モジュール java.desktop
パッケージ javax.swing

クラスDefaultListModel<E>

  • 型パラメータ:
    E - このモデルの要素の型
    すべての実装されたインタフェース:
    Serializable, ListModel<E>

    public class DefaultListModel<E>
    extends AbstractListModel<E>
    このクラスはjava.util.Vector APIを柔軟に実装します。1.1.xのjava.util.Vectorを実装しますが、コレクション・クラスはサポートせず、変更発生時にはListDataListenerに通知します。 現在はVectorに委譲され、今後のリリースでは実際のCollectionの実装となります。

    警告: このクラスの直列化されたオブジェクトは、今後のSwingリリースと互換ではなくなる予定です。 現在の直列化のサポートは、短期間の格納や、同じバージョンのSwingを実行するアプリケーション間のRMIに適しています。 1.4以降、すべてのJavaBeans™用の長期間の格納サポートがjava.beansパッケージに追加されています。 XMLEncoderを参照してください。

    導入されたバージョン:
    1.2
    関連項目:
    直列化された形式
    • コンストラクタのサマリー

      コンストラクタ 
      コンストラクタ 説明
      DefaultListModel()  
    • メソッドのサマリー

      すべてのメソッド インスタンス・メソッド 具象メソッド 
      修飾子と型 メソッド 説明
      void add​(int index, E element)
      このリスト内の指定された位置に指定された要素を挿入します。
      void addAll​(int index, Collection<? extends E> c)
      指定された索引から開始して、コレクション内に存在するすべての要素を追加します。
      void addAll​(Collection<? extends E> c)
      コレクション内に存在するすべての要素をリストに追加します。
      void addElement​(E element)
      指定されたコンポーネントをリストの末尾に追加します。
      int capacity()
      このリストの現在の容量を返します。
      void clear()
      このリストからすべての要素を削除します。
      boolean contains​(Object elem)
      指定されたオブジェクトがこのリスト内のコンポーネントかどうかを判定します。
      void copyInto​(Object[] anArray)
      リストのコンポーネントを、指定された配列にコピーします。
      E elementAt​(int index)
      指定されたインデックスのコンポーネントを返します。
      Enumeration<E> elements()
      このリストのコンポーネントの列挙を返します。
      void ensureCapacity​(int minCapacity)
      このリストの容量を必要に応じて増やし、少なくとも最小収容引数で指定されるコンポーネント数を保持できるようにします。
      E firstElement()
      このリストの最初のコンポーネントを返します。
      E get​(int index)
      このリスト内の指定された位置にある要素を返します。
      E getElementAt​(int index)
      指定されたインデックスのコンポーネントを返します。
      int getSize()
      このリスト内のコンポーネント数を返します。
      int indexOf​(Object elem)
      最初に現れるelemを検索します。
      int indexOf​(Object elem, int index)
      index以降に最初に現れるelemを検索します。
      void insertElementAt​(E element, int index)
      指定された要素を、このリスト内の指定されたindexの位置にコンポーネントとして挿入します。
      boolean isEmpty()
      このリストがコンポーネントを保持しているかどうかを判定します。
      E lastElement()
      リストの最後のコンポーネントを返します。
      int lastIndexOf​(Object elem)
      elemが最後に現れる位置のインデックスを返します。
      int lastIndexOf​(Object elem, int index)
      指定されたインデックスから後ろ向きにelemを検索し、検出された位置のインデックスを返します。
      E remove​(int index)
      このリストの指定された位置にある要素を削除します。
      void removeAllElements()
      リストからすべてのコンポーネントを削除し、そのサイズをゼロに設定します。
      boolean removeElement​(Object obj)
      リストから、最初に現れた引数(下限のインデックス)を削除します。
      void removeElementAt​(int index)
      指定されたインデックスのコンポーネントを削除します。
      void removeRange​(int fromIndex, int toIndex)
      指定されたインデックス範囲にあるコンポーネントを削除します。
      E set​(int index, E element)
      このリストの指定された位置にある要素を、指定された要素で置き換えます。
      void setElementAt​(E element, int index)
      このリストの指定されたindexのコンポーネントを、指定された要素として設定します。
      void setSize​(int newSize)
      このリストのサイズを設定します。
      int size()
      このリスト内のコンポーネント数を返します。
      Object[] toArray()
      リスト内のすべての要素が正しい順序で格納されている配列を返します。
      String toString()
      このオブジェクトのプロパティを表示および識別する文字列を返します。
      void trimToSize()
      このリストの容量を切り捨てて、このリストの現在のサイズにします。
    • コンストラクタの詳細

      • DefaultListModel

        public DefaultListModel()
    • メソッドの詳細

      • getSize

        public int getSize()
        このリスト内のコンポーネント数を返します。

        このメソッドは、1.2のCollections Frameworkで定義されたListインタフェースを実装するsizeと同じです。 このメソッドはsetSizeとの組み合わせで存在するので、sizeはJavaBeanプロパティとして識別できます。

        戻り値:
        リスト内のコンポーネント数
        関連項目:
        size()
      • getElementAt

        public E getElementAt​(int index)
        指定されたインデックスのコンポーネントを返します。
        注: このメソッドは非推奨ではありませんが、使用する好ましいメソッドはget(int)です。これは1.2 Collections Frameworkで定義されたListインタフェースを実装します。
        パラメータ:
        index - このリストのインデックス
        戻り値:
        指定されたインデックスのコンポーネント
        例外:
        ArrayIndexOutOfBoundsException - indexが負の値であるか、このリストの現在のサイズより大きい場合
        関連項目:
        get(int)
      • copyInto

        public void copyInto​(Object[] anArray)
        リストのコンポーネントを、指定された配列にコピーします。 配列には、このリストのすべてのオブジェクトを保持するのに十分な大きさが必要です。そうでない場合は、IndexOutOfBoundsExceptionがスローされます。
        パラメータ:
        anArray - コピーしたコンポーネントをコピーする配列
        関連項目:
        Vector.copyInto(Object[])
      • trimToSize

        public void trimToSize()
        このリストの容量を切り捨てて、このリストの現在のサイズにします。
        関連項目:
        Vector.trimToSize()
      • ensureCapacity

        public void ensureCapacity​(int minCapacity)
        このリストの容量を必要に応じて増やし、少なくとも最小収容引数で指定されるコンポーネント数を保持できるようにします。
        パラメータ:
        minCapacity - 目的の最小容量
        関連項目:
        Vector.ensureCapacity(int)
      • setSize

        public void setSize​(int newSize)
        このリストのサイズを設定します。
        パラメータ:
        newSize - このリストの新しいサイズ
        関連項目:
        Vector.setSize(int)
      • capacity

        public int capacity()
        このリストの現在の容量を返します。
        戻り値:
        現在の容量
        関連項目:
        Vector.capacity()
      • size

        public int size()
        このリスト内のコンポーネント数を返します。
        戻り値:
        リスト内のコンポーネント数
        関連項目:
        Vector.size()
      • isEmpty

        public boolean isEmpty()
        このリストがコンポーネントを保持しているかどうかを判定します。
        戻り値:
        このリストがコンポーネントを持っていない場合、つまりサイズがゼロの場合にかぎりtrue、そうでない場合はfalse
        関連項目:
        Vector.isEmpty()
      • elements

        public Enumeration<E> elements()
        このリストのコンポーネントの列挙を返します。
        戻り値:
        リストのコンポーネントの列挙
        関連項目:
        Vector.elements()
      • contains

        public boolean contains​(Object elem)
        指定されたオブジェクトがこのリスト内のコンポーネントかどうかを判定します。
        パラメータ:
        elem - オブジェクト
        戻り値:
        指定されたオブジェクトがこのリスト内のコンポーネントと同じである場合はtrue
        関連項目:
        Vector.contains(Object)
      • indexOf

        public int indexOf​(Object elem)
        最初に現れるelemを検索します。
        パラメータ:
        elem - オブジェクト
        戻り値:
        このリスト内で最初に検出された引数のインデックス。オブジェクトが見つからない場合は、-1を返す
        関連項目:
        Vector.indexOf(Object)
      • indexOf

        public int indexOf​(Object elem,
                           int index)
        index以降に最初に現れるelemを検索します。
        パラメータ:
        elem - 目的のコンポーネント
        index - 検索開始位置のインデックス
        戻り値:
        indexのあとで、最初に検出されたelemのインデックス。リスト内にelemが見つからない場合は-1を返す
        関連項目:
        Vector.indexOf(Object,int)
      • lastIndexOf

        public int lastIndexOf​(Object elem)
        elemが最後に現れる位置のインデックスを返します。
        パラメータ:
        elem - 目的のコンポーネント
        戻り値:
        リストにelemが最後に出現したインデックス。オブジェクトが見つからない場合はelemを返します
        関連項目:
        Vector.lastIndexOf(Object)
      • lastIndexOf

        public int lastIndexOf​(Object elem,
                               int index)
        指定されたインデックスから後ろ向きにelemを検索し、検出された位置のインデックスを返します。
        パラメータ:
        elem - 目的のコンポーネント
        index - 検索開始位置のインデックス
        戻り値:
        このリスト内で、indexより前の最後に検出されたelemのインデックス。オブジェクトが見つからない場合は、-1を返す
        関連項目:
        Vector.lastIndexOf(Object,int)
      • elementAt

        public E elementAt​(int index)
        指定されたインデックスの要素を返します。
        注: このメソッドは非推奨ではありませんが、使用する好ましいメソッドはget(int)です。これは1.2 Collections Frameworkで定義されたListインタフェースを実装します。
        パラメータ:
        index - このリストのインデックス
        戻り値:
        指定されたインデックスのコンポーネント
        例外:
        ArrayIndexOutOfBoundsException - インデックスが負であるか、リストのサイズより小さい場合
        関連項目:
        get(int), Vector.elementAt(int)
      • firstElement

        public E firstElement()
        このリストの最初のコンポーネントを返します。
        戻り値:
        リストの最初のコンポーネント
        例外:
        NoSuchElementException - このベクトルがコンポーネントを持たない場合
        関連項目:
        Vector.firstElement()
      • lastElement

        public E lastElement()
        リストの最後のコンポーネントを返します。
        戻り値:
        リストの最後のコンポーネント
        例外:
        NoSuchElementException - このベクトルがコンポーネントを持たない場合
        関連項目:
        Vector.lastElement()
      • setElementAt

        public void setElementAt​(E element,
                                 int index)
        このリストの指定されたindexのコンポーネントを、指定された要素として設定します。 そのインデックスにあった要素は破棄されます。
        注: このメソッドは非推奨ではありませんが、使用する好ましいメソッドはset(int,Object)です。これは1.2 Collections Frameworkで定義されたListインタフェースを実装します。
        パラメータ:
        element - コンポーネントに設定されるオブジェクト
        index - 指定するインデックス
        例外:
        ArrayIndexOutOfBoundsException - 索引が無効な場合
        関連項目:
        set(int,Object), Vector.setElementAt(Object,int)
      • removeElementAt

        public void removeElementAt​(int index)
        指定されたインデックスのコンポーネントを削除します。
        注: このメソッドは非推奨ではありませんが、使用する好ましいメソッドはremove(int)です。これは1.2 Collections Frameworkで定義されたListインタフェースを実装します。
        パラメータ:
        index - 削除されるオブジェクトのインデックス
        例外:
        ArrayIndexOutOfBoundsException - 索引が無効な場合
        関連項目:
        remove(int), Vector.removeElementAt(int)
      • insertElementAt

        public void insertElementAt​(E element,
                                    int index)
        指定された要素を、このリスト内の指定されたindexの位置にコンポーネントとして挿入します。
        注: このメソッドは非推奨ではありませんが、使用する好ましいメソッドはadd(int,Object)です。これは1.2 Collections Frameworkで定義されたListインタフェースを実装します。
        パラメータ:
        element - 挿入されるコンポーネント
        index - 新しいコンポーネントを挿入する位置
        例外:
        ArrayIndexOutOfBoundsException - インデックスが無効だった場合
        関連項目:
        add(int,Object), Vector.insertElementAt(Object,int)
      • addElement

        public void addElement​(E element)
        指定されたコンポーネントをリストの末尾に追加します。
        パラメータ:
        element - 追加されるコンポーネント
        関連項目:
        Vector.addElement(Object)
      • removeElement

        public boolean removeElement​(Object obj)
        リストから、最初に現れた引数(下限のインデックス)を削除します。
        パラメータ:
        obj - 削除されるコンポーネント
        戻り値:
        引数がこのリストのコンポーネントであった場合はtrue、そうでない場合はfalse
        関連項目:
        Vector.removeElement(Object)
      • removeAllElements

        public void removeAllElements()
        リストからすべてのコンポーネントを削除し、そのサイズをゼロに設定します。
        注: このメソッドは非推奨ではありませんが、使用する好ましいメソッドはclearです。これは1.2 Collections Frameworkで定義されたListインタフェースを実装します。
        関連項目:
        clear(), Vector.removeAllElements()
      • toString

        public String toString()
        このオブジェクトのプロパティを表示および識別する文字列を返します。
        オーバーライド:
        toString 、クラス:  Object
        戻り値:
        このオブジェクトの文字列表現
      • toArray

        public Object[] toArray()
        リスト内のすべての要素が正しい順序で格納されている配列を返します。
        戻り値:
        リストの要素が格納されている配列
        関連項目:
        Vector.toArray()
      • get

        public E get​(int index)
        このリスト内の指定された位置にある要素を返します。
        パラメータ:
        index - 返される要素のインデックス
        戻り値:
        このリスト内の指定された位置にある要素
        例外:
        ArrayIndexOutOfBoundsException - 索引が(index &lt; 0 || index &gt;= size())の範囲外であるかどうか
      • set

        public E set​(int index,
                     E element)
        このリストの指定された位置にある要素を、指定された要素で置き換えます。
        パラメータ:
        index - 置換される要素のインデックス
        element - 指定された位置に格納される要素
        戻り値:
        指定された位置に以前あった要素
        例外:
        ArrayIndexOutOfBoundsException - 索引が(index &lt; 0 || index &gt;= size())の範囲外であるかどうか
      • add

        public void add​(int index,
                        E element)
        このリスト内の指定された位置に指定された要素を挿入します。
        パラメータ:
        index - 指定の要素が挿入される位置のインデックス
        element - 挿入される要素
        例外:
        ArrayIndexOutOfBoundsException - 索引が(index &lt; 0 || index &gt; size())の範囲外であるかどうか
      • remove

        public E remove​(int index)
        このリストの指定された位置にある要素を削除します。 リストから削除された要素が返されます
        パラメータ:
        index - 削除される要素のインデックス
        戻り値:
        指定された位置に以前あった要素
        例外:
        ArrayIndexOutOfBoundsException - 索引が(index &lt; 0 || index &gt;= size())の範囲外であるかどうか
      • clear

        public void clear()
        このリストからすべての要素を削除します。 リストは、この呼出しが返されると、呼出しが例外をスローしないかぎり、空になります。
      • removeRange

        public void removeRange​(int fromIndex,
                                int toIndex)
        指定されたインデックス範囲にあるコンポーネントを削除します。 削除対象は上限と下限の値を含むので、1と5の範囲を指定すると、インデックス1と5のコンポーネント、そしてその間のすべてのコンポーネントが削除されます。
        パラメータ:
        fromIndex - 範囲の下限のインデックス
        toIndex - 範囲の上限のインデックス
        例外:
        ArrayIndexOutOfBoundsException - インデックスが無効だった場合
        IllegalArgumentException - fromIndex &gt; toIndexの場合
        関連項目:
        remove(int)
      • addAll

        public void addAll​(Collection<? extends E> c)
        コレクション内に存在するすべての要素をリストに追加します。
        パラメータ:
        c - 追加する要素を含むコレクション
        例外:
        NullPointerException - cがnullである場合
      • addAll

        public void addAll​(int index,
                           Collection<? extends E> c)
        指定された索引から開始して、コレクション内に存在するすべての要素を追加します。
        パラメータ:
        index - 指定されたコレクションの最初の要素を挿入する位置のインデックス。
        c - 追加する要素を含むコレクション
        例外:
        ArrayIndexOutOfBoundsException - indexが現在保持されている要素数の範囲内にないかどうか
        NullPointerException - cがnullである場合