セキュリティのトラブルシューティング

セキュリティ・アクセスをモニターする場合は、java.security.debugシステム・プロパティを設定できます。すべてのデバッグ・オプションのリストを表示するには、helpという設定値を使用します。

java -Djava.security.debug=help

注意:

次の表に、java.security.debugのオプションと各オプションの関連情報へのリンクを示します。

オプション 説明 関連情報
all すべてのデバッグを有効にします  
access

AccessController.checkPermissionメソッドの結果をすべて出力します。

accessオプションとともに、次のオプションを使用できます。

  1. stack: スタック・トレースを含む
  2. domain: コンテキスト内のすべてのドメインをダンプする
  3. failure: 例外をスローする前に、アクセス権を保持しないスタックおよびドメインをダンプする

stackおよびdomainオプションとともに、次のオプションを使用できます。

  1. permission=<classname>: 指定されたアクセス権がチェックされている場合にのみ、出力をダンプする
  2. codebase=<URL>: 指定されたコード・ベースがチェックされている場合にのみ、出力をダンプする
certpath PKIX CertPathValidatorおよびCertPathBuilder実装のデバッグを有効にします。OCSPプロトコルのトレースを行う場合は、ocspオプションをcertpathオプションとともに使用できます。OCSPリクエストおよびレスポンスのバイトの16進ダンプが表示されます。
combiner SubjectDomainCombinerのデバッグ
gssloginconfig Java GSS (Generic Security Services)ログイン構成ファイルのデバッグ
configfile JAAS (Java Authentication and Authorization Service)構成ファイルのロード
configparser JAAS構成ファイルの解析
jar JARファイルの検証
logincontext LoginContextの結果
policy ポリシー・ファイルによるアクセス権のロードと付与
provider セキュリティ・プロバイダのデバッグ
scl SecureClassLoaderが割り当てるアクセス権

Copyright © 1993, 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.