モジュール java.desktop
パッケージ javax.swing

クラスAbstractListModel<E>

    • フィールドの詳細

    • コンストラクタの詳細

      • AbstractListModel

        public AbstractListModel()
    • メソッドの詳細

      • addListDataListener

        public void addListDataListener​(ListDataListener l)
        データ・モデル変更時の通知対象リストにリスナーを追加します。
        定義:
        addListDataListener、インタフェース: ListModel<E>
        パラメータ:
        l - 追加されるListDataListener
      • removeListDataListener

        public void removeListDataListener​(ListDataListener l)
        データ・モデル変更時の通知対象リストからリスナーを削除します。
        定義:
        removeListDataListener、インタフェース: ListModel<E>
        パラメータ:
        l - 削除するListDataListener
      • fireContentsChanged

        protected void fireContentsChanged​(Object source,
                                           int index0,
                                           int index1)
        リストにある要素が1つ以上変更されたあとで、AbstractListModelサブクラスはこのメソッドを呼び出す必要があります。 変更された要素は、index0、index1の閉区間(終点を含む)で指定します。 index0は、index1以下である必要はないことに注意してください。
        パラメータ:
        source - 変更されたListModel。通常は「this」
        index0 - 新しい範囲の一方の端
        index1 - 新しい範囲の他方の端
        関連項目:
        EventListenerList, DefaultListModel
      • fireIntervalAdded

        protected void fireIntervalAdded​(Object source,
                                         int index0,
                                         int index1)
        モデルに要素が1つ以上追加されたあとで、AbstractListModelサブクラスはこのメソッドを呼び出す必要があります。 新しい要素は、index0、index1の閉区間(終点を含む)で指定します。 index0は、index1以下である必要はないことに注意してください。
        パラメータ:
        source - 変更されたListModel。通常は「this」
        index0 - 新しい範囲の一方の端
        index1 - 新しい範囲の他方の端
        関連項目:
        EventListenerList, DefaultListModel
      • fireIntervalRemoved

        protected void fireIntervalRemoved​(Object source,
                                           int index0,
                                           int index1)
        AbstractListModelサブクラスは、モデルから要素が1つ以上削除された後でこのメソッドを呼び出す必要があります。index0index1は、削除された区間の端点です。 index0は、index1以下である必要はないことに注意してください。
        パラメータ:
        source - 変更されたListModel。通常は「this」
        index0 - 削除された一方の端(index0を含む)
        index1 - 削除された他方の端(index1を含む)
        関連項目:
        EventListenerList, DefaultListModel
      • getListeners

        public <T extends EventListener> T[] getListeners​(Class<T> listenerType)
        このモデルにFooListenerとして現在登録されているすべてのオブジェクトの配列を返します。 FooListenerは、addFooListenerメソッドを使用して登録されます。

        FooListener.classなどのクラス・リテラルを使用してlistenerType引数を指定できます。 たとえば、このリスト・データ・リスナーに対するリスト・モデルmの照会は次のコードで行います。

        ListDataListener[] ldls = (ListDataListener[])(m.getListeners(ListDataListener.class));
        このようなリスナーがない場合は空の配列を返します。

        型パラメータ:
        T - EventListenerクラスの型がリクエストされています
        パラメータ:
        listenerType - 要求されるリスナーの型。java.util.EventListenerの子孫のインタフェースを指定してください
        戻り値:
        このモデルにFooListenerとして登録されているすべてのオブジェクトの配列。またはこのようなリスナーが登録されていない場合は空の配列
        例外:
        ClassCastException - listenerTypeで、java.util.EventListenerを実装するクラスまたはインタフェースが指定されなかった場合
        導入されたバージョン:
        1.3
        関連項目:
        getListDataListeners()