterTypes(Class<?>...)- クラスjava.lang.invoke.MethodTypeのメソッド
追加のパラメータの型を持つメソッド型を検索または作成します。
appendParameterTypes(List<Class<?>>)- クラスjava.lang.invoke.MethodTypeのメソッド
追加のパラメータの型を持つメソッド型を検索または作成します。
appendPattern(String) - クラスjava.time.format.DateTimeFormatterBuilderのメソッド
指定されたパターンで定義された要素をビルダーに追加します。
appendRemainingComponent(String) - 例外javax.naming.NamingExceptionのメソッド
残りの名前の最後のコンポーネントとして名前を追加します。
appendRemainingComponent(String) - クラスjavax.naming.spi.ResolveResultのメソッド
残りの名前の最後に単一のコンポーネントを追加します。
appendRemainingName(Name) - 例外javax.naming.NamingExceptionのメソッド
残りの名前の最後のコンポーネントとして「名前」からコンポーネントを追加します。
appendRemainingName(Name) - クラスjavax.naming.spi.ResolveResultのメソッド
残りの名前の最後にコンポーネントを追加します。
appendReplacement(StringBuffer, String) - クラスjava.util.regex.Matcherのメソッド
継続追加置換手順を実装します。
appendTail(StringBuffer) - クラスjava.util.regex.Matcherのメソッド
終了追加置換手順を実装します。
appendText(String) - クラスjava.awt.TextAreaのメソッド
非推奨。
JDK Version 1.1以降は、append(String)に置き換えられています。
appendText(TemporalField) - クラスjava.time.format.DateTimeFormatterBuilderのメソッド
フル・テキスト・スタイルを使用して、日付/時間フィールドのテキストをフォーマッタに追加します。
appendText(TemporalField, TextStyle) - クラスjava.time.format.DateTimeFormatterBuilderのメソッド
日付/時間フィールドのテキストをフォーマッタに追加します。
appendText(TemporalField, Map<Long, String>) - クラスjava.time.format.DateTimeFormatterBuilderのメソッド
指定されたマップを使用してテキストを渡し、日付/時間フィールドのテキストをフォーマッタに追加します。
appendTo(File) - クラスjava.lang.ProcessBuilder.Redirectのstaticメソッド
指定されたファイルの末尾に追加するリダイレクトを返します。
appendToBootstrapClassLoaderSearch(JarFile) - インタフェースjava.lang.instrument.Instrumentationのメソッド
ブートストラップ・クラス・ローダーで定義されるインストゥルメンテーション・クラスでJARファイルを指定します。
appendToSystemClassLoaderSearch(JarFile) - インタフェースjava.lang.instrument.Instrumentationのメソッド
システム・クラス・ローダーで定義されるインストゥルメンテーション・クラスでJARファイルを指定します。
appendValue(TemporalField) - クラスjava.time.format.DateTimeFormatterBuilderのメソッド
通常の出力スタイルを使用して、日付/時間フィールドの値をフォーマッタに追加します。
appendValue(TemporalField, int) - クラスjava.time.format.DateTimeFormatterBuilderのメソッド
ゼロでパディングされた固定幅を使用して、日付/時間フィールドの値をフォーマッタに追加します。
appendValue(TemporalField, int, int, SignStyle) - クラスjava.time.format.DateTimeFormatterBuilderのメソッド
日付/時間フィールド(フォーマットの完全な制御を提供)の値をフォーマッタに追加します。
appendValueReduced(TemporalField, int, int, int) - クラスjava.time.format.DateTimeFormatterBuilderのメソッド
日付/時間フィールドのリデュースされた値をフォーマッタに追加します。
appendValueReduced(TemporalField, int, int, ChronoLocalDate) - クラスjava.time.format.DateTimeFormatterBuilderのメソッド
日付/時間フィールドのリデュースされた値をフォーマッタに追加します。
appendZoneId() - クラスjava.time.format.DateTimeFormatterBuilderのメソッド
Europe/Parisや+02:00などのタイムゾーンIDをフォーマッタに追加します。
appendZoneOrOffsetId() - クラスjava.time.format.DateTimeFormatterBuilderのメソッド
Europe/Parisや+02:00などのタイムゾーンID(利用可能な最良のゾーンIDを使用)をフォーマッタに追加します。
appendZoneRegionId() - クラスjava.time.format.DateTimeFormatterBuilderのメソッド
Europe/Parisなどのタイムゾーン地域IDをフォーマッタに追加します。ゾーンIDがZoneOffsetの場合は拒否します。
appendZoneText(TextStyle) - クラスjava.time.format.DateTimeFormatterBuilderのメソッド
英国夏時間などのタイムゾーン名をフォーマッタに追加します。
appendZoneText(TextStyle, Set<ZoneId>) - クラスjava.time.format.DateTimeFormatterBuilderのメソッド
英国夏時間などのタイムゾーン名をフォーマッタに追加します。
Applet - java.appletのクラス
アプレットは、単独で動作することはなく、ほかのアプリケーションの中に組み込まれた形で実行される小さなプログラムです。
Applet() - クラスjava.applet.Appletのコンストラクタ
新しいAppletを構築します。
APPLET - インタフェースjavax.naming.Contextのstatic変数
ほかのプロパティを検索するときに使用する初期コンテキスト・コンストラクタのアプレットを指定するための、環境プロパティの名前を保持する定数です。
APPLET - クラスjavax.swing.text.html.HTML.Tagのstatic変数
 
applet - クラスjavax.swing.text.html.parser.DTDの変数
 
Applet.AccessibleApplet - java.appletのクラス
このクラスはAppletクラスのアクセシビリティ・サポートを実装しています。
AppletContext - java.appletのインタフェース
このインタフェースはアプレットの環境に対応します。アプレットの環境とは、アプレットを含むドキュメント、および同じドキュメント内にあるほかのアプレットのことです。
AppletInitializer - java.beansのインタフェース
このインタフェースは、java.beans.Beans.instantiateとともに動作するように設計されています。
appletResize(int, int) - インタフェースjava.applet.AppletStubのメソッド
アプレットのサイズを変更する必要があるときに呼び出されます。
AppletStub - java.appletのインタフェース
アプレットを最初に作成するときに、そのアプレットのsetStubメソッドを使用してアプレット・スタブが接続されます。
ApplicationException - org.omg.CORBA.portableの例外
このクラスは、ORBとスタブ間のアプリケーション・レベルの例外を通知するのに使用します。
ApplicationException(String, InputStream) - 例外org.omg.CORBA.portable.ApplicationExceptionのコンストラクタ
例外のCORBAリポジトリID、および例外データをパラメータとして読み込める入力ストリームから、ApplicationExceptionを構築します。
apply(T, U) - インタフェースjava.util.function.BiFunctionのメソッド
指定された引数にこの関数を適用します。
apply(double) - インタフェースjava.util.function.DoubleFunctionのメソッド
指定された引数にこの関数を適用します。
apply(T) - インタフェースjava.util.function.Functionのメソッド
指定された引数にこの関数を適用します。
apply(int) - インタフェースjava.util.function.IntFunctionのメソッド
指定された引数にこの関数を適用します。
apply(long) - インタフェースjava.util.function.LongFunctionのメソッド
指定された引数にこの関数を適用します。
apply(ObjectName) - クラスjavax.management.AttributeValueExpのメソッド
MBeanにAttributeValueExpを適用します。
apply(ObjectName) - クラスjavax.management.ObjectNameのメソッド
このObjectName (パターンでも可)が別のObjectNameと一致するかどうかをテストします。
apply(ObjectName) - インタフェースjavax.management.QueryExpのメソッド
MBeanにQueryExpを適用します。
apply(ObjectName) - クラスjavax.management.StringValueExpのメソッド
MBeanにValueExpを適用します。
apply(ObjectName) - インタフェースjavax.management.ValueExpのメソッド
MBeanにValueExpを適用します。
APPLY_REVERB - クラスjavax.sound.sampled.BooleanControl.Typeのstatic変数
リバーブをラインに適用するかどうかのコントロールを表します。
applyAsDouble(double, double) - インタフェースjava.util.function.DoubleBinaryOperatorのメソッド
指定されたオペランドにこの演算子を適用します。
applyAsDouble(double) - インタフェースjava.util.function.DoubleUnaryOperatorのメソッド
指定されたオペランドにこの演算子を適用します。
applyAsDouble(int) - インタフェースjava.util.function.IntToDoubleFunctionのメソッド
指定された引数にこの関数を適用します。
applyAsDouble(long) - インタフェースjava.util.function.LongToDoubleFunctionのメソッド
指定された引数にこの関数を適用します。
applyAsDouble(T, U) - インタフェースjava.util.function.ToDoubleBiFunctionのメソッド
指定された引数にこの関数を適用します。
applyAsDouble(T) - インタフェースjava.util.function.ToDoubleFunctionのメソッド
指定された引数にこの関数を適用します。
applyAsInt(double) - インタフェースjava.util.function.DoubleToIntFunctionのメソッド
指定された引数にこの関数を適用します。
applyAsInt(int, int) - インタフェースjava.util.function.IntBinaryOperatorのメソッド
指定されたオペランドにこの演算子を適用します。
applyAsInt(int) - インタフェースjava.util.function.IntUnaryOperatorのメソッド
指定されたオペランドにこの演算子を適用します。
applyAsInt(long) - インタフェースjava.util.function.LongToIntFunctionのメソッド
指定された引数にこの関数を適用します。
applyAsInt(T, U) - インタフェースjava.util.function.ToIntBiFunctionのメソッド
指定された引数にこの関数を適用します。
applyAsInt(T) - インタフェースjava.util.function.ToIntFunctionのメソッド
指定された引数にこの関数を適用します。
applyAsLong(double) - インタフェースjava.util.function.DoubleToLongFunctionのメソッド
指定された引数にこの関数を適用します。
applyAsLong(int) - インタフェースjava.util.function.IntToLongFunctionのメソッド
指定された引数にこの関数を適用します。
applyAsLong(long, long) - インタフェースjava.util.function.LongBinaryOperatorのメソッド
指定されたオペランドにこの演算子を適用します。
applyAsLong(long) - インタフェースjava.util.function.LongUnaryOperatorのメソッド
指定されたオペランドにこの演算子を適用します。
applyAsLong(T, U) - インタフェースjava.util.function.ToLongBiFunctionのメソッド
指定された引数にこの関数を適用します。
applyAsLong(T) - インタフェースjava.util.function.ToLongFunctionのメソッド
指定された引数にこの関数を適用します。
applyComponentOrientation(ComponentOrientation) - クラスjava.awt.Componentのメソッド
このコンポーネントと、その中に含まれているすべてのコンポーネントのComponentOrientationプロパティを設定します。
applyComponentOrientation(ComponentOrientation) - クラスjava.awt.Containerのメソッド
このコンテナと、その中に含まれているすべてのコンポーネントのComponentOrientationプロパティを設定します。
applyComponentOrientation(ComponentOrientation) - クラスjavax.swing.JMenuのメソッド
このメニューおよびこのメニューに含まれるすべてのコンポーネントのComponentOrientationプロパティを設定します。
applyLocalizedPattern(String) - クラスjava.text.DecimalFormatのメソッド
指定されたパターンをこのFormatオブジェクトに適用します。
applyLocalizedPattern(String) - クラスjava.text.SimpleDateFormatのメソッド
指定されたローカライズされたパターン文字列を、この日付フォーマットに適用します。
applyPattern(String) - クラスjava.text.ChoiceFormatのメソッド
パターンを設定します。
applyPattern(String) - クラスjava.text.DecimalFormatのメソッド
指定されたパターンをこのFormatオブジェクトに適用します。
applyPattern(String) - クラスjava.text.MessageFormatのメソッド
このメッセージ・フォーマットによって使用されるパターンを設定します。
applyPattern(String) - クラスjava.text.SimpleDateFormatのメソッド
指定されたパターン文字列を、この日付フォーマットに適用します。
applyPropertyChange(PropertyChangeEvent, JLayer<? extends V>) - クラスjavax.swing.plaf.LayerUIのメソッド
そのいずれかのプロパティが変更された場合にLayerUIに通知し、このLayerUIインスタンスが設定されているすべてのJLayerを更新できるようにします。
applyResourceBundle(ResourceBundle) - クラスjava.awt.Windowのメソッド
非推奨。
J2SE 1.4以降は、Component.applyComponentOrientationに置き換えられています。
applyResourceBundle(String) - クラスjava.awt.Windowのメソッド
非推奨。
J2SE 1.4以降は、Component.applyComponentOrientationに置き換えられています。
applyToEither(CompletionStage<? extends T>, Function<? super T, U>) - クラスjava.util.concurrent.CompletableFutureのメソッド
 
applyToEither(CompletionStage<? extends T>, Function<? super T, U>) - インタフェースjava.util.concurrent.CompletionStageのメソッド
このステージまたは指定された他のステージが正常に完了したときに、対応する結果を指定された関数への引数として実行される新しいCompletionStageを返します。
applyToEitherAsync(CompletionStage<? extends T>, Function<? super T, U>) - クラスjava.util.concurrent.CompletableFutureのメソッド
 
applyToEitherAsync(CompletionStage<? extends T>, Function<? super T, U>, Executor) - クラスjava.util.concurrent.CompletableFutureのメソッド
 
applyToEitherAsync(CompletionStage<? extends T>, Function<? super T, U>) - インタフェースjava.util.concurrent.CompletionStageのメソッド
このステージまたは指定された他のステージが正常に完了したときに、対応する結果を指定された関数への引数として、このステージのデフォルトの非同期実行機能を使用して実行される新しいCompletionStageを返します。
applyToEitherAsync(CompletionStage<? extends T>, Function<? super T, U>, Executor) - インタフェースjava.util.concurrent.CompletionStageのメソッド
このステージまたは他の指定されたステージが正常に完了したときに、指定されたエグゼキュータを使用して、対応する結果を指定された関数の引数として実行される新しいCompletionStageを返します。
appRandom - クラスjava.security.SignatureSpiの変数
アプリケーション固有の乱数発生の元です。
APPROVE_BUTTON_MNEMONIC_CHANGED_PROPERTY - クラスjavax.swing.JFileChooserのstatic変数
応答(「yes」、「ok」)ボタンのニーモニックの変更を識別します。
APPROVE_BUTTON_TEXT_CHANGED_PROPERTY - クラスjavax.swing.JFileChooserのstatic変数
応答(「yes」、「ok」)ボタンのテキストの変更を識別します。
APPROVE_BUTTON_TOOL_TIP_TEXT_CHANGED_PROPERTY - クラスjavax.swing.JFileChooserのstatic変数
応答(「yes」、「ok」)ボタンのツールヒント・テキストの変更を識別します。
APPROVE_OPTION - クラスjavax.swing.JFileChooserのstatic変数
応答ボタン(「yes」、「ok」)が選択された場合の戻り値です。
APPROVE_SELECTION - クラスjavax.swing.JFileChooserのstatic変数
現在の選択を承認する命令です。「yes」または「ok」を押す操作と同じ働きをします。
approveSelection() - クラスjavax.swing.JFileChooserのメソッド
ユーザーが「Approve」ボタン(デフォルトでは「Open」または「Save」とラベル付けされている)をクリックしたときにUIによって呼び出されます。
ApproveSelectionAction() - クラスjavax.swing.plaf.basic.BasicFileChooserUI.ApproveSelectionActionのコンストラクタ
 
APRIL - クラスjava.util.Calendarのstatic変数
グレゴリオ暦とユリウス暦の年の4番目の月を示すCalendar.MONTHフィールドの値です。
APRIL - クラスjavax.xml.datatype.DatatypeConstantsのstatic変数
年の4番目の月の値です。
ARABIC - クラスjava.awt.font.NumericShaperのstatic変数
ARABICの範囲と10進数を識別します。
ARABIC - クラスjava.lang.Character.UnicodeBlockのstatic変数
「Arabic」Unicode文字ブロックの定数です。
ARABIC_EXTENDED_A - クラスjava.lang.Character.UnicodeBlockのstatic変数
Arabic Extended-A Unicode文字ブロックの定数です。
ARABIC_MATHEMATICAL_ALPHABETIC_SYMBOLS - クラスjava.lang.Character.UnicodeBlockのstatic変数
Arabic Mathematical Alphabetic Symbols Unicode文字ブロックの定数です。
ARABIC_PRESENTATION_FORMS_A - クラスjava.lang.Character.UnicodeBlockのstatic変数
「Arabic Presentation Forms-A」Unicode文字ブロックの定数です。
ARABIC_PRESENTATION_FORMS_B - クラスjava.lang.Character.UnicodeBlockのstatic変数
「Arabic Presentation Forms-B」Unicode文字ブロックの定数です。
ARABIC_SUPPLEMENT - クラスjava.lang.Character.UnicodeBlockのstatic変数
「Arabic Supplement」Unicode文字ブロックの定数です。
Arc2D - java.awt.geomのクラス
Arc2Dは、表示枠の矩形、始角、角の大きさ(弧の長さ)、および閉じ方の種類(OPENCHORD、またはPIE)によって定義される2次元の弧を格納するすべてのオブジェクトの抽象スーパー・クラスです。
Arc2D() - クラスjava.awt.geom.Arc2Dのコンストラクタ
これは、インスタンスを直接には生成できない抽象クラスです。
Arc2D(int) - クラスjava.awt.geom.Arc2Dのコンストラクタ
これは、インスタンスを直接には生成できない抽象クラスです。
Arc2D.Double - java.awt.geomのクラス
このクラスは、double精度で指定された弧を定義します。
Arc2D.Float - java.awt.geomのクラス
このクラスは、float精度で指定された弧を定義します。
archeight - クラスjava.awt.geom.RoundRectangle2D.Doubleの変数
角を丸める弧の高さです。
archeight - クラスjava.awt.geom.RoundRectangle2D.Floatの変数
角を丸める弧の高さです。
ARCHIVE - クラスjavax.swing.text.html.HTML.Attributeのstatic変数
 
arcwidth - クラスjava.awt.geom.RoundRectangle2D.Doubleの変数
角を丸める弧の幅です。
arcwidth - クラスjava.awt.geom.RoundRectangle2D.Floatの変数
角を丸める弧の幅です。
Area - java.awt.geomのクラス
Areaオブジェクトは、2次元空間の閉じた領域について解像度に依存しない記述を格納および操作します。
Area() - クラスjava.awt.geom.Areaのコンストラクタ
空の領域を作成するデフォルト・コンストラクタです。
Area(Shape) - クラスjava.awt.geom.Areaのコンストラクタ
Areaクラスは、指定されたShapeオブジェクトから領域幾何学的図形を作成します。
AREA - クラスjavax.swing.text.html.HTML.Tagのstatic変数
 
AreaAveragingScaleFilter - java.awt.imageのクラス
最近接点アルゴリズムよりもなめらかな結果が得られる、簡単な領域平均化アルゴリズムを使用してイメージをスケーリングするImageFilterクラスです。
AreaAveragingScaleFilter(int, int) - クラスjava.awt.image.AreaAveragingScaleFilterのコンストラクタ
幅と高さのパラメータの指定に従って、転送元イメージのピクセルをスケーリングするAreaAveragingScaleFilterを構築します。
areExtraMouseButtonsEnabled() - クラスjava.awt.Toolkitのメソッド
追加のマウス・ボタンからのイベントを処理してEventQueueに送信することが許可されているかどうかを報告します。
areFieldsSet - クラスjava.util.Calendarの変数
fields[]が現在設定されている時間と同期をとっている場合はtrueです。
areFocusTraversalKeysSet(int) - クラスjava.awt.Componentのメソッド
指定されたフォーカス・トラバーサル操作に対するフォーカス・トラバーサル・キーのセットが、このコンポーネントに明示的に定義されているかどうかを返します。
areFocusTraversalKeysSet(int) - クラスjava.awt.Containerのメソッド
指定されたフォーカス・トラバーサル操作に対するフォーカス・トラバーサル・キーのセットが、このコンテナに明示的に定義されているかどうかを返します。
areNew - クラスjavax.swing.event.TreeSelectionEventの変数
各パスについて、そのパスが実際に新しいパスかどうかを示します。
arePathsContiguous(TreePath[]) - クラスjavax.swing.tree.DefaultTreeSelectionModelのメソッド
パスが連続しているか、このオブジェクトにRowMapperがない場合、trueを返します。
areTablesSet() - クラスjavax.imageio.plugins.jpeg.JPEGImageReadParamのメソッド
現在テーブルが設定されている場合はtrueを返します。
areTablesSet() - クラスjavax.imageio.plugins.jpeg.JPEGImageWriteParamのメソッド
現在テーブルが設定されている場合はtrueを返します。
arg - クラスjava.awt.Eventの変数
イベントの任意の引数です。
ARG_IN - org.omg.CORBAのインタフェース
呼出しに対する入力引数を示します。つまり、引数はクライアントからサーバーへ渡されます。
ARG_INOUT - org.omg.CORBAのインタフェース
呼出しで入力と出力の両方に使用される引数を示します。つまり、引数はクライアントからサーバーへ渡され、次にサーバーからクライアントへ返されます。
ARG_OUT - org.omg.CORBAのインタフェース
呼出しに対する出力引数を示す定数です。つまり、引数はサーバーからクライアントへ渡されます。
ARGUMENT - クラスjava.text.MessageFormat.Fieldのstatic変数
formatToCharacterIteratorに渡された引数から生成されたメッセージの一部を識別する定数です。
argument - クラスorg.omg.Dynamic.Parameterの変数
 
arguments() - クラスorg.omg.CORBA.Requestのメソッド
呼び出されるメソッドの引数を含むNVListオブジェクトを取得します。
arguments(NVList) - クラスorg.omg.CORBA.ServerRequestのメソッド
メソッドのパラメータ型を指定して、inおよびinout引数の値を取得します。
arguments() - インタフェースorg.omg.PortableInterceptor.ORBInitInfoOperationsのメソッド
ORB.initに渡された引数を返します。
arguments() - インタフェースorg.omg.PortableInterceptor.RequestInfoOperationsのメソッド
呼び出されるオペレーションの引数を含むParameterオブジェクトの配列を返します。
ARGV - インタフェースjavax.script.ScriptEngineのstatic変数
位置引数の配列をスクリプトに渡す名前付き値の予約済みキーです。
ArithmeticException - java.langの例外
算術計算で例外的条件が発生した場合にスローされます。
ArithmeticException() - 例外java.lang.ArithmeticExceptionのコンストラクタ
詳細メッセージなしでArithmeticExceptionを構築します。
ArithmeticException(String) - 例外java.lang.ArithmeticExceptionのコンストラクタ
指定された詳細メッセージを持つArithmeticExceptionを構築します。
ARMED - クラスjavax.accessibility.AccessibleStateのstatic変数
オブジェクトの作動準備が完了していることを示します。
ARMED - クラスjavax.swing.DefaultButtonModelのstatic変数
ビット・マスク内の「作動準備完了」ビットを識別します。このビットは、ボタンが作動準備状態またはトリガー準備状態であることを示します。
ARMENIAN - クラスjava.lang.Character.UnicodeBlockのstatic変数
「Armenian」Unicode文字ブロックの定数です。
arrangeGrid(Container) - クラスjava.awt.GridBagLayoutのメソッド
グリッドを配置します。
ArrangeGrid(Container) - クラスjava.awt.GridBagLayoutのメソッド
このメソッドは廃止されており、下位互換性のためにのみ提供されています。新しいコードは、かわりにarrangeGridを呼び出すようにしてください。
Array - java.lang.reflectのクラス
Arrayクラスは、Java配列を動的に作成してアクセスするためのstaticメソッドを提供します。
array() - クラスjava.nio.Bufferのメソッド
このバッファを補助する配列を返します  (オプションの操作)
array() - クラスjava.nio.ByteBufferのメソッド
このバッファを補助するbyte配列を返します  (オプションの操作)
array() - クラスjava.nio.CharBufferのメソッド
このバッファを補助するchar配列を返します  (オプションの操作)
array() - クラスjava.nio.DoubleBufferのメソッド
このバッファを補助するdouble配列を返します (オプションの操作)
array() - クラスjava.nio.FloatBufferのメソッド
このバッファを補助するfloat配列を返します (オプションの操作)
array() - クラスjava.nio.IntBufferのメソッド
このバッファを補助するint配列を返します  (オプションの操作)
array() - クラスjava.nio.LongBufferのメソッド
このバッファを補助するlong配列を返します (オプションの操作)
array() - クラスjava.nio.ShortBufferのメソッド
このバッファを補助するshort配列を返します  (オプションの操作)
Array - java.sqlのインタフェース
SQL型ARRAYのJavaプログラミング言語でのマッピングです。
ARRAY - クラスjava.sql.Typesのstatic変数
Javaプログラミング言語の定数で、型コードとも呼ばれ、汎用SQL型ARRAYを識別します。
array - クラスjavax.swing.text.Segmentの変数
処理対象のテキストを含む配列です。
ArrayBlockingQueue<E> - java.util.concurrentのクラス
配列に連動する、制限付きのブロッキング・キューです。
ArrayBlockingQueue(int) - クラスjava.util.concurrent.ArrayBlockingQueueのコンストラクタ
指定された(固定)容量とデフォルトのアクセス・ポリシーを持つArrayBlockingQueueを作成します。
ArrayBlockingQueue(int, boolean) - クラスjava.util.concurrent.ArrayBlockingQueueのコンストラクタ
指定された(固定)容量と指定されたアクセス・ポリシーを持つArrayBlockingQueueを作成します。
ArrayBlockingQueue(int, boolean, Collection<? extends E>) - クラスjava.util.concurrent.ArrayBlockingQueueのコンストラクタ
指定された(固定)容量と指定されたアクセス・ポリシーを持ち、指定されたコレクションの要素を初期状態で含む(要素はコレクションのイテレータのトラバーサル順に追加) ArrayBlockingQueueを作成します。
arraycopy(Object, int, Object, int, int) - クラスjava.lang.Systemのstaticメソッド
指定位置で開始する指定ソース配列から、転送先配列の指定位置に配列をコピーします。
ArrayDeque<E> - java.utilのクラス
Dequeインタフェースのサイズ変更可能な配列の実装です。
ArrayDeque() - クラスjava.util.ArrayDequeのコンストラクタ
16個の要素を保持するために十分な初期容量を持つ、空の配列両端キューを作成します。
ArrayDeque(int) - クラスjava.util.ArrayDequeのコンストラクタ
指定された数の要素を保持するために十分な初期容量を持つ、空の配列両端キューを作成します。
ArrayDeque(Collection<? extends E>) - クラスjava.util.ArrayDequeのコンストラクタ
指定されたコレクションのイテレータが返す順序で、その要素を格納する両端キューを作成します。
arrayElementGetter(Class<?>)- クラスjava.lang.invoke.MethodHandles内のstaticメソッド
配列の各要素に対する読取りアクセスを提供するメソッド・ハンドルを生成します。
arrayElementSetter(Class<?>)- クラスjava.lang.invoke.MethodHandles内のstaticメソッド
配列の各要素に対する書込みアクセスを提供するメソッド・ハンドルを生成します。
ArrayIndexOutOfBoundsException - java.langの例外
不正なインデックスを使って配列がアクセスされたことを示すためにスローされます。
ArrayIndexOutOfBoundsException() - 例外java.lang.ArrayIndexOutOfBoundsExceptionのコンストラクタ
詳細メッセージなしでArrayIndexOutOfBoundsExceptionを構築します。
ArrayIndexOutOfBoundsException(int) - 例外java.lang.ArrayIndexOutOfBoundsExceptionのコンストラクタ
不正なインデックスを示す引数を持つ新しいArrayIndexOutOfBoundsExceptionクラスを構築します。
ArrayIndexOutOfBoundsException(String) - 例外java.lang.ArrayIndexOutOfBoundsExceptionのコンストラクタ
指定された詳細メッセージを持つArrayIndexOutOfBoundsExceptionクラスを構築します。
ArrayList<E> - java.utilのクラス
Listインタフェースのサイズ変更可能な配列の実装です。
ArrayList(int) - クラスjava.util.ArrayListのコンストラクタ
指定された初期容量で空のリストを作成します。
ArrayList() - クラスjava.util.ArrayListのコンストラクタ
初期容量10で空のリストを作成します。
ArrayList(Collection<? extends E>) - クラスjava.util.ArrayListのコンストラクタ
指定されたコレクションの要素が含まれているリストを、要素がコレクションのイテレータによって返される順序で作成します。
arrayOffset() - クラスjava.nio.Bufferのメソッド
このバッファの補助配列内にある、このバッファの最初の要素のオフセットを返します  (オプションの操作)
arrayOffset() - クラスjava.nio.ByteBufferのメソッド
このバッファの補助配列内にある、このバッファの最初の要素のオフセットを返します  (オプションの操作)
arrayOffset() - クラスjava.nio.CharBufferのメソッド
このバッファの補助配列内にある、このバッファの最初の要素のオフセットを返します  (オプションの操作)
arrayOffset() - クラスjava.nio.DoubleBufferのメソッド
このバッファの補助配列内にある、このバッファの最初の要素のオフセットを返します  (オプションの操作)
arrayOffset() - クラスjava.nio.FloatBufferのメソッド
このバッファの補助配列内にある、このバッファの最初の要素のオフセットを返します  (オプションの操作)
arrayOffset() - クラスjava.nio.IntBufferのメソッド
このバッファの補助配列内にある、このバッファの最初の要素のオフセットを返します  (オプションの操作)
arrayOffset() - クラスjava.nio.LongBufferのメソッド
このバッファの補助配列内にある、このバッファの最初の要素のオフセットを返します  (オプションの操作)
arrayOffset() - クラスjava.nio.ShortBufferのメソッド
このバッファの補助配列内にある、このバッファの最初の要素のオフセットを返します  (オプションの操作)
Arrays - java.utilのクラス
このクラスには、ソートや検索など、配列を操作するためのさまざまなメソッドがあります。
ArrayStoreException - java.langの例外
不正な型のオブジェクトをオブジェクトの配列に格納しようとしたことを示すためにスローされます。
ArrayStoreException() - 例外java.lang.ArrayStoreExceptionのコンストラクタ
詳細メッセージなしでArrayStoreExceptionを構築します。
ArrayStoreException(String) - 例外java.lang.ArrayStoreExceptionのコンストラクタ
指定された詳細メッセージを持つArrayStoreExceptionを構築します。
ArrayType - javax.lang.model.typeのインタフェース
配列型を表します。
ArrayType<T> - javax.management.openmbeanのクラス
ArrayTypeクラスは、公開データ値のn次元配列であるすべての公開データ値を記述するインスタンスを持つ公開型クラスです。
ArrayType(int, OpenType<?>) - クラスjavax.management.openmbean.ArrayTypeのコンストラクタ
dimension次元の要素(公開型elementTypeの要素)の配列である公開データを記述するArrayTypeインスタンスを構築します。
ArrayType(SimpleType<?>, boolean) - クラスjavax.management.openmbean.ArrayTypeのコンストラクタ
指定されたSimpleTypeの1次元ArrayTypeインスタンスを構築します。
arrive() - クラスjava.util.concurrent.Phaserのメソッド
他の到着を待機せずにこのフェーザに到着します。
arriveAndAwaitAdvance() - クラスjava.util.concurrent.Phaserのメソッド
このフェーザに到着し、他を待機します。
arriveAndDeregister() - クラスjava.util.concurrent.Phaserのメソッド
このフェーザに到着し、他の到着を待機せずに登録解除します。
ARROW_BUTTON - クラスjavax.swing.plaf.synth.Regionのstatic変数
ArrowButtonは、方向のインジケータ(通常は矢印)を描画する特別な型のボタンです。
arrowButton - クラスjavax.swing.plaf.basic.BasicComboBoxUIの変数
 
ArrowButtonListener() - クラスjavax.swing.plaf.basic.BasicScrollBarUI.ArrowButtonListenerのコンストラクタ
 
arrowIcon - クラスjavax.swing.plaf.basic.BasicMenuItemUIの変数
 
ARROWS - クラスjava.lang.Character.UnicodeBlockのstatic変数
「Arrows」Unicode文字ブロックの定数です。
asCharacters() - インタフェースjavax.xml.stream.events.XMLEventのメソッド
このイベントをCharactersとして返します。このイベントがCharactersではない場合、結果がクラスのキャスト例外になることがあります。
asCharBuffer() - クラスjava.nio.ByteBufferのメソッド
charバッファとしてこのbyteバッファのビューを作成します。
ASCII_STREAM_PARAM - クラスjavax.sql.rowset.BaseRowSetのstatic変数
ASCIIストリームのパラメータを持つRowSetReaderImplオブジェクトを示す定数です。
asciiStream - クラスjavax.sql.rowset.BaseRowSetの変数
メソッドgetAsciiStreamによって返されたInputStreamオブジェクトであり、ResultSetインタフェースで指定されています。
asCollector(Class<?>, int) - クラスjava.lang.invoke.MethodHandleのメソッド
末尾の指定された数の定位置引数を受け取り、それらを集めて1つの配列引数に格納するような、配列収集メソッド・ハンドルを作成します。
asDoubleBuffer() - クラスjava.nio.ByteBufferのメソッド
doubleバッファとしてこのbyteバッファのビューを作成します。
asDoubleStream() - インタフェースjava.util.stream.IntStreamのメソッド
このストリームの要素(doubleに変換される)から構成されるDoubleStreamを返します。
asDoubleStream() - インタフェースjava.util.stream.LongStreamのメソッド
このストリームの要素(doubleに変換される)から構成されるDoubleStreamを返します。
asElement() - インタフェースjavax.lang.model.type.DeclaredTypeのメソッド
この型に対応する要素を返します。
asElement() - インタフェースjavax.lang.model.type.TypeVariableのメソッド
この型変数に対応する要素を返します。
asElement(TypeMirror) - インタフェースjavax.lang.model.util.Typesのメソッド
型に対応する要素を返します。
asEndElement() - インタフェースjavax.xml.stream.events.XMLEventのメソッド
このイベントを要素終了イベントとして返します。このイベントが要素終了イベントではない場合、結果がクラスのキャスト例外になることがあります。
asFileAttribute(Set<PosixFilePermission>) - クラスjava.nio.file.attribute.PosixFilePermissionsのstaticメソッド
指定されたファイル権限のコピーをカプセル化する(createFileメソッドまたはcreateDirectoryメソッドに渡すのに適している)FileAttributeを作成します。
asFixedArity() - クラスjava.lang.invoke.MethodHandleのメソッド
引数の数が固定されたメソッド・ハンドル(その他の点では現在のメソッド・ハンドルと同等)を作成します。
asFloatBuffer() - クラスjava.nio.ByteBufferのメソッド
floatバッファとしてこのbyteバッファのビューを作成します。
asin(double) - クラスjava.lang.Mathのstaticメソッド
指定された値の逆正弦(アーク・サイン)を返します。返される角度の範囲は、-pi/2からpi/2です。
asin(double) - クラスjava.lang.StrictMathのstaticメソッド
指定された値の逆正弦(アーク・サイン)を返します。返される角度の範囲は、-pi/2からpi/2です。
asIntBuffer() - クラスjava.nio.ByteBufferのメソッド
intバッファとしてこのbyteバッファのビューを作成します。
asInterfaceInstance(Class<T>, MethodHandle) - クラスjava.lang.invoke.MethodHandleProxiesのstaticメソッド
指定されたメソッド・ハンドルに呼出しをリダイレクトする、指定された単一メソッド・インタフェースのインスタンスを生成します。
asksAllowsChildren - クラスjavax.swing.tree.DefaultTreeModelの変数
ノードが葉ノードかどうかをisLeafメソッドが判断する方法を決定します。
asksAllowsChildren() - クラスjavax.swing.tree.DefaultTreeModelのメソッド
葉ノードの判別方法を通知します。
asLifoQueue(Deque<T>) - クラスjava.util.Collectionsのstaticメソッド
Dequeのビューを後入れ先出し(Lifo)のQueueとして返します。
asList(T...) - クラスjava.util.Arraysのstaticメソッド
指定された配列に連動する固定サイズのリストを返します。
asList() - クラスjavax.management.AttributeListのメソッド
このリストのビューをList<Attribute>として返します。
asList() - クラスjavax.management.relation.RoleListのメソッド
このリストのビューをList<Role>として返します。
asList() - クラスjavax.management.relation.RoleUnresolvedListのメソッド
このリストのビューをList<RoleUnresolved>として返します。
asLongBuffer() - クラスjava.nio.ByteBufferのメソッド
longバッファとしてこのbyteバッファのビューを作成します。
asLongStream() - インタフェースjava.util.stream.IntStreamのメソッド
このストリームの要素(longに変換される)から構成されるLongStreamを返します。
asMemberOf(DeclaredType, Element) - インタフェースjavax.lang.model.util.Typesのメソッド
指定された型のメンバーとして要素が参照される場合、あるいは指定された型に直接包含されるメンバーとして要素が参照される場合、要素の型を返します。
asNormal() - 列挙java.time.format.TextStyleのメソッド
同じサイズの通常スタイルを返します。
asPredicate() - クラスjava.util.regex.Patternのメソッド
文字列を照合するために使用できる述語を作成します。
asReadLock() - クラスjava.util.concurrent.locks.StampedLockのメソッド
Lock.lock()メソッドがStampedLock.readLock()にマップされ、他のメソッドも同様にマップされた、このStampedLockのプレーンLockビューを返します。
asReadOnlyBuffer() - クラスjava.nio.ByteBufferのメソッド
このバッファの内容を共有する新しい読込み専用byteバッファを作成します。
asReadOnlyBuffer() - クラスjava.nio.CharBufferのメソッド
このバッファの内容を共有する新しい読込み専用charバッファを作成します。
asReadOnlyBuffer() - クラスjava.nio.DoubleBufferのメソッド
このバッファのコンテンツを共有する新しい読込み専用doubleバッファを作成します。
asReadOnlyBuffer() - クラスjava.nio.FloatBufferのメソッド
現在のバッファのコンテンツを共有する新しい読込み専用floatバッファを作成します。
asReadOnlyBuffer() - クラスjava.nio.IntBufferのメソッド
このバッファの内容を共有する新しい読込み専用intバッファを作成します。
asReadOnlyBuffer() - クラスjava.nio.LongBufferのメソッド
現在のバッファのコンテンツを共有する新しい読込み専用longバッファを作成します。
asReadOnlyBuffer() - クラスjava.nio.ShortBufferのメソッド
このバッファの内容を共有する新しい読込み専用shortバッファを作成します。
asReadWriteLock() - クラスjava.util.concurrent.locks.StampedLockのメソッド
ReadWriteLock.readLock()メソッドがStampedLock.asReadLock()にマップされ、ReadWriteLock.writeLock()StampedLock.asWriteLock()にマップされた、このStampedLockのReadWriteLockビューを返します。
assembleSystemMenu() - クラスjavax.swing.plaf.basic.BasicInternalFrameTitlePaneのメソッド
 
assembleSystemMenu() - クラスjavax.swing.plaf.metal.MetalInternalFrameTitlePaneのメソッド
親のメソッドをオーバーライドし、処理は行いません。
AssertionError - java.lang内のエラー
アサーションが失敗したことを示すためにスローされます。
AssertionError() - エラーjava.lang.AssertionErrorのコンストラクタ
詳細メッセージを指定しないでAssertionErrorを構築します。
AssertionError(Object) - エラーjava.lang.AssertionErrorのコンストラクタ
指定されたオブジェクトから派生した詳細メッセージを指定してAssertionErrorを構築します。詳細メッセージは、『Java(tm)言語仕様』のセクション15.18.1.1の定義に従って文字列に変換されます。
AssertionError(boolean) - エラーjava.lang.AssertionErrorのコンストラクタ
指定されたbooleanから派生した詳細メッセージを指定してAssertionErrorを構築します。詳細メッセージは、『Java(tm)言語仕様』のセクション15.18.1.1の定義に従って文字列に変換されます。
AssertionError(char) - エラーjava.lang.AssertionErrorのコンストラクタ
指定されたcharから派生した詳細メッセージを指定してAssertionErrorを構築します。詳細メッセージは、『Java(tm)言語仕様』のセクション15.18.1.1の定義に従って文字列に変換されます。
AssertionError(int) - エラーjava.lang.AssertionErrorのコンストラクタ
指定されたintから派生した詳細メッセージを指定してAssertionErrorを構築します。詳細メッセージは、『Java(tm)言語仕様』のセクション15.18.1.1の定義に従って文字列に変換されます。
AssertionError(long) - エラーjava.lang.AssertionErrorのコンストラクタ
指定されたlongから派生した詳細メッセージを指定してAssertionErrorを構築します。詳細メッセージは、『Java(tm)言語仕様』のセクション15.18.1.1の定義に従って文字列に変換されます。
AssertionError(float) - エラーjava.lang.AssertionErrorのコンストラクタ
指定されたfloatから派生した詳細メッセージを指定してAssertionErrorを構築します。詳細メッセージは、『Java(tm)言語仕様』のセクション15.18.1.1の定義に従って文字列に変換されます。
AssertionError(double) - エラーjava.lang.AssertionErrorのコンストラクタ
指定されたdoubleから派生した詳細メッセージを指定してAssertionErrorを構築します。詳細メッセージは、『Java(tm)言語仕様』のセクション15.18.1.1の定義に従って文字列に変換されます。
AssertionError(String, Throwable) - エラーjava.lang.AssertionErrorのコンストラクタ
指定された詳細メッセージおよび原因を使用して新規AssertionErrorを構築します。
asShortBuffer() - クラスjava.nio.ByteBufferのメソッド
shortバッファとしてこのbyteバッファのビューを作成します。
assign(DynAny) - インタフェースorg.omg.CORBA.DynAnyのメソッド
非推奨。
ある動的Anyから別の動的Anyに内容をコピーします。
assign(DynAny) - クラスorg.omg.DynamicAny._DynAnyStubのメソッド
DynAnyオブジェクトに関連付けられた値を、別のDynAnyオブジェクトに関連付けられた値で初期化します。
assign(DynAny) - クラスorg.omg.DynamicAny._DynArrayStubのメソッド
DynAnyオブジェクトに関連付けられた値を、別のDynAnyオブジェクトに関連付けられた値で初期化します。
assign(DynAny) - クラスorg.omg.DynamicAny._DynEnumStubのメソッド
DynAnyオブジェクトに関連付けられた値を、別のDynAnyオブジェクトに関連付けられた値で初期化します。
assign(DynAny) - クラスorg.omg.DynamicAny._DynFixedStubのメソッド
DynAnyオブジェクトに関連付けられた値を、別のDynAnyオブジェクトに関連付けられた値で初期化します。
assign(DynAny) - クラスorg.omg.DynamicAny._DynSequenceStubのメソッド
DynAnyオブジェクトに関連付けられた値を、別のDynAnyオブジェクトに関連付けられた値で初期化します。
assign(DynAny) - クラスorg.omg.DynamicAny._DynStructStubのメソッド
DynAnyオブジェクトに関連付けられた値を、別のDynAnyオブジェクトに関連付けられた値で初期化します。
assign(DynAny) - クラスorg.omg.DynamicAny._DynUnionStubのメソッド
DynAnyオブジェクトに関連付けられた値を、別のDynAnyオブジェクトに関連付けられた値で初期化します。
assign(DynAny) - クラスorg.omg.DynamicAny._DynValueStubのメソッド
DynAnyオブジェクトに関連付けられた値を、別のDynAnyオブジェクトに関連付けられた値で初期化します。
assign(DynAny) - インタフェースorg.omg.DynamicAny.DynAnyOperationsのメソッド
DynAnyオブジェクトに関連付けられた値を、別のDynAnyオブジェクトに関連付けられた値で初期化します。
asSpreader(Class<?>, int) - クラスjava.lang.invoke.MethodHandleのメソッド
末尾の1つの配列引数を受け取り、その要素を複数の定位置引数に分配するような、配列分配メソッド・ハンドルを作成します。
asStandalone() - 列挙java.time.format.TextStyleのメソッド
同じサイズのスタンドアロン・スタイルを返します。
asStartElement() - インタフェースjavax.xml.stream.events.XMLEventのメソッド
このイベントを要素開始イベントとして返します。このイベントが要素開始イベントではない場合、結果がクラスのキャスト例外になることがあります。
asSubclass(Class<U>) - クラスjava.lang.Classのメソッド
指定されたクラス・オブジェクトによって表されるクラスのサブクラスを表すためにこのClassオブジェクトをキャストします。
assureRectsCreated(int) - クラスjavax.swing.plaf.basic.BasicTabbedPaneUIのメソッド
 
asType(MethodType) - クラスjava.lang.invoke.MethodHandleのメソッド
現在のメソッド・ハンドルの型を新しい型に適応させるアダプタ・メソッド・ハンドルを生成します。
asType() - インタフェースjavax.lang.model.element.Elementのメソッド
この要素で定義された型を返します。
asVarargsCollector(Class<?>)- クラスjava.lang.invoke.MethodHandleのメソッド
末尾の任意の数の定位置引数を受け取り、それらを集めて1つの配列引数に格納できるような、可変引数アダプタを作成します。
asWriteLock() - クラスjava.util.concurrent.locks.StampedLockのメソッド
Lock.lock()メソッドがStampedLock.writeLock()にマップされ、他のメソッドも同様にマップされた、このStampedLockのプレーンLockビューを返します。
AsyncBoxView - javax.swing.textのクラス
非同期にレイアウトを行うボックスです。
AsyncBoxView(Element, int) - クラスjavax.swing.text.AsyncBoxViewのコンストラクタ
非同期レイアウトを行うボックス・ビューを構築します。
AsyncBoxView.ChildLocator - javax.swing.textのクラス
局部の周辺で変更が行われているときに、局部での子ビューの効果的な位置を管理するクラスです。
AsyncBoxView.ChildState - javax.swing.textのクラス
子ビューのレイアウト状態を表すレコードです。
AsyncHandler<T> - javax.xml.ws内のインタフェース
AsyncHandlerインタフェースは、非同期に呼び出されたサービス端点操作完了のコールバック通知を受け取ることを望むクライアントによって実装されます。
AsynchronousByteChannel - java.nio.channelsのインタフェース
バイトの読取りと書込みができる非同期チャネルです。
AsynchronousChannel - java.nio.channelsのインタフェース
非同期入出力操作をサポートするチャネル。
AsynchronousChannelGroup - java.nio.channelsのクラス
リソースを共有するための非同期チャネルのグループ化です。
AsynchronousChannelGroup(AsynchronousChannelProvider) - クラスjava.nio.channels.AsynchronousChannelGroupのコンストラクタ
このクラスの新しいインスタンスを初期化します。
AsynchronousChannelProvider - java.nio.channels.spiのクラス
非同期チャネルのサービス・プロバイダ・クラスです。
AsynchronousChannelProvider() - クラスjava.nio.channels.spi.AsynchronousChannelProviderのコンストラクタ
このクラスの新しいインスタンスを初期化します。
AsynchronousCloseException - java.nio.channelsの例外
別のスレッドがチャネルまたは入出力操作時にブロックされるチャネルの一部をクローズしたときにスレッドが受け取るチェック例外です。
AsynchronousCloseException() - 例外java.nio.channels.AsynchronousCloseExceptionのコンストラクタ
このクラスのインスタンスを構築します。
AsynchronousFileChannel - java.nio.channelsのクラス
ファイルの読み込み、書き込み、操作用の非同期チャネルです。
AsynchronousFileChannel() - クラスjava.nio.channels.AsynchronousFileChannelのコンストラクタ
このクラスの新しいインスタンスを初期化します。
AsynchronousServerSocketChannel - java.nio.channelsのクラス
ストリーム型リスニング・ソケット用の非同期チャネルです。
AsynchronousServerSocketChannel(AsynchronousChannelProvider) - クラスjava.nio.channels.AsynchronousServerSocketChannelのコンストラクタ
このクラスの新しいインスタンスを初期化します。
AsynchronousSocketChannel - java.nio.channelsのクラス
ストリーム型接続ソケット用の非同期チャネルです。
AsynchronousSocketChannel(AsynchronousChannelProvider) - クラスjava.nio.channels.AsynchronousSocketChannelのコンストラクタ
このクラスの新しいインスタンスを初期化します。
AT_TARGET - インタフェースorg.w3c.dom.events.Eventのstatic変数
イベントは現在、ターゲットEventTargetで評価されています。
atan(double) - クラスjava.lang.Mathのstaticメソッド
指定された値の逆正接(アーク・タンジェント)を返します。返される角度の範囲は、-pi/2からpi/2です。
atan(double) - クラスjava.lang.StrictMathのstaticメソッド
指定された値の逆正接(アーク・タンジェント)を返します。返される角度の範囲は、-pi/2からpi/2です。
atan2(double, double) - クラスjava.lang.Mathのstaticメソッド
直交座標(xy)から極座標(r, theta)への変換から得られる角度thetaを返します。
atan2(double, double) - クラスjava.lang.StrictMathのstaticメソッド
直交座標(xy)から極座標(r, theta)への変換から得られる角度thetaを返します。
atDate(LocalDate) - クラスjava.time.LocalTimeのメソッド
この時間と日付を組み合せてLocalDateTimeを作成します。
atDate(LocalDate) - クラスjava.time.OffsetTimeのメソッド
この時間と日付を組み合せてOffsetDateTimeを作成します。
atDay(int) - クラスjava.time.Yearのメソッド
この年と「年の日」を組み合せてLocalDateを作成します。
atDay(int) - クラスjava.time.YearMonthのメソッド
この年-月と「月の日」を組み合せてLocalDateを作成します。
atEndOfMonth() - クラスjava.time.YearMonthのメソッド
月末日のLocalDateを返します。
atMonth(Month) - クラスjava.time.Yearのメソッド
この年と月を組み合せてYearMonthを作成します。
atMonth(int) - クラスjava.time.Yearのメソッド
この年と月を組み合せてYearMonthを作成します。
atMonthDay(MonthDay) - クラスjava.time.Yearのメソッド
この年と月-日を組み合せてLocalDateを作成します。
atOffset(ZoneOffset) - クラスjava.time.Instantのメソッド
このインスタントとオフセットを組み合せてOffsetDateTimeを作成します。
atOffset(ZoneOffset) - クラスjava.time.LocalDateTimeのメソッド
この日付/時間とオフセットを組み合せてOffsetDateTimeを作成します。
atOffset(ZoneOffset) - クラスjava.time.LocalTimeのメソッド
この時間をオフセットと組み合せてOffsetTimeを作成します。
AtomicBoolean - java.util.concurrent.atomicのクラス
原子的な更新が可能なboolean値です。
AtomicBoolean(boolean) - クラスjava.util.concurrent.atomic.AtomicBooleanのコンストラクタ
指定された初期値を使って、新しいAtomicBooleanを作成します。
AtomicBoolean() - クラスjava.util.concurrent.atomic.AtomicBooleanのコンストラクタ
初期値falseを使って、新しいAtomicBooleanを作成します。
AtomicInteger - java.util.concurrent.atomicのクラス
原子的な更新が可能なint値です。
AtomicInteger(int) - クラスjava.util.concurrent.atomic.AtomicIntegerのコンストラクタ
指定された初期パラメータを使って、新しいAtomicIntegerを作成します。
AtomicInteger() - クラスjava.util.concurrent.atomic.AtomicIntegerのコンストラクタ
初期値0を使って、新しいAtomicIntegerを作成します。
AtomicIntegerArray - java.util.concurrent.atomicのクラス
要素の原子的な更新が可能なint配列です。
AtomicIntegerArray(int) - クラスjava.util.concurrent.atomic.AtomicIntegerArrayのコンストラクタ
指定された長さの新しいAtomicIntegerArrayを作成し、すべての要素はゼロに初期化されます。
AtomicIntegerArray(int[]) - クラスjava.util.concurrent.atomic.AtomicIntegerArrayのコンストラクタ
指定された配列と同じ長さのAtomicIntegerArrayを新しく作成します。すべての要素は、指定された配列からコピーされます。
AtomicIntegerFieldUpdater<T> - java.util.concurrent.atomicのクラス
指定されたクラスの指定されたvolatile intフィールドの原子更新が可能な、リフレクション・ベースのユーティリティです。
AtomicIntegerFieldUpdater() - クラスjava.util.concurrent.atomic.AtomicIntegerFieldUpdaterのコンストラクタ
サブクラスにより使用される、何も行わないprotectedコンストラクタ。
AtomicLong - java.util.concurrent.atomicのクラス
原子的な更新が可能なlong値です。
AtomicLong(long) - クラスjava.util.concurrent.atomic.AtomicLongのコンストラクタ
指定された初期パラメータを使って、新しいAtomicLongを作成します。
AtomicLong() - クラスjava.util.concurrent.atomic.AtomicLongのコンストラクタ
初期値0を使って、新しいAtomicLongを作成します。
AtomicLongArray - java.util.concurrent.atomicのクラス
要素の原子的な更新が可能なlong配列です。
AtomicLongArray(int) - クラスjava.util.concurrent.atomic.AtomicLongArrayのコンストラクタ
指定された長さの新しいAtomicLongArrayを作成し、すべての要素はゼロに初期化されます。
AtomicLongArray(long[]) - クラスjava.util.concurrent.atomic.AtomicLongArrayのコンストラクタ
指定された配列と同じ長さのAtomicLongArrayを新しく作成します。すべての要素は、指定された配列からコピーされます。
AtomicLongFieldUpdater<T> - java.util.concurrent.atomicのクラス
指定されたクラスの指定されたvolatile longフィールドの原子更新が可能な、リフレクション・ベースのユーティリティです。
AtomicLongFieldUpdater() - クラスjava.util.concurrent.atomic.AtomicLongFieldUpdaterのコンストラクタ
サブクラスにより使用される、何も行わないprotectedコンストラクタ。
AtomicMarkableReference<V> - java.util.concurrent.atomic内のクラス
AtomicMarkableReferenceは、原子的に更新可能なマーク・ビットとともに、オブジェクト参照を管理します。
AtomicMarkableReference(V, boolean) - クラスjava.util.concurrent.atomic.AtomicMarkableReferenceのコンストラクタ
指定された初期値を使って、新しいAtomicMarkableReferenceを作成します。
AtomicMoveNotSupportedException - java.nio.fileの例外
原子的なファイル・システム操作としてファイルを移動できない場合にスローされるチェック例外です。
AtomicMoveNotSupportedException(String, String, String) - 例外java.nio.file.AtomicMoveNotSupportedExceptionのコンストラクタ
このクラスのインスタンスを構築します。
AtomicReference<V> - java.util.concurrent.atomic内のクラス
原子的な更新が可能なオブジェクト参照です。
AtomicReference(V) - クラスjava.util.concurrent.atomic.AtomicReferenceのコンストラクタ
指定された初期パラメータを使って、新しいAtomicReferenceを作成します。
AtomicReference() - クラスjava.util.concurrent.atomic.AtomicReferenceのコンストラクタ
初期値nullを使って、新しいAtomicReferenceを作成します。
AtomicReferenceArray<E> - java.util.concurrent.atomicのクラス
要素を原子的に更新可能なオブジェクト参照の配列です。
AtomicReferenceArray(int) - クラスjava.util.concurrent.atomic.AtomicReferenceArrayのコンストラクタ
指定された長さの新しいAtomicReferenceArrayを作成し、すべての要素はゼロに初期化されます。
AtomicReferenceArray(E[]) - クラスjava.util.concurrent.atomic.AtomicReferenceArrayのコンストラクタ
指定された配列と同じ長さのAtomicReferenceArrayを新しく作成します。すべての要素は、指定された配列からコピーされます。
AtomicReferenceFieldUpdater<T,V> - java.util.concurrent.atomicのクラス
指定されたクラスの指定されたvolatile参照フィールドの原子更新が可能な、リフレクション・ベースのユーティリティです。
AtomicReferenceFieldUpdater() - クラスjava.util.concurrent.atomic.AtomicReferenceFieldUpdaterのコンストラクタ
サブクラスにより使用される、何も行わないprotectedコンストラクタ。
AtomicStampedReference<V> - java.util.concurrent.atomic内のクラス
AtomicStampedReferenceは、原子的に更新可能な整数「スタンプ」とともに、オブジェクト参照を管理します。
AtomicStampedReference(V, int) - クラスjava.util.concurrent.atomic.AtomicStampedReferenceのコンストラクタ
指定された初期値を使って、新しいAtomicStampedReferenceを作成します。
atStartOfDay() - クラスjava.time.LocalDateのメソッド
この日付を深夜零時と組み合せて、この日付の開始時のLocalDateTimeを作成します。
atStartOfDay(ZoneId) - クラスjava.time.LocalDateのメソッド
タイムゾーンのルールに従って、この日付のもっとも早い有効な時間からゾーン付き日付/時間を返します。
attach(Object) - クラスjava.nio.channels.SelectionKeyのメソッド
このキーに指定されたオブジェクトを添付します。
attachment() - クラスjava.nio.channels.SelectionKeyのメソッド
現在の添付オブジェクトを取得します。
AttachmentMarshaller - javax.xml.bind.attachmentのクラス
JAXB整列化プロセスがバイナリ・データのストレージを最適化できるようにします。
AttachmentMarshaller() - クラスjavax.xml.bind.attachment.AttachmentMarshallerのコンストラクタ
 
AttachmentPart - javax.xml.soapのクラス
SOAPMessageオブジェクトへの個々の添付です。
AttachmentPart() - クラスjavax.xml.soap.AttachmentPartのコンストラクタ
 
AttachmentUnmarshaller - javax.xml.bind.attachmentのクラス
最適化されたバイナリ・データ形式を含むルート文書のJAXB非整列化を可能にします。
AttachmentUnmarshaller() - クラスjavax.xml.bind.attachment.AttachmentUnmarshallerのコンストラクタ
 
ATTEMPTED - クラスjavax.print.attribute.standard.PDLOverrideSupportedのstatic変数
ドキュメントの印刷データに組み込まれた命令を外部ジョブ属性値でオーバーライドしますが、この動作は保証されません。
attemptMark(V, boolean) - クラスjava.util.concurrent.atomic.AtomicMarkableReferenceのメソッド
「現在の参照==予想される参照」である場合は、マークの値を指定された更新値に原子的に設定します。
attemptStamp(V, int) - クラスjava.util.concurrent.atomic.AtomicStampedReferenceのメソッド
「現在の参照==予想される参照」である場合は、スタンプの値を指定された更新値に原子的に設定します。
atTime(LocalTime) - インタフェースjava.time.chrono.ChronoLocalDateのメソッド
この日付を時間と組み合せてChronoLocalDateTimeを作成します。
atTime(LocalTime) - クラスjava.time.chrono.HijrahDateのメソッド
 
atTime(LocalTime) - クラスjava.time.chrono.JapaneseDateのメソッド
 
atTime(LocalTime) - クラスjava.time.chrono.MinguoDateのメソッド
 
atTime(LocalTime) - クラスjava.time.chrono.ThaiBuddhistDateのメソッド
 
atTime(LocalTime) - クラスjava.time.LocalDateのメソッド
この日付を時間と組み合せてLocalDateTimeを作成します。
atTime(int, int) - クラスjava.time.LocalDateのメソッド
この日付を時間と組み合せてLocalDateTimeを作成します。
atTime(int, int, int) - クラスjava.time.LocalDateのメソッド
この日付を時間と組み合せてLocalDateTimeを作成します。
atTime(int, int, int, int) - クラスjava.time.LocalDateのメソッド
この日付を時間と組み合せてLocalDateTimeを作成します。
atTime(OffsetTime) - クラスjava.time.LocalDateのメソッド
この日付とオフセット時間を組み合せてOffsetDateTimeを作成します。
attr(String) - クラスjavax.management.Queryのstaticメソッド
新しい属性式を返します。
attr(String, String) - クラスjavax.management.Queryのstaticメソッド
新しい修飾属性式を返します。
Attr - org.w3c.domのインタフェース
Attrインタフェースは、Elementオブジェクトの1つの属性を表現します。
Attribute(String) - クラスjava.text.AttributedCharacterIterator.Attributeのコンストラクタ
指定された名前でAttributeを構築します。
Attribute - javax.managementのクラス
名前と値を関連付けることにより、MBean属性を表現します。
Attribute(String, Object) - クラスjavax.management.Attributeのコンストラクタ
指定された属性名と属性値を関連付けるAttributeオブジェクトを構築します。
Attribute - javax.naming.directoryのインタフェース
このインタフェースは指定したオブジェクトに関連付けられている属性を表します。
Attribute - javax.print.attributeのインタフェース
Attributeインタフェースは、クラスが印刷属性を表すことを示すために、任意およびすべての印刷属性クラスによって実装される基本インタフェースです。
Attribute - javax.xml.stream.eventsのインタフェース
属性に関する情報を含むインタフェースです。
ATTRIBUTE - インタフェースjavax.xml.stream.XMLStreamConstantsのstatic変数
イベントが属性であることを示します。
attribute(QName, String) - クラスjavax.xml.ws.wsaddressing.W3CEndpointReferenceBuilderのメソッド
拡張属性をW3CEndpointReferenceインスタンスのwsa:EndpointReference要素に追加します。
ATTRIBUTE_CHANGE - クラスjavax.management.AttributeChangeNotificationのstatic変数
監視対象のMBean属性値が変更されたことを示す通知型です。
ATTRIBUTE_NODE - インタフェースorg.w3c.dom.Nodeのstatic変数
ノードはAttrです。
ATTRIBUTE_RUN - インタフェースjavax.accessibility.AccessibleExtendedTextのstatic変数
取得すべきテキストの一部が、同じテキスト属性を持つ連続したテキストであることを示すのに使用する定数です。
AttributeChangeNotification - javax.managementのクラス
MBeanによって送信される属性変更通知を定義します。
AttributeChangeNotification(Object, long, long, String, String, String, Object, Object) - クラスjavax.management.AttributeChangeNotificationのコンストラクタ
属性変更通知オブジェクトを構築します。
AttributeChangeNotificationFilter - javax.managementのクラス
このクラスは、attribute change notificationNotificationFilterインタフェースを実装します。
AttributeChangeNotificationFilter() - クラスjavax.management.AttributeChangeNotificationFilterのコンストラクタ
 
AttributedCharacterIterator - java.textのインタフェース
AttributedCharacterIteratorは、テキストとそのテキストに関連する属性情報を、どちらも反復処理できるようにします。
AttributedCharacterIterator.Attribute - java.textのクラス
テキスト属性の識別に使用する属性キーを定義します。
attributeDecl(String, String, String, String, String) - インタフェースorg.xml.sax.ext.DeclHandlerのメソッド
属性型宣言を報告します。
attributeDecl(String, String, String, String, String) - クラスorg.xml.sax.ext.DefaultHandler2のメソッド
 
AttributedString - java.textのクラス
テキストとそのテキストに関連する属性情報を保持します。
AttributedString(String) - クラスjava.text.AttributedStringのコンストラクタ
指定されたテキストを持つAttributedStringインスタンスを構築します。
AttributedString(String, Map<? extends AttributedCharacterIterator.Attribute,?>) - クラスjava.text.AttributedStringのコンストラクタ
指定されたテキストと属性を持つAttributedStringインスタンスを構築します。
AttributedString(AttributedCharacterIterator) - クラスjava.text.AttributedStringのコンストラクタ
指定されたAttributedCharacterIteratorが表現する属性付きテキストを持つ、AttributedStringインスタンスを構築します。
AttributedString(AttributedCharacterIterator, int, int) - クラスjava.text.AttributedStringのコンストラクタ
指定されたAttributedCharacterIteratorが表現する属性付きテキストの部分範囲を持つAttributedStringインスタンスを構築します。
AttributedString(AttributedCharacterIterator, int, int, AttributedCharacterIterator.Attribute[]) - クラスjava.text.AttributedStringのコンストラクタ
指定されたAttributedCharacterIteratorが表現する属性付きテキストの部分範囲を持つAttributedStringインスタンスを構築します。
AttributeException - javax.printのインタフェース
AttributeExceptionインタフェースはmixinインタフェースで、PrintExceptionのサブクラスはこのインタフェースを実装して、特定のPrint Serviceインスタンスがサポートしない1つまたは複数の印刷属性に関係するエラー条件を報告できます。
AttributeInUseException - javax.naming.directoryの例外
この例外は、すでに存在する属性を追加しようとするとスローされます。
AttributeInUseException(String) - 例外javax.naming.directory.AttributeInUseExceptionのコンストラクタ
説明を使用して、AttributeInUseExceptionの新しいインスタンスを構築します。
AttributeInUseException() - 例外javax.naming.directory.AttributeInUseExceptionのコンストラクタ
AttributeInUseExceptionの新しいインスタンスを構築します。
AttributeList - javax.managementのクラス
MBeanの属性の値のリストを表します。
AttributeList() - クラスjavax.management.AttributeListのコンストラクタ
空のAttributeListを構築します。
AttributeList(int) - クラスjavax.management.AttributeListのコンストラクタ
指定された初期容量で空のAttributeListを作成します。
AttributeList(AttributeList) - クラスjavax.management.AttributeListのコンストラクタ
指定されたAttributeListの要素を、AttributeListのイテレータによって返される順に格納するAttributeListを構築します。