データのインポート

ディメンションをインポートしたら、データ・インポート・ファイルからアプリケーションにデータを移入できます。

注:

データのインポート時には、有効な交差を確認するための検証が交差に対して実行されず、すべての交差にデータがロードされます。無効な交差にロードされているデータを確認するには、データをインポートする前に「無効な交差」レポートを実行し、無効な交差を表示してクリアします。無効な交差レポートの操作を参照してください。

データをインポートするには:

  1. 「アプリケーション」「概要」の順にクリックします。
  2. 「アクション」「データのインポート」の順にクリックします。
  3. 「作成」をクリックします。
  4. データ・インポート・ファイルの場所を選択するには:

    注:

    有効なインポート・データのファイル形式は、.csv、.txt、.zipです。

  5. データ・インポート・ファイルの「ソース・タイプ」を選択するには:
    • Planning - Planningのデータ・ファイル形式でデータをロードする場合は、このソース・タイプを選択します。このオプションを選択した場合は、「カンマ区切り」「タブ区切り」「その他」のいずれかも選択してください。

      注:

      • Planningデータのロード中にインポート・エラーが発生した場合でも、有効なデータは引き続きインポートされます(部分ロード)。エラーがあったデータは、インポートまたはエクスポートのステータスになります。データ・インポートおよびエクスポートのステータスの表示を参照してください。

      • サポートされている区切り文字と例外のリストは、他のサポートされている区切り文字を参照してください。

      • データをPlanningフォーマットでファイルにエクスポートする場合、メモ帳を使用してファイル内のデータベース名(ASOCubeなど)を変更してから、データ・ファイルを集約ストレージ・アウトラインにインポートできます(すべてのディメンションが集約ストレージ・アウトラインに存在していれば)。

    • Essbase - Essbaseのデータ・ファイル形式でデータをロードする場合は、このソース・タイプを選択します。このオプションを選択した場合、キューブを選択する必要があります。

      「デリミタ」でEssbaseデータの区切り文字を指定します。オプションは「スペース」または「タブ」です。

      注:

      デフォルトでは、「エラー発生時に中止」が選択されています。このオプションが選択されていて、Essbaseデータのロード中にインポート・エラーが発生した場合、インポートは中断され、データはロードされません。このオプションが選択されていない場合は、エラーが発生してもデータのロードは継続されます。

  6. ソース・ファイルを入力または選択します。
    • 「ローカル」を選択した場合、「参照」をクリックし、ソース・ファイルに移動します。

    • 「受信ボックス」を選択した場合、「ソース・ファイル」にファイルの名前を入力します。

  7. オプション: 「メタデータを含む」をクリアして、データ・インポートのパフォーマンスを向上させ、メンバーがデータのインポート中にアウトラインの位置を変更できないようにします。このオプション設定に関係なく、アプリケーション・データをロードする前に、必要なメタデータがPlanningアプリケーションとEssbaseアウトラインにすでに存在する必要があります。
  8. 「ジョブとして保存」をクリックしてインポート操作を、後で実行をスケジュールできるジョブとして保存します。

    注:

    • 「ジョブとして保存」は、「受信ボックス」を選択した場合にのみ使用できます。

    • インポート操作をジョブとして保存すると、ロード・シーケンスをバッチ処理する場合に便利です。たとえば、メタデータをインポートし、次にデータをインポートして、データのロードが完了したらルールを実行する場合などです。ジョブの管理を参照してください。

    • 一度に最大5つのインポート・ジョブを実行できます。

    • データ・インポート・ジョブ中に拒否されたデータを確認する場合は、「ジョブとして保存」ダイアログで「エラー・ファイル」を指定できます。このファイルにより、インポートされなかったデータ・レコードに関する情報が提供されます。エラーのzipファイルを指定すると、zipファイルが送信ボックスに格納され、受信ボックス/送信ボックス・エクスプローラを使用してファイルをダウンロードできます。アプリケーションの受信ボックスと送信ボックスを使用したファイルのアップロードおよびダウンロードを参照してください。

  9. オプション: インポート・ファイルのフォーマットが正しいかどうかをテストするには、「検証」をクリックします。
  10. 「インポート」をクリックして、インポート操作を実行します。

注:

Planningには、インポート前にデータをクリアするインポート・オプションはありません。このため、インポートでは#MISSING値を持つ既存のデータ値は上書きされません。ただしインポート前にキューブのクリア・ジョブを実行することも、スクリプトまたはルールを使用するか、REST APIを使用してデータをクリアすることもできます:

  • 入力キューブおよびレポート・キューブ内の特定のPlanningデータをクリアできるキューブのクリア・ジョブを実行できます。キューブのクリアを参照してください。

  • 特定のデータ値をクリアするためのEssbaseのCLEARDATAコマンドを使用するビジネス・ルールを記述できます。 Oracle Analytics Cloud - Essbaseのテクニカル・リファレンスCLEARDATAを参照してください。

  • データ・スライスのクリアREST APIを使用して、指定した領域のPlanningEssbaseのデータをクリアできます。 Oracle Enterprise Performance Management CloudのREST APIデータ・スライスのクリアを参照してください。

注意:

データをエクスポートした後にアプリケーションでの評価順序を変更した場合、インポートで予期しない結果が生じることがあります。

データ・ロード入力ファイルの値が評価済ドライバ・メンバーのタイプと一致しない場合(ドライバ・メンバーの評価済タイプが"日付"で、対応する入力値が有効な日付形式でない場合など)ドライバ・メンバーのキャスト・エラーが発生します。ドライバ・メンバーのキャスト・エラーを参照してください。

表4-3 ビデオ

目標 視聴するビデオ
Planningへのデータのロードのハイライトを学習します。 ビデオ・アイコン 概要: Planning and Budgeting Cloudでのデータのロード

表4-4 チュートリアル

目標 方法の学習
複数通貨のビジネス・プロセスへの為替レートのインポートを含む、Planningでのデータのインポート方法とエクスポート方法について学習します。 チュートリアル・アイコン Planningでのデータのロード