モジュール java.base
パッケージ java.util

クラスSpliterators

    • ネストされたクラスのサマリー

      ネストされたクラス 
      修飾子と型 クラス 説明
      static class  Spliterators.AbstractDoubleSpliterator
      制限付きの並列処理を許可するためにtrySplitを実装する抽象Spliterator.OfDoubleです。
      static class  Spliterators.AbstractIntSpliterator
      制限付きの並列処理を許可するためにtrySplitを実装する抽象Spliterator.OfIntです。
      static class  Spliterators.AbstractLongSpliterator
      制限付きの並列処理を許可するためにtrySplitを実装する抽象Spliterator.OfLongです。
      static class  Spliterators.AbstractSpliterator<T>
      制限付きの並列処理を許可するためにtrySplitを実装する抽象Spliteratorです。
    • メソッドのサマリー

      すべてのメソッド 静的メソッド 具象メソッド 
      修飾子と型 メソッド 説明
      static Spliterator.OfDouble emptyDoubleSpliterator()
      空のSpliterator.OfDoubleを作成します。
      static Spliterator.OfInt emptyIntSpliterator()
      空のSpliterator.OfIntを作成します。
      static Spliterator.OfLong emptyLongSpliterator()
      空のSpliterator.OfLongを作成します。
      static <T> Spliterator<T> emptySpliterator()
      空のSpliteratorを作成します。
      static PrimitiveIterator.OfDouble iterator​(Spliterator.OfDouble spliterator)
      Spliterator.OfDoubleからPrimitiveIterator.OfDoubleを作成します。
      static PrimitiveIterator.OfInt iterator​(Spliterator.OfInt spliterator)
      Spliterator.OfIntからPrimitiveIterator.OfIntを作成します。
      static PrimitiveIterator.OfLong iterator​(Spliterator.OfLong spliterator)
      Spliterator.OfLongからPrimitiveIterator.OfLongを作成します。
      static <T> Iterator<T> iterator​(Spliterator<? extends T> spliterator)
      SpliteratorからIteratorを作成します。
      static Spliterator.OfDouble spliterator​(double[] array, int additionalCharacteristics)
      スプリッテレータ特性のカスタマイズされたセットを使用して、指定された配列の要素に適用されるSpliterator.OfDoubleを作成します。
      static Spliterator.OfDouble spliterator​(double[] array, int fromIndex, int toIndex, int additionalCharacteristics)
      スプリッテレータ特性のカスタマイズされたセットを使用して、指定された配列の一定範囲の要素に適用されるSpliterator.OfDoubleを作成します。
      static Spliterator.OfInt spliterator​(int[] array, int additionalCharacteristics)
      スプリッテレータ特性のカスタマイズされたセットを使用して、指定された配列の要素に適用されるSpliterator.OfIntを作成します。
      static Spliterator.OfInt spliterator​(int[] array, int fromIndex, int toIndex, int additionalCharacteristics)
      スプリッテレータ特性のカスタマイズされたセットを使用して、指定された配列の一定範囲の要素に適用されるSpliterator.OfIntを作成します。
      static Spliterator.OfLong spliterator​(long[] array, int additionalCharacteristics)
      スプリッテレータ特性のカスタマイズされたセットを使用して、指定された配列の要素に適用されるSpliterator.OfLongを作成します。
      static Spliterator.OfLong spliterator​(long[] array, int fromIndex, int toIndex, int additionalCharacteristics)
      スプリッテレータ特性のカスタマイズされたセットを使用して、指定された配列の一定範囲の要素に適用されるSpliterator.OfLongを作成します。
      static <T> Spliterator<T> spliterator​(Object[] array, int additionalCharacteristics)
      スプリッテレータ特性のカスタマイズされたセットを使用して、指定された配列の要素に適用されるSpliteratorを作成します。
      static <T> Spliterator<T> spliterator​(Object[] array, int fromIndex, int toIndex, int additionalCharacteristics)
      スプリッテレータ特性のカスタマイズされたセットを使用して、指定された配列の一定範囲の要素に適用されるSpliteratorを作成します。
      static <T> Spliterator<T> spliterator​(Collection<? extends T> c, int characteristics)
      指定されたコレクションのCollection.iterator()を要素のソースとして使用し、その初期サイズとしてCollection.size()を通知してSpliteratorを作成します。
      static <T> Spliterator<T> spliterator​(Iterator<? extends T> iterator, long size, int characteristics)
      指定されたIteratorを要素のソースとして使用し、指定された初期通知サイズでSpliteratorを作成します。
      static Spliterator.OfDouble spliterator​(PrimitiveIterator.OfDouble iterator, long size, int characteristics)
      指定されたDoubleStream.DoubleIteratorを要素のソースとして使用し、指定された初期通知サイズでSpliterator.OfDoubleを作成します。
      static Spliterator.OfInt spliterator​(PrimitiveIterator.OfInt iterator, long size, int characteristics)
      指定されたIntStream.IntIteratorを要素のソースとして使用し、指定された初期通知サイズでSpliterator.OfIntを作成します。
      static Spliterator.OfLong spliterator​(PrimitiveIterator.OfLong iterator, long size, int characteristics)
      指定されたLongStream.LongIteratorを要素のソースとして使用し、指定された初期通知サイズでSpliterator.OfLongを作成します。
      static <T> Spliterator<T> spliteratorUnknownSize​(Iterator<? extends T> iterator, int characteristics)
      指定されたIteratorを要素のソースとして使用し、初期サイズ推定なしにSpliteratorを作成します。
      static Spliterator.OfDouble spliteratorUnknownSize​(PrimitiveIterator.OfDouble iterator, int characteristics)
      指定されたDoubleStream.DoubleIteratorを要素のソースとして使用し、初期サイズ推定なしにSpliterator.OfDoubleを作成します。
      static Spliterator.OfInt spliteratorUnknownSize​(PrimitiveIterator.OfInt iterator, int characteristics)
      指定されたIntStream.IntIteratorを要素のソースとして使用し、初期サイズ推定なしにSpliterator.OfIntを作成します。
      static Spliterator.OfLong spliteratorUnknownSize​(PrimitiveIterator.OfLong iterator, int characteristics)
      指定されたLongStream.LongIteratorを要素のソースとして使用し、初期サイズ推定なしにSpliterator.OfLongを作成します。
    • メソッドの詳細

      • emptySpliterator

        public static <T> Spliterator<T> emptySpliterator()
        空のSpliteratorを作成します。

        空のスプリッテレータは、Spliterator.SIZEDSpliterator.SUBSIZEDを報告します。 Spliterator.trySplit()を呼び出すと常にnullが返されます。

        型パラメータ:
        T - 要素の型
        戻り値:
        空のスプリッテレータ
      • spliterator

        public static <T> Spliterator<T> spliterator​(Object[] array,
                                                     int additionalCharacteristics)
        スプリッテレータ特性のカスタマイズされたセットを使用して、指定された配列の要素に適用されるSpliteratorを作成します。

        このメソッドは、要素の一部を配列に格納してスプリッテレータ特性を詳細に制御する必要のあるスプリッテレータの簡易実装として提供されています。 配列のスプリッテレータが必要となる他のほとんどの状況では、Arrays.spliterator(Object[])を使用するようにしてください。

        返されるスプリッテレータは、常にSIZED特性とSUBSIZED特性を報告します。 呼出し元は、追加で報告するスプリッテレータの特性を指定できます。IMMUTABLEORDEREDを追加で指定することがよくあります。

        型パラメータ:
        T - 要素の型
        パラメータ:
        array - 使用中に変更されないと想定される配列
        additionalCharacteristics - このスプライテータ・ソースまたはSIZEDおよびSUBSIZEDを超えるエレメントの追加のスプライテータ特性は常に報告されています
        戻り値:
        配列のスプリッテレータ
        例外:
        NullPointerException - 指定された配列がnullである場合
        関連項目:
        Arrays.spliterator(Object[])
      • spliterator

        public static <T> Spliterator<T> spliterator​(Object[] array,
                                                     int fromIndex,
                                                     int toIndex,
                                                     int additionalCharacteristics)
        スプリッテレータ特性のカスタマイズされたセットを使用して、指定された配列の一定範囲の要素に適用されるSpliteratorを作成します。

        このメソッドは、要素の一部を配列に格納してスプリッテレータ特性を詳細に制御する必要のあるスプリッテレータの簡易実装として提供されています。 配列のスプリッテレータが必要となる他のほとんどの状況では、Arrays.spliterator(Object[])を使用するようにしてください。

        返されるスプリッテレータは、常にSIZED特性とSUBSIZED特性を報告します。 呼出し元は、追加で報告するスプリッテレータの特性を指定できます。IMMUTABLEORDEREDを追加で指定することがよくあります。

        型パラメータ:
        T - 要素の型
        パラメータ:
        array - 使用中に変更されないと想定される配列
        fromIndex - カバーする最小インデックス(この値を含む)
        toIndex - カバーする最大インデックスを1だけ超える値
        additionalCharacteristics - このスプライテータ・ソースまたはSIZEDおよびSUBSIZEDを超えるエレメントの追加のスプライテータ特性は常に報告されています
        戻り値:
        配列のスプリッテレータ
        例外:
        NullPointerException - 指定された配列がnullである場合
        ArrayIndexOutOfBoundsException - fromIndexが負の値の場合、toIndexfromIndexより小さい場合、またはtoIndexが配列サイズより大きい場合。
        関連項目:
        Arrays.spliterator(Object[], int, int)
      • spliterator

        public static Spliterator.OfInt spliterator​(int[] array,
                                                    int additionalCharacteristics)
        スプリッテレータ特性のカスタマイズされたセットを使用して、指定された配列の要素に適用されるSpliterator.OfIntを作成します。

        このメソッドは、要素の一部を配列に格納してスプリッテレータ特性を詳細に制御する必要のあるスプリッテレータの簡易実装として提供されています。 配列のスプリッテレータが必要となる他のほとんどの状況では、Arrays.spliterator(int[])を使用するようにしてください。

        返されるスプリッテレータは、常にSIZED特性とSUBSIZED特性を報告します。 呼出し元は、追加で報告するスプリッテレータの特性を指定できます。IMMUTABLEORDEREDを追加で指定することがよくあります。

        パラメータ:
        array - 使用中に変更されないと想定される配列
        additionalCharacteristics - このスプライテータ・ソースまたはSIZEDおよびSUBSIZEDを超えるエレメントの追加のスプライテータ特性は常に報告されています
        戻り値:
        配列のスプリッテレータ
        例外:
        NullPointerException - 指定された配列がnullである場合
        関連項目:
        Arrays.spliterator(int[])
      • spliterator

        public static Spliterator.OfInt spliterator​(int[] array,
                                                    int fromIndex,
                                                    int toIndex,
                                                    int additionalCharacteristics)
        スプリッテレータ特性のカスタマイズされたセットを使用して、指定された配列の一定範囲の要素に適用されるSpliterator.OfIntを作成します。

        このメソッドは、要素の一部を配列に格納してスプリッテレータ特性を詳細に制御する必要のあるスプリッテレータの簡易実装として提供されています。 配列のスプリッテレータが必要となる他のほとんどの状況では、Arrays.spliterator(int[], int, int)を使用するようにしてください。

        返されるスプリッテレータは、常にSIZED特性とSUBSIZED特性を報告します。 呼出し元は、追加で報告するスプリッテレータの特性を指定できます。IMMUTABLEORDEREDを追加で指定することがよくあります。

        パラメータ:
        array - 使用中に変更されないと想定される配列
        fromIndex - カバーする最小インデックス(この値を含む)
        toIndex - カバーする最大インデックスを1だけ超える値
        additionalCharacteristics - このスプライテータ・ソースまたはSIZEDおよびSUBSIZEDを超えるエレメントの追加のスプライテータ特性は常に報告されています
        戻り値:
        配列のスプリッテレータ
        例外:
        NullPointerException - 指定された配列がnullである場合
        ArrayIndexOutOfBoundsException - fromIndexが負の値の場合、toIndexfromIndexより小さい場合、またはtoIndexが配列サイズより大きい場合。
        関連項目:
        Arrays.spliterator(int[], int, int)
      • spliterator

        public static Spliterator.OfLong spliterator​(long[] array,
                                                     int additionalCharacteristics)
        スプリッテレータ特性のカスタマイズされたセットを使用して、指定された配列の要素に適用されるSpliterator.OfLongを作成します。

        このメソッドは、要素の一部を配列に格納してスプリッテレータ特性を詳細に制御する必要のあるスプリッテレータの簡易実装として提供されています。 配列のスプリッテレータが必要となる他のほとんどの状況では、Arrays.spliterator(long[])を使用するようにしてください。

        返されるスプリッテレータは、常にSIZED特性とSUBSIZED特性を報告します。 呼出し元は、追加で報告するスプリッテレータの特性を指定できます。IMMUTABLEORDEREDを追加で指定することがよくあります。

        パラメータ:
        array - 使用中に変更されないと想定される配列
        additionalCharacteristics - このスプライテータ・ソースまたはSIZEDおよびSUBSIZEDを超えるエレメントの追加のスプライテータ特性は常に報告されています
        戻り値:
        配列のスプリッテレータ
        例外:
        NullPointerException - 指定された配列がnullである場合
        関連項目:
        Arrays.spliterator(long[])
      • spliterator

        public static Spliterator.OfLong spliterator​(long[] array,
                                                     int fromIndex,
                                                     int toIndex,
                                                     int additionalCharacteristics)
        スプリッテレータ特性のカスタマイズされたセットを使用して、指定された配列の一定範囲の要素に適用されるSpliterator.OfLongを作成します。

        このメソッドは、要素の一部を配列に格納してスプリッテレータ特性を詳細に制御する必要のあるスプリッテレータの簡易実装として提供されています。 配列のスプリッテレータが必要となる他のほとんどの状況では、Arrays.spliterator(long[], int, int)を使用するようにしてください。

        返されるスプリッテレータは、常にSIZED特性とSUBSIZED特性を報告します。 呼出し元は、追加で報告するスプリッテレータの特性を指定できます。 (たとえば、配列がそれ以上変更されないことがわかっている場合は、IMMUTABLEを指定します。配列データに出会う順序があると考えられる場合は、ORDEREDを指定)。 多くの場合、かわりにArrays.spliterator(long[], int, int)メソッドを使用できます。このメソッドは、SIZEDSUBSIZEDIMMUTABLEおよびORDEREDを報告するスプリッテレータを返します。

        パラメータ:
        array - 使用中に変更されないと想定される配列
        fromIndex - カバーする最小インデックス(この値を含む)
        toIndex - カバーする最大インデックスを1だけ超える値
        additionalCharacteristics - このスプライテータ・ソースまたはSIZEDおよびSUBSIZEDを超えるエレメントの追加のスプライテータ特性は常に報告されています
        戻り値:
        配列のスプリッテレータ
        例外:
        NullPointerException - 指定された配列がnullである場合
        ArrayIndexOutOfBoundsException - fromIndexが負の値の場合、toIndexfromIndexより小さい場合、またはtoIndexが配列サイズより大きい場合。
        関連項目:
        Arrays.spliterator(long[], int, int)
      • spliterator

        public static Spliterator.OfDouble spliterator​(double[] array,
                                                       int additionalCharacteristics)
        スプリッテレータ特性のカスタマイズされたセットを使用して、指定された配列の要素に適用されるSpliterator.OfDoubleを作成します。

        このメソッドは、要素の一部を配列に格納してスプリッテレータ特性を詳細に制御する必要のあるスプリッテレータの簡易実装として提供されています。 配列のスプリッテレータが必要となる他のほとんどの状況では、Arrays.spliterator(double[])を使用するようにしてください。

        返されるスプリッテレータは、常にSIZED特性とSUBSIZED特性を報告します。 呼出し元は、追加で報告するスプリッテレータの特性を指定できます。IMMUTABLEORDEREDを追加で指定することがよくあります。

        パラメータ:
        array - 使用中に変更されないと想定される配列
        additionalCharacteristics - このスプライテータ・ソースまたはSIZEDおよびSUBSIZEDを超えるエレメントの追加のスプライテータ特性は常に報告されています
        戻り値:
        配列のスプリッテレータ
        例外:
        NullPointerException - 指定された配列がnullである場合
        関連項目:
        Arrays.spliterator(double[])
      • spliterator

        public static Spliterator.OfDouble spliterator​(double[] array,
                                                       int fromIndex,
                                                       int toIndex,
                                                       int additionalCharacteristics)
        スプリッテレータ特性のカスタマイズされたセットを使用して、指定された配列の一定範囲の要素に適用されるSpliterator.OfDoubleを作成します。

        このメソッドは、要素の一部を配列に格納してスプリッテレータ特性を詳細に制御する必要のあるスプリッテレータの簡易実装として提供されています。 配列のスプリッテレータが必要となる他のほとんどの状況では、Arrays.spliterator(double[], int, int)を使用するようにしてください。

        返されるスプリッテレータは、常にSIZED特性とSUBSIZED特性を報告します。 呼出し元は、追加で報告するスプリッテレータの特性を指定できます。 (たとえば、配列がそれ以上変更されないことがわかっている場合は、IMMUTABLEを指定します。配列データに出会う順序があると考えられる場合は、ORDEREDを指定)。 多くの場合、かわりにArrays.spliterator(long[], int, int)メソッドを使用できます。このメソッドは、SIZEDSUBSIZEDIMMUTABLEおよびORDEREDを報告するスプリッテレータを返します。

        パラメータ:
        array - 使用中に変更されないと想定される配列
        fromIndex - カバーする最小インデックス(この値を含む)
        toIndex - カバーする最大インデックスを1だけ超える値
        additionalCharacteristics - このスプライテータ・ソースまたはSIZEDおよびSUBSIZEDを超えるエレメントの追加のスプライテータ特性は常に報告されています
        戻り値:
        配列のスプリッテレータ
        例外:
        NullPointerException - 指定された配列がnullである場合
        ArrayIndexOutOfBoundsException - fromIndexが負の値の場合、toIndexfromIndexより小さい場合、またはtoIndexが配列サイズより大きい場合。
        関連項目:
        Arrays.spliterator(double[], int, int)
      • spliterator

        public static <T> Spliterator<T> spliterator​(Collection<? extends T> c,
                                                     int characteristics)
        指定されたコレクションのCollection.iterator()を要素のソースとして使用し、その初期サイズとしてCollection.size()を通知してSpliteratorを作成します。

        このスプリッテレータは遅延バインディングであり、コレクションのイテレータのフェイルファスト・プロパティを継承し、制限付きの並列処理を許可するためにtrySplitを実装します。

        型パラメータ:
        T - 要素の型
        パラメータ:
        c - コレクション
        characteristics - このスプリッテレータのソースまたは要素の特性。 CONCURRENTが指定された場合を除き、SIZED特性とSUBSIZED特性が追加で報告されます。
        戻り値:
        イテレータからのスプリッテレータ
        例外:
        NullPointerException - 指定されたコレクションがnullである場合
      • spliterator

        public static <T> Spliterator<T> spliterator​(Iterator<? extends T> iterator,
                                                     long size,
                                                     int characteristics)
        指定されたIteratorを要素のソースとして使用し、指定された初期通知サイズでSpliteratorを作成します。

        このスプリッテレータは遅延バインディングではなく、イテレータのフェイルファスト・プロパティを継承し、制限付きの並列処理を許可するためにtrySplitを実装します。

        要素のトラバースはスプリッテレータを介して実行されるべきです。 スプリッテレータが返された後にイテレータが操作された場合や、最初に報告されたサイズがソース内の実際の要素数と等しくない場合の、分割およびトラバースの動作は定義されていません。

        型パラメータ:
        T - 要素の型
        パラメータ:
        iterator - ソースのイテレータ
        size - 初期のestimateSizeとして報告される、ソース内の要素数
        characteristics - このスプリッテレータのソースまたは要素の特性。 CONCURRENTが指定された場合を除き、SIZED特性とSUBSIZED特性が追加で報告されます。
        戻り値:
        イテレータからのスプリッテレータ
        例外:
        NullPointerException - 指定されたイテレータがnullである場合
      • spliteratorUnknownSize

        public static <T> Spliterator<T> spliteratorUnknownSize​(Iterator<? extends T> iterator,
                                                                int characteristics)
        指定されたIteratorを要素のソースとして使用し、初期サイズ推定なしにSpliteratorを作成します。

        このスプリッテレータは遅延バインディングではなく、イテレータのフェイルファスト・プロパティを継承し、制限付きの並列処理を許可するためにtrySplitを実装します。

        要素のトラバースはスプリッテレータを介して実行されるべきです。 スプリッテレータが返された後にイテレータが操作された場合の、分割およびトラバースの動作は定義されていません。

        型パラメータ:
        T - 要素の型
        パラメータ:
        iterator - ソースのイテレータ
        characteristics - このスプリッテレータのソースまたは要素の特性(SIZEDSUBSIZEDは、指定された場合でも無視され、報告されません。)
        戻り値:
        イテレータからのスプリッテレータ
        例外:
        NullPointerException - 指定されたイテレータがnullである場合
      • spliterator

        public static Spliterator.OfInt spliterator​(PrimitiveIterator.OfInt iterator,
                                                    long size,
                                                    int characteristics)
        指定されたIntStream.IntIteratorを要素のソースとして使用し、指定された初期通知サイズでSpliterator.OfIntを作成します。

        このスプリッテレータは遅延バインディングではなく、イテレータのフェイルファスト・プロパティを継承し、制限付きの並列処理を許可するためにtrySplitを実装します。

        要素のトラバースはスプリッテレータを介して実行されるべきです。 スプリッテレータが返された後にイテレータが操作された場合や、最初に報告されたサイズがソース内の実際の要素数と等しくない場合の、分割およびトラバースの動作は定義されていません。

        パラメータ:
        iterator - ソースのイテレータ
        size - 初期のestimateSizeとして報告される、ソース内の要素数。
        characteristics - このスプリッテレータのソースまたは要素の特性。 CONCURRENTが指定された場合を除き、SIZED特性とSUBSIZED特性が追加で報告されます。
        戻り値:
        イテレータからのスプリッテレータ
        例外:
        NullPointerException - 指定されたイテレータがnullである場合
      • spliteratorUnknownSize

        public static Spliterator.OfInt spliteratorUnknownSize​(PrimitiveIterator.OfInt iterator,
                                                               int characteristics)
        指定されたIntStream.IntIteratorを要素のソースとして使用し、初期サイズ推定なしにSpliterator.OfIntを作成します。

        このスプリッテレータは遅延バインディングではなく、イテレータのフェイルファスト・プロパティを継承し、制限付きの並列処理を許可するためにtrySplitを実装します。

        要素のトラバースはスプリッテレータを介して実行されるべきです。 スプリッテレータが返された後にイテレータが操作された場合の、分割およびトラバースの動作は定義されていません。

        パラメータ:
        iterator - ソースのイテレータ
        characteristics - このスプリッテレータのソースまたは要素の特性(SIZEDSUBSIZEDは、指定された場合でも無視され、報告されません。)
        戻り値:
        イテレータからのスプリッテレータ
        例外:
        NullPointerException - 指定されたイテレータがnullである場合
      • spliterator

        public static Spliterator.OfLong spliterator​(PrimitiveIterator.OfLong iterator,
                                                     long size,
                                                     int characteristics)
        指定されたLongStream.LongIteratorを要素のソースとして使用し、指定された初期通知サイズでSpliterator.OfLongを作成します。

        このスプリッテレータは遅延バインディングではなく、イテレータのフェイルファスト・プロパティを継承し、制限付きの並列処理を許可するためにtrySplitを実装します。

        要素のトラバースはスプリッテレータを介して実行されるべきです。 スプリッテレータが返された後にイテレータが操作された場合や、最初に報告されたサイズがソース内の実際の要素数と等しくない場合の、分割およびトラバースの動作は定義されていません。

        パラメータ:
        iterator - ソースのイテレータ
        size - 初期のestimateSizeとして報告される、ソース内の要素数。
        characteristics - このスプリッテレータのソースまたは要素の特性。 CONCURRENTが指定された場合を除き、SIZED特性とSUBSIZED特性が追加で報告されます。
        戻り値:
        イテレータからのスプリッテレータ
        例外:
        NullPointerException - 指定されたイテレータがnullである場合
      • spliteratorUnknownSize

        public static Spliterator.OfLong spliteratorUnknownSize​(PrimitiveIterator.OfLong iterator,
                                                                int characteristics)
        指定されたLongStream.LongIteratorを要素のソースとして使用し、初期サイズ推定なしにSpliterator.OfLongを作成します。

        このスプリッテレータは遅延バインディングではなく、イテレータのフェイルファスト・プロパティを継承し、制限付きの並列処理を許可するためにtrySplitを実装します。

        要素のトラバースはスプリッテレータを介して実行されるべきです。 スプリッテレータが返された後にイテレータが操作された場合の、分割およびトラバースの動作は定義されていません。

        パラメータ:
        iterator - ソースのイテレータ
        characteristics - このスプリッテレータのソースまたは要素の特性(SIZEDSUBSIZEDは、指定された場合でも無視され、報告されません。)
        戻り値:
        イテレータからのスプリッテレータ
        例外:
        NullPointerException - 指定されたイテレータがnullである場合
      • spliterator

        public static Spliterator.OfDouble spliterator​(PrimitiveIterator.OfDouble iterator,
                                                       long size,
                                                       int characteristics)
        指定されたDoubleStream.DoubleIteratorを要素のソースとして使用し、指定された初期通知サイズでSpliterator.OfDoubleを作成します。

        このスプリッテレータは遅延バインディングではなく、イテレータのフェイルファスト・プロパティを継承し、制限付きの並列処理を許可するためにtrySplitを実装します。

        要素のトラバースはスプリッテレータを介して実行されるべきです。 スプリッテレータが返された後にイテレータが操作された場合や、最初に報告されたサイズがソース内の実際の要素数と等しくない場合の、分割およびトラバースの動作は定義されていません。

        パラメータ:
        iterator - ソースのイテレータ
        size - 初期のestimateSizeとして報告される、ソース内の要素数
        characteristics - このスプリッテレータのソースまたは要素の特性。 CONCURRENTが指定された場合を除き、SIZED特性とSUBSIZED特性が追加で報告されます。
        戻り値:
        イテレータからのスプリッテレータ
        例外:
        NullPointerException - 指定されたイテレータがnullである場合
      • spliteratorUnknownSize

        public static Spliterator.OfDouble spliteratorUnknownSize​(PrimitiveIterator.OfDouble iterator,
                                                                  int characteristics)
        指定されたDoubleStream.DoubleIteratorを要素のソースとして使用し、初期サイズ推定なしにSpliterator.OfDoubleを作成します。

        このスプリッテレータは遅延バインディングではなく、イテレータのフェイルファスト・プロパティを継承し、制限付きの並列処理を許可するためにtrySplitを実装します。

        要素のトラバースはスプリッテレータを介して実行されるべきです。 スプリッテレータが返された後にイテレータが操作された場合の、分割およびトラバースの動作は定義されていません。

        パラメータ:
        iterator - ソースのイテレータ
        characteristics - このスプリッテレータのソースまたは要素の特性(SIZEDSUBSIZEDは、指定された場合でも無視され、報告されません。)
        戻り値:
        イテレータからのスプリッテレータ
        例外:
        NullPointerException - 指定されたイテレータがnullである場合
      • iterator

        public static <T> Iterator<T> iterator​(Spliterator<? extends T> spliterator)
        SpliteratorからIteratorを作成します。

        要素のトラバースはイテレータを介して実行されるべきです。 イテレータが返された後にスプリッテレータが操作された場合の、トラバースの動作は定義されていません。

        型パラメータ:
        T - 要素の型
        パラメータ:
        spliterator - スプリッテレータ
        戻り値:
        イテレータ
        例外:
        NullPointerException - 指定されたスプリッテレータがnullである場合
      • iterator

        public static PrimitiveIterator.OfInt iterator​(Spliterator.OfInt spliterator)
        Spliterator.OfIntからPrimitiveIterator.OfIntを作成します。

        要素のトラバースはイテレータを介して実行されるべきです。 イテレータが返された後にスプリッテレータが操作された場合の、トラバースの動作は定義されていません。

        パラメータ:
        spliterator - スプリッテレータ
        戻り値:
        イテレータ
        例外:
        NullPointerException - 指定されたスプリッテレータがnullである場合
      • iterator

        public static PrimitiveIterator.OfLong iterator​(Spliterator.OfLong spliterator)
        Spliterator.OfLongからPrimitiveIterator.OfLongを作成します。

        要素のトラバースはイテレータを介して実行されるべきです。 イテレータが返された後にスプリッテレータが操作された場合の、トラバースの動作は定義されていません。

        パラメータ:
        spliterator - スプリッテレータ
        戻り値:
        イテレータ
        例外:
        NullPointerException - 指定されたスプリッテレータがnullである場合
      • iterator

        public static PrimitiveIterator.OfDouble iterator​(Spliterator.OfDouble spliterator)
        Spliterator.OfDoubleからPrimitiveIterator.OfDoubleを作成します。

        要素のトラバースはイテレータを介して実行されるべきです。 イテレータが返された後にスプリッテレータが操作された場合の、トラバースの動作は定義されていません。

        パラメータ:
        spliterator - スプリッテレータ
        戻り値:
        イテレータ
        例外:
        NullPointerException - 指定されたスプリッテレータがnullである場合