モジュール java.desktop
パッケージ javax.swing

クラスSwingUtilities

  • すべての実装されたインタフェース:
    SwingConstants

    public class SwingUtilities
    extends Object
    implements SwingConstants
    Swingのユーティリティ・メソッドのコレクションです。
    導入されたバージョン:
    1.2
    • メソッドの詳細

      • isRectangleContainingRectangle

        public static final boolean isRectangleContainingRectangle​(Rectangle a,
                                                                   Rectangle b)
        @{code a} にbが含まれている場合、trueを返します。
        パラメータ:
        a - 最初の矩形
        b - 2番目の矩形
        戻り値:
        @{code a} にbが含まれている場合、true
      • getLocalBounds

        public static Rectangle getLocalBounds​(Component aComponent)
        コンポーネントaComponentの矩形(0,0,bounds.width,bounds.height)を返します。
        パラメータ:
        aComponent - コンポーネント
        戻り値:
        コンポーネントaComponentのローカル境界
      • getWindowAncestor

        public static Window getWindowAncestor​(Component c)
        cの最初のWindow 祖先か、またはcWindowの内部に含まれていない場合はnullを返します。
        パラメータ:
        c - Window祖先を取得するComponent
        戻り値:
        cの最初のWindow 祖先か、cWindowの内部に含まれていない場合はnull
        導入されたバージョン:
        1.3
      • convertPoint

        public static Point convertPoint​(Component source,
                                         Point aPoint,
                                         Component destination)
        source座標系内のaPointdestination座標系に変換します。 sourcenullの場合、aPointdestinationのルート・コンポーネント座標系にあるものと想定されます。 destinationnullの場合、aPointsourceのルート・コンポーネント座標系に変換されます。 sourcedestinationがいずれもnullの場合は、変換せずにaPointを返します。
        パラメータ:
        source - ソース・コンポーネント
        aPoint - ポイント
        destination - 宛先コンポーネント
        戻り値:
        変換された座標
      • convertPoint

        public static Point convertPoint​(Component source,
                                         int x,
                                         int y,
                                         Component destination)
        source座標系内のポイント(x,y)destination座標系に変換します。 sourcenullの場合、(x,y)destinationのルート・コンポーネント座標系にあるものと想定されます。 destinationnullの場合、(x,y)sourceのルート・コンポーネント座標系に変換されます。 sourcedestinationがいずれもnullの場合は、変換せずに(x,y)を返します。
        パラメータ:
        source - ソース・コンポーネント
        x - 点のx座標
        y - 点のy座標
        destination - 宛先コンポーネント
        戻り値:
        変換された座標
      • convertRectangle

        public static Rectangle convertRectangle​(Component source,
                                                 Rectangle aRectangle,
                                                 Component destination)
        source座標系内の矩形aRectangledestination座標系に変換します。 sourcenullの場合、aRectangledestinationのルート・コンポーネント座標系にあるものと想定されます。 destinationnullの場合、aRectanglesourceのルート・コンポーネント座標系に変換されます。 sourcedestinationがいずれもnullの場合は、変換せずにaRectangleを返します。
        パラメータ:
        source - ソース・コンポーネント
        aRectangle - 矩形
        destination - 宛先コンポーネント
        戻り値:
        変換された矩形
      • getAncestorOfClass

        public static Container getAncestorOfClass​(Class<?> c,
                                                   Component comp)
        コンポーネント階層内のcompの上位を検索するための簡易メソッドであり、見つかったクラスcの最初のオブジェクトを返します。 cクラスが見つからない場合はnullを返します。
        パラメータ:
        c - コンポーネントのクラス
        comp - コンポーネント
        戻り値:
        compの祖先、またはcが見つからない場合はnull
      • getAncestorNamed

        public static Container getAncestorNamed​(String name,
                                                 Component comp)
        コンポーネント階層内のcompの上位を検索するための簡易メソッドであり、見つかったnameの最初のオブジェクトを返します。 nameが見つからない場合はnullを返します。
        パラメータ:
        name - コンポーネントの名前
        comp - コンポーネント
        戻り値:
        compの祖先、またはnameが見つからない場合はnull
      • getDeepestComponentAt

        public static Component getDeepestComponentAt​(Component parent,
                                                      int x,
                                                      int y)
        位置xyを含むparentの、もっとも深い可視の子孫Componentを返します。 parentが指定された位置を内包していない場合は、nullが返されます。 parentがコンテナではない場合、あるいはparentの可視の子孫がどれも指定された位置を内包していない場合は、parentが返されます。
        パラメータ:
        parent - 検索を開始するルート・コンポーネント
        x - xターゲット位置
        y - yターゲット位置
        戻り値:
        最も深いコンポーネント
      • convertMouseEvent

        public static MouseEvent convertMouseEvent​(Component source,
                                                   MouseEvent sourceEvent,
                                                   Component destination)
        sourceEventと同様のMouseEventを返します(そのxとyメンバーがdestinationの座標体系に変換済みの場合を除く)。 sourcenullの場合、sourceEventのxとyメンバーはdestinationのルート・コンポーネント座標系に入るものと想定されます。 destinationnullの場合、返されたMouseEventはsourceの座標系に入ります。sourceEventは変更されません。 新しいイベントが返されます。destinationがnull以外の場合、返されたイベントのsourceフィールドはdestinationに設定されます。translateMouseEvent()メソッドを使用すると、sourceを変更せずに、コンポーネントのマウス・イベントを別のコンポーネントに変換できます。
        パラメータ:
        source - ソース・コンポーネント
        sourceEvent - ソース・マウス・イベント
        destination - 宛先コンポーネント
        戻り値:
        新しいマウス・イベント
      • convertPointToScreen

        public static void convertPointToScreen​(Point p,
                                                Component c)
        点をコンポーネントの座標体系から画面座標に変換します。
        パラメータ:
        p - 新しい座標系に変換されるPointオブジェクト
        c - Componentオブジェクト
      • convertPointFromScreen

        public static void convertPointFromScreen​(Point p,
                                                  Component c)
        点を画面座標からコンポーネントの座標体系に変換します。
        パラメータ:
        p - 新しい座標系に変換されるPointオブジェクト
        c - Componentオブジェクト
      • windowForComponent

        public static Window windowForComponent​(Component c)
        cの最初のWindow 祖先か、またはcWindowの内部に含まれていない場合はnullを返します。

        注: このメソッドの機能は、getWindowAncestorと同じです。

        パラメータ:
        c - Window祖先を取得するComponent
        戻り値:
        cの最初のWindow 祖先か、cWindowの内部に含まれていない場合はnull
      • isDescendingFrom

        public static boolean isDescendingFrom​(Component a,
                                               Component b)
        コンポーネントaがコンポーネントbの子孫である場合、trueを返します。
        パラメータ:
        a - 第1コンポーネント
        b - 第2コンポーネント
        戻り値:
        trueコンポーネントaがコンポーネントbから降下した場合
      • computeIntersection

        public static Rectangle computeIntersection​(int x,
                                                    int y,
                                                    int width,
                                                    int height,
                                                    Rectangle dest)
        新しい矩形を割り当てずに、2つの矩形の共通部分を計算するのに便利です。 2つの矩形が交差していない場合、返される矩形は(0,0)の位置から始まり、0の幅と0の高さを持ちます。
        パラメータ:
        x - 最初の矩形の左上の点のX座標
        y - 最初の矩形の左上の点のY座標
        width - 最初の矩形の幅
        height - 最初の矩形の高さ
        dest - 2番目の矩形
        戻り値:
        共通部分を指定するために変更されたdest
      • computeUnion

        public static Rectangle computeUnion​(int x,
                                             int y,
                                             int width,
                                             int height,
                                             Rectangle dest)
        新しい矩形を割り当てないで2つの矩形の結合部分を算出する簡易メソッドです。
        パラメータ:
        x - 最初の矩形のx座標
        y - 最初の矩形のy座標
        width - 最初の矩形の幅
        height - 最初の矩形の高さ
        dest - 2番目の矩形の座標。2つの矩形の和集合がこの矩形で返される
        戻り値:
        dest Rectangle
      • computeDifference

        public static Rectangle[] computeDifference​(Rectangle rectA,
                                                    Rectangle rectB)
        rectBとオーバーラップしないrectA内の領域を表す矩形の配列を返すのに便利です。 2つの矩形がオーバーラップしない場合は、空の配列を返します。
        パラメータ:
        rectA - 最初の矩形
        rectB - 2番目の矩形
        戻り値:
        rectA内のrectBと重複しない領域を表す矩形の配列。
      • isLeftMouseButton

        public static boolean isLeftMouseButton​(MouseEvent anEvent)
        マウス・イベントが左マウス・ボタンを示す場合にtrueを返します。
        パラメータ:
        anEvent - MouseEventオブジェクト
        戻り値:
        左マウス・ボタンがアクティブだった場合はtrue
      • isMiddleMouseButton

        public static boolean isMiddleMouseButton​(MouseEvent anEvent)
        マウス・イベントが中央マウス・ボタンを示す場合にtrueを返します。
        パラメータ:
        anEvent - MouseEventオブジェクト
        戻り値:
        中央のマウス・ボタンがアクティブだった場合はtrue
      • isRightMouseButton

        public static boolean isRightMouseButton​(MouseEvent anEvent)
        マウス・イベントが右マウス・ボタンを示す場合にtrueを返します。
        パラメータ:
        anEvent - MouseEventオブジェクト
        戻り値:
        右マウス・ボタンがアクティブだった場合はtrue
      • computeStringWidth

        public static int computeStringWidth​(FontMetrics fm,
                                             String str)
        指定されたメトリックス(サイズ)を持つフォントを使用して文字列の幅を計算します。
        パラメータ:
        fm - 計算に使用するFontMetricsオブジェクト
        str - 計算対象のString
        戻り値:
        文字列の幅が格納されているint値
      • layoutCompoundLabel

        public static String layoutCompoundLabel​(JComponent c,
                                                 FontMetrics fm,
                                                 String text,
                                                 Icon icon,
                                                 int verticalAlignment,
                                                 int horizontalAlignment,
                                                 int verticalTextPosition,
                                                 int horizontalTextPosition,
                                                 Rectangle viewR,
                                                 Rectangle iconR,
                                                 Rectangle textR,
                                                 int textIconGap)
        アイコン起点の位置、テキスト・ベースライン起点の位置、および可能であればクリップされた複合ラベル文字列を計算して返します。 各位置はviewRの矩形を基準に計算されます。 JComponentの方向(LEADINGまたはTRAILING)も考慮され、LEFT値またはRIGHT値に変換されます。
        パラメータ:
        c - コンポーネント
        fm - FontMetricsのインスタンス
        text - テキスト
        icon - アイコン
        verticalAlignment - 垂直方向の整列
        horizontalAlignment - 水平方向の整列
        verticalTextPosition - 垂直方向のテキスト位置
        horizontalTextPosition - 水平テキスト位置
        viewR - 使用可能な矩形
        iconR - アイコンの矩形
        textR - テキストの矩形
        textIconGap - テキストとアイコンの間のギャップ
        戻り値:
        コンパウンド・ラベル文字列のおそらくクリップされたバージョン
      • layoutCompoundLabel

        public static String layoutCompoundLabel​(FontMetrics fm,
                                                 String text,
                                                 Icon icon,
                                                 int verticalAlignment,
                                                 int horizontalAlignment,
                                                 int verticalTextPosition,
                                                 int horizontalTextPosition,
                                                 Rectangle viewR,
                                                 Rectangle iconR,
                                                 Rectangle textR,
                                                 int textIconGap)
        アイコン起点の位置、テキスト・ベースライン起点の位置、および可能であればクリップされた複合ラベル文字列を計算して返します。 各位置はviewRの矩形を基準に計算されます。 このlayoutCompoundLabel()は、horizontalTextPosition (デフォルトはRIGHT)およびhorizontalAlignment (デフォルトはCENTER)のLEADING値およびTRAILING値を処理できません。 代わりに、ほかのバージョンのlayoutCompoundLabel()を使用してください。
        パラメータ:
        fm - FontMetricsのインスタンス
        text - テキスト
        icon - アイコン
        verticalAlignment - 垂直方向の整列
        horizontalAlignment - 水平方向の整列
        verticalTextPosition - 垂直方向のテキスト位置
        horizontalTextPosition - 水平テキスト位置
        viewR - 使用可能な矩形
        iconR - アイコンの矩形
        textR - テキストの矩形
        textIconGap - テキストとアイコンの間のギャップ
        戻り値:
        コンパウンド・ラベル文字列のおそらくクリップされたバージョン
      • paintComponent

        public static void paintComponent​(Graphics g,
                                          Component c,
                                          Container p,
                                          int x,
                                          int y,
                                          int w,
                                          int h)
        指定されたGraphicsで、コンポーネントをペイントします。 このメソッドは、主に可視の包含関係の階層には含まれていないが描画に使用されるComponentを描画するために使用されます。 たとえば、描画時にテキストやHTMLを描画する場合は、JLabelのテキスト描画機能を利用して、このメソッドで直接ペイントできます。このとき、ラベルを可視の包含関係の階層に追加する必要はありません。

        このメソッドは、CellRendererPaneを利用して、実際のペイントを処理します。描画に単一のコンポーネントを使用する場合にのみ使用するようにしてください。 JTableのように複数のコンポーネントを利用して描画を行う場合は、CellRendererPaneを直接使用してください。 そうでない場合は、次に示すように、ComponentごとにCellRendererPaneを呼び出します。

        cの親がCellRendererPaneでない場合、新しいCellRendererPaneが作成され、それにcが追加されます。また、CellRendererPanepに追加されます。 cの親がCellRendererPaneであり、CellRendererPaneの親がpでない場合、それがpに追加されます。

        コンポーネントは、JComponentの子孫であるか、別の種類の軽量コンポーネントであることが必要です。 軽量コンポーネントとは、Component isLightweightメソッドによって返される「軽量」プロパティがtrueであるようなコンポーネントです。 Componentが軽量でない場合は、クラッシュ、例外、ペイント関連の問題など、不正な事態が発生することがあります。

        パラメータ:
        g - 描画先のGraphicsオブジェクト
        c - 描画対象のComponent
        p - 中間Container
        x - 描画領域の左端を表すint値(ピクセル単位)。グラフィックス・コンテキストの左端を基準とする
        y - 描画領域の上端を表すint値(ピクセル単位)。グラフィックス・コンテキストの上端を基準とする
        w - 描画領域の幅を表すint値(ピクセル単位)
        h - 描画領域の高さを表すint値(ピクセル単位)
        関連項目:
        CellRendererPane, Component.isLightweight()
      • updateComponentTreeUI

        public static void updateComponentTreeUI​(Component c)
        単純なルック・アンド・フィールの変更で、ツリー内の各ノードにupdateUI()処理を行うこと、つまり現在のルック・アンド・フィールでそのUIプロパティを初期化することを要求します。
        パラメータ:
        c - コンポーネント
      • invokeLater

        public static void invokeLater​(Runnable doRun)
        doRun.run()を、AWTイベント・ディスパッチ・スレッドで非同期的に実行させます。 これは、保留中のすべてのAWTイベントが処理されたあとに発生します。 このメソッドは、アプリケーション・スレッドがGUIを更新する必要があるときに使用されます。 次の例では、invokeLater呼出しはイベント・ディスパッチ・スレッドにRunnableオブジェクトのdoHelloWorldのキューを呼び出してから、メッセージを出力します。
         Runnable doHelloWorld = new Runnable() {
             public void run() {
                 System.out.println("Hello World on " + Thread.currentThread());
             }
         };
        
         SwingUtilities.invokeLater(doHelloWorld);
         System.out.println("This might well be displayed before the other message.");
         
        invokeLaterがイベント・ディスパッチ・スレッド、たとえばJButtonのActionListenerから呼び出された場合、doRun.run()は保留中のすべてのイベントが処理されるまで実行が延期されます。 ただし、doRun.run()がキャッチされない例外をスローする場合は、イベント・ディスパッチ・スレッド(現在のスレッドではない)が状態を元に戻します。

        このメソッドの追加のドキュメントと例は、Concurrency in Swingを参照してください。

        1.3以降、このメソッドはjava.awt.EventQueue.invokeLater()を呼び出すだけです。

        このメソッドは、ほかのSwingのメソッドとは異なり、どのスレッドからでも呼び出せます。

        パラメータ:
        doRun - Runnableのインスタンス
        関連項目:
        invokeAndWait(java.lang.Runnable)
      • invokeAndWait

        public static void invokeAndWait​(Runnable doRun)
                                  throws InterruptedException,
                                         InvocationTargetException
        doRun.run()を、AWTイベント・ディスパッチ・スレッドで非同期的に実行させます。 この呼び出しは、保留中のすべてのAWTイベントが処理されるまでブロックされ、次にdoRun.run()が復帰します。 このメソッドは、アプリケーション・スレッドがGUIを更新する必要があるときに使用されます。 イベント・ディスパッチ・スレッドから呼び出してはいけません。 新しいアプリケーション・スレッドを生成する例を、次に示します。この例では、アプリケーション・スレッドはinvokeAndWaitを使用してイベント・ディスパッチ・スレッドから文字列を出力し、その後、アプリケーション・スレッドから文字列を出力します。
         final Runnable doHelloWorld = new Runnable() {
             public void run() {
                 System.out.println("Hello World on " + Thread.currentThread());
             }
         };
        
         Thread appThread = new Thread() {
             public void run() {
                 try {
                     SwingUtilities.invokeAndWait(doHelloWorld);
                 }
                 catch (Exception e) {
                     e.printStackTrace();
                 }
                 System.out.println("Finished on " + Thread.currentThread());
             }
         };
         appThread.start();
         
        Runnable.runメソッドがキャッチされない例外をイベント・ディスパッチ元スレッドでスローする場合は、その例外は呼出し側のスレッドで、InvocationTargetExceptionとしてキャッチされて再スローされます。

        このメソッドの追加のドキュメントと例は、Concurrency in Swingを参照してください。

        1.3以降、このメソッドはjava.awt.EventQueue.invokeAndWait()を呼び出すだけです。

        パラメータ:
        doRun - Runnableのインスタンス
        例外:
        InterruptedException - イベント・ディスパッチ・スレッドがdoRun.run()の実行を終えるのを待機する間に割込みを受けた場合
        InvocationTargetException - doRunの実行中に例外がスローされる場合
        関連項目:
        invokeLater(java.lang.Runnable)
      • isEventDispatchThread

        public static boolean isEventDispatchThread()
        現在のスレッドがAWTイベント・ディスパッチ・スレッドの場合にtrueを返します。

        1.3以降、このメソッドはjava.awt.EventQueue.isDispatchThread()を呼び出すだけです。

        戻り値:
        現在のスレッドがAWTイベント・ディスパッチ・スレッドの場合はtrue
      • getAccessibleIndexInParent

        public static int getAccessibleIndexInParent​(Component c)
        このオブジェクトの、そのAccessible親でのインデックスを取得します。

        注: Java 2プラットフォームv1.3以降、開発者はこのメソッドを使用する代わりに、Component.AccessibleAWTComponent.getAccessibleIndexInParent()を呼び出すことをお勧めします。

        パラメータ:
        c - コンポーネント
        戻り値:
        このオブジェクトがAccessible親を持たない場合は -1。 そうでない場合は、Accessible親にある子のインデックス。
      • getAccessibleAt

        public static Accessible getAccessibleAt​(Component c,
                                                 Point p)
        ローカル座標のPointに含まれているAccessible子が存在する場合は、それを返します。 それ以外の場合はnullを返します。
        パラメータ:
        c - コンポーネント
        p - ローカル座標
        戻り値:
        指定された場所に存在するAccessible。そうでない場合はnull
      • getAccessibleStateSet

        public static AccessibleStateSet getAccessibleStateSet​(Component c)
        このオブジェクトの状態を取得します。

        注: Java 2プラットフォームv1.3以降、開発者はこのメソッドを使用する代わりに、Component.AccessibleAWTComponent.getAccessibleIndexInParent()を呼び出すことをお勧めします。

        パラメータ:
        c - コンポーネント
        戻り値:
        オブジェクトの現在の状態セットを保持するAccessibleStateSetのインスタンス
        関連項目:
        AccessibleState
      • getAccessibleChildrenCount

        public static int getAccessibleChildrenCount​(Component c)
        オブジェクト内のAccessible子の数を返します。 このオブジェクトの子のすべてがAccessibleインタフェースを実装する場合、このメソッドはこのオブジェクトの子の数を返さなければいけません。

        注: Java 2プラットフォームv1.3以降、開発者はこのメソッドを使用する代わりに、Component.AccessibleAWTComponent.getAccessibleIndexInParent()を呼び出すことをお勧めします。

        パラメータ:
        c - コンポーネント
        戻り値:
        オブジェクト内のAccessible子の数。
      • getAccessibleChild

        public static Accessible getAccessibleChild​(Component c,
                                                    int i)
        オブジェクトのn番目のAccessible子を返します。

        注: Java 2プラットフォームv1.3以降、開発者はこのメソッドを使用する代わりに、Component.AccessibleAWTComponent.getAccessibleIndexInParent()を呼び出すことをお勧めします。

        パラメータ:
        c - コンポーネント
        i - 子のゼロから始まるインデックス
        戻り値:
        オブジェクトのn番目のAccessible子
      • findFocusOwner

        @Deprecated
        public static Component findFocusOwner​(Component c)
        非推奨。
        1.4以降は、KeyboardFocusManager.getFocusOwner()に置き換えられています。
        フォーカス所有者である、指定されたComponentの子Componentを返します(存在する場合)。
        パラメータ:
        c - フォーカス所有者を検索するときのComponent階層のルート
        戻り値:
        フォーカス所有者。フォーカス所有者が存在しない場合、フォーカス所有者がcompでない場合、またはフォーカス所有者がcompの子孫である場合はnull
        関連項目:
        KeyboardFocusManager.getFocusOwner()
      • getRootPane

        public static JRootPane getRootPane​(Component c)
        cが下位JRootPane子孫の場合は、そのJRootPane祖先を返します。 cがRootPaneContainerの場合は、そのJRootPaneを返します。
        パラメータ:
        c - コンポーネント
        戻り値:
        Component cのJRootPane、またはnull
      • getRoot

        public static Component getRoot​(Component c)
        現在のコンポーネント・ツリーのルート・コンポーネントを返します。
        パラメータ:
        c - コンポーネント
        戻り値:
        Windowであるcの最初の祖先、または最後のApplet祖先
      • processKeyBindings

        public static boolean processKeyBindings​(KeyEvent event)
        eventに関連付けられたComponentのキー・バインディングを処理します。 このメソッドが便利なのは、event.getComponent()JComponentの下位である場合、またはJComponentサブクラス内からsuper.processKeyEventを呼び出していない場合だけです。 JComponentは、自身のprocessKeyEventメソッド内から自動的にバインディングを処理するため、このメソッドを直接呼び出すことが必要となる場合はほとんどありません。
        パラメータ:
        event - フォーカスを持つComponentおよび処理対象のバインディングを指定するKeyEvent。
        戻り値:
        バインディングが見つかり処理された場合はtrue
        導入されたバージョン:
        1.4
      • notifyAction

        public static boolean notifyAction​(Action action,
                                           KeyStroke ks,
                                           KeyEvent event,
                                           Object sender,
                                           int modifiers)
        actionが非nullの場合はactionactionPerformedを呼び出し、送信者オブジェクトを受け入れます。 ActionEventのコマンドは次の値で指定されます。
        1. アクションがregisterKeyboardActionを使用して登録された場合は、渡されたコマンド文字列(nullが渡された場合はnull)。
        2. nullでないかぎり、Action.ACTION_COMMAND_KEYという名前を持つAction値。
        3. getKeyCharがKeyEvent.CHAR_UNDEFINEDを返さないかぎり、KeyEventのString値。
        actionnull以外で、actionPerformedが呼び出されると、trueを返します。
        パラメータ:
        action - 行動
        ks - キーストローク
        event - キー・イベント
        sender - 送信者
        modifiers - アクション修飾子
        戻り値:
        actionが非nullであれば、trueとactionPerformedが呼び出されます。
        導入されたバージョン:
        1.3
        関連項目:
        Action.accept(java.lang.Object)
      • replaceUIInputMap

        public static void replaceUIInputMap​(JComponent component,
                                             int type,
                                             InputMap uiInputMap)
        componentのUI InputMapをuiInputMapに変更する簡易メソッドです。 uiInputMapnullの場合、このメソッドは以前にインストールされたUI InputMapを削除します。
        パラメータ:
        component - コンポーネント
        type - 型
        uiInputMap - InputMap
        導入されたバージョン:
        1.3
      • replaceUIActionMap

        public static void replaceUIActionMap​(JComponent component,
                                              ActionMap uiActionMap)
        componentのUI ActionMapをuiActionMapに変更する簡易メソッドです。 uiActionMapnullの場合、このメソッドは以前にインストールされたUI ActionMapを削除します。
        パラメータ:
        component - コンポーネント
        uiActionMap - ActionMap
        導入されたバージョン:
        1.3
      • getUIInputMap

        public static InputMap getUIInputMap​(JComponent component,
                                             int condition)
        UIがcomponentconditionに指定したInputMapを返します。

        UIが指定された型のInputMapをインストールしていない場合、これはnullを返します。

        パラメータ:
        component - コンポーネント
        condition - 条件
        戻り値:
        コンポーネント内のconditionのUIによって提供されるActionMap、またはUIが指定された型のInputMapをインストールしていない場合はnull
        導入されたバージョン:
        1.3
      • getUIActionMap

        public static ActionMap getUIActionMap​(JComponent component)
        UIがcomponentに指定したActionMapを返します。

        このメソッドは、UIが指定された型のActionMapをインストールしていない場合にnullを返します。

        パラメータ:
        component - コンポーネント
        戻り値:
        コンポーネントでUIによって提供されるActionMap、またはUIがActionMapをインストールしていない場合はnull
        導入されたバージョン:
        1.3
      • calculateInnerArea

        public static Rectangle calculateInnerArea​(JComponent c,
                                                   Rectangle r)
        指定されたコンポーネントの内部ペイント領域の位置とサイズをrに格納し、rを返します。 ボーダー領域(インセット)を含まないように調整されます。 このメソッドは、ペイントするコードを実装するクラスに対して便利です。
        パラメータ:
        c - 対象のJComponent。nullの場合、このメソッドはnullを返す
        r - 変更されるRectangleのインスタンス。null
        戻り値:
        コンポーネントがnullの場合はnull。そうでない場合は渡された矩形(null以外の場合)、または位置およびサイズ情報を指定する新しい矩形
        導入されたバージョン:
        1.4
      • getUnwrappedParent

        public static Container getUnwrappedParent​(Component component)
        JLayerのインスタンスではない、componentの最初の祖先を返します。
        パラメータ:
        component - JLayerインスタンスではない、最初の祖先を取得するComponent
        戻り値:
        JLayerのインスタンスではない、componentの最初の祖先。 そのような祖先が見つからない場合は、nullを返します。
        例外:
        NullPointerException - componentnullである場合
        導入されたバージョン:
        1.7
        関連項目:
        JLayer
      • getUnwrappedView

        public static Component getUnwrappedView​(JViewport viewport)
        JLayerのインスタンスではない、JViewportの最初の子孫を返します。 そのような子孫が見つからない場合は、nullを返します。 viewportのビュー・コンポーネントがJLayerでない場合、このメソッドはJViewport.getView()と同じであり、それ以外の場合は、JLayer.getView()が降順のすべてのJLayerで再帰的に呼び出されます。
        パラメータ:
        viewport - JLayerインスタンスではない、最初の子孫を取得するJViewport
        戻り値:
        JLayerのインスタンスではない、JViewportの最初の子孫。 そのような子孫が見つからない場合は、nullを返します。
        例外:
        NullPointerException - viewportnullである場合
        導入されたバージョン:
        1.7
        関連項目:
        JViewport.getView(), JLayer