FastConnect: Oracleとコロケート

このトピックは、FastConnectの場所でOracleとコロケートしているお客様を対象としています。様々な接続方法のサマリーは、接続モデルを参照してください。

Oracleパートナとの関係がある場合は、FastConnect: Oracleパートナの使用を参照してください。サードパーティ・プロバイダとの関係がある場合は、FastConnect: サードパーティ・プロバイダの使用を参照してください。

FastConnectに関する一般情報は、FastConnectを参照してください

ノートFastConnectコロケーションを使用して、異なるリージョン内の2つのVCNを、Oracleバックボーンではなく、そのリンクを使用してリージョン・トラフィックと接続

できます。これを実装するには、レイヤ2接続の場合でもレイヤ3デバイスが必要です。このユースケースの詳細は使用できませんが、Megaport Cloudルーターを使用したOracle Cloud InfrastructureのAmazon VPCへの接続またはEquinix Network Edge Cloudルーターを使用したOracle Cloud InfrastructureのGoogle Cloudプラットフォームへの接続に似ています。

FastConnectの開始

次のフロー・チャートは、FastConnectを設定するプロセス全体を示しています。

ノート

一般的に、このトピックでは、ルーターでリンク・アグリゲーション(LAG)がサポートされており、少なくとも1つのクロスコネクトを含むクロスコネクト・グループ(LAG)を設定することを想定しています。次の手順とスクリーンショットは、そのことを示しています。ただし、ルーターがリンク・アグリゲーションをサポートしていない場合は、かわりにクロスコネクト・グループを含まない単一の非LAGクロスコネクトを設定できます。このトピックの手順は、引き続き一般に適用されます。かわりに、単一のクロスコネクトでのみ機能し、クロスコネクト・グループ内の1つ以上のクロスコネクトでは機能しません。

このフロー・チャートは、FastConnectを開始するためのステップを示しています

タスク2: DRGの設定(プライベート・ピアリングのみ)
サマリー: プライベート仮想回線(プライベート・ピアリング)を使用する場合は、DRGが必要です。まだ実行していない場合は、Oracle Cloud InfrastructureConsoleを使用してDRGを設定し、それをVCNにアタッチして、DRGにトラフィックを送信するためのルート・ルールを含めるようにVCNのルーティングを更新します。ルート表の更新は忘れがちです。ルート・ルールがない場合、トラフィックは流れません。

手順:

タスク3: クロスコネクト・グループおよびクロスコネクトの設定

サマリー: コンソールに接続を作成します。これは、少なくとも1つのクロスコネクトを含むクロスコネクト・グループ(リンク・アグリゲーション(LAG)用)で構成されます。グループにさらにクロスコネクトが必要な場合は、後で追加できます。1つのグループには最大8つのクロスコネクトを設定できます。

ルーターがリンク・アグリゲーション(LAG)をサポートしていない場合に、クロスコネクト・グループを含まない単一の非LAGクロスコネクトを設定するオプションがあります。

手順:

  1. コンソールで、対象のコンパートメントを表示していることを確認します。不明な場合は、接続先のDRGを含むコンパートメント(プライベート仮想回線用)を使用してください。このコンパートメントと対応するIAMポリシーの選択によって、作成しようとしているクロスコネクト・グループおよび各クロスコネクトにアクセスできるユーザーが制御されます。
  2. ナビゲーション・メニューを開きます。「コア・インフラストラクチャ」で、「ネットワーキング」に移動し、「FastConnect」をクリックします。

    結果の「FastConnect」ページは、新しい接続を作成したり、接続とそのコンポーネントを管理する必要がある場合に後で戻ることができる「FastConnect」ページです。

  3. 「FastConnectの作成」をクリックします。
  4. 「Oracleとコロケート」を選択し、「次」をクリックします。

  5. 次の項目を入力します:

    • 名前: この接続を追跡するのに役立つわかりやすい名前。名前は後で変更できません。機密情報の入力は避けてください。クロスコネクト・グループ(LAG)を作成する場合、クロスコネクト・グループではこの名前が使用されます。このグループの各クロスコネクトでは、ハイフンと数字が追加された状態で使用されます(MyName-1、MyName-2など)。
    • コンパートメント: そのままにします(現在作業中のコンパートメント)。
    • クロスコネクト・タイプ:

      • ルーターがLAGをサポートしている場合は、「クロスコネクト・グループ」を選択します。少なくとも1つのクロスコネクトを含むクロスコネクト・グループ(LAG)を作成します。
      • ルーターがリンク・アグリゲーション(LAG)をサポートしていない場合は、「単一クロスコネクト」を選択します。クロスコネクト・グループを持たない単一の非LAGクロスコネクトを作成します。
    • 参照名: クロスコネクト・グループの物理LAGのID。これにより、今後の接続のトラブルシューティングが容易になります。これがない場合は、後で追加できます。単一の非LAGクロスコネクトを作成する場合は、クロスコネクトの物理ファイバ・ケーブルのIDを入力します。
    • クロスコネクトの数: クロスコネクト・グループを作成する場合にのみ使用できます。これは、クロスコネクト・グループ内に作成する個々のクロスコネクトの数です。コンソールでは、3つ作成できます。さらに必要な場合は、後でクロスコネクトを追加できます(クロスコネクト・グループで合計8つ)。
    • ポート速度: 1 Gbps、10 Gbps、または100 Gbps。
    • 物理的な場所: この接続のFastConnectの場所。
    • ルーター近接性の指定: オプションで、新しい接続を他の接続の1つと同じルーターに配置するか、異なるルーターに配置するかを指定します。
  6. 「作成」をクリックします。

    新しい接続が作成され、「FastConnect」ページに表示されます。

  7. 新しい接続をクリックして詳細を表示します。
  8. 各クロスコネクトのLOAの印刷: 作成したクロスコネクトごとに認可書(LOA)があります。各クロスコネクトの詳細を表示し、クロスコネクトのLOAを表示および印刷します。次のタスクで、FastConnectの場所でのケーブル配線リクエストとともに送信します。クロスコネクトのステータスは、次のいくつかのタスクを完了するまでは「顧客保留中」です。

    このスクリーンショットは、クロスコネクトの認可書を表示する場所を示しています。

タスク4: LOAの送信と、FastConnectの場所でのケーブル配線のリクエスト

FastConnectの場所で、前述のタスクの各LOAを送信し、各クロスコネクトのケーブル配線をリクエストします。各LOAは、限られた期間、有効です。詳細情報はLOAに出力されます。

タスク5: 光源レベルの確認
各クロスコネクトの物理ファイバ・ケーブルについて、光源レベルが正常(-15 dBmより大きい)であることをユーザー側から確認します。そうなるまで先に進まないでください。

コンソールでは、次のスクリーンショットに示すように、クロスコネクトの詳細を表示することによって、Oracleが検出した光源レベルを表示できます:

このスクリーンショットは、クロスコネクトの光源レベルを表示する場所を示しています。
タスク6: インタフェースが稼働していることの確認

各クロスコネクトの物理ファイバ・ケーブルについて、インタフェースが稼働していることをユーザー側から確認します。そうなるまで先に進まないでください。

コンソールでは、クロスコネクトの詳細を表示することによって、インタフェースのOracle側のステータス(稼働中または停止中)を表示できます。(前述のスクリーンショットを参照)。

タスク7: 各クロスコネクトのアクティブ化
サマリー: FastConnectの場所にある物理ファイバ・ケーブルを設定して使用する準備ができたら、Oracle Consoleに戻り、前に設定した各クロスコネクトをアクティブにします。クロスコネクトをアクティブにするプロセスによって、対応する物理ファイバ・ケーブルの準備ができたことがOracleに通知されます。これにより、Oracleは各クロスコネクトのルーター構成を完了します。手順:
  1. ナビゲーション・メニューを開きます。「コア・インフラストラクチャ」で、「ネットワーキング」に移動し、「FastConnect」をクリックします。

  2. 接続が存在するコンパートメントを選択してから、詳細を表示する接続をクリックします。
  3. クリック・スルーしてクロスコネクトの詳細を表示し、「アクティブ化」をクリックします。
  4. プロンプトが表示されたら確認します。
  5. 引き続きクロスコネクトの詳細を表示する場合は、「編集」をクリックし、このクロスコネクトの物理ファイバ・ケーブルのIDを入力します。この値を追加すると、今後の接続のトラブルシューティングに役立ちます。ここで現在使用できる値がない場合は、後で追加できます。
他のクロスコネクトを使用する準備ができている場合、最初のクロスコネクトがプロビジョニングされるまで待機してから、次のクロスコネクトをアクティブにします。グループ内で一度にアクティブ化してプロビジョニングできるクロスコネクトは1つのみです。 このタスクが完了すると、各クロスコネクトのステータスが「プロビジョニング中」に変わり、その後「プロビジョニング済」に変わります(通常は1分以内)。
タスク8: 仮想回線の設定
サマリー: Oracle Consoleで接続するための1つ以上の仮想回線を作成します。クロスコネクト・グループ(または、単一の非LAGクロスコネクト)は、最初に「プロビジョニング済」状態である必要があります。
重要

単一FastConnectを使用して既存のネットワークを複数のDRGおよびVCNに接続する場合は、VCNごとに異なるプライベート仮想回線を設定する必要があります。各仮想回線には、異なるVLANおよびBGP IPアドレスの異なるセットが必要です。詳細は、複数のDRGおよびVCNがあるFastConnectを参照してください。
手順:
  1. コンソールで、以前に作成した接続に戻ります。「リソース」で、「仮想回線」をクリックします。
  2. 「仮想回線の追加」をクリックします。
  3. 仮想回線について次の情報を入力します:

    • 名前: 仮想回線を追跡するのに役立つわかりやすい名前。値は仮想回線間で一意である必要はなく、後で変更できます。機密情報の入力は避けてください。
    • コンパートメント: 仮想回線を作成するコンパートメントを選択します。不明な場合は、現在のコンパートメントを使用してください。このコンパートメントと対応するIAMポリシーの選択によって、仮想回線にアクセスできるユーザーが制御されます。
  4. 仮想回線タイプ(プライベートまたはパブリック)を選択します。プライベート仮想回線は、プライベート・ピアリング(既存のネットワークがVCNのプライベートIPアドレスのルートを受信する)用です。パブリック仮想回線は、パブリック・ピアリング(既存のネットワークがOracle Cloud InfrastructureのパブリックIPアドレスのルートを受信する)用です。FastConnectの使用も参照してください。

    • プライベート仮想回線の場合、次を入力します:
      • 動的ルーティング・ゲートウェイ: FastConnectトラフィックのルーティング先となるDRGを選択します。
      • プロビジョニングされた帯域幅: 目的の値を選択します。帯域幅を後で増加させる必要がある場合は、別の値を使用するように仮想回線を更新できます(仮想回線を編集するにはを参照)。
      • VLAN: この仮想回線に使用するVLANの数。これは、別の仮想回線に割り当てられていないVLANである必要があります。
      • 顧客BGP IPアドレス: ユーザーのエッジ(CPE)用のBGPピアリングIPアドレスで、/30または/31サブネット・マスクが使用されます。
      • Oracle BGP IPアドレス: Oracleエッジ(DRG)に使用するBGPピアリングIPアドレスで、/30または/31サブネット・マスクが使用されます。
      • IPv6アドレス割当ての有効化: 米国Government Cloudでのみ使用できます。詳細は、FastConnectおよびIPv6を参照してください。
      • 顧客BGP ASN: ネットワークのパブリックASNまたはプライベートASN。
      • BGP MD5認証キーを使用します(オプション): システムでMD5認証が必要な場合、このチェック・ボックスを選択し、キーを指定します。Oracleは128ビットのMD5認証までをサポートしています。
    • パブリック仮想回線の場合、次を入力します:
      • プロビジョニングされた帯域幅: 目的の値を選択します。帯域幅を後で増加させる必要がある場合は、別の値を使用するように仮想回線を更新できます(仮想回線を編集するにはを参照)。
      • パブリックIP接頭辞: Oracleが接続を介して受信するパブリックIP接頭辞。すべての接頭辞サイズが許可されます。接頭辞のカンマ区切りリスト、または1行に1つずつ入力できます。
      • ルート・フィルタリング: ルート・フィルタリング・オプションを選択します。これにより、BGP通知に含まれるオンプレミス・ネットワークへのルートが選択されます。
      • VLAN: この仮想回線に使用するVLANの数。これは、別の仮想回線に割り当てられていないVLANである必要があります。
      • 顧客BGP ASN: ネットワークのパブリックASN。Oracleでは、パブリック仮想回線のBGP IPアドレスを指定します。
      • BGP MD5認証キーを使用します(オプション): システムでMD5認証が必要な場合、このチェック・ボックスを選択し、キーを指定します。Oracleは128ビットのMD5認証までをサポートしています。
  5. 「作成」をクリックします。

    仮想回線が作成されます。

    Oracleのシステムが仮想回線をプロビジョニングしている間、仮想回線のステータスは短期間「プロビジョニング中」になります。ユーザーのエッジとOracleのエッジの間にBGPセッションが正しく構成されていない場合、VLANが正しく構成されていない場合、またはその他の問題がある場合、ステータスは「停止中」に切り替わります。それ以外の場合、ステータスは「稼働中」に切り替わります。

タスク9: エッジの構成
仮想回線にBGP情報とVLANを使用するように、各エッジ・ルーターを構成します。商用クラウドのOracle BGP ASNは、31898です。Government Cloudについては、OracleのBGP ASNを参照してください。Oracleではデフォルトで、キープアライブには60秒、ホールドタイムには180秒のデフォルトのBGPタイマーを使用します。高速なBGPコンバージェンスが必要な場合、サポートされている範囲(キープアライブには6から60秒、ホールドタイムには18から180秒)の値を使用できます。
重要

パブリック仮想回線の場合: 既存のネットワークで、複数のパス(FastConnectやインターネット・サービス・プロバイダなど)を通じて、OracleのパブリックIPアドレスの通知を受信できます。必ず、ISPよりもFastConnectを優先してください。トラフィックで目的のパスを使用して、FastConnectの利点を享受できるように、エッジを適切に構成する必要があります。これは、Oracleサービスへのプライベート・アクセス権を持つ既存のネットワークを設定すること決定した場合に特に重要です。パス・プリファレンスに関する重要な情報は、オンプレミス・ネットワークへの接続のルーティング詳細を参照してください。
1つ以上のクロスコネクトを含むクロスコネクト・グループ(LAG)がある場合、LACPについて知っておく必要のある詳細は次のとおりです:
  • LACPは、Oracleのルーターに直接接続されたネットワーク・インタフェースで必要です。
  • クロスコネクト・グループ内に単一のクロスコネクトのみが存在する場合でも、LACPが必要です。
  • サードパーティ・プロバイダがメディア変換を実行している場合は、ユーザーのデバイスではなくプロバイダのデバイスでLACPを構成する必要があります。
また、以前に決定したネットワーク設計に従って、冗長性のためにルーターを構成します。BGPおよびVLANを正常に構成すると、仮想回線のステータスは「稼働中」に切り替わります。
タスク10: Oracle BGP IPアドレスのPing

仮想回線に割り当てられているOracle BGP IPアドレスをpingします。エラー・カウンタを確認し、削除されたパケットを探します。エラーなしでこのIPアドレスを正常にpingできるようになるまで、先に進まないでください。

クロスコネクト・グループを設定した場合: pingが成功せず、MACアドレスを学習していない場合は、タスク9で説明したようにLACPが構成されていることを確認します。

タスク11: BGPセッションが確立されていることの確認

設定した仮想回線ごとに、接続の側でBGPセッションが確立された状態であることを確認します。

タスク12: 接続のテスト

プライベート仮想回線の場合: VCNでインスタンスを起動し、既存のプライベート・ネットワークのホストから(たとえば、SSHを使用して)アクセスできる必要があります。インスタンスの作成を参照してください。可能である場合、FastConnectプライベート仮想回線を使用する準備ができています。

パブリック仮想回線の場合:

  1. Oracleで、送信したパブリック接頭辞の少なくとも1つが正常に検証されていることを確認します。各接頭辞のステータスは、コンソールで仮想回線の詳細を表示することによって確認できます。接頭辞の1つが検証されると、Oracleは、接続を介してリージョナルOracle Cloud Infrastructureパブリック・アドレスの通知を開始します。
  2. パブリックIPアドレスを使用してインスタンスを起動します。
  3. 既存のプライベート・ネットワーク内のホストからパブリックIPアドレスをpingします。仮想回線上のFastConnectインタフェースにパケットが表示される必要があります。そうなっている場合は、FastConnectパブリック仮想回線を使用する準備ができています。ただし、Oracleがこれまでに正常に検証したパブリック接頭辞のみが接続で通知されることに注意してください。

接続の管理

接続のステータスを取得するには

関心のある接続の特定の部分(クロスコネクト・グループ、クロスコネクトまたは仮想回線)のアイコンを確認します。

特定のステータス値の理由は、次のとおりです:

クロスコネクト: 顧客保留中
仮想回線: 停止中

これは、一般に、仮想回線を作成していても、構成が不完全または不適切であることを意味します:

  • エッジを構成する必要があります。タスク9: エッジの構成を参照してください。
  • または、エッジでBGPまたはVLANを正しく構成していません(必ず、仮想回線に割り当てられたBGPおよびVLANの値を使用するようにルーターを構成してください)。

次の表に、設定中の異なる時点での接続に関係する各コンポーネントの様々な状態をまとめます:

設定プロセスのタスク CCGアイコン CCアイコン VCアイコン
タスク3: クロスコネクト・グループおよびクロスコネクトの設定 プロビジョニング保留中 顧客保留中 N/A
タスク7: 各クロスコネクトのアクティブ化 プロビジョニング済 プロビジョニング済 N/A
タスク8: 仮想回線の設定 プロビジョニング済 プロビジョニング済 プロビジョニング中 > 停止中
タスク9: エッジの構成 プロビジョニング済 プロビジョニング済

停止中 > 稼働中

既存のクロスコネクト・グループに新しいクロスコネクトを追加するには

コンソールで最初にクロスコネクト・グループを作成する場合、グループに3つのクロスコネクトを作成できます。後でさらに追加して、グループの帯域幅およびレジリエンシを増やすことができます。許容される合計数は8です。

  1. 既存のクロスコネクト・グループに新しいクロスコネクトを作成します:

    1. ナビゲーション・メニューを開きます。「コア・インフラストラクチャ」で、「ネットワーキング」に移動し、「FastConnect」をクリックします。

    2. 接続が存在するコンパートメントを選択してから、詳細を表示する接続をクリックします。
    3. 「クロスコネクトの追加」をクリックします。
    4. 次の項目を入力します:
      • 名前: このクロスコネクトを追跡するのに役立つわかりやすい名前。値はクロスコネクト間で一意である必要はありません。名前は後で変更できません。機密情報の入力は避けてください。
      • 参照名: クロスコネクトの物理ファイバ・ケーブルのID。これにより、今後の接続のトラブルシューティングが容易になります。これがない場合は、後で追加できます。
    5. 「追加」をクリックします。

      クロスコネクトが作成されます。クロスコネクトのステータスは「顧客保留中」で、さらに作業が必要であることを示します。

    6. 新しいクロスコネクトのLOAを印刷します。次のステップで、ケーブル配線オーダーとともに送信します。
  2. FastConnectの開始のタスク4から7を実行します。要約すると、新しいクロスコネクト用にケーブル配線を設定し、光源レベルとインタフェースが正常であることを検証し、クロスコネクトをアクティブ化する必要があります。
仮想回線を編集するには

仮想回線の次の項目を変更できます:

  • 名前
  • 帯域幅
  • 使用するDRG(プライベート仮想回線用)
  • 使用するVLAN
  • BGPセッション情報
  • パブリックIP接頭辞(パブリック仮想回線用)
重要

仮想回線の編集に関するノート

編集する前に仮想回線が機能していて、「プロビジョニング済」状態である場合、名前、帯域幅およびパブリック接頭辞(パブリック仮想回線の場合)以外のプロパティを変更すると、仮想回線の状態が「プロビジョニング中」に切り替わり、関連するBGPセッションが停止する可能性があることに注意してください。Oracleが仮想回線を再プロビジョニングすると、状態は「プロビジョニング済」に戻ります。関連付けられたBGPセッションがバックアップされていることを確認してください。

パブリック仮想回線のパブリックIP接頭辞を変更した場合、BGPステータスに影響はありません。Oracleでは、所有権を確認した後にのみ、接続を介して新しいIP接頭辞の通知が開始されます。Oracleで接頭辞の変更が実装される間に、仮想回線の状態が「プロビジョニング中」に変更されます。

  1. ナビゲーション・メニューを開きます。「コア・インフラストラクチャ」で、「ネットワーキング」に移動し、「FastConnect」をクリックします。

  2. 接続が存在するコンパートメントを選択してから、詳細を表示する接続をクリックします。
  3. 「仮想回線」をクリックし、仮想回線をクリックしてその詳細を表示します。
  4. 「編集」をクリックし、変更を行います。機密情報の入力は避けてください。
  5. 「変更の保存」をクリックします。
接続またはその一部を終了するには

接続の請求を停止するには、仮想回線、各クロスコネクト、および接続に関連付けられているクロスコネクト・グループを(この順序で)終了する必要があります。

重要

また、データ・センターまたはサードパーティ・プロバイダとの接続を終了します。そうしないと、引き続き課金が発生する可能性があります。
仮想回線を終了するには
  1. ナビゲーション・メニューを開きます。「コア・インフラストラクチャ」で、「ネットワーキング」に移動し、「FastConnect」をクリックします。

  2. 接続が存在するコンパートメントを選択してから、詳細を表示する接続をクリックします。
  3. 「仮想回線」をクリックし、仮想回線をクリックしてその詳細を表示します。
  4. 「削除」をクリックします。
  5. プロンプトが表示されたら確認します。

仮想回線のステータスが「終了中」に変わり、その後「終了済」に変わります。

クロスコネクトを終了するには

クロスコネクト・グループに削除するクロスコネクトが複数ある場合は、最初のクロスコネクトの状態が「終了済」に変わるまで待ってから、次のクロスコネクトを削除します。また、クロスコネクトがプロビジョニングされた仮想回線で使用されているクロスコネクト・グループ内で最後にプロビジョニングされたクロスコネクトである場合、クロスコネクトを削除することはできません。

  1. ナビゲーション・メニューを開きます。「コア・インフラストラクチャ」で、「ネットワーキング」に移動し、「FastConnect」をクリックします。

  2. 接続が存在するコンパートメントを選択してから、詳細を表示する接続をクリックします。
  3. 「クロスコネクト」をクリックし、クロスコネクトをクリックしてその詳細を表示します。
  4. 「削除」をクリックします。
  5. プロンプトが表示されたら確認します。

クロスコネクトのステータスが「終了中」に変わり、その後「終了済」に変わります。

クロスコネクト・グループを終了するには

前提条件: クロスコネクト・グループには、実行中の仮想回線がなく、クロスコネクトが含まれていない必要があります。

  1. ナビゲーション・メニューを開きます。「コア・インフラストラクチャ」で、「ネットワーキング」に移動し、「FastConnect」をクリックします。

  2. 接続が存在するコンパートメントを選択してから、詳細を表示する接続をクリックします。
  3. 「削除」をクリックします。
  4. プロンプトが表示されたら確認します。

クロスコネクト・グループのステータスが「終了中」に変わり、その後「終了済」に変わります。

パブリック仮想回線のパブリックIP接頭辞を管理するには

接頭辞の一般情報については、基本的なネットワークの図を参照してください。

仮想回線の作成時に、パブリックIP接頭辞を指定できます。タスク8: 仮想回線の設定を参照してください。

仮想回線の作成後、パブリックIP接頭辞の追加または削除を行うことができます。仮想回線を編集するにはを参照してください。新しい接頭辞を追加する場合、Oracleではまず会社の所有権が検証され、それを接続全体にわたって通知します。接頭辞を削除すると、Oracleでは、仮想回線の編集の数分以内に接頭辞の通知を停止します。

コンソールで仮想回線の詳細を表示することによって、特定のパブリック接頭辞のOracleによる検証の状態を確認できます。指定できる値は次のとおりです:

  • 進行中: Oracleは、接頭辞の組織の所有権を検証中です。
  • 失敗: Oracleは、組織の所有権を検証できませんでした。Oracleは、仮想回線を介して接頭辞を通知しません。
  • 完了: Oracleは、組織の所有権を正常に検証しました。Oracleは、仮想回線を介して接頭辞を通知しています。
接続を別のコンパートメントに移動するには

接続は、コンパートメント間で移動できます。接続を新規コンパートメントに移動すると、固有のポリシーがただちに適用され、コンソールを介した接続へのアクセスが影響を受けます。接続を異なるコンパートメントに移動しても、データ・センターとOracle Cloud Infrastructure間の接続には影響しません。詳細は、リソースを別のコンパートメントに移動するにはを参照してください。

  1. ナビゲーション・メニューを開きます。「コア・インフラストラクチャ」で、「ネットワーキング」に移動し、「FastConnect」をクリックします。

  2. リストで接続を検索し、「アクション」アイコン(3つのドット)をクリックして、「リソースの移動」をクリックします。
  3. リストから宛先コンパートメントを選択します。
  4. 「リソースの移動」をクリックします。
  5. 接続をモニターするアラームがある場合、新しいコンパートメントを参照するようにアラームを更新します。詳細は、リソースの移動後にアラームを更新するにはを参照してください。

接続のモニタリング

メトリック、アラームおよび通知を使用して、Oracle Cloud Infrastructureリソースのヘルス、容量およびパフォーマンスをモニターできます。詳細は、モニタリングおよび通知を参照してください。

接続のモニタリングの詳細は、FastConnectのメトリックを参照してください。