モジュール java.management

クラスTabularDataSupport

    • ネストされたクラスのサマリー

      • インタフェース java.util.Mapで宣言されたネストされたクラス/インタフェース

        Map.Entry<K,​V>
    • コンストラクタのサマリー

      コンストラクタ 
      コンストラクタ 説明
      TabularDataSupport​(TabularType tabularType)
      公開型がtabularTypeで、配下のHashMapがデフォルトの初期容量(101)とデフォルトの負荷係数(0.75)になっている空のTabularDataSupportインスタンスを作成します。
      TabularDataSupport​(TabularType tabularType, int initialCapacity, float loadFactor)
      公開型がtabularTypeで、配下のHashMapが指定された初期容量および負荷係数になっている空のTabularDataSupportインスタンスを作成します。
    • メソッドのサマリー

      すべてのメソッド インスタンス・メソッド 具象メソッド 
      修飾子と型 メソッド 説明
      Object[] calculateIndex​(CompositeData value)
      このTabularDataインスタンスに、指定された複合データvalueパラメータを参照するために使用されるインデックスが追加されている場合、このインデックスを計算します。
      void clear()
      このTabularDataSupportインスタンスからすべての行を削除します。
      Object clone()
      このTabularDataSupportインスタンスの複製を返します。複製は、super.clone()を呼び出し、配下のマップを複製することによって取得されます。
      boolean containsKey​(Object key)
      このTabularDataインスタンスに、インデックスが指定されたkeyになっているCompositeData値(行)が含まれる場合にかぎりtrueを返します。
      boolean containsKey​(Object[] key)
      このTabularDataインスタンスに、インデックスが指定されたkeyになっているCompositeData値(行)が含まれる場合にかぎりtrueを返します。
      boolean containsValue​(Object value)
      このTabularDataインスタンスに指定された値が含まれる場合に限り、trueを返します。
      boolean containsValue​(CompositeData value)
      このTabularDataインスタンスに、指定されたCompositeData値が含まれる場合にかぎりtrueを返します。
      Set<Map.Entry<Object,​Object>> entrySet()
      このTabularDataSupportインスタンスに含まれる行マッピングのインデックスのコレクション・ビューを返します。
      boolean equals​(Object obj)
      指定されたobjパラメータとこのTabularDataSupportインスタンスが等しいかどうかを比較します。
      Object get​(Object key)
      このメソッドは単純にget((Object[]) key)を呼び出します。
      CompositeData get​(Object[] key)
      このTabularDataインスタンス内で、keyをインデックスに持つCompositeData値(keyに値がマッピングされていない場合はnull)を返します。
      TabularType getTabularType()
      このTabularDataインスタンスを記述する表型を返します。
      int hashCode()
      このTabularDataSupportインスタンスのハッシュ・コード値を返します。
      boolean isEmpty()
      このTabularDataSupportインスタンスに行が含まれない場合はtrueを返します。
      Set<Object> keySet()
      このTabularDataSupportインスタンスの配下のマップに含まれるキーのセット・ビューを返します。これらのキーは、行の指定に使用されます。
      Object put​(Object key, Object value)
      このメソッドは、単純にput((CompositeData) value)を呼び出します。したがって、keyパラメータ(nullも可能)は無視します。
      void putAll​(Map<?,​?> t)
      指定されたマップt内のすべての値を、このTabularDataインスタンスに追加します。
      void putAll​(CompositeData[] values)
      values内のすべての要素をこのTabularDataインスタンスに追加します。
      Object remove​(Object key)
      このメソッドは単純にremove((Object[]) key)を呼び出します。
      CompositeData remove​(Object[] key)
      keyをインデックスに持つCompositeData値をこのTabularDataインスタンスから削除し、その削除した値を返します。keyをインデックスに持つ値が存在しない場合はnullを返します。
      int size()
      このTabularDataSupportインスタンス内の行数を返します。
      String toString()
      このTabularDataSupportインスタンスの文字列表現を返します。
      Collection<Object> values()
      このTabularDataSupportインスタンスに格納されている行のコレクション・ビューを返します。
      • インタフェース javax.management.openmbean.TabularDataで宣言されたメソッド

        put
    • コンストラクタの詳細

      • TabularDataSupport

        public TabularDataSupport​(TabularType tabularType)
        公開型がtabularTypeで、配下のHashMapがデフォルトの初期容量(101)とデフォルトの負荷係数(0.75)になっている空のTabularDataSupportインスタンスを作成します。

        このコンストラクタは、単純にthis(tabularType, 101, 0.75f);を呼び出します。

        パラメータ:
        tabularType - このTabularDataインスタンスを記述する表型。null以外。
        例外:
        IllegalArgumentException - 表型がnullの場合。
      • TabularDataSupport

        public TabularDataSupport​(TabularType tabularType,
                                  int initialCapacity,
                                  float loadFactor)
        公開型がtabularTypeで、配下のHashMapが指定された初期容量および負荷係数になっている空のTabularDataSupportインスタンスを作成します。
        パラメータ:
        tabularType - このTabularDataインスタンスを記述する表型。null以外。
        initialCapacity - HashMapの初期容量。
        loadFactor - HashMapの負荷係数
        例外:
        IllegalArgumentException - 初期容量がゼロより小さい場合、負荷係数が正ではない場合、または表型がnullの場合。
    • メソッドの詳細

      • getTabularType

        public TabularType getTabularType()
        このTabularDataインスタンスを記述する表型を返します。
        定義:
        getTabularType、インタフェース: TabularData
        戻り値:
        表型。
      • calculateIndex

        public Object[] calculateIndex​(CompositeData value)
        このTabularDataインスタンスに、指定された複合データvalueパラメータを参照するために使用されるインデックスが追加されている場合、このインデックスを計算します。 このメソッドは、指定されたvalueの型の妥当性を検査します。ただし、計算されたインデックスが、このTabularDataインスタンス内の値を参照するためにすでに使用されているかどうかは検査しません。
        定義:
        calculateIndex、インタフェース: TabularData
        パラメータ:
        value - 複合データ値。このTabularDataインスタンス内のこのデータ値のインデックスを計算する。このインスタンスの行の型と同じ複合型で、null以外。
        戻り値:
        指定されたvalueがこのTabularDataインスタンス内に持つインデックス。
        例外:
        NullPointerException - valuenullの場合
        InvalidOpenTypeException - valueがこのTabularDataインスタンスの行の型定義に準拠していない場合。
      • containsKey

        public boolean containsKey​(Object key)
        このTabularDataインスタンスに、インデックスが指定されたkeyになっているCompositeData値(行)が含まれる場合にかぎりtrueを返します。 keyをObjectインスタンスの1ディメンション配列にキャストできない場合、このメソッドは単純にfalseを返します。それ以外の場合は、this.containsKey((Object[]) key)への呼び出しの結果を返します。
        定義:
        インタフェースMap<Object,​Object>内のcontainsKey
        パラメータ:
        key - このTabularData内にあるかどうかテストされるインデックス値。
        戻り値:
        このTabularDataが指定されたキーを持つ行の値を示す場合はtrue
      • containsKey

        public boolean containsKey​(Object[] key)
        このTabularDataインスタンスに、インデックスが指定されたkeyになっているCompositeData値(行)が含まれる場合にかぎりtrueを返します。 keynullの場合、またはこのTabularDataインスタンスのTabularType定義に準拠していない場合、このメソッドはfalseを返します。
        定義:
        containsKey、インタフェース: TabularData
        パラメータ:
        key - このTabularData内にあるかどうかテストされるインデックス値。
        戻り値:
        このTabularDataが指定されたキーを持つ行の値を示す場合はtrue
      • containsValue

        public boolean containsValue​(CompositeData value)
        このTabularDataインスタンスに、指定されたCompositeData値が含まれる場合にかぎりtrueを返します。 valuenullの場合、またはこのTabularDataインスタンスの行の型定義に準拠していない場合、このメソッドはfalseを返します。
        定義:
        containsValue、インタフェース: TabularData
        パラメータ:
        value - このTabularData内にあるかどうかテストされる行の値。
        戻り値:
        このTabularDataインスタンスに指定された行の値が含まれる場合はtrue
      • containsValue

        public boolean containsValue​(Object value)
        このTabularDataインスタンスに指定された値が含まれる場合に限り、trueを返します。
        定義:
        インタフェースMap<Object,​Object>内のcontainsValue
        パラメータ:
        value - このTabularData内にあるかどうかテストされる行の値。
        戻り値:
        このTabularDataインスタンスに指定された行の値が含まれる場合はtrue
      • get

        public Object get​(Object key)
        このメソッドは単純にget((Object[]) key)を呼び出します。
        定義:
        インタフェースMap<Object,​Object>内のget
        パラメータ:
        key - 関連付けられた値が返される鍵
        戻り値:
        指定されたキーがマップされている値。そのキーのマッピングがこのマップに含まれていない場合はnull
        例外:
        NullPointerException - keynullの場合
        ClassCastException - keyの型がObject[]でない場合
        InvalidKeyException - keyがこのTabularDataインスタンスのTabularType定義に適合しない場合
      • get

        public CompositeData get​(Object[] key)
        このTabularDataインスタンス内で、keyをインデックスに持つCompositeData値(keyに値がマッピングされていない場合はnull)を返します。
        定義:
        get、インタフェース: TabularData
        パラメータ:
        key - このTabularDataインスタンス内に取得する値のインデックス。このTabularDataインスタンスの行の型定義に対して有効かつnull以外でなければならない。
        戻り値:
        keyに対応する値。
        例外:
        NullPointerException - keynullの場合
        InvalidKeyException - keyがこのTabularDataインスタンスのTabularType型定義に適合しない場合。
      • put

        public Object put​(Object key,
                          Object value)
        このメソッドは、単純にput((CompositeData) value)を呼び出します。したがって、keyパラメータ(nullも可能)は無視します。
        定義:
        インタフェースMap<Object,​Object>内のput
        パラメータ:
        key - 無視されるパラメータ。
        value - 設定するCompositeData
        戻り値:
        設定される値
        例外:
        NullPointerException - valuenullである場合
        ClassCastException - valueCompositeData型でない場合
        InvalidOpenTypeException - valueがこのTabularDataインスタンスのTabularType定義に適合しない場合
        KeyAlreadyExistsException - このTabularDataインスタンスのTabularType定義に準拠するように計算されたvalueパラメータのキーが、既存の値とすでに一致している場合
      • remove

        public Object remove​(Object key)
        このメソッドは単純にremove((Object[]) key)を呼び出します。
        定義:
        インタフェースMap<Object,​Object>内のremove
        パラメータ:
        key - 削除されるキーを表すObject[]
        戻り値:
        指定されたキーと関連付けられていた以前の値。キーのマッピングがなかった場合はnull
        例外:
        NullPointerException - keynullの場合
        ClassCastException - keyの型がObject[]でない場合
        InvalidKeyException - keyがこのTabularDataインスタンスのTabularType定義に適合しない場合
      • remove

        public CompositeData remove​(Object[] key)
        keyをインデックスに持つCompositeData値をこのTabularDataインスタンスから削除し、その削除した値を返します。keyをインデックスに持つ値が存在しない場合はnullを返します。
        定義:
        remove、インタフェース: TabularData
        パラメータ:
        key - このTabularDataインスタンス内に取得する値のインデックス。このTabularDataインスタンスの行の型定義に対して有効かつnull以外でなければならない。
        戻り値:
        指定されたキーと関連付けられていた以前の値。キーのマッピングがなかった場合はnull
        例外:
        NullPointerException - keynullの場合
        InvalidKeyException - keyがこのTabularDataインスタンスのTabularType定義に適合しない場合
      • putAll

        public void putAll​(Map<?,​?> t)
        指定されたマップt内のすべての値を、このTabularDataインスタンスに追加します。 このメソッドは、このマップ内の値の集合をCompositeData値の配列に変換することができれば変換し、putAll(CompositeData[])メソッドを呼び出します。 指定されたマップt内で使用されたキーは無視されます。 このメソッドを使って、たとえば、同じ行型(インデックス名は異なっていてもよい)の別のTabularDataインスタンスの内容を、このインスタンスに追加することができます。
        定義:
        インタフェースMap<Object,​Object>内のputAll
        パラメータ:
        t - マップ。このマップの値が、新しい行としてこのTabularDataインスタンスに追加される。tnullまたは空文字列の場合、このメソッドは何もせずに終了する。
        例外:
        NullPointerException - t内の値がnullの場合。
        ClassCastException -t内の値がCompositeDataのインスタンスでない場合。
        InvalidOpenTypeException - t内の値がこのTabularDataインスタンスの行の型定義に準拠していない場合。
        KeyAlreadyExistsException - このTabularDataインスタンスのTabularType定義に準拠するように計算されたt内の値のインデックスが、このインスタンス内の既存の値にすでに一致している場合、またはt内に同じインデックスを持つ要素が2つ存在する場合。
      • putAll

        public void putAll​(CompositeData[] values)
        values内のすべての要素をこのTabularDataインスタンスに追加します。 valuesの要素がputで定義された制約を満たさない場合、またはvaluesの2つの要素がこのTabularDataインスタンスTabularTypeの定義に従って計算された同じインデックスを持つ場合は、その障害を記述する例外がスローされ、valuesの要素が追加されず、このTabularDataインスタンスは変更されません。
        定義:
        putAll、インタフェース: TabularData
        パラメータ:
        values - 複合データ値の配列。この値が、新しい行としてこのTabularDataインスタンスに追加される。valuesnullまたは空文字列の場合、このメソッドは何もせずに終了する。
        例外:
        NullPointerException - valueの要素がnullの場合
        InvalidOpenTypeException - valuesの要素がこのTabularDataインスタンスの行の型定義(TabularType定義)に準拠していない場合
        KeyAlreadyExistsException - このTabularDataインスタンスのTabularType定義に準拠するように計算されたvaluesの要素のインデックスが、このインスタンス内の既存の値にすでに一致している場合、またはvalues内に同じインデックスを持つ要素が2つ存在する場合
      • clear

        public void clear()
        このTabularDataSupportインスタンスからすべての行を削除します。
        定義:
        インタフェースMap<Object,​Object>内のclear
        定義:
        clear、インタフェース: TabularData
      • size

        public int size()
        このTabularDataSupportインスタンス内の行数を返します。
        定義:
        インタフェースMap<Object,​Object>内のsize
        定義:
        size、インタフェース: TabularData
        戻り値:
        このTabularDataSupportインスタンス内の行数。
      • isEmpty

        public boolean isEmpty()
        このTabularDataSupportインスタンスに行が含まれない場合はtrueを返します。
        定義:
        インタフェースMap<Object,​Object>内のisEmpty
        定義:
        isEmpty、インタフェース: TabularData
        戻り値:
        このTabularDataSupportインスタンスに行が含まれない場合はtrue
      • keySet

        public Set<Object> keySet()
        このTabularDataSupportインスタンスの配下のマップに含まれるキーのセット・ビューを返します。これらのキーは、行の指定に使用されます。 このSetに含まれる各キーは変更不能なList<?>です。このため、返されるセット・ビューはSet<List<?>>ですが、互換性を維持するためにSet<Object>として宣言されます。 セットは、このTabularDataSupportインスタンスの配下のマップに連動しており、TabularDataSupportインスタンスの変更はセットに、セットの変更はインスタンスに反映されます。 セットは、Iterator.remove()Set.remove(java.lang.Object)Set.removeAll(java.util.Collection<?>)Set.retainAll(java.util.Collection<?>)およびSet.clear()の各オペレーションにより、このTabularDataSupportインスタンスから対応する行を削除する要素削除処理をサポートします。 Set.add(E)またはSet.addAll(java.util.Collection<? extends E>)オペレーションはサポートされていません。
        定義:
        インタフェースMap<Object,​Object>内のkeySet
        定義:
        keySet、インタフェース: TabularData
        戻り値:
        このTabularDataSupportインスタンスの行を指定するために使用されるキーのセット・ビュー(Set<List<?>>)。
      • entrySet

        public Set<Map.Entry<Object,​Object>> entrySet()
        このTabularDataSupportインスタンスに含まれる行マッピングのインデックスのコレクション・ビューを返します。 返されるコレクションの各要素はMap.Entry<List<?>,CompositeData>ですが、互換性を維持するためにMap.Entry<Object,Object>として宣言されます。 各マップ・エントリ・キーは変更不能なList<?>です。 コレクションは、このTabularDataSupportインスタンスの配下のマップに連動しており、TabularDataSupportインスタンスの変更はコレクションに、コレクションの変更はインスタンスに反映されます。 コレクションは、Iterator.remove()Collection.remove(java.lang.Object)Collection.removeAll(java.util.Collection<?>)Collection.retainAll(java.util.Collection<?>)およびCollection.clear()の各オペレーションにより、そのマップから対応するマッピングを削除する要素削除処理をサポートします。 Collection.add(E)またはCollection.addAll(java.util.Collection<? extends E>)操作はサポートされていません。

        重要: 返されるコレクション・ビュー内のMap.Entry要素のsetValueメソッドは使用しないでください。 使用すると、このTabularDataSupportインスタンスに格納された行マッピングのインデックスが壊れることがあります。

        定義:
        インタフェースMap<Object,​Object>内のentrySet
        戻り値:
        マップ内に保持されているマッピングのコレクション・ビュー(Set<Map.Entry<List<?>,CompositeData>>)。
        関連項目:
        Map.Entry
      • clone

        public Object clone()
        このTabularDataSupportインスタンスの複製を返します。複製は、super.clone()を呼び出し、配下のマップを複製することによって取得されます。 配下のマップのシャロー・クローンのみが作成されます。つまり、不変であるインデックスや行の値のクローニングは行われません。
        オーバーライド:
        clone、クラス: Object
        戻り値:
        このインスタンスの複製。
        関連項目:
        Cloneable
      • equals

        public boolean equals​(Object obj)
        指定されたobjパラメータとこのTabularDataSupportインスタンスが等しいかどうかを比較します。

        次のすべての条件が満たされている場合に限り、trueを返します。

        • objがnullでない
        • objTabularDataインタフェースも実装している
        • 表型が等しい
        • 内容(すべてのCompositeData値)が等しい
        これらの条件が満たされていれば、このequalsメソッドは、TabularDataインタフェースの異なった実装であるobjパラメータに対して正常に機能します。
         

        定義:
        インタフェースMap<Object,​Object>内のequals
        定義:
        equals、インタフェース: TabularData
        オーバーライド:
        equals 、クラス:  Object
        パラメータ:
        obj - このTabularDataSupportインスタンスと等しいかどうかを比較するオブジェクト。
        戻り値:
        指定されたオブジェクトがこのTabularDataSupportインスタンスと等しい場合はtrue
        関連項目:
        Object.hashCode()HashMap
      • hashCode

        public int hashCode()
        このTabularDataSupportインスタンスのハッシュ・コード値を返します。

        TabularDataSupportインスタンスのハッシュ・コードは、equalsの比較で使用されるすべての情報要素(表型と、すべてのCompositeData値として定義された内容)のハッシュ・コードの合計です。

        これにより、Object.hashCode()メソッドの一般規約によって要求される、任意の2つのTabularDataSupportインスタンスt1t2で、t1.equals(t2)であればt1.hashCode()==t2.hashCode()となることが保証されます。

        TabularDataインタフェースを実装する別のクラス・インスタンスが、equals(java.lang.Object)で定義されているように、このTabularDataSupportインスタンスと等しくなる場合もあります。しかし、計算方法が異なっているため、ハッシュ・コードも異なっている可能性があります。

        定義:
        インタフェースMap<Object,​Object>内のhashCode
        定義:
        hashCode、インタフェース: TabularData
        オーバーライド:
        hashCode 、クラス:  Object
        戻り値:
        このTabularDataSupportインスタンスのハッシュ・コード値
        関連項目:
        Object.equals(java.lang.Object), System.identityHashCode(java.lang.Object)
      • toString

        public String toString()
        このTabularDataSupportインスタンスの文字列表現を返します。

        この文字列表現は、このクラス(javax.management.openmbean.TabularDataSupport)の名前、このインスタンスの表型の文字列表現、および内容(dataMap.toString()の呼出しによって返されるkey=valueのマッピングのリスト)の文字列表現で構成されます。

        定義:
        toString、インタフェース: TabularData
        オーバーライド:
        toString 、クラス:  Object
        戻り値:
        このTabularDataSupportインスタンスの文字列表現