モジュール java.management

インタフェースTabularData

  • 既知のすべての実装クラス:
    TabularDataSupport

    public interface TabularData
    TabularDataインタフェースは、テーブル・データ構造を表現する特定の型の複合公開データ・オブジェクトの動作を指定します。
    導入されたバージョン:
    1.5
    • メソッドのサマリー

      すべてのメソッド インスタンス・メソッド 抽象メソッド 
      修飾子と型 メソッド 説明
      Object[] calculateIndex​(CompositeData value)
      このTabularDataインスタンスに、指定された複合データvalueパラメータを参照するために使用されるインデックスが追加されている場合、このインデックスを計算します。
      void clear()
      このTabularDataインスタンスからすべてのCompositeData値(行)を削除します。
      boolean containsKey​(Object[] key)
      このTabularDataインスタンスに、インデックスが指定されたkeyになっているCompositeData値(行)が含まれる場合にかぎりtrueを返します。
      boolean containsValue​(CompositeData value)
      このTabularDataインスタンスに、指定されたCompositeData値が含まれる場合にかぎりtrueを返します。
      boolean equals​(Object obj)
      指定されたobjパラメータとこのTabularDataインスタンスが等しいかどうかを比較します。
      CompositeData get​(Object[] key)
      このTabularDataインスタンス内で、keyをインデックスに持つCompositeData値(keyに値がマッピングされていない場合はnull)を返します。
      TabularType getTabularType()
      このTabularDataインスタンスを記述する表型を返します。
      int hashCode()
      このTabularDataインスタンスのハッシュ・コード値を返します。
      boolean isEmpty()
      このTabularDataインスタンスに含まれるCompositeData値の数(行数)がゼロの場合、trueを返します。
      Set<?> keySet()
      このTabularDataインスタンスに含まれるCompositeData値(行)のキー(インデックス値)のセット・ビューを返します。
      void put​(CompositeData value)
      このTabularDataインスタンスにvalueを追加します。
      void putAll​(CompositeData[] values)
      values内のすべての要素をこのTabularDataインスタンスに追加します。
      CompositeData remove​(Object[] key)
      keyをインデックスに持つCompositeData値をこのTabularDataインスタンスから削除し、その削除した値を返します。keyをインデックスに持つ値が存在しない場合はnullを返します。
      int size()
      このTabularDataインスタンスに含まれるCompositeData値の数(行数)を返します。
      String toString()
      このTabularDataインスタンスの文字列表現を返します。
      Collection<?> values()
      このTabularDataインスタンスに含まれるCompositeData値(行)のコレクション・ビューを返します。
    • メソッドの詳細

      • getTabularType

        TabularType getTabularType()
        このTabularDataインスタンスを記述する表型を返します。
        戻り値:
        表型。
      • calculateIndex

        Object[] calculateIndex​(CompositeData value)
        このTabularDataインスタンスに、指定された複合データvalueパラメータを参照するために使用されるインデックスが追加されている場合、このインデックスを計算します。 このメソッドは、指定されたvalueの型の妥当性を検査します。ただし、計算されたインデックスが、このTabularDataインスタンス内の値を参照するためにすでに使用されているかどうかは検査しません。
        パラメータ:
        value - 複合データ値。このTabularDataインスタンス内のこのデータ値のインデックスを計算する。このインスタンスの行の型と同じ複合型で、null以外。
        戻り値:
        指定されたvalueがこのTabularDataインスタンス内に持つインデックス。
        例外:
        NullPointerException - valuenullの場合
        InvalidOpenTypeException - valueがこのTabularDataインスタンスの行の型定義に準拠していない場合。
      • size

        int size()
        このTabularDataインスタンスに含まれるCompositeData値の数(行数)を返します。
        戻り値:
        含まれる値の数。
      • isEmpty

        boolean isEmpty()
        このTabularDataインスタンスに含まれるCompositeData値の数(行数)がゼロの場合、trueを返します。
        戻り値:
        このTabularDataが空の場合はtrue。
      • containsKey

        boolean containsKey​(Object[] key)
        このTabularDataインスタンスに、インデックスが指定されたkeyになっているCompositeData値(行)が含まれる場合にかぎりtrueを返します。 keynullの場合、またはこのTabularDataインスタンスのTabularType定義に準拠していない場合、このメソッドはfalseを返します。
        パラメータ:
        key - このTabularData内にあるかどうかテストされるインデックス値。
        戻り値:
        このTabularDataが指定されたキーを持つ行の値を示す場合はtrue
      • containsValue

        boolean containsValue​(CompositeData value)
        このTabularDataインスタンスに、指定されたCompositeData値が含まれる場合にかぎりtrueを返します。 valuenullの場合、またはこのTabularDataインスタンスの行の型定義に準拠していない場合、このメソッドはfalseを返します。
        パラメータ:
        value - このTabularData内にあるかどうかテストされる行の値。
        戻り値:
        このTabularDataインスタンスに指定された行の値が含まれる場合はtrue
      • get

        CompositeData get​(Object[] key)
        このTabularDataインスタンス内で、keyをインデックスに持つCompositeData値(keyに値がマッピングされていない場合はnull)を返します。
        パラメータ:
        key - 返される行のキー。
        戻り値:
        keyに対応する値。
        例外:
        NullPointerException - keynullの場合
        InvalidKeyException - keyがこのTabularDataインスタンスのTabularType定義に適合しない場合
      • put

        void put​(CompositeData value)
        このTabularDataインスタンスにvalueを追加します。 valueの複合型は、このインスタンスの行の型(this.getTabularType().getRowType()によって返される複合型)と同じである必要があります。また、このTabularDataインスタンス内に、追加されるvalue用に計算されたものと同じインデックスを持つ既存の値が存在していてはいけません。 valueのインデックスは、このTabularDataインスタンスのTabularType定義に従って計算されます(TabularType.getIndexNames()を参照)。
        パラメータ:
        value - このTabularDataインスタンスに新しい行として追加される複合データ値。このインスタンスの行の型と同じ複合型で、null以外でなければならない。
        例外:
        NullPointerException - valuenullの場合
        InvalidOpenTypeException - valueがこのTabularDataインスタンスの行の型定義に準拠していない場合。
        KeyAlreadyExistsException - このTabularDataインスタンスのTabularType定義に準拠するように計算されたvalueのインデックスが、配下のHashMap内の既存の値とすでに一致している場合。
      • remove

        CompositeData remove​(Object[] key)
        keyをインデックスに持つCompositeData値をこのTabularDataインスタンスから削除し、その削除した値を返します。keyをインデックスに持つ値が存在しない場合はnullを返します。
        パラメータ:
        key - このTabularDataインスタンス内に取得する値のインデックス。このTabularDataインスタンスの行の型定義に対して有効かつnull以外でなければならない。
        戻り値:
        指定されたキーと関連付けられていた以前の値。キーのマッピングがなかった場合はnull
        例外:
        NullPointerException - keynullの場合
        InvalidKeyException - keyがこのTabularDataインスタンスのTabularType定義に適合しない場合
      • putAll

        void putAll​(CompositeData[] values)
        values内のすべての要素をこのTabularDataインスタンスに追加します。 valuesの要素がputで定義された制約を満たさない場合、またはvaluesの2つの要素がこのTabularDataインスタンスTabularTypeの定義に従って計算された同じインデックスを持つ場合は、その障害を記述する例外がスローされ、valuesの要素が追加されず、このTabularDataインスタンスは変更されません。
        パラメータ:
        values - 複合データ値の配列。この値が、新しい行としてこのTabularDataインスタンスに追加される。valuesnullまたは空文字列の場合、このメソッドは何もせずに終了する。
        例外:
        NullPointerException - valueの要素がnullの場合
        InvalidOpenTypeException - valueの要素がこのTabularDataインスタンスの行の型定義に準拠していない場合。
        KeyAlreadyExistsException - このTabularDataインスタンスのTabularType定義に準拠するように計算されたvaluesの要素のインデックスが、このインスタンス内の既存の値にすでに一致している場合、またはvalues内に同じインデックスを持つ要素が2つ存在する場合
      • clear

        void clear()
        このTabularDataインスタンスからすべてのCompositeData値(行)を削除します。
      • keySet

        Set<?> keySet()
        このTabularDataインスタンスに含まれるCompositeData値(行)のキー(インデックス値)のセット・ビューを返します。 返されるSetSet<List<?>>ですが、互換性を維持するためにSet<?>として宣言されます。 返されるセットを使って、キーの繰返し処理を行うことができます。
        戻り値:
        このTabularDataインスタンスで使用されるインデックス値のセット・ビュー(Set<List<?>>)。
      • values

        Collection<?> values()
        このTabularDataインスタンスに含まれるCompositeData値(行)のコレクション・ビューを返します。 返されるCollectionCollection<CompositeData>ですが、互換性を維持するためにCollection<?>として宣言されます。 返されるコレクションを使って、値の繰返し処理を行うことができます。
        戻り値:
        このTabularDataインスタンスに格納されている行のコレクション・ビュー(Collection<CompositeData>)。
      • equals

        boolean equals​(Object obj)
        指定されたobjパラメータとこのTabularDataインスタンスが等しいかどうかを比較します。

        次のすべての条件が満たされている場合に限り、trueを返します。

        • objがnullでない
        • objTabularDataインタフェースも実装している
        • 行型が等しい
        • 内容(インデックスと値のマッピング)が等しい
        これらの条件が満たされていれば、このequalsメソッドは、TabularDataインタフェースの異なった実装であるobjパラメータに対して正常に機能します。
         

        オーバーライド:
        equals 、クラス:  Object
        パラメータ:
        obj - このTabularDataインスタンスと等しいかどうかを比較するオブジェクト。
        戻り値:
        指定されたオブジェクトがこのTabularDataインスタンスと等しい場合はtrue
        関連項目:
        Object.hashCode()HashMap
      • hashCode

        int hashCode()
        このTabularDataインスタンスのハッシュ・コード値を返します。

        TabularDataインスタンスのハッシュ・コードは、equalsの比較で使用されるすべての情報要素(表型と、すべての値マッピングのインデックスとして定義された内容)のハッシュ・コードの合計です。

        これにより、Object.hashCode()メソッドの一般規約によって要求される、任意の2つのTabularDataSupportインスタンスt1t2で、t1.equals(t2)であればt1.hashCode()==t2.hashCode()となることが保証されます。

        オーバーライド:
        hashCode 、クラス:  Object
        戻り値:
        このTabularDataSupportインスタンスのハッシュ・コード値
        関連項目:
        Object.equals(java.lang.Object), System.identityHashCode(java.lang.Object)
      • toString

        String toString()
        このTabularDataインスタンスの文字列表現を返します。

        文字列表現は、実装クラス名と、このインスタンスの表型で構成されます。

        オーバーライド:
        toString 、クラス:  Object
        戻り値:
        このTabularDataインスタンスの文字列表現