Oracle Cloud Agentを使用したプラグインの管理

Oracle Cloud Agentは、コンピュート・インスタンスで実行されているプラグインを管理する軽量プロセスです。プラグインは、パフォーマンス・メトリックを収集し、OS更新をインストールし、その他のインスタンス管理タスクを実行します。

インスタンスでプラグインを使用するには、Oracle Cloud Agentソフトウェアをインスタンスにインストールし、プラグインを有効にして、プラグインを実行する必要があります。特定のプラグインを使用する前に、追加の構成タスクを実行することが必要な場合があります。

サポートされているイメージ

Oracle Cloud Agent: Oracle Cloud Agentは、現在のプラットフォーム・イメージおよび現在のプラットフォーム・イメージに基づくカスタム・イメージでサポートされています。Oracle Cloud Agentは、デフォルトで現在のプラットフォーム・イメージにインストールされます。

古いプラットフォーム・イメージを使用している場合は、Oracle Cloud Agentソフトウェアを手動でインストールする必要があります。2018年11月15日より後の日付のイメージを選択します(Ubuntuの場合は2019年2月28日よりも後であることが必要です)。

その他のイメージにOracle Cloud Agentを手動で正常にインストールできる可能性がありますが、これは他のオペレーティング・システムではテストされておらず、動作は保証されません。

プラグイン: プラグインは、Oracle Cloud Agentの一部としてインストールされます。インスタンスでサポートされるプラグインは、Oracle Cloud Agentのバージョンおよびインスタンスの作成に使用するイメージによって異なります。特定のイメージでサポートされているプラグインを確認するには、コンソールを使用してインスタンスを作成します。または、ListInstanceagentAvailablePlugins API操作を使用して、イメージのOS名およびOSバージョンを指定します。

ノート

ArmベースのAmpere A1 Computeシェイプでは、カスタム・ログ・モニタリング・プラグインはサポートされていません。

使用可能なプラグイン

Oracle Cloud Agentプラグインは、コンピュート・インスタンスに関連する機能を提供します。この機能により、コンピュート・サービスの一部である機能と、他のサービスの一部である機能を有効にできます。

次のOracle Cloud Agentプラグインが使用可能です。

プラグイン名 説明 構成および使用のステップ
要塞 要塞サービスを使用して、パブリックIPアドレスを持たないインスタンスへのセキュア・シェル(SSH)接続を可能にします。 要塞を参照してください。
ブロック・ボリューム管理 インスタンスのブロック・ボリューム・セッションを構成します。 ブロック・ボリューム管理プラグインの有効化および超高パフォーマンス・ボリュームへのアタッチを参照してください。
コンピュート・インスタンスのモニタリング インスタンスのヘルス、容量およびパフォーマンスに関するメトリックを出力します。これらのメトリックは、モニタリング・サービスによって使用されます。 コンピュート・インスタンスのモニタリングの有効化およびコンピュート・インスタンス・メトリックを参照してください。
コンピュート・インスタンスのコマンド実行 インスタンス内でスクリプトを実行し、インスタンスをリモートで構成、管理およびトラブルシューティングします。 インスタンスでのコマンドの実行を参照してください。
カスタム・ログのモニタリング カスタム・ログをロギング・サービスに取り込みます。 カスタム・ログに関する項を参照してください。
管理エージェント 管理エージェントと統合されているOracle Cloud Infrastructureサービスのリソース(OS、アプリケーション、インフラストラクチャ・リソースなど)からデータを収集します。データには、監視、ログ、構成、容量およびヘルス・データを含めることができます。 コンピュート・インスタンスへの管理エージェントのデプロイを参照してください。
Oracle Autonomous Linux Autonomous Linuxサービスによって管理されるインスタンスについて、自律型更新を管理し、イベントに関連付けられたデータ(ログおよびスタック・トレースなど)を収集します。 Oracle Autonomous Linuxを参照してください
Oracle Java Management Service Java Managementサービスによって管理されるインスタンス上のJavaデプロイメントのJava Development Kit (JDK)ライフサイクル管理をモニターして実行します。 「Java Management」を参照してください。
OS管理サービス・エージェント インスタンスのオペレーティング・システム環境の更新およびパッチを管理します。 OS管理に関する項を参照してください。
脆弱性スキャン 更新が必要なOSパッケージなどの潜在的なセキュリティの脆弱性についてインスタンスをスキャンします。 スキャンの概要を参照してください。

必要なIAMポリシー

Oracle Cloud Infrastructureを使用するには、管理者によってポリシーでセキュリティ・アクセス権が付与されている必要があります。このアクセス権は、コンソール、あるいはSDK、CLIまたはその他のツールを使用したREST APIのいずれを使用している場合でも必要です。権限がない、または認可されていないというメッセージが表示される場合は、管理者に連絡して、どのタイプのアクセス権があり、どのコンパートメントで作業するかを確認してください。

管理者向け: ユーザーにコンピュート・インスタンスを起動させるのポリシーには、個々のプラグインを有効化および無効化する権限と、インスタンス上のすべてのプラグインを起動および停止する権限が含まれます。指定されたグループがインスタンスの起動やボリュームのアタッチを必要としない場合、そのポリシーを簡素化し、manage instance-familyのみを含めて、volume-familyおよびvirtual-network-familyに関連する文を削除できます。また、次のポリシーを使用して、使用可能なプラグインへのアクセスをユーザーに許可する必要があります:

Allow group PluginUsers to read instance-agent-plugins in compartment ABC
ポリシーを初めて使用する場合は、ポリシーの開始共通ポリシーを参照してください。インスタンス、クラウド・ネットワーク、または他のCore Services APIリソースのポリシーを作成するための参照資料については、コア・サービスの詳細を参照してください。

Oracle Cloud Agentソフトウェアのインストール

ノート

現在のプラットフォーム・イメージまたは現在のプラットフォーム・イメージに基づくカスタム・イメージを使用してインスタンスを作成する場合、Oracle Cloud Agentはデフォルトでインストールされます。処置は必要ありません。

サポートされている別のイメージを使用するインスタンスにOracle Cloud Agentソフトウェアを手動でインストールするには、オペレーティング・システムに適した次のいずれかの手順を使用します。

Oracle Cloud AgentをLinuxインスタンスに手動でインストールするには
  1. インスタンスに接続します
  2. Oracle Cloud Agentソフトウェアをダウンロードするには、次のいずれかのスクリプトを実行します。

    Oracle Linux
    1. Oracle Cloud Agentソフトウェアがインストールされているかどうかを確認するには、次のいずれかのコマンドを実行します。Oracle Linuxの場合:

      sudo yum info oracle-cloud-agent

      Oracle Linux Cloud Developerの場合:

      rpm -qa | grep oracle-cloud-agent

      このコマンドは、現在インストールされているOracle Cloud Agentのバージョンを返します。

    2. Oracle Cloud Agentがインストールされていない場合、またはインストールされているバージョンが最新バージョンでない場合は、次のコマンドを実行して最新バージョンをインストールします:

      sudo yum install -y oracle-cloud-agent
      ノート

      Oracle Cloud Agentを含むyumリポジトリにアクセスできない場合は、次のいずれかのスクリプトを実行します。

      Oracle Linux 6.x
      #!/bin/sh
      cd ~
      curl -O https://objectstorage.us-phoenix-1.oraclecloud.com/p/TtC2O-XcBGWWIHwRBuWEBthiio17YgBNQel6TOdL8v2PPSQqvfUlmQaV49B-ZDlK/n/imagegen/b/agents/o/oracle-cloud-agent-1.24.0-7147.el6.x86_64.rpm -v
      Oracle Autonomous Linux 7.x、Oracle Linux 7.x

      IntelおよびAMDシェイプ(x86プロセッサ)の場合:

      #!/bin/sh
      cd ~
      curl -O https://objectstorage.us-phoenix-1.oraclecloud.com/p/EGlbwqawJ38bManDaULGU5jglUNjMhcEZU-OJV31fxzhwhSL2HHCpEx3HU6-ricx/n/imagegen/b/agents/o/oracle-cloud-agent-1.24.0-7254.el7.x86_64.rpm -v

      Armベースのシェイプ(aarch64プロセッサ)の場合:

      #!/bin/sh
      cd ~
      curl -O https://objectstorage.us-phoenix-1.oraclecloud.com/p/sfgLtto9xFI_7sNXRnHthX25_viyYgpsQSq9eYVnQc1ef0tRlbfhxNUHQG64OMX3/n/imagegen/b/agents/o/oracle-cloud-agent-1.24.0-1.el7.aarch64.rpm -v
      Oracle Linux 8.x、Oracle Linux Cloud Developer 8.x

      IntelおよびAMDシェイプ(x86プロセッサ)の場合:

      #!/bin/sh
      cd ~
      curl -O https://objectstorage.us-phoenix-1.oraclecloud.com/p/fBz9tPaD_wjqB8E_w3bUQUKSayY9TziAnVRWrhvLGBiWmuEn8QnvHpZxqq6NpnRH/n/imagegen/b/agents/o/oracle-cloud-agent-1.24.0-7254.el8.x86_64.rpm -v

      Armベースのシェイプ(aarch64プロセッサ)の場合:

      #!/bin/sh
      cd ~
      curl -O https://objectstorage.us-phoenix-1.oraclecloud.com/p/KSx-PVVSqGVkawlHVcFxGR3ZWAfdNz3-lTB84LwFiw72lMUWzpfrByT_VbjqrtCI/n/imagegen/b/agents/o/oracle-cloud-agent-1.24.0-1.el8.aarch64.rpm -v
    CentOS 7.xおよびCentOSストリーム8
    #!/bin/sh
    cd ~
    curl -O https://objectstorage.us-phoenix-1.oraclecloud.com/p/EGlbwqawJ38bManDaULGU5jglUNjMhcEZU-OJV31fxzhwhSL2HHCpEx3HU6-ricx/n/imagegen/b/agents/o/oracle-cloud-agent-1.24.0-7254.el7.x86_64.rpm -v
    Ubuntu 18.04およびUbuntu 20.04
    ノート

    Ubuntuイメージを使用するインスタンスにOracle Cloud Agentをインストールするには、インスタンスにSnapcraftをインストールする必要があります。次のコマンドを順番に実行して、Snapcraftをインストールします:

    sudo apt update
    sudo apt install snapd
    sudo snap install oracle-cloud-agent --classic

    このコマンドは、Oracle Cloud Agentソフトウェアをインストールして実行します。

  3. インスタンスでOracle Cloud Agentソフトウェアを実行するには、次のいずれかのコマンドを入力します。

    Oracle Linux
    sudo yum install -y <instance-agent-filename>
    CentOS
    sudo yum install -y <instance-agent-filename>
    Ubuntu

    それ以上のアクションは必要ありません。前のステップのコマンドは、ソフトウェアをインストールして実行します。

Oracle Cloud AgentをWindowsインスタンスに手動でインストールするには
  1. インスタンスに接続します
  2. 次のURLからOracle Cloud Agentソフトウェアをダウンロードします:

    https://objectstorage.us-phoenix-1.oraclecloud.com/p/hfejYlb7X0dal9w6WgG-YpKvJQPXxNFzoULyix1JIBfmVWlKIr5ZKwD0vW_Ihzii/n/imagegen/b/agents/o/OracleCloudAgentSetup_v1.24.0.msi

  3. 管理権限を持つユーザーとして、次のコマンドを入力して、インスタンス上でOracle Cloud Agentソフトウェアを実行します。
    msiexec /qb /i <instance-agent-filename>
インスタンスの作成時にcloud-initを使用してOracle Cloud Agentをインストールするには

インスタンスの起動の一部として古いイメージを使用するインスタンスにOracle Cloud Agentをインストールする場合は、インスタンスの作成時にcloud-initスクリプト(Windowsインスタンスではcloudbase-init)を指定できます。

  1. 拡張オプションが表示されるまで、インスタンスを作成するステップに従います。
  2. 「拡張オプションの表示」をクリックします。
  3. 「管理」タブの「初期化スクリプト」セクションで、「cloud-initスクリプトの貼付け」を選択します。次に、イメージに応じて、次のいずれかのスクリプトをコピーして貼り付けます。

    Oracle Linux
    sudo yum install -y oracle-cloud-agent
    ノート

    Oracle Cloud Agentを含むyumリポジトリにアクセスできない場合は、次のいずれかのスクリプトをコピーして貼り付けます。

    Oracle Linux 6.x
    #!/bin/sh
    curl -O https://objectstorage.us-phoenix-1.oraclecloud.com/p/TtC2O-XcBGWWIHwRBuWEBthiio17YgBNQel6TOdL8v2PPSQqvfUlmQaV49B-ZDlK/n/imagegen/b/agents/o/oracle-cloud-agent-1.24.0-7147.el6.x86_64.rpm
    yum install -y ~/oracle-cloud-agent-1.24.0-7147.el6.x86_64.rpm -v
    Oracle Linux 7.x

    IntelおよびAMDシェイプ(x86プロセッサ)の場合:

    #!/bin/sh
    curl -O https://objectstorage.us-phoenix-1.oraclecloud.com/p/EGlbwqawJ38bManDaULGU5jglUNjMhcEZU-OJV31fxzhwhSL2HHCpEx3HU6-ricx/n/imagegen/b/agents/o/oracle-cloud-agent-1.24.0-7254.el7.x86_64.rpm -v
    yum install -y ~/oracle-cloud-agent-1.24.0-7254.el7.x86_64.rpm -v

    Armベースのシェイプ(aarch64プロセッサ)の場合:

    #!/bin/sh
    curl -O https://objectstorage.us-phoenix-1.oraclecloud.com/p/sfgLtto9xFI_7sNXRnHthX25_viyYgpsQSq9eYVnQc1ef0tRlbfhxNUHQG64OMX3/n/imagegen/b/agents/o/oracle-cloud-agent-1.24.0-1.el7.aarch64.rpm -v
    yum install -y ~/oracle-cloud-agent-1.24.0-1.el7.aarch64.rpm -v
    Oracle Linux 8.x、Oracle Linux Cloud Developer 8.x

    IntelおよびAMDシェイプ(x86プロセッサ)の場合:

    #!/bin/sh
    curl -O https://objectstorage.us-phoenix-1.oraclecloud.com/p/fBz9tPaD_wjqB8E_w3bUQUKSayY9TziAnVRWrhvLGBiWmuEn8QnvHpZxqq6NpnRH/n/imagegen/b/agents/o/oracle-cloud-agent-1.24.0-7254.el8.x86_64.rpm -v
    yum install -y ~/oracle-cloud-agent-1.24.0-7254.el8.x86_64.rpm -v

    Armベースのシェイプ(aarch64プロセッサ)の場合:

    #!/bin/sh
    curl -O https://objectstorage.us-phoenix-1.oraclecloud.com/p/KSx-PVVSqGVkawlHVcFxGR3ZWAfdNz3-lTB84LwFiw72lMUWzpfrByT_VbjqrtCI/n/imagegen/b/agents/o/oracle-cloud-agent-1.24.0-1.el8.aarch64.rpm -v
    yum install -y ~/oracle-cloud-agent-1.24.0-1.el8.aarch64.rpm -v
    CentOS 7.xおよびCentOSストリーム8
    #!/bin/sh
    curl -O https://objectstorage.us-phoenix-1.oraclecloud.com/p/EGlbwqawJ38bManDaULGU5jglUNjMhcEZU-OJV31fxzhwhSL2HHCpEx3HU6-ricx/n/imagegen/b/agents/o/oracle-cloud-agent-1.24.0-7254.el7.x86_64.rpm -v
    yum install -y ~/oracle-cloud-agent-1.24.0-7254.el7.x86_64.rpm -v
    Ubuntu 18.04およびUbuntu 20.04
    ノート

    Ubuntuイメージを使用するインスタンスにOracle Cloud Agentをインストールするには、インスタンスにSnapcraftをインストールする必要があります。次のコマンドを順番に実行して、Snapcraftをインストールします:

    sudo apt update
    sudo apt install snapd
    sudo snap install oracle-cloud-agent --classic
    Windows Server 2012 R2、Windows Server 2016およびWindows Server 2019
    ノート

    レガシー・バージョンのWindowsイメージの場合は、cloudbase-initがサポートされていることを確認します。WindowsイメージでのWinRMおよびcloudbase-initに関する項を参照してください。
    #ps1_sysnative
    cd \Users\opc\Desktop
    Start-BitsTransfer -Source "https://objectstorage.us-phoenix-1.oraclecloud.com/p/hfejYlb7X0dal9w6WgG-YpKvJQPXxNFzoULyix1JIBfmVWlKIr5ZKwD0vW_Ihzii/n/imagegen/b/agents/o/OracleCloudAgentSetup_v1.24.0.msi" -Destination "c:\Users\opc\Desktop\OracleCloudAgentSetup.msi"
    msiexec /i "c:\Users\opc\Desktop\OracleCloudAgentSetup.msi" /quiet /L*V "c:\Users\opc\Desktop\OracleCloudAgentSetup.log" 
  4. 「作成」をクリックします。

コンソールを使用したプラグインの管理

インスタンスで有効になっているプラグインを確認するには
  1. ナビゲーション・メニューを開き、「コンピュート」をクリックします。「コンピュート」で、「インスタンス」をクリックします。
  2. 関心のあるインスタンスをクリックします。
  3. 「Oracle Cloud Agent」タブをクリックします。

    プラグインのリストが表示されます。有効なプラグインのステータスは次のとおりです:

    • RUNNING: プラグインは実行中です。
    • STOPPED: プラグインは停止しています。
    • NOT_SUPPORTED: プラグインはこのプラットフォームではサポートされていません。
    • INVALID: プラグインのステータスはサービスで認識できません。
プラグインを有効化または無効化するには
  1. ナビゲーション・メニューを開き、「コンピュート」をクリックします。「コンピュート」で、「インスタンス」をクリックします。
  2. 関心のあるインスタンスをクリックします。
  3. 「Oracle Cloud Agent」タブをクリックします。
  4. プラグインの「有効」または「無効」スイッチを切り替えます。

    注意

    プラグインが無効になっている場合、モニタリング、自動スケーリング、OS管理など、プラグインに依存する機能は動作しません。

    変更が有効になるまで最大10分かかります。

  5. プラグインを有効にした場合、必要に応じて、プラグインを使用する前に必要な構成タスクを実行します。各プラグインの構成方法の詳細は、使用可能なプラグインの各プラグインのドキュメントを参照してください。
インスタンス上のすべてのプラグインを停止するには

インスタンスで実行されているすべてのプラグインを停止できます。インスタンスで有効になっている個々のプラグインは有効なままですが、プラグイン・プロセスの実行は停止します。プラグイン・プロセスは、すべてのプラグインを再起動した後にのみ再度実行を開始します。

たとえば、プラグインのトラブルシューティングを行う場合は、すべてのプラグインを停止してから、エラーが発生したと思われるプラグインを無効にできます。プラグインを1つずつ再度有効にし、各プラグインを有効にした後でプラグインを再起動して、問題のあるプラグインを特定します。プラグインのトラブルシューティングの詳細は、ステップ4: Oracle Cloud Agentの診断ファイルの生成を参照してください。

インスタンス上のすべてのプラグインを停止するには:

  1. ナビゲーション・メニューを開き、「コンピュート」をクリックします。「コンピュート」で、「インスタンス」をクリックします。
  2. 関心のあるインスタンスをクリックします。
  3. 「Oracle Cloud Agent」タブをクリックします。
  4. 「プラグインの停止」をクリックします。

    注意

    すべてのプラグインが停止されている場合、モニタリング、自動スケーリング、OS管理など、プラグインに依存する機能は動作しません。
  5. 「プラグインの停止」をクリックします。

    すべてのプラグインが停止するまでに数分かかる場合があります。Oracle Cloud Agentは、プラグインが停止しても実行を継続します。

インスタンス上のすべてのプラグインを起動するには
  1. ナビゲーション・メニューを開き、「コンピュート」をクリックします。「コンピュート」で、「インスタンス」をクリックします。
  2. 関心のあるインスタンスをクリックします。
  3. 「Oracle Cloud Agent」タブをクリックします。
  4. 「プラグインの起動」をクリックします。

    プラグインが再起動するまで最大10分かかります。

APIを使用したプラグインの管理

APIの使用およびリクエストの署名の詳細は、REST APIおよびセキュリティ資格証明を参照してください。SDKの詳細は、ソフトウェア開発キットとコマンドライン・インタフェースを参照してください。

次のAPI操作を使用して、Oracle Cloud Agentプラグインを管理します:

  • Core Services APIの場合:

    • LaunchInstance - インスタンスの作成時に、プラグインを有効または無効にするか、すべてのプラグインを停止します。
    • GetInstanceおよびListInstances - インスタンス(またはインスタンスのリスト)で有効になっているプラグインに関する情報を取得します。
    • UpdateInstance - 既存のインスタンスの個々のプラグインを有効または無効にし、すべてのプラグインを停止または起動します。
  • Oracle Cloud Agent APIの場合:

    • ListInstanceagentAvailablePlugins - すべてのインスタンスで使用可能なプラグインをリストします。インスタンスの起動に使用する予定のイメージに基づいて、結果をフィルタできます。
    • ListInstanceAgentPlugins - 既存のコンピュート・インスタンスで使用可能なプラグインに関する情報を取得します。
    • GetInstanceAgentPlugin - 既存のコンピュート・インスタンス上の特定のプラグインに関する情報を取得します。

Oracle Cloud Agentソフトウェアの更新

常に最新バージョンのOracle Cloud Agentソフトウェアを実行することをお薦めします。

インスタンスがインターネットにアクセスできる場合、アクションは必要ありません。Oracle Cloud Agentは、新しいバージョンを定期的にチェックし、更新が使用可能になると最新バージョンをインストールします。

ノート

Oracle Cloud Agentバージョン1.11.0は自動的に更新されません。詳細は、この既知の問題を参照してください。

インスタンスがインターネットにアクセスできない場合は、Oracle Cloud Agentソフトウェアを手動で更新する必要があります。たとえば、パブリックIPアドレス、インターネット・ゲートウェイまたはサービス・ゲートウェイがない場合、コンピュート・インスタンスはインターネットにアクセスできません。この状況では、Oracle Cloud Agentは新しいバージョンのチェックを実行できません。

インストールされているOracle Cloud Agentのバージョンを確認するには

インスタンスに接続し、次のいずれかを行います:

  • Oracle LinuxおよびCentOSでは、次のコマンドを実行します:

    sudo yum info oracle-cloud-agent
  • Oracle Linux Cloud Developerでは、次のコマンドを実行します:

    rpm -qa | grep oracle-cloud-agent
  • Ubuntuでは、次のコマンドを実行します:

    snap info oracle-cloud-agent
  • Windowsでは、次のいずれかを行います:
    • 「コントロール パネル」で「プログラムと機能」を選択し、Oracle Cloud Agentに表示されているバージョン番号を確認します。
    • PowerShellで、次のコマンドを実行します:

      Get-WmiObject -Class Win32_Product | Where-Object { $_.Name -eq "Oracle Cloud Agent" }

      出力例:

      IdentifyingNumber : {exampleuniqueidentifer}
      Name              : Oracle Cloud Agent
      Vendor            : Oracle Corporation
      Version           : 0.0.10.0
      Caption           : Oracle Cloud Agent
コンピュート・インスタンスのOracle Cloud Agentを手動で更新するには

次のいずれかを行います:

  • 一時的にインスタンスのインターネットへのアクセスを許可して、Oracle Cloud Agentが自身を更新できるようにします。
  • 最新バージョンを使用して、インストールのステップを再び行います。

Oracle Cloud Agentリリース・ノート

Linuxバージョン
バージョン 日付 変更内容
1.24.0 2022年6月8日

コンピュート・インスタンスのコマンド実行:

  • ポーリング・レスポンスがnullの場合、runcommand npeを修正します。
  • デプロイメント仕様およびコード・デプロイの個々のステップ・レベルで「シェル」のサポートが追加されました。

脆弱性スキャン:

  • クオリファイア・エージェントの更新、インストールおよびワークフローの有効化、およびappscanにvss- toolsを使用します。
1.23.0 2022年5月5日

要塞:

  • 作成された認可キー・ファイルをホームディールの所有者に変更します。

ブロック・ボリューム管理:

  • 単一パス・ボリュームの自動アタッチをサポートします。

Oracle Autonomous Linux:

  • oopsのzipサイズ制限を増やします。

OS管理サービス・エージェント:

  • SDK for Goのosms-work-requestエンドポイントを修正します。

脆弱性スキャン:

  • 脆弱性スキャンとQualysエージェントを切り替えるためのQualysインストーラおよび変更を追加します。
  • 脆弱性スキャンのシフト・スキャン・ツールを追加し、脆弱性スキャン・ツール・バイナリのスケルトンを追加します。
  • 脆弱性スキャンjarscanによってコピーされたファイル権限をocaユーザーに読取り専用に制限します。
1.22.0 2022年3月31日

Oracle Autonomous Linux:

  • 移行および通知の機能改善。

Oracle Java Management Service:

  • 初期リリース。

脆弱性スキャン:

  • より多くのjarscan時間メトリックを生成します。
1.21.0 2022年3月2日

管理エージェント:

  • パッケージ・タイプの変換の修正。

Oracle Autonomous Linux:

  • バグ修正と機能強化による停止の回復。

脆弱性スキャン:

  • シェル・スクリプトを使用して高速なjarスキャンを提供し、リソースのオーバーヘッドと時間を削減します。
  • スキャンのホット・パスからディスク・メタデータを削除し、パラレル実行で収集しました。
1.20.0 2022年2月2日

Oracle Autonomous Linux:

  • 競合状態を修正します。

脆弱性スキャン:

  • sudoを使用してディスク全体を読み取るためのプラグイン低速モードを追加します。

Ubuntuインスタンスのみ:

  • バグ修正。
1.19.0 2022年1月6日

カスタム・ログのモニタリング:

  • エージェントのバージョンが上位の場合のみ、冗長なversionInfo.ymlの読取りを削除し、アップグレードします。

Oracle Autonomous Linux:

  • Autonomous Linuxの移行、チャネル処理およびOOPS処理を更新します。

OS管理サービス・エージェント:

  • Python 3サブプロセス出力のデコードを修正します。

脆弱性スキャン:

  • Log4jの脆弱性を軽減するようにScanJavaPkgsを更新します。
1.18.0 2021年12月6日

要塞:

  • 類似したユーザー名に対するバグ修正。

Oracle Autonomous Linux:

  • yum更新の再試行およびoopsアップロードの再試行に対する更新。
  • United Kingdom Government Cloudで有効になっています。

Ubuntuインスタンスのみ:

  • バグ修正。
1.17.0 2021年11月19日

Oracle Cloud Agentのバージョンは、セマンティック・バージョニング仕様(semver)に準拠するようになりました。

起動中にモニタリング・クライアントが構築に失敗すると、gomonコマンドライン・ユーティリティがリカバリできるようになりました。

Oracle Autonomous Linux:

  • 偽のアラームを無視するための修正を追加します。
  • 起動時間を短縮します。
  • ヘルス・チェックを追加します。
1.16.0 2021年10月20日

OS管理サービス・エージェント:

  • Oracle Linux 8.xのサポートを追加します。
  • 非アクティブなネイティブ・エージェントのデータ・ストレージのクリーンアップのサポートを追加します。

Oracle Autonomous Linux:

  • カスタム構成のサポートを追加します。
  • soscleanerおよびマスターへのOracle Ksplice sudoアクセスを削除します。

コンピュート・インスタンスのコマンド実行:

  • 環境変数のバグを修正します。

アップグレードをサポートするようにagent.yml構成ファイルの所有権を変更します。

1.15.0 2021年9月21日 Oracle Linuxを実行しているArmベースのシェイプでのOS管理サービス・エージェント・プラグインのサポートを追加します。
1.14.2 2021年9月2日 Oracle Autonomous Linuxプラグインのサポートを追加します。
1.14.0 2021年8月20日

診断ツールがリリース・パッケージに含まれるようになりました。

OS管理サービス・エージェント:

  • 新しいポリシーを使用したリソースの検出およびモニタリングの機能を自動的に有効にするためのサポートを追加します。
1.13.0 2021年7月1日

次のプラグインに対して、Oracle Linuxを実行しているArmベースのシェイプのサポートを追加します:

  • 要塞
  • ブロック・ボリューム管理
  • コンピュート・インスタンスのコマンド実行
  • 脆弱性スキャン

起動時の更新チェックを1時間遅らせます。

インスタンス・エージェント・サービス・エンドポイントをiaasからinstance-agentに移動します。

OS管理サービス・エージェント:

  • カスタムCA証明書のサポートを追加します。

脆弱性スキャン:

  • RPMパッケージの問合せ方法を更新します。
1.12.0 2021年6月2日

要塞:

  • コントロール・プレーンとデータ・プレーン・クライアントを、要塞ワークフローの反復のたびにではなく1回のみ作成するための修正。

ブロック・ボリューム管理:

  • プラグインの実行中にはプラグイン・ステータスが実行中に、停止時には停止になるように更新しました。
  • 競合を回避するために、デフォルトの/etc/multipath.confを削除しました。
  • プラグインでボリューム・アタッチメントが見つからなかったことを報告するエラー・メッセージを改善しました。
  • multipathdサービスを再起動することにより、競合状態を修正しました。

Ubuntuインスタンスのみ:

  • 様々な更新。
1.11.4 2021年5月20日 アップデータがOracle Cloud Agentソフトウェアを更新しない問題を修正します。この既知の問題を参照してください。
1.11.3 2021年5月14日 様々な更新。
1.11.1 2021年5月3日

PythonアップデータをGolangアップデータに置き換えます。

要塞プラグインの初期リリース。

1.10.0 2021年4月7日

カスタム・ログのモニタリング:

  • Ubuntu 16.04、18.04および20.04用のサポートが追加されました。

OS管理サービス・エージェント:

  • 将来のAutonomous Linuxリリースでフラグ・ファイルを管理するためにosmsx_ctlが追加されました。
  • FIPSオブジェクト・モデルがOS管理サービス・エージェントのビルドに追加されました。

Ubuntuインスタンスのみ:

  • カスタム・ログのモニタリングのサポートが追加されました。
1.9.0 2021年3月3日

OS管理サービス・エージェント:

  • OS管理プロセスは、エフェメラル範囲内のポートにバインドします。
  • 空のyumトランザクションのカスタム・エラー・ハンドラ。
1.8.3 2021年1月13日

Ubuntuインスタンスのみ:

  • 個々のプラグインを有効または無効にするサポートを追加します。
  • モニタリング用に2つの新しいメトリックを追加します。
  • 新しいイメージでのアップデータの起動の修正。
  • パッケージの署名検証のためのアップデータの修正。
  • プラグインを停止せずにOracle Cloud Agentをアップグレードできるように、再アタッチ可能なプラグインのサポートを追加します。
1.8.2 2021年1月13日

コンピュート・インスタンスのモニタリング:

  • UNIXディスク・デバイスのフィルタリングを改善します。
1.8.1 2021年1月13日

OS管理サービス・エージェント:

  • デフォルトで無効になっています。
1.8.0 2021年1月13日

個々のプラグインを有効または無効にするサポートを追加します。

モニタリング用に2つの新しいメトリックを追加します。

OS管理サービス・エージェント:

  • デフォルトで有効になっています。
1.7.1 2020年12月17日

新しいイメージでのアップデータの起動の修正。

OS管理サービス・エージェントは、US Government Cloudで無効になっています。

1.7.0 2020年12月7日

パッケージの署名検証のためのアップデータの修正。

カスタム・ログのモニタリング:

  • 署名検証のバグ修正。
  • 非商用レルムのデフォルトのバケット・ネームスペースを追加します。
1.6.0 2020年11月6日

プラグインを停止せずにOracle Cloud Agentをアップグレードできるように、再アタッチ可能なプラグインのサポートを追加します。

コンピュート・インスタンスのコマンド実行:

  • Oracle Cloud Infrastructure商用レルムのすべてのリージョンで、コマンド実行機能のサポートが含まれます。

カスタム・ログのモニタリング:

  • CentOSでのパッケージ署名検証を有効にします。

OS管理サービス・エージェント:

  • アイドル状態ではなく停止がリクエストされたときにプロセスを停止するようにプラグインを修正します。
  • OS管理がyumを使用してOracle Cloud Agentをアップグレードすると、Oracle Cloud Agentが停止し、プラグインが停止するというアップグレード強制終了サイクルのバグを修正します。
1.5.1 2020年10月27日 コマンド実行機能のサポートが含まれます。
1.4.1 2020年10月21日 孤立したプロセスのエージェント終了のホットフィックス。
1.4.0 2020年10月2日

アップデータ・デーモンおよびプラグインを修正して、回復性を向上させます。

1.3.2 2020年9月9日

自動更新ダウンロード・ディレクトリの権限の修正

コンピュート・インスタンスのモニタリング・プラグインのマイナーな機能強化。追加プラグインの有効化。

grpcソケットを/var/lib/oracle-cloud-agent/tmpに作成します。

1.2.0 2020年8月3日 プラグインをサポートするエージェントのアップグレード
0.0.19 2020年5月28日

noexecフラグが設定されたファイル・システムを/tmpにマウントするイメージ上での実行に失敗するアップデータの修正

クライアント側URLを生成するインスタンス・メタデータの使用

インスタンス・メタデータ・サービス(IMDS) v2のサポートが含まれます。

0.0.18 2020年5月11日 様々な更新。
0.0.15 2020年1月15日 Python 2.7.15からPython 3 .6.9への移行
0.0.13 2019年11月4日 モニタリング・サービスの内部サーバー・エラーを処理する際のバグを修正します
0.0.11 2019年9月13日 メトリックを送信するための再試行方式を修正し、セキュリティ・トークンをリフレッシュします
0.0.10 2019年7月15日 oracle-cloud-agent-updaterの強制終了を正しく処理するために修正します
Windowsバージョン
バージョン 日付 変更内容
1.24.0 2022年6月8日

ブロック・ボリューム管理:

  • ブロック・ボリュームの自動アタッチをサポートします。

コンピュート・インスタンスのコマンド実行:

  • ポーリング・レスポンスがnullの場合、runcommand npeを修正します。
1.23.0 2022年5月5日 バグ修正。
1.22.0 2022年3月31日 バグ修正。
1.21.0 2022年3月2日 バグ修正。
1.20.0 2022年2月1日 バグ修正。
1.19.0 2022年1月6日

診断ツールの結果からインストーラ・パッケージを削除します。

カスタム・ログのモニタリング:

  • エージェントのバージョンが上位の場合のみ、冗長なversionInfo.ymlの読取りを削除し、アップグレードします。
1.18.0 2021年12月6日 バグ修正。
1.17.2 2021年11月19日

OS管理サービス・エージェントのタイムアウト・バグを修正します。

1.17.0 2021年11月19日

Oracle Cloud Agentのバージョンは、セマンティック・バージョニング仕様(semver)に準拠するようになりました。

起動中にモニタリング・クライアントが構築に失敗すると、gomonコマンドライン・ユーティリティがリカバリできるようになりました。

1.16.0 2021年10月20日

すべてのWindows Server 2019ユーザーを診断ツールに追加します。

診断ツールに対する修正。

1.15.0 2021年9月21日 バグ修正。
1.14.0 2021年8月20日

診断ツールがリリース・パッケージに含まれるようになりました。

OS管理サービス・エージェントのセルフテストのサポートを追加しました。

1.13.0 2021年7月1日

起動時の更新チェックを1時間遅らせます。

インスタンス・エージェント・サービス・エンドポイントをiaasからinstance-agentに移動します。

OS管理サービス・エージェント:

  • カスタムCA証明書のサポートを追加します。
1.12.0 2021年6月2日

ブロック・ボリューム管理:

  • バグ修正。

カスタム・ログのモニタリング:

  • Windows OSの場合は、OSバージョンのフォールバックを使用します。

脆弱性スキャン:

  • バグ修正。
1.11.1 2021年5月20日 アップデータがOracle Cloud Agentソフトウェアを更新しない問題を修正します。この既知の問題を参照してください。
1.11.0 2021年5月3日 PythonアップデータをGolangアップデータに置き換えます。
1.10.0 2021年4月7日

allocstallメトリックのオープン・ハンドルを閉じます。

OS管理サービス・エージェント:

  • Windowsでの追加のロギング。
  • osmsx_ctlを追加します。
1.9.0 2021年3月3日 バグ修正。
1.8.0 2021年1月13日

個々のプラグインを有効または無効にするサポートを追加します。

モニタリング用に2つの新しいメトリックを追加します。

OS管理サービス・エージェント:

  • デフォルトで有効になっています。
1.7.1 2020年12月17日 すべてのプラグインはUS Government Cloudで無効になっています。
1.7.0 2020年12月7日

パッケージの署名検証のためのアップデータの修正。

コンピュート・インスタンスのコマンド実行:

  • Windowsで有効になっています。

カスタム・ログのモニタリング:

  • 非商用レルムのデフォルトのバケット・ネームスペースを追加します。

OS管理サービス・エージェント:

  • システムの再起動時にOS管理が終了するため、残りのOS管理の一時ディレクトリをクリーンアップします。
1.5.0.0 2020年11月6日

プラグインを停止せずにOracle Cloud Agentをアップグレードできるように、再アタッチ可能なプラグインのサポートを追加します。

カスタム・ログのモニタリング・プラグインは、US Government Cloudレルムで有効になっています。

1.4.1.0 2020年10月2日

アップデータ・デーモンおよびプラグインを修正して、回復性を向上させます。

1.3.0.0 2020年8月7日 コンピュート・インスタンスのモニタリング・プラグインのマイナーな機能強化。
1.2.0.0 2020年6月26日 様々な更新。
1.0.0.0 2020年4月28日

2020年4月24日現在のすべてのMicrosoftパッチが含まれます。

OS管理サービスのWindows用プラグインを備えた新しいバージョンのOracle Cloud Agentが含まれます。

インスタンス・メタデータ・サービス(IMDS) v2のサポートが含まれます。

0.0.13.0 2020年1月15日 修正済: Python 2.7.15からPython 3 .6.9への移行
0.0.11.0 2019年11月5日 修正済: モニタリング・サービスの内部サーバー・エラーを処理する際のバグを修正します
0.0.10.0 2019年9月13日

修正済:

  • メトリックを送信するための再試行方式を修正し、セキュリティ・トークンをリフレッシュします
  • oracle-cloud-agent-updateの強制終了を正しく処理するために修正します
0.0.9.0 2019年6月6日 修正済: テレメトリまたは認証サービスが5xxを返したときにエージェントが再起動するバグの修正