Groovyビジネス・ルール・チュートリアル

Groovyビジネス・ルールの実装に関して、これらの実践的な例のチュートリアルを完了します。

Groovyの実装: 基本タスク

目標 方法の学習

Groovyスクリプト言語と、Oracle Enterprise Performance Management CloudPlanningに対応するGroovyスクリプトの作成方法について学習します。

学習パス・アイコン Groovyビジネス・ルールの概要

データ・グリッドおよびデータ・グリッド・イテレータを操作するGroovyスクリプトを実装します。

  • 条件論理を使用したデータ・グリッドの背景色の設定

  • パフォーマンスのベンチマークの実装

  • グリッドのデフォルトのデータ値の設定

学習パス・アイコン Groovyのデータ・グリッドおよびイテレータの操作

Planningメタデータを操作するGroovyスクリプトを作成します(この場合は、ある親から別の親にメンバーを移動します)。スクリプトには、ユーザーに入力を促すRTPが含まれています。

スクリプトを呼び出すためのメニュー・アイテムを含む右クリック・アクション・メニューの作成方法と、アクション・メニューとデータ・フォームを関連付ける方法も学習します。

学習パス・アイコン Groovyによるディメンション・メンバーの移動

Groovyルールとスマート・プッシュを使用してソースの場所からターゲットの場所にデータをプッシュします。

学習パス・アイコン Groovyとスマート・プッシュを使用した変更済データの移動

Groovyの実装: 高度なタスク

目標 方法の学習

ドライバ・キューブに格納された許可されている範囲に対してデータ入力を検証するGroovyスクリプトを実装します。

学習パス・アイコン Groovyによるデータ入力ルールの検証

Planningメタデータを操作するGroovyスクリプトを作成します(この場合は、メンバーをディメンションに追加します)。スクリプトには、ユーザーに入力を促すRTPが含まれています。

スクリプトを呼び出すためのメニュー・アイテムを含む右クリック・アクション・メニューの作成方法と、アクション・メニューとデータ・フォームを関連付ける方法も学習します。

学習パス・アイコン Groovyによるディメンション・メンバーの追加

Planningで焦点を絞った計算スクリプトを生成して、データ入力フォーム全体ではなく、編集されたデータのみを計算します。

学習パス・アイコン Groovyを使用した変更済データの計算

戦略モデリングの概念を理解し、Groovyスクリプトを使用した戦略モデルとPlanningアプリケーションのデータの統合方法を学習します。

学習パス・アイコン Groovyを使用したPlanningと戦略モデルのデータの統合

対話型設計時プロンプト(DTP)を使用して、Groovyテンプレートを作成します。

学習パス・アイコン Groovyテンプレートの作成

PlanningでGroovyビジネス・ルールを使用して、EPM Cloudからディメンション・メタデータをエクスポートして、Planningにメタデータをインポートする方法を学習します。

学習パス・アイコン Groovyルールを使用したEnterprise Data Management Cloudのディメンション・メタデータのPlanningとの統合

Groovyの実装: REST API

目標 方法の学習

データ管理REST APIを呼び出して、ユーザーのエンティティの最新の製品ボリュームをPlanningにロードするデータ・ロード・ルールを実行します。

学習パス・アイコン Groovyを使用した内部REST APIの呼出し

PlanningでGroovyスクリプトから外部REST APIを呼び出します。

スクリプトを呼び出すためのメニュー・アイテムを含む右クリック・アクション・メニューの作成方法と、アクション・メニューとデータ・フォームを関連付ける方法も学習します。

学習パス・アイコン Groovyを使用した外部REST APIの呼出し