モジュール java.desktop
パッケージ javax.swing

クラスJEditorPane

  • すべての実装されたインタフェース:
    ImageObserver, MenuContainer, Serializable, Accessible, Scrollable
    直系の既知のサブクラス:
    JTextPane

    @JavaBean(defaultProperty="UIClassID",
              description="A text component to edit various types of content.")
    public class JEditorPane
    extends JTextComponent
    さまざまな種類のコンテンツを編集するためのテキスト・コンポーネントです。 使用方法およびエディタ・ペインの例については、「The Java Tutorial」の「Using Text Components」を参照してください。

    このコンポーネントは、EditorKitの実装を使用して動作します。 指定されたコンテンツの種類に対応する適切な種類のテキスト・エディタとして動作します。 ある時点でエディタに設定されるコンテンツ形式は、現在インストールされているEditorKitによって決まります。 コンテンツが新しいURLに設定された場合、そのコンテンツ形式により、そのコンテンツをロードするのにどのEditorKitを使用する必要があるかが判定されます。

    デフォルトでは、次のコンテンツ形式に対応しています。

    text/plain
    プレーン・テキスト。指定された形式を認識できない場合のデフォルトです。 この場合に使用されるキットは、ラップされたプレーン・テキスト・ビューを生成するDefaultEditorKitの拡張です。
    text/html
    HTMLテキスト。 この場合に使用されるキットは、HTML 3.2をサポートするjavax.swing.text.html.HTMLEditorKitクラスです。
    text/rtf
    RTFテキスト。 この場合に使用されるキットは、リッチ・テキスト形式を制限付きでサポートするjavax.swing.text.rtf.RTFEditorKitクラスです。

    このコンポーネントには、次のような方法でコンテンツをロードできます。

    1. setTextメソッドを使うと、文字列からコンポーネントを初期化できます。 この場合、現在のEditorKitが使われ、コンテンツ・タイプはこの形式であることが要求されます。
    2. readメソッドを使うと、Readerからコンポーネントを初期化できます。 コンテンツ形式がHTMLの場合、<base>タグが使われていないか、またはHTMLDocumentBaseプロパティが設定されていないと、イメージなどの相対参照を解決できません。 この場合、現在のEditorKitが使われ、コンテンツ・タイプはこの形式であることが要求されます。
    3. setPageメソッドを使うと、URLからコンポーネントを初期化できます。 この場合、コンテンツ形式はURLから判断され、そのコンテンツ形式に登録されているEditorKitが設定されます。

    コンテンツの種類によっては、ハイパーリンク・イベントを生成することによってハイパーリンクのサポートを提供できます。 HTML EditorKitは、JEditorPane編集可能でない場合(JEditorPane.setEditable(false);が呼び出されている場合)にハイパーリンク・イベントを生成します。 ドキュメントにHTMLフレームが埋め込まれている場合、通常の応答では現在のドキュメントの一部が変更されます。 次のコード・フラグメントは、ハイパーリンク・リスナーの実装例です。この例では、HTMLフレーム・イベントは特別に扱われますが、他のすべてのアクティブなハイパーリンクは表示されるのみです。

    
         class Hyperactive implements HyperlinkListener {
     
             public void hyperlinkUpdate(HyperlinkEvent e) {
                 if (e.getEventType() == HyperlinkEvent.EventType.ACTIVATED) {
                     JEditorPane pane = (JEditorPane) e.getSource();
                     if (e instanceof HTMLFrameHyperlinkEvent) {
                         HTMLFrameHyperlinkEvent  evt = (HTMLFrameHyperlinkEvent)e;
                         HTMLDocument doc = (HTMLDocument)pane.getDocument();
                         doc.processHTMLFrameHyperlinkEvent(evt);
                     } else {
                         try {
                             pane.setPage(e.getURL());
                         } catch (Throwable t) {
                             t.printStackTrace();
                         }
                     }
                 }
             }
         }
    
     

    text/htmlのレンダリング方法のカスタマイズについては、W3C_LENGTH_UNITSHONOR_DISPLAY_PROPERTIESを参照してください。

    ドキュメント内の文化依存情報は、文字エンコーディングと呼ばれるメカニズムによって扱われます。 文字エンコーディングとは、文字セットの構成要素(文字、表意文字、数字、記号、制御文字)と特定の数値コードの明確なマッピングです。 これは、ファイルの保存方法を表しています。 文字エンコーディングには、ISO-8859-1、ISO-8859-5、Shift-jis、Euc-jp、UTF-8などがあります。 ファイルは、ユーザー・エージェント(JEditorPane)に渡されるときに、ドキュメントの文字セット(ISO-10646、別名Unicode)に変換されます。

    JEditorPaneで使われる文字セットを指定する方法は複数あります。

    1. 1つは、文字セットをMIME形式のパラメータとして指定する方法です。 この方法では、setContentTypeメソッドを呼び出す必要があります。 コンテンツがsetPageメソッドによってロードされる場合、コンテンツ形式はURLの指定に従って設定されます。 ファイルが直接ロードされる場合、コンテンツ形式はロードの前に設定される必要があります。
    2. 文字セットを指定するもう1つの方法は、ドキュメント自体にあります。 この場合、必要な文字セットを特定する前にドキュメントを読み込む必要があります。 これを処理するためには、EditorKit読込みオペレーションによってスローされるChangedCharSetExceptionをキャッチする必要があります。 読込み自体はChangedCharSetException (IOException)で指定された文字セットを使用する新しいリーダーでふたたび開始されます。
    Newlines
    改行の処理方法については、DefaultEditorKitを参照してください。

    警告: Swingはスレッドに対して安全ではありません。 詳細は、「Swing's Threading Policy」を参照してください。

    警告: このクラスの直列化されたオブジェクトは、今後のSwingリリースと互換ではなくなる予定です。 現在の直列化のサポートは、短期間の格納や、同じバージョンのSwingを実行するアプリケーション間のRMIに適しています。 1.4以降、すべてのJavaBeans™用の長期間の格納サポートがjava.beansパッケージに追加されています。 XMLEncoderを参照してください。

    導入されたバージョン:
    1.2
    関連項目:
    直列化された形式
    • フィールドの詳細

      • W3C_LENGTH_UNITS

        public static final String W3C_LENGTH_UNITS
        HTMLのレンダリングで、w3c準拠の長さ単位が使用されるかどうかを示すために使用する、クライアント・プロパティのキーです。

        デフォルトでは無効です。有効にするためには、この名前のクライアントpropertyBoolean.TRUEに設定します。

        導入されたバージョン:
        1.5
        関連項目:
        定数フィールド値
      • HONOR_DISPLAY_PROPERTIES

        public static final String HONOR_DISPLAY_PROPERTIES
        フォントまたはフォアグラウンド・カラーが書式付きテキストに指定されていない場合に、コンポーネントのデフォルトのフォントおよびフォアグラウンド・カラーを使用するかどうかを示すために使用する、クライアント・プロパティのキーです。

        デフォルト値は、ルック・アンド・フィールによって異なります。有効にするためには、この名前のクライアントpropertyBoolean.TRUEに設定します。

        導入されたバージョン:
        1.5
        関連項目:
        定数フィールド値
    • コンストラクタの詳細

      • JEditorPane

        public JEditorPane()
        新しいJEditorPaneを作成します。 ドキュメント・モデルはnullに設定されます。
      • JEditorPane

        public JEditorPane​(URL initialPage)
                    throws IOException
        入力のために指定されたURLを基にして、JEditorPaneを生成します。
        パラメータ:
        initialPage - URL
        例外:
        IOException - URLがnullであるか、アクセスできない場合
      • JEditorPane

        public JEditorPane​(String url)
                    throws IOException
        URL指定を示す文字列を基にして、JEditorPaneを生成します。
        パラメータ:
        url - URL
        例外:
        IOException - URLがnullであるか、アクセスできない場合
      • JEditorPane

        public JEditorPane​(String type,
                           String text)
        指定されたテキストに初期化されているJEditorPaneを生成します。 これは、setContentTypeメソッドおよびsetTextメソッドを呼び出す簡易コンストラクタです。
        パラメータ:
        type - 指定されたテキストのMIME形式
        text - 初期化に使用するテキスト。nullも可
        例外:
        NullPointerException - typeパラメータがnullの場合
    • メソッドの詳細

      • addHyperlinkListener

        public void addHyperlinkListener​(HyperlinkListener listener)
        変更の通知のためにハイパーリンク・リスナーを追加します。たとえば、リンクを選択したとき、リンクに入ったときなどがあります。
        パラメータ:
        listener - リスナー
      • removeHyperlinkListener

        public void removeHyperlinkListener​(HyperlinkListener listener)
        ハイパーリンク・リスナーを削除します。
        パラメータ:
        listener - リスナー
      • getHyperlinkListeners

        @BeanProperty(bound=false)
        public HyperlinkListener[] getHyperlinkListeners()
        addHyperlinkListener()を使用してこのJEditorPaneに追加された、すべてのHyperlinkListenerの配列を返します。
        戻り値:
        追加されたすべてのHyperlinkListener。リスナーが追加されていない場合は空の配列
        導入されたバージョン:
        1.4
      • fireHyperlinkUpdate

        public void fireHyperlinkUpdate​(HyperlinkEvent e)
        このイベント・タイプの通知対象として登録されているすべてのリスナーに通知します。 通常は、ハイパーリンクをサポートしているコンテンツ形式が現在アクティブであり、リンクが使用された場合に、現在インストールされているEditorKitによって呼び出されます。 リスナーのリストは、最後から先頭に向かって処理されます。
        パラメータ:
        e - イベント
        関連項目:
        EventListenerList
      • setPage

        @BeanProperty(expert=true,
                      description="the URL used to set content")
        public void setPage​(URL page)
                     throws IOException
        表示されている現在のURLを設定します。 ペインのコンテンツ形式が設定され、ペインのエディタ・キットがnull以外の場合、新しいデフォルト・ドキュメントが生成され、URLがそのドキュメントに読み込まれます。 URLに参照位置が含まれている場合は、scrollToReferenceメソッドを呼び出すと、その参照位置までスクロールされます。 目的のURLが現在表示されている場合は、ドキュメントは再ロードされません。 ドキュメントの再ロードを強制的に実行するには、ドキュメントのストリーム記述プロパティをクリアする必要があります。 次のコードは、この方法を示しています。
           Document doc = jEditorPane.getDocument();
           doc.putProperty(Document.StreamDescriptionProperty, null);
         
        目的のURLが現在表示されていない場合、getStreamメソッドが呼び出され、指定されたストリームに対する制御がサブクラスに渡されます。

        このメソッドは、EditorKitによって返されるドキュメントに基づいて同期的または非同期的にロードを行います。 DocumentAbstractDocument型で、AbstractDocument.getAsynchronousLoadPriorityによって返されたゼロ以上の値を持つ場合、そのページはその優先順位により別々のスレッドでロードされます。

        ドキュメントが同期的にロードされる場合、ドキュメントをプロパティ変更イベントに関連付け、トリガーするsetDocumentが呼び出され、エディタにインストールされる前にこのドキュメントにストリームが設定されます。 IOExceptionがスローされる場合、部分的にロードされたドキュメントは破棄され、ドキュメント・プロパティ変更イベントもページ・プロパティ変更イベントもトリガーされません。 ドキュメントが正常にロードおよびインストールされた場合、UIによってそのドキュメントのビューが生成され、必要な場合はさらにスクロールされて、ページ・プロパティ変更イベントがトリガーされます。

        ドキュメントが非同期的にロードされる場合、ドキュメント・プロパティ変更イベントをトリガーするsetDocumentを呼び出してドキュメントがただちにエディタにインストールされ、次に実際のロードを開始するスレッドが生成されます。 この場合、ページ・プロパティ変更イベントはこのメソッドの呼出しによって直接トリガーされることはなく、ロードを実行するスレッドが終了したときにトリガーされます。 さらに、イベント・ディスパッチ・スレッドでもトリガーされます。 呼出し側のスレッドは、もう一方のスレッドでエラーが発生した場合にIOExceptionをスローできないので、ロードが成功したかどうかに関係なく、ページ・プロパティ変更イベントはもう一方のスレッドが終了したときにトリガーされます。

        パラメータ:
        page - ページのURL
        例外:
        IOException - nullまたは無効なページが指定された場合、あるいは読込み中のストリームから例外が発生した場合
        関連項目:
        getPage()
      • read

        public void read​(InputStream in,
                         Object desc)
                  throws IOException
        このメソッドは、ストリームから初期化を行います。 キットがHTMLEditorKit型に設定されている場合、descパラメータがHTMLDocumentのときは、このメソッドはHTMLEditorKitを呼び出すことにより読込みを開始します。 そうでない場合は、プレーン・テキストとしてモデルをロードするスーパークラス・メソッドを呼び出します。
        パラメータ:
        in - 読込み元のストリーム
        desc - ストリームを記述するオブジェクト
        例外:
        IOException - 初期化に使用されるストリームによってスローされる
        関連項目:
        JTextComponent.read(java.io.Reader, java.lang.Object), JTextComponent.setDocument(javax.swing.text.Document)
      • getStream

        protected InputStream getStream​(URL page)
                                 throws IOException
        setPageメソッドによりロードされようとしている、指定されたURLのストリームを取得します。 デフォルトでは、このメソッドは単にURLをオープンし、ストリームを返します。 このメソッドを実装し直すと、キャッシュからのストリームの取出し、ストリームの進捗状況の監視などの便利な機能を実行できます。

        このメソッドは、コンテンツ型を確立し、ストリームをロードするために使用する適切なEditorKitを設定するという副作用を持つことが予想されます。

        このストリームがhttp接続の場合、続いてリダイレクトが行われ、結果として得られるURLが、相対URLを適切に解決できるようにDocument.StreamDescriptionPropertyとして設定されます。

        パラメータ:
        page - ページのURL
        戻り値:
        ロードしようとしているURLのストリーム
        例外:
        IOException - I/Oの問題が発生した場合
      • scrollToReference

        public void scrollToReference​(String reference)
        ビューを指定された参照ロケーション(つまり、表示されているURLのURL.getRefメソッドによって返された値)にスクロールします。 デフォルトでは、このメソッドはHTMLDocument内の参照位置を見つける方法だけ知っています。 実際のスクロール処理を実行するには、実装はscrollRectToVisibleメソッドを呼び出します。 HTML以外のドキュメント形式で参照位置へのスクロールが必要な場合は、このメソッドを再実装する必要があります。 コンポーネントが可視状態でない場合、このメソッドは効果がありません。
        パラメータ:
        reference - スクロール先となる指定された位置
      • getPage

        public URL getPage()
        表示されている現在のURLを返します。 このドキュメントの作成でURLが指定されなかった場合は、nullを返し、相対URLは解決されません。
        戻り値:
        URL。指定されていない場合は、null
      • setPage

        public void setPage​(String url)
                     throws IOException
        表示されている現在のURLを設定します。
        パラメータ:
        url - 表示されているURL
        例外:
        IOException - nullまたは無効なURL指定の場合
      • createDefaultEditorKit

        protected EditorKit createDefaultEditorKit()
        コンポーネントがはじめて生成されるときに、デフォルトのエディタ・キット(PlainEditorKit)を生成します。
        戻り値:
        エディタ・キット
      • getEditorKit

        public EditorKit getEditorKit()
        コンテンツの処理のために現在インストールされているキットを返します。必要な場合は、デフォルトのエディタ・キットのセット・アップのためにcreateDefaultEditorKitが呼び出されます。
        戻り値:
        エディタ・キット
      • getContentType

        public final String getContentType()
        このエディタが処理するように現在設定されているコンテンツ型を取得します。 これは、現在インストールされているEditorKitに関連した形式になるように定義されています。
        戻り値:
        コンテンツ形式。エディタ・キットが設定されていない場合はnull
      • setContentType

        @BeanProperty(bound=false,
                      description="the type of content")
        public final void setContentType​(String type)
        このエディタが処理するコンテンツ型を設定します。 このメソッドはgetEditorKitForContentTypeを呼び出し、エディタ・キットが正しく検出できたらsetEditorKitを呼び出します。 このメソッドは、setEditorKitの直接呼出しの代わりに使用できる、簡易メソッドとほぼ同じです。

        コンテンツ形式指定パラメータとして文字セットの定義が指定されている場合、関連付けられたEditorKitを使って入力ストリームをロードするときは、その文字セットが使われます。 たとえば、形式がtext/html; charset=EUC-JPとして指定されている場合、コンテンツは、text/htmlに登録されているEditorKitを使ってロードされ、ドキュメントにUnicodeをロードするためにEditorKitに提供されるリーダーは、Unicodeへの変換のためにEUC-JP文字セットを使います。 形式が識別できない場合は、コンテンツはプレーン・テキストtext/plainに登録されたEditorKitを使ってロードされます。

        パラメータ:
        type - コンテンツを編集するためのMIMEタイプ。null以外を指定
        例外:
        NullPointerException - typeパラメータがnullの場合
        関連項目:
        getContentType()
      • setEditorKit

        @BeanProperty(expert=true,
                      description="the currently installed kit for handling content")
        public void setEditorKit​(EditorKit kit)
        コンテンツを処理するために現在インストールされているキットを設定します。 これは、エディタのコンテンツ形式を確定するバウンド・プロパティです。 最初に以前のキットを削除しており、キットがnullではない場合、新しいキットがインストールされ、デフォルト・ドキュメントが生成されます。 setEditorKitが呼び出されると、常にPropertyChangeイベント(editorKit)がトリガーされます。

        注: EditorKitは特定の形式のコンテンツをモデル化するソースであるため、モデルを変更するという副作用があります。 このメソッドを使用すると、内部状態の整合性を保証するために、呼出し側に代わりsetDocumentが呼び出されます。

        パラメータ:
        kit - 望ましいエディタ動作
        関連項目:
        getEditorKit()
      • getEditorKitForContentType

        public EditorKit getEditorKitForContentType​(String type)
        指定されたコンテンツ型で使用するエディタ・キットを取り出します。 このメソッドは、現在インストールされているコンテンツ形式に一致しない形式が要求されたときに呼び出されます。 コンポーネントに、指定された形式に対して登録されているEditorKitがない場合は、デフォルトのEditorKitレジストリからEditorKitの生成を試みます。 生成できなかった場合は、すべてのテキスト・ドキュメントをプレーン・テキストとして表示できるものと仮定し、PlainEditorKitが使用されます。

        このメソッドは、他種のコンテンツ形式レジストリを使用するために再実装できます。 このメソッドを再実装すれば、たとえばJava Activation Frameworkを使用できるようになります。

        パラメータ:
        type - null以外のコンテンツ・タイプ
        戻り値:
        エディタ・キット
      • setEditorKitForContentType

        public void setEditorKitForContentType​(String type,
                                               EditorKit k)
        指定されたコンテンツ型で使用できるようにエディタ・キットを直接設定します。 ルック・アンド・フィールの実装によっては、このメソッドをcreateEditorKitForContentTypeとともに使用して、ルック・アンド・フィールを考慮したコンテンツ形式のハンドラをインストールすることがあります。
        パラメータ:
        type - null以外のコンテンツ・タイプ
        k - 設定するエディタ・キット
      • replaceSelection

        public void replaceSelection​(String content)
        現在選択されているコンテンツを、渡された文字列が示す新しいコンテンツで置き換えます。 選択領域がない場合は、指定されたテキストの挿入と同等です。 置き換えるテキストがない場合、つまり、コンテンツ文字列が空、またはnullの場合は、現在の選択領域の削除を行います。 置換後のテキストには、入力用に現在定義されている属性が設定されます。 コンポーネントが編集できない状態であれば、ビープ音を鳴らして終了します。
        オーバーライド:
        replaceSelection 、クラス:  JTextComponent
        パラメータ:
        content - 選択範囲を置き換えるコンテンツ。 nullも指定できます
      • createEditorKitForContentType

        public static EditorKit createEditorKitForContentType​(String type)
        エディタ・キットのデフォルトのレジストリから、指定されたコンテンツ型のハンドラを生成します。 レジストリは必要に応じて生成されます。 登録されているクラスがまだロードされていない場合は、指定された形式用のエディタ・キットのプロトタイプを動的にロードしようとします。 形式がClassLoaderとともに登録されていた場合は、そのClassLoaderを使ってプロトタイプがロードされます。 登録されているClassLoaderがなかった場合は、Class.forNameを使ってプロトタイプがロードされます。

        プロトタイプEditorKitのインスタンスが正しく検出されると、そのインスタンスが複製され、その複製が返されます。

        パラメータ:
        type - コンテンツ形式
        戻り値:
        エディタ・キット。指定の形式用に登録されているエディタ・キットが存在しない場合はnull
      • registerEditorKitForContentType

        public static void registerEditorKitForContentType​(String type,
                                                           String classname)
        typeclassnameのデフォルトのバインディングを作成します。 クラスは、あとで実際に必要になったときに動的にロードされ、実際の使用の前に安全に変更できるので、不必要なクラスのロードを避けることができます。 プロトタイプEditorKitは、このメソッドで登録されたときに、Class.forNameでロードされます。
        パラメータ:
        type - null以外のコンテンツ・タイプ
        classname - あとでロードするクラス
      • registerEditorKitForContentType

        public static void registerEditorKitForContentType​(String type,
                                                           String classname,
                                                           ClassLoader loader)
        typeclassnameのデフォルトのバインディングを作成します。 クラスは、あとで実際に必要になったときに、指定されたClassLoaderを使って動的にロードされ、実際の使用の前に安全に変更できるため、不要なクラスのロードを避けることができます。
        パラメータ:
        type - null以外のコンテンツ・タイプ
        classname - あとでロードするクラス
        loader - 名前をロードするためのClassLoader
      • getEditorKitClassNameForContentType

        public static String getEditorKitClassNameForContentType​(String type)
        typeに現在登録されているEditorKitクラス名を返します。
        パラメータ:
        type - null以外のコンテンツ・タイプ
        戻り値:
        typeEditorKitクラス名を含むString
        導入されたバージョン:
        1.3
      • getPreferredSize

        public Dimension getPreferredSize()
        JEditorPaneの推奨サイズを返します。 JEditorPaneの推奨サイズは、スーパークラスの推奨サイズとわずかに異なります。 ビューポートのサイズがコンポーネントの最小サイズより小さくなった場合は、幅または高さをトラックするためのscrollable定義がfalseに変わります。 デフォルトのビューポート・レイアウトは推奨サイズを返しますが、このサイズはscrollableがトラッキングしている場合には適切ではありません。 その場合、通常の推奨サイズが最小サイズに調整されます。 これにより、HTML表などは最小サイズに縮小され、そのサイズで配置されます。最小サイズより小さくなることはありません。
        オーバーライド:
        getPreferredSize 、クラス:  JComponent
        戻り値:
        適切なサイズを保持するDimension
        関連項目:
        JComponent.setPreferredSize(java.awt.Dimension), ComponentUI
      • setText

        @BeanProperty(bound=false,
                      description="the text of this component")
        public void setText​(String t)
        このTextComponentのテキストを、指定されたコンテンツに設定します。設定されるコンテンツはこのエディタのコンテンツ・タイプにする必要があります。 たとえば、形式がtext/htmlに設定されている場合、文字列はHTMLの形式で指定されます。

        現在のドキュメントのコンテンツを削除し、現在のEditorKitを使用して指定された文字列を解析してコンテンツを置き換えるように実装されます。 これにより、コンポーネントに現在設定されているコンテンツ形式をサポートしながら、モデルを変更しないでスーパー・クラスのセマンティックスが指定されます。 前のコンテンツが比較的小さく、副作用がないことが前提になります。 この前提がどちらも守られない場合、予期しない結果を生じることがあります。 これを避けるために、新しいドキュメントgetEditorKit().createDefaultDocument()を生成して、既存のDocumentを新しいものに置き換えます。 これで前のDocumentが中途半端な状態になることはありません。

        1. 既存のモデルを使用可能のままにしておくと、古いビューがティア・ダウンされて新しいビューが作成されます。これに対して、ドキュメントを置き換えると古いビューのティア・ダウンを避けることができます。
        2. HTMLなどのいくつかの形式は、将来のコンテンツに影響を与えるドキュメントにコンテンツをインストールできます。 HTML形式の場合は、スタイル情報を埋め込んで、次のコンテンツが予想外の状況でインストールされたときに影響を与えることができます。

        文字列と一緒にコンポーネントをロードするもう1つの方法には、StringReaderを生成して読込みメソッドを呼び出すものがあります。 この方法の場合、モデルは初期化が完了すると文字列のコンテンツに置き換えられます。

        オーバーライド:
        setText 、クラス:  JTextComponent
        パラメータ:
        t - 設定する新しいテキスト。nullの場合は、古いテキストが削除される
        関連項目:
        getText()
      • getText

        public String getText()
        このTextComponentに格納されているテキストを、このエディタのコンテンツ・タイプで返します。 テキストの取得時に例外がスローされた場合は、nullが返されます。 このメソッドを実装すると、StringWriterJTextComponent.writeを呼び出すことができます。
        オーバーライド:
        getText 、クラス:  JTextComponent
        戻り値:
        テキスト
        関連項目:
        setText(java.lang.String)
      • getScrollableTracksViewportWidth

        @BeanProperty(bound=false)
        public boolean getScrollableTracksViewportWidth()
        ビュー・ポートが常にこのScrollableの幅を強制的にビュー・ポートの幅に一致させる場合にtrueを返します。
        定義:
        getScrollableTracksViewportWidth 、インタフェース: Scrollable
        オーバーライド:
        getScrollableTracksViewportWidth 、クラス:  JTextComponent
        戻り値:
        ビュー・ポートがScrollableの幅をそれ自体の幅と強制的に一致させる場合はtrue、それ以外の場合はfalse
      • getScrollableTracksViewportHeight

        @BeanProperty(bound=false)
        public boolean getScrollableTracksViewportHeight()
        ビュー・ポートが常にこのScrollableの高さを強制的にビュー・ポートの高さと一致させる場合にtrueを返します。
        定義:
        getScrollableTracksViewportHeight 、インタフェース: Scrollable
        オーバーライド:
        getScrollableTracksViewportHeight 、クラス:  JTextComponent
        戻り値:
        ビュー・ポートがScrollableの高さをそれ自体の高さと強制的に一致させる場合はtrue、それ以外の場合はfalse
      • paramString

        protected String paramString()
        このJEditorPaneの文字列表現を返します。 このメソッドはデバッグ専用であり、返される文字列の内容および形式は実装によって異なります。 返される文字列は空の場合がありますが、nullにはなりません。
        オーバーライド:
        paramString 、クラス:  JTextComponent
        戻り値:
        このJEditorPaneの文字列表現
      • getAccessibleContext

        @BeanProperty(bound=false)
        public AccessibleContext getAccessibleContext()
        このJEditorPaneに関連付けられたAccessibleContextを取得します。 エディタ・ペインの場合、AccessibleContextはAccessibleJEditorPaneの形式を取ります。 必要に応じて新規のAccessibleJEditorPaneインスタンスが生成されます。
        定義:
        getAccessibleContext、インタフェース: Accessible
        オーバーライド:
        getAccessibleContext 、クラス:  JTextComponent
        戻り値:
        このJEditorPaneのAccessibleContextとして機能するAccessibleJEditorPane