ナビゲーション・リンクをスキップ
Java(tm) Platform
Standard Edition 8

Java(tm) Platform, Standard Edition 8
API仕様

このドキュメントはJava(tm) Platform, Standard EditionのAPI仕様です。

参照: 説明

プロファイル

パッケージ 
パッケージ 説明
java.applet
アプレットを作成するために必要なクラス、およびアプレットがそのアプレット・コンテキストとのやり取りに使用するクラスを提供します。
java.awt
ユーザー・インタフェースの作成およびグラフィックスとイメージのペイント用のすべてのクラスを含みます。
java.awt.color
カラー・スペースのクラスを提供します。
java.awt.datatransfer
アプリケーション間またはアプリケーション内のデータ転送のためのインタフェースとクラスを提供します。
java.awt.dnd
ドラッグ&ドロップ操作は、多くのグラフィカル・ユーザー・インタフェース・システムで見られる直接的な操作ジェスチャで、GUIの表現要素に論理的に関連付けられた2つのエンティティ間で情報を変換するメカニズムを提供します。
java.awt.event
AWTコンポーネントによってトリガーされるさまざまな種類のイベントを処理するインタフェースとクラスを提供します。
java.awt.font
フォント関連のクラスおよびインタフェースを提供します。
java.awt.geom
2次元幾何学的図形に関連するオブジェクトで処理を定義および実行するJava 2Dクラスを提供します。
java.awt.im
インプット・メソッド・フレームワークのためのクラスおよびインタフェースを提供します。
java.awt.im.spi
あらゆるJava実行時環境で使用できるインプット・メソッドの開発を可能にするインタフェースを提供します。
java.awt.image
イメージを作成および修正するためのクラスを提供します。
java.awt.image.renderable
レンダリングに依存しないイメージを作成するためのクラスおよびインタフェースを提供します。
java.awt.print
このパッケージは、汎用印刷APIで使用するクラスおよびインタフェースを提供します。
java.beans
Bean (JavaBeans(tm)アーキテクチャに基づいたコンポーネント)の開発に関連したクラスが含まれています。
java.beans.beancontext
Beanコンテキストに関連するクラスおよびインタフェースを提供します。
java.io
データ・ストリーム、直列化、およびファイル・システム経由でのシステム入出力用に提供されています。
java.lang
Javaプログラミング言語を設計するための基本的なクラスを提供します。
java.lang.annotation
Javaプログラミング言語の注釈機能のライブラリ・サポートを提供します。
java.lang.instrument
Javaプログラミング言語エージェントによりJVMで実行中のプログラムを計測するサービスを提供します。
java.lang.invoke
java.lang.invokeパッケージには、Javaコア・クラス・ライブラリおよび仮想マシンによって直接提供される動的言語サポートが含まれています。
java.lang.management
Java実行時にJava仮想マシンおよびほかのコンポーネントを監視および管理するための管理インタフェースを提供します。
java.lang.ref
参照オブジェクト・クラスを提供し、限定されたレベルでのガベージ・コレクタとの対話を可能にします。
java.lang.reflect
クラスとオブジェクトに関するリフレクト情報を取得するための、クラスとインタフェースを提供します。
java.math
任意精度の整数演算(BigInteger)および任意精度の小数演算(BigDecimal)を行うためのクラスを提供します。
java.net
ネットワーク・アプリケーションを実装するためのクラスを提供します。
java.nio
データのコンテナであるバッファについて定義し、その他のNIOパッケージの概要情報を提供します。
java.nio.channels
入出力操作を実行できるエンティティ(ファイル、ソケットなど)への接続を表すチャネルや、多重化された非ブロック入出力操作用のセレクタを定義します。
java.nio.channels.spi
java.nio.channelsパッケージ用のサービス・プロバイダ・クラスです。
java.nio.charset
バイトとUnicode文字の間で変換するための、文字セット、デコーダ、およびエンコーダを定義します。
java.nio.charset.spi
java.nio.charsetパッケージ用のサービス・プロバイダ・クラスです。
java.nio.file
ファイル、ファイル属性、およびファイル・システムにアクセスするためのJava仮想マシン用のインタフェースとクラスを定義します。
java.nio.file.attribute
ファイルおよびファイル・システム属性へのアクセスを提供するインタフェースとクラスです。
java.nio.file.spi
java.nio.fileパッケージ用のサービス・プロバイダ・クラスです。
java.rmi
RMIパッケージを提供します。
java.rmi.activation
RMIオブジェクト起動のサポートを提供します。
java.rmi.dgc
RMI分散ガベージ・コレクション(DGC)に対するクラスとインタフェースを提供します。
java.rmi.registry
RMIレジストリ用として1つのクラスと2つのインタフェースを提供します。
java.rmi.server
サーバー側のRMIをサポートするクラスとインタフェースを提供します。
java.security
セキュリティ・フレームワークのクラスとインタフェースを提供します。
java.security.acl
このパッケージのクラスとインタフェースは、java.securityパッケージのクラスで置き換えられています。
java.security.cert
証明書、証明書失効リスト(CRL)、証明書パスを解析および管理するためのクラスとインタフェースを提供します。
java.security.interfaces
RSA Laboratory Technical Note PKCS#1で定義されているRSA (Rivest, Shamir and Adleman AsymmetricCipher algorithm)鍵と、NISTのFIPS-186で定義されているDSA (Digital Signature Algorithm)鍵を生成するためのインタフェースを提供します。
java.security.spec
鍵仕様およびアルゴリズム・パラメータ仕様のクラスおよびインタフェースを提供します。
java.sql
JavaTMプログラミング言語を使用してデータ・ソース(通常はリレーショナル・データベース)に格納されたデータにアクセスして処理するためのAPIを提供します。
java.text
テキスト、日付、数値、およびメッセージを自然言語に依存しない方法で処理するためのクラスとインタフェースを提供します。
java.text.spi
java.textパッケージに含まれているクラスのサービス・プロバイダ・クラスです。
java.time
日付、時間、インスタント、デュレーションのメインAPI。
java.time.chrono
デフォルトのISO暦以外の暦体系の汎用API。
java.time.format
日付と時間を出力し、解析するクラスを提供します。
java.time.temporal
フィールドと単位を使用した日付および時間へのアクセス、および日付/時間アジャスタ。
java.time.zone
タイムゾーンおよびそのルールのサポート。
java.util
このパッケージには、コレクション・フレームワーク、レガシー・コレクション・クラス、イベント・モデル、日時機能、国際化、およびさまざまなユーティリティ・クラス(StringTokenizer、乱数ジェネレータ、およびビット配列)が含まれています。
java.util.concurrent
並行プログラミングでよく使用されるユーティリティ・クラスです。
java.util.concurrent.atomic
単一の変数に対するロックフリーでスレッド・セーフなプログラミングをサポートするクラスの小規模なツールキットです。
java.util.concurrent.locks
組込みの同期および監視から区別された状態をロックおよび待機するためのフレームワークを提供するインタフェースおよびクラスです。
java.util.function
関数型インタフェースは、ラムダ式やメソッド参照のターゲットとなる型を提供します。
java.util.jar
JAR (Java ARchive)ファイル形式の読み込みと書込みに使うクラスを提供します。JARは、オプションのマニフェスト・ファイルを付随させることのできる、標準的なZIPに基づくファイル形式です。
java.util.logging
JavaTM 2プラットフォームのコア・ロギング機能のクラスとインタフェースを提供します。
java.util.prefs
このパッケージを使用して、アプリケーションからユーザーおよびシステムの設定データと構成データを格納および取得できます。
java.util.regex
正規表現で指定されたパターンに対して文字シーケンスをマッチングするためのクラスです。
java.util.spi
java.utilパッケージに含まれているクラスのサービス・プロバイダ・クラスです。
java.util.stream
コレクションに対するマップ-リデュース変換など、要素のストリームに対する関数型の操作をサポートするクラスです。
java.util.zip
標準のZIPおよびGZIPファイル形式の読み込みおよび書込み用クラスを提供します。
javax.accessibility
ユーザー・インタフェース・コンポーネントとそれらのコンポーネントへのアクセスを提供するユーザー補助テクノロジの間の規約を定義します。
javax.activation  
javax.activity
非整列化中にORB機構によってスローされるActivityサービス関連の例外が含まれています。
javax.annotation  
javax.annotation.processing
注釈プロセッサを宣言し、注釈プロセッサが注釈処理ツール環境とやり取りできるようにするための機能。
javax.crypto
暗号化操作のクラスとインタフェースを提供します。
javax.crypto.interfaces
RSA LaboratoriesのPKCS#3で定義されているDiffie-Hellman鍵のインタフェースを提供します。
javax.crypto.spec
鍵仕様およびアルゴリズム・パラメータ仕様のクラスおよびインタフェースを提供します。
javax.imageio
Java Image I/O APIの基本パッケージです。
javax.imageio.event
イメージの読み込みおよび書込み時にイベントの同期通知を処理するJavaイメージ入出力APIのパッケージです。
javax.imageio.metadata
メタデータの読み込みおよび書込みを処理するJavaイメージ入出力APIのパッケージです。
javax.imageio.plugins.bmp
組み込みBMPプラグインにより使用されるpublicクラスを含むパッケージです。
javax.imageio.plugins.jpeg
組み込みJPEGプラグインをサポートするクラスです。
javax.imageio.spi
リーダー、ライター、変換機能、およびストリーム用のプラグイン・インタフェースと、ランタイム・レジストリを含むJavaイメージ入出力APIのパッケージです。
javax.imageio.stream
ファイルとストリームからの低レベル入出力を処理する、Javaイメージ入出力APIのパッケージです。
javax.jws  
javax.jws.soap  
javax.lang.model
Javaプログラミング言語をモデル化するために使用されるパッケージのクラスと階層です。
javax.lang.model.element
Javaプログラミング言語の要素をモデル化するために使用されるインタフェースです。
javax.lang.model.type
Javaプログラミング言語の型をモデル化するために使用されるインタフェースです。
javax.lang.model.util
プログラム要素の処理を支援するユーティリティです。
javax.management
Java Management Extensionsのコア・クラスを提供します。
javax.management.loading
高度な動的ロード機能を実装するクラスを提供します。
javax.management.modelmbean
ModelMBeanクラスの定義を提供します。
javax.management.monitor
モニター・クラスの定義を提供します。
javax.management.openmbean
公開データ型とOpen MBean記述子クラスを提供します。
javax.management.relation
関係サービスの定義を提供します。
javax.management.remote
JMX MBeanサーバーにリモート・アクセスするためのインタフェースです。
javax.management.remote.rmi
RMIコネクタは、RMIを使ってクライアント要求をリモートMBeanサーバーへ転送する、JMXリモートAPI用のコネクタです。
javax.management.timer
Timer MBeanの定義を提供します。
javax.naming
ネーム・サービスにアクセスするためのクラスおよびインタフェースを提供します。
javax.naming.directory
javax.namingパッケージを拡張して、ディレクトリ・サービスにアクセスする機能を提供します。
javax.naming.event
ネーミングおよびディレクトリ・サービスにアクセスする場合、イベント通知のサポートを提供します。
javax.naming.ldap
LDAPv3の拡張操作とコントロールのサポートを提供します。
javax.naming.spi  
javax.net
ネットワーク・アプリケーションのためのクラスを提供します。
javax.net.ssl
セキュア・ソケット・パッケージのクラスを提供します。
javax.print
JavaTM印刷サービスAPIの主体クラスとインタフェースを提供します。
javax.print.attribute
JavaTM印刷サービスの属性の型とそれらが属性セットに収集される方法を記述するクラスとインスタンスを提供します。
javax.print.attribute.standard
パッケージjavax.print.attribute.standardには、特定の印刷属性のクラスが含まれています。
javax.print.event
パッケージjavax.print.eventには、イベント・クラスとリスナー・インタフェースが含まれています。
javax.rmi
RMI-IIOPのユーザーAPIを含みます。
javax.rmi.CORBA
RMI-IIOP用の移植可能なAPIを含みます。
javax.rmi.ssl
Secure Sockets Layer (SSL)またはTransport Layer Security (TLS)プロトコルを介したRMIClientSocketFactoryおよびRMIServerSocketFactoryの実装を提供します。
javax.script
スクリプトAPIは、Java TMスクリプト・エンジンを定義するインタフェースとクラスで構成され、それらをJavaアプリケーションで使用するためのフレームワークを提供します。
javax.security.auth
このパッケージは、認証と承認に関するフレームワークを提供します。
javax.security.auth.callback
このパッケージは、情報(ユーザー名やパスワードなどの認証データ)の取得や情報(エラーおよび警告メッセージなど)の表示のためにサービスがアプリケーションとやり取りするために必要なクラスを提供します。
javax.security.auth.kerberos
このパッケージには、Kerberosネットワーク認証プロトコルに関連するユーティリティ・クラスが含まれています。
javax.security.auth.login
このパッケージは、プラグイン可能な認証フレームワークを提供します。
javax.security.auth.spi
このパッケージは、プラグイン可能な認証モジュールの実装に使用されるインタフェースを提供します。
javax.security.auth.x500
このパッケージには、サブジェクトのX500プリンシパルおよびX500非公開資格の格納に使用するべきクラスが含まれています。
javax.security.cert
公開鍵証明書用のクラスを提供します。
javax.security.sasl
SASLをサポートするためのクラスとインタフェースを含みます。
javax.sound.midi
MIDI (Musical Instrument Digital Interface)データの入出力、シーケンシング、および合成のためのインタフェースおよびクラスを提供します。
javax.sound.midi.spi
新しいMIDIデバイス、MIDIファイル・リーダーおよびライター、またはサウンドバンク・リーダーを提供するときに、サービス・プロバイダが実装するインタフェースを提供します。
javax.sound.sampled
サンプリングされたオーディオ・データを取り込み、処理、および再生するためのインタフェースおよびクラスを提供します。
javax.sound.sampled.spi
新しいオーディオ・デバイス、ソース・ファイルのリーダーやライター、またはオーディオ形式コンバータを提供するときに、サービス・プロバイダがサブクラス化する抽象クラスを提供します。
javax.sql
JavaTMプログラミング言語からサーバー側データ・ソースにアクセスして処理するためのAPIを提供します。
javax.sql.rowset
JDBC RowSet実装用の標準インタフェースと基底クラスです。
javax.sql.rowset.serial
Javaプログラミング言語でのSQL型とデータ型の直列化可能マッピングを可能にするユーティリティ・クラスを提供します。
javax.sql.rowset.spi
サード・パーティ・ベンダーが同期プロバイダの実装で使用する必要がある標準クラスおよびインタフェースです。
javax.swing
すべてのプラットフォーム上で可能なかぎり同じように機能する「軽量」(Java共通言語)コンポーネントのセットを提供します。
javax.swing.border
Swingコンポーネントの周囲に各種ボーダーを描画するためのクラスおよびインタフェースを提供します。
javax.swing.colorchooser
JColorChooserコンポーネントによって使用されるクラスとインタフェースが含まれています。
javax.swing.event
Swingコンポーネントによってトリガーされるイベント用に提供されています。
javax.swing.filechooser
JFileChooserコンポーネントによって使用されるクラスとインタフェースが含まれています。
javax.swing.plaf
Swingがプラグイン可能なLook & Feel機能を提供するために使用する、1つのインタフェースおよび多くの抽象クラスを提供します。
javax.swing.plaf.basic
基本Look & Feelに従って構築されたユーザー・インタフェース・オブジェクトを提供します。
javax.swing.plaf.metal
デフォルトのLook & FeelであるJava Look & Feel (以前のコード名はMetal)に従って構築されたユーザー・インタフェース・オブジェクトを提供します。
javax.swing.plaf.multi
複数のLook & Feelを結合するユーザー・インタフェース・オブジェクトを提供します。
javax.swing.plaf.nimbus
クロス・プラットフォームNimbus Look & Feelに従って構築されたユーザー・インタフェース・オブジェクトを提供します。
javax.swing.plaf.synth
Synthは、すべてのペイントが委譲されるスキン設定可能なLook & Feelです。
javax.swing.table
javax.swing.JTableを処理するためのクラスとインタフェースを提供します。
javax.swing.text
編集可能なテキスト・コンポーネントと編集不能なテキスト・コンポーネントを処理するクラスとインタフェースを提供します。
javax.swing.text.html
HTMLテキスト・エディタを作成するためのクラスHTMLEditorKitとサポート・クラスを提供します。
javax.swing.text.html.parser
デフォルトのHTMLパーサーを、サポート・クラスとともに提供します。
javax.swing.text.rtf
Rich-Text-Formatテキスト・エディタを作成するためのクラス(RTFEditorKit)を提供します。
javax.swing.tree
javax.swing.JTreeを処理するためのクラスとインタフェースを提供します。
javax.swing.undo
開発者がテキスト・エディタなどのアプリケーションで、元に戻す/再実行の機能を提供できるようにします。
javax.tools
コンパイラなどのプログラムから呼び出せるツールのインタフェースを提供します。
javax.transaction
非整列化中にORB機構によってスローされた3つの例外が含まれています。
javax.transaction.xa
トランザクション・マネージャとリソース・マネージャとの間の規約を定義するAPIを提供し、トランザクション・マネージャがリソース・オブジェクト(リソース・マネージャ・ドライバから提供される)をJTAトランザクションに登録および登録解除できるようにします。
javax.xml  
javax.xml.bind
非整列化、整列化および検証機能を含む実行時バインディング・フレームワークをクライアント・アプリケーションに提供します。
javax.xml.bind.annotation
Javaプログラム要素からXML Schemaへのマッピングをカスタマイズするための注釈を定義します。
javax.xml.bind.annotation.adapters
XmlAdapterと仕様定義済みのこのサブクラスは、任意のJavaクラスをJAXBで使用できるようにします。
javax.xml.bind.attachment
このパッケージは、MIMEベース・パッケージ形式内の最適化されたバイナリ・データの解釈と作成を可能にする、MIMEベース・パッケージ・プロセッサによって実装されます。
javax.xml.bind.helpers
JAXBプロバイダのみが使用します。いくつかのjavax.xml.bindインタフェースの部分的なデフォルト実装を提供します。
javax.xml.bind.util
便利なクライアント・ユーティリティ・クラスです。
javax.xml.crypto
XML暗号化用の共通クラスです。
javax.xml.crypto.dom
javax.xml.cryptoパッケージのDOM固有のクラスです。
javax.xml.crypto.dsig
XMLデジタル署名の生成および検証用のクラスです。
javax.xml.crypto.dsig.dom
javax.xml.crypto.dsigパッケージのDOM固有のクラスです。
javax.xml.crypto.dsig.keyinfo
KeyInfoの要素や構造体の解析や処理を行うためのクラスです。
javax.xml.crypto.dsig.spec
XMLデジタル署名用のパラメータ・クラスです。
javax.xml.datatype
XML/Javaの型マッピングです。
javax.xml.namespace
XML名前空間を処理します。
javax.xml.parsers
XMLドキュメントの処理を可能にするクラスを提供します。
javax.xml.soap
SOAPメッセージを作成および構築するためのAPIを提供します。
javax.xml.stream  
javax.xml.stream.events  
javax.xml.stream.util  
javax.xml.transform
このパッケージは、変換命令の処理、およびソースから結果への変換を実行するためのジェネリックAPIを定義します。
javax.xml.transform.dom
このパッケージはDOM固有の変換APIを実装します。
javax.xml.transform.sax
このパッケージはSAX2固有の変換APIを実装します。
javax.xml.transform.stax
StAX固有の変換APIを提供します。
javax.xml.transform.stream
このパッケージは、ストリームおよびURI固有の変換APIを実装します。
javax.xml.validation
このパッケージは、XMLドキュメントの検証するためのAPIを提供します。
javax.xml.ws
このパッケージは、コアJAX-WS APIを含みます。
javax.xml.ws.handler
このパッケージは、メッセージ・ハンドラ用のAPIを定義しています。
javax.xml.ws.handler.soap
このパッケージは、SOAPメッセージ・ハンドラ用のAPIを定義しています。
javax.xml.ws.http
このパッケージは、HTTPバインディングに固有のAPIを定義しています。
javax.xml.ws.soap
このパッケージは、SOAPバインディングに固有のAPIを定義しています。
javax.xml.ws.spi
このパッケージは、JAX-WSのSPIを定義します。
javax.xml.ws.spi.http
コンテナ内のJAX-WS Webサービスの移植性のある配備に使用されるHTTP SPIを提供します。
javax.xml.ws.wsaddressing
このパッケージは、WS-Addressingに関連するAPIを定義します。
javax.xml.xpath
このパッケージは、XPath式の評価と評価環境へのアクセスに使用する、オブジェクト・モデルに依存しない APIを提供します。
org.ietf.jgss
このパッケージは、Kerberosなどのさまざまな配下のセキュリティ・メカニズムの統合されたAPIを使用して、認証、データの整合性、データの機密性などのセキュリティ・サービスをアプリケーション開発者が利用できるフレームワークを提供します。
org.omg.CORBA
OMG CORBA APIからJavaTMプログラミング言語(ORBクラスを含む)へのマッピングを提供します(プログラマがフル機能のObject Request Broker (ORB)として使用できるように実装されます)。
org.omg.CORBA_2_3
CORBA_2_3パッケージは、Java(TM) Standard Edition 6の既存のCORBAインタフェースへの追加を定義します。  この変更は、OMGによって定義されたCORBA APIへの最近の改訂によるものです。 CORBAパッケージの対応するインタフェースから派生したインタフェースに、新しいメソッドが追加されました。  これによって下位互換が提供され、JCKテストの中断を避けることができます。
org.omg.CORBA_2_3.portable
値型の入力および出力用のメソッドを提供し、またorg/omg/CORBA/portableパッケージへのその他の更新を含みます。
org.omg.CORBA.DynAnyPackage
DynAnyインタフェースで使用される例外(InvalidValueInvalidInvalidSeq、およびTypeMismatch)を提供します。
org.omg.CORBA.ORBPackage
ORB.resolve_initial_referencesメソッドによってスローされるInvalidName例外、およびORBクラスの動的Any作成メソッドによってスローされるInconsistentTypeCode例外を提供します。
org.omg.CORBA.portable
ポータビリティ・レイヤー、つまり、あるベンダーによって生成されたコードがほかのベンダーのORBで動作できるようにする一連のORB APIを提供します。
org.omg.CORBA.TypeCodePackage
TypeCodeクラスのメソッドによってスローされる、ユーザー定義の例外BadKindおよびBoundsを提供します。
org.omg.CosNaming
Java IDLのネーム・サービスを提供します。
org.omg.CosNaming.NamingContextExtPackage
このパッケージには、org.omg.CosNaming.NamingContextExtで使用される次のクラスが格納されています。
org.omg.CosNaming.NamingContextPackage
このパッケージには、org.omg.CosNamingパッケージの例外クラスが格納されています。
org.omg.Dynamic
このパッケージには、OMGのポータブル・インタセプタ仕様(http://cgi.omg.org/cgi-bin/doc?ptc/2000-08-06)のセクション21.9に指定されたDynamicモジュールが含まれています。
org.omg.DynamicAny
実行時にanyに関連付けられたデータ値のトラバース、およびデータ値の基本的な構成要素の抽出を可能にするクラスとインタフェースを提供します。
org.omg.DynamicAny.DynAnyFactoryPackage
このパッケージには、OMGの『The Common Object Request Broker: Architecture and Specification』(http://cgi.omg.org/cgi-bin/doc?formal/99-10-07)のセクション9.2.2に指定されたDynamicAnyモジュールのDynAnyFactoryインタフェースのクラスと例外が含まれます。
org.omg.DynamicAny.DynAnyPackage
このパッケージには、OMGの『The Common Object Request Broker: Architecture and Specification』(http://cgi.omg.org/cgi-bin/doc?formal/99-10-07)のセクション9.2に指定されたDynamicAnyモジュールのDynAnyインタフェースのクラスと例外が含まれます。
org.omg.IOP
このパッケージには、OMGドキュメント『The Common Object Request Broker: Architecture and Specification』(http://cgi.omg.org/cgi-bin/doc?formal/99-10-07)のセクション13.6に指定されたIOPモジュールが含まれます。
org.omg.IOP.CodecFactoryPackage
このパッケージには、IOP::CodeFactoryインタフェースに指定されている例外が含まれています(Portable Interceptor仕様の一部として)。
org.omg.IOP.CodecPackage
このパッケージは、IOP::Codec IDLインタフェース定義から生成されます。
org.omg.Messaging
このパッケージには、OMGのCORBA Messaging仕様のMessagingモジュールが含まれています(http://cgi.omg.org/cgi-bin/doc?formal/99-10-07)。
org.omg.PortableInterceptor
ORBサービスがORBの通常の実行フローを遮断できるようにするためのORBフックを登録するメカニズムを提供します。
org.omg.PortableInterceptor.ORBInitInfoPackage
このパッケージには、OMGのポータブル・インタセプタ仕様(http://cgi.omg.org/cgi-bin/doc?ptc/2000-08-06)のセクション21.7.2に指定されたPortableInterceptorモジュールのORBInitInfoローカル・インタフェースの例外とtypedefが含まれています。
org.omg.PortableServer
クラスとインタフェースを提供し、アプリケーションのサーバー側を複数ベンダー間ORBで移植できるようにします。
org.omg.PortableServer.CurrentPackage
メソッドの実装に対して、呼出し元のオブジェクトの識別情報へのアクセス権を付与します。
org.omg.PortableServer.POAManagerPackage
このパッケージが関連付けられているPOAの処理状態をカプセル化します。
org.omg.PortableServer.POAPackage
このパッケージを使用すると、プログラマは異なるORB製品間で移植可能なオブジェクト実装を作成できます。
org.omg.PortableServer.portable
クラスとインタフェースを提供し、アプリケーションのサーバー側を複数ベンダー間ORBで移植できるようにします。
org.omg.PortableServer.ServantLocatorPackage
サーバントを検索するためのクラスとインタフェースを提供します。
org.omg.SendingContext
値型の整列化をサポートします。
org.omg.stub.java.rmi
java.rmiパッケージで発生するリモート・タイプのRMI-IIOPスタブを格納します。
org.w3c.dom
Document Object Model (DOM)にインタフェースを提供します。
org.w3c.dom.bootstrap  
org.w3c.dom.events  
org.w3c.dom.ls  
org.w3c.dom.views  
org.xml.sax
このパッケージはコアSAX APIを提供します。
org.xml.sax.ext
このパッケージには、適合するSAXドライバでは必ずしもサポートされないSAX2機能のインタフェースが含まれます。
org.xml.sax.helpers
このパッケージは、SAXベースのアプリケーションをブートストラップするためのサポートを含む「ヘルパー」クラスを含みます。
このドキュメントはJava(tm) Platform, Standard EditionのAPI仕様です。
ナビゲーション・リンクをスキップ
Java(tm) Platform
Standard Edition 8

バグまたは機能を送信
詳細なAPIリファレンスおよび開発者ドキュメントについては、Java SEのドキュメントを参照してください。そのドキュメントには、概念的な概要、用語の定義、回避方法、有効なコード例などの、開発者を対象にしたより詳細な説明が含まれています。
Copyright © 1993, 2017, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. Use is subject to license terms. Documentation Redistribution Policyも参照してください。